いい話

    38 :鬼女日記 2013/10/29(火) 15:30:35 ID:ljxgREHQ
    うちのマンションでは3年位前から、ハロウィンの日に仮装した子供が
    お菓子をせびりに来るんだけど、最初の年に軽い嫌がらせで小袋に
    入ってるおっさんくさい乾き物を渡したら、「それどこん家でもらった?!」と
    意外にも好評だったようで、子供がうちに杀殳到した('A`)
    今年もあいつらくるのか…めんどくせえなあ…('A`)
    今年は茎わかめと黒飴をラッピングしておこう…('A`)

    99 :鬼女日記 2018/03/27(火) 02:00:14 ID:l+9XCgoS0.net
    前の会社の帰りの電車
    優先座席の妊婦さんの隣が空いていたのでIN。
    暫くした駅で乗ってきた酔っ払い、座る場所が無くて妊婦さんの前で吊皮を持ち、
    半分寝てる感じでフラフラしてた。
    (あぶねーなー、これあぶないよこれー)
    と思いつつも、ちょい貧血で体調悪い俺の頭は回らないから、
    「吊革からずりおちないように…」と祈りをこめて様子見してたが
    電車の揺れにあわせてガクンとそのおっさんの体が下がったのを見て
    「あー危ないこれ危ない!妊婦さんあー!」
    ってパニクっておっさんを前からハグして、体を回して自分が座ってた席に着席させる。
    そこまでして「ファー!妊婦さんの横に酔っ払いだめだわ!」と思って、対面の席の人に
    妊婦さんと席交換してください、と土下座(貧血気味で立ってられなかった)。
    頼みをきいてくれて、妊婦さんと席交換。
    それを見て
    「ああ、良かった」
    「俺はこれだけの為に、生まれてきた価値があった」
    と安堵するも、貧血気味でさらに動いたせいでそろそろ自分の貧血がやばい。
    何人かが大丈夫ですか?みたいなことを言ってくれていた気がするが、
    「ここで倒れたら遅延して迷惑かけてしまう」
    と自分の中にはそれしかなく、膝ついてた体を引きづって、次の駅で降車。
    きちんと降車できたかすら定かでないくらいで気を失った。
    目が覚めたら病院のベッド。本当にただの貧血だったので、点滴打って帰ったってことがある。
    体調不良が改善してから、電車でのこと思い出して、多分、俺変人と思われてるわ。
    通勤に使う路線変えたほうがいいかと羞恥心で気が狂いそうだった。

    721 :鬼女日記 2016/01/30(土) 13:14:58 ID:zJK
    子どもの幼稚園の送り迎えで、
    いつもでかいサングラスしてスウェット着てて、見た目まるっとDQNなお母さんいたんだけど、
    友達になりたいなって思って話しかけたらLINE教えてくれた
    中学の頃からヤンキーぽい女子と友達になりたい願望があったから嬉しかった
    けど、意外にもきつい難病持ちで、デカいサングラスはすっぴんと薬でむくんだ顔隠すためで、
    スウェットは着てて楽で着脱が簡単な服じゃないとキツいからだった
    見た目でただのヤンキーだと勘違いしてスミマセンでした
    今では2人でカラオケも行く仲になれたけど、彼女の夫は病気に無理解っぽくて心配だ

