ほのぼの

    396 :鬼女日記 2017/04/24(月) 13:07:08 ID:YEp+PbzV.net
    数ヶ月にわたって行った実験。
    仕事が休みの日、とある電車の始発に乗り『○○駅で降ります。寝てたら起こして下さい』と書いた紙を鞄に貼り付けて目を閉じた。
    結果
    駅の手前で声をかけてくれた :4件
    駅に到着して声をかけてくれた:2件
    駅を過ぎて声をかけてくれた :3件
    終点までスルー       :7件

    みんなそこそこ優しい。

    383 :鬼女日記 2014/11/05(水) 16:40:12 ID:zhsL6gOAD
    知らない方が良いことってあるわけだけど、
    俺の知り合い男が「出来ることならあまり知りたくなかった」と言っていたことがあって、
    その話が結構衝撃的なものだった。

    その知り合い(以下A)は40代の既婚で、しょっちゅう体調を崩す。
    その度に病院に行っているようなのだが、診察ではいつも「ただの風邪ですね」と言われて粉薬が処方されるようだ。
    Aによると「薬がタヒぬほど苦手」で、いつも奥さんにその粉薬をお粥などに混ぜてもらっていたらしい。
    「お粥に混ぜるのはどう?」と提案したのは奥さんで、
    Aは最初ためらったもののやってみたら全然薬っぽさが感じられなかったので、ずっとその様にして薬を飲むことにしていたようだ。
    そしていつも風邪は2、3日で治っていた…ということだった。

    だが今年の夏に奥さんがAに「もう罪悪感に耐えられないから本当のこと言ってもいい?」と言った。
    Aは「ああ、浮気でもしているんだろうか…」と思ったが、違ったようだ。
    奥さんは「実はお粥に薬を入れてなかったの。
    最初はただうっかり入れ忘れただけなんだけど、
    そのことをあなたに言うに言えなくて。
    でも結果としてすぐ治ったでしょ?
    だからそれからも『入れなくていいか!』と思っちゃって」と言ったようだ。

    奥さんとしては、「たかが風邪くらいで薬を飲む必要はない。
    飲まなくて済むなら飲まない方が健康にいい」という考えのようだった。
    奥さんは「本当にごめんね。でもプラシーボ効果って本当にあるんだね。感動した」
    とも言っていたらしいが、Aは驚きすぎて言葉が出なかったようだ。

    確かに、薬を飲んでいるつもりが全く飲んでいなかった…という事実を急に突きつけられたらそりゃ驚くだろう。
    毒を入れられるよりは何も入ってない方がマシかもしれんが。

    Aは、奥さんが自分の為にやってくれた事だとは理解した。
    でもかなり腹が立ったので害のない復讐をしたそうなのだが、その内容がちょっと可笑しかったわ。

    Aは会社帰りに会社近くのスーパーで激安の鶏肉のから揚げ(100グラムあたり100円位)を買った。
    そして帰宅してから奥さんの目を盗んで皿に乗せ、
    「これ、高級地鶏のから揚げ。デパ地下で買ってきたよ」と言ったようだ。
    奥さんはそれを食べて「やっぱり高級食材は違うね!」と言ったということだった。

    Aは俺に向かって「プラシーボ効果って本当にあるんだなぁ」と感動気味に言っていたわ。
    似た者夫婦だ。
    奥さんへの種明かしはその内するつもりらしいわ。
    何だかんだあるみたいだけど、夫婦っていいなと思ったよ。

    44: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/23(土) 14:57:29.87 0
    双子生まれるんだけど、せっかくの双子だし、 
    2人で1つの意味を持たせようとしたら
    実家からも義実家からも反対されたんです。 

    理由は、意味が半々だと半人前にしかならない。と、 
    片方が亡くなった時に名前の守護(笑)とか
    意味なくして連れていかれる。らしいんだけど。 

    今時そんな迷信みたいなの信じていいんですか?
    頭おかしいんじゃないかとお思い始めてきました。
    旦那も否定側なんで助けがないんです。 
    私がおかしいんですか?
    実家側がおかしいなら孫の顔見せたくないんですが。

    612:名無しさん@おーぷん2015/12/30(水)09:28:04 ID:E2T
    旦那が夜中、急に咳き込み始めて、呼吸が止まった。
    すぐ救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでの間、
    旦那がタヒんじゃうとパニックになり、もう記憶もない。
    救急車にのって管に繋がれる旦那、そのまま病院に搬送されて、
    奥さんはここで待っててと言われて廊下で待った。
    旦那の食べたもの、時間、していたことなどをお医者さんに聞かれ、
    もう訳がわからないまま3時頃に牛丼とポテチとキムチいため、
    旦那はポテチはのりしお好きなんです、あと漫画読んでて、
    この漫画は私が勧めたけど旦那はイマイチで、ともう意味不明。

    その後気付いたら1人で病院の廊下に座ってた。
    三時間たってようやく旦那のところに案内されて、
    管だらけの旦那が笑ってなんだお前その格好!というのを聞いて
    わんわん泣いた。

