修羅場

    403 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/23(土) 16:24:06.19 .net
    まあ厳密にはヒスと違う気がするので違うと思うなら該当スレに誘導してほしい。
    うちの嫁は今までヒスじゃ無かったんだよ。
    でも急にヒスになった。まあ正確に言うと兆候はあったんだが。
    うちの嫁は子供に対してちょっとヒスと言うか極端な子育てしてたんだよ。
    ゲーム禁止、漫画禁止、テレビは一日1時間みたいな。
    でも息子が義務教育時代とか俺の仕事がマックスに忙しかった頃で
    週三回は午前様。逆に嫁は専業主婦なんで全く育児しなかったわけじゃないけど
    どうしても嫁主体になるじゃん。
    だから嫁に「ちょっと厳しすぎるじゃないの?」と言っても
    「あなたは黙ってて!」とキレられるだけ。
    まあ低学年のうちは力で抑えつけらるとしても
    高学年になるとそれは無理でゲームのある子の家に入り浸ったり
    色々トラブルが起こって来たんで
    嫁に言っても聞かないし、結局俺がこっそりゲーム機を買い与え
    見たいテレビは俺が自分の部屋にテレビを引いてこっそり録画してやり
    俺の3万の小遣いのうち3千円をこっそり与えなどで
    凌ぎ、表面上は穏やかな家庭を保てた。表面上はな。
    だが息子の心の中ではグツグツと嫁に対する復讐心が煮えたぎっていたらしい。
    見事高校と大学を卒業して就職した初給料日の日嫁は
    ウキウキしていた。何をプレゼントしてくれるのかしら?と。
    案の定帰ってきた息子は何か大きな荷物を持っていた。
    「それは何?」と聞く嫁に。
    息子
    「これ?新品のps4。あとお父さん今まで育ててくれてありがとう。これ
    新品の仕事用カバン。」と言って部屋に入っていこうとする息子。
    唖然としてる嫁に、息子は
    「は?お前にプレゼントなんか買うわけねーだろ?
    お前には恨みしか無いわ。このまま安穏とした老後があると思うなよ。」と
    言い放った。

    448 :名無しさん@おーぷん
    20代の終わりに付き合ってた男性に、「そろそろ君と結婚したいと思うけど、君の仕事は転勤がある仕事だし、
    君の転勤に付いて行くのも結婚してるのに一人で暮らしたり、1人で子供面倒見たりは出来ないからやっぱり結婚は無理」
    と何度か言われるようになった。
    私は「彼が好きだし、部署変わるか転職すれば彼はプロポーズしてくれる」と思い込み、部署移動の要望を出し、色々上司の不興を買った結果、
    窓際部署に移動になった。

    そのことを彼に伝えたら、「給与減るの?じゃあ結婚は無理だね、君を養うのは嫌だし」と言われ喧嘩した。
    数日後には「別の子を好きになったからもう別れよう」と言われた。
    「そんなのおかしい」と言う私に、「おかしいのは全部お前の頭だ基地外が」と言われた。

    頭が憎悪でいっぱいになって、彼がくれたプレゼントをシュレッダーにかけて袋詰めして彼のマンションの玄関前に置いたり、
    彼の会社のカスタマーセンターに彼を中傷する電話を掛けたりした。
    どうしたら彼を嫌がらせられるかばかり考えて、それで頭がパンパンになってた。

    ある日会社で一度くらいしか話したことない同僚に急にエレベーター内で「ものすごく怖い顔をしてる」と言われた。
    何故だか急に泣きそうになって、お昼休みに一緒に外出して今までのことや今の憎悪を全て話してしまった。
    「その人と楽しい思い出はあるの?」と言われ、「・・・色々あったと思います」と答えたら、
    「じゃあ無理してでも『楽しい思い出たくさんありがとう』って言って別れた方がいいよ。
    その思い出もタヒんでしまうよ、それは君の大事な物なのに」と説得された。

