毒親

    360 :鬼女日記 2014/07/31(木) 14:55:41 ID:wmPTdTaRu
    復讐というより因果応報的なお話

    私と兄と姉は幼い頃、父から虐待を受けてた
    殴られるなんてあたりまえ、姉はストーブの上に乗せられたり私は熱湯をかけられたり
    兄は鼻が折れるほど殴られたりしてた。母親はかばってくれた。母の体も痣だらけだった
    父親が働かないので母が夜のお仕事をして私たち兄弟を支えてくれた。
    当時給料は日払いか手渡しの時代だったのでお金が入ると母親から無理やりとり
    ギャンブルをしてすべて使ってしまうので母親は家のいろんなところに隠してた
    お金の場所がわからないと父はイラつき私たちにあたり散らしありかを知らされていた
    兄にお金の隠し場所はどこだといって殴りまくってた。兄は絶対に口を割らなかった
    母親は離婚を考えていたが、兄や姉が苗字が変わってしまい、転校するのはツライと
    母親に伝えていたので母はためらっていた。
    ある日、兄の担任の先生がきて兄の様子がおかしいと言われて、母は家での事情をすべて話した
    子供の環境を考えると離婚を視野に入れたほうがいいのではと話され、転校するなら
    転校先の学校に根回してツライ思いをさせないようにするからと担任に説得されたそうだ
    それからしばらくして父親が闇金にお金を借りて払えないので母と私たちを置いて逃げた
    当時、弁護士とかそういうのは当たり前じゃなかったので払う義務がないはずなのに
    母が払うことになった。

    102 :鬼女日記 2013/11/26(火) 16:19:13 0
    何とかまとめてみたので私の修羅場を投下。


    小1~高2初めまで兄にDVされ、母に助けを求めても何もしてくれなかった…むしろ「あんたのせいで」って言われてた約10年間が修羅場。


    私が小学校上がる前に両親が離婚し、「養育費いらないから私が子を2人育てる」と言って母が2歳上の兄と私を引き取った。


    その後、母はお昼に給料が低いものの好きなことを仕事に夜はスナックで働いてた。
    なので夜は結構な頻度で小3の兄小1の私の二人きり。
    その頃から暴力を受けるようになった。

    私が小3になる頃には、母はスナックを辞めていたのだが彼氏(母彼)が出来てて
    その母彼が浮気したとかで母がヤンデレ化?してて一旦家に帰ったと思ったら母彼の家に泊まりに行ったり。
    その母彼が怪しい行動すると家に電話がかかってきて「お母さんタヒぬね」って感じにタヒぬタヒぬ詐欺の相手した。
    ちなみに兄には今まで通り暴力に加え、性.的なイタズラをされるようになり毎日イライラしてた。

    506 :鬼女日記 2011/09/16(金) 09:57:05 0
    いきなり話変えるけどモンペって怖いな
    かーちゃんがきついこと言われて寝こんで、帰ってきたら担任外されててそのまま退職に追い込まれたよ
    今でも部屋の掃除すら出来なくて、一日中テレビ見ながら家でボーッとしてる

    598 :鬼女日記 2013/02/19(火) 00:40:15
    長文かも
    俺、長男だけど小さい頃から両親に「使えない奴」って言われ続けてきた
    親がそんな調子だから弟も妹もそんな風に扱う
    で、おかしなことに使えない奴って言われながら酷使され続けてきた
    小さい頃は家事係、就職したら家事係兼財布係
    おむつ替えて靴下はかせてやったりしたチビたちに「小遣いもっとよこせよ使えねーな」と言われるようになった時は悲しかった
    でもぼんやり使われながら生きてた
    そして図書館でふとした切っ掛けで嫁と出会いお互い好きになって結婚した
    嫁は料理が苦手だから仲が深まってからは俺がマンションに通って飯とか作ったりした
    俺、恥ずかしながら外で週一程度旨いもん食える程の金も無かったんだ
    でも甲斐なしなんて言わず嫁は喜んでくれた
    「嬉しい、美味しい、ありがとう、御馳走様」ってさらっと言えるところに益々惹かれた

    548 :鬼女日記 2016/08/08(月) 19:07:23 ID:X64
    趣味は人生を豊かにしてくれると思う。熱中できるものがあるのは良いことだと思う
    だけどネトゲに打ち込んでいる人のことはどうしても軽蔑してしまう
    ちょっとぐらい寝食も忘れて没頭してしまうのは構わないと思うよ。当人が満足していて、周囲の状況がそれを許容できる環境ならいいと思う
    ただ、子供がいる人は、ちゃんと子供のことも構ってあげてほしいなって思う

    ネトゲに没頭するようになってから母は母じゃなくなった。家事も育児もすっかり疎かになった。ご飯や授業参観はおろか、母は私の方を向いてくれることさえなくなった。
    懇談会はしぶしぶ参加していたけど、後で何故か怒鳴られた。
    私が学校から帰る度、朝と全く変わらない体勢でパソコンに向かっていた母の姿を鮮明に覚えている
    ゲームの名前は覚えていない。母の乾いて血走った目はよく覚えている。

