修羅場

    279 :鬼女日記 2015/07/27(月) 13:07:37 ID:KWc
    専業になる前に勤めていた会社にA男という40代の前半の男がいた。
    A男はなんというか、渋くて仲村トオルのような雰囲気がある人なんだけど、業務関係以外の会話はしないし常に仏頂面。
    それにその会社は女性のパートさんが過半数を占めるようなところなので、給料はそんなに高くない。
    A男は顔とスタイルは良いが、給料と近寄りがたい雰囲気のせいで、いまだに独身なのかもと噂されていた。
    そんなある日、20代中盤の女の子(B子)が新しく入ってきた。髪も染めず化粧も薄かったがかなり可愛かった。年齢より幼く見える。性格も明るくて気遣いができる子なので、社員みんなから可愛がられてた。
    私もB子が大好きで、10程年齢が違ったけどよく一緒に遊びに行く仲に。本当に良い子だった。
    そんなB子がA男を好きになった。もうゾッコンで、どんなに煙たがられても好き好きアピール。
    社員のみんなは、いったい何が良くてA男を・・・と思っていたらしい。
    A男は若い子に好かれてデレデレになるどころか、B子の扱いに困っていて、ついに「君と俺では年齢差がありすぎるし、男として甲斐性もない。君みたいな可愛い子ならもっと良い男がいる」と振った。

    768 :鬼女日記 2015/11/19(木) 23:18:03 ID:nkT
    会社の女上司となんどか食事に行ったり遊びに行っていて、
    ディズニーランドでプロポーズされた
    それまで友達感覚で付き合っていたし彼女がいたんで丁寧に断ると落ち込んではいたがトラブルもなく諦めてくれた
    それからは食事に行く回数は減ったけど普段と変わりなく仕事をしてたから立ち直ったんだなと思ってたら半年ほど立って事件発生
    取引先から発注してたものが届かないというクレームが入った
    現場が対応したり確認しているとそして女上司が一言
    「ヒャッハハハハ!これでお前たちは終わりだー!」
    そう言いながら窓を開けで飛び出していった
    呆然とするしかなかった
    幸い命は助かったようだが完全にイカれてて会社をクビにされてしまう
    よくよく調べてみると、女上司が俺たちすべての仕事を無かったことにしてた
    発注はして無かったことになったりもう滅茶苦茶
    用意するのに数ヶ月かかるシナモノも発注してないことになっていたので1、2年先まで影響が出ることがわかった
    取引先からは激怒の抗議、俺達はひたすら頭を下げに回った
    女上司のプロポーズについては黙っていたので言及されなかったが、中が良かったことは知れ渡ってたので会社の調査で何度も聞かれた
    が上司の名誉のためにもプロポーズされたことは黙っていた
    結局取引先は2社潰れ、10社近くが買収されたり吸収されたりする大惨事になった
    当然うちも解散に
    あれ以来女というものが怖くて仕方ないが、唯一信頼できる付き合っていた彼女と結婚できたことが救いであった

    512 :鬼女日記 2016/02/28(日) 15:50:06 ID:UtC
    かれこれ3年ぐらい前の話かな。弟の結婚式で会って以来だった弟の奥さんから相談を受けた
    相談の内容は簡単にまとめると弟によるモラハラと軽い暴力
    奥さんは弟と結婚した後に我々の実家の近くに引っ越してきた人。この辺に友人がいなくて頼れる人がいないから実家の近辺に住んでいた私に相談したらしい
    「お義母さんの受けてきた嫁イビりを(弟)から聞かされていました。この人なら痛みが分かるから大丈夫だろうと思ってたんですが…」
    みたいなこと言われた

    56 :鬼女日記 2016/10/01(土) 21:30:55 ID:w82wWPRU.net
    勝手に書き捨て
    数年前の話
    登場人物は私、幼馴染み、キチ女
    全員同い年

