GJ!

    818 :鬼女日記 2018/02/13(火) 06:50:37 0.net
    記憶が曖昧なんだけど、幼稚園ぐらいの頃に夜中に目がさめると両親がケンカしてて母親が泣いていた。
    父親の隣には見たことないツンとした若い女の人がいて、幼心に「お客さんの前でお母さんが泣くなんてただゴトではない!」と思いリビングに乱入した。

    母親は泣き続け、父親はビックリしてあたふたしてたけど、女はチラッと私を見ただけでまたツンと横を向いた。
    「お母さんが泣いてるのはコイツが原因だ!」と思ってその女に「こんばんは!◯◯です!」と元気よく笑顔で挨拶した。
    その女は「あー」と言ってまたツンと横を向き、父親が慌てて「お父さんの友達のランちゃん(みたいな名前)だよ!よろしくね!」と言ってきた。
    当時私は子役時代の安達祐実に似てていつも「かわいい!」「安達祐実ちゃんみたい!」とどこに言っても言われていて自分の容姿にかなり自信があり、そのツンとした女は私の幼稚園の担任に比べたら厚化粧で全然可愛くなかった。
    なので「お姉さん、人の家に来たらちゃんとご挨拶しないとダメなんだよ!」とか「お姉さんの目はなんでそんなに黒く塗りつぶしてるの(ぶっといアイライン)?私はお目めパッチリだからそんなことしないよ!」とか
    「髪の毛がタワシみたい!私の髪の毛サラサラでしょ!」とか叔父が確かバリ島のお土産でくれた木彫りの人形を指差して「◯◯叔父ちゃんがくれた外国のお人形に似てるね!ホラ、あのテレビの横に置いてるヤツ!私はリカちゃん人形に似てるって言われるよ!」と
    父親が止めるのも聞かず懐くフリをしてソファーの隣に座り女の容姿下げ自分の容姿上げで話しかけ続けた。
    そしたらその女は「なんなのこのガキ!!ケンカ売ってるの?!」みたいに父親にキレ出したが、私は半べそで「お父さーん、このお姉さん怖い~」と泣きついて父親が私を庇うような姿勢だったのが気に入らなかったみたいで女は怒って出て行ってしまった。
    父親は途中まで追いかけたみたいだけど、すぐ戻ってきて「さぁ、もう遅いし寝ようか!」と言った所ぐらいまで思い出したが、その後のことはまったく思い出せない。

    この事はずーーっと忘れてて、私の子供が幼稚園に入った去年、フラッシュバックするように思い出した時が修羅場だった。
    セリフは曖昧だけど、だいたいこんな感じの事を言ったかな程度です。
    後、今は安達祐実に似ても似つかないのも修羅場です。

    817 :鬼女日記 2006/12/21(木) 14:53:38 ID:46CzD+ez
    5年程前、俺が25才頃の話。
    夜20時頃、地下鉄改札付近で制服を着た女子高生が通行人の男に手当たり次第声をかけているのが見えた。
    逆ナンでもしてるかと思って見ていると、なぜか小銭をもらってる様子。そのうち俺も声をかけられた。
    定期を落として帰れないので、100円でいいからくれとのこと。
    100円くらいあげてもいい・・・と思ったところで、その数日前、後輩から聞いた話を思い出した。
    同じ手口で小銭集めてる女子高生の集団がいると。制服を見ると話で聞いた高校。仲間もいるかな、と思って周りを見ると、
    さっと陰に隠れた同じ制服の女が二人いた。間違いないな、と確信したので、少しいじめようと思った。
    家どこ?と聞くと、「○○です」
    「じゃあ・・・260円だね。さっきの人たちからももらって、もう十分でしょ?」ここで女は「ヤバイ」みたいな顔をした。
    「それともあそこの友達もみんな定期落としたの?」と、隠れてるところを指差すと、完全に下を向いて黙った。
    「それなら駅員さんに借りな」と、その場で手を上げて駅員を呼んでやった。事情を説明して隠れてた友達も呼んだところで
    すぐに巡回していた警察が来て、全員連行していった。それ以来、そいつらを見ることはなかった。

