ムカつく

    88 :鬼女日記 2017/08/26(土) 22:39:42 ID:7iq
    最近全国展開しまくりの中高年女性向けジムに通ってる。
    もともと50代以上をターゲットにしてるジムだが30代40代も多い。
    そこに職場の20代後半のAさんが私も行きたいから誘ってほしいって言うから
    20代ならもっと向いてるジムがあると思うけどと他を勧めたんだけど
    月5000円ぐらいで予約なしで週何度でも行っていいなら安いからそこがいいって。
    まぁそこまで言うなら体験があるからそれで試して自分で決めればと思って
    予約いれてあげた。
    そしたら思ってたおしゃれなジムと違うのがショックだったみたいだけど
    とにかく安いし痩せたいしって年会費で入会してしまった。
    前以てシステムは話してあって、まずは一ヶ月か二ヶ月少々割高でも月々の支払で入会して
    続けられそうならそこから年会費に切り替えた方がいいよってアドバイスしたのに
    年会費の方が安いからって。
    で、結果一ヶ月も持たずにやめたんだけど、やめる時に引き止められたり
    手続きが面倒だったり、手数料引かれたりしてウザかったらしく
    私に対して「あんなところ!」と文句言いまくり。
    「あんな温いジムで痩せるはずがない」「しょぼい設備のぼったくりジム」と。
    だから最初から言ってんじゃん。
    ターゲットがそうなんだから、ゆっくり体力つけましょうってところだしw
    急激に痩せたいなら向かないって最初に言ったしw
    設備がしょぼいったって、ガンガン運動するジムじゃないんだし
    確かに貧乏臭いけど、だから安いんだしw
    まぁ賛否両論あるのは知ってるけど、少なくとも40代後半の私は
    運動不足で辛かった駅の階段の上り下りで息切れしなくなったし、
    GWには熊野古道の一番長いコースを楽に回れた。
    初めて一年半だけど、60kg→57kgまで落ちて身体が多少軽くなった。
    合わないと止めて行く人も多いけど私には合ってる。
    そもそも体験したあと自分で契約しておいてなんて言い草だよw

    47 :鬼女日記 2014/05/08(木) 17:01:52 ID:zu3baKP0G
    2つほど。

    小学六年生の時。
    担任や警察に嘘着いて万引きを俺に命令されてやりました。と、店の事務所で白状したやつがいる。
    中学お受験をするので内申点に傷がついてしまう!とその日たまたま一緒に帰った俺のせいにしたらしい。

    疑いは数日で晴れたものの、一度着いたイメージは拭うことが出来ずに無駄に近所やクラスの連中に白い目で見られた。

    「んのやろう!」

    と、何かしら仕返しをしてやろうと決意して、それから数ヶ月経った。万引き事件の後はわざと気にしないフリをして普通にそいつと遊んでいた。ある日、そいつと駄菓子屋でお菓子を買って公園で食べたのだが、裏で大量に爆竹を購入する。
    夜にそいつの近所、担任(近所)、同級生宅の車のタイヤに大量の爆竹を張り付けてやった。
    仕掛けたうちの特に近所で怖いと有名な家の車のそばにはそいつの名前付きの私物を落としておいた。

    もちろん現場は見ていないが朝は中々カオスな状態になったらしい。
    悪質なイタズラとして警察も動いて犯人捜しを行う。
    速攻でそいつに容疑がかけられ、
    学校で尋問。
    「その日は何してた?」
    「俺君と駄菓子屋行って公園で遊んだ。」
    「俺君、彼とその日一緒にいた?」
    「うん、○○君(万引き友)お菓子と爆竹買ってた」
    「その爆竹は後で公園で遊んだの?」
    「いえ、○○君が持って帰ってた」

    そこからはもうトントン拍子。
    学校側から駄菓子屋に確認もされたが、当時75歳以上で1日に何十人も子供が着ていた駄菓子屋のおばちゃんも爆竹を大量に売ったことは覚えているけど、誰に売ったかなんて覚えていなかった。

