職場の話

    960 :1/2
    食事嫌いがぶり返してつらい。

    私の母はあまり熱心にご飯を作ってくれなかった。
    1〜2日ご飯抜きは当たり前、作っても毎食塩むすびと卵焼きの同じメニュー。
    高校からは床で食べさせられていた。
    同級生の健康的な体が羨ましかった。
    私はガリで栄養不十分で、いろいろな病気を併発して、週に何度も病院へ通う体になった。

    いろいろを経て親元を離れた。
    食事に慣れていなくて、食べることがつらかった。
    なにを作っていいかわからない。
    検索したメニューの味が想像できない。
    きれいな食器に盛り付けて机に並べたら、涙が止まらない。
    胃が小さくて、消化不良を起こす。
    カロリーも栄養もうまく摂取できない。
    一人前を毎食食べることができない。

    数年かけて頑張って頑張って、3食まともに食べれるようになった。
    コンビニ弁当だったけど。
    ようやく生活に「食事」を取り入れることができ、習慣付けができたと思った。
    病気も落ち着いてきた。
    やっとまともな人間の生活ができてきたと嬉しかった。

    449 :名無しさん@おーぷん
    この間、友人ABCとお茶した時に、Aが仕事を辞めるって話をした。
    Aのその仕事、一年前に子連れで離婚した時に
    義理のお姉さんが紹介してくれた事務職の正社員。
    年齢的に(40代前半)事務職の正社員なんてコネでもなきゃ無理だから
    勤め始めた当時正直羨ましいと思った。
    だから辞める理由が「合わない人がいるから」って聞いたとき
    「合わない人なんかどこにでもいるんじゃない?勿体ないよ」って言ったら
    「それを耐えてまで勤めたいと思わない」ってあっさり言い返された。
    するとBが「でも紹介で入ったら最低でも3年勤めるのって礼儀なんじゃ?」と言ったら
    AとCが顔を見合わせて「そんな礼儀聞いた事ない」って笑いだした。
    で私が「いや、昔からそう言うよ。余程の事情があれば別だろうけど。
    それにお義姉さんの紹介だったと思うけど、お義姉さんには話してあるの?」って聞いたら
    「それ必要?関係ないじゃない」と言われ、Cにも「頭が古いねぇ」と笑われた。
    Bは私と目が合うと(やれやれ・・・)と言った感じで肩をすぼめてた。
    元々3人の中でBとは気が合うなと思ってたけど
    AとCとはここ数年話をしてて「ん?」って感じることが増えてきてた。
    (ちなみにこの3人はOL時代の同期)
    その後Aが帰ると言い出し、Cがじゃあ私もって一緒に帰って行った。
    残ったBとふたりで暫く話をしてたけど、同じように感じてたみたい。
    ACとはこのままFOになると思う。

    なんていうか、自分が間違ってるとは思ってないけど
    きっと時代はもう変わっちゃってるんだろうなぁと思った出来事。

    4 :名無しさん@おーぷん
    バイト先で、一人の為に先週から揉めに揉めてる。
    自分は都内にあるちょっと高級なラウンジでバイトしてます。従業員は常時20人位。
    雰囲気や食事も好評で好景気も手伝って単価は高いけどかなり忙しいお店。
    先週仕事終わりに、店長がお客様に頂いたお菓子を従業員皆に配っていた時に
    大学生バイトのA子(仮)って子が、「韓国の某コンサートに行く」って話を他の子に話して盛り上がっていて、
    他の子は、「韓国って今病気でヤバイんじゃない?大丈夫なの?」って反応だった。
    A子は「全然余裕!大丈夫!」って感じだったけど、たまたま聞こえてたらしい店長が
    「ちょっとA子さん、お話が」とA子を残して話をしたらしい。
    翌日、更衣室で着替え中にA子がキレてて周りの子に愚痴りまくり。
    店長に、韓国へ行くなら帰国してから2週間はバイトを休む様に言われたみたいで
    「マジしんじらんない!馬鹿じゃん?過剰反応しすぎじゃね?」と口汚いったらなかった。
    韓国へは4日間行くみたいで、20日近くも休む事になるからタヒ活問題みたいだった。
    うちの店は時給高くて人気あるんだけど、その分バイトに求められるものも多い。
    母体は全然違う業界の大手で、ラウンジは宣伝的な意味合いもあって就業規則も厳しい。
    だからバイトの皆も「飲食だしリスク考えれば当然だろう」って反応だったんだけど
    A子は納得いかないみたいで仕事終わってからもグチグチ。流石にうっとおしかったのか、
    ホールの責任者が翌日のミーティングで衛生管理について皆に通達、説明した。
    A子はそれきり黙ったけど、先週末に予定通り韓国へ行った様だった。

