実家の話

    779 :鬼女日記 2014/10/25(土) 16:01:16 ID:dhxPrgy1l
    俺は独り暮らしを始めてから料理に開眼した。
    それまでは実家ではなーんもしてなかった。母が専業主婦で姉も祖母もいて
    家事をする手が足りてたのと、部活ばっかやってたんで洗濯物のたたみ方も知らんかった。
    しかし進学で一人暮らし開始、コンビニ弁当に早々と飽き
    モヤシ炒めから始めて、炒め系に飽きて煮物系の本を買ったりなんだりで
    そのうち料理が好きになり、人に食ってもらえるレベルにまでなった。

    ある日家に帰ってみると、鍋いっぱいに作ったはずのおでんがなかった。
    後輩たち(いつもメシ作って食わせてやってた。食費はもらってた)が勝手に食ったのかな?と思い
    まあいいやあとで請求しようとその時はあんま気にしなかった。
    ちなみに戸締りははっきり言っていいかげんで、鍵しめてないことも多かった。
    誰でも出入りできると言って過言でない状態だった。

    後日ふたたび鶏の治部煮が消えるという事件が起きた。その時はさすがに腹立って
    後輩に「おまえ黙って食うんじゃねーよ。金も払え」と言った。
    そしたら後輩は「オレたちじゃない」と否定。
    「おでんは?治部煮は?」と聞くと「知らない、それ空き巣じゃないんですか」と言われ
    やっとその可能性に思い当たって警察を呼んだ。

    その夜、実家に電話して「空き巣に入られたから警察呼んだ」と言った。
    母がそれを家族に報告したら、祖母がファビョって「なんで警察なんか呼ぶんだ」と自爆した。
    家族のだれも知らなかったが、祖母は昼間俺がいない時間帯
    タクシーでちょくちょくアパートに来て俺の部屋に出入りしてたらしい。
    祖母いわく「様子見。確認」
    そしていつからか部屋に料理の入った鍋やフライパンが置かれるようになった。
    俺が料理なんかできないと思ってる祖母は、てっきり母が作りに来てると思ったらしい。
    母が料理しに来る→俺が帰る前に捨てる→母の落ち度になる
    という論法により、鍋の中身を持参のビニール袋に入れて持ち帰り、畑の堆肥にぶちこんでいたという…

    それまで祖母が嫁いびりしてると知らなかった俺はビックリ。
    姉は知ってた。親父も知ってたっぽい。
    母は呆れてた。
    俺はそれ以来戸締りをしっかりするようになり、祖母はむやみにタクシーを呼べないよう
    電話帳を隠された(電話帳がないとタクシーの番号覚えてないし、携帯もないからかけられない)

    おでん代と治部煮代は、なぜか父のポケットマネーから補填された。
    カレーを捨てた姑が鍋でぶん殴られたという記事を見て思い出した話。

    967 :鬼女日記 2018/03/16(金) 19:35:54 0.net
    兄は今33になるだろうけど、18で上京、
    頭はいいから某電力会社の本社に勤めてる。
    20後半で一度暴力沙汰を起こしてるけど、「普段の真面目さ、人柄」が評価されてクビにはならず未だに社員してるよ。

    私は自分が20のときに帰省してきた兄に、脳震盪起こすまで殴られつづけてそこを母にお前が悪いと言われて放り投げられ
    兄さえいなければ母は~なんて思ってた自分も捨てて
    今は住民票ロックしつつ2回引っ越して地元の誰とも連絡取ってない。

    聞く話によると、婚約中の彼女がいて、母が東京まで会いに行っていたらしい

    もちろん、私の存在も
    私が中学の時に兄が結婚すると連れてきて翌月くらいに妊娠したけど、母に反対されて簡単に養育費?堕胎費用?も払わず捨てた彼女の存在も
    ひた隠しにしてるんだろうけど。
    まぁ、有能で八方美人でも言動はとてもDQNな兄なので
    その兄とお付き合いするくらいだからきっと同類だよね、頑張ってと思って
    結婚式に出させようと血眼で私を探すであろう兄のことを警察に相談してある。

