修羅場

    314 :名無しさん@おーぷん
    うちの母親と父方の祖母が仲が悪くて、顔が母親そっくりの俺もわかりやすく嫌われてた。
    けど親父はエネ夫ってやつで祖母の暴言なんかを「おふくろに悪気はない。」とか「本当はお前(俺)を愛してる。表現が上手く出来ないだけ。」と言い張る。
    俺が小学2年の時母親が腸捻転でぶっ倒れて、「学校終わったらばあちゃん家に行け。あとで迎えに行く。ばあちゃん家には伝えてるから。」と言われてしぶしぶ祖母の家に行く事になった。
    着くと暴言の嵐。
    「ほんとに来やがった!図々しい!」
    「財布や通帳隠さなきゃ!あの女の子供だから泥棒するに決まってるからね!」なんかね。
    ちょっとの間の我慢だから…。と何も言わずにいたらその態度が気に入らなかったらしく無理やり車に乗せられ出発。
    どれぐらい走ったのかわからんが気付けば山道に入っててお察しの通り俺はそこで放り出され置き去られてしまった。
    しばらくはその場を動かずにいたんだけど誰も通らないから仕方なく車が来た方向に戻って行く事にした。
    最初はなんとなく遠足気分で余裕があったんだけどだんだん日が落ち出すとめっちゃ怖いw
    割と木が生い茂ってるから肌寒くもなってきて、その頃には俺号泣w
    だれかぁぁぁぁ!!だずげでぇぇぇぇ!!と叫ぶけど誰も通らない。
    疲れてもう歩けないし子供ながらにタヒを覚悟しだしたところで遠くから微かに車の音が聞こえた。
    気のせいかもしれないけど俺は必タヒに音のするほうに歩きながら助けて!助けて!って叫んだ。
    車のライトが見えると俺は必タヒに手を振った。
    車は止まってくれて降りてきた人達が「ほんとに人いたよ…。」とか「なんでこんなところに子供?」なんかを言いつつ俺を車に乗せてってくれた。
    着いたのはめっちゃでっかい家。
    車に乗せてくれたじいちゃんが「なんかジュース飲ませてやってくれ!」と言うと女の人がオレンジジュース持ってきてくれて、俺はそれを泣きながら飲んで、女の人は涙と鼻水でどろどろの俺の顔をタオルで拭いてくれた。
    じいちゃんが「なんであんなとこに1人でいたんだ?」と聞いてきたんで俺は事情を話した。
    「子供になんて事を!」って顔を真っ赤にしながら怒ってた。
    じいちゃんが女の人に警察に連絡しろって言ってたから俺はランドセルに入ってる緊急連絡カード(親の携番と家電、住所が書いてあるカード)を渡してここに電話させてと頼んだ。
    女の人は警察とうちに電話してくれて、親父の声を聞いて安心のあまり漏らした。ごめんじいちゃん。
    親父が迎えに来たり警察も来たりして大騒ぎだった。
    じいちゃんが親父に「母親を大事にするのは結構だがしっかり目の前の事を見ろ!危うくお前の子供タヒぬとこだったんだぞ!」って怒ってくれて、流石の親父も俺を置き去りにしてった祖母の事を謝ってくれた。
    その後は母親の手術終わってから離婚した。
    あとからわかったけどあのじいちゃんヤクザの会長だったらしい。
    女の人(じいちゃんの嫁さんだったらしい)が何度も声が聞こえる気がするって言ってたらしくて半信半疑で行ってみたら…って事だったそう。