    それ以降は別れた彼への嫌がらせをやめて、彼を思い出す物も処分した。
    二年後その同僚は夫になった。

    結婚後、元カレから一度連絡があり、「マンションに空き巣が入って現金やら金目の物やら洗いざらい盗まれ、
    挙句にベッドの上にウン○されてたんだが、空き巣の犯人はお前じゃないか」と怒鳴られ、
    「知らないよ、別れた後嫌がらせしたのは本当に悪かったけどそれは知らない。だいたい『鍵は変えたから』って自分で言ってたでしょ、
    じゃあ入れないじゃない」と言ったら、「嘘つけピッキングで入ったんだろ、今すぐ○百万円弁償しろ振り込め」と言われ、怖くて警察に相談した。

    その空き巣被害は、彼の住んでる地域で頻発してるのと手口がよく似てる(残しウン○とか)犯行だと警察の人は言ってたんだけど、
    私の過去の陰湿な嫌がらせが堪えたのか、それとも意外に良心や罪悪感があったのか、会社でペン一本無くなっても、廊下で滑って転んでも「絶対元カノの嫌がらせだ」と言っては、
    周囲をドン引きさせてると、共通の知人から聞いた。

    399 :名無しさん@おーぷん
    障害のある人に関する話なので、苦手な人はスルーしてください。

    子供の頃の話だが、学校に「仲良し学級」という知的障害児用のクラスがあり、普通のクラスの人は定期的に交流をする決まりがあった。
    私は何故かその中の1人(男の子)に気に入られ、先生から「仲良くしてあげて」と言われたのもあって、放課後一緒に遊んだりもしていた。
    で、ある日突然その子に襲われた。男の子は子供力士レベルの巨躯で、私はチビ。上から覆い被さられたときの衝撃は20年経った今でも忘れない。
    顔中キスされた程度で無事に逃げられたのは、奇跡だと未だに思ってる。

    で、私も母親になった現在。
    義弟が知的障害者もいる介護職に務めてるんだけど、それを「立派だ」と褒め称える実父が「孫(私の娘)も将来は介護職に就いて人助けしような」と言い出して、とっさに「絶対嫌」と言ってしまい、実妹と大喧嘩になってるのが現在の修羅場。

    義弟がいる前で拒否ったのは悪かったし謝ったけど、嫌なものは嫌だよ……。

    12 :名無しさん
    いまいち気団でいい板がなかったので、調べてここに来た。
    スレ違いならごめん。2回とも相手の浮気で離婚した話し。

    1回目は、高校からつきあった同級生のAと22歳で結婚した。
    大学卒業して県外に行く俺についてきてほしくて、卒業と同時に結婚。
    知らない土地で専業主婦になったAは、暇だったんだろうね。
    仕事が忙しくて、ほとんど休日もなく家に帰れない俺とは喧嘩が多くなって、
    最終的には、通っていたジムの人と浮気して、離婚された。
    結婚2年半で終了だった。

