修羅場

    682 :鬼女日記 2014/06/11(水) 11:58:52 ID:gJrf2edGx
    思い返すと修羅場だったなという話
    長文で読みにくかったらごめん

    高校生の時のこと
    自転車で通学中、学校まであと5分位の駐車場みたいな所で困り顔の外国人を見かけた
    20代から30代の男性で顔立ちからして多分中東系だったと思う
    何人も通り過ぎているのに目が合わないよう無視しているのが丸分かりで見ていて腹が立ったから「どうかされたんですか?」と聞いてみた
    そうしたらその外国人は「ありがとう。みんな私のことを無視して悲しかった」とカタコトの日本語で言い、
    「インクをつけて紙に文字を書くペンのことを日本では何と言いますか?」と聞いてきた
    何でこんなことを聞くのかよく分からなかったけど一応答えたらその後も
    「紙に文字を書いて掲示したいけどそれはどんなもですか?」とか「大きな丈夫な紙はどこに売っていますか?」とか色々聞かれ段々こっちも混乱
    一体この外国人は何のためにこんなことを聞いているんだ?そしてこの道具たちを何に使おうとしているんだ?と不審に思い、学校に向かおうとしたけどなかなか解放してくれない

    終いに「紙に書いて説明して欲しいからこっちに来て」と言われて見たらいかにも怪しいハイエースっぽい車が停っていた
    これやばくないか?と思ったけど、外国人は車に押し込んでくる
    その時はあーあ、これは外国に売り飛ばされるか臓器取られるか杀殳されて山奥に捨てられるわと思った
    この時に抵抗もせず完全に命を諦めてた
    うちは所謂毒親で、私がどうやってタヒんでも何とも思わないだろうと思ってたから
    そして車の中で何されるんだよと思ったらおもむろに紙とマジックを出してきて、「さっきの説明をもう一度お願い」と言われたので紙に全部書いた
    あれ?これだけ?私助かるのか?と思っていたら外国人に「あなたの学校の英語教師をさせてくれ」とお願いされた
    私にそんな権限ねーよwと思い断ったら次は「じゃああなたの家に住まわせてくれ」と言われて唖然
    うちは友達が泊まりに来ることすら親が許さないのに見ず知らずの外国人を住まわせるなんて絶対無理
    普通どの家庭でも無理だと思うが・・・
    勿論即効で断った
    すっごく粘られたけど「うちは狭くて貧乏な家だから」とか「親が滅茶苦茶怖いから」とか言いまくっていたら諦めたみたいで解放された
    疑ってごめんねと心の中で謝って手を振り別れて急いで学校へ

    当然学校は遅刻
    1時間目の途中で教室に入ったら先生に「どうしたんだ」と言われたから素直に「外国人が困っていたっぽくて話しかけたら車に押し込められた」と言ったら無用心だってめっちゃ怒られた
    何もなかったから良かったけど、高校生にもなって本当に無用心で馬鹿だったと思う
    でも、未だにあの質問の意図が分からない

    331 :鬼女日記 2016/11/21(月) 18:27:08 ID:SIj
    先月、家の近くで一緒に歩いてた友人がコンビニのビニール袋を拾った。
    ゴミだと思ったら中身がちらりと見えたんで,よく見ようと開いたら
    人の鼻!よく見れば指も入ってる!
    二人で大声上げたら近所のおばちゃんが出てきてどうしたか聞くので
    コンビニの袋に人のタヒ体が入ってると言うと、おばちゃんも袋の中身見て悲鳴
    3人で半分腰抜かしながら110番しておまわりさんが来てくれた
    で、結局鼻も指も偽物のおもちゃ。
    まったく興味がないので気づいてなかったが、一時間半ほどのところにある
    某テーマパークでは当日ハロウィンで大勢の仮装したお客が詰めかけてたらしい。
    その帰りの人が落としたんじゃなかろうかということで落ち着いたんだが
    どうしてテーマパークの近くじゃなくこんなに離れたところで落とすのか
    (家の近所にはそんなパーティーをしているところはない)
    そして最近のおもちゃってできが良すぎるんだねと
    友人と二人で焼き肉食べながらちょっとした修羅場の話で盛り上がったわ。

    585 :鬼女日記 2016/04/13(水) 18:30:05 ID:kCLE0lRM.net
    昔の話だけど
    夜の田舎道、街灯なし・周りは田んぼ

