悲しい話

    639 :鬼女日記 2016/09/12(月) 20:28:02 ID:dOB
    母親の私に対しての扱いにモヤモヤしてる。

    10ヶ月の子どもがいるんだけど妊娠したことを伝えたら真っ先に言われたのが「うちお金ないんだけど!!」だった。
    そのタイミングで妹が体調を崩して入院したのと、施設に預けてる弟が背骨を折ってその手術が重なってしまって私の結婚のお祝い10万円をとられた。
    切迫早産になって入院したときも職場の愚痴と嫌なやつを虐めてやったよ!って話を聞かされて不愉快だった。

    二年前に父が亡くなって8桁の保険金と、私がしばらくの生活費として50万渡していて母親も看護師としてパートだけど働いていてる。
    妹は国立大に受かって母親の仕送りで一人暮らししてるし、振り袖は買ってたけどそんなにすぐにお金ってなくなるだろうか?
    ローンも借金はないけど。

    子供が産まれたときも「お金がないからお祝いは分割でもいい?」って聞かれて貰いにくくて断った。

    最近だけど「妹に自分のお金を全部つぎ込んで老後は私の世話になるのは悪いから、頑張って働く。」って話していて私が母親を引きとって老後の面倒みると思っていたことに驚いてる。
    私は義実家の敷地内で別居してて、母親はそこに入り込むつもりでいたのかな。

    今後も色々とたかられそうで怖い。

    479 :鬼女日記 2015/08/08(土) 08:20:57 ID:iXy
    うちの母は兄を超溺愛している。
    兄が結婚した時、正直言って「息子を取った!って嫁いびりするんじゃないかなー」と心配だった。
    でもそれは杞憂だった。母はびっくりするほど良い姑になった。
    実の娘のように可愛がった。本当の実の娘である私のことは相変わらず空気だったがw
    同居したがるとか、盆正月に無理に呼び出す事もなかった。

    しかし3年ほどして兄が浮気した。
    兄嫁がどうと言うんじゃなく、単純に新鮮味がなくなった、飽きたってことらしい。
    浮気がバレた時、兄は堂々と
    「他に好きな人ができたんだからしょうがない。経産婦の妻はもう女として見れない。
    妻が許さないというなら仕方ないから離婚する。父さん母さん弁護士頼んで」
    と実家に言いに来た。
    父も私も兄も、いつものように母が「息子チャンはしょうがない子ね~ハイハイわかったわ」と言うと思った。
    しかし母は泣いて怒り、兄をクイックルワイパーでどついて追い出した。

    泣く母の背中をさすっていたら「娘ができたみたいで嬉しかったのに」と言われ、内心修羅場というか複雑。
    いや、娘(私)は21年前から一応いますが…
    母の脳内で、いったい私の存在はどういうことになってんだろうか。

    695 :鬼女日記 2017/12/23(土) 16:34:33 ID:1LwePIfea.net
    吐き捨て。
    嫁は17の現役JKで俺のことをおそらく愛していない。
    なぜなら嫁親は金目当てで俺と結婚させたから。
    嫁親の目当ては俺の不労所得。このままじゃ嫁が高校も大学も無理なので金がある俺の家に嫁がせた。
    年の差は30以上で、俺は腹の出たおっさん。俺個人に魅力はない。
    嫁は「俺さんのことは愛してますよ」と言って、バイトもしてくれるし、家にお金も入れて、料理も美味いが、そういう行為は泣きながら受け入れてるので、やはり俺のことは好きではないのだろう。
    嫁とは俺母経由で知り合った。
    嫁母と俺母は勤務先が同じで、そこで不労所得のことを聞いて、俺のとこにやれば娘は大学までいけるだろうと踏んだ。
    俺はこの歳になっても彼女もいないから、若い娘をやれば簡単にお金を出してくれると思ったんだとか。
    ある日嫁母と俺母に連れられて俺の家へ。そのまま2人で食事。話は弾まなかった。
    別れ際、嫁の方から手を繋いでくれたけど、今思うとあれも計算のうちだったのかもしれん。
    嫁の本当の気持ちはわからない。
    でも俺は嫁を愛してるし、学費も払っていこうと思う。
    あんま馴れ初めって感じじゃなくてすまん。

