454 :鬼女日記 2015/12/29(火) 13:19:45 ID:Xwx
かれこれ十年ほど前のお話。修羅場ではないかもしれないけど、自分にとってはかなり悩んだ。
大学に進学したのち、学業とバイトの両立に耐えかねて体調を崩し、一旦休学して学費稼ぎをしていた時。
参考書か何かを買うために訪れた大型書店で、勧誘に呼び止められた。話を聞けば、近くにある英会話学校の勧誘だという。
話のうまいお姉さんで、大学や将来の希望などを聞かれお喋りが弾み、英語が好きだったこともあって、後日無料体験に来て見ないか?と話がまとまった。
約束の日に訪れてみると、街中の綺麗なビルだった。すごい立派な学校なんだなーもしかしたら学費高いのかなーだったら厳しいなーと思いつつ、受付へ。先日の勧誘のお姉さんが超笑顔で対応してくれた。
施設案内とネイティブ講師との会話兼面接を終えて、パーテションで仕切られた応接室で、再び勧誘のお姉さんと対峙。さっきの会話で点数をつけられていたらしく、「あなたには英語の才能がある!」みたいなことを言われて若干引いた。
やばい、これ断らないと…と思っていると、入学案内を出された。かかる費用占めて50万ほど。
一括でも分割でも~と言ってるお姉さんに、申し訳ないながらその額は出せそうにないということを伝えると、やたら分割を推してこられた。
なんとか断るために、実は言ってなかった休学諸々の事情を話すと、お姉さんは今度は「今は停滞期でも、歩き出さなきゃ行けないんですよ!」とお説教モード。
しまいには、親族やお友達に頼れませんか?とまで言い出したため、これは何を言ってもダメだと思って「すみません、無理です、ごめんなさい」を繰り返してたら、諦めてくれたようで帰してもらえた。
文章にすると全然普通で、むしろ自分が良いカモだったようにしか見えないが、当時はこのまま帰してもらえないんじゃないかとドキドキした。あと、休学してるのを怠けてるみたいに言われたのには凹んだ。

数年後。お金も貯まって休学明けて、順調に卒業した後、ローカルニュースでこの英会話学校が倒産したことを知って驚いた。よく聞いていれば、自分が勧誘を受けた時にはすでに経営が傾いていたらしい。
あの時のお姉さんの顔を思い出して、だからあんなに必タヒだったのかと納得いったと同時に、押しに負けなくて本当に良かったと胸を撫で下ろした。
モザイク付きでテレビに映っていた元学長らしい人の、「生徒さんには申し訳なく思っているが、今は自分の生活が精一杯」というコメントは今でも覚えてる。
だったら新規勧誘はしたらダメだよ、と突っ込んでしまった。
456 :鬼女日記 2015/12/29(火) 14:01:41 ID:AXy
>>454
私も似たような勧誘に会ったなあ。●の●に●書店だったよ。
書店内のカウンター前で、制服着た綺麗な女性が宣伝チラシ配布してて、無料と思って受け取ろうとしたら女性がチラシを手放さない。
チラシの両端を二人で持つ状態のまま女性が英会話習得の必要を話す話す。
あの人も必タヒだったんだなあ。
他サイト生活系人気記事