    ←前車 ←俺車

    こんな感じで走っていて
    前車がハザート出して止まり、助手席(か後部座席左側)から
    女の子が一人降りた。

    ←前車 ←俺車  ↑女の子
    って感じで女の子が、俺の車の後ろから渡ろうとしたら

    対向車線の車 →↑女の子
    ←俺車     

    女の子跳ねられて脂肪
    タッチじゃないけど、綺麗な顔しているけど打ち所が悪くて。。。

    対向車線の車はそのまま逃げて
    (翌日出頭してきたが)
    俺が事故処理をしたのだが、俺が加害者と思われ
    警察・被害家族から疑われ、責められたのがぷち修羅場   

    80 :鬼女日記 2014/05/16(金) 23:57:56 ID:wDEH9IgbX
    つい先日おきて現在やや進行形な話

    私は脳にとある障害があって、病院から定期的に薬(精神刺激剤)をもらってきて対処療法をしています。
    本来ならそれだけの話ですが、仕事上の便宜のため上司にそれを打ち明けたことにより修羅場へ発展しました。

    私の業務上の知り合いにAというものがいます。
    その方はフリーランスで今案件にのみ我が社のプロジェクトに参加しておられる方です。
    上司は私同様に業務上の便宜のため、良かれと思って私の障害をメンバーに話しました。
    「~な障害があるので、私さんには◯◯のような仕事を割り振ってください」という風に。
    私は物見高く扱われたくはなかったのですが、周囲の理解があればパフォーマンスも上がるので、上司の発言に感謝したりもしました。
    しかしここからAの怒涛の攻撃がはじまります。
    最初こそ「大変ですね!」といった労いだったんですが

    A「◯◯(薬名)もらってますよね?いただけませんか?」
    私「え?突然どうして...」
    A「お願いします!ください!!!!」
    私「!?」
    A「お願いします!!!!」
    私「いやぁ...」

    話を聞けば、Aは鬱病(自称)らしくその薬を欲しいが、処方されないそう。
    私が、お医者様に処方されて服用しているものなので気軽に渡せないと説明すると、
    本当に必要なのは鬱病患者!そもそも私さんどう見ても健常者じゃない!詐称して服用してるのでは!??
    その後も、休憩時間などに私の元へきては要求が続き、毎度ながらやんわり断りました。
    しかしいよいよ要求が熱を増していき、
    A「いい病院紹介します!私さんが代理で病院へ行って私の分を処方してもらってください!もちろん報酬はだします!!」
    A「あたしの病状はカクカクシカジカ~。とてもつらいんです!見こ○しにするんですか?」
    A「地獄におちろ!私はいつも地獄にいる!一錠で救われるのだ!おまえは悪魔か!!(メールで)」
    A「世の中は不公平。私さんが笑っていることが許せない(同僚に)」
    など言い出す始末。
    Aは私を無視するようになりました。
    業務に支障がでたり、氾罪めいた匂いもあったので、上司にお願いしAのポートフォリオを見せてもらうことに。そこにブログtwitterなどあったので見てみました。

    結論を言いますと、Aはただのヤク中でした。
    調べてみると、私が飲む薬は、健常者が加工して飲めばドーパミンがドバドバでて精神が高揚する薬になるそう。(脳の刺激剤なので当たり前ですね)
    以前は違法に取引されていたそうですが、Aのような人が乱用するため規制。処方にはかなり厳しい制限があるそうです。
    そこでAが目をつけたのが私。私に複数の病院を廻らせ、薬を入手しキめちまおうという魂胆だったらしい。
    ぞっとしました。

    当然本件を上司に報告。なぜだか惨めな気持ちになり私は落涙。
    上司の対応は迅速でAは即日注意勧告をされ、おとなしくなりました。フリーランスの弱い所ですね。
    その日のAのブログに、日本医療業界を陰謀めいた視点で盛大にdisる投稿があり笑えました。
    とはいえ、今案件が終わるまではAとは業務連絡を取り合っているので、非常にやり辛い。
    理不尽なる僻みを耐え忍びながらという意味で現在進行形の修羅場かな、といった感じです。

