ほのぼの

    104 :鬼女日記 2014/08/30(土) 17:35:12 ID:Ue03oE6Ll
    今日のトメ
    妊娠3ヶ月の私のもとに、朝もはよ(10時)から電話で「いまから嫁いびりしにいくわよ!!」と言ってきたトメ。
    やってきてそうそう私のおもてなしを見て「まー嫁子さんお姑様にこんなものを出すなんて!せめてこれくらい用意しなさい!!」となかなかお目にかかれない高級なケーキを渡される。嫁子用意のようかんは「こんなもの!」と言いながら平らげる。
    それから始まるトメ無双。
    嫁子がお昼を用意しようとすれば「○○家の味を教えてやる!」と言いながら嫁子を居間に座らせ持ってきた材料で○○家の味を再現する。
    嫁子が掃除しようとすれば「嫁子は掃除がなっていない!」といいながら嫁子にたまごクラブを渡して家の掃除機がけをする
    しかたがないのでたまごクラブを読んでいると「あそこのやつ全部洗濯機に入れてやったわよ!」と勝ち誇った顔で言ってくる
    そろそろおやつ時なのでお茶の用意をしていると「息子ちゃんに変なもの食べさせてないでしょうね!」と言いながら台所を占拠して晩御飯まで作り始める
    そして最後に「嫁子が貧相だと息子ちゃんまで貧相に見えるんだから○○家の嫁としてそれなりの服装をしなさい!」と封筒に入った三万円を置いて去っていく
    そんなツンデレトメ

    ちなみに上記のセリフの前には「これ勝手にやっちゅうわよ!」とか「ご飯何々勝手に作っちゃうわよ!」とかいった断りが必ずはいるツンデレトメ
    私が動こうとすると「嫁子は邪魔だから寝てなさい!」とお茶をだしながら言うツンデレトメ
    ありがとうございますと言うと「違うから!嫁いびりだから!」と顔を赤くするツンデレトメ
    凄くかわいいです

    ちなみにお義父さんが酔った勢いで「あいつはかわいい。出会いからかわいかった」といった直後真っ赤になりながらお義父さんのズラを奪ってバシバシ叩くお義母さんが今までで一番かわいかったお義母さんの姿でした

    以上、うちの萌え系お義母さんを自慢したかっただけ

    433 :鬼女日記 2013/07/13(土) 13:34:23 ID:tCTcSqIf
    昼過ぎくらいに電車に乗ったときのこと。
    電車はそこそこ混んでて、座席は満席、立ってる人がポツリポツリいる感じだった。

    ある駅で、杖を付いたおばあさんが乗車。
    座ってる男子高校生二人組(AB)の近くを通ったとき、Aがスッと立ち上がって席を譲った。
    おばあさんの真ん前には立たず、ドアの前に移動。それに、連れらしいBも付いていった。

    いい子だな~と眺めてたら、笑いながら大きな声でBがAをバカにし始めた。
    「なにwwお前、アレがカッコイイとか思ってんの?wwキモww」

    こんな調子で、「偽善者Aを指摘できる俺カッコイイ」みたいなBに、悪くなる周囲の空気。
    あんまりにもネチネチしつこくて、何か言ってやろうと立ち上がろうとしたら、すんごく醒めた声で、Aが言い返した。

    29 :鬼女日記 2004/01/30(金) 10:29:00 ID:SJyToyiE
    リアル体験したなごみ。
    商店街を行く途中、前の前を歩いていた高校生が突然ふと横を見て
    「セルリー…」と呟いた。
    その後ろを歩いていた別の高校生も同じ場所で
    「セルリー…」
    なんだ?と思いつつ私もその場所に。
    小さな八百屋さんの店先には種種の野菜、手書きの商品名。
    他は普通だったのだがセ□リの側に立てられた札に一際鮮やかな手跡で
    「セルリー」。
    「セルリー…」
    私の口からも呟きが漏れていた。
    それきり振り返らなかったので後の人が続いたかどうかはわからない。

    488 :鬼女日記 2007/12/28(金) 05:51:33 ID:9TA+eIa80
    502 :名無しさん@自治スレ参加募集中 :04/09/15 05:11:04 ID:7XNCWg4j

    結構大きいお寺での法事の時
    お坊さん三人が登場(親子3代)した。
    最初、初老のお坊さんが普通な感じでお経を唱えてた。
    その後、よぼよぼのお坊さん(大和尚と呼ばれる)が満を持して登場。

    厳然たる空気の中、開口一番
    「にゃ~みゅ~あーび、だーぶ、ちゅ。 にゃ~みゅ~あーび、だーぶ、ちゅ」
    親族一同大変な事になってた。

    で、とどめ
    「だーぶ……だーぶ、ちゅ♪」
    ダメだった……

    終了後、叔母が
    「『あの大和尚は凄い』って聞いてたけど、本当ね」って
    しみじみ言ってたのを聞いて、また笑ってしまった。

    221 :鬼女日記 2007/12/12(水) 21:11:49 ID:3B1ZgPp+0
    去年の今頃、クリスマスまっさかりのときの和み。
    前のバイト先がホームセンターで早い時期から季節物はクリスマス用品になった。
    で、多分二十四日の前日かその辺りのころだったかな。
    眼鏡をかけた御父さんと五、六人の子供達(皆小学生~それ以下ぐらい)がお店にやってきて
    夜のお買い物&クリスマスムードで子供達ハイテンションで(゚∀゚)!!←こんな顔
    ちょろちょろしている子供達をなんとかまとめながらお買い物してたんだけど御父さんがちょっとコソコソしてた。
    何だろうなーと思いながらレジを通してたら、子供達の位置を確認し始める。
    皆レジから離れてて、レジ近くに飾ってある見本のでっかいクリスマスツリーに夢中だった。
    それで意を決したらしく、声をかけてきた。