    簡単に言うと幼馴染みがキチ女に刺された
    理由は幼馴染みがキチ女より胸が大きいから
    まあ確かに巨の部類に入るレベルで大きい
    で、幼馴染み病院送り。一命は取り留める
    警察ざたになりかけたが、キチ女の親がテンプレのお偉いさんで警察沙汰は困るってことで、慰謝料治療費その他諸々あわせて7桁近い示談金が支払われて終了
    キチは檻付きの病院に入れられた
    警察沙汰は困るのに身内が檻付き病院行くのはいいのか?とは思ったけど幼馴染みがもう関わり持たなくていいならそれでいいと言ったため特に何も聞かなかった
    相手のお家事情に興味もなかったし

    昨日の夜出張先の夜道で病院から脱走してきたらしい病院着きたじいさんと全力追いかけっこして認識した修羅場
    自分の危機より幼馴染みが刺された時の方がよっぽど背筋凍ってたんだなと思って投下
    自分でもネタくさい理由だと思ったので判定はお好きにどうぞ

    242 :鬼女日記 2016/08/04(木) 22:13:55 ID:gIs
    俺は高校時代に秋田犬を飼っていた
    名前はヤタロウといった
    少々ヤンチャでよく吠えるが、その分人懐っこくて夜寝る時なんかは
    家にいるとたまに俺の布団に潜りこもうとするかわいいヤツだった

    当時の俺はイタズラ好きで、散歩中にワザと軽くヤタロウを人にけしかける事があった
    ヤタロウの方も犬嫌いな人間がわかる様で、噛むか噛まないかギリギリのところまでリードを伸ばし
    キャンキャン吠えさせると、相手によっては怯えたりワザと気にしてないように強がったり
    大の男が本気でビビって悲鳴を上げたり、といった反応が面白くてやっていた

    そんなある日の事、夜散歩していた時、仕事帰りの大人しそうなサラリーマンが通りかかった
    俺が連れている犬を見て一瞬だがキョドったのを俺とヤタロウは見逃さなかった
    少しリードを緩めてヤタロウをサラリーマンの方にけしかけた
    ヤタロウは犬嫌いな人間が嫌いなので当然吠えまくる
    ただでさえビビりかけていたサラリーマンは「ひゃっ!」と悲鳴を上げてビビリまくっていた

    そこで俺が「すみませ~ん、ウチの犬が…」と半笑いで謝って終わる話、だったのだが
    突然サラリーマンがヤタロウの脇腹を蹴り上げた
    短い悲鳴を上げて吹き飛ばされ、そのままピクピクと痙攣するヤタロウ

    「ヤタロウ!しっかりしろー!!」
    サラリーマンを思わず全力で蹴り飛ばした後、すぐさま俺はヤタロウにかけよって抱きかかえた
    痙攣しながらひゅーひゅーと苦しそうに息と血を吐くヤタロウは明らかに尋常じゃない様子だった

    すぐさま家に戻って家族と一緒に病院に向かった
    その時俺の頭にはサラリーマンの事がすっかり頭から飛んでいた…

    130 :鬼女日記 2014/06/19(木) 11:58:31 0.net
    私はずっと共働きで、それを義兄嫁にpgrされていた
    上の子(現在高校生)が同じ学年で、
    小さい頃は義兄子が出来てうちの子ができない事があると
    「これだから共働きの子は・・・」
    うちの子が少しでも出来ることがあると「外注してるんだから親の力じゃない」
    といちいち突っかかってきた
    最近義兄嫁が仕事に出るようになって、末の小3の甥の留守番が心配らしい
    去年親の介護のために仕事を辞めた私に協力を求めてきた
    「育児は外注だったのでやり方は分かりません」
    ときっぱり断った
    つーか、週4で実家に通ってるんだから無理
    義兄嫁は私に意地悪されたと義兄に言って相当叱られたらしいバーカバーカ

    449 :鬼女日記 2015/11/06(金) 05:17:12 ID:THf
    周辺を田んぼに囲まれた田舎道で、夜になると街灯以外真っ暗という場所。
    そこを冬の夕方に歩いていたら、後ろから自転車でぶつかられ、倒れたところに
    「ずっと好きだったの!」と見知らぬ女性に覆いかぶさられた。