    558 :鬼女日記 2016/02/07(日) 04:36:45 ID:GQG
    愚痴です。
    わたしが3歳のときに、母が浮気して出ていった。
    出ていくとき、「あんたなんかいらない」って言われた。
    父は単身赴任且つ出張が多い仕事だったから、わたしは祖父母に育てられた。
    月に1度、2日間だけ、会えた。
    それ以外は、祖父母と3人の生活。
    物心つく頃から父は仕事でおらず、物心ついてからは母がいなくなり。
    でも、両親がいないことに、疑問を持ったことはなかった。
    疑問に思う必要がないほどに祖父母はわたしのことを愛してくれていたし。
    たまに帰ってくる父からは、よく殴られたり蹴られたりしていた。
    まぁわたしの生活態度が良くなかったのもあったし、「行き過ぎた躾」だったんだと思う。
    祖父母は違う部屋に逃げていた。
    殴られてるときは、気持ちが乖離していた。
    まったく痛くないし、包丁とか持ってこられても、まったく怖くない。
    反論したり反抗すると余計殴られるから、じっとしてた。
    漠然と、「今日もパパは怒ってるなぁ」とか考えてた。
    一通り殴った後、抱き締められるのがいつものルール。
    愛は感じなかった。
    「お酒臭くて嫌だなぁ、早く終わらないかな」って思ってた。
    でも別に父のことは嫌いじゃなくて、むしろ好きで、仕事を頑張っているのは知っていたし、今でも尊敬してる。
    理想のタイプは父だし、実際好きになるのも父みたいに仕事に一生懸命なタイプ。
    だけど、わたしが側にいると、父はイライラするみたい。
    祖父母曰く、わたしが頭が回るところが、父は気にくわないみたい。
    素直に甘えて、素直にリアクションしてほしいんだって。
    でもそれはわたしには出来なくて、「今父はこう考えているだろうから、こうしたほうが怒られないだろう」って空気読んで先回りするのが、可愛くないんだって。
    そう言われても、そういう性格なんだもん。
    結局父との仲は上手くいかず、20歳の時に縁を切った。

    わたしは30歳になった。
    最近何故だかふと、ものすごく寂しくなる。
    父に叱られたり怒られされたくなる。
    そして、抱き締めてほしくなる。
    なんなんだろうなぁ。
    父は今58歳。
    10年会わない間に、老けたろうな。
    白髪増えたのかな。
    まだお酒飲むのかな。
    体壊してないかな。
    無性に会いたい。
    でも、会っても絶対上手くいかないし、会ったらまたお互い苦しくなるだけだと思う。
    大好きな父を苦しめたくないから、娘なんていなかったように、離れて生きていくしかないんだろうな。
    寂しい。
    父に会いたい。

    616 :鬼女日記 2015/08/14(金) 03:59:43 ID:dXn
    スレチかも知れないけど聞いて欲しい。

    私が16歳で初めて付き合った遠距離で年上の彼。
    ネットで知り合って松山ケ〇イチ似でカッコ良かった。
    ネットだから仕方ないが当時名前と年齢を詐称して一年ほど付き合ってた。
    でも初彼補正なのかそんなことどーでもいいって
    彼にぞっこんだったあたし。

    付き合って3年目に彼が地元を出て私の地元に1人で住み始めた。
    最初はフリーターだったが住んで1年でようやく就職した。
    しかし、その一ヶ月後に彼の父が亡くなった。
    その前からちょくちょく体調崩されてて
    倒れた度に彼は実家に新幹線で帰ってた。

    私も彼も父親亡くして大変だろうし
    憔悴してるかもしれないと思って
    連絡くるまでそっとしてあげていた。

    しかし連絡が一週間経ってもこない。
    さすがに始めたばかりの仕事にも支障出るのでは……
    と気になって彼に連絡してみた。

    すると彼の口から
    「母さんが親父亡くして一人にできないから
    そっちの仕事やめた。家も引き払った」

    ( Д ) ゚ ゚←まさにこんな感じ。
    呆気に取られてしまった。

    じゃあ私とはどうするの?って聞いたら
    「お前より母さんのが今は大事」
    とか言われて頭来てマザコンかよ!って言ったら

    「俺はマザコンだよ!だからどうした!!」
    もうなんも言えなかった………w

    私の地元に住んだのも結婚する話してたからだし
    父親亡くして母親大変なのはわかるけど
    将来の結婚相手かもしれない女よりも仕事よりも
    母親を選んだ彼に冷めてしまった。