    (´・ω・)(御父さん)「あの、すみません」
    (゚∀゚)(私)「はい?」
    (´・ω・)「えっと実はこれを別の袋で…」
    (*・∀・)(子供A)「あー!御父さん何買ってんのー!?」

    子供Aの声と共に駆け寄ってくるB,

    355 :鬼女日記 2004/05/02(日) 00:17:00 ID:TKXkvlgg
    結構長い付き合いの友人が、「変身能力」の持ち主であることを知った。

    友人がイベント帰りと言うので、近くを通りかかったついでに、友人を車で拾って帰ることに。
    で、車に揺られてるときに友人の携帯に電話。何やら会社でトラブルがあったらしい。
    大至急友人の仕事場に向かう事になるものの、すでに友人の家のすぐ近く。

    必要書類を取りに、及びに時間が無いとの事なので、自分が車で友人の家に寄ってから会社に送ることに。

    取り敢えずアパートの玄関先に荷物を置くや否や、「靴履いたまま、数字カウントしてて!!」と自分に言うと、
    「オープンゲエェェェット!!(?)」と、謎の叫びをドップラー効果を残しつつ、着ている服を脱ぎながら部屋に突貫。

    十五秒を経たせた時点で、ズボンに足を通し、ブラウスを引っ掛け、上着を片手に部屋から飛び出してきた。
    一秒で廊下を横断し、洗面所へ突貫。覗いてみると、髪の毛を整えながら歯を磨く姿を発見。
    ブラウスのボタンを留めながら洗顔開始、顔を拭きながらベルトを締める人間をはじめて見た。

    それであっという間に自身の体裁を整え、自分の前で一発ポーズを取ってから、「行こう!!」と。

    当時はクソあわただしく、ナゴムどころでは無かったが、今思い出すと友人の慌てっぷりが何だか和んだ。

    けど友人。気付いていたかい?君は凄まじいスピードでスーツを着込んで、
    結局履くべき靴を間違って、ボロボロのスニーカーを履いていたのを。

    何だか書きなぐりっぽいけど、本当に和んだんだよう…

    119 :鬼女日記 2009/08/07(金) 22:59:58
    映画館でならんでる時に見た、結構ガタイのいい男性.二人組

    男性.Aが映画館の入口に置いてあるハチのぬいぐるみ(かなりでかいヤツ)をじっと凝視していると
    B「触りたいのか?」
    A「超触りたい。触っても怒られないかな?」
    B「お前さっき○○(失念)食ってただろ。汚れた手で触んなよ」
    A「ちょっと待ってて」
    Aは映画館の奥へと速足で行き、すぐに戻ってきた
    A「手洗ってきた。映画館の人に聞いたら、ちょっとなら触っていいって」
    B「洗ってきたのかよwそんなに触りたいのかよw」
    A「うはーハチかーわえー!」(頭撫でまくるA)
    B「俺も触らせろw」
    A「これ欲しい…いくらくらいすんだこれ」
    B「ぬいぐるみはアホ程高いぞ」
    A「マジかよー超欲しいー」
    B「どこに置くんだよwww」

    二人しばらく撫でて満足した顔で映画館を出て行った
    いい年したお兄さんが二人してぬいぐるみ撫でててなごんだw

    99 :鬼女日記 2009/11/19(木) 21:33:49 ID:5P8FN3vY0
    小学生の時、火災報知器の前を通るたびにどうしても押してみたくて・・・
    だんだん強迫観念みたいに夢にも見るようになって、ある日実際お

    305 :鬼女日記 2004/07/14(水) 22:06:00 ID:Kqb3T3UV
    むかしの和んだ話をば。

    冬の寒い日、少し遠くの画材屋に画材を仕入れに、電車で出かけ、その帰り。

    シルバーシートをふと見ると、知り合いの作家さんのAさんが座っていた。内心、「ちょっとやだなあ…」とか思ったが、
    コートのお腹辺りを押さえていたので、腹痛か何かで大変なのかと思いつつ、声はかけないで気づかないふりをしていた。

    で、電車が止まり、お年寄りが乗り込んできたのだが、運が悪いと言うか何と言うか、Aさんの前に来てしまった。
    で、Aさんは少しばかり迷った後に、お年寄りに席を譲ったのだが、立ってる間、何故だか腰を曲げ、微妙に挙動が不振だった。

    で、向こうもこちらに気づいたのか、軽くこちらに挨拶してくれたので、近づいて、「すいません、体の調子でも悪いんですか?」と
    聞いてみたらば、Aさんは困った様子で、「いやチョッとですね…○(自分)さんは動物平気ですよね?」と言ってきた。
    肯定すると、「あのー…ここだけの話、こんなんなってるんです。」と、コートの腹の部分だけボタンを外し、中を指すと…

    にょきっと、真っ黒いチビにゃんこが生えてきた。白靴下履きの、生後三ヶ月たってないだろう、美人にゃんこ。

    (*´∀`) とした表情で、どうしたのかを聞いてみると、「いや、あのーバイト先の裏口に、かさかさ移動する箱が有ったので、
    あけて見たら、この子の兄弟たちと共に…ほら、そうすると見捨てられないでしょう?ね?寒いし、危ないし。」

    で、とりあえずコートの中に入れておくのもアレだし、画材屋さんの紙袋を差し上げて、しばらく猫談義。

    一ヵ月後、即売会でAさんと会い、その縁で家に遊びに行くと、件のにゃんこは、見事な美人に変身中。
    長ったらしいけど、とりあえず和んだのです。めちゃくちゃ和んだのです。納得してください。

    このページのトップヘ