修羅場

    219 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/20(金) 00:55:15.73 ID:jsO+izAo.net
    中1の冬。当時の俺は週一で隣の学区の学習塾に通ってた。
    塾と言っても先生が自宅の一室を改装して教えてるような所
    ある日塾に行こうと自転車を転がしてたら、途中にあるアパートの駐車場から男が出てきて
    俺の自転車を止めていった。

    「結婚してくれ!!!」

    は?
    結婚してくれ!!と叫んだ男は、自転車の前に仁王立ちになってハンドルをしっかり握ってた。
    口を動かすだけの俺にじれたのか、男は俺の腕をつかんで引っ張り出した
    すごい力だった。転けるようにして自転車から降ろされて、男は俺を引きずった。
    駐車場に止めた軽ワゴンの後部ドアを開け、俺を引きずり込もうとした

    乗っちゃ駄目だ。
    乗っちゃ駄目だ。
    それだけが頭を掠めて、俺は無言で抵抗し続けた。
    でも乗せられようとしたその時。

    ガシャン。と音がした。
    駐車場に車が入ってきてた。
    車が当たったのは、転かされたままの俺の自転車。
    窓を開けて運転者が怒鳴ると、男は俺の腕を振りほどくように放して、走って逃げた。
    俺は尻餅をついて唖然としてた。

    車の運転手が近づいてきて話しかけてきて、暫くして震えが止まらなくなった。
    半泣きで事情を話すと、運転手の顔色が変わり、警察を呼ばれた
    そのまま警察官のおっさんに連れられて、家に帰った
    (警察官はバイクで来たんで、パトカーには乗れなかった。残念)
    それで学習塾は辞めることになった。

    犯人が捕まったかどうか俺は知らない。
    実害は自転車が壊れただけで、俺自身は手のひらの擦過傷と腕の内出血ぐらいだったしね
    事情は聞かれたけど、被害届を出したかも分からない。


    只何年もたって。
    俺もそのことを朧気ながらしか思い出せなくなった頃。
    その時住んでた町の近くで、児童が杀殳される事件があった。
    犯人はすぐに捕まった。
    その犯人のニュースを見てたときに思い出したんだ




    目が一緒だった。

    684 :110
    長いし登場人物が多いし吐き出しも兼ねてるので、嫌な人はスルーしてくれ。

    俺は某地方の県庁所在地住みで、女の幼馴染(A子)がいる。
    A子とは幼稚園が一緒で、小学校は別だが同じ習い事をしていて、ずっと仲が良かった。
    中学高校、大学も地元の地底に進学したので、長い付き合いだし、共通の友達も多い。
    お互いに決まった相手が出来ると、メールのやり取りはするけど、一緒に遊ぶのは控えてた。
    それでも付き合いが途切れた事は一度もなく、お互いの近況はよく知ってる関係。
    男女の幼馴染っていうのは難しいもんなんだろうか。何度か修羅場を経験している。

    第一の修羅場は、大学生の時。A子に彼氏(B男)が出来た。
    その時もA子からメールがきて、真面目ないい人だよーとの事だった。
    しかし、俺とA子の共通の友人(C子)が、B男に「A子には男の幼馴染がいる」と教えて、ややこしくなった。
    C子は「俺君はA子の事ならなんでも知ってるよ」「A子の好みは俺君に聞くのがいちばん」とか
    あれこれ面白おかしくB男をからかっていたそうだ。
    なんでそれを知っているかというと、B男が俺の家に突撃してきたから。
    「A子さんとはどんな関係なんですか」って尋ねられるくらいならただの幼馴染だよで済むんだけど
    ちゃちな果物ナイフとはいえ、刃物をチラつかせられたのは怖かった。
    B男は確かにA子が言うとおり真面目な男で、思い詰めてしまったようだ。
    俺はその時たまたま買い物帰りで、持ってたゴボウで反撃して、事なきを得た。
    でも、野放しにしておくわけにはいかなかったから、警察沙汰にさせてもらった。
    B男は実刑は食らわなかったが、大学は退学して(させられて?)、実家に帰った。その後は知らない。

    第二の修羅場は、その直後。俺とA子が一緒に昼飯を食べてたら、C子が突撃してきた。
    A子にお冷をぶっかけて、錯乱したみたいに喚きまくって暴れた。
    C子は、高校生の頃まで俺を好きだったそうだ。
    俺とA子は本当にただの幼馴染なんだけど、C子はあれこれ勘違いしたり曲解したりで、俺の事は諦めた。
    で、次に目を付けてたのが、B男だったんだそうだ。
    なのにB男はA子が好きで、付き合い始めてしまった。
    だったら俺とA子が深い仲だとB男に勘違いさせて別れさせ、傷心のB男を慰めてゲットしよう!
    などと作戦を立ててたみたいなんだけど、第一の修羅場があって、その作戦はおじゃん。
    全部A子のせいだ、となって、ブチギレたということらしい。
    幸い、共通の友人のとりなしもあって、A子がお冷をかぶった以外は、大事には至らなかった。
    もちろん、俺もA子も共通の友人達も、C子との関係は切った。
    これがきっかけで、当時ちょっといいなと思ってた女の子から
    疎遠にされてしまったのが、ちょっとした第三の修羅場かな。

