805 :鬼女日記 2018/05/27(日) 17:29:30 0.net
    昨日義兄夫婦結婚式(入籍は3年前、子供二人いる)に行ってきた
    ぼったくりの披露宴で出席者が能面のようになってたわ
    義兄嫁の親は酔っぱらって盛り上がりすぎて
    甥姪の面倒を私が見る羽目になった
    義兄嫁が手招きするのでよろしくとでもいうのかと思ったら
    「うちの子に怪我させないでよ」だとよ
    タヒね!氏ねじゃなくてタヒね!

    319 :鬼女日記 2018/08/25(土) 19:01:01 ID:UGXWjfRW.net
    カキフライを作ってさあ食べようとした時に「1つあげる」と彼が自分の皿から私の皿へくれた
    カキが苦手とは聞いてなかったので「お腹の調子悪い?」と聞いたら「いや、数が悪いからさ。普通四つとかあり得ないでしょ。縁起悪い」
    確かに、彼に四つ私に三つの配分だけど、それは彼がフライにした側から試食と言って横から摘み食いしたから残りが7つになってしまったわけで
    じゃあ、一つ選り分けておいて三つ三つにしておけば良かったかというと、カキフライの残り物は食べたくないし捨てるのも嫌

    というか、『縁起が悪い』分を私に押し付けてくる自分本位さに冷めた

    714 :鬼女日記 2019/10/05(土) 19:07:07 ID:aL.6g.L6

    以前ブログをやってたんだけど、ある時コメント欄に「〇〇県に住んでる〇〇さんだよね?
    メッセージ送ったから読んだら返事ください。必ずね!」ってコメントがあった。
    〇〇県は以前住んでた場所。〇〇さんは以前使っていたHNだった。
    なんだろう、誰だろう、と思いながらメッセージを読んだら、Aさんってのは以前mixiやってた頃に
    一時マイミクし合った人だった。
    10年ぐらい前、mixiのとあるコミュでオフ会があり、地元開催だったこともあって初めて参加した。
    その時に知り合ったAさんと言う人で、そのオフ会での交流に限って言えばごくごく普通の奥さんだった。
    なので同世代と言うこともあってマイミク申請された時は特に不安もなく了解した。
    mixiではリアルな友人も何人かいたけど、暗黙の了解としてネット上で本名を呼び合うこともしなかったし
    市町村から下の現住所はもちろん出身地も公開してなかったから、マイミクぐらいと安易に考えてしまった。
    だけど、オフ会が終わってしばらく経つと、Aさんに対する気味悪さを感じ始めた。
    mixiの更新は毎日ではなかったし、更新する時間も日々まちまちだったにも関わらず
    更新すると10分と経たずにコメントが付く。
    それだけでも気持ち悪いのに、コメント欄の誰もが読むところでやたらと住所や連絡先を聞いてくる。
    他のマイミクたちも気味悪がって心配してくれて、それである時マイミクを切り公開幅の一番狭いマイミク限定の設定に変更した。
    そして、この頃からマイミクが次々とmixiを離れ、活動の場を他のブログや顔本に変えていき
    私も同様に別のブログに移転し、mixiは放置することになった。
    あれからもう10年近く経ってるので、Aさんの存在自体をすっかり忘れていた。

    そして肝心のAさんのメッセージの用件と言うのが、私に突然何の前触れもなく切られたことがショックで
    あの頃病んでしまい、手首を切ったこともあるそうだ。
    一時は立ち直って忘れることも出来たのだけど、最近離婚して再び当時のことを思い出したらしい。
    思い返せば結婚生活がおかしくなり始めたのは、全てあれからだった。
    ある意味私に壊されたようなものだから、一言だけ謝って欲しいとのこと。
    そして私を見つけた経緯にゾッとした。
    昔、mixiのブログで当時飼っていた猫の話を書いたことがあった。その猫の名前を憶えていたらしい。
    そして今のブログはほぼ猫ブログで、半年ぐらい前に前の猫のお墓参りのことを書いていた。
    その猫の名前からヒットしたらしい。たぶん覚えていたあらゆるワードで検索かけたんだろう。
    猫の名前がヒットしたあとは、過去ブログを読み漁ってmixiの頃との共通項
    (子供がいないこと、癖毛なこと、そして猫画像に映りこんだ手のある特徴など)
    から私だと特定したそうだ。
    それらのことを、改行もなくびっしりと、メッセージの文字制限一杯に書かれていた。
    もうそれだけで病んでる気がするが、とても全部読む気になれなくて飛ばし読みだったし
    なにより返事を待ってる間に行動を起こさなくてはと思った。
    元々数人の猫好き同士で細々と楽しんでたブログだったから、こういう経緯でブログを止める旨連絡し
    勿体ないけどブログの記事は全て削除した。
    下手に残して仲間に矛先が向かうことだけは避けたかったから。
    私自身について言えば、夫の転職で地元に戻ってきてるし、夫の地元とかブログに書いた事もないし
    恐らく身の危険はないと思ってる。
    ブログを削除してから半年が経ってるので多分大丈夫だろう。

