実家の話

    736 :鬼女日記 2017/01/18(水) 11:56:36 ID:lSP
    父は娘の私の目から見てもエネ夫。
    マザコンで、外でいい格好するために母を利用する人。
    母は母で「お父さんはああいう人だから」で諦めるエネME。
    そんな両親が共に50代になり定年が視野に入ってきた頃
    唐突に母が、とっくに解散した芸能グループのファンになった。
    通勤途中にニコ動で「懐かしの映像」を見ているうち好きになっちゃったらしい。
    それを知った父が激しく母を馬鹿にするようになり
    引退したメンバーについてわざわざネットで調べたりして
    母の前でその情報を話してあざ笑ったりした。
    とっくに解散してるからお金をつぎ込むこともなければ
    ライブに行くこともないし
    家事や仕事がおろそかになったわけでもないのに
    父はしつこく「今更」とか「馬鹿だ」「趣味が悪い」「ババアのくせに」
    と毎日のように母を笑っていた。
    母は父に何を言われても「はいはい」って感じで流していた。
    横で見ている私の方がイライラした。
    2年くらいしてそのグループのことなんて父も私も忘れた頃、
    父がぼそっと「定年後は旅行でも行くか」と母に言った。
    母は即効で断った。
    そして、「行くなら一人で行って。切符もホテルもあなたが手配しなさい。
    着替えも自分で用意して持っていって。そのくらい一人で出来る年ですよね」
    と冷たい口調で言った。
    母が父に対してそんな風に言うのは初めてで、父も私もポカンとなった。

    あとで母に聞いたら、私が無事就職して独り立ちしたら
    この家を出て行くつもりだって言われた。
    離婚はしてもしなくてもどっちでもいいし、何ならちょっとくらい慰謝料払ってもいいけど
    とにかく定年後の父と一緒にいたくないんだって。
    そう思ったきっかけが例の解散済みグループのことだと知って驚いた。
    きっかけというかコップの水が溢れる瞬間がそれだったってだけだと思うが
    とにかくあの時期に「ああもうこいつといたくない」と強く思ったんだそうな。
    母は資格持ちだし、定年退職後も働き口はあるから
    離婚も別居も反対しないよとだけ言っておいた。
    しかし嫁姑戦争にも借金にも耐えた愛情?が
    これで壊れたのかーと、なんだか複雑。母のためにはいいんだろうけど。

    962 :鬼女日記 2010/06/22(火) 23:09:02 0
    ありがとう。メモしてたら遅くなった。
    たいしたことないけど、吐き出しさせてください。

    父親が2月に発病した。今日、明日をもしれないらしい。
    寝込んだりはしていないけど、痛みがあってつらそう。
    今の医療じゃ治療できないんだって。
    で、実家がいまだに汲み取りトイレだったり超せまお風呂だったから
    リフォームすることにした。全部私が支払う。

    私は父に最先端治療を受けさせたかった。セカンドオピニオンも取りに行きたかった。
    いろいろネットで調べて、一月15万円くらいする薬とかにも手を出そうとした。
    だけど父はムダ金使うなと言うし、そのころは病気だなんてウソじゃないかと思うくらい元気だったし
    一旦は最先端治療を了承した母なのに、ウダウダとやっぱり反対だと言い出した。
    サイマーな弟も反対してると言う。やつは自分がお金を出すのが惜しいから反対なんだと言っても
    まるで伝家の宝刀のように、『お姉ちゃんは一回言い出したら絶対に聞かない。おばあちゃんにそっくりだ』という。
    父が心配で休みになると病院に見舞いに行って母を送り迎えしていたら、『そんなことしないでいい』というので、
    『自分がしたいからしているだけだ。』と答えたらそう言われた。
    母は、姑だった祖母をよくは思ってはない。私は祖母のことは好きだったが、母に良く思ってないであろう祖母と
    そっくりだと言われるととても否定された気がしてつらい。
    意地悪で言っていると思いたくはないが、母は、私のことを貶す意味で祖母とそっくりだと言っている。
    茶化す感じで言うが、私にイラついたときに必ず言うので、意味はわかる。