    28 :鬼女日記 2018/02/07(水) 23:27:36 ID:qio
    東京からの転校生により人生が少し変わった。
    思い出すと恥ずかしいが幼稚園の時代から孤高を気取っていて自分の時間をすべて時間の為に作っていた。友達なんか必要ないと思っていたので誰にも話しかけなかった。
    お人好な兄も甘えん坊な妹のことも気に入らなくて家の中でも避けていた程だ。親からは散々心配されたがうっとうしかった。
    放課後か休日は塾で学力向上、もしくは町内を何周もマラソンして足腰を鍛える。
    マラソンは雨が降っていようが雪が降っていようが慣行した。空いた時間は読書か空想、映画鑑賞に充てていた。
    この性.格のまま中学校に入学した。成績は常に学年トップだし、陸上部では主力選手だったからかいじめられるということもなくクラスメートとはあたりさわりのない普通の関係だった。
    中二の2月後半に東京から転校生がやってきた。新潟市の一番賑やかな地域が学区の中学だったがそれでも東京都は比べるべくもない。
    その子は都内でも指折りの名門お嬢様学校から転校してきたため、頭も桁外れに良く、スポーツ万能。
    地元にはいない、まつ毛が長くてカールした西洋人形のような彫りの深い顔立ちだった凄い美少女だった。颯爽とした立ち振る舞いや垢抜けた爽やかな雰囲気がいかにも都会人という印象だった。

    484 :鬼女日記 2015/08/24(月) 16:50:48 ID:ZldFZAhQ.net
    さっき見たドラマみたいなワンシーン

    四国某所に出張中の私
    一次産業にがっつり関わる仕事なので地方の田舎にはよく出向く
    出先での会議がとんとん拍子で終わり、予定よりだいぶ早めにホテルに帰れることになった
    上機嫌で帰りの駅へ向かうと、部活か補習の帰りなのかJKがちらほらといた

    一時間に二、三本の電車を待っていたら、やたらでかいガタイにいかつい顔の酔いどれジジイが登場
    大声でずっと独り言を言ってたんだけどそのうち読書をしていたJKに絡み出した
    JKも始めはやんわりと躱していたがジジイがしつこく絡み、心底嫌そうな顔になっていく
    このときホームにいたのはヨボヨボのおじいちゃんおばあちゃんたち、JKが数人、私だけで頼れる男の人なんていない
    助けたいけど、正直すごく怖くて勇気が出なかった(すみません)

    すると突然「おっちゃん、何してるのー」と飄々とした声
    JKと同じ学校だろうか(このあたりは高校がひとつしか無いんだけど)
    高身長&爽やかな男子学生が登場した

    「このねえちゃんが相手してくれねぇんだよー」
    とニタニタしながら漏らすジジイに
    「そっかそっかー、今日はなんでそんなに酔ってるの?」とにこやかに話し始めるイケメン君
    そしておっさんには分からないように「今のうちにあっちに行ってて」という手配せをJKに行う

    イケメン君とジジイは別に知り合いでもなんでもなかったみたいだけど柔らかな物腰が気に入ったのかどうでもいいくらい酔ってたのか、ジジイはそのまま話し続け、無事にJKは難を逃れた

    865 :鬼女日記 2015/06/30(火) 11:41:00 .net
    俺も嫁との出会いは、上司にどうしても!と頼まれて行ったお見合いだったな
    お見合い当時、嫁は結婚1年で男児を産んだが、その直後に事故で夫を亡くしていた
    亡くなった夫の家族親戚から怒涛のように責められ、子供はお前が見ろ!
    でも保険金はワシ等のなwwwというクズ義両親だったとか(そこら辺の詳細は分からない)
    そのまま実家に帰って、子供を育てながらパートに出たりしていた
    っていうステータスだったが、顔合わせた時に一目ぼれした
    上記の事を包み隠さずにお見合いの場で説明されたから、俺自身天涯孤独の身ではありますが、
    お友達から始めませんかと言って快諾してもらった
    何回かデートを重ねて、ある日嫁の子供に合わせてもらったが、恥ずかしがり屋だけどすごくいい子だった
    あ、嫁とこの子なら家族になりたいと思って、プロポーズした
    プロポーズ当時俺27歳、嫁26歳、子2歳だった
    結婚した翌年に女児が産まれた
    お兄ちゃん風を吹かせる長男が可愛くて仕方ないよ
    物心ついたころから施設で育って、本当の家族を知らなかったけど、
    やっと手に入れることができたように思う
    その点では上司に感謝

