悲しい話

    41 :鬼女日記 2015/09/29(火) 12:49:56 ID:NBs
    夫と夫の部下夫婦がスレタイ
    私は昔から男の子が産まれたら泰文って名前を付けようと決めていた
    しかし今のところ二人続けて女児が生まれていて付ける機会がないので、いつか男の子が産まれたらと思って大事に温めていた

    だけど先日夫の部下夫婦のところに二人目が産まれて男の子だったそうなんだけど、泰文って付けた
    夫が俺名付け親になっちゃったよ~とか言うもんだからはっ!?と思って聞いたら、
    男の子の名前に悩んでるって部下に言われたから泰文はどう?って提案したところ、部下とその嫁が賛成してそのまま付けちゃったんだと
    しかもそれを言われたのは昨日で、産まれたっていうのは先月くらいに聞いたから確実にもう出生届出てるだろうからもう取り消してももらえない

    悲しくて悔しくて昨日から夫と口きいてない
    男の子が産まれたら絶対に付けるって決めてたのに何で他人の子の名前で提案すんの?
    何でただの上司が提案した思い入れもないような名前をそのまま我が子に付けるの?
    もしこれから男の子できたとしても部下の子と同じ名前なんて付けられない
    でも男の子だったら泰文って名前付けたかった
    もう嫌で嫌で頭痛くなってきたよ

    170 :鬼女日記 2015/06/11(木) 09:48:37 ID:yQmpVyC0.net
    >>169
    よっぽど母息子で受験を頑張ってきたんだろうし
    咄嗟にそうなるのはわからないでもないけど
    何となく恥ずかしい行為ではあるので人に言うもんじゃないよな


    自分の冷め
    一方的に憧れていた職場の先輩。
    冷静で寡黙、でも頼れる存在で密かにいいなと思っていた。
    ある日美容室にかかっている時、後から入店してきた男性.の姿を見るとその先輩。
    座っていたので気が付かれる事もなく、そのまま離れた席に座って行ったので
    このまま何も言わなくてもいいや、程度に黙って座っていた。
    でも憧れの先輩、ドキドキしながら座っていたら暫くすると先輩がいる方向から先輩のものと思われる声が。
    ものすごくよくしゃべるしゃべる…店内に響き渡るようなデカい声で。
    その後私はシャンプー台へと移動したが、シャンプーのガシャガシャ音も邪魔されないくらいのでデカい話し声。
    ただ単におしゃべりならいいけど話してる内容は仕事の文句ばかり。
    しかも上司の文句とか、普段慕ってくれている同僚と思われる人の悪口オンパレード。

    普段が普段だけに、二面性.を見たようで怖くなってしまった。
    もちろんオンオフはあるだろうけど、こんな場でみんなから聞こえる声で会社の悪口言ってる事にも。
    先輩はカットのみだったので結局先に店を出たので気が付かれる事もなくホッとしたと同時に
    一方的にとはいえ抱いていた恋心も消滅してしまった

    269 :鬼女日記 2009/07/23(木) 10:56:14 .net
    今日じゃなくて、昨日全て終わったので記念カキコ。
    読み辛い&うぜーかも知れないが、吐き出させてくれ。

    元妻が元妻の上司(×1独身)と不倫してた。元妻実家認容。
    結果、妻に使い込まれた金+慰謝料(退職金半分)+離婚。
    元妻上司からも慰謝料(退職金)を頂き、会社は解雇(自主退社扱い)。
    おまけで元妻実家(義理両親、義弟、義妹)を家から追い出し+家のリフォーム代半額。

    状況ですが、俺の両親は共に鬼籍入り&俺一人っ子。
    両親が残してくれた家と遺産+遺産の資産運用で、まぁそれなりに生活は楽。
    俺自身は元々高校中退のヒッキーで、ヒッキー時代からやっていた株転がしで蓄えはそれなり。
    口座を4つに分けて、元妻には生活用と貯蓄用の2つを渡してた。
    残りは俺の趣味用と資産運用用(遺産+資産運用+株転がし)。
    今は車の板金塗装&コーティング&カスタムパーツ店経営。

