切ない話

    759 :鬼女日記 2018/02/26(月) 17:18:10 ID:Xbc
    10年ほど前、美容系の専門学校に通っていた頃の話
    整形の話につながるので嫌悪感のある人は気をつけてください。グロくはない

    同じクラスにちょっとギャルっぽいけどお洒落で忄生格も明るいAという女子がいた
    スタイル抜群で会話も面白く、顔は秋元梢っぽい美人だったんだが、神様も意地悪をするもので、オデコがボコッと出ていた
    言い方は悪いが、コブダイみたいな感じ
    そのせいで、彼氏ができないのが相当悩みだったみたい
    みんな彼氏いるのに私だけ惨めと学校でも愚痴っていた

    私は別のグループでそんなに話したこともなかったけど喪女にも優しい良い子で、男は見る目ないなと思ったけど、本当にすごいオデコだったから、仮に顔がすごいイケメンであのオデコって人に迫られたら無理だろうとも思う
    それぐらいのオデコだった
    顔が綺麗だったから余計に可哀想だった

    まあ特に深く関わることもなく卒業して去年、クラスメイトで彼女と近い職場で働くBと会う機会があり、思い出話のついでに彼女のその後を知った

    一生懸命に働いてお金を貯めたA、整形手術に踏み切ったらしい
    当然、オデコをやったと思った
    それでAが幸せになれるなら良かったと思うんだが、どういうわけかオデコではなく目をやったという
    何度も書くがAの、オデコの下の顔は綺麗だった。直す必要なんてない
    奥二重の切れ長な吊り目がパッチリ二重でクリクリした大きな目になったんだって
    秋元梢ベースの顔にきゃりーぱみゅぱみゅの目がついてるみたいなもんなんだって
    デリケートな問題だから誰も「そこじゃないし!」とは突っ込めない
    目を変えて自信がついたからか、Aの中身も変わってしまったそうだ
    気になる男忄生に上から目線の猛アプローチ(こんなに美人なアタシがあなたと付き合ってあげてもいいよ、という風らしい)、相手が逃げるとせっかく声かけてあげたのに!!キィーーと荒れる荒れる
    女忄生に対してもちょっとした容貌の欠点をあげつらい、馬鹿にするそうだ
    そんなに膨らんだ小鼻で気にならないのwとか、いまどき一重の瞼で外歩けるとか正気?アイプチくらいすればwとか…
    そんなだから友人も寄りつかなくなり慰めてくれる人もいないとか

    なぜオデコをやらなかったのか疑問だったけど先日、テレビで整形の番組を観て、しゃくれたアゴを削るにはそれだけで500万とか言ってたからオデコならもっとかかるかもなぁ、払えなかったのかなと思ったら猛烈に切なくなった

    今はどうしているか知らないが、せめて忄生格は昔の彼女に戻ってくれていればいいなと願う

    581 :鬼女日記 2012/02/25(土) 00:53:01 ID:yINN05G5
    友人に話してももうひとつ賛同してもらえない、ちょっと理不尽な冷め話。
    もしかしたら私が変なのかもしれない。

    焼き物もできるちょっと高級な土鍋を買ったので、うれしくなって「牛肉を焼く?それとも最初は手堅く鍋物から?」と彼に聞いた。
    いつもどおり「どっちでも君の好きなほうでいいよ」というつれない反応だったので、何回か「あなたはどっちがいいの?」と強めに聞いたと思う。
    そうしたら彼が不思議そうな顔をした後で私の目を見つめ、「君が欲しくて買った鍋なんだから、人の意見なんかより自分の作りたいものを優先していいんだよ」と。
    あ、この人とは分かち合えないものがある、この人が何か大切な決断をするとき、私は勘定にはいらないかもしれない、と思って冷めてしまった。
    冷静に考えれば私の自主忄生を尊重してくれたというか、自分で決めない私をたしなめてくれたんじゃないかと思うし、友人にもそういわれた。
    でも、あのときの冷え冷えした気持ちにはちょっと耐えられなかった。

    1 :鬼女日記 2014/06/15(日) 02:17:51 ID:AcFjLu6O0.net
    今日丁度結婚記念日だったからちょっと高めのレストラン予約して
    嫁の欲しがってた包丁とフライパンをプレゼントに持って
    9年間ありがとうこれからもよろしく
    愛してるはやく子ども欲しいね
    って事言ったら
    子ども産めないかもしれない
    ごめんね。丁度離婚しようと思ってたとこなの
    って泣かれた
    どうすればいいかビップラの皆さん
    アドバイスお願いします

