切ない話

    19 :鬼女日記 2010/04/07(水) 10:06:58 ID:zzNiY8Y2
    >1 乙。

    そっと投下。

    小さい頃の話で、三十年近く前だけど…今でも覚えている出来事。
    メ○ードの美容部員?を母と同期でやっていた人Aがいて、その娘A子とは歳も一緒で家が近く、よく母娘で遊んでいました。

    その母娘(プラス下に弟B)がうちに来たとき、無くなってしまったイルカのぬいぐるみ。
    三匹色違いをまとめて大事にしてたうちのひとつが無くなって、母と一生懸命探しましたが見つからずに落ち込んでいました。

    後日Bくんが自宅にてそのぬいぐるみを無造作にもてあそんでいて、
    「私のだから返して!」と言えなかった気の小さい私は、帰り道母に訴えました。
    母も私の大事にしていたものだと気づいていたようでしたが、
    「お母さんの大事なお友達だから…ね?○○くんはまだ小さいから、ひとつあげようね」と。

    今思うと、子供の前で母なりに考えた末の発言だったかもしれません、そのお母さんとは次第に疎遠になったようでしたから。
    しかしあんなに大きなものを、人様の家からしれっと持ち出す人の精神構造が解らない。
    そして自宅に持ち主が来ていても、平気で出しておける神経とか。

    Aの実家は近所にあり、裕福な地主さん。本人も、とても綺麗な人。
    おっきくて優しいお父さんが日曜は私たちも呼んで手作りカレーをごちそうしてくれたり、うちではとても買えないような家電のオモチャがたくさんあったり…
    (洗濯機とか掃除機。リアルに洗ったり吸ったりするもので、当時は珍しく憧れでした)
    そんなに恵まれているくせに!…って、子供心に傷つきました。

    イルカのぬいぐるみは、外に女の人がいてなかなか家に帰ってこない父が、ある日罪滅ぼしのように私にくれたものでした。
    「色ちがうのもいたぞ」って言うから、「ぜんぶほしい!!」ってお願いしたら次に買ってきてくれて。

    灰色がお父さん、ピンクがお母さん、水色のを自分と言う設定で、いつもくっつけて置いていたんです。
    今思い出すとちょっと切ないなぁ私w

    泥するような母親はゴミ。
    子供の大事なものを盗るような輩も多いようで、ココ読んで驚いてます。

    275 :鬼女日記 2020/01/04(土) 18:42:55 .net
    心の中に消えない怒りがあって、それの消化の仕方がわからない
    毒親から受けた傷やら、同世代が普通に生きてる中での自分の境遇の理不尽さ、
    差別やいじめ、教師や大人の汚さや裏切り
    自杀殳未遂してから言いたいこと言わなきゃ潰れると思って、すべてぶち壊す勢いで自己主張してきた
    社会に出てからはパワハラ上司やいじめやる人に刃向かって、自分も傷付きながら相手をこてんぱんにしたり、同僚がパワハラ受けたら火がついて謎の正義感振りかざしてやっつけた
    本当はそこに怒ってるんじゃなくて今まで消化できなかった憂さを張らしてただけだと思う
    代償はまわりからの「あのこ、怖いしヤバイ」という扱い
    陰で散々パワハラ上司の文句言って見て見ぬふりしていたくせに
    毒母が毒父の悪口言ってたくせになかなか離婚しなかったのに通じる
    今でもおかしな上司には平気で背中を向ける
    昔は若さゆえに少しはおおめに見られてたけど、今は端から見たら困ったおばさんなんだろう
    常にピリピリしてしまい疲れる
    子供の頃から家庭不和で常にピリピリしてたけど

    755 :鬼女日記 2013/03/12(火) 00:49:53 ID:4PktbfLD
    震災じゃないんだが。
    誰にも言えなくてずっと苦しくて、ここに吐き出していく。

    因みにもしもしな上長文。



    震災からすぐ、母親がタヒんだ。


    俺の家はすごい田舎で、山奥の豪雪地帯。
    震災で、若干だがライフラインに影響が出て水や食料を買い出しに出た両親が事故にあった。

    雪崩だった。

    家への道はその道路しかなく、山の上で下はすぐ崖→川という状況だった。
    他の車も何台か巻き込まれたが、みんな無事だった。

    運悪く両親は雪崩にのまれ、道路から押し出されて数十メートル下の川に落下した。

    1 :鬼女日記 2020/01/26(日) 17:30:31
    式場1「300万です!」
    式場2「飾り無しで150万です!(後日膨らむ)」
    式場3「えーい!おまけして200だ!」
    彼女「わあ、たのしみだね?」
    僕「」

    464 :鬼女日記 2020/05/29(金) 21:33:50
    スレの趣旨とは少し違うのかもしれないけど、今まで誰にも話したことはないしこの先話すこともない、たぶんこのまま墓場までもっていく出来事を書いてみる
    今から20年以上前、俺が中2だった時の話

    その頃、俺は「ああ女神さま」に夢中になっていた
    コミックはもちろんOVAのLDも全巻購入、レーザーディスクプレイヤーもそのために頑張って購入した
    好きだったのはベルダンディーで、井上喜久子さんのCDや、井上喜久子さんと冬馬由美さんともう一人なんとかさんの女神三姉妹ユニットのCDなんかも集めていた
    当時俺は学校でなかなか派手にイジメられており、まあ現実逃避の手段にしていた訳だ
    アニメを見たり彼女たちの歌声を聴いている間は、辛い現実を少しだけ忘れることができた

    837 :鬼女日記 2020/07/29(水) 10:39:03
    全然黒い話ではない。
    単に恥ずかしいので墓場まで持って行きたい。

    初彼女が出来て、そろそろキス以上が期待出来る関係になった。
    だが、避妊具使った事ないから、失敗しないようにと一人で装着の練習した。

    彼女が部屋に来て、そういう雰囲気になったんで、よしついにDT卒業とか思ったら、彼女が俺をはねのけた。
    え?と思ったら、彼女がごみ箱見てた。
    先日練習に使った避妊道具の残骸が。

    浮気したと思われて彼女に振られた。周りから何で別れたと聴かれても本当の事言えなくて、浮気男の汚名を着せられた。
    DTだったのに(T_T)

    391 :鬼女日記 2016/07/16(土) 17:02:34 ID:Kh75w36r.net
    昔行われた親戚の結婚式がなかなかに不幸だった

    新婦側の親戚として参加したんだが、そこの家は両親と新婦(姉)と弟の四人家族
    弟が今で言う知的ボーダー(障/害者と健常者の境目あたり)で、
    小さい頃から姉である新婦が一生懸命面倒見てたのを覚えてる

    で、新婦弟がどうしても新婦にお礼を言いたいとかでお礼の手紙を読むコーナーが設けられた
    新婦弟は日本語でおkな文章力しか無いので新婦両親の検閲と振り仮名入り
    だから問題無く終わるだろうということだったが……甘かった

    このページのトップヘ