    今は私も結婚し、5月に息子が生まれて
    幸せな生活送ってます。
    その元カレと結婚しなくてほんとよかった。

    50 :鬼女日記 2015/12/06(日) 22:51:01 ID:yIN
    ある日突然食事が一切喉を通らなくなった時が修羅場だった
    10代後半の頃、突然ご飯が食べられなくなった。理由は不明
    理由はあったかもしれないけど何も思い当たらず、腹も減らなければ匂いもダメで食べるたびに吐いてた
    食事は200ミリの紙パックのジュース×2本
    150センチ44キロだったのがみるみるうちに落ちて、二ヶ月後には36キロ
    座ってるのもだるいしケツの肉がなく骨に当たって痛い、歩くと膝とかめっちゃ痛い
    このままいったらタヒぬなと思い、精神科を受診
    あと1キロ落ちたら(35キロになったら)入院ね。と一回目の受診で宣言された
    まじかーと思い気楽に聞いてたが、34?32?キロを切ると内臓が減ると言われて恐怖を覚えた

    当時体調悪くて立ち仕事が出来なくて、内職で暇してたのもあ離婚、毎日点滴&帰りにコンビニで食べれそうなものを買う、という生活を続けた
    吐いてもいいから必ず食べてた
    あと飴をしょっちゅうなめてた。カロリーを少しでも取る作戦だった
    それから少しずつ体重が戻り始めて、3ヶ月で通常の食事が取れるようになり、体重も40キロ超えた
    何度かカウンセリング受けたけど、未だに原因は分からず

    747 :鬼女日記 2017/06/06(火) 10:02:21 0.net
    元夫の誕生日祝いが最悪だった。後半若干グロあり。

    当時私は元夫の誕生日を盛大に祝おうと、かなり前から準備し、南の島へのバースデー旅行を計画。2泊3日で、2日目が誕生日だった。
    泊まるホテルは島で一番高いリゾートホテル、レストランの予約やケーキの準備など全て整えてた。

    旅行のことを伝えると、元夫は大喜びし、お互いとても楽しみにしてた。そして無事に南の島へ到着。綺麗な海、豪華なホテル、自画自賛だけど何もかも夢みたいだった。
    1日目は楽しく過ごし、夜は予約してあった民族音楽をライブ演奏するレストランでディナー。元夫のテンションも上がりきり。

    898 :鬼女日記 2012/07/04(水) 15:21:06 0
    当時高校2年生、友人から知り合いとして紹介された7歳年上の彼は
    容姿端麗、多才な趣味の持ち主ですごく格好良かった。
    特に親しくなったわけではなかったけど、私が元カレに振られて落ち込んだときに
    話を全部聞いてくれて、とても優しく慰めてくれた。
    そして、そのまま流れるようにホテルへ。
    さらに、流されるようにホテルへ。
    阿呆だった私は、しばらくして「私たち付き合ってるの?」と確認作業。
    彼は「不安にさせてごめんね」と優しく、流れるように(ry

    デートといえば、家具屋やブライダルフェアに行くことが多く
    結婚後の未来を語り合ったり、まさに幸せの絶頂だった。
    その一方で、音信不通になることやドタキャンが続いたりがしょっちゅう。
    人を愛するって苦しい…。でも、彼と結婚するために頑張らなきゃ!と、盲目状態。
    そんな関係が半年ほど続いたある日、自宅に知らない女性から電話が。

    「もしもし、○○(私)さんですか?」
    「はい。どちら様ですか?」
    「私、××(彼)の妻です。
    慰謝料請求しますから、ご報告のお電話をしました。」

    電話ガチャ切り。私フリーズ。
    彼は結婚していて、3歳の娘がいた。
    内容証明は届いてたかもしれないけど、放心状態でよく覚えてない。
    両親には言えなかった。
    これが一番目の修羅場。ここから怒濤の展開。

    46 :鬼女日記 2013/01/23(水) 00:47:19 ID:aL0b8oXs
    ここ数年の自分。
    親の会社が倒産、父親が蒸発(母親はその前に亡くなってる)
    漫画に出てきそうなボロアパで、弟と2人暮らしになった
    私は19歳で弟は中学生、バイトの給料日まであと2週間あるけどもう500円ちょいしかなくて、明日には携帯も止まってしまうみたいな状況になって、出会い系サイト使ってエンコーを決意した

    運が良かったとしか言いようがないが、そのサイトですごくいい人と出会い、給料日までのご飯を私と弟にご馳走してくれた

    あれから3年経って、弟を大学にやれてカツカツながらもきちんと生きていけるようになったが今でもそのおじさんとは交流がある
    喪だけど生きてて良かったと思えるのもそのおじさんのおかげだし、梅春しないで済んだのもあの日の運のよさだなあと思う