    運よくそのタイミングで通りかかった車に発見されて未遂で済んだけど、
    自転車が当たったところや道路にぶつかったところがかなりひどい打撲になってて、
    制服も泥だらけだったし、見た目は相当悲惨だったと思う。
    警察で両親と対面した時、かえって私が焦るくらい泣かれてしまった。

    後日、その女性が、同級生の母親だったと知った時が次なる修羅場だった。
    両親が話しているのを漏れ聞いたところによると、同級生母は妄想の出る心の病を
    発症していたそうで(家族は誰も気づいてなかった)
    体育祭で見かけた私を「前世からの恋人」だと思い込んで、機会を狙っていたらしい。

    私の通っていた高校は、しばらく前にいくつかの高校を統廃合してできた学校だったから
    田舎だけどそれなりに生徒数が多かった。
    その分、学区も広かったから、同級生でもよく知らない子がたくさんいたし、
    その親なんて当然顔も知らない人がほとんどだった。
    だから、その犯人が同級生母だと知らされたときも、まずその同級生というのが
    私と面識がないもので、なんだかぴんと来なかった。

    事件後、一度だけ同級生一家がそろって謝罪しに来たが、だからといって
    「病気ならしかたないね。許してあげるよ」なんて言えるほど大人にはなれなかった。
    結局、慰謝料だのなんだのは全部親任せになってしまい、同級生は事件後いっさい学校に
    来ないまま、しばらくして引越してしまった。

    その事件はもう10年以上前の話で、私は結婚して夫と実家で暮らしているが
    昨日、その同級生から「母が寛解した」と電話が来た。
    なんで今さら電話してくるの・・・と意味がわからなかった。
    好意的にとらえれば「だから安心してくださいね」という意味の電話だったと思うんだが
    なんと答えてよかったのかわからなかったよ。

    486 :鬼女日記 2013/05/30(木) 13:59:40 ID:sasMb1XC
    小3の時の修羅場。今思い出してもなんか納得いかないので投下してみる。

    小3の夏に引っ越し&転校。
    その年度の3月に縦割り班で徒党を組んで遠足に行った。
    午前中は班で遊び、お昼以降は自由時間だったので、一人で弁当を食べ、昼寝していた。
    目が覚めると夕方、もう既に薄暗くなり始めていた。勿論、先生も同級生も班の人も誰もいなかった。
    遠足地は学校からも自宅からもそれなりに遠く、初めて来たところだから帰り道もわからない。
    どうすればいいかわからず、そぞろ歩いてなんとかこども100当番の家を発見。
    道を聞いて家に帰った(勿論一人で)

    家に帰りついた頃には真っ暗で、両親(共働き)にしこたま叱られた。
    仕事から帰っても家に私がいなくて、心配して学校に電話したら「遠足が終わった後まっすぐ家に帰ったはず」と言われて心当たりを探しまくってくれたらしい。
    安心したのと忙しい両親を困らせたのとで号泣した。

    次の日、学校で全校集会が開かれて
    「昨日、遠足の後に家に帰らないで遊びにいってみんなに迷惑をかけた子がいます。3年○組(私フルネーム)さん!前に来てみんなに謝りなさい!」
    とやられた。
    クラスでも全員に土下座させられ、縦割り班では上級生たちに無視されるようになった。

    遠足で忘れて帰られただけでも辛かったのに、ことあるごとに先生たちに「お前は遠足で(ry」と言われ続けたのが修羅場。

    316 :鬼女日記 2012/07/27(金) 23:35:38 ID:3DHJqkJX0
    結婚直前だったのにもかかわらず彼が浮気。別れをきりだされる。
    婚約破棄する前に彼が事故タヒ。
    私は悲劇のヒロイン扱いされ、相手の女性が騒ぎ出す。
    でも私は泣くだけで彼と彼女の関係は一切認めなかった。