    いつから母が変わってしまったのかは覚えていない。昔の母は普通の母だったと思う。私が幼稚園にいた頃は、少しヒステリックなところはあったけど、それでもお母さんと呼ぶことに違和感は抱かない程度には普通のお母さんをやっていたと思う。
    あまり母だった頃の母は記憶には残ってないけどね。乾いた目でパソコンに向かう母の姿の方がずっと長く見てきた光景だから
    母は当時まだ小学生だった姉に家事を丸投げしていた
    「今日は友達と遊ぶから晩御飯は作れない」と言った姉を怒鳴りつけた母の醜い声は未だに生々しく覚えている
    何も憂うことなく思いっきり遊ぶべき時期だっただろうに、姉は私を細やかに世話してくれた。家事の傍らで宿題も教えてくれた
    この状況は二年ぐらい続いたかな。父は何にも気付いていなかった。仕事で帰りが遅くて、いつも私たちが寝静まった頃に帰ってきていたから仕方なかったと思う

    ある日の夜中、帰ってきた父に姉が泣きながら今までのことを洗いざらい話した。起きてきた母は金切声をあげて、私は訳もわからず泣いた。
    私は泣き疲れてすぐに寝てしまったので父と母の間でどんな話し合いが行われたのかを知らない。これがきっかけとなって姉と私は祖母の家に預けられた。
    それから今に至るまで祖母の家で生活している。
    祖母の家で暮らすようになってからは、少なくとも私が知り及ぶ限りでは特筆するような波乱はなかった。姉と祖母と父はもっと何か知ってるかも知れないけど、少なくとも私はごくごく普通の青春を送ったと思う
    姉は祖母とカウンセラーの支えもあって立ち直り、今では立派に社会人をやっている。私も大学生になった。高校までの勉強と違って勉強すればするほど分からないことが増えていくけど、知識欲を満たす生活はとても充実していて楽しい。

    一度だけ、母と会ったことがある。成人式の帰りに父に頼まれて、本当は嫌だったけど仕方なく小さな和食屋で母と再会した
    眉間の深い皺と荒みきった目、毛先が傷んだ髪の毛は、中学の同級生だった不良のお母さん(後に逮捕された)を彷彿とさせた
    不思議なことに父は未だ母と離婚していなかった
    父には申し訳ないけど、愛想を振りまく気にはなれなかった。母の声色、姿、どれも小さな頃の記憶を思い起こさせるもので、私は吐き気と妙な眠気に襲われた。
    考え事に集中して意識を飛ばして母との再会を乗り切った。母の聞くに堪えない罵倒に対して生返事と適当な相槌を繰り返した。
    母の罵倒を思い出すと精神が抉れるので一部だけ紹介する
    「お前みたいな馬鹿には大学なんて無駄」
    「そんなに遊び足りないの?私は進学しなかったよ」
    「すっかりクソトメ(当時は「クソめ」に聞こえた)に甘やかされて。三文安ってやつだね」
    大体こんな感じのことを言われた
    大学をやめるよう命じられたような気がするけど、私はお手洗いに行くふりをしてこっそり抜け出して、そのまま家まで逃げ帰ったので何にも知らない。
    父には後で謝った。別に怒られはしなかった。

    今は平穏な日々が続いている。このまま平和な日々が続くことを祈っている。

    381 :鬼女日記 2016/07/21(木) 12:47:45 ID:TFX
    長文&自分語り失礼。

    私は三人姉弟の真ん中で、上に姉、下に弟のいる次女。
    幼少期、私の服はほぼすべて姉のお下がりだった。
    長女長男である姉と弟は新しいものを着ていた。

    小学生の時、周りは真新しいランドセルなのに、私は二歳しか違わない姉のお下がりだった(姉は新しいものを買ってもらった)
    中学生の時、私は姉の制服を着て姉は新しく買ってもらった。
    別にうちは貧乏ではなかったと思う。
    習い事はピアノも学習塾も、私がやりたいと言ったものはさせてもらえていたから。
    単に衣類等の替えがきくものに関して、次女にお金をかけたくなかっただけだろう。

    中学校の頃、我が家では定期テストで上位50位以内に入ればお小遣いが出るという決まりがあった。
    私は母に褒めてもらいたくて勉強を頑張ったので、どの教科でも上位に入れた。
    姉と弟は私ほどは勉強ができなかった。
    私だけ数千円(一教科千円)のお小遣いをもらうことに、ある時から姉と弟が文句をつけはじめた。
    始めは母も「文句を言うなら勉強して○○(私)くらい上位になれ」と窘めていたんだけど、途中から、次女へのお小遣いが煩わしくなったんだろう。
    私だけ、「上位50位」が「上位10位」になり、それでも頑張って入り続ければ「1位になれば」と条件が変えられていった。
    中三の頃には条件が「5教科総合1位」になっていた。私はどれだけ頑張っても千円しかもらえなかった。

