職場の話

    229:おさかなくわえた名無しさん2007/04/22(日) 00:46:43 ID:khvTievA
    相談というか質問です
    一昨日、携帯にバイト先からの不在着信が4件入っていました
    その不在着信に気が付いたのが夜中の2時過ぎだったので、次の日に電話を掛けようと思ったのですが
    次の日(つまり昨日)は大学の授業が終わった後に飲み会があって電話を掛けるのを忘れてしまいました
    そして今日バイト先から電話があって
    「今日バイト入ってくれって留守電で言ったじゃん!何でこないの!」と言われました
    そして無断欠勤ということで罰金4000円を取られることになりました

    確かに電話を掛け忘れたり留守電に気付かなかったのは自分に非があると思います
    でも個人的には、重要な連絡をする場合は相手に連絡が伝わった事が確実に分かる手段で連絡を取るべきだと思うんです

    例えば留守電の場合でも一方的に「バイトに来てくれ」と言うのではなく
    「このメッセージに気付いたら掛けなおしてくれ」というのが最も確実だと思います
    携帯の留守電なんて日常的にチェックする習慣が無い人だと気付かない場合だってあると思いますし

    社会人の皆さん的には重要な連絡を携帯の留守電に入れるという行為はどうなんですか?
    やはり自分の非の方が大きいですか?

    946 :鬼女日記 2018/11/18(日) 22:36:57 ID:YL3yAX6S.net
    衝撃的だった社会人1年目の体験

    新卒で入った会社の同じ部署の1個上の先輩(♀)が自杀殳未遂して大事になった
    睡眠薬大量に飲んで、無断欠勤
    同姓の人が私しかおらず、数日間めんどうを見ることに
    24時間一緒にいて(うちに泊めてあげる)自杀殳しないように見張る
    「タヒにたい」と情緒不安定な人と一緒にいるとコッチがおかしくなるかと思った
    病院まで付き添う私に彼女は依存しまくり、情緒不安定をぶつけてくる
    再度休職になり実家に帰された彼女は私へ依存したままのため、電凸がすさまじい
    無視していたら、また自杀殳未遂した
    罪悪感とか、なんか色んな感情で私のメンタルもおかしくなってきていた
    私も有休を取らされ、実家でメンタル療養、彼女とは連絡をとれないよう会社側からの配慮もあり、
    数か月後には一件落着

    924 :鬼女日記 2015/05/13(水) 15:58:24 ID:Emr
    会社の先輩(部署まったく違う)がすごく横柄で嫌われている。
    あるとき先輩の仕事を手伝えと命じられたけど、畑違いの自分にはとてもじゃないから無理だと言ったら
    「へーそう、いいんだ。俺、○○組の組長と懇意なんだけどねー(チラッチラッ」とされた。
    後から知ったんだが、後輩に言うことを聞かせるときの先輩の常套句だったらしい。

    腹が立ったんでその場で○○組の組長に電話して、「この人知ってますか?」と聞いたら
    「知らんが、念のため確認しするからそいつとかわってくれ」と言われたので
    素直に携帯を先輩に渡したら、ちょっと話しただけで一気に顔色変わってワロタ。

    俺が住んでるのは人口3桁未満のド田舎の集落なんだが、借家のオーナーが組長の妹。
    その上、俺の所属してる消防団の団長が組長の息子。
    しかも借家の向かいが組長の自宅。
    その縁で、と組長にもなにくれとなく可愛がってもらってる。
    「一人もんはろくなもん食ってないだろうからうちに飯に来い」と、休日は夕食をご馳走になったり。

    ちなみに俺がその集落に住んでるのは、社内では割と有名だし、先輩もよくいじってくるから知ってるはず。
    (田舎好きなあまり山奥に引越して、通勤に30分かけてバイクで山越えしてるので)
    俺の住所と○○組の所在地を結び付けたら、もしかして近所付き合いあるんじゃね?って気づけたかも知れないのに。

    その後、組長が先輩に「知り合いかもしれないから一度会いに行くわ。住所教えろ」と言いだしたらしく、
    「本当にすみません、勘違いでした」と携帯片手に泣き始め、俺にヘルプを求めてきたので助け舟を出してやった。
    それ以降、先輩が俺に無理を言うことはなくなったけど、俺の顔を見るたびにびくっとするので
    周囲には俺が先輩に何かしたと思われた。
    仕方ないので説明してやったら、他の連中も先輩に無理を言われると「○○組長とお知り合いなんでしたっけ?ww」
    と返すようになり、今では先輩もすっかり大人しくなりましたとさ。

    ちなみに○○組がやくざもんだったのは昭和初期の話。
    戦前に解散して、今はただの土建屋なんだけど、組長のお祖父さんの逸話が今でもこの近辺で語り継がれているせいで
    未だに○○組=やくざだと思われている。
    組長は「かたぎで長いこと頑張っていけば、それがそのうち過去の禊にもなるだろうよ」と気にしてないみたいだが。