    625: 名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/22(水) 00:16:46.59
    おれもちょっと唱えてみたんだが・・ 
    気張ってかっこつけたのがいけなかったらしい 
    妙なことになった 
    週末の出費がひどいことになりそうだ(;´д⊂) 


    322: 名無しさん@HOME2011/11/23(水) 00:56:42
    こっそり自分的プチ修羅場を投下 

    娘が最近、妙によそよそしい。 
    そろそろ反抗期なのか?
    お父さんは寂しいぞ…とのんきにかまえていたら、 
    真剣な表情をした娘が
    「お父さん、この女誰?」と写真を出してきた。 
    (嫁は夜勤) 
    飲んでいたビール吹いた。 
    全部処分した筈なのに。


    429 :鬼女日記 2014/11/21(金) 09:49:44 ID:866nN3n27
    私 高校生 15~18歳
    A太 高校生15~18歳
    B子 高校生15~18歳
    全員同じ高校

    私は高校受験では前期合格しており、前期合格者のみで構成される特進クラスに所属していた。A太、B子も同じ。
    とくにA太はトップで合格していた為、入学式のときに新入生代表もつとめている。
    入学当初は出席番号順で席が配置されており、A太は私のすぐ前でB子はA太の左横だった。
    私の左横はこの先ずっと親友となる子だが、この話にはあまり関係ないので割愛。
    私はフィリピンのハーフで若干濃いめの顔だった。加えて天然パーマだったのでA太にダブルフィンガーと呼ばれ始めた。
    ダブルフィンガーが何かわからず「別に指はダブルじゃないから」と言い返してしまい笑われた。
    B子はどうやらA太が好きなようだった。A太におちょくられる?構われる私が大層気に入らなかったようで物凄く陰口を叩かれ面倒で面倒で仕方がなかった。
    B子が何を言おうが私は友人を着々と増やしていった為、別になんとも思ってなかった。
    A太にはB子がうるさいから構わないでくれと伝えた。

    784 :鬼女日記 2015/05/12(火) 10:06:59 ID:NaCOEy1T.net
    オタク兄の結婚話はウケル!と知ったので調子に乗って私も書きますw
    武勇伝ではあるとおもうけど、スーよりヌーという感じです

    私の兄は創作系オタクでその上超絶コミュ症です
    今どきの自称コミュ症なんてただの甘えじゃん!と思えるくらいの超コミュ症で、家族に対しても、どもる、目をそらす、もごもご喋る、赤面する、という感じです
    私は慣れてるからいいけど、初対面の人は確実に、なんだコイツ?と思うレベルです
    しかも低身長で容姿も残念なレベル(私も顔は似てますが、女なので化粧でなんとかなりますw)
    幼少期には兄と遊ぶときは、会話の必要なままごとなどじゃなく兄の得意なイラストを描いてもらったりして遊んでいました
    普通に考えていじめられるタイプの兄でしたが、この絵を描く才能によってクラスでは一目置かれていて、(兄)君○○描いて~という感じで重宝されていたようです
    小中では学内ポスターなどで何度か兄の描いたものが採用されているのを見たことがあります

    そんな兄ですが、コツコツやるタイプなので、大成しない代わりに失敗もしない中庸な人生を歩み、今では社会人となりました
    職場でのコミュニケーションは、チャット?スカイプ?を使った文字でのやりとりがメインなため特に不便は無いと言ってました
    兄は文字だと饒舌なのです
    両親はポジティブな性格で、そんな兄の習性を個性と捉えて私の心配を笑い飛ばしていました
    今思えばそんな両親だからこそ兄も私も幸せに成長できたのでしょうね

    私は当時、高校時代から付き合っていた彼氏との結婚話もチラホラ出ていたころでしたが、私自身がちょっと古風な考え方に囚われていて
    兄より先に結婚しちゃいけないんじゃないだろうか?
    と思い込んでいました

    そこで私は家で両親に、このままじゃ兄は絶対に彼女もできないし結婚もできないだろうからお見合い話を持って来てくれ、と頼みました
    両親は、そのうちなんとかなるよ、(私)ちゃんは好きな時に結婚すればいいじゃないか、といつものように笑い飛ばしました
    兄はちょっと硬い表情をしてましたが、いつものように何も言いませんでした
    けどそれは兄の決意の顔だったようです

    608:名無しさん@おーぷん2016/04/21(木)09:54:54 ID:i8x
    リアルでこんな愚痴誰にも言えないからここで吐かせてもらう。

    うちの嫁さんはすごく頭のいい人間。
    ただ勉強が出来るってだけじゃなく、
    なんというか別次元な頭の良さ。
    たぶんああいうのが天才ってやつなんだろうなって感じ。
    それでもって頭の良さをひけらかしたりもしないし、
    本当に自慢の嫁さん。

    そしてうちの子供達。
    双子で顔は俺そっくりなんだけど
    頭の出来は嫁さんをそっくりコピーしたぐらいによく出来る。


    559 :鬼女日記 2013/10/06(日) 05:14:42 0
    母39才、兄21才、私17才、父46才。

    兄「実は僕、男の人が好きなんです」
    私「!?」
    父「!?」
    母「そんなことより私、3人目できたんだけど」
    父「!!」
    兄「!?」
    私「!?!?」

    このページのトップヘ