339 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:13:08 0
    空気を読まずに投下。オタク、特に腐女子の話題が出てくるので苦手な人はスルーしてください。

    我が家は夫婦そろってオタク。私はBLGL大丈夫、旦那はBLは読まないが私が読む分には構わないらしい。
    そしてコトメもオタクで腐女子だが、男キャラ至上主義。というか女キャラが大嫌い。
    少年漫画はヒロイン邪魔、少女漫画は馬鹿なスイーツが読むもの、朝のヒロインタイムはたとえ子供でも見てるやつはキモい。
    それを思っているだけならまだいいのに、子供の前でも「プリキュアとか見てると将来氾罪者になるよpgr」
    と言える徹底したゴキ腐リっぷり。
    私たちにも「キモい」「性氾罪者」といった暴言を穴の開いたオブラートに包んで吐く吐く。
    数年前に私の好きな漫画が女児向けの時間帯に放送されていたのだが、
    それを見ていたと知られたときは特にいろいろ言われた。
    それなのに家にある漫画と同人誌目当てに凸はする。もちろん家にはあげたことはあっても、
    本がある部屋には一歩も入れたことはないけれど。

    そんなコトメが最近あるアニメにはまった。
    シリアスな雰囲気で、美形のかっこいい登場人物たちが活躍するそれにすっかりはまってしまったコトメ。
    このアニメはある漫画の敵役を主役にしたスピンオフで、原作は結構な巻数が出ていてる。
    なので、今から集めるとお金がかかるから貸してとコトメに言われた。
    確かにもっているが、正直貸したくない。
    が、旦那は貸してやろうと言ってきた。理由を聞いたら納得したので、問題の巻は古本で、
    私の目の届く範囲で読ませて、飲み物も近くに置かないようにして読ませることに。

    482 :鬼女日記 2007/07/05(木) 21:34:20 ID:FvaN0Yw9
     うちの婆ちゃんが、詐欺とは知らずにオレオレ詐欺を撃退した。
     私は婆ちゃんが電話してる真横にいたので、やりとりが全部聞こえたのだが

    婆「もしもし!」
    詐欺「もしもし? 俺なんだけど」
    婆「○○ね!?」
    詐欺「そうそう、あのさ」
    婆「ばー!! あんたよう電話してきいきるね××ちゃんに何したとね泣きよるばい××ちゃん!
     私はさんざ爺さんに泣かされたけんがアンタが嫁泣かすなんて情けなか情けなか!!
     ××ちゃんはアンタのプロポーズに負けてからわざわざ都会から嫁いで来とっしゃっとやけん
     もうちょっと大事にしてやらんばとに、泣かせた上に電話でどうこうしようと思っとるとね!?
     あー情けなか情けなか」←だいたいこんな感じの内容を方言満載でまくしたてる。
    詐欺「……す、すいません……」
    婆「わかったなら直接謝りに来んしゃい!!」
     婆ちゃん、電話をたたきつけるように切って終了。

     詐欺電話が来た時、ちょうど両親が大喧嘩して私の母(××ちゃん)が私を連れて家出し、
    婆ちゃんに泣きつきに行ってる所だった。なんてタイミングの悪い詐欺犯だ。
     その後父が謝りに来た時に婆ちゃんが「アンタ来るなら最初から来んしゃいな電話なんか
    姑息な手段使わんで!!」と父を張り飛ばし、豆鉄砲くらった鳩みたいな顔になった父が
    「電話なんかしてない」
    と説明したので誤解が解けた。(私は「婆ちゃん、あれお父さんの声じゃなかったよ」と
    言おうかと思ったが、仁王のような婆ちゃんの迫力に負けて何も言えなかった)
     詐欺犯をビビらせ、更に(詐欺犯は何が何やらわからんかったと思うが)謝らせた婆ち
    ゃんGJ、な出来事だった。

    411 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:14:20 0
    トメと会話のドッジボールをしてみた

    料理の味が気に入らない→えぇ~トメさん血圧が気になるって言ってたから薄味にしたんですよお?
    だから薄くても我慢してたのにトメさんだけ好きな物食べるなんてずるーい!
    →トメのだけめんつゆを薄めずに使用、もろもろの調味料は二倍量

    ムチュコタンより高学歴なのが気に入らない
    →えぇ~トメさんは中卒でウトさんは小卒じゃないですかあ?ずるーい!
    →かつて長男病炸裂で次男の旦那は大学行かせてもらえなかった過去を暴露

    男梅→えぇ~トメさんは最初に女の子産んでるじゃないですかあ?ずるーい!
    (良コトメ、義兄、旦那の順)
    →女児を妊娠(流石にこれは計画外w)