    この間おじさんのお嫁さんのお墓参りに行ってきたばかりなので何となく思い出して書いてみた

    225 :鬼女日記 2016/09/17(土) 02:33:10 ID:Hkr
    寝付けないので、私の修羅場を。
    長いので読みにくいと思うので苦手な方はスルーでお願いします。

    嫁ぎ先が本当に地獄だった
    新婚から義実家で同居、テンプレのトメ。
    最初こそ守ってくれていた夫だったけど半年もするとエネになった
    その辺りからトメから毎日暴力を受けたし、ウトは空気。
    家事と大姑の介護で日々戦争みたいなものだった
    外にも出られない、風呂や食事も3日に1度くらいになっていった
    携帯も持ってきた私物もすべて捨てられ、テレビも新聞も見れなかった
    その時には私も洗脳状態みたいなものだったと思う。

    結婚して1年を過ぎた頃に妊娠が分かった
    すごく嬉しかったのだけど、病院には殆ど行かせてもらえなかった
    初回の検診と出産のみ。
    妊娠中は特に色んなことを言い付けられた
    出産してからは子どもと触れ合う時間もなかったし、
    何の為に生きているのか分からなくなってしまいました
    そこからは殆ど記憶になく、ぼんやりとしている

    ある日、実家の母から電話があった
    嫁いで5年経ったのに1度も会ってもいなければ声も聞いていなかった。
    声を聞くととめどなく涙が出てきてうまく話せなかったが何かを察したらしく
    「帰っておいで」と言ってくれた。
    それを聞いた瞬間、家を飛び出して走っていた
    隠していた財布だけ持って地元行きのバスに飛び乗った。
    駐車場に母の車を見つけた時、また泣いてしまった
    何も聞かずに実家に連れて帰ってくれた
    父は私を見て固まったけど母と同じで何も言わないし聞かないでいてくれた。

    次の日に、離婚したいと言った私を叱らずに力になるよと
    言われた時は本当に安心した。
    義実家からジャンジャン電話が実家に掛かってきたらしいけど母がうまく丸め込んでくれた
    その日のうちに2ちゃんねるの家庭板を読み漁って
    レコーダーと小型カメラを買ってもらい携帯を契約してもらった
    両親からお金を借りて義実家に帰った。
    戻るとトメから叩かれ、夫からは靴べらで殴られたけど
    あと半年の辛抱だと思うとぜんぜん痛くなかった

    ずっと辛くてタヒんでしまうかもと思っていた結婚生活がようやく終わると思うと踊りだしそうになった。
    ずっとレコーダーを離さず、隙を見つけてカメラを設置し
    毎日携帯のメモに日記を書いた。
    子どもにはお母さんは遠くに行くけれどどうする?と聞いたらお母さんと一緒がいい
    と言ってくれたので子どもと逃げることにした。
    そして、全てを回収して荷物をまとめて家から出ていった

    4 :鬼女日記 2015/05/15(金) 02:56:35 ID:GPI
    私が子供産めなくなったまでの最大の修羅場

    昔から私の母は私のことを国語の教科書に出てくる品行方正な委員長みたいな扱いをしてた
    髪の毛は伸ばしておさげ、服装はブラウスにスカートに白い靴下、コートも無地の落ち着いたもの
    筆記用具は実用性のあるものでキャラクターものはなし
    皆がバトル鉛筆にはまっている中私はトンボ鉛筆
    女の子たちはカラーペンのコレクションをやりだしたけど、私が与えられたのは蛍光マーカーと赤ボールペン

    母親は学校からの書類にきちんと目をとおすし、保護者記入欄はきっちり書く人だったけど
    参観日や運動会や発表会には来なかったし、お弁当も作ってもらったことがなかったからコンビニのお弁当を持たされていた
    夏休みなどの長期休暇は家でお留守番を命じられたし、その際に時間を潰すために与えられたのは学習ドリルと勉強教材のビデオだった