    347 :名無しさん@おーぷん
    夫の浮気が原因で約20年前に離婚した。
    夫は離婚になると思っていなかったせいか、
    たんに浮気しただけでよそに子供を作ったわけでもないのに大げさ。
    お前ひとりで生きていけるならいつでも離婚してやる、その代り子供は置いて行け。
    義実家の家を継ぐんだから絶対にお前にはやらない。
    そういわれました。
    別れた夫との間には息子が一人いたけど、夫に生き写しでとてもじゃないが
    引き取れる気がしなかった。
    夫は脅しのつもりでそういったんだろうけど、私からすれば渡りに船、
    子供は引き取りたくなかったし、婚姻継続も望んでなかったので、
    あっさり慰謝料をいただかない代わりに養育費は払いませんということで、
    引っ越し費用と2か月分の生活費をもらってそのままあっさり離婚した。
    もちろん財産分与も上に書いたもの以外は一切もらわなかったので、
    たぶん夫からすればラッキーって感じだったと思う。すぐに浮気相手と再婚したし。
    当時義理両親は健在だったし。
    最近になって私の実家に息子から連絡があったそう。
    私に会いたいのだという。
    私は正直気乗りはしなかったが、相手が会いたいというなら会ったほうがいいのかと思い
    会いに行ってきた。
    夫そっくりなのは相変わらずだったけど、普通に大人になってました。
    こんど結婚するに当たり報告に来たとのこと。
    かなり私の悪いことを聞いていたらしく(息子と面会なんて考えもしなかったし当たり前ですが)
    結婚式に私を出席させる気はないと宣言されました。
    私は「それでいいと思います。おめでとうございます。式場に突撃なんてしませんから
    心配しないでね。じゃあ。」と言って去ろうとしたのがものすごく衝撃だったらしく、
    どうして自分を捨てたのか改めて聞かれたので、正直に答えました。
    現在のお母さんとあなたのお父さんが浮気をしたので、お父さんに瓜二つの息子を
    引き取れる気がしなかったので、慰謝料はもらわず、財産分与もしないで、その分を
    あなたの養育費に当ててもらって離婚しました、ってね。
    義理の両親からはお父さんが悪いと言われていたのに、父親と継母からは私が悪いと聞かされていたので
    どちらが本当かわからなかったが、自分に会いにも来ない母親が悪いと思っていたといわれたので、
    私があなたを捨てたことに変わりはないし、かわいがってもらったのなら今のご両親を大事にしてねと言って
    別れたのですが、息子が義理の両親と相手のご両親と相手の家族だけで海外で結婚式を挙げることにしたと言われたといって
    別れた夫夫婦から私を責める電話が実家にあったと母から連絡があり、
    どうしたものかなと考え中。
    まあ放置する以外に方法はないのですが。
    息子には私はもともと良い母親ではないから息子を手放してもこんな風なんだし、
    別れた夫夫婦を責めるのは違うと思うとは言いましたがほんの少し溜飲を下げてる自分は性格が悪いなと思ったという話です。
    つまんないですね。すいません。

    378 :名無しさん@おーぷん
    >>377の話をみてちょっとした修羅場?を思い出した。

    私が夫の事を名前+君付けて呼び、夫は私を○○と名前の愛称で呼んでいた。
    そのせいで娘は私たちの事をパパママと言えなかったが、
    年齢が上がれば周囲の子の様子をみてそのうち覚えるだろうと思っていた。

    休日、娘の要望で夫と娘の二人はキッズパークへ遊びに出かけていった。
    到着したら夫は急にお腹が痛くなり、娘に「トイレ行って来るから待ってて。」と言い
    近くの係員に少しの間見ててもらえるようお願いしてトイレに駆け込んだ。
    戻るのを待ってる間、暇になった娘は滑り台をしたいと思ったようで
    夫の目がないからといつもよりちょっと大き目の滑り台を滑ろうとした。
    が…上に到着したらいつもと違う高さや長さに恐怖を感じたのか、娘は大泣き。
    見てくれていた係員の人がなだめても何しても泣いてて、泣きながら
    「○○君が無理やり連れてきた。(自分が行きたいと言っていた)」とか
    「○○君嫌い。(滑り台怖くて八つ当たり)お家に帰りたい。怖い。」
    とか言ってたのを聞いた係員が勘違いし通報。

    そんな展開になってると知らない夫は、戻ってきた所を警備員に呼び止められバックヤードへ連行。
    警備員から私に電話が来て事情を説明に飛んでいって事なきを得たけど、
    会員制のパークで何十回と通ってイベントも参加してるのに
    かどわかしや誘拐を疑われた夫の心中はさぞかし修羅場だったろう。

    その日を境に私達はパパ、ママと呼ぶように必タヒに教えた。
    それから数年経った今、パパとママが定着してくれてほっとしている。

    473 :1/2@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 03:40:31.69 ID:/OzUcpFN.net
    夫が私の妊娠中に浮気、相手は夫の仕事場の年下女
    どうにも彼女に色々吹き込まれた様で夫の性格と言うか考え方、価値観が一変した模様。
    「あなたの奥さんは看護師の資格を持ちながら悪阻で気持ち悪い、体だるい、しんどい。なんておかしい、看護師なら自己管理をもっとしっかりするしギリギリまで働いているものでは」
    「単にあなたに甘えたいだけ」
    と年下女に言われ夫は目がさめる思いだったと。