    お互い速球を投げ合ってる状態で
    とにかくトメずるいトメずるいと言い続けてたら
    この家から出てけと言われたので旦那と一緒に出て行く準備中
    慌てた様子でムチュコタンは置いてけと言われたけど
    「好きな人独り占めするなんてトメさんずるーい!」と投げ返した

    364 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:13:33 0
    元トメが「コトメちゃんに引き換えあなたはほんと駄目ね」とグチグチ言ってくるので
    「じゃあなんで私より出来るコトメさんは未だに結婚してない上
    お見合いしても向こうから断られるんです?」と聞き返したったwww

    そりゃあコトメちゃんの方が若いしトメにはぶりっこしてるから
    可愛い可愛い娘タンに見えるだろうけど、
    若いからって相手の男性を馬鹿にしたり「年収○○以下はクズ」みたいなスタンスだったり
    (自分は無職ニートのくせに)
    料理をさせてもメシマズのテンプレみたいな料理しか作れなかったり
    結婚出来る要素ほとんどないからねw
    ワインがないからってラズベリーシロップ+料理酒で肉を煮たと聞いた時は
    トメの前で爆笑しそうになったわ

    639 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:18:08 0
    昔取った杵柄と言えば、義姉が嫁ぎ先で酔った拍子に義姉旦那と
    向こうのコトメ二人と第九歌っていびってきたウトメを
    びびらせて帰って来た事があったが

    それを聞いた当時は第九がどういうものかあまり知らなかったもんだから
    歌歌っただけでびびるとか向こうのウトメどんだけメンタル弱いんだよwwと思ってた…

    こっちのウトメ(義姉の両親)は良ウトメで義姉がいびられてると知るや
    怒り心頭で「義姉旦那君も好きなだけこっちにいてもいいからあんなとこ行くな」と言ってたわ

    私の旦那も怒って「俺文句言いに行く」と言ってたけど
    「お前は音痴だからダメ」って言われててしょんぼりしてた

    755 :鬼女日記 2016/10/04(火) 21:17:58 ID:rMb6rNPE.net
    炊事洗濯掃除育児全般やってる主夫です
    自営で俺が昼から出勤、嫁はパートで朝から夕方までなんで
    俺が仕事前の午前中に家のこと全部やってる

    土日は4歳の可愛い息子の相手しつつ、洗濯や風呂掃除、勿論飯の用意全部やる
    平日は朝起きて嫁と俺と息子の朝飯用意、息子起こして着替えさせ、嫁と息子飯食ってる間
    俺が洗顔、その後幼稚園に連れて行く
    帰ってきてから仕事前の午前中に晩飯の仕込み、それから出勤
    返ってきて早ければ息子を風呂に入れるが、遅い時は流石に嫁に託してる
    土日はこの風呂入れるのと、息子の遊び相手と昼飯を作る

    嫁はなにもしないけどいつも有難うと言うし、そもそも息子大好きなんで、
    息子のこと思ったら案外苦じゃなかったりする

    俺みたいな旦那って珍しいらしいな

    383 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:13:52 0
    結果的にDQN返しになったようなお話です。
    ちょっと長いですがすみません。

    近距離別居していたトメ(ウト鬼籍)、テンプレ通りに嫌味満載、作った料理を捨てる、こちらの都合お構いなしに呼びつけて奴隷扱い。
    いきなり訪ねてきてはウチの食べ物や欲しいものを目の前で勝手に持ち帰り、訪ねてきた時に私が不在だと、帰るまで玄関前に居座り説教。

    極め付けがシヌシヌ詐欺。
    よくある「しんでやるから!」ではなく、夜中に「苦しい…助け…うっ…」って電話してきて、慌てて駆けつけたら布団の中で虫の息。
    「ありがとう…いままで…あり…が…(目を瞑り手をガクッと落とす)」
    次の瞬間「あ、鰻食べたいわ。買ってきて」って言われて私、ポカーン。

    毎回巧妙な設定と演技力で、今度こそ本物かと思って駆けつけても、トメは何度でも生き返った。

    120 :鬼女日記 2013/04/29(月) 22:40:09 0
    短くまとめるのが苦手なのでダラダラ長いかもしれない。読みにくいかも。

    私が物心つく前に両親が事故で亡くなったため母方の伯父伯母に育てられた。
    伯母(母の姉)が母と10歳ほど年が離れていたため親という年には無理がある
    (伯母が45歳の時の子供になってしまう)上、伯父と伯母が事実婚という複雑な
    事情から養子縁組せずに育てられた。

    でも10歳になるまでお父さん・お母さんと呼んでいたし、10歳のときに伯父伯母から
    両親のタヒについて知らされた後も、伯父伯母のことをお父さん・お母さんと呼ばせて
    もらっていた。伯母が病気のために子供を産めない体だったが子供好きだったため
    実子のように愛情を注いでもらい何不自由なく大学まで行かせてもらえて好きな
    勉強をさせてもらった。伯父伯母本当に感謝している。ここまでが前提。