    あれよあれよと犯人にしたてられ、そいつはこっぴどく叱られていた。
    担任とクラスメイトの数人は気づいていたかもしれないが、18年経った今でも何も言ってこないのだから確信がなかったんだと信じたい。

    結局そいつはそれが原因かは知らないけど、受験失敗して一緒の公立中学に行きましたとさ。

    ちなみにその駄菓子屋はそいつが万引きした時の駄菓子屋。
    疑い晴れるまで俺を犯人扱いして、爆竹事件の後爆竹の販売を中止されてその後も他の子供に万引きされまくってた。

    838 :鬼女日記 2017/01/20(金) 04:51:48 ID:RCX
    ここ数年で一番腹立ったので書きます
    今週の日曜日に夫の知人の子を夫が勝手に約束して預かることになった
    その日は何か月も前から予定があったんだけど、夫と夫知人に土下座に近い形でお願いされたから渋々了承した
    預かった子はおとなしい子で、家にあったドラえもんのことわざ図鑑を気に入って楽しそうにずっと読んでいた
    帰るときに「ありがとうございました。たのしかったです」って頭を下げられて「いい子だな~」なんて思ってた
    実はその夫知人って言うのが私の勤務している会社と同じビルの会社に勤めてるんだけど、今日エレベーターホールで知人に偶然会った
    相手は私に気付いてないようで、うちに子供を預けた話を同僚と思わしき人にしていた
    「夫家に子供預けて帰ってきたら『犬も歩けば棒にあたるを覚えた』とか言い出してさーwどんな教育してんだよwことわざとかババアかよwあの妻(私の事)にもう子供預けるの怖くなったわwww」みたいなことを言っていた
    本当に久しぶりに頭に血が上って、思わずその知人に歩み寄って「もう二度と預かる気はなくなったのでご安心を」って言っちゃった
    後で夫に聞いたら来週も預かってって頼まれてたことが発覚。もちろん断らせた
    子供預かってもらってその相手をバカにする神経が本当にわからない

    396 :鬼女日記 2016/11/25(金) 21:39:18 ID:QLW
    祖母の米寿のお祝いに、和食のお店を予約して今日行って来ました。
    予約の際に、祖母が膝を曲げられない為(人口関節入れたばかり)テーブル席でお願いしたい、
    という相談をしてそれをのんでもらっていたのですが、
    今日行ったら小上がりのお座敷に案内されました。
    で、テーブル席で予約をしたはずなんですが、と店員さんと話をしていると
    店長だと名乗るあまり感じの良くない男性がやってきて
    あなた達の予約は11人、テーブル席はひとつ8人掛けだからあなた達の為に16席つぶさなければならない。
    小上がりならお座敷ひとつで12人、ちょうど良いでしょう?
    と言われました。
    予約の時に席の相談をしているのですが、という話をしても
    ではあなた達が16人分の料金をお支払いしていただけるのですか?などと言われ
    そうこうもめている時に祖母が「いいよいいよ、私は車椅子のまま座敷の外で食べればいいから」
    と気を使って言い出し、もう全員そこで食事する気になれず
    当日キャンセルは全額支払いだと言うので、祖母や子供達を先に家に帰し
    折り詰めにしてもらえるものだけ作ってもらってそれを持って帰って家で食事しました。
    ちゃんと予約の時に事情を説明して対応してくらた女性の方はすごく印象も良かったのに
    なぜ当日になってこんな扱いを受けなくてはいけないのでしょうか。
    あの店長さんの対応は本当に信じられません。

    131 :鬼女日記 2013/11/06(水) 02:10:32 0
    結婚前も結婚後も某ランドの近くに住んでいる。
    近くに住んでいるとかえってランドには行かないというか
    遠足やなんかで行くのでいいやって気持ちと
    もともとランド自体面白いけどそれほど好きでもないのとで積極的に行く気にはならない。
    そんなわけで子供が生まれてから一度も行ったことが無い。
    小学校低学年の子供たちはまだ何のアトラクションにも乗れない身長なので、
    もうちょい大きくなったら行こうかなーと思ってるところ。