    89 :鬼女日記 2016/04/17(日) 04:11:01 ID:KTI
    人のいなさそうな時間にひっそりと投下してみる
    ものすごく長いので興味のない人はざざっと読み飛ばしてほしい


    1~2年くらい前、たぶんこの辺だったと思うんだけど、親のことで愚痴ったことがある
    3、4才の頃鼻血が出るまでよく殴られたとか、弟だけ幼稚園に入れてもらえたとかそんな話
    果物を送ってやるとか何とかいうメールが来て弟巻き込んで面倒臭いやり取りの末
    内緒で引っ越してたことと職を変えてたことと、資格取るために夜間の学校に通ってたことがばれた
    両親は私に会えないので弟の所へ話を聞きに行き、弟は私に許可を得て、とりあえず事実だけを話した
    弟によれば、非常にショックを受けていたらしい
    何も知らされてないなんて、娘にそこまで嫌われてるとは思ってなかったようだ
    でもその数ヶ月後の親戚の法事では普通に話しかけてきやがったんだけどね
    従兄弟達が子沢山のおかげで、総勢約10名のお子たち(甥姪含む)の世話にかまけてガン無視したが

    弟たちは、基本的に親とは仲いいが、私と親との諍いでは私の側に立ってくれてた
    両親の暴 力・暴 言、ネグレクトは父の仕事が安定しなかった若い頃が一番激しく
    年を重ね収入が安定するに従って落ち着いていった感がある
    父からは「お前達は動物と一緒だ、だから殴ってでも躾けるんだ」とドヤ顔で言われた記憶があり
    母は私が女の子らしいことに興味を持つことに非常に嫌悪感を示し、否定し続けた
    結果長子であり、唯一の女児である私が、一番長く、一番理不尽な扱いを受けたことになる
    上の弟は親の暴 力の激しかった頃をおぼろげに覚えているのだろうし
    下の弟はその辺ピンと来ないまでも、親が激昂したときは必ず私に庇われたことが今でも印象深いそうだ

    442 :鬼女日記 2016/12/19(月) 07:51:02 ID:L6vsWa8b.net
    兄の飼い猫が自分にだけ懐いて、兄を避けるようになったこと
    猫は兄が10年ほど前に飼いはじめよく懐いていた
    私はその頃からずっと一人暮らしをしていて、3年前に実家に戻り兄や猫と暮らすようになった
    今年に入ってから猫が懐きだし嬉しく思ってはいたけど
    うちらが一緒にいるときに兄が通りかかると脱兎のごとく逃げていくんで兄はへこんでる
    浮気しているような心境なのか或いは同時に複数の人に懐けない猫なのかな

    436 :鬼女日記 2017/05/05(金) 11:17:31 ID:/eFHK73O.net
    2年前の実家の状態。

    実家には両親と妹が3人で住んでおり、私は年に3回ほど帰省。妹はほぼ引きこもりで、私が帰省してもあまり顔を合わせなかった。

    そんなある日、母がボケ始め、父はあまり動けなくなり、妹が体調不良に。
    妹を病院に連れて行ったところ即入院。

    しばらくして妹の退院が近づき、退院後の生活指導の日程調整などをしていたころ、父が自宅で急タヒ。
    母はショックでアルバムを見て泣くばかり。
    妹の一時帰宅や退院準備、父の葬儀の手配をまとめてすることに。

    父はもともと葬式なんてバカらしいという人だったので、互助会に入るなどの準備なんかしていない。葬儀屋探しから始めなくてはならず、病院と電話していると菩提寺からキャッチホンが入る、葬儀屋と打ち合わせしていると親戚から連絡が入るという具合だった。