    434 :鬼女日記 2016/01/25(月) 00:26:50 ID:dGE
    子供あんまり好きじゃないし産みたいとも思ってなかったけど
    夫がどうしても子供ほしいって言うから作った
    そしたら双子だった

    両親も義両親も頼れないので夫と二人で育てるしかないのに
    夫は部署が変わってから帰宅が毎日日付が変わってからで全く当てにならない

    夫に育児の愚痴をこぼすと、でも働かないで家にいられるんだからその分楽じゃんって言われた

    だったら私が働くからあんたが育てればいいじゃんと思う
    育児より仕事のほうがずっと楽だしもう早く働きたくてしょうがない

    なんで子供欲しがってた夫が育児にノータッチでいらなかった私が100%育児してんの
    何だかはしご外された気分で絶望しかないよ

    848 :鬼女日記 2013/03/03(日) 20:08:31 ID:yPoCRQiq
    小さいころ飼っていたウサギが明らかに病気だろうという感じになってて
    私が抱き上げて車に乗せて母と病院行こうとした瞬間「キュー」みたいな感じに鳴いてタヒんじゃった
    母はネットとかやらないし動物の知識もないから「○○の腕の中でタヒぬことができて幸せだね、タヒぬ場所を選んだんだね」って言って泣きながら私を慰めてくれた
    私もその時は知識持っていなかったから手遅れでタヒんだんだと思って泣きまくった

    成長してウサギのこと調べてたら仰向けに抱っこするのはダメと書いてあった
    当時の私の抱き方はお尻を支えて仰向けに抱っこする奴
    未だに母が思い出したように同じこと言ってくれるから「私がとどめ刺した」なんて言えない

    285 :鬼女日記 2016/12/29(木) 20:04:41 0.net
    中国人医師に手術されたこと
    ちなみに日本での話ね

    ひどい腹痛で総合病院に行ったら、消化器内科で
    「虫垂炎だね。手術になると思うから外科の診察を受けて」と言われた

    ただ、外科医が皆手術中とのことで、点滴しながら待つことに
    飲食禁止で腹痛に耐えること5時間、やっと手が空いた外科医が見つかった!
    と言われほっとしたんだけど、ナースたちがすごく気まずそう

    何でも、先生が中国人で来日1週間だから日本語が上手くなくて・・・
    何言ってるか分からないかもしれないんだけどいい?とのこと
    えー・・・不安だなぁと思ったけど、もう痛くて待てないので承諾した

    診察室に入ると、
    医師「ヒサシブリネ!チン(仮名)だヨ!!」
    私「よろしくお願いします(久しぶりじゃねーよ初対面だよ!)」
    医師「写真見たヨ、ココ腫れてるネ!手術ヨ!わかる?」
    私「はい」
    医師「25歳ネ!結婚した?」
    私「まだです」
    医師「なんで!?なんで結婚しない!?」
    私「出会いがないんです(こっちが聞きたいよ!)」
    医師「とにかくネ、赤ちゃんできたとき困るヨ!だから先に手術ネ!OK?」
    私「はい」

    ということで、手術することに。

    421 :鬼女日記 2016/08/03(水) 05:36:20 0.net
    もうずっと忘れて生きて来たのに
    栃木のキャンプ場孤立のニュース見て思い出した修羅場

    俺が小4、妹が小2だった夏休み
    父親は仕事柄、半年とかの単身赴任や出張が多くて、その時も1週間の出張だった
    大雨が降って、土砂崩れが起きてあるキャンプ場が孤立して
    ヘリが必要な物資を投下しているニュース映像が流れた
    俺と妹は、夏休みの午前中にやるアニメの再放送を見ていたが
    CMの間に、ザッピングしていてそのニュースを見てしまった
    キャンパーの中に父親がいた
    俺はなんとなく察するところがあって、とっさにチャンネルを変えようとしたが
    妹が母親に「ママー、パパだよ!!パパが大変だよ!!」と声をかけてしまった
    同じ部屋で本を読んでいた母親が、映像を見て顔をこわばらせた