    389 :鬼女日記 2015/09/22(火) 21:57:19 ID:B0B
    転職した先で悩むことがある。
    誰にも相談できず、だんだんと仕事そのものに行くのがつらくなってきた。
    そんな気持ちを3か月くらい抱えて、ふとぽろっと夫に
    「仕事が辛い」
    ってこぼした。本当に一言だけ。
    (まず愚痴とか相談とか皆無。そのときだけ何故口から出たのか自分でもわからん)
    帰ってきた言葉は
    「つらくない仕事なんてあるわけねえだろ」

    あ、はいそうですね。

    201 :鬼女日記 2015/12/12(土) 07:01:08 ID:Fzz
    ある時期まで母は私だけ可愛がって姉に異様に厳しくしてた
    小さい時は暴力。大きくなったら過干渉
    「お前は足が太いから頑丈。学費ぐらい自分で稼げ」っていうわけわかんない理由で姉だけ学費を出さないって宣言されてた
    姉の私物が没収されるのはしょっちゅう。特に携帯が多かった
    昔から貰い泣き貰いゲロと周囲の人に釣られやすいタイプだったから姉の辛そうな顔を見ると自分まで辛くなった
    どうしたもんかと考えた結果、次に没収される時は携帯のブラウザで毒親関連のサイトを開いておいたらどう?って提案した

    ある日を境に母はやたら大人しくなった
    姉に干渉するのも姉を怒鳴るのもなくなった

    最近になって母がポツリと漏らしたんだけど、どうも祖父母もあんまり良い人じゃなかったらしい
    貧乏で子供全員を大事にする余裕がなくて跡継ぎの伯父さんだけ可愛がられた~って
    姉が携帯で調べてた毒親関連の情報(実際は私が姉に指示したんだけど)を見て自分を見つめ直して、長子が憎くて姉を冷遇してたことに気付いた~って言ってた
    結果的にめでたしめでたしなのかな…?

    604 :鬼女日記 2015/06/26(金) 23:14:51 ID:emm
    長文の上に話がごちゃごちゃして判り難かったらゴメン

    私が4~5歳の時、突然父親が家を出て行った
    母親からは「お父さんお母さん『りこん』するから」とだけ説明された
    小学校に上がってすぐ、母親にAという恋人ができた
    Aは私の担任教師だった。当時で30手前くらいの独身
    当然ながら児童の母親と担任の交際は世間的にはまずかったらしく、私は母親とA両方から口止めされていた
    私もよく連れ出されたデートは、夜、かならず車で1時間以上離れた隣街
    デート中、私はAに
    「お母さんと三人の時は、僕のことは『Aちゃん』と呼んでね」
    とニコニコと繰り返し言われた
    Aは「ただ学校では『A先生』だよ」と念を押すことも忘れなかった

    けれど、小1の子供にとって昼と夜で完璧に切り替えるのって難しいんだよね
    ある日ついうっかり、クラスのみんなの前で
    「Aちゃん」と担任を呼んでしまった
    子供心に「まずい」と思い、その場はなんとかごまかしたつもり…だったんだけど
    放課後、私はAに校舎の人目につかない階段に連れていかれ、いきなり胸倉を掴まれてビンタされた
    「この糞ガキ調子にのりやがって」
    みたいな事を繰り返し言われたような気がする
    身体が浮き上がるくらいに胸倉を持ち上げられて苦しかったことと
    往復ビンタを何発もくらって、生え替わりかけでグラグラしていた乳歯が抜けた事も覚えてる
    私は本当にショックで泣くこともできず呆然
    そこに鬼のような形相で
    「この事は絶対誰にも、お母さんにも言うな」
    と口止めされ、子供心に「今度は杀殳される」と感じた

    884 :鬼女日記 2014/12/30(火) 17:09:32 ID:JUp
    隣県住まいの父方祖母が危篤の知らせを受け、旦那に子供預けて行ってきた。
    臨終には間に合わなかったんだが、病院に駆けつけ、ベッドに横たわる祖母を見た時、
    「おばあちゃ~ん(泣)」みたいな悲しみより、「小さっっ!!」と驚いた。

    元々小柄な人(140cm代)だったけど、亡骸となった祖母は「ヨーダかっ」てくらいの縮尺だった。
    病気で寝たきりが3年続いて、筋肉がほとんど無くなったのもあるとは思うけど。
    また祖父が大柄な人だったらしく(40歳前で他界した人で会ったことない)、父やその兄弟姉妹5人
    がみなすごい大柄で、その大柄な6人に囲まれてるので、非現実的なほど小さくて、うっかり吹き出すとこ
    ろだった。

