482 :名無しさん@おーぷん
私の両親の老後に対する考え方がスレタイ。

私の両親は昔から自分の老後だけでなく「これから先の事」を何にも考えない人だった。

40代の終わりに「終の棲家だ〜」と買った家は坂の途中にあり、高齢になった今はふもとのバス停まで歩けない。
おまけに、そのバス停にはバスがあまり来ない。
両親の家の周りは商店が何もない。正確には開業してもすぐ潰れた。最近できた最寄りのコンビニまで500mある。
両親曰く「そのうち、開けてくる」と思ったらしいが、実家より先はもっと山奥で何もないから開発されて町がひらける
要素がない。北海道の叔父が来たとき、実家の周りをぐるりと車で一周させて見せた時、「本州でこんなところがあるんだな」
「原野商法を思い出す」とびっくりしてた。実家の数キロ先には市街地があるが、家と市街地の間は山間部となっている。
後年、私や姉が中高時代、学校帰りに真っ暗になり人気もなく、恐ろしいと訴えても「・・・・」と何の反応もなかった。
子供たちの通学の事を考えたのかと聞いても「・・・・」と返事が無かった。
入居前は「面倒臭かった」そうで、引っ越すまでバス停の時刻表も見ていなかったらしい。
元気なうちは自家用車で通勤・買い物をしていたから「不便じゃなかった」そうな。高齢になって運転できなくなったら
どうするつもりだったのか、聞いても「・・・・」だった。

高齢になる前に引っ越すか老後の計画を立てるべきなのに、老後のための準備を何もしていない。年金と預金を取り
崩して生活している。
成人した子供達が両親の危うさがわかって、今後のための必タヒのアドバイスや申し入れも「そのうち」とか
「考えないといかんな〜」とか言って真剣に考えなかった。
健康型老人ホームに元気なうちに入居する知人・友人を馬鹿にして無策のまま80歳を過ぎた。今や、手ごろな老人
ホームは順番待ちでなかなか入れない。すぐに入れるのは馬鹿高いところだけ。
子供のうち、だれかの世話になるつもりだったらしいが、子供達夫婦が転職・辞職して親と同居するとも思っていな
かったらしい。「なんとかなる」そればっかり。
「何とかならない場合どうするの?どう考えていたの?」と聞いたら、昔懐かしい「・・・・」の返事なしだった。
両親の自分の老後に対する考え方が神経分からない。
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1473079309/
他サイト生活系人気記事