    父親は同じ会社の独身女子社員と不倫旅行中に災害に遭っていた
    夏休みが終わっても父親は帰ってこなかった
    学校の皆は、うちの母親の顔は知っていても父親の顔は知らなかったので
    誰も父親の事には気が付かなかった
    二学期の終わりに、母親の名字になって母と妹と三人で母の実家に引っ越した
    両親の間でどういう話し合いがあったのか知らない、父親が再婚したかどうかも知らないが
    俺たちの大学までの学費は援助していてくれたみたいだったので、就職した時に礼状だけ出した

    後で知ったけど、父親は出張が多かったわけでは無く
    不倫してはプチ別居を繰り返していたクズだった

    大人になってからは父親の存在自体思い出す事が無くなってたけど
    子供が学校から持って帰って来たヘチマの鉢と、キャンプの映像を見てたら記憶が蘇った
    離婚直後より数年後、妹が事情を理解して自分を責めて病んだ時が修羅場だった

    890 :鬼女日記 2015/10/11(日) 23:22:48 ID:I4Y
    とある民事の賠償金を毎月少しずつ返してるんだけど、返済相手から毎月返す額を増やせとの連絡が来て火の車&修羅場
    賠償するにあたって離婚し、俺の財産といえるものは通勤用の車くらいしかなくこれ以上払えないってのにこちらの事情はガン無視
    今は元妻と同居して生活が成り立ってるカツカツ状態
    こちとら誠意を見せて返済してるってのに…
    というのを力説してなんとか現状維持に成功したけど、この先が不安だ…

    468 :鬼女日記 2017/08/25(金) 13:02:38 ID:RmSwVasb0.net
    不動産屋時代の話

    家を売りたいという話が来たので、査定がてら訪問にいった。
    玄関先にゴミが置いてあったり、庭木が好き放題になっていたりして
    一見して、手の入ってない荒れた家だった。
    呼び鈴を押すと、庭先から6才くらいの女の子が覗き込み、俺と目があうと急いで逃げ出した。
    中に入ると、外と同じようにあちこちにゴミや服が散乱していて、さらにキッチンには酒瓶がゴロゴロ転がっていたが
    そんな中で、出窓に置いてある真っ赤なランドセルと黄色い帽子だけやけに浮いていた。
    家の所有者の男性は30代後半くらいで酒臭く、風呂にも入っていないのか酷いにおいで
    話を聞いていると、どうも嫁さんに逃げられたらしく、嫁への愚痴が大半だった。
    了解をとり、各部屋を見るため二階の階段をあがろうとすると、2階からさっきの女の子が覗き込んで
    「パパ、大丈夫だった?」と聞いた。
    何が大丈夫なのかはわからなかったが、とりあえず「大丈夫だよ」と答えた。
    すると安心したように「よかった。パパ元気なかったから、心配だったの」とにっこり笑った。
    「お部屋見せてくれる?」と聞くと大きく頷いて、そのまま廊下をパタパタと走っていき、部屋に入った音がした。
    自分も二階にあがり、女の子が入った部屋をあけると、そこは他の部屋とは違い、
    いかにも「女の子の部屋」でゴミ一つなくきれいだった。
    あんな父親でも子供の部屋だけは汚さないんだな、と妙に感心した。
    その部屋ともう一つ繋がった部屋があり、そちらにはもっと小さな子供のものがおいてあった。
    あの父親が子供二人の世話してるのか?と不思議に思い女の子に話を聞こうとしたが
    さっきの女の子はその部屋から別の部屋へいったのか、姿が見えなかった。
    一通り見て、二階に戻りご主人と再度話をした。
    その時にふと「子どもさんは二人ですか?」と聞くと
    「ああ。下は嫁が連れて帰ったんです。上のは位牌を持っていかれたので、アレが位牌がわりです」と
    出窓に置いてあるランドセルを指差した。

    その後少し話を聞いたんだが、小学校にあがる直前に娘さんが事故で亡くなり
    奥さんは精神を病んで下の子ごと実家に戻り、
    旦那は酒びたりになったらしい。
    女の子はそんな父親が心配で成仏できないんじゃないか、と思った。