    それを二人揃って吐き疲れた私に向かって言うのよ深夜に。
    眠さも手伝って話は後日改めてと言うこちらを見て、
    「真剣に話しているんだ時間は関係ない」
    だの喚くわ、年下女が泣き出すわでしっちゃかめっちゃか。
    その時は何とか夫ごと追い出して翌日から実家に避難。

    続く

    637 :名無しさん@おーぷん
    私が中3、弟が中1の時、父の不倫が発覚した。
    相手の女性が妊娠したそうで、その人が母に「離婚して!」と電話で連日訴え
    母が精神的にダウン。
    離婚して父は相手の女性と結婚するという話になった。
    弟が「離婚しないでくれ!」と両親に涙で訴えた。
    でも無駄だったので、弟は母の携帯から女の携帯番号をゲットし、女に直談判した。
    女は「別れない!」と言い、弟を殴った。
    弟が倒れ、倒れた姿勢が悪く骨折した。
    通行人が救急車を呼び、弟は病院へ。
    その騒ぎが元で女の親が不倫騒動を知ることになり、女は親に諭されて故郷へ帰って行った。
    赤ちゃんは産んだらしい。父が認知だけした模様。
    両親は離婚しなかったが、仮面夫婦状態で約10年が経過した。
    そして私も弟も成人した頃、
    両親、「正式に離婚する」と言い出した。
    もう財産分与もろもろ話が決まっていて間に司法書士も挟んでるという。
    父は「離婚しないで済むならそれが一番」というスタンスだけど
    母が父に対して冷めきっちゃってた。
    私は就職して既婚。弟は独身だけど就職済み。両親が離婚しても困ることはない。
    でも弟がまた離婚に反対した。
    弟は母に「離婚しないで」と昔のように直談判した。
    母は「弟くんの気持ちもわかるけど、もう夫婦としては無理」「やっていけない」と断った。
    しかし弟は食い下がった。
    前回弟の働きで離婚回避 できたから変な自信があったようだ。
    一ヶ月近く弟は母に「離婚しないで」と頼み続けた。
    そしたら母がキレてしまった。
    秋に出す予定だった離婚届を前倒しして提出してしまい
    (一応父と私には「これから出す」と一声かけたが弟には言わなかった)
    父にも私にも母実家にも行く先を告げず、引っ越してしまった。
    携帯も解約して行った。
    今はたまに向こうから電話が来る状況で、母が無事なのはわかるけど、住所不明。
    新しい携帯番号も教えてもらえない。
    「私にだけは教えてよ」って言ったが「どこから弟に洩れるかわからないからダメ」だって。

    551 :名無しさん@おーぷん
    嫁に貯金使い込まれて離婚した
    結婚前からの貯金600万と結婚してから10年間の貯金が消えた
    使いみちは親への仕送りらしい
    元嫁は専業、元嫁親も金が無いので回収不能
    子供も取られて養育費要求された
    お前が使い込んだ分の返済と相杀殳じゃないのかと言ったら、それとこれとは別、養育費は子供の権利だってさ
    払わないなら払わないでいいけど、子供にはお父さんはあなたのこと自分の子供と思ってないんだって、あなたには一円も出したくないんだってと言うからね?当然でしょ?と笑いながら言われた
    結婚する前に友達に忠告されてたんだよ、貯金は隠しておけって
    それなのに結婚を前に脳味噌が腐りきってた俺は、忠告してくれた友達に対して暴言吐いて絶縁してしまった
    友達夫婦が別会計だってことを散々詰って、本当の愛とは〜と大演説をかまして絶縁した
    友達に謝ろうと思ったけど携帯から番号消したのすら忘れてて、何回も探してしまった
    共通の知人に連絡取ったら、友達の近況を教えてもらえた
    嫁さんと会社立ち上げて2人で協力して子供も育てているらしい
    連絡先教えようかと言われたけど断ってしまった
    友達夫婦が幸せそうだというのに物凄いショックを受けている自分に気付いてしまった
    近況を聞いたのだって、友達が俺より不幸になってないかなと期待したからだったんだと気付いてしまった
    屑女に引っかかった被害者なんかじゃなくて、屑が屑同士くっついて弱いほうが潰されただけだった
    来月いっぱいで退職が決まったからできるだけ遠くに移り住んで、1人で生きて1人でタヒにたい

    88 :名無しさん@おーぷん
    義弟嫁から電話きた。
    子供が産まれたなんて聞いてない(義弟には言った)
    年の近いイトコ同士仲良くするためにそっちに遊びに行くね!
    だそうです。

