スカッ

    944 :鬼女日記 2020/12/06(日) 13:04:16 0.net
    今年、アラフォー独身コトメが急に重い病気になって入院した
    入院先は義実家から車で1時間半、我が家からは車で30分、義弟家からは徒歩10分の大病院
    病院内でじっとしてる分には元気らしくてコトメは大抵のことを自分で処理したけど
    、ネット通販の届け先を義弟家にするから病院へ持ってきてくれないかと義弟に頼んだ
    その義弟は仕事が忙しくて面会時間に行けないから専業主婦の義弟嫁に
    「コトメの通販した荷物が届いたら病院へ届けてくれないか」と頼んだらしい
    ところが義弟嫁はその日のうちにトメへ文句のLINEを送ってた
    トメがショック受けて動悸がするというからどんなひどいこと書いてるのかと見せてもらったけど

    「宅配の受け取りは精神的な負担が大きいのに勝手に私の労力をアテにされたら困る」
    「病院に出入りするのはコロナ感染リスクが高まる。小さい子供に何かあったらどうしてくれる」
    「徒歩10分というけど病院内が広いから子連れで歩けば何倍もかかる」と
    びっくりするくらい薄情な言い訳だらけ

    766 :鬼女日記 2013/10/21(月) 00:44:48 ID:UoX2wX/W0
    結果的に復讐?仕返し?となった話です。
    文才ないから長文許してください。

    俺の顔はかなりの童顔で低身長wこれまで年相応に見られたことは一度もない。
    だから中学・高校時代は女子からは完全にガキ扱いで恋愛対象として見られることはほとんどなかった。

    そんな俺でも恋をしたことはあって、中学時代に一度だけ告白をしたことがある。
    んで俺は放課後に当時好きだったAを呼び出す。しかし指定した場所には取り巻きのBCもくっついて来てた。
    最初はBCにどこか別の場所に行くよう言ったが、Aからのお願もあり渋々BCの同席を承諾。BCの空気の読めなさには腹立ったがその場で告白した。

    661 :鬼女日記 2003/12/11(木) 23:48:00 ID:pQzKOv1t
    何年か前の話になるが、俺の武勇伝を。

    その日、俺は一人暮らしをしている彼女の家に遊びにいったんだ。
    最初はいつものように楽しくやってたんだが、途中、些細な事からちょっとした口論に。
    んで、二人とも意地になって、顔を合わせず違うことしてたのね。
    そしたら、後ろから「うっ」って声が聞こえて、まさかと思い振り返ると
    そこには手首から血をしたたらせている彼女が。
    (その頃、彼女は精神的に少し病んでいて、リスカをやってた)

    手首から垂れた血は、床においてあるナイフとハンカチの上にポタポタと。
    びっくりした俺は怒りやら意地やらもふっとんで、、とりあえずナイフを奪い、
    彼女に謝りながら、応急処置をした。
    (彼女の思う壺ってのは解っていたんだが、そうしないと余計切ると思ったんで)

    その後、仲直りをし、夕飯を食べ、彼女の家をあとにしたんだが、
    応急処置やその後のフォローに時間がかかったんで、もう外は真っ暗。
    駅までの道のりを歩いていると、歩道横の階段で座っている3人のDQNに呼び止められた。
    聞こえなかった振りをして、そそくさとその場を去ろうとすると
    「兄ちゃんちょっと待ってくんない?」と、言いながら
    いきなり体格の良い金髪DQN(以下A)が走ってきて腕を俺の肩にまわしてきたんだ。
    「ちょっとこっち来てよ?」とお願い口調で言ってる割に、強引に俺を狭い路地裏まで連れて行く。
    完全にビビリっぱなしの俺は、されるがままに路地裏の奥へと。

    343 :鬼女日記 2009/10/09(金) 12:08:31 ID:9sYIkSMC
    同じ社宅に住んでいるママ友Aさん。子が同じ三歳で、何かと仲良くさせてもらってた。
    Aさんが「今度、一緒に鼠の海か国にでも行こうか、夫が取り引きの時にもらった無料招待券がある
    から」と誘ってくれたところに勝手に登場したBママ。
    「ネズミー行くの? 私も行く行く!! もちろんタダ券くれるよね!!! 高速代もお昼代もそっち持ち
    や!!! だって招待したのそっちだもんね!!」と興奮気味にまくし立てる。
    私もAさんも棟が違うので、このBさんという人をよく知らない。
    なので、丁重にお断りをいれたら「なんで私をのけ者にするんだ!!! 小娘が!!! どうせあんたらの旦那も大し
    たことないくせに!!! (B)旦那に言い付けてやる!! 左遷させてやる!!!」とか盛大にファ
    ビョる。ドン引きするぐらいファビョる。
    「旦那さんの立場を持ち出すのはおかしくないですか」とAさんが言うも、Bは聞く耳もたず。

