いい話

    160 :鬼女日記 2015/01/22(木) 20:41:12 ID:I1v
    10代からずっと冷え性.で、寝る時毎日毎日布団乾燥機?みたいなのをしないと寝れなかった。それでもすぐに冷えてしまって、本当に辛かった

    旦那と知り合い結婚して、布団の暖かさに嬉しくなった
    旦那は結構なデブで、冬でもパソツ一丁で暑い~と言う感じなので
    旦那にお願いして、自分の布団に入る前に私の布団に10分でいいから入ってと言ったら
    もうホカンホカンで、それだけで結婚して良かったと思った
    暖かい布団で眠るのが、幸せすぎた
    今は2歳の息子とくっついて寝てる
    息子もすごい暖かい。
    旦那は別部屋で寝てるけど、たまに息子が寝た後、一緒に映画見るのに、旦那の布団に入って見る
    暖かすぎて何かすごい幸せ
    雪国だから暖かさにこだわりすぎなのかもしれないけど、暖かい=幸せ、みたいなのはある

    320 :鬼女日記 2018/06/04(月) 11:14:49 ID:NSZRNYH1.net
    先月の話。
    5月連休の時にパラノーマルアクティビティを見た息子が自分の寝室を撮影すると
    カメラで撮影しはじめた。
    1週間くらい撮影したらしいんだけど
    怖くて再生できないからお母さんだけ見てって言ってきた。
    薄暗い息子の部屋と寝ているベッドが映し出されてたんだけど
    これ全部見るのかよって早送りしてたら急に息子が起きだしてきて
    カメラの前に座った。何かな?と思って通常モードに戻したら
    薄暗い中、急にお母さんいつもありがとうと母の日の感謝の言葉を言ってきた。
    たしかに母の日だけど何?サプライズ?面白いと思って
    残りの動画40時間を見たけどあとはただ寝てるだけの動画だった。

    341 :鬼女日記 2014/02/27(木) 18:56:58 ID:nbNOJs00
    10人姉弟の6番目として戦中に生まれた母親は
    3歳で終戦を迎え、6歳で樺太から日本に引き揚げてきた
    奇跡的に一家全員が無事だったとはいえ日本での生活は苦しく
    母親は中学こそ何とか卒業したものの下の弟妹の世話や家の手伝いに追われ
    ほとんど勉強できなかったことに悔いを残していた
    その後美容師の資格を取り、結婚後も美容師として働いていたが
    俺が中学に入ると俺の教科書を借りて勉強を始めた
    勉強自体がおよそ20年ぶり、しかも頭の回転も記憶力も10代のようにはいかない
    それでも家事を終えた夜、一生懸命に教科書をめくりノートを取っていた
    当時の俺は部活一筋で自主的に机に向かうのはテスト前くらいだったが
    母親のそんな姿を見るうちに負けてらんねえみたいな謎のライバル心が湧き
    自然と勉強する時間が増えていった

    270 :鬼女日記 2017/02/17(金) 14:41:12 ID:0l9
    会社では美人扱い。育ちの良さが顔に出てるよねとか言われていた。そんな周りからの評価に多少調子に乗っていたが、写真写りだけは自他ともに認めるほど悪かった。
    それが、とある写真ではみんな大絶賛。何が違うのかと思っていたら唐突に気づいた。その写真は全身が写ったものだった。
    つまり私に対する分不相応な評価は、姿勢によるものだった。姿勢がいいだけでスタイルがよく見え、育ちがよく見え、それに引っ張られてか顔までよく見られていたことに衝撃。
    至って普通の家庭に育ったが、姿勢だけは本当に厳しく育てられた。そんな両親に感謝しつつ、今日も背筋をシャンと伸ばす。