    その後は仕事に打ち込もうと全国に色々転勤しまくってBと出会った。
    Aとは違うタイプで、事務員として事業所の経理全部取り仕切るような、
    しっかりした年上の女性だった。俺が26歳、相手30歳ぐらいの差。
    Aのことを愚痴った時に慰められて、好きになって、俺からアプローチして
    結婚した。1年目で子どもができて、Bが仕事やめて、電車で1時間ぐらいの
    B実家で出産、その後も俺が帰れない日は実家に頻繁に帰るようになった。
    Bの実家の方が、俺の住むところよりも都会だから、疑問ももってなかった。
    しかし、Bが地元の幼馴染(元カレ)と浮気していることが俺にばれた。。
    しかもばれ方が、子どもが幼稚園で書いた「おとうさん」の絵が、俺じゃなかったの。
    子どもの通っていた幼稚園が、卒園記念で、子どものかいた絵をよかれと思って
    アルバムの表紙にして、記念品みたいな感じで郵送で送ってきたんだけど、
    その時、運悪くBも子どもも出かけていて、休日、家で寝ていた俺が受取っちゃったんだよね。
    「おとうさん」って書かれてる人、メガネかけてたし色も黒いの。偶然見つけて泣いた。
    さらに「おとうさん、いつも遊んでくれてありがとう」みたいな手紙がそえられてて、
    そこに書かれてたのも、俺宛じゃなかった。
    俺、ボール遊びなんて本当にしたことなかったしな。子どもと。
    Aと違っていたのは、Bはもう慰謝料を自分で用意して、職も見つけて、
    子どもが小学校あがるタイミングで、って別れようと準備してたこと。
    恥ずかしながら、全然気付けなかった。
    子どもも俺より向こうになついてるらしく、あっさりしていて、
    ぽけっとしてる間に全部終わった。2週間で離婚届に印鑑押して、
    「○○と××は私がお金だしたからもらっていく、これは置いていく」
    みたいなことを1時間ぐらい二人で確認して、仕事から帰ったら終わってたよ。
    でも、Bも俺も考えてなかったのは、俺達が職場結婚で、Bが職場退職するまで、
    上司にも部下にも同僚にも慕われてたってことだった。
    Bと離婚して慰謝料もらった俺は、「Bを寂しくさせた上、金をまきあげた」
    みたいに言われるようになった。仕事でほとんど休みとれないぐらい働いてたのにな。
    分かってくれる人もいたけど、ひそひそと「人でなし」みたいに言われる感じで
    いづらくなって転職した。

    なんか具体的に書こうとするけどできないな。
    悪口書いてすっきりしようと思ったのに、なんか書けないし。
    なんであんなブラックな会社で、嫁2人と子ども1人失ったのかなとか、
    考えるだけで鬱になってた時期が一番修羅場なのかもしれん。

    とりあえずようやく3人目の嫁に対して嫁好きスレとか子どもかわいいスレ
    とか見てニヤニヤしてる自分に気づいて、書きたくなったので自戒もこめて書きこむ。

    18 :名無しさん@おーぷん
    先に前提。
    私の名字は、「古谷」と書いて「ふるや」と読む感じなんだけど、結婚してからずっと「ふるたに」とか「こたに」とか読み間違えられてた。
    そして、私の旦那の名前は、十中八九女性と間違われる名前。「あゆみ」みたいな。
    ここまで前提。

    出産が帝王切開で、しかもかなり出血してしまい、しばらく絶対安静だった。
    ようやく赤ちゃんを見に行けるようになっても、看護師さんに車椅子押してもらって行く感じ。
    なので、コットから赤ちゃんを看護師さんに連れて来てもらったんだけど、そのときに
    「はーい、こたにさん、可愛いお子さんですよ!」って言われた。
    呼び間違い、旦那は毎回訂正するんだけど、私は面倒なので、いつもスルー。今回これが裏目に出た。
    赤ちゃん渡されて、名前確認してください、って言われて足のタグを見たら、
    「こたに あゆみベビー」って書かれてた。
    今ならすぐに間違いに気付くんだけど、貧血酷くてフラフラしててぼーっとしてて、
    「学校の保護者欄みたいなもんで、男親の名前書くんだなー」くらいに思ってしまった。


    幸い授乳する前に本物の「こたにあゆみ」さんがいらして取り間違いに気付いたけど、本当にあのときは申し訳なかった。
    抱っこしたら普通母性的なもので気づくもんだと思うけど、私は全く気付かなかった。


    それからは何があっても名前の読み間違えは訂正してる。
    私の、というより病院と本物の「こたにあゆみ」さんの修羅場。

    741 :名無しさん@おーぷん
    すごい今更な愚痴なんだけど長年つっかえてたことを吐き出させてほしい

    今から数年前、自分が大学生だった時の話
    元々目標もなく何となく入った大学だったから自分が悪いことが前提だけど人生で一番悲惨な状態だった
    当時家庭内に問題(親が借金してた)を抱え、私生活でも幼馴染と絶交するトラブルがあった
    それに加え大学生活も最悪なもので最初はわからなかったが同級生にいじめられていることに気付き
    教授にまで何故か目をつけられるようになった