    769 :鬼女日記 2005/02/24(木) 16:13:45 ID:rQAqso5u
    おくびにも出さないが母を憎んでいる。

    母は私が物心ついた頃から精神的な病を抱えていた。
    そういう理由もあって、私は親戚に預けられて育った。
    だから私は母に育てられた記憶はないのだが、母は私に「子育てに失敗した」と言う。
    加えて「作る気も産む気もなかった。後悔している」とも言う。
    母の病気がましだった頃、母は生まれたばかりの親戚の子をとても可愛がっていた。
    親戚に預けたままの私のことは見向きもしないで。
    そして母は「私の育てた(親戚の子)ちゃんは素晴らしい娘に育った」というのが自慢だ。
    「子育てには失敗したけど(親戚の子)ちゃんを育てるのには成功した」と言う。
    今は「(親戚の子)ちゃんで経験をつんだから孫を育ては失敗しない。孫を寄越せ」と言う。

    冗談じゃない。
    母親らしいこと全部放棄して来た女が今さら祖母面するな。
    でも、お世話になった親戚の手前と世間体のためだけに、
    母とは何時もニコニコ円滑なお付き合い---を心掛けている。

    589 :鬼女日記 2015/11/13(金) 08:06:19 ID:oMI
    中学の時異母兄たちに犯された。
    長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

    私は父の後妻の娘。
    前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
    離婚の理由は知らなかった。

    私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。(以下兄②)当時高1。
    母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

    突然のことに母も私も戸惑った。
    その当時の家は、再就職が見つからなかった父は就活をしながらコンビニでアルバイトをしていて、母は通院しながらのフルタイム。必然的に家事は一人っ子の私がやっていた。
    そこに高校生の男の子が入ってきた。
    第一印象は今風に言えば「チャラそう」
    母も私も難色を示したものの、父が「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。
    父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。
    母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。

    89 :鬼女日記 2016/04/17(日) 04:11:01 ID:KTI
    人のいなさそうな時間にひっそりと投下してみる
    ものすごく長いので興味のない人はざざっと読み飛ばしてほしい


    1~2年くらい前、たぶんこの辺だったと思うんだけど、親のことで愚痴ったことがある
    3、4才の頃鼻血が出るまでよく殴られたとか、弟だけ幼稚園に入れてもらえたとかそんな話
    果物を送ってやるとか何とかいうメールが来て弟巻き込んで面倒臭いやり取りの末
    内緒で引っ越してたことと職を変えてたことと、資格取るために夜間の学校に通ってたことがばれた
    両親は私に会えないので弟の所へ話を聞きに行き、弟は私に許可を得て、とりあえず事実だけを話した
    弟によれば、非常にショックを受けていたらしい
    何も知らされてないなんて、娘にそこまで嫌われてるとは思ってなかったようだ
    でもその数ヶ月後の親戚の法事では普通に話しかけてきやがったんだけどね
    従兄弟達が子沢山のおかげで、総勢約10名のお子たち(甥姪含む)の世話にかまけてガン無視したが

    弟たちは、基本的に親とは仲いいが、私と親との諍いでは私の側に立ってくれてた
    両親の暴 力・暴 言、ネグレクトは父の仕事が安定しなかった若い頃が一番激しく
    年を重ね収入が安定するに従って落ち着いていった感がある
    父からは「お前達は動物と一緒だ、だから殴ってでも躾けるんだ」とドヤ顔で言われた記憶があり
    母は私が女の子らしいことに興味を持つことに非常に嫌悪感を示し、否定し続けた
    結果長子であり、唯一の女児である私が、一番長く、一番理不尽な扱いを受けたことになる
    上の弟は親の暴 力の激しかった頃をおぼろげに覚えているのだろうし
    下の弟はその辺ピンと来ないまでも、親が激昂したときは必ず私に庇われたことが今でも印象深いそうだ

    76 :鬼女日記 2016/01/05(火) 13:27:37 ID:???
    三つ隣の部屋に住んでいる女性.は妙な人だった
    息子さんのことはマンションの壁に落書きしようがタバコ吸おうが私の息子の自転車のカゴを破壊しようが期末テストで最下位争いしようが可愛がる
    娘さんのことは些細なことで怒鳴る、叩く。酷い時だと人前でも殴る。
    夏場に閉め出されていた時に水を飲ませてあげたのを覚えている。見兼ねた隣の女性.が児相に通報しようとしたら母親が出てきて娘さんを引っ張って引っ込んでいった。
    ずっと解せなかったんだけど、2ちゃんとかで「男の子は素直で可愛い。女の子は成長が早くて可愛くない」みたいな発言をちらほら見かけて納得した
    そういう母親って多いんだね

    このページのトップヘ