309 :名無しさん@おーぷん
    お彼岸の時に、実家のある地元の親戚の家に法事で集まったときのこと。

    はとこ(再従妹)にあたる人で家事手伝いのまま実家に住んでいる人がいる。
    年が近かったから学生時代までは時々あってたりしたし、二人で映画に行く程度の
    付き合いもあった。

    私は大学卒業後に他県に就職して、そこで結婚して子供もできて、もう50を超えた
    いいおばさん。

    そしてはとこ、仮にA子とするけど、彼女と多分30年ぶりぐらいに再会した。
    A子と久しぶりにあったので、懐かしくて話をしようとしたけど話が全然
    かみ合わない。

    「今何やっているの? 仕事とかしているの?」と私が聞いたら
    「朝起きて、ごはん食べて、テレビみて……」と1日の行動を順繰りに話し出してきた。
    それはまだいい。他にも従兄弟にあたる同年代の人もいたので、最近見た映画の
    話題とか、親戚宅の近所にできた話大型店舗の話題とか、あたりさわりのない会話を
    していたら、何に対しても「それ何?」とA子が聞いてくる。

    例えば大型店ってIKEAとかコストコとかそういうレベルの店です。
    開店前から地元では盛り上がっていた。店ができたの知らないの?ってA子に
    聞いたら「外にでないから気が付かなかった」そうです。

    今回の朝ドラは面白かったよね、という話をしたら「テレビは見ていない」らしい。

    長くなったので続きます

    691 :名無しさん@おーぷん
    大学生の頃、同じ学年の人と付き合っていた。
    大学卒業後、彼は院へ進学し私は就職した。
    大学時代はお互い時間にも余裕があり、生活リズムも似ていたためあまり喧嘩することはなく、仲良くやっていた。
    しかし、私が社会人になってから、彼の束縛がひどくなっていった。

    会社の飲み会に行くと事前に伝えているのに、
    「なんでLINE既読にならないの?」
    「まだ飲んでるの?」
    「男ばっかなんでしょ?」
    とLINEの嵐。トイレに行くタイミングで慌てて
    「まだ飲み会中。会社の飲み会だからもちろん男性もいるよ。私たちの歓迎会だから、二次会にも参加します」
    とLINEを送りまた席へ戻った。

    一次会が終わると、さらにLINEの嵐。
    二次会に行くなんて信じられない、俺のことはほったらかし?
    などなど。

    後日、2人で会い話し合いするも、仲直りどころかどんどん喧嘩に。
    しまいには
    「なんで私子は俺のいうことが聞けないんだ!俺の言うことさえ聞いてればいいんだ!」
    と言われて、もうこいつとは絶対無理だと思ってその場で別れた。

    その後私を非難するメールが来まくったけど全部無視したら電話の嵐。それも無視したら連絡はこなくなってけど、大学時代こ友人には私の有る事無い事言いふらしてるようだった。

    もう色々とめんどくさくなって否定もしていない。

    56 :なご 2014/02/10(月) 00:57:55.78 ID:5RLkeEqP0.net
    うちの会社にいる外国人研修生が今日元気ない。
    何かと思ったら、ヤツは雪のない国出身。
    おととい雪になる、という天気予報に
    「たくさん降りますように!」とカミサマに祈ってしまった。

    そしたら吹雪のような天候に。
    最初は喜んでいた彼も、初めて見る光景にだんだん怖くなってしまい、
    さらに交通被害、人的被害をニュースで知りまっさおに。

    罪滅ぼしに会社エントランスの雪かきして来いって行ったら
    大ハリキリで出てった。

    147 :名無しさん@おーぷん
    愚痴です。

    正月に、雪国の義実家に行きたくない。
    義父は初孫のために自分で運転して送り迎えしたいらしい。
    おじいちゃんが車で送り迎えするから!って息巻いてるけど、運転荒いから乗りたくない。

    妊娠中、つわりでしんどいから乗車断ったのに、「ゆっくり安全運転するから!」の一点張りで押し込まれるように車に乗せられ、案の定、スピード出しまくり。
    当然、気持ち悪くなって車降りた途端リバース。

    この事もあって、正直に運転荒いから乗りたくないって断ってるのに、全然引き下がらない。

    産まれたばっかりの息子もいるし、危ない目にはあわせたくないのよ。
    授乳もあるので…って言っても「家族だからそんなの気にしないよ!」だと…orz
    いやいや、こっちは気にするから!