    義弟嫁の長男(甥)がねんねの赤ちゃんだったとき、義実家で、
    義弟夫婦「コンビニ行きたいから子供見てて」と外出。
    夫と舅さんは娘(3歳)と外遊び。
    私と姑さんで甥を見てて、途中ご飯作るからと姑さん離脱。私一人で見てたら、義弟嫁が帰宅するなり私にビンタ。
    私の傍らにスマホがあった&甥の様子を見るため視線が甥に行ってたのが気に障ったようで、
    ショタコン、盗撮魔、変態だの、バリエーション豊富に罵倒された。
    暴力は最初のビンタだけだったけど、その時すでに下の子妊娠してたのですごく怖かった。

    義弟が、育児疲れで気が立っててとか必タヒに庇ってたけど、すでに子供もいる義姉に対してその態度は異常と夫も義両親もカンカン。
    義弟嫁は「息子と同じ空気吸うな!この子に関わるな!」と。
    言われなくても絶縁ですよ。

    それが去年の話で、冒頭の電話が先週のこと。
    義弟嫁母が入院がちになったらしいから、託児先が欲しいんだろうな。
    え?甥は同じ空気吸っちゃダメなんでしょ?どうやって遊ばせるの?
    って聞いたら「もーう、おねえさんってば、大人気ないゾ!」だってさ。
    そのままガチャ切りしちゃった。
    どの口が!どの口が言うか!!

    夫が義弟に電話で文句言ったら、わざわざうちに来たけど、
    「そういうポーズはいいから。申し訳ないと思うなら、あの嫁の顔も声も俺たちに晒すな」
    と、玄関にも入れなかった。
    義弟は謝ってるつもりでも、言ってることは「俺も嫁も色々苦労してんだ大目に見てよ」だからなぁ。

    盆休み前だって言うのにどっと疲れた…。
    義実家に、私家族の帰省予定教えるなって連絡しないと…。

    505 :おさかなくわえた名無しさん 2015/05/16(土) 20:20:30.40 ID:fSfa3HAbc
    もう5年近く前の話だけど、バイト先であった修羅場。

    (1/2)

    私は当時、地方の遊園地のヒーローショー(室内)のチケットもぎりのバイトをしていた。
    場内はドーム状で階段が多く、ベビーカーやキャリーは安全上の問題で持ち込めないので
    入り口付近にあるベビーカー置き場に必ず置いてから入場してもらうことになっていた。

    ある日、その日最後の公演でファミリーでお越しのお客さんが来て、その中のお婆さんが小さなベビーカーを杖代わりにして歩いていた。
    場内はキャリー禁止なので、お婆さんに「ベビーカーはこちらのベビーカーパーキングに置いてからご入場ください」って言ったんだけど、
    完全に無視されて一家はすごい速さで場内へ行ってしまい、
    お客さんでごった返していたため追いかけることもできなかった。

    そこでバイトリーダーのA男がそのお婆さんを止めに入って、丁寧にベビーカーを持っての入場はできないということを説明した。
    お婆さんは杖代わりにベビーカーを使っているから、これがないと歩けないと主張したが
    A男はやはり安全上に問題があると判断して、ベビーカーは許可できないと説明した。
    お婆さんは「それじゃ、私はもうここに来れないんですね?」と言ったのに対し
    A男は「そうですねぇ…。」と言ったところ、お婆さんとその家族は急に怒り出した。
    どうやらお婆さんたちはA男に「はい、そうです。」とはっきり入場を断られたと感じて怒ったらしく、
    (A男はそんなつもりはなかった)特に父親がかなり怒っていて周囲からかなりの注目を浴びていた。
    A男は必タヒに平謝りしたがなかなかおさまらず、そこに自称副リーダーのB男が仲裁に入ろうとしたが、
    B男は威圧的な対応で、さらにヒートアップし収集がつかなくなった。

    43 :名無しさん@おーぷん
    自分が被差別部落出身者だと親に教えられた高2の夏が一番の修羅場だった

    それまでは人権啓発週間やら部落差別問題を考えるやらのキャンペーンも他人事で、
    作文を書かされる度に「生まれだけで差別される人がかわいそう」という上から目線な考えで
    作文書いてた
    そんな作文でも表彰されたり発表会でスピーチもした
    今思うとタヒぬほど恥ずかしい
    うちは被差別部落出身だけど、クラスメイトにはそうじゃない子たちもいる混合学校だった
    だから、高校でできた友達は決してうちには来なかったし、私を招いてくれることもない子もいた
    (親御さんが絶対に許さなかったらしい)

