2017年12月

    80 :鬼女日記 2011/06/29(水) 11:47:42 O
    横文字をちょっと間違って読んじゃう
    天然ボケな可愛いワ・タ・シ
    という意図が透けて見えるからむかつくのよ。
    うちは実母がそれで、
    「ふくしまげんばくが」「ふくしまげんばくが」
    と、訂正してやってもいい続けるので
    「それ面白いと思ってやってんの?」
    と冷たい声で言い放ったら、その後一度も間違えない。

    283 :鬼女日記 2011/11/30(水) 19:50:21 ID:Ner4/Jsh
    うっかり財布から落としたご縁を彼がさっと拾い上げてくれた。私がありがとーと言って手を出したが渡す素振りがない。
    不思議に思っていると彼が
    「こういうのって拾った人のものじゃない?」
    とひとこと。
    私ポカーン
    微妙な雰囲気を察知したのか彼が
    「やー、冗談だよw」
    なんだ、冗談かーと思いながら
    「いや、まあ五円くらいいいけどねw」
    とちゃかしたら
    「え! じゃあもらうよ!?」
    彼の目キラキラ
    「本当にもらうよ?」
    うなずくしかできなかったorz
    そしてとどめに
    「後で返してって言っても……遅いよ?」

    『……』がなんかもう、なんかもうさ('A`)

    67 :鬼女日記 2011/06/25(土) 18:02:10 0
    旦那は大学卒業後に数年ほどJAに勤務してたらしい。
    そこで上司だったという人は旦那が高校生の頃に担任だったA先生の知り合い
    らしいんだけど・・
    「あなたがJAを自分から辞めたって言うけど実際は上司を怒らせて
    クビになったんじゃないのw その上司はね A先生の方が良い就職したから
    僻んであなたに嫌がらせしたんじゃないの?w」
    そういうトメは元高校教師。

    953 :鬼女日記 2017/12/13(水) 02:54:30 ID:b8j
    愚痴です
    バイト先で最年少だからかやたら可愛がってもらってるんだけど文句言いやすいのか一番よくご飯行く先輩はやたら私の外見を貶すから疲れる。
    人から外見のことを真っ直ぐに悪く言われるのってすごく嫌だけど先輩だからなんて言ったらいいかわからないし、パシリ扱いされて何でもやらされてるのも凄く不快(とはいえパシリさせられてることは実際にバイトの業務内で必要なことだから文句言えない)
    その人以外でもバイト先の人何人かでご飯行っても私だけ話題から外されてたり居なくても良さそうだったりして凹んだ
    社員さんにも皆にすごい可愛がられてるねと言ってもらったとき嬉しかったけど、気を使わなくて済むし話しやすいのが偶々私だったんだろうな…とマイナス思考のスパイラルに落ちてる。
    上手く言えないけど、誰かのかけがえのない人になれたらいいのになってもどかしい。イライラする…だめだなあ

    573 :鬼女日記 2017/03/31(金) 12:33:36 ID:9UO
    もう時効だろって思えるくらい昔の話です。30年以上前。
    小4の時、担任の先生(男性、既婚40代)に告白されました。
    当時「知らない人に付いていっちゃいけません」的な教育はすでにされていて
    おかしな大人がいるという知識はありましたが
    ・担任の先生=おかしな大人のわけがない
    ・大人が子供に対し恋愛感情など持つわけがない
    と思っていた私は、先生が冗談を言っているのだと思い「私も好きです~」くらいに軽く答えました。
    数日後先生からドライブに誘われました。
    しかし先生が指定してきた土曜日は習字の塾があったので「塾があるからダメです」と返答。
    すると先生はキレ出し、
    「塾なんかなんだ、お前は俺とのことを真剣に考えていないのか」
    「そんなやつだと思わなかった」
    と怒鳴り…。
    怖くなった私はドライブに行くと返事し帰宅。
    帰宅してから怖くなり、眠れず悩みました。
    翌日先生に会うと手紙を渡されました。(当時はまだ携帯やスマホはなかった)
    内容はもうさだかじゃないんですが、キスしたいと書いてあったことだけ覚えています。
    さすがにキスという単語は知っていて「げっ」と思ったから。
    「お腹が痛くなろう。そうすればドライブを断れる」と浅はかなことを考えた私は
    帰宅して腹痛のふりを始めました。
    しかし姉(当時中学生)にあっさり見破られ「仮病すんな!何?学校行きたくないの?」と聞かれて
    「実は…」と先生の手紙を見せました。
    姉から親に話がいって、てっきりすごく怒られると思ったのに
    なぜか親は私を怒らず、先生に激怒。
    当時モンペやクレーマーなんて見たことがなかった私は、先生の言動に親が怒るなんて有り得ないと思っていたので驚きました。
    そこからどうなったのか詳細はわかりませんが、担任は三学期から来なくなって、
    学年主任の先生が担任の変わりをするようになりました。
    □リコンという概念を知ったのは中2くらい。あれがそうか!と思いました。
    しかし今思うに、ドライブ行かなくてよかった~…

