鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    修羅場

    623 :鬼女日記 2012/07/08(日) 20:19:26 0
    2つ下の弟は酒乱・借金漬け・ギャンブル好きと三拍子揃ったバカ。
    父はドがつく自分勝手人間。
    この二人のコンボが引き起こした修羅場です。

    院生だった私は午後の授業で発表することになっていたので、
    明け方まで準備した後で少し遅めに起きた。

    起床する前からなんだか外がうるさいと思っていたのだが、
    その理由は携帯のメールを見て判明した。
    メールは母からで、父が家族に事前に知らせずに塀の工事を
    今日することに決め、母は業者が来て初めて知ったこと、
    もちろん近所にもなんのご挨拶もしていなかったこと、
    母があわててお詫びに回ったが、もともと関係が良くない
    お隣は玄関に出てこなかったこと、
    等々が書き連ねられていた。
    今日は大学を休んで業者にお茶出ししてほしい
    等とも書いてあった。

    もちろん大学は休めないが、もう工事は終わったみたいで業者さんはいなかった。
    とりあえずメールに返信して、朝食をとることにした。

    そこに弟帰宅。
    弟は激しく酩酊状態。
    いつもは他の家族が居間にいても無視して自室に直行するのに、
    その日はなぜか私が朝食中の居間にドスドス入ってきた。
    いきなり「おい、ふざけんなよ!知らねえよそんなの!」と怒鳴りだす。

    要領を得ない話しぶりだったが、どうやら工事のことで近所の人
    (関係が良くない隣人)に何か言われたらしい。
    さすがに近所の人に恫喝はできず、その腹立ちをたまたまそこにいた私に
    ぶつけたくなったようだ。

    133 :鬼女日記 2017/10/10(火) 20:26:15 0.net
    長文注意です。

    同居の元ウトメ&元バカ旦那にいびられ毎日朝4時にトメの怒声で起こされ家事掃除ウトメ自営の手伝いを日が暮れるまで無給でやらされていた。旦那からの生活費もなかった。
    旦那は働きに出ていたから「俺まで4時に起されたら仕事にならない」と同居して2週間で私の寝室は2畳の物置になった。
    義実家敷地内の工場みたいな場所で食事の用意の時以外ずっと昼間でも暗い豆電球ひとつ、エアコンもない。
    夏はネ果になっても全身あせだくでひどい汗疹になり、冬は土下座して貸してもらった石油ストーブ(灯油をもらう時も頭を下げてお願いしなければ貰えなかった)で1日3人分ほどの作業ノルマをこなした。
    暗い、臭い工事に一人でいるので(ウトメの作業場は別)ウトは私をモグラと呼んでいた。

    食事も味噌汁のカス、運が良ければ漬物と米を1日2回だけだった。
    傍目から見てもガリガリだったと思う。トメの口癖は「こんな鶏ガラ抱く気にならんやろから孫はみれんねぇ!あーあ!ハズレくじひいたじゃ」。
    それを元旦那とウトやほかの親戚の前で言われると毎回恥ずかしくて消えたくなる気持ちだった。

    ある日トメの機嫌の悪い日にお客に出すからなんかお菓子買ってこいと無一文で放り出された。買ってこれず困る姿を見たかったのだろう。

    このいびりはトメのお気に入りでどれだけお金がないんですと言ってもあとから出してやるから早く行け!!と追い出された。それが真冬でも台風の日でも。

    しかしその日は何故かお金も持っていないのに街まで歩こう、と思った。
    出発した時小雨が降っていたがあの工場にいるよりいいやと思った。

    すみません、続きます

    808 :鬼女日記 2012/07/10(火) 10:11:52 O
    「最大」とはちょっと違うけど二度とはないだろう修羅場。

    元女優さんとか、元モデルさんとか、芸能界に居たことがある女忄生の知り合い複数と一緒にランチしてる時、
    ある人が自分の子供に「このお姉ちゃんたちの中で誰が一番キレイ?」と聞いた。
    子供は周りの女忄生をぐるっと見回して「(私)ちゃん!一番キレイだし、可愛いよ!」
    その瞬間の空気…マジで凍りました。怖かった。
    もの凄い勢いで次の話題を出して話を流しました。

    175 :鬼女日記 2016/08/21(日) 01:39:50 .net
    長文ゴメン。
    吐き出させて。

    結婚11年目子供10歳
    普段から習い事過剰気味。
    運動が苦手な子供にサッカー(週4)、水泳(週3と週1の二つ掛け持ち)。、英語(週1)、算盤(週3)、バイオリン(週1)
    更に毎朝6時前に起きて3km走れといってやらせている。

    嫁は先日、その朝のランニングでたまたま歩いているのを目撃し激怒。
    ずーっとサボっていたと脳内変換し、子供の言い分全く聞かず。それどころかそれは朝見張らない俺が悪いとこちらにも飛び火。
    お前のせいで子供がダメになっただの悪いことは全部俺のせい。
    飯なんかやらねぇとかやる気の無いやつは不要だ、出て行けなどと言い放つ。

