毒親

    678 :鬼女日記 2018/01/12(金) 10:24:46 ID:6hzpbeuk.net
    中学の頃クラスの女子が上級生のヤンキーに強カンされたんだけど
    被害者の親の行動が理解できなかった
    「表沙汰になったら娘の将来に影響が出るから被害届は出さない」←既に何があったのかみんな知ってる
    「言いふらされたら困るから犯人たちに口止め料を払う」←???
    「お前は強カンなんてされていない!ただの男遊びだ!お前みたいなふしだらな奴はうちの娘じゃない!」←???

    結局その子は中卒で家を出てその後どうなったかは分からない

    739 :鬼女日記 2018/01/12(金) 22:13:42 ID:kzeCSN2J.net
    母親のこと。
    全て書こうとするととんでも無く長い呪詛になりかねんから簡潔に書く。

    昔からガキの発言なんか聞く気がなく、母親自身の考えから30%ズレたらヒステリー起こして殴ったり人格を否定したりするようなやつで、それこそ小学生の頃から怯えながら暮らしてた。
    (母親の妹曰く、母親の幼少期からそんなんらしい)
    中学の頃には既に、(こいつは自分のガキも駒や宝飾品程度にしか思わないんだろうな)と確信していた。こんなババアが相手な為、この考えは墓まで持っていくつもりだった。

    しかし、遂に先の成人式で、母親が直接言ってきやがった。「子供の二十歳になるまでの人生は、親のものなのよ」
    知っていた事だが、普通直接言うか?そういう身勝手な部分は誰にでもあるだろうが、外に出すか?正気を疑ったね。
    まだ高校生の妹が気がかりでならない。

    845 :鬼女日記 2014/10/07(火) 20:03:48 0.net
    ある記事読んで思い出したので
    ここに吐き出します
    長いし文才が無いので面白くもない

    祖母と両親と姉と俺の5人家族で田舎に住んでました
    一番昔の記憶は3才の時に夏の深夜に漏らして
    両親に殴られ庭の柿木に朝まで縛られて
    全身蚊に食われて大変な事になったが
    誰も家族は助けてくれませんでした
    この記憶以前から虐待が合ったのかはわかりませんが
    家族の反応から推測するに日常のひとコマだったと思います
    その後も両親に毎日殴られたり蹴られたり地下に閉じ込められたりし
    幼いながら身の危険を感じ5才の時に家出をしました
    結果家から20キロ離れた居酒屋の人に保護され家に逆戻りし
    泣き叫んで帰りたくないと訴えたが
    家族全員外面だけはいいのか誰も虐待されたって言っても信用されませんでした
    家族は何も言わずその後1ヶ月は虐待が止まったのですが
    近所の評判を気にしていただけであの家族がそんな事をするはずがない
    ってのを確認したんでしょうね、虐待は再開され陰湿になりました

    493 :鬼女日記 2008/05/18(日) 01:16:00 0
    >>489
    「従妹ちゃんはお父さんが病気で大変なんだ!
    お前は恵まれてるんだから我慢しなさい!」

    叔母の旦那さん(私の父にとっては妹の旦那)が難病で倒れて
    闘病数年後に亡くなるまで、毎日のように父親に言われたよ。
    発病当時私は小学生、弟は幼稚園児。
    子供ながら「お父さんが病気なんて従妹ちゃん可哀想だ」と思ってたから
    母親が病院送迎要員にされて、姉弟二人きりで留守番続きでも我慢したし
    (まだ年中だった弟は本当に可哀想だった)
    2回しか着ていないワンピースを従妹にねだられても我慢してあげた。
    従妹ちゃんは習い事もできないんだぞ!と言われて、習い事も中断した。
    父は弟の入学式にも出ないくせに、従妹の入学祝には自転車を買った時も我慢した。
    叔母と従妹も最初は遠慮がちだったのに、どんどん増長していって
    おじさん他界後には「新しい靴買って~日曜日には○○に連れて行って~」と
    私の父に甘えて、そのくせ私の母は奴隷扱い、私たち姉弟は「可哀想な子、pgr」扱いだった。

    今は父も呪いが解けたようだけど、本音では許してない。
    私たち姉弟が老後の面倒を見るのは母だけ。

    99 :鬼女日記 2018/05/19(土) 19:15:27 ID:VDxz9h7R.net
    中二の娘がついに反抗期でバトル開始

    我が家のルールでは土日の朝は娘が皿洗いすることになってるんだけど
    高二の息子が生まれ持っての気質と部活命な今の状況のせいで皿を下げるのすら惜しいと食卓に放置
    「なんで皿も下げない馬鹿(息子)の分を私が取りに行って洗わないとならないの?」と娘はそれを放置
    叱ったら↑の理論を振りかざして「大体馬鹿は何も手伝いしてないのになんで私だけやらないと叱られるの?」とヒステリックに叫ぶ

    ちょっと前までは「お兄ちゃん部活で忙しいから」って言えば黙ってたんだけど
    今は「部活なんて必タヒにやってもプロになれる訳でも推薦に役立つわけでもないじゃん」と効かない

    息子も息子でそれにキレて、勝手に娘用の食器を使ったりして娘が食器を洗わざるを得ない状況を作って
    娘がそれに発狂してお気に入りだったはずの食器を投げ捨てたりしている