    私は知らないところでストレスが溜まっていって、生理が中1の春頃に始まったものの、中2の春には気づけば止まっていた
    三ヶ月くらいこなくておかしいと気づいた
    誰にも相談できず、きっと母なら助けになってくれると、正直に「お母さん、生理がきてないの」と伝えた
    母はこれまで見たことのないような般若のような顔になり、「いつ!いつからきてないの!」と怒鳴りつけた
    「三ヶ月くらい・・・」
    「バイタの子が!どこで孕んできた!」
    私は頭が真っ白になった
    「言え!相手は誰!吐け!吐きな!はやく!」
    頬を何度か叩かれて、私は怖くなって全力で否定した
    「違う!なにもしてない!なにもしてない!」
    「嘘つけ!」
    「嘘じゃない!違う!なにもしてない!」
    必タヒに否定していると、母に本気でガツンと頭を殴られた
    クラクラする頭で母に無理矢理引っ張られ、靴も履かずに制服姿で産婦人科に連れて行かれた
    私が必タヒに違う!違う!なにもしてない!と訴えるのを他所に、母は私が妊娠しているかもしれないと受付に告げて診察させられた
    先生はおじさんで、他に看護師が2人いて、母まで見ていて、あんな羞恥を受けたのは初めてだった
    診察も激痛だった
    指を入れられ、機械を入れられ、股から血が流れていた
    結局生理不順と診断されたが、私はそのままストレスで生理がこないまま、高校生で閉経した
    女性ホルモンが出ないせいで、高校生にして更年期のような症状に悩まされた
    ホルモン剤は出たものの、女らしく育つ暇もなかった身体はよく男と間違えられる

    父は今になって、母だと思ってた人は母ではないことを伝えてきた
    父は浮気をして愛人との子をなした
    それが私
    愛人は大卒のエリートの女性で父の出張先にいた人らしい
    私の母は高卒で、だから私にエリートを求めたのかもしれない
    母にバイタの子と呼ばれた時からなんとく察していた
    でももっと早く知りたかったよ
    無条件に愛した母がそんな私を憎くて仕方なかったんだとしたら、母には謝っても謝っても足りない
    もっとはやく母の愛情を受けてはいけないんだと気づいていれば、母の負担になることもなかったのに

    307 :鬼女日記 2016/07/20(水) 11:35:36 ID:fbT
    家族で夕飯食べてたら、弟がいきなり立ち上がって
    「ごめんなさい。大学行けなくていいから100万円貸してください」
    と親に向かって泣いて頭下げた時。

    事の起こりは、当時中1だった弟が家のPCでこっそりアダルトサイトを見ようとしたことからだった。
    弟はリンクで飛ばされてるうちに架空請求のページを踏んでしまった。
    当時はまだ架空請求が流行り始めた頃で、中高校生の間じゃそんなにメジャーではなかった。
    弟はどんどん膨れ上がる金額に恐怖し、叔父に相談した。
    叔父は父の弟で、かなり歳が離れていて当時まだ20代だった。
    叔父甥というよりイトコのような間柄だった。
    親には恥ずかしくて言えないけど、叔父になら…と相談したんだと思う。
    叔父は「俺にまかせろ」と言い、数日後
    「なんとか業者と話をつけてやったけど、100万もかかった」
    と弟に言った。
    それ以後、弟は叔父のパシリになった。
    最初は「何々買ってこい」とかたわいない内容だったんだけど、段々エスカレートして
    ついに「クラスメイトの女の子を斡旋しろ」と叔父は言い出した。
    弟は「さすがにそれは…でも100万円の借り…」と思い悩んだ末、
    親に打ち明けて借金を返してもらうしかない!と決心し、夕飯中に告白したのだった。

    418 :鬼女日記 2009/08/21(金) 15:21:36 O
    浮気して、旦那にすてられました。
    絶対バレないようにと頑張ったのに、旦那の同僚に見られてチクられた。

    924 :鬼女日記 2013/06/25(火) 18:24:58 ID:FUBH0Jh4
    高校生の時の修羅場。
    私:高校生当時、身長150前半、体重40前半、Fカップ。
    母親:身長同じ、体重60後半、Aカップブラが余る、猛毒親。

    高校1年生の衣替えが終わった頃から、少し後くらいに保健室に呼ばれ校医?から指導された。
    夏服にノーブラは如何なものか?もう少し恥じらいと言うものが無いのか?と。
    中学生の時にブラを買って欲しいと頼んだら
    「いやらしい!!色気付いて気持ち悪い!!以下略」
    で、ボッコボコにされたから一枚も持って無い、と説明して帰った。
    後日、学校から直接猛毒親に指導の電話がいったらしい。

    そんな電話があったと知らずに帰宅して居間へ。
    包丁を持った猛毒が鬼の形相で怒り狂い喚き散らして襲い掛かかってきた。
    「馬鹿にされた!!」とか「笑い者にする為にわざと告げ口したんだろ!!」とか。
    で、何故か一緒に居た兄にも殴る蹴る暴言で喚き散らされる。