    173 :名無しさん@おーぷん
    ジジババ受けのいいもさ男とくっつけられそうになるとか、
    母親同士が仲良くてきも男とくっつけられそうになるとかの修羅場話を読んで、
    私はもさ男きも男側の立場だったんかなっていう修羅場。


    ど田舎では娯楽が少なく親族付き合いが濃い。
    暇をもてあました人間達は噂話大好きになるらしい。
    若者の恋話なんてもう最高で
    「よーし☆くっつけちゃえ(キャピキャピ)」が超楽しいらしい。
    まあでもこの人達すげー性格が悪いというわけではないんだよね。
    世話好きが高じてるだけで実際に結婚まで至った方々もいたりする(元々両想いの草食系二人とかね)
    そんな実績もあるせいでやたらとくっつけたがる。

    小学生頃にそんな面倒ごとに気づいたため、お節介な親族どもの目から逃れるため、
    親族が集まるときだけ物凄く地味にして大人しくしていた。
    前髪をわざわざ後ろから持ってきてまで長くたらしてボサボサにして軽くしばり、
    猫背にして風呂に2日程入らず暗さや不潔さを強調。

    親は私に同調してくれてたので「年頃なのに」って説教もスルーしてくれていた。
    やりすぎたのか「これで美容室に行きなさい」って小遣いくれる親族もいた。

    980 :名無しさん@おーぷん
    車にひかれて味覚と嗅覚を無くしてから取り戻すまでが修羅場だった
    味覚と嗅覚無くなったってのは前にどっかに書いたのだけども

    検査いろいろしても異常はないんだけど匂いも味もしない
    当時高校生だったけどこのままだと何も食べられなくなるなと思い
    味の記憶があるものを一生懸命食べたし、外食も積極的にした
    味も匂いも無いから美味しいなんて思わないんだけど、「かつて美味しかった」
    記憶をもとに食事はキチンとした
    食べる事に興味を無くしたらまずい、と思っていたんだろうなあ

    三年あまり無味無臭だったけど、なんのタイミングか嗅覚味覚が戻ってきた
    んだけど、戻りつつある間、同じものを口にしても毎回感じる味が違うし匂いも違う
    醤油の味と匂い、みたいに、そうそうものによって大差ないものでも毎回違う
    無味無臭だった時よりも絶望した
    記憶で食事してた方がまだましだった
    なんというか、脳が裏切ってくる感じ?麦茶とめんつゆ間違えて飲んだ状態が続く感じ

    そこからさらに何年かかかって、今は一定の味と匂いを感じられるようになった
    だけど、謎期間が結構長かったので、今感じている味や匂いが本当に正解なのか?
    という疑念に時々苛まれる
    細かいところまで人と擦り合わせできないしね

    その時は、「人それぞれ感じ方違うっていうし!」で納得させている
    とりあえず甘い辛い酸っぱいが分かるようになっただけでいいか、みたいなw

    893 :名無しさん@おーぷん
    私の実家は超田舎の盆地
    電車もなければバスもない
    買い物は山を越えた先の街に行かなければならない
    ご近所付き合いは平気で上がり込むのが当たり前
    だから基本的に玄関、窓に鍵をかけるという習慣がなかった
    これが修羅場を招く起爆剤になる
    高校の夏休みその日は私以外は出払っていた
    特にすることもなく日当たりのいい部屋で昼寝をしていた
    気持ちよく寝ていると体に違和感を感じ目を覚ますと
    見知らぬおっさんが私に覆いかぶさるように荒い息を吐いて、服を脱がそうとしていた
    「え?誰?何?」と頭を過ぎったと同時に叫んだ
    もうそれはそれは喉が破裂するんじゃなかろうかってくらい叫んだ直後
    物凄い怒声と共におっさんが吹っ飛んだ
    何が何だか分からない状態で、目の前に現れた大きな影に抱えられ救出された
    助けてくれたのは向かい家(と言ってもそれなりに離れてる)の絶賛片思い中のお兄さん
    抱き抱えられる中で事態を把握して助けられた安堵感から大泣き
    その後ぞろぞろとお兄さん家族が駆けつけた
    お兄さんが事態を説明して通報、私の家族に電話
    あとはお兄さん家族が対応してくれて
    近所の方も気が付いたのかゾロゾロと来た