    253 :鬼女日記 2018/01/26(金) 19:15:00 ID:EMn8nMdy.net
    「誕生日に年齢の数だけバラの花束をプレゼント」なんてベタなことをやってみた
    翌日彼女のSNSには「バラ風呂なう」画像
    明日会うけど笑顔でいられる自信ない

    753 :鬼女日記 2012/02/27(月) 21:41:33 ID:qeBF2ECJ
    昔、馬面の人とつき合っていた。
    たいへんに人が好く誠実な人で大好きだったが、
    なぜかあるときからアゴの長さが目につきはじめ、
    最終的に生理的に無理になって別れた。
    その後彼は結婚したが、奥さんは超絶美人で料理上手。
    しかも、彼の顔が好みドストライクだという。
    世の中はうまくできているなと感心した出来事。

    115 :鬼女日記 2016/03/20(日) 11:54:45 ID:OCr
    長いけど、ようやく落ち着いたので。あと上の人のが流れますよう。
    私も会社の同僚も30代前半。
    私はバツイチ子持ちで、子供は小学校高学年、離婚後7年くらい。
    離婚原因は、元旦那の浮気で、特に旦那親の介護中に浮気相手が妊娠したことで別れた。
    同僚は独身で結婚歴なし。告白されたけど子供のこともあるしと断り、それでも数年にわたって何度か告白されていた。
    デートする時間あるなら子供と過ごしたいし、恋愛はもういいかなと思っていたけど、数年経って子供が大きくなって私が休みの日でも友達と遊びに行ったり、
    母ちゃん好きな人いないの?俺父ちゃんができたら嬉しいなとか言いだしたりして、ちょっと同僚とのことを前向きに考え始めていた。
    そんなある土曜日、子供は出かけたので、昼間に同僚と会った。
    楽しく過ごし、夕方ごろ息子から今日婆ちゃんちとんかつだから泊まる、明日は婆ちゃんちの棚を直したり電球替えたりしてから爺ちゃんと出かけるから夕方帰るとメールが来た。
    近距離別居の実母がいて、離婚後から出張の時とか仕事で遅くなる時はよく預かってもらってたんだけど、同僚との事に気づいているのかいないのか、あんたいい人いないのとか言いながら、息子の好きなメニューを出したり用事を言いつけては泊めてもらうことも増えていた。
    同僚にそのことを話すか迷いながら、そろそろ夕飯の支度?と気遣う彼に、今日は平気だから夜ご飯一緒に食べようよとだけ誘って、しばらくデートした。
    そしたら同僚が夜ご飯の時、指輪を出してきて、プロポーズされた。
    嬉しい、でも私1人では答えが出せないから今度息子に会って欲しいと返事をして、初めてのお泊まり。
    正直、息子との生活は幸せだったけど大変なことも多かったから、本当に嬉しかった。
    何年も告白し続けてくれて、息子のことも気遣ってくれる優しい同僚だったし、息子にもお父さんができるかもしれないと嬉しかった。
    その後、次の週に息子と同僚初対面。同僚は小学生男子が好きそうなものを調べてきていて、一緒にサッカーもして、うまくいったように見えた。
    帰宅後、息子が今日のおじさん面白かった、また遊びたい、もしかして彼氏?彼氏だったら嬉しいなぁというのを聞いて、中学入学前までに名字が変えられたらいいなと前向きに考えていた。


    639 :鬼女日記 2018/02/20(火) 14:33:52 ID:N81
    おそらく私の神経がわからんと思われた話。

    友人との飲み会(みんな女忄生)で1人の子が
    某ファッション雑誌で石原さとみ(仮)が着ていた服を着て来てた。
    それを見た他の子が
    「あ!石原さとみが着てたやつだよね!可愛い!」
    って言ってて、私はファッションに興味なかったので聞き手にまわってた。
    そしたら何でか分からないけど私のファッションの話になって、
    「◯ちゃん(私)いつもユニクロじゃない?」
    「雑誌買って勉強しなよ!」
    みたいなことをその場の友人達に言われた。
    なので、「雑誌買って、いいなって思っても自分が似合うと思わない。
    石原さとみのやつも、可愛いけど私が着たい!とは思わない」って言った。
    実際ユニクロでも外国人モデルが着てる服見て気に入っても、
    試着したら笑止。みたいなこと何回もあるし。
    でも言い方が良くなかったみたいで、
    石原さとみ以外がその服着ても似合わない、
    みたいなニュアンスで捉えられてしまった。

    微妙な空気になったから、その子に
    「あ、私は似合わないってことだよ!」
    って言ったけど、なんかもう取り返しつかない感じになってしまった。
    実際その子可愛いし、似合ってたんだけどな。
    自分の卑屈な忄生格のせいで、神経わからんと思われてそう。