    以前から子供がちょっとでも間違えたり、習い事の成績が悪いだけで同様の言動と、本当に家を追い出すなどが続いていたがそれがエスカレートしだした。

    眼科検診の結果が悪く目医者へ行った帰りなんか、15kmぐらい離れた場所だったんだが車から降ろし走って帰れと命令したらしい。
    子供は道がわからす2時間ほど行方不明。
    仕事中の俺に電話を見てきて発覚。
    降ろした理由は、目が悪いのはお前(子供)が見えているのに嘘をついているからだ。見えないはずが無い!とか意味不明。

    ここ数日嫁実家に子供は身を寄せていたのだが、嫁は機嫌が直ったらしれっと子供を連れて帰ろうとした。
    義母は、散々世話かけておいて黙ってつてて帰るとか許さない。ちゃんと言うことがあるだろ!と引き留め
    嫁母を挟んでの話し合いをしたんだが、とうとう
    嫁が子供に直接「要らない」とか「もうお前の母親では無い」って言いやがった。
    子供や俺に対するパワ八ラの連続で子供が怯えきっている。

    とりあえず子供連れて、俺の実家に避難中。(嫁母の説得も嫁は全く聞かず)

    今回ばっかしはこちらが頭を下げて戻るという選択肢は無いつもりだ。

    まだ離婚とかまでは考えたく無いが、
    こんなんでも離婚すると親権とられるんかな。

    439 :鬼女日記 2012/07/13(金) 11:40:57 0
    知り合いAの話なんだけど、車で事故ってよその子をひいてしまった。
    事故の相手っていうのが、運の悪いことに子ども達が保育園の頃、A子を叩いたこと責め立てて退園に追い込んだ家の子だったらしく、
    謝罪に行ったら、そこの奥さんが塩を節分みたいにビシビシ投げつけてきたらしい。
    昔AはA子可愛さでどうかしてたらしく、脋迫みたいな事も言っていて、
    今回の事故もわざとだ!と向こうの奥が主張して、本当に警察に話し聞かれて、修羅場らしい。

    464 :鬼女日記 2012/07/13(金) 19:31:39 0
    昔の話。
    一年ほど付き合った彼との結婚話が出た。
    二人で結婚後の詳細を話し合った後、彼実家にご挨拶に伺う。

    彼父「若いうちはいいが、ワシらが年とったら同居してくれな」
    私 「しないですよ。彼が『お互いの両親の老後は金銭面含めて自分で責任を取る、
    お互いに面倒を掛けないこと』って決めましたから」
    彼父「そ、そうなのか!?しかし言い方は悪いが、貴方は息子に養って貰う立場、いわばウチに嫁に入る人だから…」
    私 「養って貰わないから嫁にも入らないですよ。彼が『互いに対等な関係で結婚関係を送る、
    その為に家庭に入れる金額も同額』って決めましたから」
    この時点で『…自分で決めたことぐらい、あらかじめ親に話通しとけよ』とムカつく私。

    彼父「しかし、稼ぎの関係上、貴方は息子の扶養に入るだろうし…」
    私 「でも私の方が稼ぎが多いですよ」
    彼 「そんなことはありえないだろう」
    彼父「そうだよ、息子は仮にも○○(御立派な職業)だし」
    私 「そうですかねえ。彼くんは収入教えてくれないからもしかしてそうなのかもしれないけど、
    でも私、○○の平均年収の倍近くは収入ありますよ。不労収入があるから」
    彼 「ええ!?幾らくらい!?」
    私 「彼くんが私の収入に甘えるといけないから教えない(私が年収尋ねた時に、彼が言った台詞そのまま)」

    実は私、実家が結構大き目の会社やってる上に、元々が資産家の家系で中学生の時から自分名義の土地を持ってた。
    元々は広いだけで二束三文の土地だったんだけど、すぐ近くに大学と専門学校が越してきてくれて、学生向けの月極駐車にしたらウハウハ状態。
    その話を軽~く、場所や収入がバレない程度に話すと彼両親はワタワタし、彼は収入を聞き出そうと一生懸命になった。

    その場は笑って流してお開きに。

    続きます。

    502 :鬼女日記 2012/07/14(土) 06:40:05 0
    自分は高校入る時に母ちゃんに言われたな。
    今家に居る親父は血の繋がりないって。

    当時私16歳、母ちゃんは既に家を出て別居
    下に弟二人居るが私含め置いてった。
    中学入って直ぐ出ていったんだけど。
    週末だけは帰ってたけど出ていかれ
    残された弟を見て脳内修羅場

    当然家事やらされる
    家事が疎かになると真夜中寝てる間に親父に襲撃されるのも修羅場だった

    深夜に酒の付き合いをさせられる為に朝は起きれず学校不登校
    通信簿の出席日数改ざん、親に渡す
    バレないか毎学期修羅場
    その後の話で親父に襲撃されたりとか
    フルぼっこにされたとか色々納得した