    元妻とは祖母と伯母(祖母と伯母は同居)の紹介で半年の交際を経て結婚。
    結婚一ヶ月後に元妻の頼み(家が2世帯住宅だった)で元妻実家が家に転がり込み、家は俺のなのにマスオさん状態。

    で、夫婦生活半年位から全ての様子がおかしい。
    元妻は俺との接触(日常会話、夜の生活)を拒むし、元妻実家は俺を居ないモノとしている模様。
    例えば、元妻は
    話しかける→「仕事で疲れているから後にして」+「会社で働いた事無い人はこれだから…」
    夜の生活→「あなたはそれしか考えられないのか」(入籍後片手で足りる程しかしてませんが)。
    元妻実家は
    話しかける→無視
    食事(これは転がり込み時に元妻母が自分からやると言っていた)→「自分で用意して食べてくれ」
    元妻両親は「血の繋がっていない人間が居ると疲れる」
    元妻弟は「ヒッキーかよ、キモっ」(今はヒッキーじゃないんだけど…)
    元妻妹は「油くせーし、きったねーんだよ、近寄んな!」

    そしてそれぐらいから、元妻の帰宅時間がほぼ午前様+出張が急増。
    段々嫌になってきて、店の近くのマンションを借りて平日の生活の場に。
    両親が建てた家を俺が居ない時に何かされたらたまらんと、隠しカメラ(音声も取れるヤツ)を全部屋(除く元嫁両親、元嫁弟、元嫁妹の各部屋+風呂場+トイレ)に設置。

    適当に映像確認したら凹む事実が…
    俺がマンションに居る平日は、知らないオッサンが毎日家に寝泊まり食事に来てるのが映ってた…orz
    当然夜の生活も毎日元妻としてた。しかも元妻実家も親しく接してやんの。
    皆で俺の悪口オンパレード…
    その中で、貯蓄用として渡していた口座から金を引き出しオッサンに車(後にLS600hLと判明)をプレゼントした事も発覚。
    まぁ元妻側からしてみれば、会社経営とは言え板金塗装屋やってる俺より一部上場を狙ってる(当分無理だが勢いは有る)会社の次長の方がよく見えたんだろうなぁ…端から見りゃエリートコースだし。
    俺、そこの会社の代表と親戚(祖母の従兄弟で、祖母とは非常に仲が良く俺の事も可愛がってくれてる)で、更に会社の株も1/10程度(祖母からの生前分与)だけど持ってるんだけどなぁ…
    見合いの時に、元妻の社長の遠縁って紹介されてただろうに。

    凹みまくって祖母に相談。
    祖母は元妻を紹介した事に謝罪してくれて、更には教え子(祖母は元教師)だったという弁護士を紹介してくれた。
    弁護士は、隠しカメラとはいえ自宅に付ける分には何の問題ないという事と、それらが十分以上に証拠になるという事で離婚に向け直ぐに動いてくれた。
    祖母から話しを聞いた親戚は、直ぐにマンションに来てくれて会社に一緒に行こうと言ってくれた。

    で、翌日親戚と一緒に会社へ。
    たまたま元妻と会ったんだけど、「何しに来たの!恥ずかしいから帰って!社長、申し訳ありませんっ」とか何とか。
    それを親戚が「私が連れてきたんだ。私の従姉妹の孫が恥ずかしいのか?仕事に戻れ!」で突っぱね。元妻アワアワ。
    それから親戚と、オッサンと元妻の上司の部長さんと色々と話し合い。
    その結果、弁護士と相談して多少の変更はあるだろうが方針としては
    ・オッサンと元妻は自主退社という名の解雇。
    ・退職金は全て慰謝料として俺に。
    と決まった。
    但し告知は弁護士から内容証明を送ってから、という事に。