    343 :鬼女日記 2013/08/29(木) 09:03:41 O
    話の流れで思い出した雑談。
    税務調査も、警察の捜査並に隅から隅まで徹底的だよ。
    元・税務署員の父がある会社に調査に行ったときの話。

    社長の奥さんである経理担当者、机のある特定の引き出しを頑として開けさせない。
    社長さんは「いいじゃないか、見られて問題になるものなんかないだろ?」ってごくごく普通。
    ところが奥さんは、私父(税務署員)が引き出しに手をかけるたびに押し戻して抵抗。
    「これは何かあるんじゃないか」と怪しみつつ、ようやく開けた引き出しの中には
    「手のひらサイズの、白っぽい個包装」(父の第一印象)があったと。
    父、捜査権とかはないけどオフィスの引き出しにあるには違和感のあるブツに
    「魔薬?」とか思いながらついついガン見。
    奥さん、タヒにそうに真っ赤になってたらしい。
    何てことはない、セイーリ用ナプキンだったんですけどね。

    デリカシーなんてものは持ち合わせてない父は後年、私に語った際にも
    「あんなもん、抵抗してまで隠すようなものじゃないだろうに」というスタンスでしたよ…

    618 :鬼女日記 2012/12/14(金) 11:30:38 ID:dq41EMuO
    男1「喪川、この日俺とシフト交代な」
    喪「あ、無理です」
    男1「あぁ?口答えしてんなよ?俺呑み会の次の日なんだよ。な?
     お前どうせ大した用事なんかねえだろ?」
    喪「その日店長と本社行くんで」
    男1「あ?何でお前が本社行くんだよww」
    男2「あ、男1君、喪川さん来月付けで契約社員兼副店長になるから」
    男1「は・・・え?」
    喪「よろしくお願いします」
    男2「あとお客様センターに男1君の接客態度の事でクレーム入ってるんだけど。
     初めてじゃないし、バイトリーダー来月から違う人にやってもらうから。
     自給も下げるからね。それからシフトも来月から喪川さんが組むからもう
     やらなくていいよ。あ、喪川さん本社に提出する用紙の事なんだけど・・・」
    喪「はい」

    男1は30代後半のバイトリーダー。
    男2は店長。
    店長には媚び売って格下バイトを顎で使ってたけどちゃんと見られんだよ。
    地道な喪女なめんな。

    836 :鬼女日記 2017/06/07(水) 12:48:47 ID:M4XWpcJw.net
    入社して数年、3名の歳上女性.から結構な嫌がらせを受けていた。
    嫌がらせは小学生レベルから犯罪レベルまであり、修羅場もあったけど取りあえず今回は最近あった修羅場を。

    部署での飲み会で、私が入社した時の話になり、先輩から「私さん、あの3人が退職してからすごく変わったよねー。実はいじめられてた?」
    と言われ、「まぁ、そんなこともあったかもー」くらいで流した。
    が、それを聞いていた上司が「いじめについて聞きたい、ちゃんと聞きたい」と言い出したので犯罪レベルのことは伏せて少し話した。
    もう、上司は激おこ!そして私に平謝り。
    実は3人のうちの1人は上司の奥さん。
    私は「10年も前の話ですし、もうそんなこともあったなーくらいだからそんな謝られても困ります」と言ったのに
    上司は「いや、謝らせる!」と言って奥さん召喚。
    10年ぶりに見たその人はヒールレスラーみたいになっていた。
    私がいて上司の怒り様になんとなく状況を察知したのか「私は悪くない!他の2人が主導でやってたのを見ていただけ!!」などと急に騒ぎ出した。
    いじめとかなにも言ってないのにそう騒いでしまったがために夫婦喧嘩勃発。
    奥さんは10年間猫をかぶっていたらしく、喧嘩時の奥さんのDQNぶりに上司唖然。
    その場にいた人達は『10年もよく演技してこれたな…てか上司鈍すぎ…』などと思いながら傍観。
    しかも、上司は「私さんのこと、いいなと思っていた!」とか叫び奥さんは「雰囲気でわかってた!だからこいつ(私)をいじめたんだ!杀殳しとけばよかった!」と叫び出しびっくり。
    楽しい楽しい飲み会がこんなことになるなんて…

    その後上司は調停の末離婚、親権は上司が取ってシングルファザーになっている。
    仕返しするつもりはなかったのに幸せな家庭を壊してしまったことが修羅場でした。

    229 :鬼女日記 2016/07/07(木) 21:48:49 ID:ikV
    言葉がきつい同僚A
    「駅前にあった雑貨屋ってつぶれたんだね~」と何気なく言うと
    「は?半年前からないし。今更すぎるわ」と吐き捨てるように言われる
    私の好きな食べ物についても
    「あんなもん添加物ばっかりだから体にいいわけない」とか
    仕事の愚痴に対しても
    「それ本人に言えよ。愚痴って何の意味あるん?」とか、いつもそんな感じ
    文字で書くとそうでもないけど、めちゃくちゃ攻撃的な言い方される

