修羅場

    278 :鬼女日記 2012/12/17(月) 11:40:46
    俺185cm父190母175の家庭に来た嫁145cm
    父親はかわいいかわいいとデレデレだったが、母親が嫁のこと気にいらなかったらしく
    身長低すぎて障碍者みたいだとか、あんな子がしっかり子供を産み育てられるわけがないとか
    ぬかしやがったので、ブチ切れてその時点で嫁とは完全シャットアウト。
    で、嫁がめでたく妊娠したんだが、お腹の子が俺に似てデカすぎて
    嫁の骨盤を通れない可能忄生が大きいらしく、帝王切開することになった。

    1 :鬼女日記 2015/04/29(水) 02:42:12 ID:NUTO0V2j0.net
    いま帰宅・・・書きたい
    聞いてほしい

    66 :鬼女日記 2015/11/16(月) 00:53:18 ID:RTPujZdo.net
    豚切りですまん、
    ちょっと胸糞悪い話をしたいんだが…すっきりさせてください。


    書き貯めは少ないから勘弁してくれ。
    すこしだけ、フェイクは入れるけど地方新聞にも出てると思うからわかった場合はスルーしてほしい。

    俺は今30歳男会社員

    6年前に当時付き合っていた女(2歳下)と別れたんだ。
    理由としては、女が浮氣をして逃亡したから。
    まぁ、よくある話なんだけどね。お互いの家の距離は下道を車で2時間くらいの距離。
    俺は仕事があったから会えるのは週末だけ。
    当時、俺は女の事がとても好きでお互い結婚を約束しあい親同士の会食も済んだ後だった。
    結構、女の両親には信頼されてるのか泊まっていきなさいとか言われ

    ま、その頃には既に女は別の所(SNS)で男にちやほやされていたらしい。

    で、ある時女が実家に帰ってこないと奴の両親から電話があったんだ。
    俺も女に電話したけど全然通じない。
    家族総出で探して、翌日女から女の実家に連絡があった。

    伝えられたのは
    「最近SNSで別の人に告白され、その人の家にいます。場所は大阪で長距離バスに乗ってきました。」
    だそうだ。

    まぁ、その後あっちの親から謝られるわ、俺に懐いてくれていた女の弟は姉に対してぶちぎれたあげく。
    姉を杀殳す!!とまで騒いでくれ、とりあえずは結婚の話は無かった事にという事になって別れたんだわ。

    ここまではぶっちゃけた話、カップル板逝け といわれる始末なんだよ…。

    163 :鬼女日記 2017/10/28(土) 18:18:09 0.net
    義兄夫婦が友人の結婚式に出るのでこっちの市に来るにあたって、子供ちっちゃいからホテルだと大変だ、ということで
    今日から前泊でうちへ泊まったらわすか2時間足らずでトラブルになって出ていってもらう羽目になっちゃいました
    うちの子小4~小1の3人、義兄家は3歳児

    我が家のリビングに大きな熊ヌイグルミがいて子供らの小さい頃の服など着ている
    それを義兄嫁が欲しがってごねて諦めず、才柔めてしまった
    ヌイグルミは夫が結婚前に買ってくれたものだし
    その時着ていたコートは姉がイギリスで買ってきてくれた熊のパディントン風のバーバリー
    ヌイグルミもコートもあげる訳にはいかない大事な物

    義兄嫁はクマからコートを剥がして姪に着せて「ほらピッタリ~♪」てやらかした
    うちの子が「ダメだよ」て言ったらマシンガントークで
    「もう着れないじゃない、お下がりしてあげるのが優しい気持ちなのにどうしてそんな意地悪言うの」
    子供涙目、私が姪から脱がせて取り返したら「止めて!赤ちゃんに乱暴しちゃダメっっ」て猿芝居

    夫と義兄はポカーンとしてて、義兄嫁の悲鳴で我に返って義兄が荒ぶってる嫁を抱えこんだけど嫁揺るがず
    「アレはうちの子が着るべき」と騒いでジタバタ暴れて姪が泣き出した
    「ほら!赤ちゃんが泣いちゃったからそのくまを!」て手を伸ばしてくるしマジで怖かった・・・
    夫が義兄に今晩泊められんと告げ、義兄が嫁引っ張って移動していった