    父が亡くなった時母と妹は泣いたけれど、私は全然泣けなかった。冷たい言い方だけどタヒんだ父のことよりも、残された母と妹の暮らしをどうするかの方が大切だった。2年たつ今もまだ泣けていない。

    この度母にガンが見つかった。
    どのくらいの状態かは結果が出ていないが、まだ父のところには行かないでほしい。

    566 :鬼女日記 2016/01/14(木) 04:09:38 ID:???
    32の姉が風邪で具合が悪いと言うだけで2時間の待ち時間に付き合い、金は母親払い、お粥やもろもろの食材を買う、その間に父は姉家の修繕、車の修理。
    私が38℃で倒れて動けない!って連絡したら3時間後に「熱下がった?」だけ。


    こ の 温 度 差 はな に ?

    338 :鬼女日記 2016/03/14(月) 08:57:55 ID:f71NEv2G.net
    私の父親が私の子(1歳)を犬みたいに扱う。
    「おすわり!お手!」とか言ってやらせようとしたり、お皿にパンを入れてそれを床に置いて「待て!よし!」とかしやがる。
    私が「犬じゃないんだからやめろ!いい加減にしろ!」ってキレるたびに「犬みたいなもんだろ」と言って聞く耳を持たない。
    いい加減胸糞悪いからしばらく実家に行かなくなって1ヵ月後から毎日のように電話かかってくるようになった。
    しばらく無視しててもずっと電話なり続けるからでたら「助けてくれー!苦しいー!うぉお」って言って電話が切れ、何事かと思ってかけ直しても出ない。
    父は病気持ちなので心配して家に行くと平気な顔して「久しぶりー」からの「おすわり!お手!」

    これをここ最近3回程やられたのでもう知らん。
    本人は可愛がってるつもりらしいが子どもを犬扱いする奴のところになんかもう行かん。
    なんで不快な思いするために車で高速使って1時間かけて行かないといけないんだよ。
    本当に病気で苦しんで電話してきたってもう知らん。野垂れタヒねクソジジイ。

    68 :鬼女日記 2018/04/21(土) 07:48:52 ID:wYscDAo8.net
    母親が、家族が出かける直前になって役に立ちたいのか心配なのかあれこれ口を出しては返り討ち(ウザい、うるさい、そういうのもういいから)にあって
    愚痴ってるの聞くと、何度同じこと言われりゃ「引く」ってことをするんだろうと謎になる。
    しょっちゅう忘れ物をする相手にあれこれ言うなら分かるが、全然そんなことないのに。

    あちらからすれば、もしものためにと思ってるんだろうけど
    出かける直前はそれぞれのペースや考えてることがあるんだから
    新たに情報あれこれもってこられても困るしウザいとしか言えない

    763 :鬼女日記 2016/03/06(日) 21:18:42 ID:BdL
    今日、自分が自意識過剰な人間だとわかった。

    うちの家は2階にリビングがあってリビング横に二畳ほどの壁で囲まれているベランダがある。
    そこに11月~2月の終わりくらいまで、父が小さなイルミネーションの箱庭を毎年
    作ってくれる。夜にリビングの明かりを消して眺めているととっても癒される。

    私が小さなときから作ってくれていて、子供のころは毎年楽しみにしていて作るのも一緒
    に手伝っていた。でも中学生になったころから世間の家庭と同様、反抗期を迎えイルミネー
    ションの製作も全く手伝わなくなった。今は大学生

    それでも父は毎年作り続け、今年は「こんなふうにしたよ」「今年からLEDだよ」「今年は
    観覧車入れて遊園地だよ」工夫を凝らしたのを作ってくれた。私は「ふ~ん」と言いながら
    も父がいないときにじっくり観察していたし。友人を家に呼んで見せてあげたりしてた。