    486 :鬼女日記 2013/05/30(木) 13:59:40 ID:sasMb1XC
    小3の時の修羅場。今思い出してもなんか納得いかないので投下してみる。

    小3の夏に引っ越し&転校。
    その年度の3月に縦割り班で徒党を組んで遠足に行った。
    午前中は班で遊び、お昼以降は自由時間だったので、一人で弁当を食べ、昼寝していた。
    目が覚めると夕方、もう既に薄暗くなり始めていた。勿論、先生も同級生も班の人も誰もいなかった。
    遠足地は学校からも自宅からもそれなりに遠く、初めて来たところだから帰り道もわからない。
    どうすればいいかわからず、そぞろ歩いてなんとかこども100当番の家を発見。
    道を聞いて家に帰った(勿論一人で)

    家に帰りついた頃には真っ暗で、両親(共働き)にしこたま叱られた。
    仕事から帰っても家に私がいなくて、心配して学校に電話したら「遠足が終わった後まっすぐ家に帰ったはず」と言われて心当たりを探しまくってくれたらしい。
    安心したのと忙しい両親を困らせたのとで号泣した。

    次の日、学校で全校集会が開かれて
    「昨日、遠足の後に家に帰らないで遊びにいってみんなに迷惑をかけた子がいます。3年○組(私フルネーム)さん!前に来てみんなに謝りなさい!」
    とやられた。
    クラスでも全員に土下座させられ、縦割り班では上級生たちに無視されるようになった。

    遠足で忘れて帰られただけでも辛かったのに、ことあるごとに先生たちに「お前は遠足で(ry」と言われ続けたのが修羅場。

    382 :鬼女日記 2017/08/22(火) 10:11:03 ID:hMVu4Igh0.net
    ベルソムラという睡眠薬のお話

    私は今うつで精神病院に入院していて、夜あまり眠れません
    そこで主治医の先生が新しいタイプのお薬として、この薬を処方してくれました
    しかし副作用として悪夢を見る可能性があるということでした

    最初は「悪夢って、それは副作用に入るのかな…?」と思いながら飲んだのですが
    服用してから2日目の夜、お化けに追いかけられるというありきたりな夢を見ました
    まぁこんな日もたまにはあるかな、と思いながらこの薬を服用して数日経つと、夢なのに物凄くリアルな夢を見るようになりまし
    看護師さんと思しき人が夜中に話しかけてくる(普段は巡回には来るけど、寝てるのを確認するだけ)
    ここにはいない人物が現れる…など
    しかし夢なので良く朝起きると、寝ぼけてたんだろうけど、なんだかすごかったなぁと感心してました

    さらに数日後、夢の中で夢を見て、怖くて起きたらまだ夢だった、という
    映画のインセプションのような状態が続きました
    しかもそこで見る夢は、自分が普段は忘れている、あたかも深層心理に抱える様なものばかり
    幼少期のトラウマの様な夢や、本能的に恐怖を覚えるような対象が夢に出てきて
    しかもそれが夢か現実かの区別なんて出来ないほどリアル
    睡眠薬のはずなのに、翌朝起きると恐怖でグッタリしているという始末でした

    このことを主治医の先生に伝えたところ、服用中止になり、今は別のお薬を飲んで夜は比較的眠れています
    私がもともと精神的にヤワな部分もあるとは思うのですが、あまりにも興味深い現象なので
    オカルト好きな方は是非この薬を飲んでみて下さい

    881 :鬼女日記 2015/08/27(木) 18:06:02 ID:VTq
    重い話だけど。
    元嫁に頼み込まれて再構築のために努力した期間が修羅場だった。

