692:名無しさん@HOME2018/07/04(水) 11:06:55.48 0
    子(9)「ねぇなんで勉強しないといけないの?」

    俺「なるべく良い学校に行って、なるべく良い会社に入り、
    なるべく沢山のお金を貰うためだよ」

    嫁「ちょっと…」


    俺「働くのは生活のため、勉強することは金になると小さい頃から教えないとダメ。
    短期、中長期でも目標と報酬がないとモチベーション続かないから、
    お小遣いはテストの点とお手伝いの出来具合で歩合制にしよう」

    嫁「なんかそういうのはなぁ」

    何がダメかいな?

    581 :鬼女日記 2009/06/11(木) 02:49:15 ID:8U3SDyrj
    つい先日の事なんだけども、
    後少しで日付が変わるくらいの時間に自転車をこいでいたら、前からタクシーが来た。
    ふとタクシーに目をやると、フロントガラスにある「送迎」とか「空車」とかの表示部分が、「助けて」になっていた。
    「え、『助けて』!?え?」と思って振り返ったが、タクシーは結構な速度を出していた為、既に距離があったのと、
    街灯が一切無い道だった為、車内がどうなっているかとか全く分からず。
    「というか…『助けて』なんて見間違いだよね?そんな表示無いよね?」と思いながら携帯電話で調べると、
    Wikipediaのタクシーの項目に「表示が『SOS』や『助けて』となっていたら通報するのが望ましい」と書いてあった。
    一気に血の気が引いて、とにかく通報しておいた。
    皆どこかしらのんびりしてる田舎町なのに、タクシーが助けを求める事態が起こるというのに衝撃。
    単なる表示間違いだといいけど…
    後、助けを求める為の表示がちゃんとある事にも衝撃。

    更に、通報に使ったのがGPS機能付きの携帯電話だったんだけど、
    通話を終了して画面を見たら、位置情報が自動的に警察に送信されていた。
    こんな機能があるのかと、ちょっと衝撃。

    690 :鬼女日記 2014/12/01(月) 01:51:23 0.net
    昨日のトメ
    風邪で寝込んでたら私の大好きなトメ製牛乳プリンを枕元にそっと置いててくれた
    そのプリンを飼い猫がネコババしそうになって、トメ「コラッ!メッ!ミケ子ーー!!」と叱る
    無神経な旦那が寝込みの私に用事を言い付け、トメにこっぴどく叱られてた
    正直、トメの声の方が煩いし、チラチラ様子見に来てゆっくり寝られんかったが、心遣いが嬉しかった
    トメの作った牛乳プリン、なんであんなに美味しいんだろう、風邪で味覚が弱っててもわかる、優しい甘さがたまらん
    あとお粥うますぎ。そういやメシウマトメのせいで旦那の舌が肥えてて新婚時代は大変だったの思い出した
    作り方教えてもらったのに何で再現できないんだろうなー

    719 :鬼女日記 2014/11/21(金) 20:37:36 ID:7LaCNLkIO.net
    四十代の自動車整備士です。
    うちのガレージの隣がマンションなんです、一階が駐車場になってるタイプの。

    で、うちのすぐ隣の駐車スペースにもうずっと、半年以上停めている車があるんです。
    職業柄、気になるんですよ、不動の車。

    自動車ってのは動かさないとガタが出てくるもんなんです。エンジンが具合悪くなったりね。

    で、何となく気にかけてたらどうやらマンションの管理会社の社用車らしい。

    520 :鬼女日記 2018/11/30(金) 08:31:16 0.net
    義実家には旦那と結婚する前から子連れ出戻り義姉がいるんだけど、何で義姉が出戻ってんのか義母からきちんと説明してもらったことないの思い出した。
    旦那から理由はこっそり聞いたから知ってはいるけど。
    肝心なことは話さないくせに、嫁ちゃんを仲間はずれみたいにはしたくないからってどうでもいいことで頻繁に電話してくるのがウザい。
    義姉は義実家行くと姪を置いて勝手に出掛けて子守りさせたりすることが割とあったので、最近は日帰りで年に2回くらいしか行ってないや。