    189 :鬼女日記 2014/11/13(木) 02:58:35 ID:ypH8iZXKn
    昔の話だけど
    とある社会人サークルで仲の良い3人グループがあった。
    その3人は住んでる地域も近かったので家の行き来もあり
    とても親密そうだった。

    私は住んでる地域が全く違ったので時々会う程度だったのだけど
    ある時からそのうちの1人(A)がグループから抜けた。
    Aさんは、私たちに多くは語らなかったけど
    「考え方の違いがあって。それに私鬱もちだし・・・」
    と言っていたが、その後Bがすごい勢いでAの悪評を立て
    「鬱なんて甘えだよね。せっかく誘ってあげたのに!」
    と言ってるのを聞いてしまい、AともBとも関わりたくないな、と思っていた。
    Cさんはどっちの味方にも付かず仲良し3人グループは解散していた。

    その後、私たちの地域に住んでいるDさんがCさんと仲良くなり、次の集まりで
    浴衣を着ていきたいという話になっていた。
    私とDさんも仲が良いので、一緒に着ていかない?と誘われたが、
    「恥ずかしいけど自分で着れないから・・・」と言うと、Dさんが
    「任せて!」と言ってくれ、Cさんの着付けも引き受けると言ってくれた。

    それでCさんかDさんか覚えてないけど、他のメンバーに
    「次は浴衣3人組で行くね~」と宣言したらしい。

    14 :鬼女日記 2015/12/29(火) 17:34:13 ID:PZK
    4歳の我が子の遅めのインフル予防接種2回目を射ってきた。
    病院につくまでは平然としていたのに、看護師さんが、次ですのでドアの前ですお待ちくださーいって言いに来た時に激しく抵抗した。

    しばらく説得したが、ぜったいやだ!!と聞かない。
    最後の手段として、
    「頑張ったらご褒美あげるから。」と言ってみた。
    すると我が子、
    「ママのダンソン!ママのダンソン見たら頑張れる!」
    ですって。

    お家帰ったら見せてあげるね、あとでね、と言い聞かせても、
    今見なきゃ頑張れないと言う。

    この時点で近くにいたお父さんが肩プルプルさせて笑ってるのがわかった。
    何度か説得を試みたが、首を縦にふらない息子。
    もうすぐ順番が来ちゃう。
    焦った母は諦めた。
    諦めてダンソン踊った。