    同級生は基本的に「○○日空いてる?遊ぼー」と言われ当日ドタキャン、これを何回も数人から繰り返される
    自分の意見(と言っても○○好きなんだ程度)を否定され、変だと言われる、見た目を馬鹿にされる
    それでも自分は全く気にせずみんなノリ悪いなーくらいにしか思ってなかった
    いじめだと気付いたのは1年の秋になってから
    うちの大学のゼミは3年からなんだけど希望があれば1年からでも入れる
    それを友達(と思ってた人達)は夏休み明けに自分抜きで入っていて以降ゼミがあるからと誘いを全部断られるようになった
    そこで初めて「あ、自分嫌われてたんだ」と気付いた
    その時点でそいつらからは離れたんだけど離れた途端すり寄ってきたから結局何がしたかったのか不明

    教授に目をつけられたのは自分が貧乏学生でGWにバイトをしていたから
    ぶっちゃけ芸術大学だったんだが教授は少しでも時間があれば芸術に触れていろが口癖だった
    GW明けの授業で休みの間どんな芸術に触れたか言えとたまたま自分が当てられた
    休みの間はバイトしかしてなかったので馬鹿正直にそう答えると仰々しく溜息をつかれて「君は何のためにここに来たんだ?」と言われた
    まあこれに関しては本当その通りで自分が悪いんだけど多分これがきっかけでその教授からは目をつけられたんだと思う
    以降、その授業で名指しで当てられるも「あ、君は答えられないよねww」みたいなことをされた

    1年で既にボロボロでネットでずっと自さつの方法について調べまくっていた、2年に上がる頃にはほとんど笑うことはなくなったと思う
    授業中意味もなく涙が流れたり通学中大学が近づくにつれて気持ち悪くなったりしていた
    そんな中英語のテストがあった
    テスト内容は教授と英会話するというシンプルなもので、教室の前の方をパーテーションで区切りそこでテスト、教室の後方で順番待ちという形だった
    テストが終わった学生は前の扉から出て行くので終わるたびに教授が次の学生を呼んでいた
    順番はバラバラだったけど暗黙の了解で教室に来た順だった
    自分は最後の方に入ってきたから前の学生達が終わるまで待っていたんだが、気付くと何の音もしない
    そっとパーテーションの中を見ると誰もおらずテストは終わっていた
    教授は自分のことに気付かず全員回ったと思ったらしい
    学生課に行くなり教授に掛け合うなりすればテストは受けれたとは思うが、ギリギリ繋がっていた最後の糸がぷつんと切れた気分だった
    このことがきっかけで大学を辞めれた
    もしテストを受けれていたら大学は辞めなかったし本気で自さつしてたと思う

    大学を辞めてその後やっと自分のやりたいことを見つけて専門学校に通うようになってからやっと大学生活がおかしいものだと気付いた
    今ではそんなことで自さつとかアホらしいと笑えるが、当時は逃げ場がなく何より何で気持ちが落ち込むのか原因がわからず地獄だった
    予断だが数年後手相を見てもらった時に「あなた20歳の時すごいことになってなかった?よく自さつしなかったわね……」と言われたw

    86 :名無しさん@おーぷん
    因果応報というか後味がわるいというか

    実家の近所の家、私の同級生Aの親だったが、両親ともちょっと変わった人だった。
    A家は生活は貧しくはなかったらしいけど、子供には絶対お金をかけないというやつ。
    自分はブランド物を着ているけど、子供には汚い格好をさせて平気だし、注意されても
    Aの両親そろって、「どうして子供にお金をかけるの?」って感じで話にならないらしい。
    進学費用は出していたから虐待まではいかなかったけど、近所の噂にはなっていた