    兄の素行を調べる興信所来ないかなーとwktk気味であることは否定しない。

    131 :鬼女日記 2017/07/29(土) 22:03:23 ID:xdM55WZp.net
    訳あって実家に帰ってきてるんだけど、実父に本当にイライラする。
    朝から晩までずーーーっと子供向けテレビをエンドレスで流し続けて、一日中、時間関係なくお菓子食べさせる。
    子が絵本読んでって言うから読んであげてたら、すかさず昔話のDVDつけてくる。
    本人は「絵本よりこっちのほうが喜ぶだろう」と思ってやってるんだけど、全てが的外れ。
    3ヶ月の下の子にまで「テレビが観えるように向きを変えようねー」ってテレビ観せようとする始末。
    3歳の上の子は、寝る前のお話が好きなんだけど、それを話したら寝室にまでポータブルのDVDプレイヤー運んできて「寝る前はこれで観れるよ」だって。
    そういう事じゃなくて、寝る前の絵本やお母さんから聞くお話が好きなんだけど…
    テレビつけてあげて、お菓子あげるだけで「優しいおじいちゃん」のつもりなんだろうけど、そんな事するよりも遊び相手してくれたほうがよっぽど助かる。
    私が子供の時、育児は母に任せっきりだったし可愛がり方が分からないんだろうな。
    「テレビ漬け」って言葉知ってる?って言いたい。
    小さい時から、父とろくに話してないせいで、やめてって言えない自分にも腹が立つ。
    早く帰りたい

    793 :鬼女日記 2013/03/11(月) 15:14:34 ID:9hSrueCr0
    母に謝りたい。
    母が亡くなって4年半。癌だった。私と父が、母を癌にして杀殳してしまったんだと思う。
    ごめんなさい、私は自分のことしか考えないで、母の辛さに気付かなくて。学校に行かないで心配かけたり、家では会話も少なかった。
    母は辛いことを私たちに見せないようにしていたんだと、母がいなくなってから少しずつ分かってきて、どうして生前に教えてくれなかったのか、気づけなかったのか、後悔ばかり。もっと母と話をすればよかった。
    最近祖母から、保険金は私と弟と父で三等分に分けたい、父に全て使われるのはいやだ、と母が話していたことを聞いて、父との付き合い方も分からなくなった。
    去年自分の子供が生まれて、母も私が小さい頃はこんないとおしい気持ちでいてくれたのか?私は母に嫌われていないか?ぐるぐると考えている。
    お母さんに会いたい…。

    246 :鬼女日記 2010/01/05(火) 19:42:52 ID:9KvPRRV8
    うちの実家には土蔵が二つある
    一つは普段物置に使ってる通称「おもての蔵」
    もう一つが、母屋から離れたところに建ってる通称「お化け蔵」
    こっちは「お化けが出るから入るな」と言われて俺も両親も入ったことがない
    朽ちかけて白壁が所々はげ落ちて苔も生えてるし、蔦に半分覆われてて
    いかにも嫌な雰囲気が漂ってる上に、鍵が行方不明の錠がかかってて入ろうにも入れなかった

    ところが今度帰省してみたら、戸が崩れかけて錠が金具もろともモゲてたから
    「もしかしたらお宝があるかも」と意を決して入ってみた

    中はホコリとカビと土の臭いが充満してて
    唐箕だの足踏み脱穀機だの長持だのつづらだの、先祖代々のガラクタが転がってたんだが
    その奥の一階部分に巨大な鉄格子が嵌ってた
    中を覗いてみると、埃をかぶった和箪笥や文机やランプ、茶碗や箸、隅には和式のボットン便所と生活道具が一揃い

    …どう見ても噂に聞く座敷牢だよな
    怖くなってすぐ外に出たし、ヤバそうだからまだ誰にも聞いてないが
    過去にうちで何があったんだあれ…

    35 :鬼女日記 2018/01/04(木) 11:23:03 ID:HnX
    私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴言と鉄拳で我が家を支配していた。
    家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
    一昨年、母が病気をした。
    そしたら父が母に離婚を宣言した。
    使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
    それを知って長兄が激怒。
    さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
    父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
    父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
    DV、暴言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
    父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
    従業員の3/4を引き連れて独立。
    今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
    父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
    病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
    母に看病しに来いと電話したけど、母の携帯は解約されていて、
    兄に電話したら「俺の金と労力はおまえの医療なんかに使わせない」と切られた。

    まだ離婚は成立していないけど、慰謝料の話がついたら判を押すだけって状態。
    会社は倒産寸前というか最早会社として機能してない。
    取引先も八割強次兄と弟の会社に取られた。
    父はまだなんで自分が今一人なのか理解できていなくて、全部「家族が恩知らずだから」と思ってる。
    自分のどこに非があったのか素で全然わからないらしい。
    あんなに絶対強者として君臨していた父が、今は汚部屋で背中丸めてブツブツ言うだけの老人と化している。
    兄弟の中で一番性格が悪い私は、父の惨めさを確認したいがために
    たまに父の様子を見に行っている。
    別に何もしてやらない。ただ見に行くだけ。
    父はいよいよとなったら私が引き取ると思ってるようだけど、そんなわけない。
    たった2年足らずで全部ひっくり返ったことが、必然なんだけど
    父にしてみたら衝撃だっただろう