    848 :鬼女日記 2017/11/03(金) 08:36:21 0.net
    この前息子家族が来た時、3歳の孫が紙に何か一生懸命書いてたのね
    何書いてるの?と声をかけたら、嫁がおばあちゃんの顔みたいです、と返事してくれて、孫に向かって、バァバにあげようねと言ってくれた
    孫もウンと頷いてくれて、私は嬉しくて仕方なくて、あら嬉しいーなんて言ってた
    ところが、できた!と言った後、ママ、バァバにあげるからカバンいれて!と
    え?と思ったら嫁も、バァバ喜ぶかな、と言いながらカバンへ
    どうやら嫁のお母様のことだったようで…恥ずかしくて悲しくて、どうにかなりそうだった
    よく考えたら、孫は私のことをバァバなんて呼ばない

    807 :鬼女日記 2016/02/05(金) 02:42:08 ID:e1Y
    修羅場かどうかわからんけど、この時期になると思い出す話

    さらっと昔話すると、僕の家族はみーんな16~17のころにタヒんじゃった。
    16の時に親父で、17の時母・弟・妹ってな具合。他の親戚はとうの昔にタヒんでた。
    役所いっても「プッ働けばw」みたいな事言われたから、高校辞めて働くことにした。
    2年までは進級してたから、一回辞めてお金貯めるか奨学金通ったら夜間に通おうと思ってた。
    唯一生きてる父方の祖母に保証人になってもらったり協力はしてくれたけど、
    かなり高齢だし自営で年金も大してなかったから、金銭的な援助は無理だった。
    家借りれる金が出来るまで、知り合いのガレージを間借りしてたりもした。

    そのころの生活は辛いのなんの。
    狭い部屋で暖房もなくて、家にいるときはずっと布団にくるまってた。
    畳でよかった。フローリングならタヒんでた。
    食べる物もろくに買えなくて、安い小麦粉買ってきて塩と水で練ったものを茹でたのが主食だった。
    もったいないから水で薄めた醤油に付けて食べて、時々安売りの野菜と卵買ってきて、
    お好み焼きみたいなの作るのが贅沢だった。ソースは高いから醤油オンリーだけど。

    18になって夜勤ができるようになって、スーパーに卸す食品工場で働いた。
    この時期は、関西ってのもあって恵方巻作りのシフトは夜通し働いた。
    節分なんてあんまりやらない家だったから、初めてまじまじと見たけど「ただの太巻きやんけ…」と思った。
    世の中の家族はこんな良いもん食ってんだな~なんて思って羨ましかった。

    でもその恵方巻は沢山廃棄されてた。それだけじゃなくてお惣菜とかも。
    工場で破棄する分もあって返ってきてたから、あまりの量にびっくりした。
    店舗廃棄も含めるともっと多いんだろうね。
    言うほど売れないもんだし、どこでも売ってるからな…。

    その時なんの意識もしてなかったけど涙が出てきた。
    なんでこんなに僕は腹空かして我慢してるのに、頑張って作ったのに、食べれるのに捨てちゃうんだろ。って。
    でも誰も顔色一つ変えずにポイポイ捨ててた。
    工場やスーパーからしたら、見切り品で食中毒なんてシャレにならんし、捨てるのが一番らしい。

    その日僕は人生で初めてゴミを漁った。ゴミ袋を回収に来る前に、廃棄された惣菜をこっそり持って帰った。
    とても悔しかった。なんでこんなことしなきゃいけないんだろうって事ばかり考えてた。
    それでもゴミの中から漁った久々の米はおいしかった。
    寒い時期で常温でも冷蔵庫みたいなもんだから、お腹一杯食べれた。

    68 :鬼女日記 2016/03/12(土) 13:24:48 ID:OXs
    うちのとーちゃんの料理はおいしい
    冷蔵庫のありあわせのものでつくるチャーハンは、材料によって味付けが変わるんだけどいつも絶品
    最近単身赴任で遠くに居るのであんまあり食べられない