    祖母の最後の顔はちょっと笑ってた。
    「こんなに大きな子たちを、この体から6人も産んで育てたのよ。すごいでしょう」と
    勝ち誇ってるようにも見えた。
    それは確かにすごいことだよね、よくやり通したねと思ったら、やっと悲しくなった。

    354 :鬼女日記 2013/06/28(金) 19:23:57 ID:fbHV/wXL
    小学生くらいになって初めてドリアという食べ物の存在を知り
    食べてみたいと母に頼んだら、近所の喫茶店に連れて行ってくれた
    そこでドリアを食べていたら隣のテーブルに座っていたオバサンが
    喉をおさえながら立ちあがり「うぐー、うぐー」と唸って泡を吹きながら倒れた

    人が倒れるのを見るのは初めてだったし、
    オバサンは床でバタンバタンと痙攣おこしてて
    これはタヒぬかもしれないという状況に硬直するしかなかった
    そのうち救急車がきて、そのオバサンは運ばれて行ったけど
    衝撃的だったのは母のセリフだ
    「人がせっかく楽しく食事してるのに、騒がしい。迷惑だわ」
    普段からそういうことを言う人ならなんとも思わないんだろうけど、
    人当たりもよくてちょっとお節介なくらい世話焼きな人だから
    てっきり側にいって介抱したり「救急車呼びます」って声かけると思ってた
    優しくて陽気で明るい母にあんなに冷淡で薄情な部分があると知ったときが
    幼い私にとっては天地がひっくりかえるほどの衝撃だった
    それからしばらくは「これは母の皮をかぶった宇宙人に違いない」と警戒して、
    できるだけ避けていた
    空にむかって「お母さんを返してください」って泣いたこともあった

    それ以来、ドリアが食べられない。

    115 :鬼女日記 2016/03/20(日) 11:54:45 ID:OCr
    長いけど、ようやく落ち着いたので。あと上の人のが流れますよう。
    私も会社の同僚も30代前半。
    私はバツイチ子持ちで、子供は小学校高学年、離婚後7年くらい。
    離婚原因は、元旦那の浮気で、特に旦那親の介護中に浮気相手が妊娠したことで別れた。
    同僚は独身で結婚歴なし。告白されたけど子供のこともあるしと断り、それでも数年にわたって何度か告白されていた。
    デートする時間あるなら子供と過ごしたいし、恋愛はもういいかなと思っていたけど、数年経って子供が大きくなって私が休みの日でも友達と遊びに行ったり、
    母ちゃん好きな人いないの?俺父ちゃんができたら嬉しいなとか言いだしたりして、ちょっと同僚とのことを前向きに考え始めていた。
    そんなある土曜日、子供は出かけたので、昼間に同僚と会った。
    楽しく過ごし、夕方ごろ息子から今日婆ちゃんちとんかつだから泊まる、明日は婆ちゃんちの棚を直したり電球替えたりしてから爺ちゃんと出かけるから夕方帰るとメールが来た。
    近距離別居の実母がいて、離婚後から出張の時とか仕事で遅くなる時はよく預かってもらってたんだけど、同僚との事に気づいているのかいないのか、あんたいい人いないのとか言いながら、息子の好きなメニューを出したり用事を言いつけては泊めてもらうことも増えていた。
    同僚にそのことを話すか迷いながら、そろそろ夕飯の支度?と気遣う彼に、今日は平気だから夜ご飯一緒に食べようよとだけ誘って、しばらくデートした。
    そしたら同僚が夜ご飯の時、指輪を出してきて、プロポーズされた。
    嬉しい、でも私1人では答えが出せないから今度息子に会って欲しいと返事をして、初めてのお泊まり。
    正直、息子との生活は幸せだったけど大変なことも多かったから、本当に嬉しかった。
    何年も告白し続けてくれて、息子のことも気遣ってくれる優しい同僚だったし、息子にもお父さんができるかもしれないと嬉しかった。
    その後、次の週に息子と同僚初対面。同僚は小学生男子が好きそうなものを調べてきていて、一緒にサッカーもして、うまくいったように見えた。
    帰宅後、息子が今日のおじさん面白かった、また遊びたい、もしかして彼氏?彼氏だったら嬉しいなぁというのを聞いて、中学入学前までに名字が変えられたらいいなと前向きに考えていた。


    このページのトップヘ