669 :鬼女日記 2011/11/14(月) 10:59:22 ID:dGeBzm/eP
昨日体調を崩し、早退して家に帰ったら仕事に行ってるはずの彼氏が私の友人女とネ果で寝てた。
二人でくっついて寝入ってた。

ベッドは彼氏の希望でクイーン?かな。めちゃくちゃでかいのを狭い部屋に置いてたんだけど、二人が端の方にいるもんだから反対側は丸空きで、
とりあえずフラフラだったから三人で川の字になって寝た。


しばらくしてガタガタ音がしてうるさいから起きたら、呑気にコーヒー飲んでたらしい二人がこっちに来た。
670 :鬼女日記 2011/11/14(月) 11:08:53 ID:dGeBzm/eP
こっちは頭ぼーっとしてるし、何にも言わなかったんだけど、
「お前がさみしい思いさせるから」
「彼はわたしのが良いっていった」
「出来心だ」
「はぁ?私と一緒になるって言ったじゃん」

とか二人で修羅場ってた。

友人が持ってたコーヒーカップが私のお気に入りだった事に目が覚めて、
「それ私の」
と言ったら、床に投げられて割れた。入ってたコーヒーはもちろんこぼれてシーツが茶色くなった。

彼氏はアワアワしてたが、なんかどーでもよくなって、サイドの引き出しから帳簿とメモだして
彼氏の滞納分家賃、食費半分、ベッド代、他私が立て替えてたお金全部書いて渡した。
(彼氏は転職活動しててお金がなかったからその間は私が出してた)

なんだか逆ギレしてたけど、彼氏の親に電話しようとたら二人で出てった。
落ち着いたので熱計ったら40°あった。

そのまま染みだらけのベッドで寝てたら今に至ったので、これから片付けてきます。

やつらは戻ってきてないみたいです。
671 :鬼女日記 2011/11/14(月) 11:13:55 ID:z+xqApuA0
私より壮絶だ。
親に電話は正しい対応。
しんどいだろうけど根回しされたり先手打たれる前に頑張れ。
672 :鬼女日記 2011/11/14(月) 11:15:40 ID:83kvDj0C0
うわぁ・・・激しく乙
病院行ってください
675 :鬼女日記 2011/11/14(月) 12:26:10 ID:1HRM2jr20
>>669->>670
現在進行形か、乙過ぎる(;ω;)

間に合うなら、片付ける前に染みついたベッドとか
証拠写真取っておくといいよ。
682 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:33:59 ID:dGeBzm/eP
>>669です。
ご指摘の通り休憩所案件でしたのに、みなさま温かいお言葉をありがとうございます。
解決しましたので、再度報告させてください。
まとめるのが下手で文が長くなってしまいました。
ごめんなさい。

アドバイスいただいたシーツの写真を撮り、逃げられちゃ堪らんので彼氏の通帳等の貴重品、友人女の忘れ物らしき指輪を持って病院へ。

苦手な彼氏母に電話報告。息子ラブなので聞き入れず。
私と仲の良い彼氏父に昼休み時間に報告。すごい謝られて、事実確認を急ぐと言われました。

あとは他友人達に根回しメール。友人女は付き合いの長い彼氏とまだ別れてもない事を知る。
友人彼とは面識もあるため、連絡先を聞き報告。
月曜休みらしく、忘れ物が本当に友人のものか確かめるため合流の約束。
683 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:34:44 ID:dGeBzm/eP
家の前に友人女の車が路駐してあり悩んだ末、家に入らず友人彼との合流のためコンビニへ。
結果的に指輪は友人彼からのプレゼント。友人彼半泣き。

二人で家に向かうと、友人女の車、駐禁くらってやんのざまぁぁぁぁwwwwwってちょっと笑う。

なんとなく携帯のカメラ起動して家凸。リビングでイチャイチャこいてるアホ二人。ばっちり撮影。
呆れて物も言えないって感じだった。

私たち二人を見て
「私から彼氏を奪うなんてヒドイ!!」
とお門違いなキレ方をする友人女。それに乗っかり
「お前が先に浮気したんだろう慰謝料よこせ」とわめく彼氏。

ここまで無言だった友人彼が土足で上がり込み、友人女を思いっきりビンタしたあとそのまま彼氏に回し蹴りwwwww
わたし(゚Д゚)ポカーン
DVだと騒ぐ友人女。ふっとんで固まったままの彼氏。

「DVでもなんでも良い、訴えるなら訴えろ。その前に指輪とこの状況を説明しろ」と指輪を投げつけ怒鳴る友人彼。
「ちがうの、ちがうの」
とうって変わって泣き落としに入った友人女をゴミを見る目で見てる友人彼は結構こわい。
684 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:35:30 ID:dGeBzm/eP
そういえば彼氏は昨日仕事のはずだったと思い、「仕事はどうした?」と聞くと、なにも答えない。