    昨年の11月にも父は休日にせっせとイルミネーションを作っていた。母も手伝っていた。
    私はその後ろを「毎年飽きないね~」とからかう口調で通って、友達と遊びに行ってしまった。
    でも後ろを通り過ぎる時、父が少し悲しそうな表情をしたのが見えた。ものすごく心が痛くなった。
    友達と遊んでいても、父が私のためにしてくれていることにどうしてあんなひどいことを
    言ったのだろう?と考え自分が嫌になった。

    夕方、父と顔を合わせるのが恐かったけど、恐る恐る帰ってみると明かりを消したリビング
    で、父と母が夕飯の支度を整え、完成したイルミネーションを眺めていた。私もイルミネー
    ションを見て、思わず「わー、綺麗!」というと父も母もにっこり笑って「でしょう?」と
    言ってくれた。昼間の私の悪態はなかったかのように接してくれた。でも父には謝ることは
    できなかった

    私の住んでいる地域では、ある神社で2月にお祭りがあって、そのお祭りが終わると春を迎
    えるという風習がある。それで毎年そのお祭りが終わるとイルミネーションも片づけるよ
    うにしていた。でも今年は、父がお祭り前に仕事で事故にあってしまい入院することになった。
    父の入院でバタバタしていたこともあってイルミネーションも3月に入っても設置したままだった。

    59 :鬼女日記 2016/01/03(日) 00:58:31 ID:2HQ
    自分が心が狭いのかも知れないけれど、他に吐き出し場所もないので…。フェイクありなので、おかしい部分はスルーしてください。
    私は三姉妹の末っ子、実家からは車で一時間半の距離に一人暮らし。長女は県外で義兄祖父と同居、5歳の娘がいる。この娘(姪)ちゃんに疲れた。
    去年まで、姉夫婦は義兄両親と敷地内別居だったのだけど、夏頃に別県に住んでいる義兄祖父と同居する事になった。それを機に、夫婦正社員で共働きを開始。それは別に構わないのだけど、長期休暇のたびに姪を実家に泊まらせるのを勘弁してほしい。
    二泊三日程度ならまだわかる、どちらかが一緒ならまだ納得する。しかし連休まるごと、一週間近く姪を一人で泊まらせるのだ。
    お盆、シルバーウィーク、それから年末年始。両親は面倒を見るのは構わないみたいだけど、巻き込まれる私はたまったものじゃない。
    車で一時間半とはいえ県内に住んでいる私は当然世話に駆り出される。正直私は子供が好きじゃない。子供特有のなんで?攻撃にも耐えられないし、心が狭いのだが、ちょっとのミスや揚げ足を取られるたびに~ですけど!と言われるのがイラついて仕方がない。
    しかし姪だし、長女には大学時代世話になったから我慢してきたけど、もう駄目。
    クリスマスプレゼントは事前に欲しがっていたものを買っておいたのだが、帰省前に別のものを欲しがっていると母に言われ急遽購入。従姉の子供にも、と同時に言われて財布の中身が一気にさよなら。
    これぐらいは我慢するか、と帰省してプレゼントを渡すと、事前に欲しがっていたキャラクター物は「私これ好きじゃないんだけどな」と言われる。
    私の給料は少ない、自分で選んだ道で、やりたい職種だからそれは良い。でも、クリスマスプレゼントを二つ買ったお陰で好きな店の福袋を諦めた。年末年始休暇の半分を姪の世話で潰した。去年、年末年始は食中毒だったから今年はゆっくりしたかった。
    もう無理だ、私は今後親に頼まれても帰らない。遊びに来た私の友人すら子守に含もうとするのもやめてほしい。
    夫婦共働きは偉いと思う。しかし、二人とも遅くまで働き、休み毎に預けるのはどうなのか。
    福袋が買えなかったのだけが一番ショックなんだと思う。買えていたらきっとこんなに嫌だと思わなかっただろう、楽しみにしてたんだ。
    自分では納得したつもりだったんだけど、なんだか急に耐えられなくなった。
    読みづらかったらすみません。

    このページのトップヘ