修羅場

    362 :鬼女日記 2017/04/11(火) 02:05:19 0.net
    心の整理のために書く。もう15年位前の修羅場。

    俺:当時32歳、某資格取立て
    父:某資格による個人事務所経営
    社長:父の取引先
    社長娘:当時31歳、病院勤務。検査技師。

    俺は当時、親父の事務所で働きながら勉強をして念願かなって資格をとったばかりで浮かれていた。
    そのせいもあり、好事魔多しで家庭内は今までのバランスが崩れ、ギクシャクしてしまった。
    具体的には、資格が取れない兄がイラつき、俺とけんかになり、親父が兄の肩を持ったために家庭内は決定的に不和になった。
    そんなある日、親父は俺を呼び出すと、いきなりこう告げた。

    父「社長と○○日の土曜日に飲みにいくんだが、お前を後継者として紹介をする。その日空けておけ。」
    俺「無理です。その日は用事があります。」
    父「キャンセルしろ。」
    俺「無理です。どうしてもと言うなら日にちを変えてください。」

    親父は黙っていたので、俺はそのまま退出した。第一、その社長は兄の担当だ。勝手に会うことはご法度だ。
    次の日、親父は日曜日に変えた旨を伝えてきた。それで兄に話してあるか確認したが明確な返事がなかった。
    仕方ないので、兄にその旨伝えてから会うことにした。気は進まなかったが、これが修羅場の始まりだった。

    当日。約束の場所に10分前に行くと、親父とお袋、社長と奥さん、そして若い女性がいた。
    俺は、社長夫妻に挨拶すると、席につき、会食が始まった。

    社長「では、本日、お見合いを始めたいと・・・」
    正確な言葉は覚えていない。聞いていなかったかもしれない。覚えているのは俺と社長の娘がほぼ同時にカエルが踏みつけられたような声を出したことだ。
    呆然とする俺と娘。勝手に盛り上がる親たち。その日は値段だけは高そうな、味のしない食事をして帰った。

    165 :鬼女日記 2019/12/09(月) 20:00:47
    嫁姑問題です

    嫁が妊娠32週で年末年始に実家に来るのは無理との事なので
    昨日忘年会という感じで実家で食事をしました
    1年ぶりなので自分は普通に楽しく近況報告などしていましたが
    食事の途中で嫁がほとんど料理に手を付けていないのに気がついて
    どうした?と聞いたら
    私の子供なんて産まれなきゃいいんだー!と叫んでテーブルの上の料理を手でなぎ払いました
    もうねグッシャグシャみんな大慌て
    何が何だかわからないまま掃除もせずに家に帰る車の中で事情を聞いてら
    全て妊婦が食べてはいけない料理ばかりだったと……

    自分では今までクリスマスや誕生日に食べていたような料理にしか見えませんでしたが
    母に抗議した方がいいですか?それとも嫁がおかしくなったのですか?

    189 :鬼女日記 2017/04/17(月) 21:46:00 0.net
    独身時代勤めていた会社で、
    同僚女性にス㋣ーカーしてクビになったこと。

    その子のこと、最初は美人で明るくてセンス良くて素敵だな、と好感持ってただけだったが、
    彼女が風邪を引いて、自宅マンションにお見舞いに行って世話したあたりからおかしくなったと思う。
    弱々しい姿で私に頼る姿を見て強い所有欲にかられ、その後つきまとう、似たようなファッション、メイクをするとかだけじゃなく、
    その子の彼氏と寝てみたり、文房具やマグカップを持ち帰ったりエスカレート。
    最終的には会社クビになって実家に強制送還→今の旦那と結婚。

    いやな思いさせて申し訳ないと思う反面、なぜ私を一番に想ってくれなかったの、私のどこが駄目だったの、と言いたい気持ちもある。
    レズとかじゃないんだけどね。

    247 :鬼女日記 2015/05/26(火) 19:06:38 .net
    明日が嫁の誕生日なんだが、帰りが遅くなる為
    ゆっくり祝えないので1日早いが今日いったる

