職場の話

    657 :鬼女日記 2015/10/22(木) 14:51:17 ID:XX4
    もう10年以上も前の話。正確な金額と細かいやりとりは、適当に補完して書く。

    同僚Aは、あるメーカーのバッグが欲しいけど、でも高い。しかし欲しい。
    と、悩んでるんだよねと、私と同僚B~Eに世間話としてそれを話した。
    「なにか他に楽しいことがあれば、バッグのことなんて忘れちゃうんだけどね~」
    そう言ったAに、同僚Bが提案した。
    「みんなで飲みに行こう!私がセッティングするよ、美味しいお店あるんだ」
    その場にいた全員が参加することになった。A~E、そして私の7人。正社員から派遣まで、いろいろなメンツ。

    実際に連れて行かれたのは、オシャレだけどややお高めのお店で、正直面食らった。
    でも、Bに幹事をお任せしたのだし、まあいいか、と思った。
    料理はコース、ドリンクは別。みんな料金を気にしてか、控えめな飲み方。
    そんな中、Bだけは高いお酒までガンガン注文。嫌な予感がした。
    他の同僚たちも引き気味で、Bをやんわりたしなめたりしたけど、無駄だった。

    そして、B以外のメンバーで目配せし、早めのお開きに。
    そのとたん、Bは「はい、これ。ごちそうさま!」と、伝票をAに押し付けた。
    一瞬びっくりしたけど、Aが計算するために携帯で計算しだした途端、
    B「なにやってんの?先に払っておいでよ」
    A「え、でも一人いくらか分からないし」
    B「は?何言ってんの。あなたのおごりに決まってんじゃん!あはははは!」
    全員ぽかん。
    C「B、あなた何言ってるの?ただの飲み会でしょ?全員払うに決まってるよ」
    B「はあ?だって、Aがバッグのこと忘れたいための飲み会でしょ?Aは楽しかったでしょ?」
    A「そりゃ楽しかったけど」
    B「ほらね!じゃあバッグのこと忘れたよね?ならその分浮いたお金は使ったほうがいいよ!」
    再び全員ぽかん。
    B「意味わからない。このお会計9万だよ?バッグは5万だし」
    A「いいじゃん、あぶく銭だし。それにもっと高いバッグだったと思えば」
    C「あぶく銭の意味が違う。ていうか、ぜんぶおかしい」
    D「うん、Bがおかしいよ。そもそも9万のうち3万以上はBのお酒代だと思うよ?」
    E「だよね。Aがおごる必要ない。割り勘だっておかしいと思うくらい」
    私「Aにおごらせるつもりで、あんなにがばがば飲んでたの?それってどうなの」

    続きます。

    520 :鬼女日記 2013/10/08(火) 21:01:56 ID:+q+HQ35i
    前の職場に私の休みの時いつも「代わってくれ」と電話してくる
    パートのオッサンがいた(仕事は販売業)
    宗教やってて、仏教でいう所の住職レベルの人?とかで、
    檀家の誰かが亡くなるとお経を上げに行かなきゃならないとかで…

    休みを代わるって言ったって月の頭なら代われる日もあるけど
    月末にも言ってくるんだよねそのオッサン
    上司からは「○○(オッサン)に辞められたら困るからお前休日出勤しろ」と
    言われるし…

    しかも宗教やってるおかげで時間に融通が利かないから
    正社員になれなくて給料低いんだよね
    そのせいで子供が満足に食べられなくて病弱なんだとかで
    しょっちゅう風邪だかインフルエンザだかで熱出した!と言って
    早退したり休み代われと電話してきたりする
    (奥さん何やってんだよと思ったが世の中の頑張ってる奥さんに悪いので
    言わないでおいた)

    おまけにそんなカツカツな状況でぽんぽん子供作りやがる
    せめて避妊しろよ…出産だけで結構お金かかるもんなんじゃないの?
    「子供のいないあんたには分からないだろうねw」と
    オッサンが笑いながら言ってきたからもはや同情は欠片もなかった
    誰のおかげで一月前から立ててる予定がグッチャグチャになってると思ってんだ

    731 :鬼女日記 2012/02/29(水) 22:49:08 ID:U2D9bNOx
    先輩の送別会があったとき、ホワイトボードいっぱいに絵を描いた
    先輩一人ひとりの名前と「今までありがとうございました」とメッセージを書き
    友人がいろいろな色で紙の輪飾り風の絵を描いた
    その場にいた後輩も手伝ってくれてなかなかいい仕上がりになったときAがやってきた
    私も描きたい!とマジックをひっつかんで描きだしたのはトイレやう○こなど
    軽食をする予定なのに下品な絵ばかり
    目立つ色で関係のない絵をぐちゃぐちゃに描いて行く
    私が時間をかけて書いた太字の上からもわけのわからない落書きを追加し満足顔
    関係のないものは止めるようにいってもAは自分の絵に自信があるようでやめようとしない
    結局Aは皆がそれぞれ時間をかけた工夫を台無しにしておきながら、写メまでとって自慢げだった
    翌日送別会に来た先輩たちも「え、なにこれ」と苦笑い
    それでもAは「私が描いたんですよー!と」得意げで引いた