    208 :鬼女日記 2018/02/13(火) 18:16:07 ID:gmv
    ずっと介護の仕事をしている。
    で、自分の親や義親は、別の施設に預けている。
    これを知られると、結構な確率で人でなし扱いをされる。
    娘さんが介護士だから将来安心ねみたいなことも親たちはよく言われてたけど、私は自分の親は絶対に見られないし見たくない。
    私としては、過去を知らない利用者さんだからこそ、優しくできるし尊敬できる。
    元気だった頃を知っている親では、どうしても以前と比べて辛くなる。
    子育てだと、どんどんできることが増えていくから喜びもあるけど、介護は衰えていく一方だから、身内の介護は本当に精神的に辛いと思う。
    逆に介護の仕事をしているからこそ、納得の行く施設を探せたし、親たちを安心して任せていられる。
    それでもやっぱり介護士なのに自分の身内は見ないの?との声は多いし、普段は気にしないけど、言われ続けると辛くなるなー。

    387 :鬼女日記 2015/03/18(水) 17:46:27 ID:I6x
    中学時代、遠くの県から引っ越してきた同級生Aがいた。
    俺はAとあまり交流は無かったのだが、Aが医者を目指していて、県内一の進学校もしくは他県のもっとレベルの高い学校への進学を希望しているということは知っていた。
    ただ、田舎の、正直学力が高いとは言えない中学だったから、それを実現するためには相当の努力が必要だった。
    いつ頃だったかは記憶が定かではないが、受験前、志望校について担任とAが話してる場に遭遇したことがある。
    ちょうど話終え、担任がAにあきらめるなと言って肩をぽんと叩いているところだった。

    それからAは何かに取り憑かれたように勉強を続け、県内一の進学校に合格した。
    当時はその学校への合格者が数年前に一人出たきりだったため、学校中がお祭り騒ぎになった。
    担任を始め何人ものクラスメイトが祝福の言葉を口にする中、Aの表情は晴れなかった。
    そして、突然、Aが乱暴に机を殴り立ち上がった。
    「皆して散々人をバカにして、笑いながら諦めろって言っておいて、ふざけるな!」
    わけがわからなかった。
    皆、Aの事を応援していて、誰も諦めろなんて言っていなかったのに。
    半ば半狂乱になりながら暴れるAをどうにか制止し、よくよく話を聞いているうちに担任気がついた。
    方言の所為だと。
    地域が特定されそうだが、俺の地元では「~するなよ」を「~しなよ」と言う。
    極力他県から来たAと話す時は皆、標準語を使うようこころがけていたのだが、これを方言だと理解している奴は少なかった。
    普通、会話してるうちに気づきそうなものだが、Aはおそらく偶然にもその言い回しをされずにいたんだろう。
    で、誤解したまま、自分に諦めろと言った皆を見返す為に、それだけの為に猛勉強をしたとの事だった。

    誰も諦めろなんて言ってなかった。
    それを知った瞬間、Aは力なくその場にへたり込んだ。
    これ以上重苦しい空気に耐えきれなくなったのか、誰かが「そんな事で誤解してたのだったら、もっと早く打ち明けてくれたらよかったのに」と笑いながら言って、他の皆も自分達の言葉って変だったんだ、誤解させてごめんと、なるべく明るく振舞っていた。
    だが、それが火に油を注いでしまったんだろう。
    Aはそのまま教室を飛び出した。
    そして、その日から学校を休み、卒業式にも来なかった。
    成人式にも、その後何回か行われた同窓会にも姿を見せなかった。
    Aの話題はタブーのようになってしまい、その後Aがどうなってしまったのか、誰にも聞けないまま今に至る。

    497 :鬼女日記 2016/10/07(金) 19:45:37 ID:nWX
    高校生の時、難病になった。
    はっきりした診断が下るまでけっこう時間がかかった。
    診断が下り、病名がわかったその日、母が帰宅した父にそれを報告した。
    次の瞬間、母がぶっ飛ばされた。
    父にグーで殴られて、襖に吹っ飛んでいった。襖がくの字に折れた。
    父は「なんでまともに産まなかった」
    みたいなことを怒鳴って、家を出て行った。
    それまで父をずっと優しい気の弱い人だと思っていたから衝撃だった。

    その後父は家に帰ってこなくなって、
    よそに好きな人ができて離婚した。
    父方の祖母に「あの子は完璧主義者だから、一つ躓くともう受け入れられなくなるの、ごめんね」
    て謝られたけど、完璧主義者ってそういう意味だったっけ?と思いそれも衝撃。

    このページのトップヘ