    このあいだ夫の実家(西の方)に規制したとき、コトメにランドの話題を振られたので、正直に
    「子供がもう少しアトラクション乗れるようになってから行きたいと思ってる」
    と言ったら、なぜかコトメに説教された。曰く
    「某ランドは日本人なら絶対に小さいころにいっておかなくちゃいけないものでしょう」
    「アトラクションに乗れるようになったら~って、アトラクション目当てみたいでランドのキャストに失礼」
    (地元なのにランドに行ったのは4回くらいだと言ったら)
    「嫁ちゃん友達いなかったの? 長い休みに一度は行くものでしょ、地元なら」
    などなど。とんだ決めつけ理論を展開されてげんなりしてしまった。

    さらに「一緒に行って あ げ る から来月の○日に泊めなさい」とか言い始めてゲンナリ。
    来月の○日は平日だったので、コトメ子も小学生なのになーと思って聞いたら
    「学校休んで平日に行くという方法が、空いてて最善の策に決まってるでしょ」と言う。
    うちは学校休ませて遊びに行くのはナシという方針だったので
    「コトメさん家族だけで行くのはいいですし泊まってもらっても全然かまわないけど
    平日はうちは無理です」と断ったら
    「いまどき平日休ませて遊ばせない家とか無いわ。スパルタすぎ。子供かわいそう。ぐれるよ。親失格」
    と散々言われた。

    ここでトメと一緒に庭仕事してた旦那が帰ってきたのでトメと旦那がコトメを〆て終了。
    「で是にごときで自論押し付けるとかおかしい」「子供を休ませるとかどうでもいいからお前が学校生活やり直せ」
    とスカッと言い返してくれたので私からはもう何も言わなかった。
    ここまでひどい自論押し付け厨こわい。

    846 :鬼女日記 2017/08/23(水) 14:45:12 ID:xTA
    新幹線での出来事
    帰省するために新幹線の自由席乗って

    |通路| 私 空席 女の人

    って感じで座って、足元に荷物置いて席を少し離れたら私の席にしらないおっさんが座ってた

    席の上に荷物を置いてなかったわたしも悪いけど、どう見ても2人分の荷物があるのにそこに座るかね
    大抵は両端から埋まるのに

    通路側に座りたかったから1本早い新幹線見送って待ってたから腹が立ったけど、チキンだから大人しく真ん中座った

    155 :鬼女日記 2015/01/09(金) 23:35:47 ID:8aO
    年末、義実家へ行った際に子供が重度のハウスダストアレルギーで発作を起こしてしまった。
    私は台所にいて夫は子供の近くにいた。夫はアレルギー発作が出ている事に気付きながら何もせず、何も言わず、応急処置もせず、見て見ぬ振り。私が気付いたのは台所仕事を終えて子供の元へ行ったとき。たぶん発作が出て5分くらい経ってた。
    義父は大丈夫だろ?と言いながらニヤニヤしてる。義母は慌てて休日診療している病院を探してくれたのがまだ心の救い。
    病院に行くも具合の悪い人でごった返していたので夫には私と子供だけ残るので先に帰るように言うも帰らず。病院に残ったからといって特に何もせず。ただただ周りの人の邪魔になってたと思う。申し訳ない。
    義実家は古いということもあり、また発作が起こるとも限らないので診察後は同じ市内にある私実家へ帰ることに。このことを夫に伝えるも特に反応なし。義両親へ言ってくれるでもなく、荷造りを手伝ってくれるでもなく、何もせず。
    非常に言いにくいながらも私から義両親へ上記を伝えると、やはり嫌な顔。そりゃそうだ。遠回しにも汚いと言われたようなもんだもんな。申し訳ないが本当のことだし子供がまたタヒにかけたらたまらん。もちろん夫はこの間何もせず。フォローもなし。
    年明け、飲みながら夫にあの時はごめんと謝られたけど、許せない。
    長文だしささやかじゃないし、スレ違いだったらすみません。