    776 :鬼女日記 2016/07/11(月) 13:25:00 ID:KCR
    昨日義実家に顔出してきたんだけど、義理両親に「息子の顔をもう少し立ててやってくれ。」って言われた。
    何のこと言ってんだろと思ってたらどうも今住んでる家のことらしい。
    今住んでる家は私の兄からもらったんだけど、その名義が私なのが気に入らんかったらしい。
    名義変更にかかったお金も全部うちの両親が出してくれてるのに何言ってんだと思う。
    ついでにあなた方にお渡ししている生活費は私の稼ぎから出てるんですけどね。
    同も旦那が私の家族(親兄弟)から信頼されてないと愚痴ったみたいですな。
    うちの家の土地に建てたうちの身内の名義の家をもらうのになんでお前の名義になると思うんだか。
    おかしいでしょ。
    そもそも私が働かないと仕送りできませんよね。その時点で立てる顔も何もないと思う。
    なんかもう疲れた。別れようかな。一緒に居たいと思えなくなってきた。
    別に専業になりたいわけじゃないけどうちが負担したものが何で自分のものにならないとわざわざ義実家に
    愚痴るかな。アホなんかな?アホなんだろうな。
    付き合わなきゃ別に何とも思わない義理両親だが絶縁というわけにもいかないしな。
    私が抜けるのが一番楽なんだろうな。
    かあんまり大した理由もないから別れるの難しそうだけど、
    あの親がついてるならもう旦那いらない。
    愛情って簡単に覚めるもんなんだな。

    217:名無しさん@おーぷん2018/07/01(日)11:32:05ID:gZg
    妻が妊娠してから親父に会いたがらなくなった。親父とは俺の親父。
    妻「子供を守る本能なのかもしれない。妊娠してから言動が気になるようになった」と談。
    妻の反応は普通か、それとも過剰反応だろうか?
    ・出っ張ってきた腹を触る→妻「ちょっと掌をあてるくらいならいいけどずっと撫でてるのがイヤ。
    急に手を伸ばしてくるのが怖い」

    ・産んだ後母乳が出るかどうかを会うたび言う→妻「プレッシャーになる」
    ・「ミルクタンクちゃん」と呼んだらしい→妻「気持ち悪いし名前で呼んでほしい」
    最後のは俺もないと思った。その場に俺はいなかったんだがこれは抗議する予定。
    妻は「セクハラとまでは感じてないが、毎回言われたり触られると苦痛」と言う。
    親父に悪気がないことは理解してる模様。

    これはいわゆるガルガル期ってやつなんだろうか。
    出産まであまり会わせない、俺から「母乳だのミルクタンクだの言うな」と抗議する。
    産んだ後、目の前で授乳しろとか言わせない。こんな対応でいいかな。
    女性/から見て夫にしてほしい対応があったら教えて下さい。

    623 :鬼女日記 2016/03/14(月) 18:20:08 ID:Ee/JCNGN.net
    食費1万しか渡さない癖に、肉強要、私なんてお前に美味しいもん食わすために昼間は米と激安缶詰とか納豆とか。
    足りないお金はカード切って良いよと言う割にどうしても足りなくて切ったら、「ん?カード使ったの?」と聞いてくる。
    一々うるさい。

    よそに比べたらたいした激務でも無いのに家事育児一切ノータッチな癖に否定ばかりしてくる。
    どーせ一切ノータッチなら、一切口出すなよ。

    食費代切れたから晩御飯買って帰るか食べて帰ってくれと頼んだら
    「今日は楽したい感じ?」とかまじでありえん。
    私が楽したいから頼んでると思ってるらしい。
    というか、金よこさないのはお前だろ。
    本気で節約してると本人は思い込んでるが、節約の度合いが違うよ…
    吉野家とか高いだろ。
    タバコも辞めろよ。

    159:名無しさん@HOME2018/06/28(木) 16:44:29.87 0
    実家は小金持ちで、一人っ子で
    両親の愛情を一身に受けてた自覚あるし、
    そこそこの会社に長く勤めてるし、
    大した苦労らしいことは確かにしていない。


    が、義弟たちに
    恵まれてるんだから奢れ奢れ
    とたかられるのは納得がいかない。

    従兄弟の子たちにも、
    「兄貴夫婦にいいところ連れて行って貰えばいいよー」とか、
    一体何様なんだ。この乞食め!

    623 :鬼女日記 2005/01/24(月) 19:08:46 ID:xa5lUkb/
    重い話になっちゃうが、
    私が中2くらいまで父がきちがいだった。
    私たち子供の見てる前で、飼っていたうさぎの首を切り落とし、
    耳を持って血だらけになりながら貪っていた。
    映画「喰人族」に影響されたらしい。そしてまだ5歳くらいだった
    妹にフェらさせてた。んでそれを見て「気持ち悪い」と言ったら
    父の前に正座させられて、剃刀で首を切るようにスパッと素振り(?)を
    された。私がもう少し前に居たら間違いなく切られてた。
    今は至ってまともだしそんな過去は無かった事になってるので墓場まで持ってきます。

    このページのトップヘ