961 :名無しさん@おーぷん
知らない女がうしろからぶつかってきて
俺の鞄を持って逃げようとしたので
取り押さえて警察に突き出した。
それ自体は単なる刑事事件として被害届を出したのだが
対応した警察官がどうにもアホで
「本当に知らない人なんですか?」としつこく聞いてきた。
なので、つい胡散臭いモノを見る目で
「知りあいなら襲っていいのか?」と聞き返したら
「いや、そういうワケでは・・」と逃げ腰になったので、
「アンタ、階級と名前は?」と突っ込んだら
グダグダ言いながら答えずに逃げて、別の警察官が代わりに来た。
調書に必要なことを答えながら3回に1度は
「で、さっきの警察官の名前と階級は?」と繰り返していたら
「何でしつこく聞くんですか?」と聞かれたので
ニヤリと笑って「知り合いだから」と答えたら、
警察官、何かを諦めた表情で、ただし教えてくれなかった。

察するに冒頭の強盗女が、俺を知り合いだとか言い逃れしたんだろうと思うが
警察が犯罪者の寝言を鵜呑みにしちゃいかんよなぁ
962 :名無しさん@おーぷん
本当に知らない人なのか?と961に尋ねてるんなら
別に鵜呑みにしてるわけじゃないじゃん
どっちの話も聞かなきゃいけないんだから
逆に961の話を鵜呑みにするわけにもいかない
もちろん実際にはその女が嘘をついていて961は潔白だったけど
それは結果であってその場にいなかった警察官にはわからないわけだから
963 :名無しさん@おーぷん
よくある話だけど被疑者が被害者の名前だか会社名だか知っていて、知り合いだと言い張ったから「一度も面識がなく、初対面である。」ことを聞かなくてはならなくなったパターンだな。
今回の場合、被害者がキチガイだから上司に代わって聞いただけ。
被害者の神経がわからない話。
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1470070666/
他サイト生活系人気記事