    続く

    32 :名無しさん@おーぷん
    2ヶ月ほど前に私個人と夫婦共有の通帳と印鑑が盗まれ警察に通報、捜査してもらった結果なんと犯人は義兄嫁。
    義兄から被害届は取り下げて欲しいと頼まれ、義兄嫁はわりと基地な方なので被害届出して我が子に何かされたら困るため、義兄嫁両親から通帳に入ってた金額+αを貰って取り下げた。
    義実家で私夫婦、義兄夫婦、義両親で話し合い。義兄嫁は家の鍵は旦那からゲットしたと証言。実は旦那と義兄嫁は8ヶ月前から深い関係だったらしい。
    今後どういう対応にしていくかを話し合ったんだけど、各自の意見がカオスだった。
    義兄
    嫁の不倫は許せないがそれでも嫁を愛してる。別れたくないから許して下さい。
    義兄嫁
    私に毎月10万のお小遣いを渡す事、毎月エステに通わせてくれる事を約束出来るなら別れないであげてもいい。
    旦那
    兄貴と別れて俺と結婚するって言ったじゃん嘘つき女!もういい!
    私子、義兄嫁とは今終わったからこれからはまた今まで通りに戻れるよ!
    私子
    え、馬鹿なの??
    別れるに決まってんじゃん。
    ウト
    浮気は男の甲斐性!
    つまり旦那の行動は正しいから私は別れるなんて言うのは許さん!
    義兄嫁は売女か!
    今すぐ別れて二度とうちの敷居を跨ぐな!
    トメ
    もう、みんなったらぁ〜♪

    3時間くらい話し合ったのかな?
    各自ずーっとこの意見を繰り返すばっかり。
    結局、義兄と義兄嫁は拒否してたけど義兄がウトに押し切られ何故か義兄嫁に慰謝料を払って別れる事に。
    私夫婦は旦那がゴネにゴネて調停するはめになったけど、調停員さんに呆れられて旦那が離婚に同意、先日成立した。
    義両親はなんかよくわかんないけど私達のすぐ後に別れたらしい。
    ウトから、なんでお義父様のお世話をさせて下さいと頭を下げに来ないんだ!と弁護士さん経由で来たけど他人なのでスルー。
    2ヶ月ほどの間にこんなにイベント盛りだくさん過ぎて疲れたよ・・・


    699 :名無しさん@おーぷん
    知らない女性名の手紙がきて、旦那が帰ってくるまでの時間が私には地獄のような時間で衝撃的だったよ。
    手紙には、私が下着姿でベッドに横たわっている写真が同封されてた。

    これは・・・元カレに違いないと思ったけど
    写真はもっとあるし、旦那にも送りつける、脅迫めいたことが書かれていた。

    どうしよう。

    もう、涙が出てくるし、身体の震えがとまらなかったよ。
    もう、覚悟して旦那に言うしかない。
    旦那が帰宅したとき、泣きはらして瞳が真っ赤。
    旦那が心配してくれた時に土下座しながらひたすらごめんなさいごめんなさい。

    旦那と知り合う前にかなり遊んでて、若気の至り(過ちに近いなぁ)を旦那に告白。
    そしたら
    「知ってるよ」
    「ほぇっ?」
    「私子、覚えてないの?酔っぱらった時に調子こいてベラベラしゃべってたじゃん」
    「ひょぇ〜」
    「それを承知で私子と結婚したんだし、そもそも俺と知り合う前の話だろ」
    もう、ヘナヘナ〜って感じで気が抜けた。
    「だいたい、私子が手慣れた感じだったからなぁ。男として聞きたくなるじゃん過去を」

    私、なんということをしたんだろう、でもそのおかげで大事にならずに済んだのも事実だけど。
    ちょっぴり複雑な心境。
    私の中では旦那様の株が3つくらいランクアップしました。

    年下旦那だけど、これから一生頭があがりませんね。

    手紙はそれ以降来ていません。

    573 :名無しさん@おーぷん
    昔うちは両親と兄、姉、私の五人家族で、そのうち姉は養子
    こんなこと言うと非難されるかもしれないが、
    母親主導でその分ちょっと待遇に差がついてた

    産みの親は母の妹
    シングルの叔母が若くして亡くなり、当時8歳の姉が家に引き取られたんだけど、
    母の親戚筋なのに母が冷たく、これが実子と養子の差か?と居た堪れなく育った

    ある時、ホールケーキが食卓に出たんだけど、
    姉だけそのホールから切り取られたものじゃなくてじゃなくて、別の一応豪華なショートケーキ
    流石に目に余って兄がショートケーキがおいしそうだから
    姉が良ければ交換したいって申し出たんだけど、姉はうつむいて何も言わない
    私も母にこれはちょっと酷いって責めるように言ってしまったら、
    普段は姉に優しいが特別母から庇うようなこともしない父が、母を庇った

    要約すると姉は父と叔母との不幸な過ちで生まれた子供だから
    母さんもうまく接することができない、いっぱいいっぱいなんだよ
    責めないでくれって、同じように母も傷ついてるって庇う庇うw