    限度を知らず暴飲暴食するくせに、「将来は介護よろしくね」とか言ってくる義父。
    介護してもらえると思って安心してどか食いしてるのか?と思うと、食べてる姿見るだけでイライラする。
    正月から義父がおせちを爆食いしてるのを見なきゃならんのかと思うと、ほんとにユウウツ。

    「長男の嫁なんだから〜〜」とか「昔はこうだった〜〜」とか、いちいち口出ししてくる時代錯誤で男尊女卑な義祖母もいるし、、
    雪国なのに、やたら孫(生後4ヶ月)と出掛けようと企画してるみたいだし、、

    もちろん息子の為に、全力で止めるけどさ…
    あー、行きたくない。

    正月に義実家詣しなきゃならん風習なんて早く消えれば良いのに、、

    496 :名無しさん@おーぷん
    せっかくなので私も中学時代の修羅場を吐き出し。一応フェイク有。

    私の父親は精神的な病気を患ってた。昔事故に遭って頭を打って、その時の影響でちょっと変になったらしい。
    酒は飲まないタバコも吸わない、普段はまともでよく笑う人だった。
    だけど感情のブレーキが利かなくて、一度キレると手が付けられない。我慢するとか他人に譲るって事ができなくて、自分の思い通りにならない事が許せない。そんな病気だからどんな仕事も長続きしなくて年がら年中家にいた。
    両親+父方祖父で四人暮らし(祖父母はかなり前に離婚してる)だったんだけど、父がそんなんだから母も色々限界が来てたらしい。私が小学校を卒業するのを待ってさっくり離婚して、私は母についていった。
    離婚してからもしょっちゅう私のところには電話がかかってきたし、月に一度ぐらいのペースで私だけ父のところにいって一晩泊まる、ぐらいの交流はあった。母は自分が父と顔合わせると父の機嫌が損ねられるとわかってたから、絶対に行かなかったけど。

    修羅場は中三の頃。
    土曜プレミアム的な番組見てたら実家から電話があった。
    祖父なら自分の携帯からかけるから、家からかけるのは父しかいない。そろそろ向こうに泊まりに行く時期だからその催促かなーと思って出た。
    父、電話の向こうでうーうー言ってた。何が言いたいのか全然わからない。言葉として成立してないというか、声とすら呼べないような音しか聞こえなかったから。
    そうこうしてるうちに通話は向こうから切れた。かけ直しても繋がらない。どう考えてもただ事じゃない。急いで祖父に連絡とったけど、こっちも繋がらなかった。
    それからしばらく待ってようやく祖父から連絡が入った。父、タヒんだって。
    父が病気のせいで暴れはじめて手が付けられないから、一旦家から避難してたらしい。その間に父は自杀殳したそうだ。手首を切ったみたいですごい血塗れだったらしい。頭の病気のせいでろくに思考が働かず、衝動的にやったのかもしれないと祖父が言ってた。
    とりあえず父が搬送されたっていう病院は比較的近所だったんで母と二人で病院に行った。
    父は簡易ベッド?みたいなのに寝かされてたけど、あの粘土細工みたいなのが父だなんて信じられなかった。
    病院を出たのは日付が変わってしばらく経ってからだった。子供が見るもんじゃないからって祖父には止められたけど、どうしても行きたいって無理言って着いていった。
    ほんとに家中血塗れだった。手首切ってから相当のたうち回ったらしい。受話器も血がべっとりで、最後に父の声を聞いたのは私だったんだな、と思ったらなんか申し訳なくなった。ちゃんと聞き取れなかったし。
    いつまでも血塗れにしておくわけにはいかないから、祖父と母と一緒にこびりついた血を綺麗にした。乾いてたからそこまでグロいとも怖いとも思わなかったけど、母は精神的に相当まいってたみたい。
    家綺麗にしたり葬式の準備をしたり、しばらく慌ただしい日が続いた。遺品の整理とかもした。

    何が私的に一番の修羅場だったかって、父の遺品のなかにエ□本が混じってた事なんだよね。
    父のタヒとか家中血塗れになってた事とかもそれはそれで驚いたはずだけど、というか驚きすぎて一周回って何でもない事みたいになってエ□本の衝撃に上書きされただけかもしれないけど。
    そんなものが母と祖父に見つかったらかなりマズいだろうと思って慌てて隠した。
    家中探し回って、遺品は恐らく全部回収した。私が父の遺品を回収したところは多分誰にも見られてない。
    回収してからの事なんて考えてなかった。
    不法投棄なんてできないし、普通の雑誌に混ぜて捨ててこようにも近所の人の目がある。
    だけどその時は父の名誉(?)を守らないと!みたいな感じで必タヒで、集めたそれをどうするかまでは思い至らなかった。
    とりあえず遺品は私の学習机の、鍵がついてる引き出しの中にしまった。他に置き場がなかった。

    これが父の遺品だと思うと、ちょっと微妙な気分になる。

    17 :名無しさん@おーぷん
    俺の両親が介護が必要になったときに、嫁が子供連れて逃げたのが修羅場。

    俺両親、同時期に介護が必要になる。
    1年ほど俺だけで介護してて、
    仕事と介護でフラフラに。

    当時仮面夫婦歴10年近い専業嫁が介護を
    恐れて、子供を連れて離婚を請求してくる。
    のちに離婚成立。

    俺両親、知人の紹介により施設に入る。このあとに俺再婚&出世。

    介護がなくなったことや俺が出世したことを元嫁が知り、
    子供をネタにした金銭要求や接触が激しくなる。
    子供も子供で、離婚に対する恨み節や、
    あれ欲しいこれ欲しいばかりで
    普段の仕送りへの感謝の一言もない。