    352 :名無しさん@おーぷん
    10年ちょっと前、中小企業の卸売なんだがパソコン増設時に会社でLANケーブルが足らず近所に電気屋がないから歩いて数十秒の自宅に戻ってかしめとパーツ持って自作で間に合わせたら翌週には電算室長になってたこと

    社長が電算室という部署が有る会社というなんだかよく解らんことに憧れがあったらしく「俺君パソコン詳しいんだ!よし電算室の責任者ね!」と言いだし冗談だと思って「あははお任せ下さい」と言ったら名刺渡された

    丁度管理システムとかの入れ替え時期でもあってそれまで社長が対応してたのを俺に丸投げ
    経理も管理も解らん若造だがシステム会社に教えてもらいながら格好ついたと思ったら今度は社長のお友達の会社でもシステム入れ替えだからと正式に出向させられた
    それを数十回繰り返し数年前システム開発販売課になり部下が十人以上出来た

    いまだに俺が流れだけしか解っておらず言語殆ど解らないのを部下達が気付いていない

    925 :名無しさん@おーぷん
    フェイクも入ってるから矛盾が生じてたらごめんなさい

    私の職場に今でも語り草になっている女性がいる
    アイドルグループにでも入れそうなぐらい可愛い社員で
    天然ドジッ子的な所もあって、これは男性にもてるだろうだろうなあと思っていたし
    彼女もよく「彼氏が欲しい」「結婚したい」と口癖のように言っていたが
    同僚の男性からも他部署の男性からもアプローチをかけられてる様子は見られなくて
    私もなんでだろうな?と思っていた

    月日が経つと、彼女は色々やらかす人物だと判明した
    ・上司と同僚交えて食事をしに行く事があったが、財布を持ってこず最初から上司に奢ってもらう気だった事
    ・バイキングで勝手に皆の分を持ってきてテーブルに並べたて、自分の分だけ食べた事
    ・食事代がかからないとわかると、ずーっと食べたり飲んだりしてる事
    ・何故か月に一週間くらい風呂に入らず異臭がした事
    ・同じく一週間くらい歯を磨かなかったので息をすると臭かった事
    ・お昼時間に同僚達が弁当を食べてると「美味しそう!一口ちょーだい!」を複数人に言って、お昼ご飯代を浮かしていた事(のちに近づいてきた時点で「あげないから!」と宣言されていた)
    ・プリンターの赤色インクが切れてたのだが、交換してセットしたのは黒インクだった事。彼女曰く「どれ入れてもいいのかと思って☆」(修理代に何万もかかった)
    ・同僚の間で恋愛話をキャッキャ楽しんでいると、すっと来て「そんなくだらない話に何の意味があるの?」と水を差す事
    ・男性社員の前では「私何もできないなりに頑張ってます!」をアピールしていた事(アピールしすぎでうざがられてた)
    ・差し入れのお菓子があると、鷲掴みにしてして持っていきガツガツ食べる事
    ・「やっぱ女性は弁当も手作りしなきゃダメよね!美味しい料理作りを頑張ってるんだ!」と言ってた割には、買ってきた弁当か
    同僚にヒトクチチョウダイでたかっていた事。
    ・本人いわく「汚れてない」ので下着は何日もつけっぱなしだった事。
    ・誰にも相談もせずいきなり「会社辞めてこれから海外へ旅行しにいきます!お疲れ様でした!」と電話で部長に連絡し、音信不通になった事。
    ・数か月後「お気に入りのボールペンとノート取りに来た!」と平気で会社に来た事
    ・もう既に処分された事を知ると「なんでそんな酷い事できるの!?」と泣きわめいた事