    親は、「大学は一般入試で行きなさい。センター試験前にAおばさん(被差別部落じゃない、遠方地に住んでいる親戚)の家に
    下宿させてもらって、高校も転校しなさい。大学で出身地や出身校を聞かれた時、うちだとバレる」と…

    512 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 13:54:36.60 ID:JlL03MXZ.net
    ずいぶん昔の話だが、勝手に婚姻届出されて、知らん女と夫婦になってた。
    俺の本籍地は結婚証明書が発行されない地域なので、パスポート取得しようとして
    そこでようやく発覚して「妻?だれだ?兄貴の戸籍取っちゃった?」ってパニくった。

    発覚当時まだ結婚どころか彼女すらいなかったけど、親が将来何があるかわからんぞというので、
    だいぶ長いこと裁判して婚姻無効にしてもらったよ。
    後に今の嫁さんと結婚するときに義両親に裁判記録見せて説明したけど、
    「そんな女に絡まれるなんておまえも何かあるんじゃないか」
    と詮索されてずいぶん弱った。
    親は有印私文書偽造で訴えたかったみたいだけど、時効が成立してるのと女が精神的にアレな人で
    真っ向勝負してもムダって結論になった。
    結局弁護士を挟んで、女の親が慰謝料を払うことにして済ませたが、経緯を公文書で残させてもらった。
    この文書がなければ、多分義両親の疑いは晴れなかったと思う。

    婚姻届を出した時、女が俺の免許証と戸籍謄本の写しを持っていたらしくて、それで裁判が長引いた。
    免許を取ったすぐ後に事故で視力ががた落ちして、免許返上しに行かなきゃなーって思ってるうちに忘れて
    そのまま財布に入れっぱなしにしてあったと思うんだが、いつ盗まれたかさっぱりわからん。

    戸籍謄本は免許の写しがあれば郵送でも取れるそうで、調べてもらったら、俺の署名入りの
    書類が本籍地に提出されていたそうだ(警察は動いてくれんので弁護士に問合せしてもらった)
    多分、これも偽造したんだろうなー。


    ちなみに女の動機は「結婚して完全体になる」というわけわからんものだった。
    多分カルトかなにかだろうというのがうちの親の見立て。

    20 :名無しさん@HOME 2014/05/29(木) 09:54:46.79 0.net
    義兄嫁(長男の嫁)と義兄嫁(次男の嫁)が喧嘩っていうか、長男の嫁が一方的にブチ切れ状態で日曜からかれこれ4日怒り続けてるらしい。

    こないだ、義姉が里帰りしてきたので、日曜日に義実家の子世帯が全部集結して、合計5家族で大人数だからって温泉旅館の個室と風呂つき食事プランになった。
    次男家が少し遠くて車だから、夫婦でビール飲みたいからその晩はそのまま4人でその温泉旅館に泊まるっていったら、長男の嫁と義母が「無駄遣いだ」って少し怒った。
    義母は「無駄遣いせずに義実家に泊まりなさい」て言ったけど、次男の嫁が「長男家が同居してる家に泊めてもらうのは申し訳ないから」って断って、
    「温泉のために日頃は節約して貯めた」って言って義母は「次は泊まりなさいよ」ってって引っ込んだんだが、長男の嫁が「専業主婦で収入ないくせに節約って威張るのお
    かしい」って文句つけた。
    コウモリっぽい義母が「それはそうかも・・・」みたいに乗っかりかけた。
    次男義兄が「うちの嫁はほぼ家にいるけど、月20くらい収入はあるから威張って家にいてくれればいいんだよ」って説明して、みなびっくり。
    なんか学生時代にとった資格がお金になるのと、実家(お寺さん)の手伝いの合計で毎月20万円くらいもらってるらしい。
    節約も実際上手で、家の頭金なんか義兄の予想の倍くらい貯めてあったって言ってた。

    家にいて手取りで20は羨ましいな〜と聞いてたら、義兄嫁が「インチキ商売」「騙してた」とキレ始めてびっくりした。
    別に次男嫁から騙されて被害被ったわけではないのに、騙した騙したって騒いで止まらなくなって。。。怖かった。

    それが日曜日で、今日が木曜日で、まだぎゃあぎゃあ言ってると、義母が連絡してきた。
    私は他人事だから人のことなんかほっとけよって思うけど、お腹大きい義姉さんがいるし義母は大変みたい。
    義母の話だと義兄も持て余して、うちの旦那にヘルプしたいみたいだが、昨日から旦那出張なんだよな。。。