    756 :鬼女日記 2016/12/17(土) 00:06:23 ID:1g682FPD0.net
    クリスマスに4°Cのネックレスを23歳社会人の彼女に送ろうと思って買ったのですが、社会人に4°Cってのはダサいんですかね…?
    ネットとか見ると4°Cはありきたりすぎてダメとか高校生までとかかいてあって気になりました…一応3万円ほどしたちゃんとダイヤ使ってあるやつなんですけど…
    ちなみに自分は大学生なのであまりお金に余裕がなかったです

    522: 名無しさん@HOME 2012/02/10(金) 22:00:47.07 O
    くそ旦那が子供の卒業式と入学式に
    私と一緒に出席しようとしている。 

    一緒にいるのをママ友に見られるのも恥ずかしいのに。 
    まだ未婚でここを見ている人がいたら、
    今流行りの歳差婚なんか絶対やめて下さい。 

    690 :鬼女日記 2016/12/03(土) 09:34:37 ID:gv9cz6xC.net
    婚活で初回ってお互い正装で会うところだった
    でホテルのカフェの前で待ち合わせする(相談所の指定がある)
    無事会えてそのカフェに入ろうとしたらホテルのカフェは高いから外に出ようとか言われてドトールとかマックに連れて行かれたことが何回かある
    しかもドトールとかマックがあるところすら探してないのであるまでひたすら歩いた
    いかにも婚活してます的な正装で、30半ばの大人二人がドトールの両隣の距離が狭い場所で隣の女子高生達にガン見聞き耳されながら話すの苦痛だった(普通にドトールは好きだがああいあところは両隣が狭いので話が筒抜け)

    別に奢ってもらおうとも思ってないし実際奢ってくれないのにホテルのカフェで良いたろ

    321: ◆ssGcxLsUy8Bx 2014/10/18(土) 07:19:40.08 0
    3年前に別れた旦那からロミオメールが 
    細切れなショートメールで届いた。 
    別れた理由は浮気と暴言。
    あの変わりようは今でも解せない 
    簡潔に。 

    始まりは旦那に来たジュリメール 
    内容は結婚したって本当? 
    あんな酷いことしてごめんね、
    私は旦那君に甘えてたんだね 
    旦那君にメールする資格ないけど忘れられなくてメールしました 
    旦那君が結婚したって聞いて今泣いてメール打ってます 

    こんな感じの内容のメール+自取りの可愛いシャメつきを
    旦那見せられた。 
    その時は何考えてんだろうなとか苦笑してた気がする。 
    ちなみにこのジュリは旦那の初カノで初相手 
    しかしながら本命は別に居て旦那が浮気相手状態 
    しかもそれを楽しげに友達に話してたらしい 
    旦那君チェリーボーイだったんだって~みたいな感じで。 
    それからどうやって別れたとかまでは聞いてなかったけど
    大分傷ついたって話だけは聞いてた。

    225 :鬼女日記 2011/07/10(日) 15:11:16 0
    コトメとは中学の時に1年間だけクラスが一緒だったが、暗くて大人しい
    というイメージしか無い。
    一度だけ友人間で話題になったのは、男子のB君が、コトメをからかって
    嘘の告白をしたが、無反応でがっかりだった、というもの。
    時は過ぎて我々は今35歳。
    先日トメからBさんを知ってるかと聞かれた。
    同級生のB君のことらしいが
    「あの子、告白されて付き合うかどうか悩んでいたの。B君はまだ独身?」
    思わず「20年も悩んでいたんですか!?」って聞き返してしまった。
    トメ、むっとして
    「コトメちゃんは大人しいから、あなたがフォローしなきゃダメでしょ!」
    って怒られちゃったよ。
    B君は高校中退して出来婚して、もう高校生の娘がいるらしいですよって
    言ったら、コトメががっかりするから言うなだって。
    母子で頭可笑しいよ。

    このページのトップヘ