    にしても、怪しい人との繋がりは切れば安心と言うわけではないんだなと思った。
    おかしな人はどこまでいってもおかしい。
    当時のmixiは和気藹々としてたから油断があったとはいえ、むやみに知らない人と繋がるもんじゃないなと思った。

    610 :鬼女日記 2008/02/26(火) 21:30:16 0
    じゃあ豚切って。
    トメ、今年に入るまであたりは近距離だったけどまあまあうまくやってた。
    今年になって、遠方だったコトメ夫婦が義実家から歩いて10分ぐらいのところに越してくるまでは。

    コトメのところは共働き。
    コトメは仕事帰りにトメと待ち合わせ、我が家に押し掛けてきて「一緒に晩ご飯食べましょ」でも作るのは私。
    トメとコトメは食べるだけ食べ、コトメは自分の夫の分まで詰めろと私に指示する。
    旦那に言うと
    「ああ、俺が仕事で一緒に食べられないことが多いから、一緒に食ってくれって頼んだ」
    食費が三人分(コトメ夫婦+トメ)増えるんだけどというと、そこをやりくりするのが主婦じゃないのかと逆切れる。
    「おまえは家にずっといるんだろ。飯の準備ぐらいしてやれよ。姉貴は働いてるし母さんはもう年だし、
     楽させてやったっていいじゃないか」
    納得はしなかったが一ヶ月は我慢した。なんとかやりくりもした。
    でも、作ったおかずを残らずコトメに奪われ、また旦那の分は新たに作りなおして一人でぽつぽつ食ってたら、なんか無性.に腹が立ってきた。
    なんで私が我慢して、よその家庭×2の面倒見なきゃいけないんだ。

    一週間前、もう二度と食わせないことを宣言。
    ぎゃあぎゃあわめくトメコトメの前に、焼き立て餃子を山と積んでやった。
    「どうぞ、最後の晩餐です」

    879 :鬼女日記 2018/05/30(水) 12:22:13 0.net
    義父が入院した。
    状態が悪く、主治医が家族に早めに会わせてくださいと会うたびに言うので
    義母たちが義弟一家に連絡するもどれにかけてもつながらず。
    やっと夜遅くにつながったときに説明して早く来いといってもごちゃごちゃ言って来ようとしない。
    義母が怒鳴りつけて次の日直接病院に来たのだが
    義弟嫁は待合室のソファで横になって起きようとしない。
    当然挨拶もなし、顔をマスクで覆っている。
    義弟
    「わざわざ朝早くから来たっていうのに危篤でも何でもないじゃないか!
    こんなことで呼びつけんな!
    これから介護が発生しても1円も払わないからな!」

    朝から罵声を浴びせて帰るのかと思ったら
    義弟「早くから呼び出したから何も食べてない何か食べさせろ」と待合室で大きな声で言う。

    田舎なのでたいした店がないのと私たちは朝食後だったので困っていたら
    くら寿司になら行ってやるという。
    仕方がないのでくら寿司に行ったがこちらはお腹が空いていない。
    義弟一家(4人)は食べる食べる…呆れるくらい食べる。
    会計の時に自然と消える義弟嫁。
    義弟に聞くと財布持ってなくてさあ~。でごちそうさまもなし。
    この人たちって…。

    852 :鬼女日記 2019/10/05(土) 05:19:08 ID:hc.mv.L1
    いい歳してフリーターしてた義兄が何を思ったか一念発起して司法書士をめざすと言い出したらしい
    大学時代(といっても10年程前)は法学部だったし基礎はある!とのことで
    それだけなら好きにしろって話だったけど、先日突然夫を呼び出した義父が「兄の予備校費用(と勉強期間中の生活資金など)計200万を貸してくれないか」と頼んできた
    昔からいやがらせばかりしてきた兄&そんな兄に甘い父に嫌気がさして早々に家を飛び出た過去もあり、金を貸す気はないと夫が渋ると「司法書士になったら毎月いくらか返させるし、別にいいだろ、借りるぐらい」と食い下がる
    それなら、兄貴に自分でカードローンでも組ませろよ!と吐き捨てて夫が帰ろうとした時、義父は「兄が挫折したらどうする。200万もの借金が返せるわけないだろ!」と言い放ったらしい
    俺の200万は借金じゃないのか、いざとなれば踏み倒させる気だったんだ、と嘆きながら帰ってきた夫を見て義実家にスレタイ

    695 :鬼女日記 2011/10/08(土) 00:53:34 0
    身内に手癖の悪い人がいた。あまり仲良くなかった義理の姉。
    まさか某スーパーの株主優待カードを盗むとは思わなかった。
    100株持ってるので、スーパーで半年ごとの買い物3%分の返金されるよと説明したら、知らない間に盗まれた。
    普段から我が家のことを生活切り詰めて大変ねえ~って言って小ばかにしてたくせに。
    転居して、近くにそのスーパーがなかったら使うことがなく気づかなかった。
    気がついたのは偶然にも姑だった。
    姑「立て替えたお金を返してもらうよ。」
    義姉「いいよ、財布から取って。」
    そのとき、姑が財布からカードを落としてしまい、拾い上げたら私の優待カードだったと。
    カードに名前が入ってるから一発でバレた。
    本人は、借りたカードと説明してたらしいが、姑からの電話で否定しといた。