    思い返しても色々ありすぎて本当に凄いと思う。

    29 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 00:00:17.22 ID:+HrCANJ+.net
    似たような話だけど、知り合いのA(バイト先の同僚で女)にBさん(同じく同僚で男)とカラオケ行きたいけど二人で行くのは恥ずかしいからついてきてって頼まれたから行ったことがあった
    部屋に入るやいなやBさんが問答無用で採点機能ONにしてたけどまぁいいかと思って歌い始めたら、Bはプロ並みの歌唱力の人で95点以上や全国1位連発していた
    Aは「Bさんすご〜い」「うま〜い」をひたすら言い続け、Bは「Aさんもいけてますよ〜」「Aさんも一緒に歌いましょうよ〜」とひたすら二人で褒めちぎり合っていた
    歌唱力が凡な私は全国平均〜平均以下を多発、2人から特に反応もなく微妙な点数をひたすら見られるだけの存在はなかなかの苦痛だった

    何か正直もやっとしたままカラオケを終え、3人で近くのファミレスに行ったんだけど、3時間ぐらいずっとAとBは二人の世界に浸ってた
    私の終電もスルーされ、夜中の1時半にさすがにキレて抜け出して帰りそのままFO

    861 :名無しさん@おーぷん
    昔いた会社の大先輩A(独身女性)の話。
    職場最古参のAはお局と言うより主として君臨し、
    パワハラ、役員や客への陰口、情報操作を駆使して恐怖政治を敷いていた。

    その会社は小金持ちが相手の商売。
    Aは役員にも客にも業者にもたかりまくり、うまみを味わい尽くしていた。
    でもAがお金を使う相手もいた。
    Aは役員や客のような金持ちと結婚したかったらしい。
    だから結婚をちらつかせる男にはコロッと騙される。
    若い頃は客や役員と関係を持っていたそうだし、
    年を取って相手にされなくなった後はやたらとお金を貢いでいた。

    体の関係も、お金のことも、Aが得意げに言いふらしていたこと。
    遊ばれたり利用されたりするのがなぜ自慢なのか理解できなかった。
    Aは女として自信があるみたいで(不思議)、
    遊ばれたのではなく割り切った愛人関係だったと脳内変換するのか、
    体の関係が問題になったことはないらしい。

    でもお金は別で、Aからむしって逃げようとした人が何人か、
    Aのストーカーじみた取り立てを受けて騒ぎになった。
    Aはそういう騒ぎについても言いふらしていた。
    上司から「金の問題を起こすのはもうやめろ」と叱責されても
    「私は被害者よ」と堂々としていて、何度もやらかしていた。

    806 :名無しさん@おーぷん
    同僚の病人アピールが生理的に受け付けない
    昼休み中に携帯のアラームかけてあって、薬(サプリとかじゃなく処方薬、シートを切ったのをケースに入れてる)を飲む
    食事中だろうが雑談中だろうが飲む
    食後とか休憩時間終わり際とかに、人目につかないように飲む方法はいくらでもあると思うのに

    一度、後でトイレで飲めば?って提案したんだけど「飲み忘れると困るんで」ってアラーム継続中
    周囲の人が気にするって話なんだけど意味が分かってないみたい
    12時半が来るたびに苛々する…

    122 :名無しさん@おーぷん
    身近で起こった、繁忙期なのに意味不明で大変だった出来事

    会社に派遣で来ていた男子社員が、休憩中よく
    「オレ結婚する気ないんですよ」
    「結婚にメリットを見いだせないです」
    「他人を養うとか俺には無理ですね」
    と言っていた
    皆「ふーん、いいんじゃない」「現代っ子だね」「それも一つの選択だよね」とうなずいていた

    4月に同じ派遣会社から女子社員が追加された
    例の男子社員は、新人の女子社員に休憩のたび
    やはり上記のような結婚観を話していた
    女子社員は「そうなんですか」と相槌を打っていた

