窃盗

    161 :鬼女日記 2018/08/10(金) 11:17:25 ID:Uriyr2Ps0.net
    墓黒を2つ白状します、歯医者さんでの話
    ひとつ目は上の子が小さかった頃、待合室にあった綺麗な絵本を読んでやり、出来心で持ち帰ってしまった
    最初は借りたつもりだったけど返しそびれ、その絵本を息子が気に入ったんでもう返さず何食わぬ顔で通院してた
    そしたら受付の女性.が「盗んだ絵本で読み聞かせするの恥ずかしくないですか?次来た時でいいんで返して下さいね」と小声で言ってきた
    メッチャ恥ずかしかった、その通り
    本は歯医者のポストに返しもうそこに行けなかった


    二つ目下の娘が自閉症なんで歯の治療をあちこちで断られ、やっと受け入れてくれた個人医院で娘が優しくしてもらったよ
    院長先生の人柄に惹かれ恋してしまった
    心の中にしまうつもりだったけどバレンタインにチョコと手紙を渡したけどホワイトデーに返しがなくて院長先生の態度が素っ気なく映り、ちょうど先生の奥さんのお腹が大きいのを知り、逆恨みして歯科医院の口コミに酷い事を書いてしまった

    513 :鬼女日記 2017/01/26(木) 23:37:30 ID:OU9
    すごくくだらない過去でもいいかしら?

    私はアスペの傾向があるんだけど、そのせいで物への執着が強かった
    特に鳥が好きで、執着したらそれをずっと引きずるタイプ
    昔本屋でキョロちゃんの防犯ブザーが売ってるのを見たのよ
    一瞬で一目惚れ、キョロちゃんが大好きだった
    でも母にはもう防犯ブザー買ってもらってたから言えなくてね、我慢した
    ところが家に帰っても執着心が無くならなくて、我慢しようとしても何日経ってもあのキョロちゃんが頭から消えなかった
    数ヶ月後に我慢が限界に達して「この防犯ブザーいやだ!」と外してしまった
    母はいきなり防犯ブザーに癇癪起こしだした私が心に何か隠してると思って話を聞いてくれた
    そしてわざわざ本屋にキョロちゃんの防犯ブザーが無いか聞いてくれた
    でも売ってたのはずっと前で、店長でさえそのことを忘れてた
    なのに店長さん、そんな前のものを欲しがるなんて何か事情があるんだろうと、探してわざわざ取り寄せてくれたのよ
    そして防犯ブザーの値段を聞いたら2000円
    母に高いから大切にしなさいと言われて持たされた
    嬉しくて嬉しくてカバンにつけてたら、一週間もせずに盗まれた・・・
    落ちないようにタコ紐二重にして片結びにしてたのに、ハサミで切られたタコ紐がかばんに残されてた
    母にはどうしたのか聞かれて、「汚れるのが嫌だから制服のポケットに入れてる」と誤魔化した

    母に迷惑書けて、本屋の店長さんにまで迷惑かけて、探してもらって取り寄せてもらって、2000円もしたキョロちゃんをあっという間に無くして
    あんな人の親切をあっさり無下にしたの初めてだったから、心から消えない
    それを謝れない黒い私

    710 :鬼女日記 2016/12/22(木) 00:07:34 ID:HQ1
    ふと思い出したけど駐車禁止とかに使うポールがいつの間にかなくなっでた。
    一時期家の庭を横切るガキや人がいたもんで(私有地なんすけどw)通行止めのかわりに
    よく置いていたんだけど地道な通報と直接注意が身を結んで通らなくなったおかげで
    全然気になってなかった。というかなくなっていた事すら気がつかなかった…
    おそらくかなり前。どこかに移動した記憶はない。
    親戚からいらなくなったと貰い物だから別に痛くないけどなんかきになるなー
    いまさら警察にいうのはありかな?

    385:名無しの心子知らず[sage]2010/06/08(火) 14:07:13 ID:H6jNcUEs
    さっき散歩がてらママ友としゃべりながら歩いてケーキ屋寄ってクッキーを買ったら
    丈夫でかわいい紙袋に入れてもらえた。

    ラッキー、犬のフン袋がだいぶヘタレてきたからこれにしよう♪とホクホクしながら
    帰り途中、同じ幼稚園の隣かその隣?のクラスのママにすれ違いざま紙袋をスラれた!
    こっちは同じ幼稚園のママだな~でも別に友達じゃないし~挨拶したほうがいいかな~
    とか思ってたけど、向こうは多分気づいてない感じ?で、スッと持っていかれて、
    一瞬頭真っ白になっちゃって「え?あれ?あ!わ、ワンコのフン袋ーーー!!」とか
    叫んでしまった…
    結果、フン袋だと思ったスリママさんはクッキーを投げ捨てて逃げたので無事?に
    戻ってはきましたが、気持ちの悪い一件でした。
    そして一緒にいたママ友がやたらと顔の広い人だったのが災いして、多分スリママの
    クラスのママにもこの話がまわっているっぽい。