    次の日、登校して保健室直行。
    普段から、顔を殴られる事は無いから校医に説明してもキョトン顔。
    しょうがないから服を脱いで痣だらけの体を見せたら真っ青な顔してた。

    その後、サイズ合わせもせずにワゴンセールから適当に買ってきたと思われるブラジャーを投げつけられた。
    サイズ合わないから、結局付けれなかった。
    付けない事でまた怒り狂い喚き散らしてボッコボコにされた。

    書いてたらくだらなさ過ぎて頭痛くなってきた。

    905 :鬼女日記 2016/08/30(火) 22:57:35 ID:mwL
    半年くらい前かな??
    当時婚約者の今旦那と、
    「ヨンドシーの婚約指輪が気に入らない」ってまとめを一緒に読んだ。

    で、

    私「私もアラサーだし、さすがにヨンドシーは無いかなー
    大事なものだからこそ、中途半端なもの貰うよりは貰わない方が良い。
    それか指輪じゃなくて実用的な時計をお揃いとか!
    ってかブランドがどーのより、そんな大事なものサプライズで買う事が理解出来ないなぁ」

    彼「そうだよね。大事なものは、ちゃんと相談して決めたいよね!」

    という会話をしていた。

    その一週間後、仲間たちの集まるパーティでサプライズプロポーズをされた。

    指輪は見事にヨンドシーだった。

    あれだけサプライズは嫌いだと伝えてたのに…
    しかもなぜヨンドシーだよ…
    あの会話はなんだったんだよ…
    と、心の中が修羅場。

    さらに指輪は仲間のリーダーとその奥さんと買いに行ったと聞いてさらに修羅場。
    旦那君が一生懸命考えて選んだならまだしも、既婚者とはいえ他の女性と選んだと聞いたら余計にムカつき&悲しくなった。

    そんな心の葛藤をその場では押さえこみ、
    「気持ちは嬉しいです」となんとか穏やかに受けとった。

    次の日は皿が飛び合う大喧嘩。というか私が一方的にきれまくってたw



    その後しばらく何かある度にこのことが思い出されては辛かったけど、

    今週末前撮りをしに行くためにその指輪を久しぶりにつけてみたら、それを思い出して一人で笑った。

    「指輪の事で悲しませた分、これからいっぱいコミュニケーションを取っていこう」
    と言ってくれて仲直りした事も思い出され、
    自分の中で笑い話に昇華できたので記念に書き込み。

    656 :鬼女日記 2016/08/06(土) 00:01:58 ID:O9Z
    昨年の暮れに会ったときは元気だった祖母がボケ始め、数か月で一気に認知症が進行し、
    母の友人のツテで特別養護老人ホームに入ることになった。

    4月くらいに実家に帰った際、祖母と同居していた両親とホームに面会に行ったら、
    祖母は俺の顔も名前も覚えてなかった。

    幼い頃から可愛がってもらっていたのですごくショックだったが、
    今までずっと家で農作業や家事を気張ってやっていた分、
    これからはホームで悠々自適に過ごして欲しいと思うようにした。

    それからしばらくして、仕事中に違和感を感じることが多くなった。

    毎日書いているはずの書類に書く言葉が出てこない。
    いつもは電卓など使わずに計算してる計算ができない。
    毎日顔を合わせているはずの同僚の名前が出てこない。
    引継ぎで言うべきことがわからない。
    引き継がれたことが覚えられない。

    そんな状態が一週間くらい続き、仕事でミスが増えた。
    祖母のことがあまりにショックで、自分が思うよりもずっと精神的に疲れてるんだろうと思い、
    数日間有休をとって実家に帰った。

    続きます

    980 :鬼女日記 2009/10/22(木) 10:04:57 ID:wzfl47in0
    レズで思い出した修羅場

    私子が高校の時に部室(カーペット敷き)でうたた寝していた。
    目が開いた瞬間至近距離で同じ部活のA子の顔が。
    A子はちょっと顔の綺麗な不思議ちゃんで「あ、寝顔可愛かったのにー」とか言われ終わった。
    でも周囲の子はそわそわしてて何だろうと思いつつ数ヶ月