    自分の同級生であるAやその兄弟は高校や大学卒業後はとっとと親を見切ってほとんど姿を見ない。
    みんな高校のときぐらいからバイトして身だしなみを整えたりはしていた。

    場所はフェイクだけど、実家のある場所が山陰だとして、子供達は東京や大阪にいて、めったに帰ってこない。
    近所の人によれば近隣の観光地でAやその家族に会った人もいる。実家近くの観光地にやってきたけど、
    実家には何も知らせてないし、立ち寄るつもりもないらしい。

    なにせAの両親は子供が小さいときからでろくに子供達を遊びに連れて行くということもなかった。
    2chでいうところの放置子みたいな感じで子供をろくにかまわなかったし。
    子供達は実家近くの観光地も大人になって家族をもって初めて来たと言っていた。

    やがてA家ではA父が亡くなった。亡くなる前から子供達に連絡をしたけど、誰も戻ってもこず、
    葬式になってやっと子供達が配偶者も連れずに戻ってきたんだって。、私の実家は近所付き合いの一環で、
    葬儀にも出たし、そこでAやA兄弟にもあった。みんなそれなりに落ち着いた生活をしているっぽかった。

    で、葬儀が終わると、子供達はすぐに姿が見えなくなった。それが数年前。

    すいません。長くなった。続きます

    78 :名無しさん@おーぷん
    母がタヒんだ
    これでふた親とも居なくなった
    葬儀では兄がお飾りの喪主になった
    葬儀屋にいいように搾取されている兄に助言をしても、
    「女が横から口挟むな」で終了
    兄は作法も何も知らず恥ずかしい思いをしたがそれも最後
    相続については全部放棄するからと伝えると、兄は嬉しさを噛み杀殳しながら
    「いや、そんな訳にもいけん。あのXX(ガラクタ)とか○○(土地。金にならん。税金かかるだけ)とか…」
    「兄さんがお母さんを最期まで見たんだし、私は受け取るべきじゃないから」
    と固辞したら、「む、それもそうか」とご満悦
    兄はなーんもしてないんだから、「見た」だけだけどね
    丸投げされた介護に必要なことはちゃんとしたし、好きな食べ物もなるべく良い物を買ってきてあげた
    本当は旅行とかに連れて行ってあげたかったけれど、兄にめちゃくちゃにされるから断念した
    でも、それなりに使えたから遺された貯金はわずかだけど、知らないんだろうね
    まあ借金はないから、そんなにひどい状況じゃなかったよ
    もう母が長くないことは分かってたから、私はあい間に着々と引っ越し準備
    あとはとりあえず見つけた住み込みの仕事先まで、バッグひとつで逃げるだけ
    ぱっと見は分からないように、色んな物(ノートとか筆記用具とか衣類とか)が残ってるように見えるけど、全部要らない物だよ
    ニートで一度も仕事に就かず、もう40になった兄
    父親と一緒に私の婚約を2度までも壊した兄
    兄を甘やかした父親がタヒんだら畑切り売りして遊んだ兄
    そんな兄を甘やかしはしないまでも止めずに言われるままに土地を売り、お金を渡した母
    私も母と一緒で、兄に寄生されても家にお金を入れてたから同罪
    私に責める資格なんかないよ
    でも兄と一緒に落ちるつもりもない
    兄は私にこれからも面倒を見てもらえると思ってるけど、父親はともかく母は好きだったからここに居たんだよ
    母が居なくなったら一緒に住むわけない
    安定した仕事を見つけるのは厳しいかも知れないけど、ここで吸われるよりマシだろうし
    捜索されたら困るから、でもすぐにばれるのも困るから、
    「ちょっと友人の家に行ってくる。遠いのでもしかしたら泊まるかもしれない」
    と言って、ご飯の用意をして、こっそり机の中に「遠くへ行くのでさがさないで下さい」と書いた手紙を入れた
    捨てられたらと思い、電話機の下にも同じものを差し込んだ
    実際は父親と兄にいろいろされて、友人らしい友人なんてもういなかったけどね

    このページのトップヘ