    292 :名無しさん@おーぷん
    夏が来て脱毛のCM見ると思い出す修羅場

    新卒で入社した会社で同じ部署のA子、B子と仲良くなった。入社して3年ほどした頃、私に同じ社内に彼氏ができた。
    するとA子が「私も彼氏ほしい。彼氏さんの友達紹介して」ともちかけてきて何度か合コンをした。
    アドレス交換などしているけど、なかなか上手くいかないな〜なんて思っていたらB子が
    「私ちゃんは彼氏と上手くいってるの?」と聞いてきた。
    私だけが知らなかったみたいで、彼とA子がラブホから出てくるのを目撃されていて噂になっていた。
    彼とA子を呼んで話し合いをしたら
    「私ちゃんが羨ましかった。彼女の友達でもいいから親しくなりたかったの」
    「私ちゃんに悪いと思ったけど、待ち伏せして悩みを聞いてもらう口実で食事を何度かしてたらもう気持ちが抑えきれなくなって
    一度でいいから彼女にしてください!って今夜だけでいいからっておねがいじだんでずぅ〜」
    他のお客さんもいるファミレスで号泣された。
    「彼は悪くないの!私(A子)が悪いの!」「好きって気持ちを隠せなかったのおおお!」
    って、ずっとA子の酔いしれ言い訳で時が流れ、彼はうなだれてるかと思ったら
    「A子ちゃんだけが悪い訳じゃない。俺が卑怯なんだ…」お前も酔いしれかよ。ってばかばかしくなって
    「二人、お似合いじゃん。じゃあね」ってさっさと席を立ったんだけど、どっちも私を引き止めず
    外に出て窓際席にいる奴らをチラっと見たら、並んですわって彼がA子の肩を抱いてて、もう最高に惨めだった。

    131 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:33:21.91 ID:Oh8EdBQ+.net
    小学2年の夏休み、家の前でじいちゃんとボール遊びしてた。
    俺、ボールを蹴ろうとして足グキッとなり転ぶ、泣く。
    じいちゃん、慌てて俺のもとに駆け寄る。そして激しく転倒。
    じいちゃんの顎が俺の頭にヒット(流血)、じいちゃんの体重の乗った何かが俺の胸にヒット(骨折)、
    じいちゃんの体重の乗ったたぶん膝が俺の右足にヒット(骨折)
    ついでに、じいちゃんに押し倒される形で地面に背中を強打し打撲。内臓にちょっとダメージが。
    一瞬の出来事なんだけどすごくゆっくりに感じて、順番に激痛が走る変な感覚だったのをよくよく覚えてる。

    痛い痛い泣いてたらじいちゃんは「す、スマンいたた膝が痛いいたウホホッ」って顎から血流しながらなんか笑ってた。
    病院行って俺はそのまま入院してじいちゃんは顎の治療のみ。膝は青タン程度。

    当時じいちゃんは若干酔ってたらしく孫のことは気にも留めず
    病院で「膝がいてぇ膝がいてぇ」って喚いてたらばあちゃんにグーで膝殴られたとか。

    いまのところ入院したのはそれ一回のみだけどひたすら全身が痛かったし、
    半年ほど入院して実際学校行けるまでに1年近くかかって、
    小さなイジメに遭ったりもして色んな面で尾を引く厄介な出来事だった。


    以降その話を蒸し返すと決まって謝りながら小遣いをくれた。
    中高生の頃は小遣い目当てで何度かじいちゃんの心を抉ったので結果俺の方が罪は重い。

    840 :名無しさん@おーぷん
    ちょっとしたGWの修羅場。
    我が家は車一台通れるくらいの生活道路を挟んでハーモニカ状態に家が並んでる狭い住宅地にある。
    半年ほど前に左斜め前の空き家を40台前半くらいのA夫婦が購入し、リフォームして暮らしていた。
    旦那さんも奥さんも穏やかな物腰の人たちで、親しい付き合いはないけど悪い印象はない。
    特に奥さんの方はいつもナチュラル系?な服装で玄関前に寄せ植えのプランターを並べて手入れしていたり、
    クリスマスのディスプレイを可愛く並べたり、身綺麗でおしゃれな奥様という雰囲気。

    今さっき昼食を食べてお茶を飲みながらテレビを見ていたら、買い物から帰ってきた義母が
    「Aさん宅の勝手口のドアが開いている」と言い出した。
    昨日A夫婦揃って出掛けるところに偶然居合わせて「5日の午前中に帰ってきます」と言われたので
    A夫婦はまだ帰ってきてないはず、空き巣だったら怖いからみんなで確認しに行こうとのことだったので
    みんなで外に出て路地を覗くと、確かに風に煽られてドアが開閉している。
    一応義両親が玄関に回ってインターフォンを鳴らし、旦那と私が勝手口から声を掛けて在宅確認することになった。
    風で動くドアを手で押さえながら「Aさーん」と室内に声を掛け……ようとしたらとんでもないものを目撃してしまった。