    元嫁はいわゆるエネ夫の女バージョンで、
    こんな単語はあるか知らないけど、エネ嫁だったのよ。
    自分の実家や友達を自慢しつつ、うちの両親や俺の出身やら学歴やら職業をバカにする。しかも家でも人前でもだ。
    俺が何を話しても、あんたの話は聞く価値なしとばかりに右から左へ聞き流すか、完全に否定する。
    嫁の不機嫌で家の空気を悪くしてるのに、自分のイライラは俺のせいだと言う。
    食事や洗濯なんかの家事は、出産で専業になったあたりから、徐々にやってくれなくなり、
    俺のために朝起きたくない家事をやりたくないと、
    かなりなことを言うので、だんだんやってもらうのが嫌になり、俺は毎日3食外食になった。
    嫁は何でも強制的に自分の思い通りにしてるのに、俺への八つ当たり癖は治らなかった。

    許せなくて何度も激怒した。冷静に話もした。
    嫁は全く謝らないか、その場はごめんなさいと謝ってしばらくするとまた元に戻る。それの繰り返し。
    子供のためにいい母親やってんだから、別にいいでしょって完全に開き直りをかましてた。

    926 :鬼女日記 2018/04/19(木) 18:05:18 ID:zGB
    17歳の頃。ポケベルが流行っていた頃。

    夏休みの前の暑い日、
    友達と遊びに行く為に、新しい服を出した。
    薄い生地が何枚も重なっている長めのフレアスカートで、
    涼しげでキレイなスカートだった。

    遊びに行く楽しみと、新しい服を着ている満足感で
    気持ちよく自転車を漕いでいたら、いきなりすごい力でガツンッ!!
    と後ろに引っ張られる感触があって、自転車がこける様に急停止した。
    ええ??何々??
    と振り返るとそこには、だれもいない?

    ふと足下を見るとそこには、パンツからのびる私の足があった。
    やたらとスースーする私の下半身。混乱する上半身。

    ギャーーー!!えーーーーーー!!!!!!!
    っとしゃがみこんだ。(実際これしかできなかった)
    履いていた、フワフワとしたスカートが全部自転車の後輪に全て巻き込まれていたww

    パニックになってどうして良いのか、考える事も出来なかったが、
    おじさんがジャケットを脱ぎながら近づいてジャケットを貸してくれた。
    ジャケットを腰に巻き、動かなくなった自転車を抱えて家に帰った。
    公衆の面前で露出してしまったので、警察に捕まるのではないかと怯えていた。

    のが私の修羅場ww

    あれ以来、スカートを履いて自転車に乗る女の子を見るとヒヤヒヤしてしまう。

    380 :鬼女日記 2006/09/05(火) 03:32:12 ID:EPYf+SkI
    ついこの間の話なんだが、実家に帰郷していたオレは、ひさびさの地元だったし、あんまり帰ってこれる機会もないからのんびりすごそうと思っていた。
    ある日、母親といっしょに2匹の犬の散歩に出かけたわけだ。犬はチワワでだいぶ小さい。オレと母親とで一匹ずつリードをもってド田舎をてくてく歩いていると、うしろからすごいいきおいでなにかが飛び掛ってきた。
    それは大きな犬で、あっ!と思ったときには、そいつはうちの犬に噛み付いて振り回した。
    とっさにオレはうちの犬を助けようと向かっていったが、次の瞬間、その犬は口にくわえたチワワを放してオレに噛み付きやがった。
    オレが噛み付かれているうちに母親はチワワを救い出し、オレもなんとかやつの口から逃れた。
    ふとみると、少しはなれたところに小さい子どもが3人いて、何にもできずにこちらを見ていた。犬にリードがついているから、その子どもたちが散歩中に離してしまったのだろう。
    オレはその子どもたちにリードを蹴り飛ばして
    「さっさとつかめ!もう離すな!うちは三丁目の○○っていうんだけど、親に謝りに来るよういっとけ!」
    と言って、泣きじゃくる母親を慰めながらとりあえずうちに帰った。噛まれたチワワは血だらけで、抱き上げると痛そうにないた。
    すぐに姉と母が動物病院に連れて行ったところ、命に別状はないようだが、前足がタテに大きく切られ、わき腹の骨は骨折していたようだ。
    目の前で振り回される愛犬と、それをみて泣き叫ぶ母親の光景は地獄絵図だったよ。

    このページのトップヘ