    A子の家に部活の機材を取りに行った時に、土曜午後だし作りすぎたからと
    昼食を食べさせてくれることに。遠慮したんだけどかなり強引でなし崩し的に食事した。

    数時間後、どうやら寝てしまったらしく目が覚めるとベッドに縛られ手足が動かない…
    そしてそこに満面の笑みを浮かべたA子が「今からいいこと教えてあげる」と近づいてくる。
    これなんてエ□ゲ!!と大慌てしたとこにA子の両親帰宅。間一髪で貞操の危機から免れた。

    そこで終わればレズに襲われたで済んだのだけど(よくないが)
    そんなとき、私子に彼氏が出来る、長い間の片思いが実って有頂天。
    A子襲われたこともすっかり忘れ幸せな日々を過ごしていた。

    そのうち彼氏が、A子話ばかり始める。
    彼氏の友達がA子と仲良し、その延長かと深く考えずいたら、ある日別れを切り出された。

    A子、私欲しさに彼氏を誘惑。
    彼氏も恋愛に免疫がある人でなかったのでまんまと策にはまる。
    仕方ないので別れて凹んでいたら、A子の男友達が慰めてくれた。
    こいつもグルなんだろうなと警戒心バリバリでついて行ったら、
    そこにはA子被害者の会ができていた・・・、
    男は貢いで捨てられた奴、女はレズを拒絶したら彼氏を奪われた系が各3人ほど、勢いで〆に行くことになった。

    A子の家に集団で乗り込んで話しようとしたら、A子2階窓から飛び降りた…。一同ぽかーん。
    その間に救急車で運ばれ逃走。A子の親にふぁびょられ終了、酔いも覚め一同解散
    その後A子両親がことの次第を知り娘のふしだらさ更正のため、カウンセラー付き病院で入院させてました。
    以上です。

    574 :鬼女日記 2009/10/20(火) 11:51:00 ID:bTGPDGDP0
    恋愛沙汰の修羅場ではないですが暇なので投下 読みづらかったらすみません&お昼時にすみません
    彼氏の家に行くと、汚部屋ではないのになぜかベッドだけが汚いというか変な感じがずっとしていた
    掃除洗濯は普通にするのに、仕事が休みのとある日曜日、7時に起きても布団を干さない
    せっかくの快晴、カビ臭く(?)眠れなくなっていたし布団薄くなってる気がするしでどうにかしようと一大決心
    私が洗濯をするからと、彼氏には少し遠めのパン屋さんまで朝食を買いにいってもらった
    掛け布団をベランダに運びカバーを外してアタックたっぷりめの洗濯機にin、掛け布団はそのまま干した
    敷布団がなんとなく湿っぽい感じがしてこいつが犯人だ!と思いながら掛け布団と同じ処置
    ここで安心してしまって掛け&敷布団にファブリーズをしまくって一息つく

    310 :鬼女日記 2017/07/30(日) 01:47:20 ID:PEQ
    書き捨て 久し振りなんで失礼あったらごめん

    去年あった心のプチ修羅場
    75才の爺様が乗るプリ●スにバックで突っ込まれた
    こっちも車でケガ等一切なし、助手席のドアが凹んだだけ

    でも、解決するまで時間がかかって、ちょっと精神的におかしくなった
    コンビニの駐車場にお互い前向きで停めてたんだけど、共に車を出す段階で
    爺様こちらに気づかず、90度に位置する状態で突っ込んで来た
    勿論速度なんて出てなかったけど、如何せんもともとの距離が3mも無かった為
    ぶつかるまでほんの2秒かそこら

    スクールゾーンで下校時間だった為、すごく周りに注意してたから
    すぐに気づいてブレーキ&クラクション乱打した

    でも助走のまま一切止まらず一気に来た  ラジオを聞いてたらしい
    後ろ見ろよ
    なんで止まってくれないのか恐怖でパニックになったし
    残念な事に目撃者の確保に失敗した(近くに居た営業車っぽいのはすぐに
    行ってしまった)
    到着した警官にはこっちが後から駐車場に入ってきたとか嘘言うし
    混乱したよ

    結局親切なコンビニ店長さんの御蔭で防犯カメラの映像提出&弁護士
    入れて方賠8で終わった

    でもこちらの落ち度はコンビニに来た事
    車に乗ってた事とか
    私の何が悪かったんだろうとか、何が出来たんだろうとか
    被害者なのに自分を責め始めるんだよね
    車に乗れなくなって、寝られなくなって、爺様んちになぜ?を聞きに
    行きたくなってやばかった

    このページのトップヘ