    台所、超きたない。
    ガスコンロがあるだろうあたりには鍋とフライパンが出しっぱなし、調理スペースにもお皿と何かの空袋が積み重なってる。
    ダイニングテーブルにも空き箱空袋の類と、空か飲み掛けかのペットボトルや何本か並んでいて、
    ゴミ袋がいたるところに転がっているし、食器棚の扉も開けっ放し。
    どう考えても「出掛ける前に時間がなくて朝食の食器をそのままにしちゃいました」レベルじゃない散らかりよう。
    旦那と2人で呆然としていたらインターフォンが鳴り、それで正気に戻った。
    「Aさーん、帰ってきたんですかー」と声を掛けても返答も物音もない。
    急いでドアを閉め、路地に入ってこようとする義両親をさり気ねく、でも必タヒに食い止めて表に出て、
    「ちゃんと閉めなかった上に鍵を掛け忘れてこの強風で開いちゃったんじゃないだろうか」という結論に行きついた。

    真相はどうせそんなことだろうとは思うんだけど、あのA夫婦が汚部屋の主か……と思うと心が微妙に修羅場。

    24 :名無しさん@おーぷん
    昔、高速道路で置き去りにされた。
    旅行の帰り道、家まであと一時間くらいのところで運転中の母と喧嘩した。
    原因は確か私が「ベルばらのアンドレって英語ではアンドリューなんだよ、知ってる?」
    という一言がなぜか母の逆鱗に触れ、突然烈火のごとく怒られ、大喧嘩に発展した。
    ・「知ってる?」とか偉そうな言い方をするな
    ・そんなお前がいい大学に行ってもつけあがるだけで絶対にロクな大人にならない
    ・だから予備校をやめさせてやる
    以上が母の言い分で、
    ・偉そうにしたつもりはない、なんとなく言ってみただけ
    ・高3の10月だか11月だかで今から受験が始まるのに嫌がらせしないで
    ・そもそも母がしつこく行けといったくせにそんなくだらない理由で辞めろなんておかしい
    以上が私の言い分だった。今でも私はそこまで悪くないと思ってる。
    売り言葉に買い言葉で親子喧嘩はヒートアップし、とうとう母は片手ハンドルで私の髪の毛をつかんで振り回し始めた。
    この時点でも相当危ないんだが、「やめろキ××イ!こ×す気か!」と叫んだことでとうとう母が運転の合間に両手で私のことを殴り始めた。
    もうめちゃくちゃあぶないしタヒぬかと思った。当然だけど運転中だから抵抗もできない。
    で、「おろせ!」って思わず言っちゃった。間違いなくこのままだと事故を起こすと思ったから。車フラフラだったし。
    私は助手席から後部座席に移動するつもりでおろせ、って言ったんだけど、車から降りた途端に走り去られた。
    後部座席のドアにかけていた手がはじかれてものすごく痛かった。

    295 :名無しさん@おーぷん
    私の元夫は自宅に相手を連れ込んでの浮気をした。
    当時、元夫は転職に失敗して事実上無職状態。
    (就職はしていたけど仕事は一切ない状態)
    生活費の他にローンだの元夫母の病院代だのがあり
    私はシャカリキになって働いていた。
    その出張中に連れ込んだ。
    正直言って私ももう愛情は冷めていた。
    だから元夫完全なる有責で離婚できるのは朗報だった。

    なんで連れ込みがバレたかというと、
    現場を見たのではなく相手が痕跡を残しまくったから。
    元夫が私の悪口を言いまくったせいもあり、
    私にマウンティングするつもりでやったんだろうけど
    それが、その痕跡がね、超きったないw

    陰毛や茶髪ロンゲの髪の毛をたくさん落とし、
    トイレには生理用品、台所もグチャグチャ。
    洗面台には化粧品類、パフとかすっごい汚れてる。
    マニキュア付きの爪の欠片(切ったやつ)、
    タオルに口紅、玄関には泥や埃。
    ゴミの入ったブランドショップの紙袋。
    もちろん使用済みのコン○ームもこれ見よがしにw

    早朝にヘトヘトで帰宅してそれらを見て、
    すぐに元夫を叩き起こして現状確認をして貰った。
    もちろんその場で離婚したい旨を告げた。
    その時に元夫に「汚いな、しかしきったないなw
    一応彼氏の家でしょ?なんでこんなに汚くできるの…
    離婚するしもういいけど、本当に汚いよね…
    気持ち悪いなあ、どういう育ちなんだろう。病気かな」
    ってしみじみと言ってしまった。
    元夫は黙って項垂れていた。
    折角なので翌日までこのままにしてもらい、
    元夫母&私兄&兄紹介による弁護士さんを呼んだ。
    元夫には相手の女性を必ず呼ぶように言った。
    (その間、元夫から鍵を取り上げた上で家に鍵をかけ、
    私はホテルへ、元夫は知らない)
    翌日、親族はみな絶句。元夫と相手女性は真っ赤になって
    何を聞いても黙ってた。
    元夫がなんと言って相手の女性を呼んだのか知らないが、
    こういうことだとは思っていなかったようだった。