    今まで特にトラブルもないから泊まってもいいよって言ったけど断ってたら良かった

    38 :鬼女日記 2018/08/19(日) 19:09:27 ID:VNE
    嫁にキレられています。
    現在嫁は臨月。妊娠して忄生別がわかってからコツコツと服やら玩具を手作りしており、専用の箱にしまっていました。
    先日、僕の母親が嫁と近所のスーパーに買い物に出かけていて、その間父と僕とで部屋の片付けをしていました。両親は同居です。
    片付けをしている最中に父が「これ何処何処の誰にあげてもいいか」と聞いてきたので、「これ」とは一体何かろくに確認もせずに承諾してしまいました。
    嫁が気がついたのは讓渡して1週間後。僕もその時に初めて讓渡したのか嫁の手作りベビーグッズだと知りました。
    慌てて返却を求めたのですが、全て使用済みで玩具類はヨダレや傷がついておりました。
    相手方は知らなかったとはいえ申し訳ございませんでしたと現金と菓子折りをもってきたそうですが、
    父が誰にでもわからないように保管していた嫁が悪いのでと受け取りませんでした。
    嫁と母は荒れ狂い、家事も放棄状態です。衣類は目立った汚れは無いのだからと言ってみても地雷だったようで火に油を注ぐ感じです。
    どうしたら許して貰えますかね・・・

    1 :鬼女日記 2017/12/31(日) 17:36:24 ID:MPk
    最近、一本飲む度に左目の眼底部が
    凄まじく痛くなる
    毎回バファリン飲んで痛み抑えてるんだけど
    これってもう飲むの辞めたほうがいいのかな。。。

    105 :鬼女日記 2009/09/21(月) 02:50:06 ID:+sEK/W9q
    墓場話。

    高1の頃、学校からチャリで帰宅してるとき。
    後ろから抜いてきたデリカが5mくらい前で急にのろのろ運転になった。
    嫌だなぁと思って速度落として進んでたら、幅寄せされて転倒。
    ゆっくり転んだから、擦り傷程度で済んだんだけど
    チャリ起こしてたら車から四人くらい人がおりてきて
    あっと言う間に抱えられて車内に連れ込まれ、レイプされた。
    途中から、怖い!痛い!って感覚はなくなって
    ひたすら、憎い!杀殳してやる!ってずっと思ってた。
    最後杀殳されるのかなあって思ってたんだけど
    バラしたらわかってるだろうな?って、足の爪ペンチでひっこぬかれて
    お腹何発かなぐられて、さんざん脅されて、生徒手帳とられて解放された。

    その足で近くの交番行って全部話した。
    デリカのナンバーや車体の特徴や積んである機材や工具のメーカー
    男たちが着てた作業着の胸のとこに刺繍してあった会社の名前
    一人一人の特徴、他、覚えてること全部を細かくした。
    その日は母が迎えにきて帰ったんだけど
    母を心配させたくないし悲しませたくないから気丈にふるまった気がする。

    873 :鬼女日記 2014/09/13(土) 01:57:13 ID:NYa0E84i0.net
    8年も付き合った彼女が親戚に勧められてお見合いをしたこと
    行ったら別れるよ?と何度も忠告したのに結局行った
    俺の8年を返せ

    821 :鬼女日記 2010/04/20(火) 23:58:58 0
    1ヶ月程前に妊娠がわかった28歳の主婦です。
    32歳の旦那と結婚して半年ぐらいになります。旦那には38歳の既婚の姉がいるのですが、この姉が不妊治療をしていて妊娠したのですが流産しました。
    義姉が流産して2ヵ月後ぐらいに私が妊娠しました。
    旦那に報告したときとても喜んでくれました。
    2人で義理実家に行き妊娠の報告をしました。
    姑は困ったような顔になりました・・
    そこで衝撃的な事を言われました;
    「○○ちゃん(義姉)が可哀想だから今回は諦めてもらえないかしら・・」
    え?????どういう意味ですか?と聞いたら責められました。
    「所詮他人だものね。○○ちゃんの気持ちも考えれないのね。貴方は冷たい人間だわ。」とか;;
    何か私もカッとなっていっぱい文句を言って帰ってきました。
    子供が生まれても絶対姑なんかに会わせない!!!!!と憤っています。
    しかし最近旦那にも言われました。
    「姉貴の気持ちを考えると辛い。○○(私)には申し訳ないけどやっぱり今回は諦めたほうがいい」
    大喧嘩(私が一方的に怒鳴ってただけですけど)になり私は荷物をまとめて実家に帰ってきました。
    旦那は何度も実家に謝りにきましたけど会ってません。メールも電話も受信拒否をしています。
    旦那が実家に来たとき父親が少し話をしたようです。父親には子供は産んでほしいと言っていたそうです。

    旦那が反省してるのなら許すべきでしょうか?
    姑は一生許しません。姑とは一生会いません!!
    これから先の事を考えると産まれてくる子供の為にも夫婦でいるべきか。でもこの子をコロそうとした父親なら居ない方がいい。とう考えが頭をクルクルしています。
    考えすぎて眠れないので思い切って書いてみました!

    このページのトップヘ