    878 :名無しさん@おーぷん
    親なるもの断崖という漫画が今話題になってるけど私のおばちゃんの話を聞いて欲しい
    私のおばちゃんは地主の一人娘だったのでそんなに貧しくはなかった
    しかし10歳の頃母親がなくなり、新しくきた継母がそれはひどい人だったらしい

    継母は亡くなった実母よりはるかに若く美貌に恵まれていた
    そんな継母に骨抜きになった父は継母に言われるがまま、祖母に農作業をさせ、ごはんも納屋で食べさせるように強要した

    264 :名無しさん@おーぷん
    定年目前の父が怪我で入院した。
    幸い軽度で、経過さえよければほぼ全快して退院できると医師にいわれた。
    家族(母、私、姉)でお見舞いに行ったとき、父は寝てたんだけど、父の職場の人が数人訪ねてきた。
    母と同い年くらい(50代くらい)の女性が泣きながら眠る父に駆け寄り、父の手を取り跪いた。
    他の数人(若い人も父くらいの人も男女10人くらいいた)は、母に離婚しろと言う。曰わく

    ・父と、このAさんは両思いで、深い絆で結ばれている
    ・やましいことは何もしてない。しかし父に何かあったときに何も出来ないAさんがあまりに不憫である。
    定年退職後では、大っぴらに会うことも出来なくなる。
    ・今日だってAさんはあなた方を気遣って来ることを躊躇っていた。
    しかし、ごらんの通り誰よりも父のことを想っているんですよ…等々。
    言い返したかったが、母が静かに聞いていたので黙っていた。姉も同じ。

    くだらない意地で旦那さんを縛り付けないで下さい…と続けた相手に、母は穏やかに「えぇ、本当にそう思いますわ」と答えた。
    泣き叫ばれるとでも思ってたらしい職場の方々が、思わずえっ?と声を出した。
    「後生だから別れてくれと言ったって、いい大人が大泣きしながら駄々捏ねて。
    こっちも疲れてしまって、娘らも気付いてないし、定年を機に疎遠になってくれればと思ってたんですよ」
    母は静かにキレていた。
    「それがねぇ…娘にも知れてしまったことですし…。
    本当、群れなして突然押し掛けてくるような、こんなに素敵な部下たちに恵まれてて(すっごい、嫌みっぽかった)一体何が不満なんでしょうねぇ」
    小首を傾げる母を見ながら群れの中では静かに会議中。話が違う、とかなんとか。

    Aさんは想定外の母の態度にポカンとしながら、それでも父の手を離さなかった。
    すると母は「せっかくだから本人にはっきり聞いてみましょう」と父を揺り起こした。
    緩やかに目覚めようとした父だったが、手を握ってるのがAさんであること、その後ろで母が菩薩のような笑みを浮かべるのを見て目を見開いた。
    「ねぇあなた、Aさんてば素敵な方じゃないの。もういい加減一緒になってあげたら?
    私には到底及ばない絆で結ばれてるんでしょう?」
    見てわかるほどにブルブルと震えて、「違う違う」と泣きながら首を振る父。
    ふと父の下半身を見て、何かに気づいた母は
    「あら、お小水?私はいない方がいいみたいだから、皆さんにお手伝いしてもらって下さいね。
    職場公認の愛人なんて娘に晒して、もう恥ずかしいものなんてないでしょう?」
    そう言って、父の下半身をむき出しにして、私たちを促し病室を後にした。

    その後、母と私は一時姉の家に居候。
    父の退院より早く母は新居(親戚所有の空き家)を見つけて私と引っ越し。
    どんなやりとりがあったか教えてくれないが、母はあの日以降一切病院に行くどころか父と会ってない。
    本当に離婚「だけ」していない状況で、数年経過。

    母は知らない風で語ってたけど、父が浮気をしてるのは私も姉も知ってた。
    まさか職場公認で、お花畑な感じだったとは思わなかったけど。
    母に聞いても「うん、お父さんと話してるから」
    と、はっきり言わなくても察してねって感じだったので、それ以上は聞かなかった。

    母に取り繕ってと縋るばかりで母への謝罪も何もない父にはもう興味がないけど
    ぞろぞろと個室に押し掛けてきた人々が、どんな展開を希望してて、今どんな心境なのかだけ興味がある。

    このページのトップヘ