    963 :おさかなくわえた名無しさん 2015/07/15(水) 04:23:27.78 ID:xP0qPCpOw
    数年前の話
    就職も無事できて、初めて一人暮らしもして、それなりに上手くやってたんだけど
    昔からの友人Aが就職できなくて、それを気にして結構荒れてた
    どうフォローするにしても、就職してる自分の言葉じゃAの神経逆なでするだけだと思って、今までどおりに時々飲んでAの愚痴聞いてた
    けど、それすらAには面白くなかったみたいである日飲んだ帰りに階段から突き飛ばされた
    結構酒には強い方だし、特にふらついてもいなかったんだけど
    不意うちな上、運悪く冬場で階段に薄く氷が張ってて滑って転げ落ちた
    それだけならまだ全身痛いくらいですんだんだけど、ものすごく運の悪い事に氷の塊に足を強打して変な方向に曲がった衝撃で足の靭帯切れた
    仕事が医療関係だったもんで、これやばいなと思って突き飛ばしてきたAに助けを求めたんだけど、そのままAは帰ってしまった
    真冬の夜に歩けない状態で、野外の階段下に放置
    結局、どうにか這って階段上って落とした鞄から携帯で救急車呼んだんだけど
    救急車待ってる間に天気悪くなって本気で凍タヒを覚悟した修羅場

    もしあの時意識失ってたら確実にタヒんでたと思う

    973 :名無しさん@おーぷん
    結婚したばかりの20代後半の頃、スーパーの品出しのパートやってた。
    ある日、ベビースターラーメン並べてたら横に仁王立ちしてる女がいるのに気づいた。
    「何かお探しですか?」って言ったら、私の名札を見て「山田さん(仮名)ね!?」と言われたので「はい」と答えたら
    2報復ビンタ食らって、向う脛蹴られて、「泥棒猫!くたばれ!」って怒鳴りながらおまけの片道ビンタくらった。
    回りのお客さん固まってるし、客の子供は泣きだしたし、私は身を守ろうとして転倒して
    その時に商品棚で頬骨のあたりを切って流血。(部位は一応フェイクね)
    警備員が来て大騒ぎになって、女は連れて行かれて私はパート仲間に支えられながらバックヤードへ。
    頬の傷は思ったより深くて、運よく近くに形成外科のある病院があったのでそこで治療して
    戻ってきたら支店長に呼ばれた。女もまだそこにいた。それと見た事あるけどよく知らない男性店員もいた。
    そこで判明したのは、山田さん違いでの被害だったこと。
    女の旦那(その男性店員)もうちのスーパーに勤めてて、同じ職場の別山田と不倫関係にあって、その別山田と間違われてた。
    (説明下手でごめん、わかる?)
    別山田はその日シフトが休みになってたんだが、よくある苗字なのに同姓ってだけでよく確認もせずに私は殴られたようだった。
    女は泣きながら謝ったけど、私は問答無用でいきなり暴力を受けた挙句に顔に怪我させられて、許せる心境じゃない。
    店長には「あなたが決めなさい」と言われたので警察に被害届を出した。
    目撃者もたくさんいたし、傷害罪で女は逮捕されたが
    女夫婦と女の両親と弁護士がきて、うちの旦那も一緒に話し合いになって220万の示談金で一応解決。
    示談金はたぶんかなり高額なんだろうと思う。
    けど、顔を縫ったし公衆の面前で殴られて転倒して
    むっちゃ恥ずかしかったし痛かったし、決して高いとは思わないし納得してるわけでもない。
    けどとにかく早く解決して忘れたかった。
    女の旦那の不倫相手は面の皮が厚いというかなんというか、不倫が店中にバレてもパートは辞めなかった。
    そりゃあプライベートなことだろうし、私に暴力ふるった女がやったことはそいつには関係ないんだろうけどさ。
    だから私の方が辞めた。女夫婦は離婚したが、別山田とも別れて旦那は店を辞めた。
    一番悪いのは不倫した旦那と別山田。それは間違いないんだけど、不倫された女(奥さん)も感情だけで動くなよと。
    幸い顏の傷は知ってる人がじっくり見ないと分からないぐらいになったからいいけど
    しばらくはハッキリ残ったらどうしようって不安ですごく苦しくて、まさに修羅場だったわ。