    公衆の面前で。

    小さい声で小さい振りで踊ってたら我が子にもっと元気よく!と怒られ、
    ヤケクソになって割と大きめの声で踊った。

    近くにいた父母爆笑してた。

    孫に同行してるらしきおばあちゃんはなぜか拍手してたし。
    穴があったら入りたかった。
    そしてなにより病院で大きめの声で踊ってごめんなさい。

    診察室に入るなり先生に
    「元気なダンソンでしたね!さて坊や、お母さんも頑張ったことだし頑張ろうか!」とか言われるし。

    看護師さんめっちゃ笑ってるし。
    結局我が子は泣かずに頑張ったんだけどさ。

    608 :鬼女日記 2012/08/11(土) 11:07:03 ID:fmT0ht8oO
    大学時代1つ上の先輩に惚れた。
    当時ど田舎から都会に来てボソボソとなまっててみんなに馬鹿にされていた俺にも普通にしゃべってくれる某アイドル似の彼女は女神に見えた。
    一生懸命のプッシュでなんとか付き合ってもらえる事に。
    だが彼女はとんでもない女だった。
    彼女のおかげで彼女のグループに入れていろんなとこに行けたのだが、常に俺をパシりや笑い者にした。
    荷物持ちや買い物はいつも当然のように俺。
    「いいよ。いいよ。こいつにやらしておけばいいじゃん。」
    人を迎えに行って増えた分全員が車に乗りきれなくなって俺だけが下ろされた事もあった。
    酔って寝てる間に俺の顔に落書きした上、ボールペンで腕をブスブス刺したり頭を蹴って起こされた事もあった。
    俺のしゃべり方を真似してみんなで笑ったり、
    無理矢理化粧されてその顔で外歩かされて馬鹿にされた事もあった。
    それから20数年後、俺は某二流会社に就職し一応課長と呼ばれる立場になった。
    ある年に入って来た新入社員がその時の女に顔も声もそっくりだった。
    話しを聞くと俺と同じ大学出身。
    「母もその大学出てるんです。」
    旧姓と名前を聞くとまぎれもなくあの女だった。
    新入社員は自分の母親に俺の事を話したらしい。
    「課長は母に憧れていたそうですね。」
    「母は課長は田舎から出て来たばかりで頼りなくてかわいそうだからかわいがってやったと懐かしがってましたよ。」

    459 :鬼女日記 2010/08/27(金) 13:22:50 0
    風邪ひいてる私の看病に来てくれたトメさんに暴言吐いたクソに言ってみた。

    「ウトさんはトメさんより価値ないですよね
     私はトメさんがいて嬉しいと思ったことはありますが、ウトさんがいてよかったと思ったことがありません」

    799 :鬼女日記 2013/04/06(土) 17:28:33 ID:bNQ9/jrp
    自分の話じゃないんけど。

    先月新幹線で東京に向かってたら、指定席車両でひと騒ぎがあった。
    途中で乗車してきた就活中らしき女の子が、自分の斜め前の席で何度も切符と番号を確認してた。
    どうも自分の席に関係ないオッサンが座ってるらしい。
    女の子、遠慮がちにオッサンに言う。
    「寛がれていらっしゃるところ、大変申し訳ありません。失礼ですが、座席をお間違えではありませんか?」
    オッサン答える。
    「自由席が満席だからこっちにきたんだよ、ワリーか」
    急に静かになった車両で、たぶんみんな悪いだろ!退けよ!と思いながら二人の話聞いてた。
    「そうですか。でもそこは私が購入している席なので、お席につかれることをご希望なら、空席の指定席券を購入なさってください」
    「ウルセーんだよ、若いなら立ってろ!こっちは仕事で疲れてんだよ!だいたい後から乗ってきて何言ってんだ!それとも俺の膝に乗るか?あ?」
    お前が何言ってんだ。といいかげん見かねて他の乗客が車掌呼ぼうとしたり、俺も今こそ武勇伝を!とオッサンに文句いおうと腰を浮かせかけたんだが。

    523 :鬼女日記 2014/01/30(木) 21:21:56 0
    あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

    仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
    雨雲が垂れ込め外は雷雨。帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。
    雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
    エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
    そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
    駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡れになった。

    そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。「ただいま。」・・・しかし何の返事も無い。
    いつもならリビングかキッチンから「おかえりなさい。」と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。
    「〇〇?」妻の名を呼びかけて見るが返答が無い。妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
    明かりも点いている。
    胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
    一際大きな雷鳴で不安が増幅される。俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
    そしてリビングを恐る恐る覗き込む。
    妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
    非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
    そして妻と目が合った。

    続きます。

    548 :鬼女日記 2010/08/29(日) 00:25:35 0
    他府県の嫁と言うだけで、嫁もその息子娘も気に入らない、
    生まれたばかりの子に「タヒ産なら良かったんだ」とまで言う
    毒にしかならない姑に本日のDQ返し。

    息子の中学は土曜でも普通に授業がある。
    しかも夏休みは8月初旬から下旬までで、21の土曜日は校内模試で出席日。
    今週既に始業式も終わり、今日は普通に授業が始まってるわけだ。
    しかもお盆には、姑が自分の実妹と旅行に行ったから義実家詣でができなかった。
    ダンナが何回も説明したのに、本日姑からお叱りの電話がありましたよ。