    323 :鬼女日記 2018/01/29(月) 08:58:44 ID:Wcr
    愚痴。俺はシングルファーザーでハタチの娘がいる。
    俺はハタチそこそこで結婚して、娘ができてすぐに嫁が事故タヒした。
    それから再婚とか考えた事も無いし、実家と嫁実家にも協力してもらいつつなんとか娘を育ててきた。
    娘も今年成人して、まだ大学生だけど立派に育ってくれて父親としての喜びみたいなのを飲み会で親しい同僚と話し込んでた。
    そしたら3年程前に入ってきた40代の事務員が、成人したんならもう親元を離れたも同然だけど、大学生なんだからまだまだ手がかかるでしょー、私が世話してあげようか?と・・
    いや、もう娘は他人様に世話してもらわないといけない歳じゃないし、他人様の力を借りずとも実の父親である俺がまだまだ元気なんだから、何その発想?って感じの事を言った。
    そしたらその人、母親がいない子供は可哀想、私が世話してやるって言ってんのに!!って発狂・・
    遅い新年会で、会社の人ほぼ全員いる中で急にそうやって喚き出した。
    同僚や上司は、酒が入ってテンション上がっちゃったんだろうととりあえずなだめてくれたけど、もう本当に仕事だとしても顔合わせたくない・・

    183 :鬼女日記 2016/10/10(月) 03:07:22 ID:tUD
    もう10年以上前、地元ではまあまあ有名な会社に非正規ではあるが働かせて貰ってました。
    そこで働く2年目くらいに、サーバ管理の担当者から、職員の保存データが多くなりすぎたから、整頓するのを手伝って欲しいと頼まれました。
    在籍している社員の個人フォルダについては、1人あたりのデータ量を設定し、期限を設けて整頓してもらうことにして、
    退職した社員の個人フォルダの確認を手伝うことになりました。
    各社員は自分でパスワードを設定できて、個人フォルダには自身と管理者のアカウントでしかアクセスできないようになっているのに、共有フォルダに入れるべき資料等を入れずに退職してしまう人がたまにいました。
    私用の仮の管理者パスワードをつくり、数日かけて退職者の個人フォルダをざざっと確認&削除。必要そうなデータは担当者に確認。

    昨年まで一緒に働いていた女性のフォルダを開いたとき、「一時保管」的な名前のフォルダを発見し、開いてみました。
    その中にはメールがいくつか保存されてました。個人的な内容は見てはいけないとわかりつつ、好奇心に負けて1つ開封。
    当時の現社員(別フロア・立場的にはかなり上司)から、女性あてのメールでした。

    「僕の言う通りにすれば間違いない。」とか、
    「今日も時間あるかな?いつものところで待ってて。可愛い◇◇ちゃん。」などといった内容。
    サーッと血の気が引いて、フォルダごと即削除。

    当時、女性は独身。その現社員さんは女性より10歳くらい上で妻帯者、確か本社がある他県に家を買っちゃったとかで、こちらに単身赴任中でした。
    女性の退職時にちょっと揉めたと聞いたことがあったが、私たちには退職金についての揉め事だったと説明されてました。彼女も非正規だったから、契約書には退職金はないとはじめから示されてるのに変だよな~って思ってた。

    なぜその女性がメールを保存してたのかわからないけど、いつも穏やかでニコニコしてた彼女がちょっと怖くなったりもしました。

    今は私も別な仕事して結婚して過ごしてるけど、旦那が時々、「お前あの会社にいたことあるんだろ~スゲェなぁ~」って言うたび、ノドまで出かかるこの話。

    何故か今日の夢にその女性が出てきて、目が覚めてしまったから書き込んでみました。
    長くてゴメンなさい。

    373 :鬼女日記 2012/08/01(水) 22:00:03 ID:AvByciJP0
    職場の合コンクラッシャーのキモメンデブ(以下キモデブ)に復讐

    ウチの業界は全国に支社(支局)があり、私がいたのはかなり大きい地方支局。キモデブはその衛星として田舎に駐在してた
    そいつはうちの支局幹部にウケがよかったから、まずそれを切り離す。本社のお客様センターに客のふりをして名指しでクレーム入れた。
    管理職は自分の管内でのクレームを恐れ、早速キモデブを切り捨てた