    もう嫌

    195 :鬼女日記 2017/02/08(水) 12:48:03 ID:SNm9KZaP.net
    高校受験目前にして父が学費の支払いを拒否した時
    学校から帰ると学習机の上が滅茶苦茶になっていたのでショックで騒いだら、女に学はいらねーんだよ馬鹿がと言われ、スクールカバンに水を掛けられた
    そのまま受験中に離婚になった

    340 :鬼女日記 2015/11/13(金) 00:11:07 ID:nKw+WsbV.net
    母に対して。
    私には少し年の離れたモデル体形の美人な姉がいる。身長175センチ程で学生時代運動部で活躍していたのもあって、日本人離れした体形。
    私は150センチ代半ばで小柄、至って普通の日本人体形。顔も姉より劣ると思う。
    そして父も母も平均プラス10センチ程の長身。
    私は生まれたときから未熟児とまではいかないが小柄で、姉とは違って体も弱くあまり運動ができなかったのも関係するのか、成長が遅かった。一時期成長ホルモン(?)を打つかどうか真剣に考えたこともあると母から聞いた。
    自分以外の家族は大柄というのと周りよりも成長が遅いことで、子供時代は身長が低いことがコンプレックスでならなかった。母もそれを知っている。

    私が思春期に差し掛かったころから、母は私が親戚や近所のおばさんに「可愛い子ね~」のようなことを言われる度に「この子の姉は身長が高くてもっと綺麗なんですよ~」と姉を褒める。
    他人さんに我が子を自ら褒めるのもどうかと思うし、何よりスタイルを強調して私と比べるのが酷い。私のコンプレックスを知ってるくせに。
    私20代前半、姉アラサーになった今でも、二人で外出した先で母の知り合いに会い「綺麗な娘さんね~」など褒められると決まって「姉はもっとスタイル良くて綺麗です!」
    アラサーの娘をそんな風に褒めるのなんてイタイし…

    他にそういう発言はないのに、このことに関しては10年以上ずっとこの調子。ほんとに神経わかんない…

    39 :鬼女日記 2010/02/10(水) 13:54:21 O
    さっき電話凸してきたトメに言ったこと。

    トメ「聞いてよ~コトメちゃんがね~海外で挙式するって言うのよ~親族に申し訳たたないわ~」
    私「そりゃ‘学歴ない人間はバカだ’だの‘息子は私たちの希望した学校に行けなかったクズ’だの言う両親を
    挙式には呼びたくなかったんでしょ~ね」
    トメ「何ですって?」
    私「コトメさん言ってましたもの、‘もう二度と親に会いたくない’って」
    トメ「アンタが(海外挙式を)入れ知恵したのね!フジコフジコ」
    私「高卒にアンタ呼ばわりされたくありませんし、
    そもそも私は四大卒ですから、軽々しく口きかないでください」
    トメ「お父さんに言いますよ!」
    私「自分の子供や他人の心を傷つけて平気な親なんか、こちらからお断りです」トメ「な…」
    私「あ、介護必要になっても不甲斐ない子供たちに頼らないでくださいね、
    まあ私たち引っ越しますし、家の電話番号替えますから連絡とれなくなりますし、じゃあ」
    トメ「ちょっ…」
    ガチャ(電話切る)



    やりたいことがあって東大以外の大学に進学した旦那を「クズ」「家の恥さらし」と罵り(同じ大学の私も同様に罵られた)、
    その後東大に入った良コトメを贔屓しまくるも、コトメの連れてきた結婚相手(東大以外の大卒)の目の前で
    「家のコトメがこんなバカと…」「どこの馬の骨か知らない、東大以下の大学出た男にコトメを嫁がせるだなんて許せない!!」
    と平気でいい放つバカ親なんかいらない。

    147 :鬼女日記 2015/12/12(土) 09:24:49 ID:88h
    書き溜めて来たら、微妙に上の話とカブってるかもしれん。
    実兄が離婚した。
    2年前から「離婚したい、俺はATMだ。嫁も子供も俺を利用するだけで家族と思ってない」
    と愚痴っているのは知ってたがまさか本当に離婚するとは思わなかった。
    兄貴も兄嫁も浮気や借金などはなかったから、性格の不一致と嫁姑の諍い等を理由に別れた。
    子供は高校生の娘と息子。親権と養育権は兄嫁が取った。
    兄貴の離婚を後押しし、味方してくれた同僚らと兄貴は祝い酒を交わし、
    「ようやく自分の人生を取り戻せた」と涙ぐんでいた。

    俺は兄貴とは4歳違いでガキの頃はよく嫌な事をされた。
    いじめというほどじゃないが、チキチクいじってきて、こっちが泣いて怒ると笑って逃げる。
    兄貴は子供達にも同じことをしていた。
    何か「買ってあげる」と約束しておいて当日に「ウッソ~」とやって泣かすとか、
    「おまえの鼻が大きいな」と顔や体の特徴を何度もいじって泣かすとか、1つ1つはたわいない。
    なぜな泣かすのかというと「泣き顔が可愛い」らしい。
    しかし子供たちも9~10歳になると学習して相手にしなくなってくる。
    ある時、姪(兄の娘)がアイドルにハマった。当時小学生だった姪は、兄貴に「チケットを取ってやる」
    と言われ信じた。しかし当然のように嘘だった。
    兄貴はそれを姪の誕生パーティで「ウッソ~」とバラした。
    その場には俺も両親もいた。誕生パーティは号泣する姪を慰める会と化した。

    このページのトップヘ