    1 :鬼女日記 2017/10/13(金) 18:22:36 ID:3qn
    離婚するらしくて弁護士雇ったって
    親父の行動力の早さどないなってんねん

    865 :鬼女日記 2018/04/13(金) 12:31:38 ID:fXW
    小学生一年生が下校していく
    交差点の広い歩道で母親達がお迎え
    その中に母親に抱きつく男児ひとり
    いいなぁ、あんな時もあったな、と和む
    うちは共働きなので帰ったら祖母がいたけど
    たまに畑に出てる時だとどうしようもない不安で家から「お祖母ちゃーん!!」と叫ぶと
    「はーい」と祖母登場
    物置に隠れて見えないだけだった
    辣韮を収穫した時には根っこと葉の部分を切る作業を手伝った
    料理上手な母親曰く
    「辣韮だけはどうしても真似出来ない味でお祖母ちゃんのが一番美味しい
    教わってもうまくいかない」
    戸棚に常備していた辣韮だけどもうその辣韮は食べられない
    夏、学校から帰った時に庭で天日干しをしていてつまみ食いするのが好きだった
    樽いっぱいにある梅干しもそのうち尽きるのだろうな

    198 :鬼女日記 2015/07/21(火) 10:56:22 ID:gZe
    よくありがちですが、うちは父方祖父母と同居でした。しかも祖父は優しい人でしたが、祖母は嫁イビリ孫イビリするクソババア。
    父は仕事と趣味に生きる人で平日の帰りは遅く、季節によっては月に数回しか家に帰ってこないことも。
    幼少の頃の私は笑う事のない、感情表現の乏しい子どもで、幼い頃の願いは「母さん離婚して、自分を連れて家出ていってくれないかなぁ…」でした。
    私も中学入学位になると、生活の事を考えると離婚しないと言う選択肢を母が選ぶ事にも納得し、それなら自分はそれを前提に人生プランを立てていこうと考えるように…
    この時点で祖父は鬼籍、祖母は寝たきりで要介護。父は介護を手助けする事もなく、やはり趣味と仕事の人。

    私が高2の冬、母は我慢できなくなり突如として離婚。まあ仕方ないとは思った。だからその当時、私は母を責めなかった。

    その後、私は親と音信不通にした期間もあったが、今は母と暮らしている。私は未だに独身。
    離婚も衝撃でしたが、それ以上に今になって母を責める気持ちがムクムクと芽生えていることが現在進行形で衝撃。離婚して10年以上経っているのに、今になって母に恨みをぶつけてしまう事がある。
    何故、私が小さい頃に離婚しなかった?逆にそこまで我慢したのに、あと1年半我慢できなかった?と問い詰める事、しばしば。
    そのなかで

    585 :鬼女日記 2014/11/06(木) 18:41:34 ID:wlrRlvnva
    ちょっと愚痴吐かせて頂戴、フェイク込だけど。

    姉が妊娠した。姉は未婚彼氏アリ。計画的に作ったらしい。
    妊娠したのは喜ばしいんだけどどうして計画でき婚なのか…。
    彼氏もできてもいい覚悟で作ったらしいけど、それなら尚更なぜきちんと順番通りにできないのか。

    そもそもうちはでき婚母子家庭、だらしない父が嫌で自分は堅実な人と結婚し現在後期妊婦。
    母子家庭で特別苦労はしなかったので否定もしないが、母がタヒに物狂いで働いてるのも見てたから
    自分は離婚・でき婚に嫌悪感があるが、姉は母を見て母子家庭でも大丈夫という考え。
    妊娠前から姉が「いざとなったら母子家庭で頑張るし」「子供だけ欲しい」と言っててそれは違うだろと思っていたし
    実際姉は一人の人と続くことがほぼなくて今まで付き合った人も大抵数か月で別れるから尚更。
    散々「でき婚なんてありえない」「母子家庭前提で結婚するなんて」と話していたが「妹ちゃん怖いよー」と返されるだけだった。

    姉が泣きながら報告してきてひとまずおめでとうと伝えたら、姉は「でき婚だけど受け入れてくれてありがとう」と言った。
    受け入れてない、呆れただけ、子に罪はないから妊娠自体は祝福しただけだ。
    まず双方の親に謝罪と許しを頂かないとと言ったが、お花畑の姉は「あーはいはい、言えば喜ぶっしょ」
    「それより従姉妹同士で年が近くてよかったね」「仕事減らしてもらわなきゃ~」と軽い。
    実際地元を出て他県に出た自分の子より、地元に残りほぼピーナッツ親子の姉の子の方が可愛がられるだろう。
    悲観的なことを考えすぎなのも分かっているが、頭が痛い。

    このページのトップヘ