    725 :鬼女日記 2012/10/01(月) 01:29:17 ID:FK6JwHpA0
    勤務先の上司(50代・既婚)が、最近入ったバイトの女の子
    (20代半ば・彼氏あり)を気に入って現在猛烈なアタック中……。

    上司は身長155cmくらいでハゲてはいないけど小太り、正直言って
    気持ち悪い系の容姿なのだけど、お金は持っているのでなぜか
    自信はたっぷり。

    この間、大雨で職場から帰れなくなったバイトの子を車で送って
    あげて以来、彼女の帰りに合わせて自分も帰宅、何度も一緒に帰ろうと
    しているらしい。

    「上司だし、無下にも断れなくて1回だけ何でもない日にも車で送って
    もらったけれど、“今度食事にでも行かない?”とか“ドライブしようよ”
    と言われてすごく困っているんです」とバイトの子に相談された。

    バイトの子には悪いけど、元々自分にとって生理的に無理なタイプの
    上司がもっと気持ち悪くなってしまった。その子は最悪の場合、
    バイトを辞めて逃げればいいけど、自分はそうそう辞められないし、
    聞きたくないことを聞いちゃったよ。

    6 :鬼女日記 2016/07/09(土) 00:28:09 ID:6px
    旦那にも娘にも知られちゃいけない過去吐き捨て

    昔務めてた職場に気に入らない女がいた
    女子高卒業してすぐに入社
    いつも体の前で両肘をくっつけるようにしてもじもじくねくねしてて
    男性社員や上司の前では過剰なまでに溌剌として健気に頑張る自分をアピール
    だが女性社員の前ではくねくねしながらヘラヘラ笑い
    「私、なんにも知らなくってぇ」を口癖にして何にも仕事を覚えない
    休憩時間は平気でオーバー、会議では爆睡、掃除させようとしたら「掃除ってしたことなっくてぇ」とヘラヘラするだけ
    その女の無能はすべて教育係の私のせいにされた

    腹が立ったから、こっそりその女の仕事上のパートナーに職場で一番の地雷をあてがった
    地雷は典型的な「昔やんちゃしてた俺カッコイー」と勘違いしてる50代
    その年齢で正社員ではなくアルバイト、謎の上から目線の説教と自分語りが大好き
    男の前では素直で健気かつ薄っぺらな自慢を何でも聞いてくれる女を地雷はすぐに気に入った
    そして女も地雷に仕事のミスを庇われたり何かとちやほやされることに味を占めたのか、職場では常に地雷と一緒に居るようになった

    よっぽど相性がよかったのか地雷はそこからほどなくしてその女を孕ませた
    どちらも独身とはいえ、女は成人式も迎えてなかったはず
    私はとっくに退職し引っ越ししてたので全てはまた聞きだが
    職場に女の父親が殴り込んできて結構な騒ぎになったらしい
    そりゃ女子高にいれて可愛がってきた娘が
    父親より年上の小汚くてヤニ臭いオッサンを連れてくりゃ発狂するわなーと
    けどまあ、なんにも知らない、知ろうともしない世間知らずに育てたのは女の両親だし
    結構お似合いだったんじゃないかな?って今でも思っている

    25 :鬼女日記 2016/03/11(金) 20:20:35 ID:mSj
    仕事場でのプチ失敗。
    ご来客はお爺さん。私が応対した。
    声帯の代わりに振動で音声を出す機械を首に着けた方だった。
    私は出来るだけ伝わるようにパソコン画面の文字を拡大し、画面に出てる説明文を指差してた。
    しかし。「大丈夫ですよ、聞こえてます」ってお爺さんは優しくおっしゃった。
    私、超基本的な過ちをやらかしてた…。
    向こうはちゃんと聞こえてるんだよ。
    声が出せないだけなんだよ。
    私、最初から声出してしゃべって説明すべきだったんだよ。
    いかんなー。失礼だったなー。対応間違ってたなー。
    あのお爺さん、不快だったんじゃないかなー。
    それをお爺さんがおっしゃってからはちゃんと話して説明したけど。
    お爺さん。本当、すみませんでした。

    599 :鬼女日記 2012/09/10(月) 18:48:18 ID:tC4dMhbQ
    バイト先の社員さんとちょっといい感じになっていた。
    数回デートもしてた。
    突然連絡が取れなくなって、バイト先で不穏な話を聞いた。酔って人を殴ってケガを負わせてしまい、拘留中だという噂。
    しばらくして連絡が取れて、本人に真相を教えてもらった。
    実際には車上荒らしで捕まったのだった。しかもそれまで捕まらなかっただけで、初犯じゃなかった。

    美味しく食べていた石釜焼きのピザとか観覧車とか高層ビルの展望台入場料とかがそういうお金だったのかと知ったときの
    内心がかなり修羅場だった。

    このページのトップヘ