    256 :鬼女日記 2012/01/08(日) 23:22:08 I
    義実家に行って来た。
    私たち夫婦と1歳10ヶ月の息子(喋れない)
    トメはコタツでダラダラし、私たちは息子の遊び相手をしていた。
    すると、車の音が聞こえたので義弟夫婦が到着がわかった。
    荷物の搬入を手伝うために玄関まで出て行ったら義弟夫婦と対面した。
    簡単に挨拶をすませたら義弟夫婦が息子に大好きなおもちゃを持ってきてくれていた。
    狂喜乱舞になる息子…

    私「息子!ちゃんとお礼してからでしょ!」
    義弟嫁「まだムリだよねぇ~欲望のままな歳でしょ?」
    私「本当にありがとうございます。」(息子を捕まえてお礼させる)

    トメ登場

    トメ「この子はお礼も録に言えないの?!」
    トメ「お礼っていうのは人として最も大切なことなのよ!」
    トメ「こんなんじゃ先が思いやられるわね。はあぁ~あ!(ため息)」

    私「すみません…」

    義弟嫁「あっ!トメさん、あけましておめでとうございます。」
    義弟嫁「これ、頼まれてた○○の大福です。」

    トメ「あらそう。冷蔵庫に入れといて。」

    義弟嫁「トwメwさwん!挨w拶wおw礼w人wとwしwてw大w切wなw部w分w部w分!」
    義弟嫁の爆笑タイム

    今回はトメが正論だったとは言え、何かあったら言い返す準備はしてたのに。

    やっぱり、つっこみが盛んな国出身の義弟嫁は頭の回転が凄まじく早い。

    707 :鬼女日記 2019/10/05(土) 09:23:18 ID:rj.le.L1
    私が中学生くらいのときの話。

    家は通りから一本入って袋小路状になった奥にある。そのためその辺りに住んでる人しか普段はこない。

    ある日、その通りのところにフルフェイスのメット被った男の人がいた。別に何も思わずスルーしたけど、私が家に入る時に何気なく通りの方を見たら、その男の人が何故かこっちを見てて目が合った。
    その時に「えっ何?誰?」と思いつつも帰宅。家は誰もいなかったので部屋で寛いでると、玄関からガチャっと音がした。
    お母さんが帰ってきたかな、と思ったけど家に上がってくる音がしない。アレっと思って玄関まで見にいくと、さっきのフルフェイスの男が玄関のドアからヒョコッと顔を出してたんだよ。
    まじ心臓が止まりそうになった。
    当時、家に誰かいる時は施錠してなかったんだよね。
    ビビりながら、
    「だ、誰ですか?」って聞いたら、
    「あー、えっとー、あの、新聞いります?」とか言って。

    いやいや、新聞てなんだよ。新聞配達なわけないだろ。フルフェイスのメット被ったままで目しか見えてないし。ピンポン鳴らしてないし。怖いし、誰??と、テンパリつつ会話。
    「新聞はいりません」
    「そうですか、えっと、じゃあトイレ貸してもらえます?」
    「え?いや、え、嫌です。」
    「限界なんです」
    「向こうの公園にトイレありますよ」
    「いやーほんと限界なんで」
    とか言って靴脱いで家に上がって来ようとするんだよ。

    ほんと無理って思ってテンパってると、だんだん向こうはそれが面白いみたいな、私をからかってくるような口調になってきてさ、
    「彼氏いるの?」とか関係ないこと聞いてきたりして。
    もしかして知り合い?兄の友達か?とか一瞬思ったけど、だとしてもずっとフルフェイスだしピンポン鳴らさず玄関開けてたのとかおかしいし、もうパニックになって。
    その時、家の電話が目に入って、やっと警察を思い出して、
    「出てかないと警察呼びますよ!」って言ったら、やっと諦めて帰っていった。

    結局何だったのかよくわからなかった。
    家に私が入るとこ見てたから、留守宅に入ろうとしたわけでもないし、襲われそうになったわけでもないし、新聞屋ではないだろうし。終始フルフェイスのメットだったから顔もわからなかったし。

    当時は不思議だなーくらいの気分だったけど、今考えると相当こわい。
    でも今でも何の目的だったのかよくわからん。

    858 :鬼女日記 2018/05/28(月) 21:55:09 0.net
    義弟家の子ども4か月、うちの子ども6か月。
    4か月検診で看護師さんからうちの子が一番大きいって言われちゃって~!って自慢された。
    4か月男児で6800gなんてごく平均サイズだと思う。
    大きいから何?それ自慢になるの?って感じだし。
    だいたい生まれた時からうちの子ほうが大きいのになぜ自慢してくるのか…
    (うちは4か月検診で8300g)

    このページのトップヘ