884 :鬼女日記 2014/12/30(火) 17:09:32 ID:JUp
隣県住まいの父方祖母が危篤の知らせを受け、旦那に子供預けて行ってきた。
臨終には間に合わなかったんだが、病院に駆けつけ、ベッドに横たわる祖母を見た時、
「おばあちゃ~ん(泣)」みたいな悲しみより、「小さっっ!!」と驚いた。

元々小柄な人(140cm代)だったけど、亡骸となった祖母は「ヨーダかっ」てくらいの縮尺だった。
病気で寝たきりが3年続いて、筋肉がほとんど無くなったのもあるとは思うけど。
また祖父が大柄な人だったらしく(40歳前で他界した人で会ったことない)、父やその兄弟姉妹5人
がみなすごい大柄で、その大柄な6人に囲まれてるので、非現実的なほど小さくて、うっかり吹き出すとこ
ろだった。

祖母の最後の顔はちょっと笑ってた。
「こんなに大きな子たちを、この体から6人も産んで育てたのよ。すごいでしょう」と
勝ち誇ってるようにも見えた。
それは確かにすごいことだよね、よくやり通したねと思ったら、やっと悲しくなった。
885 :鬼女日記 2014/12/30(火) 18:21:34 ID:CEa
>>884
お疲れさまでした。
私も1年前に祖母を亡くしたとき、同じような状況だったので、わかります…。

思い出して悲しくなったり、可笑しくなったり、夢に出てきておばあちゃんと会話したり、そのすべてが偲ぶこと・供養になるのだと私は思っています!
886 :鬼女日記 2014/12/30(火) 18:24:12 ID:hRq
あ~わかる
亡くなった人って小さく見えるよね

生きてた時の覇気やら生命力が、人を大きく見せるんだとなんとなく考えてる
他サイト生活系人気記事