おかしい、先月は少ないながら給料を渡してきた。と思って通帳を見ようとすると、彼氏が阻止しようとしたので、外に逃げて通帳を見る。

ガチャガチャしてるドアに急いでコンテナを置き開かないようにロック。

通帳を見ると、母親から半年前に数百万振り込まれているのを皮切りに、毎月30万が振り込まれてた。(彼の家はかなり裕福だったが、「自立の為親には頼らない(キリッ」と豪語していたし、転職活動をしていたここ半年は貧乏生活だったので知らなかった)

急いで彼氏母に電話をすると、
「彼ちゃんは今特別な資格を取るために専門学校に通っている。その学費は出してあげてるのよ」
と言った。
685 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:36:00 ID:dGeBzm/eP
そんなの知らない。っていうか数百万使われず残ってる。学校なんて行ってない。
事実を伝えると電話は切れてしまった。

仕事中に迷惑だと思ったが彼氏父にも報告をしなければなるまいと電話をするとすぐに出てくれた。
上記を説明すると電話越しにも伝わる怒り。
しかも私に借金もあると言うと、すぐにいくから住所を教えてくれと頼まれた。

家の中が静かなのでコンテナをどかして入ると彼氏と友人女が何故かロープで縛られていた。
プレイ用に隠していたロープで、彼氏が友人彼を捕らえようとして返り討ちにあったらしい。

二人はそのまま放置して、私と友人彼でのんびりコーヒー飲んで一時間。
お気に入りのカップがないことで、急に全てを実感して泣いてしまった。二人で初めてお揃いで買ったカップだった。

「俺の彼女泣かすんじゃねぇ」って彼氏が友人彼に言ったけど、
「誰が、誰の、彼女なの?」って言ったら黙った。

そうこうしてたら彼氏父が到着。
私の顔を見るなり頭が地面に付きそうな勢いで謝罪してくれた。
家にいれて、事のあらましを全て説明。
彼氏は最初こそ嘘の反論をしていたが、父親には弱いのか最終的に全部認めた。
友人女はもうなにも言わなかった。

この家は私がいない間のヤり部屋となっていて、母親からのお金は友人女に貢いでいたりギャンブルに使っていたらしい。
アダ○トグッズも大量に隠してあった。
もう涙はでなくて吐き気がした。
気付かない私もバカだった。
686 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:37:03 ID:dGeBzm/eP
借金の件は、彼氏父に帳簿やらなんやら証明になりそうなものを見せたら、全額と、それプラス引っ越しのための初期費用、それに伴って必要なものがあれば全て出すと言ってくれた。

本当はいらないって言いたかったけど、この家に住みたくなかったし、
一刻も早くお金を返してほしかったからありがたく貰うことにした。

「そんなに金がほしいのか」と彼氏が呟いて、それを聞いた彼氏父が「あのクズを気が済むまで殴って良い」と言ったので
とりあえず携帯のSIMカードを抜いて冷めたコーヒーに水没させ、本体は逆パカした。
本人に触りたくもなかったし、連絡手段をなくすのが一番だと思った。
彼氏は泣いてた。最後に一言「別れよう」って言っておいた。

すぐに戻ると言って彼氏を連れて彼氏父は出ていき、無言だった友人彼は友人女を連れて出てった。
友人女は最後まで謝らなかった。
もうどうでもよかった。
687 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:39:38 ID:dGeBzm/eP
親友から「あの子の味方はもう誰もいないよ、心配しなくていいよ」ってメールが来てて少し泣いた。

先ほど、彼氏父が彼氏の通帳に入ってた数百万を全額もって来た。
婚約してたわけでもないのに、さすがにこんなに受け取れないと断ったけど、
「人様の娘さんと同棲していた時点で婚約と同じで、息子のワガママを聞いてくれたのであろう部屋の作りを見て結婚を視野にいれててくれたのであろうと思えた。その部屋で不貞行為を繰り返したのだから仕方がない事。
元々学費として払ったものなんだから、これはあなたが使ってくれ」
と分厚い封筒を渡してきた。

それと
「いまの部屋は名義が息子のものなので退去費用は考えなくて良い。
新しい家が決まるまでは不便だろうがホテルに泊まってくれ。今日は用意してあるから」
と某有名ホテルの部屋番号を告げて帰っていった。

ホテルに問い合わせたら確かにその部屋は彼の父が用意してあるらしい。
もう一人入れるらしいから今日は親友と豪華な部屋に泊まろうと思う。

なんだかよくわからないうちに大金が舞い込み、彼氏も家もなくしましたが、今日1日で起きた出来事です。
修羅場でした。疲れました。
今から親友と合流して、ちょっと豪華なご飯をたべます。
それでゆっくり休んで、新居探します。
友人彼には断られなければ何かご飯でも奢りたいと思います。

長文失礼しました。読みづらくてごめんなさい。
688 :鬼女日記 2011/11/14(月) 19:42:41 ID:/hakOfje0
>>687
乙。なんか元彼父が、かっこいいわw
他サイト生活系人気記事