    50 :鬼女日記 2009/11/04(水) 13:18:59 0
    義兄(旦那の弟・34歳)は、オカマバーで働いている。
    店以外ではちょっと髪長めのおじさんと言う感じで化粧もしていない。
    はずだったんだが、この前バブルの頃流行ったようなボディコンワンピを
    着てフルメイクで我が家にやってきた。
    何をとち狂ったか椿姫あやなを目指す、性.転換手術をしたいから金を
    貸してくれ、自分の心は女だ、きっと性.同一性.障/害に違いないと言いだした。
    私が口を挟む前に旦那が、
    「気のせいだ。兄ちゃんは立派な男だよ。そんなことのために金は貸せない。
     帰ってくれ。」
    と茶の間の引き戸を開けると、運悪く遊びにきていた息子(小3)の友達が
    帰るところに遭遇。友達は義兄の顔を見ると、
    「すげえ!タオパイパイが女のカッコしてる!」
    と叫んだ。義兄が、あらタオパイパイってなあにと聞くと友達は、持っていた
    DVDのパッケージを見せた。息子は恥ずかしかったらしく、
    「もう、鉄五郎おじちゃん(仮名)なんでそんなカッコしてくるの!
     早く帰って!」
    と言って友達を引っ張って外に出て行った。友達は息子に引きずられながら、
    「じゃあね~!タオパイパイ!」
    とか言ってた。
    義兄はその後
    「じゃあ…俺帰るわ」
    と普段の彼の口調に戻り、化粧を落とし、旦那に服を借りて帰っていった。
    義兄はオカマバーで働いてると言ってもキレイ系ではなく、股/間に白鳥の頭つけて
    ステージに出てくるようなお笑い担当だった。椿姫のエッセイを読んで何かに
    目覚めてしまったらしいのだが、弟に借金を断られ、かわいがっている甥っ子の
    友達にタオパイパイに似てると言われ撃沈。
    あれから3ヶ月、義兄は実家に帰り父親の鉄工所を手伝っていて、後を継ぐと
    言っているらしい。自分たちの代で鉄工所をたたもうとしていたウトメは
    長男がまともになって帰ってきたと喜んでいる。
    きっぱり断った旦那と息子の友達に感謝。
    ちなみに「鉄五郎」は仮名だけど、「鉄」の付く結構ごっつい名前です。

    726 :鬼女日記 2018/02/15(木) 18:45:06 0.net
    友人が美人で金持ちと結婚して今幸せみたい
    寄ってくる男がクズばかりで金持ちとかイケメンってだけで結婚する人が分からないって言ってる人だった
    旦那さんとおつきあいする時に某飲食店のバイトをしてるけど収入は無い良いのか?っていわれたんだけど友人はOKしたんだって
    人柄が温厚で素直で優しい人だったからこの人と結婚したいって思ったらしく…
    私は内心大丈夫かなーなんて思ったけど、結婚式の時にバイトの割には良い結婚式するなと思って参加してきた
    友人が新婦の待合い室で泣いてて、旦那が今日の日の為にお金貯めててくれてたみたいなの、私一生あの人と一緒に頑張って支えて暮らすって泣いてた
    私も泣いたわ
    でも結婚式の時に旦那さんがいきなり某企業の社長だと発表
    花嫁パニック。滅多に見られない結婚式を見せて貰った
    隠された事に腹を立ててたけど今は幸せにやってるみたい
    あとから聞いたけど旦那さんは金目当て権力目当ての寄ってくる女に嫌気がさしてたらしい、騙していて心苦しかったけど、職業をバラしたら目の色変えられたらと怖かったみたい
    こんな結婚もありだないいなぁと思う

    690 :鬼女日記 2014/12/01(月) 01:51:23 0.net
    昨日のトメ
    風邪で寝込んでたら私の大好きなトメ製牛乳プリンを枕元にそっと置いててくれた
    そのプリンを飼い猫がネコババしそうになって、トメ「コラッ!メッ!ミケ子ーー!!」と叱る
    無神経な旦那が寝込みの私に用事を言い付け、トメにこっぴどく叱られてた
    正直、トメの声の方が煩いし、チラチラ様子見に来てゆっくり寝られんかったが、心遣いが嬉しかった
    トメの作った牛乳プリン、なんであんなに美味しいんだろう、風邪で味覚が弱っててもわかる、優しい甘さがたまらん
    あとお粥うますぎ。そういやメシウマトメのせいで旦那の舌が肥えてて新婚時代は大変だったの思い出した
    作り方教えてもらったのに何で再現できないんだろうなー

    798 :鬼女日記 2010/08/13(金) 10:40:31 ID:nE2jxtd8
    色々あって姪っ子7歳引き取ることになった。
    結婚するあてもないし。まだ24歳だが人と出会う仕事でもないし、そんなバイタリティ
    もないから現実的に言って無理だし、面倒臭いのもあるからもう良いや、と。
    兄夫婦が離婚して元義姉に引き取られていき、元義姉は再婚。
    再婚した相手が最低で酷い虐待。

    元義姉は「しょうがない、我慢しなさい」と言い続けたらしい。兄は事故で他界だしで。
    たまたま仕事の関係で関東に行って姪っ子の小学校の近く(昔私が通った小学校だった)
    に来たから、学校の前を通りながら眺めようとしたら、丁度休み時間だったらしく校舎から出てきた
    姪っ子とバッチリ目があって、遠めでも私だと解ったらしく泣きながら抱きついてきた。