    237 :鬼女日記 2019/05/25(土) 08:31:38 ID:K5F
    本当にちょっとしたいたずら…というか嫌がらせの話
    数年前の電車内、デブ女二人が斜め前の座席に座ってぺちゃくちゃやかましく喋ってた
    なんかうるさかったので、ふとした思いつきから、近くの降車口ではなくデブ共の隣にあった降車口を使って降りる事にした
    そうすると必然、デブ共の目の前を横切って歩くことになる
    当時の私の体重は確かギリギリ40kgあるかないかくらい 大抵の人から「ちゃんとご飯食べてる?」と心配されるレベルのスレンダー(病気とかではなくただの体質)
    加えてホットパソツで生足、高いハイヒール
    デブ共の前をなるべく良い姿勢で横切った瞬間、もう本当に面白いくらいにデブ共沈黙
    やや間を置いてから「ほっそ…」「やば…」とのコソコソ話
    もう生足出せる年齢ではないから今じゃ出来ないことだけど、ちょっと楽しかったです

    1 :鬼女日記 2014/09/08(月) 10:45:35 ID:qFplHyUb0.net
    お前なんかに娘をやれるか、お前の家族もお前も全てダメだと全否定されたので、
    その後2年つきあって彼女の賞味期限が切れたあたりで別れてきたお

    767 :鬼女日記 2013/06/07(金) 10:17:58 ID:bv9gUtEI0
    決着がついたので投下。

    中学3年の間しつこく私を粘着して虐めてきた女を、兄が婚約者として連れてきた事。
    事前に婚約者を連れて帰ると聞いていたので、母と二人でwktk待機してた。
    玄関で奴の顔を見た瞬間、今までされた事が頭によみがえってきた。
    奴はにこにこと笑って「はじめまして」って言ったよ。第一印象だったなら、きっと好印象を抱いたと思う。
    茫然としてる私を尻眼に「婚約者様」の紹介は滞りなく進んで、母も大層奴を気に入って
    いい人捕まえたわね!なんて帰った後兄の携帯に電話するほどに気に入ったようだ。パニック障/害が残ったせいで
    通勤が出来ず在宅で仕事をする私と、バリバリ稼いでる奴。味方なんていないと思った。学校でもそうだったんだから。
    私の事を覚えていないのなら、視界に入らないよう気をつければいいと思った。でも奴は私を覚えてた。
    兄からメアドを入手したらしくすぐにメールが来た。結婚したら同居するつもりな事。私を追い出すことは考えていないから
    よろしくねって。昔みたいに仲良くしようね!って

    すいません長くなります。続き

    465 :鬼女日記 2019/07/24(水) 20:04:26 0.net
    子供2人が高校生で母親が不倫したのも知ってる
    発覚した時に離婚前提で全部子供達に話したから
    その後の嫁との話し合いで子供達にはまだ母親が必要とかもうしないとか一時の気の迷いとか色々言われて母親云々にそうかもと思い、血の滲む思いで再構築を決めた
    せめて子供達が独立するまではと
    でも子供達がなぜ離婚しないの?お母さんの顔見るの嫌とか言う
    母親の料理も食べない
    子供達の為とは思ったけど間違いだったみたいだ
    家族会議でさっき離婚が決まったというか、やっと嫁が納得した
    心底子供達に嫌われてるとは思ってなかったみたいでショックを受けてた
    かわいそうとは微塵も思わなかった

    という事で離婚する
    今までここROMっててキツイ時とか随分と慰められたよ
    ありがとうございました

    28 :鬼女日記 2014/05/16(金) 17:08:25 ID:A0hJMtAw.net
    顔面自慢するA子に対して姉が放ったスーッとした一言。

    何かと自分の顔面上げ、他の女子下げするA子。
    特に格下に見てた私を貶すけなす。周りもハイハイ~って感じでまともに取り合ってなかったた。私も仲良しの姉に笑い話として話してた。はは

    サークルの数人で出かけてたある日、偶然姉と遭遇した。
    友達は私が自慢しまくる姉登場に沸き、A子は顔面戦闘値の不利を悟りふてくされた。
    何を隠そう姉は笑顔が輝く超美人。
    テンションが上がり一緒にお茶することにしてお店に入って注文。
    その間もA子は姉に噛み付く噛み付く。

    挙げ句の果てには店員さんに対する姉の「どうもありがとう」に「何きれいぶってんの?はっ」とかいう始末。
    他人の前でも言うか、と私達が姉に謝ると…
    「当たり前じゃない、綺麗なんだから」
    「A子ちゃんもお口治せば可愛げが出るよ」
    と姉が言い放ってくれた。

    それから二ヶ月経ったが、A子は大人しいままだ。

    このページのトップヘ