    「嫁ぎ先に夏休みに来ないなんて!(法事も法要も無い。私に汚屋敷掃除させたいだけ)
    先週来れなければ、今週来るっていうこともできるがね!」
    ちなみに新幹線1時間の距離の義実家の来い!は金曜日の夕方~日曜日の深夜コース。
    ばーさんが寂しいから学校さぼらせろと? しかも説明したのに
    「◯子(小姑息子・うちの子と同じ年)の学校はちゃんと9月から始まるよ!
    嘘つくんじゃない!そんなバカな学校あるはず無いが!!」 だそうだ。

    で、思わず
    「おかーさんニュース見てないんですかあ?
    今年からある党の政策が実践されて、一部地域で子供の学習能力向上のため
    土曜開校と夏休み短縮がはじまったんですよお。」

    嫁子は新聞も読まない(とってないからねwww)バカ女って日頃言ってる姑。
    バカにされるのはガマンできなかったらしい。
    「知ってるて…それは、その、あれ何て言う党だったかね」
    「友達民主党ですよお、知らなかったんですか?」
    「知っとるがね!私も応援しとるでな!」

    この話を電話の横で聞いていた息子。
    「バアバにともだちTシャツ書いて送っていい?」と爆笑しながら聞いてきた。
    一応止めておいたが…やらせたら良かったかな。

    129 :鬼女日記 2016/09/13(火) 16:25:23 ID:TX1
    大型ショッピングセンターで2歳と0歳の子と歩いてたら2歳子が突然嘔吐。
    咄嗟に私が手で受けたけど受けきれず、廊下に吐しゃ物が少し落ちてしまった。
    両手で受けちゃったから私身動き出来ず、0歳子はベビーカーでギャン泣き。
    廊下だったから店員にも気づかれないし、通りかかった若いカップルから「臭い」「汚い」と言われ、年配の方も顔をしかめたりするだけでスルー。
    2歳子もそんな周りの反応を察したのかギャン泣きし始めた。
    トイレに連れて行こうとしたけど2歳子は私にくっついて動かず、情けないが私もパニックで泣きそうに。
    そしたら25、6くらいの若いカップルが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
    女の子はすぐに自分の買い物袋から買ったものを自分のカバンに詰めて、袋を広げながらこれに吐しゃ物入れて下さいと言ってくれた。
    そしてお手拭ティッシュかおしりふきはありますかと言われ、私に手を拭くように渡してくれて、更に2歳子に「大丈夫だよ、びっくりしたね」と話しかけながらお手拭用のティッシュで顔や服を拭いてくれてた。
    男の子の方が店員を呼んでくれて床の片をしてくれる様にお願いしてくれて、更にトイレまで付いてきてくれた。
    男の子はトレイまでベビーカーを押してくれて、女の子は2歳子に色々話しかけて泣きやませてくれた。
    トイレでも泣いてる0歳子を抱っこしてくれたり、2歳子の嘔吐付き服を嫌な顔一つせず脱がしてくれた。
    私なら他人の子の嘔吐物なんて近づくのも嫌だから、申し訳なくて女の子に謝り倒すと「私保育士なんで慣れてますし、全然気にしないでください」とニコニコ。
    何かお礼をと思い名前や連絡先を聞いても教えてくれないし、せめてケーキでも買って渡そうとしても頑として断られた。
    もし自分が独身時代にこんな状況に出くわしていたらどうしただろう、きっとスルーするな。
    例え自分が保育士でも業務外にわざわざ他人のお世話しないと思う。
    こんなに親切な人もいるものか、と衝撃を受けた。
    妊娠したり子育てしてると、今まで気づけなかった他人の優しさに触れて衝撃を受けることが増えた。

    このページのトップヘ