    103:名無しの心子知らず2011/08/05(金) 20:07:33.36 ID:VICvES9S
    困った困ったwww自転車盗られたwww
    すでにおまわりさんには相談済みなんだが、保育園のお迎え時間に
    園の門の前に置いてた(自転車置き場)自転車パクられた。


    今までんなこと起きたこと無いから、鍵かけてなかったよ。
    パクったのは同じ保育園のDママ。
    持って行くところを多人数が見てるし、
    止めてくれようとしたママにわざと自転車ぶつけてケガさせてる。
    おまわりさんが訪ねてくれたらしいけど、19時現在子ども共々まだ帰宅してないみたい。

    問題はその自転車、前輪ブレーキが壊れてきかないんだよね。
    (おまわりさんにちょっと叱られたけど、盗まれるの前提じゃないし、
    保育園の帰り寄ろうと自転車屋さんに修理の予約も入れてたから問題なしらしいw)
    この辺、無駄に坂道が多くて、しかも園は丘の上。

    今頃どこの田んぼの中かwwwww wktkが止まらないw


    290:名無しの心子知らず2010/10/26(火) 17:14:07 ID:nWkFMOPy
    最近本屋でパート始めたんだけど、子供本売場は付録が抜き取られてたりページを破り取られてたりするのが圧倒的に多い。
    紐やバンドつけてるんだけど、ハサミ持参なのか切り取られてたりするんだよね。
    ビニールに入れてたって綺麗に切って抜いてったり。
    応募者全員プレ用の応募マークだけをちぎっていく人もいる。
    他の売場はそんな事ないのにな〜。セコケチ精神がスゴイ。ってか、これは犯罪じゃないの?
    監視カメラと見回りはしてても、売場をレジ近くとかにしないとダメだと思う。って提案したんだけど…新人だからかスルーだよ。
    悲しいね

    427 :鬼女日記 2015/02/12(木) 17:16:30 ID:IdtGZV3J0.net
    もう、20年近く前の話なんですが、家から物がなくなることがたびたびおこるようになった。
    そんな事があってしばらくしたある日、母が、弟(小学生)の友人Aが遊びに来る度に物がなくなると、俺に相談してきた。
    当時、中2だった俺だが、小学校時代にクラスの男児全員と大乱闘して勝ったり、中学生とケンカして土下座させたとか、色々と武勇伝を持っていた。
    その噂は、未だに小学校に残っており、事実、弟を泣かせたガキを脅して謝罪させたりもしていた為、盗み癖がある奴でも、ウチは外すと思っていた。
    しかし、その友人Aは、俺が卒業してから転校してきたらしく、俺の武勇伝も誇張された噂程度にしか思っていなかったようだ。
    事実を確認する為、調べてみると、Aが遊びに行った家から何かなくなっていることが判明した。
    弟たちになくなった物のリストを作成させた。

    803 :鬼女日記 2011/08/20(土) 09:34:47 ID:/5myQ2Os
    蔵に閉じ込めで思い出した知人の話。
    知人の家には半地下の物置を改造したワインセラーがあるが、
    数年前そこに近所の奥さんが閉じ込められる事件が起きた。
    知人が外泊する隙にセラーから高いワインを盗もうとして侵入したところ、
    偶然ドアが閉まり、その拍子に掛け金まで閉まって出られなくなったそうだ。
    閉じ込められた奥さんは、昔見た海外サスペンスドラマで
    「ワインセラーに人を閉じ込めて杀殳す」というネタを思い出しパニック。
    半地下の窓をワイン瓶を投げつけて破壊し、外に向かって
    「助けてー!杀殳されるーっ!!」と叫んでいたところを通りすがりの小学生に通報されたらしい。

    233 :鬼女日記 2011/08/23(火) 14:33:04 ID:g8Q6eqZh
    今日はまた暑くなっちゃったからねえ

    近所の出戻りママが先週、町内会の行事の打ち合わせで来訪した時、
    リビングからDVDを2本パクってってた(気づかなかった)。
    後で判ったんだけど、ケースはヨガと小顔マッサージ、中身は夫従弟から
    沖縄土産に貰ったご当地ヒーローのと、気に入って取り寄せたその続編。
    (適当にその辺のケースにしまう癖があり、中身が違うのはたびたび)

    一昨日の晩、行事の打ち上げの席で、その泥ママが同席していたウチの義母に
    やたらと絡んでると思ったら、義母の機転?で一気に自爆。

    このページのトップヘ