    そのまま職員室で夕方まで面談(私+姪っ子+姪っ子母方祖父母+校長)。
    元義姉側の親はその事実を知らなかったらしい。母親は面倒くさいとの理由で来ず。
    自分は引きこもるタイプの自営業だから問題無いなぁ、と思い、「私の娘にならない?」
    と言ったら「なりたい!お母さん嫌い!」と抱きついて離さない。
    もうこの親子駄目なんだなぁ、と思った瞬間。

    気にはなってたけど、会うこともせず3年ぶりの再会だったのに覚えてくれていたのにも驚きだった。
    養子になるまでのやり取りがまた最低だった。

    316 :鬼女日記 2016/12/19(月) 09:50:19 ID:RtV
    いい意味で衝撃的だった体験。

    同居嫁なんだが、結婚した頃義妹がまだ未婚で家に居た。
    この義妹が本格派のおデブさん(信江勇似)で、どうも私のことを気に入らないらしく
    必要最低限しか話しかけてこないし、こちらが話題を振ってもスルーされることもしばしば。
    でもまぁ、いずれ出て行くんだろうしと思って気にしないようにしてた。
    ある日、もともと腰痛持ちだった義妹が痛みで動けなくなって
    生憎その日は義父母は法事で遠方に泊まりで行って留守だったし、夫は出張で私と義妹しかいなかった。
    会社に休むって連絡してるのが聞こえて大丈夫かなぁと思ってたら
    廊下で壁にもたれた状態で動けなくなっていた。(その状態が一番楽らしい)
    嫌いな小姑でも放っておくわけにもいかなくて、病院行こう!って言ったら黙って頷いた。
    それで手を貸しながら少しずつ移動して車にのせて病院に連れて行った。
    病院では車椅子を借りて、あとは看護師さんに任せたけど。
    痛み止めを打ってもらってお薬貰って帰ってきてヤレヤレ・・・と思っていたら
    義妹が何か言いたげに私を見てる。「何?」って聞いても黙ってて、でも何か言いたげ。
    「何?用があるなら早く言って。私、買い物行かなきゃいけないし」って言ったら
    真っ赤になって手の中にあるものを見せた。・・・座薬。・・・そういう事かw
    まさか義妹の肛門を拝む日が来るとはw
    それで義妹も気取ってもしょうがないとでも思ったのか、ポツポツ話をするようになって
    ある時「絶対私のことデブって馬鹿にしてると思ってた」って言われたのね。
    なので「いや私も以前デブだったし」って昔の写真見せた。義妹ほどじゃないけど結構太ってた。
    それでなんか垣根が取れたと言うか、私は専業主婦で家族の料理を引き受けてたから
    義妹のダイエット食とお弁当を別に用意したり、早朝ウォーキングに付き合ったりとダイエットを応援したら
    2年ぐらいで“多少ぽっちゃり”ぐらいに痩せた。
    もともと顔立ちは可愛かったから直ぐに彼氏が出来て結婚して出て行った。
    今では本当の姉妹のように仲良くやってる。

    663 :鬼女日記 2015/12/07(月) 16:45:22 ID:xSt
    今も続いてる衝撃的な話
    何年か前、仕事のトラブルで夫が同僚をうちに連れて来たことがあった
    夜遅くまで仕事をしていたので、夜食に「もしよかったら…」とその日の夕食の里芋のにっころがしを二人に出した
    かなり疲れ果てている様子の同僚さん。「頂きます…」と里芋を口に入れた瞬間、「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙!?!?」(本当にこんな感じだった)と唸った
    同僚「なんですかこれ?めっちゃおいしい!おいしい!こんなの初めて!」
    私と夫ポカーン。そうこうしてるうちにあっという間に一皿食べてしまった同僚さんは「この世にこんなおいしい食べ物があったなんて」と恍惚とした顔をしていた
    私が和食のプロとかならわかるけど、その時出した煮っ転がしはめんつゆを使った超手抜きで、10人中9.99人が「普通」と言うような普通の煮物
    「レシピを教えて!」と食い下がられたので、めんつゆのパッケージに書いてあると教えると大喜びで帰って行った
    そのことがきっかけで同僚さんの奥さんと連絡先を交換したんだけど、どうやら同僚さんにとってめんつゆ煮っ転がしは運命の相手だったらしい
    家から自宅へと帰り、早速奥さんに作ってもらったところやっぱり美味しい!なにこれ!?と大ショックを受けていたとのこと
    (奥さんも同僚母親も料理人で、めんつゆ料理が出てきたことが無かったらしい)
    「めんつゆの料理教えてください!」とプロの料理人に言われてすごく焦った
    この一件で同僚奥さんとものすごく仲良くなり、その流れで私の弟と同僚奥さんの妹にこの度結婚が決まった
    「めんつゆがキューピッドw」って皆で笑ってる

    このページのトップヘ