    341 :名無しさん@おーぷん
    暴力表現あり
    大昔の話なので、いろいろ時効
    年齢はすべて当時

    いつも行くスーパーでの出来事
    そこにはよくあるキチ親子が出現していた

    母親が買い物中、ガキ(体が小さく落ち着きがないので小学1〜2年生かと思っていたが、実際には5年生だった)をスーパー内で放流してしまう
    そのガキはスーパー内を駆けずり回り、陳列棚にぶつかって商品をばらまくこともよくあった
    親はそばにいるときは見て見ぬふりか、「あらあらだめよー(棒)」と上の空で言うだけ
    また、ガキは試食コーナーも荒らすことがあり、ひどい時は総菜コーナーの試食品ではない商品にまで直接手を付けて食べ散らかしたこともある
    この時は、俺が直接注意したがガキは聞く耳持たず、顔見知りの店長に伝えて、その店長が親子に厳重注意してくれた
    母親は「子供のすることだから」とファビョってたが、店長は毅然とした態度で挑んでいた
    一応その後は店の警戒も強まり、キチ親子もおとなしく買い物するようになったようだが、最近その時の店長が栄転で異動になってしまった
    新店長になったら、警戒が緩んだのかまたガキが暴れるようになった

    その日のガキは陳列されている寿司に、どこからか勝手にとってきた串を突き刺して遊んでいた
    俺はうんざりしながらそれを見て、頼りないけど一応新店長に伝えようかな、と思っていた
    すると、俺と手をつないでいた娘(2歳半、最近口が達者で、妙に正義感が強い)が、ガキのところへ走って行き
    「食べ物で遊んじゃダメなんだよー」と言い出した
    俺が以前注意したのを見ていて真似たのだと思う

    ガキは相手が子供なので勝てると思ったのか、娘を突き飛ばした
    娘はそれくらいじゃ泣かないのだが、ガキは更に娘を蹴ろうとしてきた
    俺はあわてて、娘の前に脚を出して、ガキの蹴りを受け止めた
    するとガキは今度は「キエ〜!」とか奇声をあげながら、持っていた串で娘を刺そうとしてきた
    さすがにガキを殴るわけにもいかないので、ガキの胸に手を当てて突進を押しとどめた
    しかしガキは、今度は俺のその手にかみついてきやがった
    ここで殴ればよかったのだが、それをせずになんとか引き離そうとしてみたが、ガキの歯が手に食い込んで離れない
    あとからわかったが、俺の手には歯型+肉が少し抉れて出血、という状態だった
    その上、今度は串を俺の手に指してきて、これも出血

    そうこうしているうちに、俺が娘につまずいてしまい倒れそうになった
    娘の方に倒れるわけにもいかないので、無理やり体をひねってガキの方に倒れ込んだ
    総菜コーナーの低い冷蔵庫の陰に俺とガキが2人で倒れ込む形になった

    ここまでが店内カメラに残っていた映像


    続きます

    347 :名無しさん@おーぷん
    中学2年の林間学校での出来事。
    うちの中学は1学年5クラスだったが、それとは別に1クラス特殊学級ってのがあった。
    いわゆる知的障害の生徒のクラスで、そのクラスは普段は近くにある小学校の校庭の隅に独立した専用校舎?があった。
    運動会や何かの行事のときだけ先生が引率して中学の方に連れて来るんだけど、そこの生徒は2年生は2人だけだったし
    私は5クラスの一番最後のクラス(5組)だったので、うちのクラスと行動を共にすることが多かったんだよね。
    で、林間学校の時に事件は起こった。
    実はその前年までは特殊学級の参加はなかったんだ。
    だけど父兄が他の子たちと同じように思い出を作ってあげて欲しい、参加させてほしいって訴えての参加。
    その2人は、先入観があるせいか多少おかしな雰囲気(話し方とか表情とか)はあったけど最初は特に危ないって意識はなかった。
    普通に話し掛けて、普通に一緒に笑ったりもした。
    林間学校では基本的に山の家と言われる施設で寝泊まりするんだが、一晩だけ近くのキャンプ場でテントで暮らす。
    そのテントを張っている時に、特殊学級の男子生徒が木槌に興味を持ってあちこちトンカントンカン叩きだした。
    私、その班のリーダーやってたから何となく危ないなと思って先生に軽い感じで「ちょっと危なそうなんですけど」って話した。
    そしたら先生が「じゃあ木槌取り上げといて」って言うんだよね。
    えー、私が?とか思ったけど先生忙しそうだったし、どういうふうに言おうか迷って
    同じ班の男子A君が気が付いてくれて「どした?」って聞くから事情を話していたまさにその時
    材料を運んできたワゴン車のボディをガッシュガッシュ叩きだしたので慌てて冷静さを失ってしまった。
    A君が後ろから羽交い絞めにして私が木槌を取り上げようとした。