    753 :鬼女日記 2012/08/01(水) 12:30:10 ID:ZY8dUC5v
    キチ成分は薄めかも。
    さっき近所のママからメール来たw
    なんで窓開けてるの!虐待だ!
    今日は風が吹いてるし、気温も高くないからだよ。。。

    近所の支援センターで近寄って来た人で、普通に話をしてたんだけど
    冷房にいつも激しく反応する。

    センターは市の施設ゆえ、節電のためかあんまり涼しくない。
    →子供に優しくないと苦情をいれてた
    SCも涼しくない
    →苦情をいれてた

    ママ曰く、家はいつも18度設定!子も涼しそう!
    お子さんが暑さに弱いらしいが、その冷房のせいじゃないのかと。

    面倒だから冷房いれたよ!サンキュー☆と返信しておいた。
    支援センター行きづらい。
    もう行くのやめようか。

    29 :鬼女日記 2007/08/24(金) 19:46:00 0
    ここの皆さんに比べたらプチだけど…。
    今日コトメの披露宴だった。コトメとコトメ旦那は教師なのでこんな日になった。
    その披露宴に私、私の父母、私の叔父(少しだけ名を知られている楽器演奏者で箔付けのため呼ばれた)
    三名欠席&招待客のホテル予約キャンセルした。
    30名ほどの予約だけど観光地なのでなかなか他のホテルは予約できないはず。

    おまけに衣装、ブーケ、小物届かずにしょぼい間に合わせの貸し衣装で間に合わせたと
    思うのでずいぶん惨めな式になったと思う。
    親戚中で都会の嫁と馬鹿にしつづけ裁縫以外とりえのない女と罵り、私の母(和裁士)まで
    巻き込んで衣装を安く上げようとしたり何より私の子は席代が無駄なので呼ばない、でも花束贈呈は
    させろなんてコトメ夫婦で言うので腹が立った。
    さっきから携帯がずっと鳴ってるけどもう知らない。

    721 :鬼女日記 2014/07/10(木) 16:37:25 ID:RVJRK3zgo
    数年前に娘がトラックに跳ねられた。意識が無く重症だと職場に電話がかかってきたので半狂乱になりながら帰り支度。
    上司は「早く行っておいで!」と言ってくれたので急いで廊下を走った。
    すると、向こう側から嫌いな男が歩いてきた。自己中心的でわがままな男。その男が、
    「私さん、15時からの緊急会議に出席してくれないか」と言ってきた。
    「娘が事故に・・・」と説明しても、「それ娘の自己責任じゃん。事故だから自己責任なんつってw」とわたしの腕を引っ張ったので振り払って走った。

    次に駐車場。私が停めている目の前に白いセレナがとまっていた。
    急いで一階のカウンターへ行き、車を退けてもらう放送をしてもらった。
    しかし、待てど暮らせど持ち主が現れない。もう電車で行ってしまおうか(駅は遠い。物凄く遠回り)と思ったらようやく持ち主が現れた。さっきの自己中心男。
    「ごめんごめんw 私さんが欠席するから緊急会議なかなか抜けられなくてw」とヘラヘラしながらノロノロどかす。
    私はキレながら車に乗り病院へ向かった。
    しかしその道中でノロノロ運転に遭遇。追い越し不可の片側一車線の道を制限速度-20キロで走行。
    横道逸れて走った。

    967 :鬼女日記 2011/12/04(日) 11:35:05 ID:SefrR5Zh0
    中高と同級だった友達
    勉強はトップクラスでべっぴんさん。男子にもモテてたし、でも何故か友達は私だけ
    イヤなところが目についていたけど私は他に親しい友達数人いたし
    まあいっかって感じでつきあってた
    私が服を買うと(めったに買ってもらえなかったあの頃)すぐ同じのを買う(彼女の方が似合う)
    私が好きになった男子を好きになって付き合う
    「どういうこと?なんで?」って言ったら
    相手の男子にお「○○ちゃんに責められたから別れる」って泣きつく→私ヒドイ女
    それでも高校の頃ってフワフワしてるから絶縁もせず適当に接してた
    卒業後は付き合いも途絶えて・・ある日突然電話かかってきて「結婚式に出て欲しい」
    相手は私が成人後付き合ってた人(せまい世間だからもちろんそのこと彼女は知ってる)
    しかも最期は私がふられた相手
    イヤミじゃなくとことん出席してくれる友達いないのよ
    幸い当日は私、旅行の予定だったから胸を痛めることなく断れた
    そこまでならまだ「はぁ~?」ですんだけど
    その2年後「悪いけど私の姉の結婚式に友達として出てくれない?」だって

