スカッ

    521 :鬼女日記 2015/06/17(水) 10:56:50 ID:xfX
    ムカつく弟の嫁にしたイタズラ
    俺には3つ下の弟が居る、兄弟仲はすごくいい、今でも俺は弟が可愛い
    俺は料理人をやっていて弟はよくウチに食事を集りに来てた
    俺が作るものを旨い旨いとなんでもかっ込む弟を見てると
    料理人としての自信にもなったしやはり嬉しいもんだ
    で、俺より弟が先に結婚した
    弟の嫁は弟の4つ上、つまりは俺の一個上の姉さん女房を貰ったわけだ
    弟は可愛がられて育ったから甘えっ子で年上の嫁さんを貰ったのはいいと思う
    だけどこの嫁さんが俺にとってはちょっといけ好かなかった
    ここまでが話の前提だな、長くなって申し訳ない、続く

    218 :鬼女日記 2008/09/25(木) 02:19:29 ID:Y6qz0wN4
    長編報告、休日のケンチキ(KFC)にて。

    注文を済ませて二階席に上がると
    学生風カップル・小学生男子4人組・家族連れなどがが先客として座っていた。
    カップル寄りの壁際の席がそこそこ空いていたので自分もそこへ着いてひと段落。
    歩き疲れの足を休めながらペソペソと食事をしていると、
    落ち着いてきたのか 周りの音や声を耳が拾うようになってくる。

    『ありえなくない?細すぎキモいんだけど~』
    …カップルの女のほうが店内の誰かを観察してあからさまに揶揄している声。
    男「細いけどオシャレじゃね?美人じゃん。カッコイイよ」
    女『オンナノコは~あんなガリったら~ウラヤマシクないんです~、てかキモい。』

    誰を見てるんだ?と ちょっと気になって対面側の席に目をくばると、
    ものすごく細くて顔の小さい
    パンクスタイルのお姉さんが1人で座っているのが見える。
    姿勢がよくて芸術的な存在感をかもし出しているハイモード系のモデル風のひとだ。

    女『気取りすぎメイクきつすぎでコワイんですけど~~』
    …彼氏の前なので敵意むき出しで他人批判=自己擁護ですね、わかります。
    なんて思いながら
    その女の忄生格ブスッぷりに同情していると、

    ガシャーーーーーーーーーーン!!

    …明らかにトレイをひっくり返しちゃった音が店内に響いた。

    518 :鬼女日記 2011/04/26(火) 12:44:49 ID:hzTuJu0Q
    胸スカならおkと言うので・・・

    二年くらい前の話。
    どっかの池沼が、人の家の郵便受けに虫とか犬のフンとかこっそり入れて来て非常に困っているとご近所から聞いた。
    保護者に電話しても「あんな優しいウチの子がそんな事するはずないでしょ!」とキレられるだけらしい。
    池沼には口で言っても効果がない。身で罪悪感を味わわせるしかない。

    池沼は決まった時間に決まった行動を取る特徴があるので、ヤツがウ〇コを入れに来る16時ごろに、被害者宅の陰で待ち伏せ。
    来た!右手には直に犬のフン握ってやがる。汚ねぇな・・・あんなのに近付くのは遠慮したい所だが仕方ない。
    その郵便受けは、手紙等を入れる口Aが上に、取り出す内蓋付きの口Bが下に付いていて、真ん中には蓋を固定する為の太いカギが付いている構造。

    池沼はAに手を入れ、犬のウ〇コを中に入れようとした。そこへ俺飛び出す。
    「おい」
    突然声をかけられ、飛び上がるように「ひゃあぁ~(^q^)」と身震いする池沼。まだ手は入ったまま
    俺は手首を掴みAから手を抜き取る。ウ〇コまみれの掌を見て吐きそうになったがグッと我慢。
    その手を勢い良くBに挿し込む。ちょっと深く入れすぎたかな、ゲクッという鈍い音がしたが気にしない。
    「イヤァ~~~オォ~!!」とか喚き出したが、構わずカギをロック。手首が扉に固く挟まれ、ゴキッゴキッという妙な音がした。

    460 :鬼女日記 2006/05/06(土) 17:02:36
    4時ごろトメから電話があり、「今から親戚が集まるから、適当に材料買って来て20人前分ぐらいつくって。
    予算はなるべく抑え目で、豪華に見えるようにね。6時には集合するから、6時半には出来上がるようにね」

    と、言うと電話を切った。いつも「言ったモン勝ち」みたいなことをしてきて、今までそれに3回ほどしたがってきた
    私もバカだったのだが、今回はさすがにムリ!と思い、今まで放置してました。

    先ほどもう一度電話があり、「ヨメ子、どこまで準備できてるの?もう●●さん来てるから、作ったもの持ってきなさい。
    うちで一緒に作ったことにするから。できてるんでしょ?早くね。」といい、またガチャ切り。一度電話を切られたあと
    今度はこちらからかけなおし、

    「最初の電話で、作りますよと言ってませんし、今、実家に帰省中なので家にいないのですが私にどうしろと?」
    というと、電話のむこうでふじこってる声が。

    「アナタ!最初にそういうこと言わないと!!」と怒鳴っていたのですが、「こちらは受けていませんし、こちらの事情を聞かずに
    電話を切るクセ、辞めたほうがいいですよ?では、失礼します。」と電話を切った後、一応GWでも受け付けてくれる
    仕出し屋さん(超特急料金はとっても高い)をメールで紹介しておきました。ツメが甘いですかね・・・。