    834 :名無しさん@おーぷん
    パート先に10歳年上の50歳子梨既女(Aさん)がいたんだけど、
    その人は30代後半からずっと高度不妊治療を受けているそうだ。
    私も子供がいないからか、聞いてもいないのに治療経過を逐一報告してくる。
    そこまで仲が良いわけでもないのに、何故か仲間意識を持たれている。
    一度「ごめん、私よくわかんないからそういう話、苦手で・・・」みたいに言った事ある。
    まぁ察してちゃんが嫌われるのは分かるけど、こういうのってデリケートなことだから
    「聞きたくない」とは言えなかった。
    それでも全くお構いなしに言ってくるから一度先輩に相談したら
    「もしかしたら誰かに聞いてもらうことで心のバランス取ってるのかもね」って言われて
    そんなふうに言われたら逃げられなくなった&相談を後悔した。
    春頃だったか、Aさんから「不妊治療は50歳までって決めてた。次失敗したらきっぱり止める!」って聞いた。
    正直ホッとした。成功してもダメだったとしても、解放される。そう思った。
    が、その後誕生日を迎えて50歳になった時、
    「やっぱり諦めきれなくてもう少し頑張ってみようと思うんだけどどう思う?」
    と、くそ重い相談をされた。
    「私に相談されても分からないとしか言いようがない」と言った。本音です。
    「じゃあ言い方を変える。私さんだったらどうする?」ときた。
    「考えたことないから分からないよ。私に相談するよりご主人と話し合ってとしか言えない」って言ったら
    「旦那なんかとっくにリタイヤしてるわよっ!」って怒鳴られた。
    意味が分からないよ。旦那がリタイヤしてるってどういうこと?
    勝手にキレて一方的に怒鳴られた弾みで私も「じゃあ医者と相談しなさいよ。私には関係ないから」って言っちゃった。
    その日から一切口きいてくれなくなって、仕事の連絡事項もメモで渡される始末。
    治療を続けてるのかどうかは知らない。
    そのAさんが先日辞めた。無茶苦茶ホッとしている。

    65 :名無しさん@おーぷん
    小学生の頃、道路にかっこいい革の手袋が落ちていたので
    何の気もなく拾い上げたら中身入りだった
    おかげさまでそれ以来、手袋を触れない
    軍手もだめだから日常生活に支障あり
    カウンセリングで、見るだけなら大丈夫というところまでは克服したけど
    やっぱり視界に入ると思い出して、ひどいと吐いて歩けなくなる

    4月から転勤することになり、今日休みを取って転居先の下見にいったら
    目の前が幹線道路で、大量のゴミに混じって靴や手袋がぽろぽろ落ちてた

    転居先は社宅で、そこに入れば家賃負担はほとんどないも同然
    ただし転居先に入らず自分でアパートを借りると、家賃補助は出ない

    転居先のエリアは家賃が高い上、自分は社会人2年目のぺーぺーで
    車も持ってないし給料なんて雀の涙だから、補助なしでアパートなんて借りられない
    社宅に入れば毎日家の前に手袋が落ちてる状況
    オワタ\(^o^)/

    898 :名無しさん@おーぷん
    開発関係の仕事をしていると帰りが遅くなったり徹夜作業もある。
    俺の親は「お前の能力が低いから定時で帰れないんだろう」と決めつける。
    まあ公務員の親父からすれば定時上がりが当然なんだろうけどさ。
    その点、俺の嫁さんは理解もあるし労ってくれる。
    今日、うちの親が来てまた俺の仕事の件でイヤミを言いやがった。
    「定時に帰れないのは変だ」「本当は浮気だろう」
    って本当に馬鹿だ。言い返そうとしたら嫁さんに先を越された。
    「技術が要る仕事なんですよ。私なら逃げ出してます」ってw
    親父が何か言おうとしてたが、それを遮って笑ってた
    「同じ仕事をしてみたら分かりますよ。本当に大変なんです」
    嫁さんは元同業者で「私はリタイヤ組」と自分で苦笑してるけど
    俺の愚痴も嫌な顔せず聞いてくれるし、技術的な話でも
    「こんなやり方もアリかな?」と提案するから今でも勉強してるぽい。
    同僚が帰りが遅くなると浮気を疑われると苦笑していたが
    うちはこの人が嫁さんに来てくれて本当に良かった。

    172 :名無しさん@おーぷん
    お盆に子供連れて義実家に四泊してきた。
    大変楽しかった。

    という話を職場でしたら、フルボッコにされて驚いた。
    義両親の家に行くのはダメなんだと。
    遠方だろうが泊まるのも言語道断なんですと。
    そうやって良い嫁ぶるのは世界の全嫁の敵なんですと。