    あまりの糞ぶりにブチキレて、
    善意で払ってた大学の学費と一人暮らし費用の振込みを取り止め。
    奨学金を借りろと伝える。
    ちなみに俺には法律的にも払う義務は一切ない。

    今さら謝ってきてるが、
    元嫁も娘もバカすぎるわ。
    こんな奴らにもう払いたくない。

    407 :1/3@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 14:57:57.27 ID:tLno0+rD.net
    さっき起きたことで混乱中なので吐き出させて。私=女性です。

    ・カウンターのみのラーメン屋で、スマホで動画見ながらひとりで昼食。
    ・隣にひとりの男性客が座る。座る時ぶつかってきて謝りもしないし、その後もいちいちダンッてグラス置いたりうるせぇなぁと思ってた。
    ・しばらくして、3人組の男性客が来店。L字がたのカウンターで、私と隣の男から斜め前に見える席に座った。

    ・隣の男が急に話しかけてくる。
    男「ねぇ」
    私「…(動画見てる)」
    男「ねぇ!」
    私「…? あ、はい?(私か?)」
    男「動画ばっかみてないでさ、せっかくふたりでご飯きたんだからイチャイチャしようよ」
    私「は?」
    もちろん隣の男とは初対面でここまで一切会話なしだから、最初意味がわからなかった。
    隣の男はやや大きめの声で、あちらの3人組男性客をチラッチラッと見ている。

    109 :名無しさん@おーぷん
    初書き込みなので読みにくかったらすいません。流れとかぶった切ってしまってるのだろうか。

    長くなってしまったので二つにわけます。

    1
    私には長いこと付き合っている彼がいます。
    その彼が最近、将来の仕事に活かせるような短期バイトを始めたのですが、そこは福祉系のバイトなので女性が多い。
    そのなかに胸が大きい人もいるらしく、その話をネタとして(作り物じゃないスイカップとやらを初めて見たよ、というかんじ)話してくれました。
    彼が本当にネタとして話してくれていたのもあったので、その話をしたこと自体は全然いいのですが、問題はその胸の大きい女性たち。
    彼の話だとどうやらとても薄着で、さらに襟元がだるだるで視線に困るくらいだとか。
    体力を使いよく動くバイトなので夏場だし露出具合が上がるのは仕方ないにしても、なぜ襟元がだるんだるんなTシャツを着るのか・・・?
    私はかなり貧乳だけど、だるんだるんになったTシャツを着て恥ずかしい思いをしたので、そういう恥ずかしさは胸の大きさ関係なく嫌なものでは・・・?
    いやまさかわざとか・・・?など彼の話を聞けば聞くほどゲスパーしてしまった。

    692 :名無しさん@おーぷん
    男が前を歩いて、女は三歩後ろを歩け
    いつの時代の風習かは知らないけど、現代でもそういう風に思っているらしい元カレにドン引きして別れた
    改札口で電車のから降りた目の前に改札口があった時先に出ようとすれば首根っこ捕まえて「お前が先に出るとは何事か!俺の後から出ろ」と自分最優先
    これでその時まで何かおかしいなと思っていたのだが確信した
    デートでも横並びになることはなく、常に彼氏先頭、私後ろで手をつなぐことも無い
    横並びになろうとすると意地でも前に出たがる
    私が小物や洋服を見ようと立ち止まっても、スタスタと気がつけば50mは先に歩いていってる、引き返してくることは絶対にないで立ち止まってる
    食事時も私がオーダーしたものが先に来れば「俺が注文したものが来るまで待てよ」でも彼がオーダーしたものが先に来れば断りもいれず先にパクパク食べ始める
    私がまだ食べてるし、後からデザートがくる場合でも会系してサッサとお店を出る

    めんどくさくなり別れた、別れたときもスムーズで「男をたてない女に用はない」って返事がきてそれっきり

    314 :許した ◆mz8aqnYd0. 2015/07/22(水) 15:33:06.24 .net
    簡潔に

    結婚2年目、俺27歳、嫁28歳の時。
    出張の予定が繰り上がって予定前日の深夜に帰宅。
    見知らぬ車が駐車場に。
    家に入ると嫁と間男が行為の真っ最中。
    よく覚えてないけど怒鳴りまくって俺は家を出てホテルへ。
    携帯鳴るけど電源落として無視。
    最初から離婚を決心。
    早朝出社して出張報告をまとめ、出勤してきた上司に即事情を話し、その日と翌日は有休貰う。
    その足でそのまま弁護士へ。弁護士同伴で家へ戻る。

    このページのトップヘ