    私、アホよね、出席してしまったの
    「祝いはいらないから、お願い}って懇願されて・・・
    昔の話です。この間手紙きました。会いたいと
    私はいつまでも馬鹿じゃないわ、無視してます

    852 :鬼女日記 2014/05/06(火) 16:13:47 0
    知り合いの夫婦(40代)にダウン症の子供がいるけど、一切検査しないで産んでるよ。
    不妊症で長年治療してやっとできた子だからどんな子でも受け入れるって。
    そういう人もいるし、20代で産んだらダウン症だった。20代でダウン症生まれるはずないから
    産院ですり替えられたと大騒ぎして産院を訴えようとした母親も知ってる。
    ちなみにそれは私の弟嫁だ!

    462 :鬼女日記 2010/07/07(水) 12:30:07
    自分自身は見てないんだけど、この流れで

    当時の職場で社内公認のカップルA子さんとB男さんがいた
    付き合って6年目にしてやっと正式に婚約
    長すぎた春に終止符を打つことが決まった頃に突然B男さんがA子さんに冷たくなり
    些細なことをあげつらねてA子さんを責め、A子さんも追い詰められ心療内科に通うまでになり
    結局一旦結婚は破談にしよう、ということになった

    それからしばらくして、たまたま私と同僚が遊びにいった先で
    以前うちに短期バイトとしてきていたCちゃんという女の子をみかけた
    明るくて面白くてちょっとB***hな彼女は妊婦服をきていて
    「もしかして妊娠?」と聞くと「そうなんです。来月B男さんと式挙げるんです」と嬉しそうに答えた。
    もともと噂大好きでスピーカーだった友人は、この話をあちこちで喋りまわり
    数日後にはA子さんの耳にこの噂が届くことになる。

    翌月、さらに別ルートで「B男の結婚式場にA子さんが乗り込んで警察沙汰になったらしい」という噂が流れ
    実際にA子さんはそこから会社に勤務しなくなった。

    357 :鬼女日記 2017/08/22(火) 18:16:04 ID:???
    姑は「お人好しで何でも背負いこんじゃっていつも大変な私」が好きな人。
    別にやらなくていいことを押しつけられて、困った困ったいいながら嬉しそうに奴隷をやってる。
    舅の伯母の妹なんていう遠縁の看病に電車で1時間かけて通ったり
    町内会の草むしりを全部押しつけられたりしている。
    本人は「大変なのよ」と愚痴るけど絶対断らない。
    そんな姑が長期入院することになり、今まで姑が一手に引き受けていた雑用や労働のやり手がいなくなった。
    昨夜義実家に夫婦で呼びつけられ「姑さんの代わりは嫁がしろ」と近所+親戚に命令された。
    でも全部、そもそも姑が引き受けるいわれのない雑用ばっかなんだよね。
    本来なら町内会全員でやるべきことだったり、舅の従弟一家に責任があることだったり。
    だからさくっとお断り。
    旦那が「お前冷たいよ」と言うんで、旦那を指さして
    「冷たくないこの人がやるそうです。私はタヒんでもやりません」って言って車のキー奪って一人で帰ってきた。
    旦那には「片づくまで帰ってくんな」とメールした。
    そしたら昨夜は本当に帰ってこなかった。
    今日の昼休みスマホ確認したら、旦那から「今夜も話し合う。20時義実家に集合!」ってメールがw
    「行くわけないだろ」と返事しもう一度「片づくまで帰ってくんな」と送っておいた。
    泣き言っぽい留守電が入ってたけど知らない。今夜は久々に一人酒だわ。