    ヌカかもしれませんが、個人的には今までたまったものもありスカでした。

    302 :鬼女日記 2021/01/14(木) 10:16:23 0.net
    義弟夫婦が年末に離婚した
    仲の良い夫の従姉をブスだのババアだの罵ったのがきっかけ
    その場に私たち夫婦もいたんだけど
    「あの時あんたが私の味方をしてくれなかったから離婚になった
    慰謝料払いなさいよ」
    と言われてめまいがいした
    もちろん断ったし義弟に連絡して対処してもらった
    縁が切れてスッキリ

    264 :鬼女日記 2014/12/20(土) 22:39:09 0.net
    長男がトメに
    絶縁しても構わない
    と言ったらしい

    底意地悪くて強欲、何年もいじめられてきた。
    こんなにもスッキリとしたことは無い。

    944 :鬼女日記 2020/12/06(日) 13:04:16 0.net
    今年、アラフォー独身コトメが急に重い病気になって入院した
    入院先は義実家から車で1時間半、我が家からは車で30分、義弟家からは徒歩10分の大病院
    病院内でじっとしてる分には元気らしくてコトメは大抵のことを自分で処理したけど
    、ネット通販の届け先を義弟家にするから病院へ持ってきてくれないかと義弟に頼んだ
    その義弟は仕事が忙しくて面会時間に行けないから専業主婦の義弟嫁に
    「コトメの通販した荷物が届いたら病院へ届けてくれないか」と頼んだらしい
    ところが義弟嫁はその日のうちにトメへ文句のLINEを送ってた
    トメがショック受けて動悸がするというからどんなひどいこと書いてるのかと見せてもらったけど

    「宅配の受け取りは精神的な負担が大きいのに勝手に私の労力をアテにされたら困る」
    「病院に出入りするのはコロナ感染リスクが高まる。小さい子供に何かあったらどうしてくれる」
    「徒歩10分というけど病院内が広いから子連れで歩けば何倍もかかる」と
    びっくりするくらい薄情な言い訳だらけ

    766 :鬼女日記 2013/10/21(月) 00:44:48 ID:UoX2wX/W0
    結果的に復讐?仕返し?となった話です。
    文才ないから長文許してください。

    俺の顔はかなりの童顔で低身長wこれまで年相応に見られたことは一度もない。
    だから中学・高校時代は女子からは完全にガキ扱いで恋愛対象として見られることはほとんどなかった。

    そんな俺でも恋をしたことはあって、中学時代に一度だけ告白をしたことがある。
    んで俺は放課後に当時好きだったAを呼び出す。しかし指定した場所には取り巻きのBCもくっついて来てた。
    最初はBCにどこか別の場所に行くよう言ったが、Aからのお願もあり渋々BCの同席を承諾。BCの空気の読めなさには腹立ったがその場で告白した。

    661 :鬼女日記 2003/12/11(木) 23:48:00 ID:pQzKOv1t
    何年か前の話になるが、俺の武勇伝を。

    その日、俺は一人暮らしをしている彼女の家に遊びにいったんだ。
    最初はいつものように楽しくやってたんだが、途中、些細な事からちょっとした口論に。
    んで、二人とも意地になって、顔を合わせず違うことしてたのね。
    そしたら、後ろから「うっ」って声が聞こえて、まさかと思い振り返ると
    そこには手首から血をしたたらせている彼女が。
    (その頃、彼女は精神的に少し病んでいて、リスカをやってた)

    手首から垂れた血は、床においてあるナイフとハンカチの上にポタポタと。
    びっくりした俺は怒りやら意地やらもふっとんで、、とりあえずナイフを奪い、
    彼女に謝りながら、応急処置をした。
    (彼女の思う壺ってのは解っていたんだが、そうしないと余計切ると思ったんで)

    その後、仲直りをし、夕飯を食べ、彼女の家をあとにしたんだが、
    応急処置やその後のフォローに時間がかかったんで、もう外は真っ暗。
    駅までの道のりを歩いていると、歩道横の階段で座っている3人のDQNに呼び止められた。
    聞こえなかった振りをして、そそくさとその場を去ろうとすると
    「兄ちゃんちょっと待ってくんない?」と、言いながら
    いきなり体格の良い金髪DQN(以下A)が走ってきて腕を俺の肩にまわしてきたんだ。
    「ちょっとこっち来てよ?」とお願い口調で言ってる割に、強引に俺を狭い路地裏まで連れて行く。
    完全にビビリっぱなしの俺は、されるがままに路地裏の奥へと。

    343 :鬼女日記 2009/10/09(金) 12:08:31 ID:9sYIkSMC
    同じ社宅に住んでいるママ友Aさん。子が同じ三歳で、何かと仲良くさせてもらってた。
    Aさんが「今度、一緒に鼠の海か国にでも行こうか、夫が取り引きの時にもらった無料招待券がある
    から」と誘ってくれたところに勝手に登場したBママ。
    「ネズミー行くの? 私も行く行く!! もちろんタダ券くれるよね!!! 高速代もお昼代もそっち持ち
    や!!! だって招待したのそっちだもんね!!」と興奮気味にまくし立てる。
    私もAさんも棟が違うので、このBさんという人をよく知らない。
    なので、丁重にお断りをいれたら「なんで私をのけ者にするんだ!!! 小娘が!!! どうせあんたらの旦那も大し
    たことないくせに!!! (B)旦那に言い付けてやる!! 左遷させてやる!!!」とか盛大にファ
    ビョる。ドン引きするぐらいファビョる。
    「旦那さんの立場を持ち出すのはおかしくないですか」とAさんが言うも、Bは聞く耳もたず。

    このページのトップヘ