    プレゼントのネックレス購入OK
    お祝いのケーキOK(嫁の好きな店の外回り中に遠出して購入)
    夕食も嫁の好物、準備もOK(今日はサプライズで早く帰ってきた)

    後は嫁の帰宅を待つのみ

    387 :鬼女日記 2011/07/25(月) 22:18:34
    俺は自分で希望してある地方都市の事務所に移動したばかりだった。
    その事務所は30代前半で支店長待遇の俺以外全員現地採用で、
    男が俺を含め6人全員営業職、女が雑務2人であった。

    俺以外の営業職全員が出払っていて、
    もう一人の女事務員が何かの用事で外に行っていたと思う。
    商業高校出て一年目の嫁と俺だけになった。

    嫁「支店長、支店長は離婚してここに転勤希望を出したんですって」
    自分では秘密のつもりだった事がばれているのに戸惑いながら、、
    俺「はは、よく知っているね、別にどこでも良いから離れたかったんだ」
    嫁「奥さんとはどんな理由で?」
    俺「…浮気されてね、まあ、子供も居なかったし、もう過去の事さ」
    嫁「ひょっとして奥さん復縁を望んでませんか?」
    俺「…詳しく知ってるな、誰に聞いたの?」
    嫁は近づいてきて携帯の操作し撮った写真を見せて、
    嫁「この人です、ここ一週間帰りの時刻によく前にいますよ」
    俺絶句

    写っていたのは離婚した相手、背景は事務所の入ったビルの前の道路。
    時間は午後の5時から7時位のようだった。
    俺は自転車だったので正面玄関からは出入りしていないから逢わなかったのだ。

    嫁「昨日、何か用ですか?と聞いたら支店長に逢いたいっていうんですよ」
    俺「…」
    嫁「どうします?」ドヤ顔だった。
    俺「退職したって、いないって言っておいてくれ」
    嫁「はあ、でも一度ちゃんと話し合った方が、、」
    俺「接触禁止って言葉知ってるかなあ?」

    嫁は納得行かないという顔で自分の席に戻っていった。

    776 :鬼女日記 2012/03/13(火) 19:52:48 0
    Aさんが子供を妊娠したときトメが「男の子じゃないから」という理由でAさんを流産させた。
    絶縁してしばらくは静かに暮らしてたんだけど、どうしても許せずAさんがトメとシャベル、シートを車に乗せて山に向かってしまった。
    泣きながら謝るトメにAさんは罵倒しまくった。 山に着いて車を止めた時にA旦那さんから電話。
    「料理作ったから早く帰ってきて(旦那さんは料理できない、しない)」 「○○(A夫妻の息子さん)も手伝ったんだ」
    後ろで息子さんの「僕も手伝ったんだよー!!」「ママに代わってー!」 「パパばっかりズルイー!」という声も聞こえてきて大泣きしながら家に帰った。 (トメは義実家近くで放置)
    家に帰ると二人が出迎えてくれて、テーブルには黄身が潰れた目玉焼きに、すごく甘くて焦げてる形が変な玉子焼き、ぼろぼろになったじゃがいもと硬いにんじんのカレー、ケーキなどがあってAさん大号泣。
    自分が今日やってしまったことを話して三人で泣きながら夕飯を食べたらしい。
    トメはAさんが復讐にくるかもと怯えて暮らし、最後にはボケて施設行きになったそうです。

    380 :鬼女日記 2020/08/24(月) 15:57:11 ID:7qcxF9jn0.net
    去年俺の実家に借金ができて、その時親父も休職中だったから俺が300万全額立て替えたのね
    でも俺自身に独身時代の貯蓄なんかなかったから、嫁に頼み込んで家計から300万出してもらった
    まぁその時はさんざん文句言われた。二人で毎日働いて頑張って貯めたこのお金は私たち夫婦の将来の為に貯めたお金だと。
    結局300万も返ってこないし嫁に悪いことをしたのは十分承知だが、子として親を見放すわけにもいかなかった。
    それからというもの、年間〇百万は貯金にまわす!とか計画的にお金管理をしていた嫁が散財するようになった。
    今まで旅行なんて1泊2,3万の宿に泊まってたのに、1泊10万の宿を予約しようとしたり、
    外食だっていつもはその辺の5千円あれば食べれるチェーン店の焼き肉屋だったのに、数万する高級焼き肉屋に行こうとしたり。
    家電だって、使えたらなんでもいいという嫁だったのに店で一番高い家電を買おうとする。
    あまりにもランクの高い生活をしようとするので、家計大丈夫なの?と聞いた。
    そしたら大丈夫!毎月の貯金額を5分の1に減らしたら結構毎月余裕あるんだ!と言う。
    え?お互いの給料が減ったわけでもないのになんで貯金額減らしたの?と聞くと
    頑張って貯めたお金を他人に使われるくらいなら自分達で使っちゃったほうがよくない?と笑顔で言う。
    また義両親からお金の無心があっても最低限の貯蓄しかしてないから渡せるお金1円もないよとも言われた。