    私のこと嫌いなのかなと思いきや、飲みに行こうってよく誘ってくるし
    LINEも頻繁に送ってくるし仕事中もちょこちょこ雑談しに来る
    でも私が何を言っても怒ってんの?ってくらい強い口調で否定やダメだしをしてくるから
    Aが振ってきた話にも「うーん」や「へー」しか返せなくなってしまった
    そしたら今日「アンタさ、最近やたら私に冷たいけどなんなん?」と言われて
    ええー?ってなった

    仲良くしてたのに、だんだん相手の態度が悪い方へ変わっていったとき
    自分に原因があるのかもって考えもせず
    ダイレクトに相手を責める人は無理だからAとはFOの方向でいきたい
    同僚だから難しいけど

    1:風吹けば名無し2018/05/09(水) 06:23:21.30 ID:l8SVCjnOd.net
    部長とワイ「ぽかーん」

    部長「僕が乗ってるのアクアなんだけどなぁ…(嫌味)」


    目上の人より高い車は乗るなって言ったのにこれ

    811 :鬼女日記 2017/12/07(木) 21:25:41 ID:rrXHP8y1.net
    パートで入ってきた既婚の女性.
    ほんとにネタじゃなくてこんな人いるんだ!?ってくらい
    「デモデモダッテダッテ」しか言わない、そして常に他人に流されっぱなしの人だった
    わりと気が長くて温厚と言われる方の私でも、この人と話してるとイラッとしてムカついてくる
    こっちから何を言っても「え…あの…あの…え…?」と被害者みたいに
    この世の全ての不幸を背負ってるみたいな顔でオドオドしてて
    コミュニケーションが成立しないし、仕事の指示すら何度説明しても「え…あの…(オドオド)」で
    結局こう、威圧的に「いいからこれをこうして!」と強めに「命令」しないと動かない
    逆に言うとそうすれば言われたとおりに動く
    極端な話「この仕事あんた一人で全部やって」と言われたらあの不幸を背負った顔で
    半泣きで言われたままにやってそう。もちろんそんなことしないけど

    よく結婚してるなー、正直旦那さんイライラしないのかな、この人のどこがよかったんだろうと思ってたら
    なんかその人の話を統合すると
    旦那さん「おまえと付き合うから」その人「え…あの…え…え?」
    旦那さん「ホテル行こう」その人「え…え…あの…」
    旦那さん「結婚するから」その人「え…あの…え…?」
    みたいな感じでオドオドしてる間に全部決められてて、ただ流されてただけだった
    本人は旦那さんのことは別に好きでもなんでもなくて、じゃあなんで結婚まで!?と聞いても
    「え…だって…そう言うから……」とオドオドしてた
    人生のそんな大事なことすら他人の言いなりなんだ!?とびっくりした

    その人自身が言いなり人生が楽ならそれもいいんだろうけど
    なんか不満はめいっぱい抱えてて、世の中を恨んでる感じなんだよな
    ジメーっと不幸な空気でかわいそうな私、みたいでほんと鬱陶しい…

    42 :鬼女日記 2016/01/14(木) 11:27:37 ID:Hspu2fLu.net
    昔の職場の課長が無理難題を押し付けて来るときの口癖が
    「何か問題あるんか?これやったら誰かタヒぬんか?」だった。それで誰も言い返せず
    2徹とか3徹とか普通にやらされてた。今思うと一般的な社員の3倍は仕事をこなしていたと思う。
    時代はバブルだったからぜんぶ残業代は出たので、入社4年目の俺でもピーク時の
    手取りは100万近かった。いろいろとおかしな時代だった。

    その後、バブルが弾け、残業代もロクに出なくなり、古い社員から首を切られるようになり
    会社のエース部署だったうちの職場にもリストラの手が迫ってきたが、部下を守ったのがその課長。
    人事のクソ部長が直々に乗り込んできて、皆に聞こえるように「会社も大変なんだから、
    無能な人には新しい人生を歩んでもらえ」などと言ってたが課長は頑として
    「うちの課に無能な人間など一人もいない」と突っぱねていた。

    そんな日々が数ヶ月続いたある日、部長の奴がブチ切れて課長の口癖を真似て揶揄した。
    「何か問題あるんか?これやったら誰かタヒぬんか?」と。
    すると課長が立ち上がり、「俺がタヒぬんや」と窓を開けていきなり飛び降りた。
    顔面蒼白で倒れ込む部長。「課長!!!!」と窓に駆け寄る社員たち。

    窓の下には課長のタヒ体、ではなくすぐ下のベランダでピースサインしてる課長
    (下にベランダがあることを知らないことを部長が知らないことを知ってた課長)。
    課長の「泣け」のジェスチャーに応じて「課長ぉぉぉ!!!!!!」と号泣する俺達。
    腰を抜かしたままガタガタ震える部長。

    おもしろかったなー。結局4人ほどリストラされたけど、課長も辞めていった。

    このページのトップヘ