    で、大学卒業後旦那と職場で出会いプロポーズされた。もちろん旦那には複雑な
    家庭環境のことも事前に話してあった。義実家にも話して婚約に賛成してもらえた
    いうことで両家顔合わせ食事会をやることに。その席で伯父とウトメが同じ趣味な上
    偶然にも同じ高校の先輩後輩だったことがわかり、大盛り上がり。そんな中コトメが
    私に一言。「亡くなったご両親の遺産とか保険はまだあるの?」 一同ポカーン( ゚д゚)
    ちなみにコトメは旦那の3つ下の妹で当時大学を辞めてニートをしていた。
    トメは完全に空気。ウトメがコトメを叱り飛ばし、旦那が頭を床に擦りて謝って
    コトメとトメを連れ出した。伯父は烈火のごとく怒りご破算になりかけたがウトメと
    旦那が何度も謝罪に訪れ、コトメも渋々謝罪し最後は本人たちの意思を尊重すると
    伯父伯母に言われ結局結婚した。

    440 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:14:49 0
    夫が独身の時、一方的に相手が悪い事故(青信号で渡っている時にひき逃げ)に遭ったり、
    病気したりして、すごく経済的に困って、トメに少しだけお金を貸して欲しい、すぐ返すって言ったら、

    「義弟ちゃん(社会人になっても仕送り貰ってた)はそんなこと言わないのにあんたばかりおかしい」

    と言い放たれて、すごく悔しかった…と涙目になっていっていたことがあったし、私も暴言ばっかり
    吐かれてすごく嫌だったので、計画して言ってやった。

    可愛い可愛い義弟ちゃんに子供が生まれてフィーバーなのだけれど、義弟嫁の実家のほうが裕福で、
    もてなしもいいものだから、義弟夫婦はそちらにばかり入り浸っている。
    「盆暮れはあなたたちも可愛い孫ちゃんにプレゼントを用意しなさい!」(うちは計画小梨)と言われて、
    去年の暮は夫が私に隠れて送ったらしいけど、そんなことをする必要はないと洗脳を解くこと半年。
    さっき電話がかかってきたので、言ってやった。

    「うちの両親は私の妹の子供にそんなことをしろと言わないのに、トメさんばかりおかしいんじゃないですか?」

    どうも自分の言ったことを覚えていたらしく、ファビョりだしたので電話切って着信拒否した。
    夫も絶縁するって言ってるし、今夜が楽しみだわ。

    401 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:14:10 O
    ウトさんが亡くなったのを期にトメと同居。
    何事もなく平和だったところに、夫の単身赴任にくわえ、義弟さんが有名大卒の嫁と結婚した頃からトメが豹変。
    義弟嫁と一緒になって、「(私が)低学歴だから味付けが下品」だの「低学歴だから掃除も雑」だの
    「こんな低学歴が嫁や義姉なんて恥ずかしい、○○家に相応しくない」などと言い始めるようになった。
    最初は豹変ぶりが信じられないのもあり我慢していたけど、耐えきれず夫に相談。
    夫も最初は信じられない様子だったけど、録音したものを聞かせたら、謝ってくれて実家に帰るなり何なり好きにしていいと言われたので、DQN返し。
    毎度お決まりのごとく「学歴」「学歴」と言い始めたトメに、「やっぱり大卒じゃないと○○家の嫁として認められませんか?」と聞くと
    「当たり前じゃない、最低でも○○大は出ていないと」と言うので、
    「分かりました、私子は○○家の嫁に相応しくなるべく○○大合格を目指して頑張ります」と宣言して、速攻で本屋で赤本買って勉強してる振り。
    トメに何か話しかけられても、「受験勉強の邪魔しないでください」とシャットアウト。
    次の日、義弟嫁が来て「冗談を真に受けるなんて」と言うから、「あんな言葉を冗談で言える人間がいるはずがないじゃないですか。至らない私を叱咤してくれたんですよね」と笑顔で返した。
    根回し済みの実親が電話で「そちらで勉強させるとご迷惑でしょうから、実家でしっかり勉強させますので」とトメに話して、トメがアワアワしているうちに纏めてあった荷物を持って義実家を後にした。
    最後にトメには「何年かかっても○○大卒業してきますので、待っていてください」
    義弟嫁には「戻ってきたら○○(惣菜屋)の商品にそっくりなお味のおかずの作り方を是非とも教えてくださいね」と高らかに言って出てきた。
    数日実家でのんびりした後、今は夫の単身赴任先で一緒に暮らしています。

    このページのトップヘ