    それを言われた時、去年のことだいぶ根に持ってるんだと思った。
    昔の嫁に戻ってほしいけど一体どうしたらいいのかわからない。

    474 :鬼女日記 2016/06/05(日) 11:31:09 .net
    久しぶりに嫁が出かける、って言うから自分で飯を作ったんだ。
    上機嫌でキッチンで料理をしていたらいきなり嫁が帰ってきた。何でも用事は明日だった、らしい。
    俺が料理をしているのを見て、
    「ここからは私が作るから座ってて!」
    って言ってきた。
    思わず俺は
    「止めてくれ!久しぶりにまともな飯を食いたいんだ!」
    って言っちまった。
    嫁はヒステリックに叫びだし、
    「ちょっと食べさせて!」
    と言って俺の作った飯を食べると、
    「なにこれ!めちゃくちゃまずいじゃん!こんなもの!」
    とか言って俺に皿ごと投げつけてきた。
    「こんなのがまともな料理で私の料理はマズイって言うのね!?味覚障/害の診断を受けにいこう!」
    とか言って聞かねえから義母と義父呼んだんだよ。
    そんで俺の作った料理と嫁が作った料理をどっちも食わせたら、俺の料理を食って義父が、
    「なにこれマズイ……」
    とか言ってるし、
    「それに比べて嫁ちゃんの料理は天下一品ねえ……」
    、と義母も言ってる。
    確かに俺の料理が旨いなどと自惚れるつもりは無いけど、嫁の料理はまちがいなく不味い、そこではじめて気づいた。
    嫁家族は皆味覚障/害のメシマズなんだと。

    ここから先は結構物凄いことになったので、レスがあったら書こうと思います

    40 :鬼女日記 2017/05/02(火) 11:30:33 ID:OgA
    ショックだったこと。無茶苦茶沢山言いたいので長文嫌な人はスルーよろしく。
    夫は次男で、私たちは義実家と同じ市内で住んでいる。
    長男夫婦は新幹線の距離に住んでいるが、定年までには地元に異動願いを出してこちらに戻り
    親と同居して面倒をみるという約束になっていた。
    新婚当初にその話を義父母から聞かされたけど、正直言ってそんな簡単に予定通りに異動できるのかな、とか
    結婚して何年も経ってからの同居って難しいと聞くけどなあ、とか思ってた。
    一応長男夫婦も了承してるらしく、全員が集まった時にたまにそういう話になって
    長男の奥さんもニコニコして「だから私さんは心配しなくていいのよ~」と言われたこともあった。
    そうは言っても事情なんてものはコロコロ変わるものだし、
    何か起こればその時はその時に考えればいいやって能天気に考えていた。
    結婚して20年近く経つけど、その間長男夫婦は毎年年末年始に帰省してくるけどそれだけ。
    私は近くに住んでいれば何かあれば助け合うのは当然だと思ってたから
    義父が怪我をすれば病院の付き添いや送り迎えもしたし(義母は運転できない)
    義母が入院した時には病院と義実家を何度も往復したりもした。
    普段具合が悪いと言えば家事をやりに義実家に通ったりもしたんだよね。
    いい嫁ぶるつもりはないけど、私の母が祖母と仲が良くて同じようにやってたのを見て育ったから
    そういうもんだと思ってた。普通だと。

    このページのトップヘ