    義両親はすごい明るい性格だし色々もてなしてくれるし、
    旦那も実家だからってふんぞり返って何もしないって人じゃないし、
    子供は義両親大好きで追いかけ回して遊んで貰ってるし、
    私は育児も家事からもほとんど解放されて旅気分も味わえる。

    帰りには義両親から、嫁子さんありがとうありがとう孫に会えて楽しかったわ、
    と土産に高い牛肉渡されて感謝され、
    ウィンウィンと言うより私の一人勝ち。

    と説明したら余計に怒られたので、
    これからはもう義実家行った話は内緒にしようと思う。

    655 :名無しさん@おーぷん
    元同僚が結婚して四ヶ月で社内婚の奥さんが仕事を辞めた
    俺は元同僚の仕事をかわったりしたので理由を知っている
    結婚直後に奥さんのお父さんが暴走車に轢かれ、全く動けなくなったからだった
    結婚する人は会社から一週間の休みを貰え、その期間に式やらハネムーンやら行うのだけど、元同僚はその期間を利用して事故処理や入院手続きなどを行っていたらしい
    休み明け三日目に手術の説明を聞きに行くからと俺が仕事を代行した
    奥さんは休まない代わりに残業を全部断り、2日とおかずお見舞いに行っていたように思う
    入院期間が終わり、リハビリに移行する時期になると、今度は家の環境を整えなければならないと奥さんが仕事を辞めた
    元同僚によるとリハビリをする病院を探したり、家を改築するために駆け回ったり、その間にお見舞いに行ったり、弁護士を探したり、加害者の保険会社と喧嘩したりと忙しかったそうだ
    家の改築が終わったあたりで自宅介護が始まり、毎日リハビリ送迎で奥さんは仕事しているときよりもやつれていったそうだ
    俺は元同僚の仕事をかわる立場上、そんな話も知っていたが、新婚の二人が上の人間以外にその話をするわけもなく
    奥さんは養ってもらえる相手を見つけた途端残業もせず怠けだし、挙句仕事まで辞めたダメ女と噂された
    元同僚も女の陰口は耳に入るものの、直接言われるわけではないので黙っていた
    ところが陰口も広がって噂自体が膨らんでゆくと、今度はそれが噂でなくて真実であると信じて疑わない人が出てくる
    何かの折に元同僚に「さっさとあんな女捨てちまえ」と誰かが囁き、大喧嘩になった
    そこから奥さんが仕事を辞めた理由は広まったものの、奥さんがダメ女という印象は消えず
    「そんな地雷を抱えているなんて、やはり地雷物件だったんだ」とよりマイナス印象が強くなっただけだった
    元同僚は酒の席で「己の親さえ見捨てる女と結婚したら、将来俺が病気になれば真っ先に捨てられるに決まっている
    親を大切にできない女の方が俺は信用ならない」と話していた
    元同僚はその後すぐに辞めていった
    有能な人だったから、転職活動して直ぐに今の会社より良いところが見つかっていた
    どちらにせよ、それまでの会社はどんな理由でも出張を断った時点で昇進はないから、苦しい時期でも早々に転職してしまった元同僚は賢明であったと思う
    新しいところは奥さんの親の介護も手伝える会社らしい
    元同僚の奥さんを悪く言っていた人たちは、「あの人は奥さんのせいで会社を追われたに違いない」と脳内変換していた
    人の不幸は蜜の味とはいうけど、実際にない不幸まで見えてしまうとは、恐ろしいことだと思う
    俺もその後に早々に転職した

    977 :名無しさん@おーぷん
    笑える衝撃体験という事でひとつ
    フードコートの雇われ店長をしていた時の話

    近くに造船所があったので、よく外国人のお客様がご来店
    英語圏の方もいれば中東かな?と思う肌の方もいらっしゃった
    ある夏、多分中東らしきお客様がメニューのかき氷を不思議そうに眺めながら「これは何か?」って感じで指差ししてきて
    英会話能力皆無だったんだけど、適当に「ジャパニーズ・クラッシュアイス」なんて言ったら通用した
    で、ひとつひとつ指を差されるので、味の事なんだろうなと思い説明