    かーちゃんは料理下手ではないけど、料理は好きじゃないと常々言ってる
    その割に自然志向で、化学調味料とか添加物にうるさい

    かーちゃんの誕生日にとーちゃんと兄弟2人手伝って、気合いの入った御馳走作った
    弟はレタスちぎってただけだけど

    かーちゃんはPTAの会とかだったんだけど、予定より遅く帰ってきた上に
    御馳走ばくばく食べながら、色々料理に注文つけた
    ビーフシチューに肉を2種類も使うのは無駄だ、とか、スープのベーコン、加工食品は体に悪い、とか
    俺は我慢できなくて、そんなことないよ、このフライだって化学調味料一切使ってないよ、
    俺見てたもんって言ったら、ビール使ったって言ってたでしょ、ビールにも色々入ってるの!だって

    とーちゃん、気にしてない風を装ってたけどダメージでかかったみたいで
    赴任先からの電話ががたっと減った

    461 :鬼女日記 2016/04/23(土) 22:14:31 ID:k37
    私の縁談をぶち壊し、キチな行動で周囲全部に迷惑かけ続けてた毒親。
    絶縁してたんだけどどうやって調べたか、数年ぶりに電話かけてきた。
    病気で余命が、というので
    「やったー!いつタヒぬの?今日?明日?
    なんだー一年以上かかるのー?タヒんでからにしてよね連絡」
    ひどいと言われたので
    「だって若い時からタヒぬタヒぬ☆詐欺してたじゃん!
    やっと本当にタヒねるよ!よかったね!☆」
    「大丈夫!私にやったみたいに、何日も食べ物も水も取れないようにしてたら
    きっとすぐタヒねるよ☆」
    戻って奴隷しろと言われたので、
    手拍子しながら自分が肺炎になった10歳の時にかけられた言葉をそのままかけてやった。
    「しーね!しーね!しーね!しーね!」
    気が付いたら電話が切れてた。
    笑いながらしねしねコールしてたのに、なぜか涙でぐちゃぐちゃ。
    電話もメアドもまた全部変えた。
    住所知られたかはわかんないけど、また家探さなきゃ。

    誰にも大切に思われず、孤独にタヒんでいくのがあんたの受ける報いだよ。
    唯一の肉親に心の底からタヒねって思われたままタヒんで池。
    早く一年たたないかな。

    100 :鬼女日記 2015/02/04(水) 00:46:55 ID:mKo
    後悔してもしつくせない私の修羅場

    昔4歳の頃、家のお風呂が壊れたので銭湯に行ってた
    4歳でもう一人でお風呂に入れるので、お気に入りの金魚とアヒルの玩具を持って、父や祖父と別れて女湯へ
    そこに私より少し背の小さい、言葉もたどたどしい子がいた
    その子は私のおもちゃに興味津々だったので、貸してあげた
    でもその子、左手の指が無かったんだ
    右手だけだとうまく2つの玩具が持てなくて、私が片方運んで洗面器に浮かべたりしてた

    家はどうせだから建て替えようという話になっていて、それから半年は銭湯に通い続けてたと思う
    時々左指の無い女の子とも会った
    その子の左手は指がある場所がぷっくり丸くなっていて、私はこの子は成長したら指が伸びてくるんだと信じて疑わなかった
    だから言っちゃったんだ
    ある日「私はなんで左指無いのかな」ということをたどたどしく聞くその子に
    「大きくなったら生えてくるよ」って
    その子は嬉しがってぴょんぴょん跳ね回った

    でも次にあった時、私とは目も合わせてくれなかった
    当然だよね、適当なことを言って期待させたんだから
    そして絶望のどん底に叩き落としたんだから
    その子は母親と祖母と銭湯に来てたんだけど、母親に涙目で怒鳴りつけられた
    あの子はやっと指を諦めたところだったんだ、それを期待させるようなことをして、と
    その後は話しかけても答えてくれなくて、母親も話しかけないでと強く言ってきたのでちゃんと謝ることもできなかった
    そうこうしてるうち、新しい家ができたので引っ越すことになった
    私は銭湯のおばちゃんに、その子と遊んだおもちゃと手紙を託した

    あれから20年たって記憶も風化して、その子の名前も思い出せない
    おかっぱ頭の笑顔が素敵なあの子
    あの時の手紙を受け取っていてくれたらなと思う

    このページのトップヘ