    436 :鬼女日記 2008/12/15(月) 10:06:59 0
    離婚の決心した。私は35歳。夫は4歳下。同棲4年で結婚半年。
    同棲の時は問題なかった。と言うか、私が年上で子供が産めないかも
    って事で(20の時に卵巣癌で一つ卵巣がないし、やっぱり癌の再発
    を危惧されて、そんなハンデある私と結婚させたくないでしょ)
    それを押し切ってくれた彼に感謝。彼の親も最終的には仕方なし認めた。
    結婚した途端、夫の態度が変わる。どうせ子供が産めないんだから
    親孝行してくれ。産めないんでなく妊娠の可能性が低い。でも、彼も彼親
    も産めないんだからと決め付けて奴隷扱い。私も子供は期待してないけど
    、産めない女を嫁にしてやったんだからと笑って言う。夫の親はパチ〇コ
    きちがい。そういう親を嫌ってたのに、夫も同じようになった。
    私の収入をあてにして「俺が結婚してやんなかったら単なる結婚出来ない
    ババァだよな。オマエ、ブスでデブでおまえと結婚する男いるのか?
    と俺の友人に言われてたんだ。結婚してやった俺に感謝しろ。」
    確かに私は美人とは言いがたい。身長156で体重は50で見た目はデブ
    かも。それにしても結婚前との彼の豹変にショックなんてものでない。
    同棲4年間の夫は別人だったのでしょうか。夫も夫家族も私の収入に依存
    してるくせに。私がいなくなったら、明日から夫家族はホームレス。
    家賃だって私が払ってた。私は夫の倍の収入あるし、夫は結婚した途端
    仕事やめてパチンカー。私の親は夫親を嫌って結婚するなら勘当だと。
    親の見る目は正しかったと思う。
    夫が酔っ払ってる時に離婚届けを書けさせたし、いつ家出してもいいん
    だけど、最悪な状況で捨ててやりたい。やっぱり新年にサヨナラかな?

    65 :鬼女日記 2016/08/24(水) 23:44:24 ID:DGAMsuBG0.net
    料理がロクに出来ない、作っても効率悪い、不味いくせに「ごま油がないと香りがしない、ごま油買いな!」「ハンバーグにはハンバーグソースだろ!?いい加減用意しろよ!」って料理で文句言われた時は疲れたかも。
    一人暮らしだから調味料に無駄にお金かけたり、場所取ったり、使わなくて賞味期限切れて捨てるのも手間だし、そのくせ「自分で用意したら?」って言えば買いもしない。
    相手の口に味は合わなかったかもしれないけど、くっそ不味い!って程食えないレベルではないし、ごま油は使わないし、ハンバーグもソース派だからハンバーグソースなんて必要ない。
    なんてくだらない事で腹立てたけど、これが1回だけならまだしも何度も何度もあっての事。
    今後は料理にうるさくない馬鹿舌な人を選ぶ事に決めた。