    外(いちご味を指差す)
    俺「ストロベリー」
    外「Ok」スッ(メロン味を指差す)
    俺「メロン」
    外「Ok」スッ(コーラ味を指差す)
    俺「あーっと、コーク?」
    外「!?(一瞬、マジで?って顔してた)…Ok」スッ(抹茶味を指差す)
    俺(えーっとぉ?抹茶って何て言うんだー?)
    俺「あーっと…ジャパニーズ・グリーンティー…?」
    外「Ok…Noooooo!」

    抹茶がジャパニーズ・グリーンティーで通用した事も驚きだったんだけど、飲んだ経験があるのか物凄いオーバーリアクションで驚かれていたのはビックリだった
    それなのに、そのお客様は散々悩んだ末に何故か抹茶味をチョイス
    大丈夫かなと思いながら作って渡すと、ニッコリ笑って席に戻られた
    安心して洗い物しようとシンクに向かう途中、客席から「Noooooo!」と叫び声が聞こえた時は「ですよねー」と笑ってしまったけどね

    832 :名無しさん@おーぷん
    恥ずかしながら、若い頃に健康食品を売ってるマルチ商法にはまってたことがある
    友人から忠告されても、理解できないなんて可哀想、私が教えてあげなきゃって思ってたし
    親しくない人(でも、こちらから連絡取って勧誘)に文句言われたら、
    成功のための行動を起こせない人が、嫉妬してこちらの足を引っ張ってるって思ってた

    2ちゃんに会社のスレがあると噂に聞き、相手にしてはダメと言われてたけど、好奇心から覗いてみた時のこと
    その時は、取り扱ってる健康食品の話で会員とアンチが言い合いをしてた
    アンチの言い分は「素人同士で病気の相談なんか受け付けて、被害が出たらどうする気だ」という、今思えばまっとうなもの
    会員が「あるある大辞典(そういう健康番組があった)とか見て、きちんと勉強してる」と反論したのに対して
    アンチは「あれを見ておかしいと思わないレベルの素人集団かよ」って感じだったけど
    私も、仲間内であるある大辞典を参考に勉強会をしてたので「アンチって何でも批判するしかないんだな」としか思わなかった

    後日、あるある大辞典がねつ造を行っていたことが大問題になった
    あの時の、アンチの言ってたことは正しかった、私も、私の上流ラインもみんな嘘を見抜けなかったっていう衝撃は、本当にすごかった
    かろうじて私を見捨てずにいてくれた友人が言うには、急に目つきが正常になり、
    今までと同じことを言ってるのに反応が全然違うようになったとか

    あの時のアンチと友人には感謝してもしきれず、迷惑かけた人には本当に申し訳なかった
    私や私の上流が頭悪かったので、私の紹介では誰ひとり入会しなかったのが不幸中の幸い

    589 :名無しさん@おーぷん
    私は量販店のパート。オバチャンだ。
    私は四十代だが、高校生から五十代位までのパートやバイトが混在する職場。社員は数人しかいない。
    平日は既婚パートが多く、土日は学生やフリーターが多く勤務する感じ。
    つい数ヵ月前に入ってきた二十代後半のパート(既婚子持ち)の神経が分からん。

    仕事は出来るのだが、やらなきゃならない仕事をサボったり要領よく手を抜いたりする事が目についた。
    当然ながら、前からいたパートは注意する。

    すると「あのババアムカつく」「酷いことやられた」に変換。
    で、既婚パートではなく、土日に出ている学生やフリーターの方に味方を作り、「平日のババアどもムカつく!私をハブにして、ネチネチ結束してる!」と言いふらす。
    平日の様子を知らない学生やフリーターは「平日ってそんなに陰湿なんだ」と、彼女の方を信じてしまう。
    平日も出てくる学生もいるし、土日に出る既婚パートもいるので、たった一ヶ月で職場の空気が劇的に悪くなった。

    注意が厳しめの人はみんなババア。
    私は彼女にあまり関わるポジションじゃなかったので、特に注意しなかったら一時期彼女にとっての「いい人」ポジションになってしまった。

    が、私も他の人からの話を聞いて「ババアは良くないよ」「職場で悪口は止めよう」と言うようにしたら、「所詮あの人もネチネチババアの仲間」と嫌われ出した。全然構わないんだけど。

