13 :鬼女日記 2011/06/17(金) 09:45:55 ID:ppqh7FDo0
休みの日に夫と2人でオープンテラス風のカフェでランチしていた。
そろそろ出ようかなって頃に、どこからとも無く現れた女の子。
バスケットを下げて各テーブルを回りだした。
私達のテーブルにもやってきてバスケットの中身を指差しながら、
「○○動物愛護センターのボランティアです。1つ300円で買って下さい」
と淡々と言う。
大粒のプラスティックのビーズを5~6個つなげてリングに通しただけの
手作りキーホルダー(?)だったんだけど、自分も動物関係でボランティア
している身なので「うん、ひとつ下さいな。」と言いながら夫を見た。
夫は財布も見ずに「今小銭ないから」と無碍に断るようなことを言う。
「?」と思いつつ、しょうがないから自分の財布をチェック。
ぴったり無いので500円玉を差し出したら、その子にこりともせずに
「 お 釣 り い る の ?」 
驚きつつ「いるよー」と答えると、
「細かいの無いんだけど、じゃあ100円だけでいい?」と
本当に100円だけテーブルに置いて、また別のテーブルに向かった。
なんか腑に落ちない...10歳くらいの子供なのに何このずうずうしさ。

15 :鬼女日記 2011/06/18(土) 09:27:38 ID:yLrcdBOZ0
>13の続き
お店を出たら、オープンテラス近くの道路脇にいかにもDQNな女の人が
立ってて、ずっと例の女の子を目で追ってる。 
母親だってすぐに分かった。
思わず夫に「あの子さあ、本当にボランティアなのかな」って聞いたら
「違うでしょ」と即答。 
それってサギじゃないの?母親がやらせてるってこと?子供があんなに
すれちゃうような育て方してる母親が許せなくて、一言いってやろうと
息巻く私を制して、夫が観念したように少女に向かって歩いていった。
実は夫は刑事。 
少女に話しかけ、お母さんはどこ?と聞くとやはり例のDQNを指差した。
母親に○○動物センター発行のボランティアの証明書の提示を求めるも
もちろん持っていず、違法&サギ決定、さらに児童虐待にもひっかかる。
こうなって初めて女の子はちょっと青ざめて、間違った事をしていると
知っている、本当はやりたくないが母親に強制されてやっている、
なんてことを言った。

母子家庭で母親は仕事をもたず、毎日こうやってお金を稼いでいたらしい。
結局、近くの署に連絡して身柄を引き取ってもらうところまで発展してしまい
複雑だった。
夫は初めからお見通しだったため、協力(購入)もしたくない、
補導もしたくない、と思っていたらしい。
職業柄で言ったら、さっさと補導が筋なんだろうけど、夫も人間で感情が
あるから予想できる事情に同情もするし、躊躇っていたんだよね。 
結果、少女にとって生活が改善されたのかどうかもわからないし、
この後母親からせっかん受けたりしないとも限らないし。
少女は11歳だったんだけど、結局ひとことも謝らず、涙も流さなかった。
子供らしい子供でいられないって本当に可哀相だよ。
他サイト生活系人気記事