    ただ親友何人かと当時の話をしてると
    高校生の時のあんたが修羅場だわと言われる

    729 :鬼女日記 2017/05/08(月) 17:09:25 ID:ylchYRhu.net
    3日程前から旦那が身体がかゆい言い出して見たら至る所が掻いて真っ赤になってた。
    連休中だし旦那の次の休みが日曜日を逃すとしばらく先になるので土日祝でもやってる皮膚科をネットで検索。
    一件あり、口コミも一件しかなかったけどそれなりに良い評価だったので場所と診察開始時間だけ調べて行くことにした。

    当日、患者も多いけど受付の女忄生もやたら多い。見えるだけで5人はいた。
    あと診察室とおぼしき奥の部屋から怒号に近い男忄生の声が聞こえた。
    なんかヤバいと思いつつも受付を済ませると、まずはと言われ何故かいきなり検尿させられてた。
    それから受付の人に待合中に読んでくださいと渡された冊子2冊と紙1枚。
    紙には「この病院ではここで出す漢方や軟膏以外の薬は使わせない。」「継続して受信するなら肌の経過の写真と治療の様子を患者に手記することを義務付ける」「漢方だから保険利かないよ」ってことが書いた同意書。
    冊子はなぜ薬を使わせないのかを専門用語使った説明書だった。
    会計も4万5万とか聞こえてきたので旦那と相談して受診をキャンセルすることにした…。
    出ようとしたら奥から「お前絶対一生治らんからな!!!!」と何回も聞こえてきた…。しかも5歳くらいの子どもに対して言い放ってた…。

    漢方がこんなに高いとは衝撃…なのは自分が無知なのが悪いが、もうなんか全部凄く衝撃的だった。
    余談だが、受付の女忄生たちの対応も結構ひどかったし、あとから評判見てみると凄く評価の別れる先生だった。
    あと旦那の身体はドラ⺍グストアで買った軟膏塗ったら2時間くらいでかゆみも赤みも引きました。

    559 :鬼女日記 2012/07/15(日) 02:16:54 0
    修羅場としては弱かったけど個人的には一番の鮮明な修羅場

    中2の時、夏の期末テストの最終日で昼頃に学校が終わり帰り道でSCの中にある本屋に寄って参考書を購入
    その後に少しだけファッション誌を立ち読みをしてたら通り過ぎ様に癡漢(お尻をむにっ)された
    初めての経験だったのでかなり戸惑ったが後ろを振り返ると明らかに挙動不審の男が通り過ぎようとしていた
    その男の服の袖を掴み「今、お尻触りましたよね?」と言った
    「離せよ、それくらい(ry」
    「お尻触りましたよね?」
    「・・・・」
    「(大声で)お尻触っといて逃げるなんて卑怯だー!」
    その男の服を離さずに大声で助けを求めてワーワー叫んでた

    そしたら店内から若い男忄生(20代半ば)が出てきた
    助けてくれる・・・!と思ったのも束の間、どん底に叩き落とされた
    「やかましいので余所でやってください」
    その隙に手を払いのけて癡漢男は逃げようとしたが、数メートルの所で服を掴み直しまた応戦
    男忄生は店内に戻って行ってしまい、第1の修羅場

    数メートル離れた先はSCの入口だが一番人通りの少ない場所でしかもその店の前が改装中というとてつもなくいびつな場所で10分以上必タヒに耐えていた
    癡漢男が逃げようと「離せよ」と手を払いのけようとしているのに対して
    中学生が服の袖を離さずに応戦しているのに周りの人は奇妙に見えたのだろう
    通りかかった50くらいの女忄生が「ちょっと、大丈夫?」と声をかけてくれた
    「け、警察を・・・!」(←この時も男は逃げようと必タヒだったが服を離さず)
    「どうしたの?何があったの?」
    「癡漢された、この男に」
    「まあ、貴方(女忄生の旦那さん?)!すぐに警備員呼んできて!!!」

    続きます

    646 :鬼女日記 2012/07/15(日) 16:30:00 0
    嘘のような出来事だけど実話。
    私は幼い時に両親が他界し、母の友人である夫婦のところに引き取られた。
    だから姓も変わった。
    話は変わって私が大学に入った時、三つ年上の彼氏ができた。
    私は付き合う時点で自分が養子の事は話してあった。
    でも彼はそんなの気にしないと言ってくれた。
    両親にも「彼ができた」とは伝えてあった。
    付き合って2年。そろそろ結婚前提に付き両親が合うことを両親に伝えたいと彼から話され
    私の両親に彼が挨拶をしに行った時だった。
    恥ずかしながら彼を家に連れて行くことも両親に合わせることもその時が初めて。
    両親は彼の名前を聞いて親の名前を聞いた瞬間顔色を変えて私たち二人を部屋に残すとどこかへ行ってしまった。
    1時間後、両親が連れてきたのは彼のご両親。
    私たちはなんだかわからず不思議に思っていると
    彼の母は実の父の元妻。結局腹違いの兄妹ということを話された。
    ものすごいショックを受けたのを覚えている。

    このページのトップヘ