    825 :鬼女日記 2014/08/01(金) 13:03:02 ID:???
    先週の話なんだが怒りが収まらないので聞いてくれ。身ばれ上等。
    先週の土曜日付き合って2ヶ月の彼氏と富士急ハイランドに行った。
    2人とも絶叫マシンが大好物だからドドンパや高飛車なんかに何度も乗って楽しんだんだ。
    お昼ご飯を食べて次どこ行こっかと相談していると彼が戦慄迷宮行こうぜ!と。
    いちおう説明すると、戦慄迷宮っていうのは富士急のお化け屋敷で、ゴールまでの所要時間が50分っていうアンビリバボーな代物ね。
    私はお化け屋敷が大の苦手で拒否ったんだけど、
    「せっかくの富士急なんだから行こうぜ!w怖いなら目瞑って俺の後ろいればいいよw」とゴリ押しされしぶしぶ連行されてしまった。
    自分らの順番になり彼と2人で入ったんだけど彼、私の後ろをついてくる。
    私の服をグッと握って下向いてた。手汗で服がぐちょぐちょになってるのが感じられた。
    その時点ですでにかなりうわー...ってなってたんだけど、何分くらい歩いたかな?
    所々でリタイア出来るとこがあるんだけど、彼が1つ目のリタイアポイントで脱落したいと言い出した。
    彼の態度のおかげ?でかなり恐怖心は薄れてたけどやっぱり怖いものは怖いのでじゃあ私も一緒にリタイアするよと言うと、
    「お前はまだ限界を超えてないから。俺はもうその先を見たから。経験を無駄にするのはダメだ。」と、簡単に言えば、俺は怖さMAXだから出るけどお前はまだ全然余裕じゃん。金は俺が出してんだからちゃんと最後までやれよ。って事。
    付き合ってまだ2ヶ月でつい数分前までは、彼の奥さんになりたいな(はあと)とかお花畑な事考える程度に大好きだったのに、この台詞で氷点下まで気持ちがいっきに冷めてしまい、自分てこんなに器のちっさい人間だったのかと気付いた時が修羅場だった。

    2 :鬼女日記 2016/02/27(土) 17:32:25 ID:3Wi
    SNSでの知り合い

    義実家で同居するのが当たり前な地域に住んでいる数年前からの知り合い。
    いつも義実家や職場の愚痴を書き込んでいて大変だなと思っていた。
    私も彼女も一昨年に子供を産みSNSでの書き込みも育児についてのことが多くなった。
    彼女は2年の育休を取得したらしい。義実家には居場所がないため実家に入り浸って育児をしているようで
    「職場復帰したら保育園には入れず実家の母親に面倒を見てもらい、子供の習い事にも通ってもらう予定だが、母も歳だからちゃんと育児してくれるのか心配」と言い更に
    「そろそろ職場復帰だけど次の子妊娠した。復帰から産休までは少ししかないけど皆んな許してね☆」と書いていてドン引きだった。
    義実家や職場への愚痴で
    「夫が子供だった時、大姑に育児丸投げしていた姑(働いていた)は最低だ」
    「職場の後輩はタラタラ仕事して残業していくのが許せない」
    と書いていたのに自分も同程度か、より酷いことをしようとしていて
    しかもそれに気付いてないんだと神経がわからなかった

    私は妊娠で解雇されたのに彼女は正社員でガッツリ育休とり
    私は頼れる身内がいないのに彼女には育児を丸投げできる実家があるんだという嫉妬もある

    298 :鬼女日記 2017/03/18(土) 10:48:36 ID:e8BdXCOg.net
    とあるレストランに予約を入れ、予約した日時に店に行って
    「今日の6時半に予約を入れてある○○ですが」と言ったら
    女の店員が怪訝そうな顔で「ですが・・・なんですか?」と言った。
    一瞬何言われてるのか分からなくて「ですから予約を入れてあるのですが」と
    もう一度言ったら「ですが、ってキャンセルでしょうか?」って、何でそうなるの?
    「予約を入れたので来たのですけど、何か不都合でも?」とイラッとして言ったら
    「あ、いらっしゃいませ」と案内された。外国人には見えなかった。

    「ですが」の「が」は主部に対して述部を否定的につなげる接続助詞だけじゃなくて、
    相手の反応を期待する意味での終助詞の使い方もあるんだよ、と説明すりゃよかったのか?

    62 :鬼女日記 2011/08/15(月) 08:55:10 ID:xgu+r1OR
    流れ←何故か読めない。

    プチだけど、長文になりますが、私が遭遇したキチママ話を。携帯からなので、改行がおかしかったらごめんなさい。

    今から数年前、夫が一人暮らしをしていた家で、新婚生活を送っていた。
    私も昼間は仕事していたので、隣近所とはあまり付き合いもなかった。
    そんな時、近所に住んでいたAママ(モデル級美人)と、ひょんなことから顔見知りになった。

    このページのトップヘ