    403 :名無しさん@おーぷん
    すまん401の上一行目が抜けた。やりなおす。

    同僚Aは女上司と結婚している。
    現在は違う課になったので正確には元上司だが、結婚を決めた当時は直属の上司部下だった。
    この女上司Bが、とにかく口うるさい。
    仕事はできるんだが、いわゆるヒス。細かいことをキーキーと実に小うるさい。
    同僚Aは皆に「よくあんなヒスと結婚したな」
    「デキ婚でもないのに、気の毒に」と同情されている。
    予想では3年もたないだろうと言われていたが、現在6年目に突入した。

    先日、別の同僚の結婚式があり俺とAも出席した。
    二次会の帰り、なんとなく飲み足りなくてAと他2人とホテルのバーで飲んだ。
    その中の1人CがAに
    「おまえBとよく続くなあ。家でもあんななんだろ?ストレスでよその女に逃げたくならないか」と言った。
    A「Bさん(苗字にさん付け)は会社でも家でも変わらないよ。それでいいんだよ」
    C「家庭でキーキーあんなに口うるさく言われたらしんどいだろう」
    A「うちの父親がうるさい人だったから、同じくらいの人でないと休まらない」

    話を聞くとどうもAの父は毒親ってやつで、一日24時間誰かの文句を言ってるような男だったらしい。
    A母は奴隷。

    895 :sage
    職場で一緒になっていたある女性の話

    私の住んでいる所にある職場へ一時間程かけ車で通勤していた。
    通勤に使う道路は片道三車線の道路と、片道二車線のバイパス。どちらも交通量が多く、渋滞もおきる。飛ばしてく車も多い。法定速度は50km
    一応これが前提です。

    その方を含め数人と仕事を片しながら話していた時に、「こっちの人は凄く飛ばしてくんだね!!怖い」と言っていて、
    確かに高速の右車線並みに出す車いるなーと聴いてたんだけれど次の言葉が、「私最高で40kmまでしか出せないの!」で
    そりゃあの道法定速度以下で走られたら迷惑だろうと驚いた。
    さらに視界が悪いと思った日は20km以下でしか走れない!とも言っていた。
    えっむしろ貴女が怖いって驚いた私の方が悪いのだろうか……声にも顔にも出さなかったし、マスクもつけてたから表情は見られなかったとは思うが、どうなんでしょ……

    292 :名無しさん@おーぷん
    夏が来て脱毛のCM見ると思い出す修羅場

    新卒で入社した会社で同じ部署のA子、B子と仲良くなった。入社して3年ほどした頃、私に同じ社内に彼氏ができた。
    するとA子が「私も彼氏ほしい。彼氏さんの友達紹介して」ともちかけてきて何度か合コンをした。
    アドレス交換などしているけど、なかなか上手くいかないな〜なんて思っていたらB子が
    「私ちゃんは彼氏と上手くいってるの?」と聞いてきた。
    私だけが知らなかったみたいで、彼とA子がラブホから出てくるのを目撃されていて噂になっていた。
    彼とA子を呼んで話し合いをしたら
    「私ちゃんが羨ましかった。彼女の友達でもいいから親しくなりたかったの」
    「私ちゃんに悪いと思ったけど、待ち伏せして悩みを聞いてもらう口実で食事を何度かしてたらもう気持ちが抑えきれなくなって
    一度でいいから彼女にしてください!って今夜だけでいいからっておねがいじだんでずぅ〜」
    他のお客さんもいるファミレスで号泣された。
    「彼は悪くないの!私(A子)が悪いの!」「好きって気持ちを隠せなかったのおおお!」
    って、ずっとA子の酔いしれ言い訳で時が流れ、彼はうなだれてるかと思ったら
    「A子ちゃんだけが悪い訳じゃない。俺が卑怯なんだ…」お前も酔いしれかよ。ってばかばかしくなって
    「二人、お似合いじゃん。じゃあね」ってさっさと席を立ったんだけど、どっちも私を引き止めず
    外に出て窓際席にいる奴らをチラっと見たら、並んですわって彼がA子の肩を抱いてて、もう最高に惨めだった。

    このページのトップヘ