    610 :名無しさん@おーぷん
    田舎から大都市に出てきて、就職したばかりの20歳の頃。
    私が好きだった人が事故に遭って病院に運ばれたとき
    好きな人のお母さん(気に入られ、可愛がられていた)と病院に行ったら
    好きな人の婚約者が治療室の前で待っていたという修羅場。

    彼のお母さんから婚約者がいることは聞かされていなかった。
    いつも「あの子は昔から女っ気がなくて…。私さんみたいなお嬢さんが
    彼女だったらいいのに」と言われていて、私は母親公認の恋人未満友人以上
    みたいな存在だと思い、まったく疑っていなかった。
    だから彼も、婚約者も修羅場だったと思う。

    彼の視点でみれば、完全に私は母親に取り入って近付いてきたストーカー。
    私は、すごく面倒見のいい優しいおばさんだと思っていた人(彼の母)の
    闇を知ってしまって、しばらく人間不信になった。
    恋愛も、自分から踏み出すのが恐くてできない。

    最近になって、彼は結婚して婚約者の名字になったと聞いて、ちょっとだけ安心している。

    945 :名無しさん@おーぷん
    豚切ですみません。2ch書き込み初めてで、マナー間違ってたらすみません。
    6年前に遡る出来事です。

    ≪当時の年齢≫
     私:20歳大学生
     A男:私の幼馴染。21歳勤労学生(システム関係の会社を友人と起す)
     A妻:19歳専業主婦
     A夫妻は出来婚で当時10ヶ月の子どもがいました。

    私と友人のA男は幼馴染でしたが、
    中学時代にA男が祖父母宅へ引っ越し、その後一切連絡を取っていませんでした。
    A男が大学入学をきっかけに通学圏内の地元に戻ると、家が近いのでまた顔を合わせるようになり、
    私の両親も昔からA男を知っているので以前同様可愛がっていました。
    (為念、特に我々には恋愛感情とかそういうの一切ないです)
    そんな関係です。

    時は流れ、A男21歳のとき、失礼ながらちょっとメンタルが弱い感じ女の子と付き合っていました。
    彼女(A妻)の妊娠をきっかけに入籍し、A男は大学に通いながら友人とシステム関係の会社を起業し、
    なんとか家族を養いながら大学を卒業しようとしていました。
    大学の講義受けて、夜中まで仕事して、家に帰れないのもザラだと言っていました。
    きっと、察するに、家にはほとんどいなかったんでしょうね・・・嫁任せ。

    ある冬の朝8時頃、ケータイが鳴りました。A男でした。
    1年近く顔を合わせず連絡も取っていなかったので何事かと驚きましたが、
    出てみると様子のおかしさにもっと驚きました。

    「何でもいいから、服を買ってきてほしい」というのです。

    続きます

    629 :名無しさん@おーぷん
    もう3〜4年くらい前になるかな。
    その当時は県外の高校に進学したためマンションで1人暮らししてたんだ。
    両親が「女の1人暮らしはセキュリティが大事だ!」って言って、学生専用のオートロック付きマンションに住んでた。
    今考えたら私が底抜けの馬鹿なんだけど、家の鍵の開け閉めが面倒くさいからと、鍵を掛けずに出かける事が度々あったのね。
    エントランスはオートロックなんだし大丈夫だよねーって感じで。

    その日も朝遅刻しそうだったのもあって鍵開けっぱなしで学校へ。
    授業料受けて放課後は部活やって。
    部活終わりに友達と喋ってて急遽友達ん家にお泊まりしに行くことに。
    じゃあ荷物取ってきて鍵もかけなきゃーって、友達ととりあえずうちに向かう事になったのね。
    家に着いてドアノブを回したらガチャッてなって開かない。
    (あれ?朝鍵かけ忘れてた気がするけど勘違いだった?)と考えながらも鍵を開けて部屋に入ったんだ。
    そしたらなんか違和感。
    それぞれの家にはそれぞれの匂いってあるじゃん?
    入った時に自分の部屋とは違う匂いがしたんだよ。
    なんか変な胸騒ぎがして、「あ、そういえば生理用品切れてたんだ!ちょいコンビニに着いてきて〜。」って友達と部屋を出て急いでエレベーターで1階に降りてマンションから出た。
    そこで友達に部屋で感じた違和感とかを話して交番に行く事にしたんだ。
    自分達だけで部屋に戻る勇気なかったし。
    交番で事情を話したら私の気のせいなだけかもしれないのにおじさんお巡りさんが一緒に来てくれる事に。
    「気のせいなら気のせいで、何もなくてよかったねって話なんだからさ。」って言ってすごく優しかった。
    マンションに戻って家の前に着いて鳥肌。
    廊下に私のスニーカーが片っぽ落っこちてたんだ。
    慌てて玄関から出て蹴りだしちゃったって雰囲気。
    もちろん私と友達が出た時にはなかったよ。

    つぎで終わる。

    このページのトップヘ