    77 :鬼女日記 2009/03/30(月) 18:14:50 0
    コトメへのDQ返し

    うちは良ウトメだがコトメが糞だった
    新婚家庭へアポなし凸、家をあさる、はやく子供生め攻撃
    その度にウトメ+夫は〆てたが、DQコトメには蛙の面に小便状態
    あるときコトメが私の同窓会の写真を見て「この人紹介汁!」と言ってきた
    高校時代の同級生のイケメン君
    イケメンとは同じ部活だったこともあり今でも親しくしていたので連絡を取ると煮え切らない返事
    そこをコトメのためにごり押しし引き合わせると、イケメンもコトメを気に入った様子
    (コトメ、見た目はヘキサゴンのゆきな?みたいなかんじです。イケメンの前ではめっちゃお嬢様っぽく振舞ってた)
    お付き合いが始まり半年、コトメはイケメンにベタ惚れ、
    イケメンに確認したところイケメンもコトメが大好き!結婚するならこの人!でも…
    最後の最後で煮え切らないイケメンにあるブツを見せ、イケメンは思い切ってコトメにプロポーズ
    そしてめでたく結婚したのが1年位前
    いまはコトメの凸も嫌味もなく私は快適に暮らしている

    ちなみにイケメン母(コトメトメ)、超きょーれつままです
    完全同居でコトメはさぞ大事にしてもらっているだろう。ついでにイケメン姉×2もすごいブラコンのいかず後家
    過去にイケメンの彼女はすべてこの3人にいびり倒され別れている
    女友達にも目を光らせていて、私の実家も高校時代何度難癖をつけられたことか…
    イケメンはこんな状態だからと結婚をあきらめていたんだけど、
    私がコトメから送られた嫁十か条を見せたら、この人ならうちの母姉とうまくやっていけるだろうと思ったとのこと
    嫁十か条は今はコトメ宅(トメコトメ同居)に額入りで飾られているらすぃ!!
    イケメン、いい人だけどかなり天然なんだよなあ
    コトメの愚痴も右から左へとスルーされている様子。嫁十か条もあるしねえ
    イケメンからは感謝されるし、ウトメ夫からは「あんなにいびられてたのになんて優しい嫁!」と評価うなぎ上りだし
    みんな幸せで私もハッピーさ!
    もしかしたら不幸な人もいるかもだけどさ。

    835 :鬼女日記 2016/11/06(日) 10:37:09 ID:CJW
    大学で口がキツい指導教官がいた。
    そいつに「おい舌打ちすんな」と言われた。
    自分じゃ舌打ちしてる自覚がなくて、チッと口を鳴らす感覚が気持ちいい?から
    別に不愉快じゃない時でもなんとなくチッチッってしてた(んだと思う)。
    「別に怒ってるわけじゃないです」と反論したんだが
    「お前の気持ちなんかどうでもいい、こっちが不愉快だからやめろ」と言われた。
    それ以来自分が舌打ちしてるかが気になってたまらなくなって
    舌打ちするたび「あ、俺今舌打ちしたな」って思うようになり、
    なんとなく回数が減った。
    指導教官はその後もうるさかった。
    「聞こえてるくせに「は?」って何回も訊き返すのやめろ」とか
    「食ってる時ハシをカチカチ鳴らすな」と言われた。
    どっちも無自覚にやっている事だったのでカチンときた。
    言われてから気づいたが、俺は「は?」と訊き返してる間に返事を考える癖があった。
    ハシをカチカチは単に音が好きだから。
    と反論すると「せめて「ごめん、聞こえなかったからもう一回言って」と言え」
    「おまえがその音を好きでも周囲は嫌なんだよ」と叱られた。
    うざいので言うとおりにした。
    あと「人を見る時横目で見るんじゃなく顔を向けろ」
    「人前で靴下脱いで足の指を掻くな」
    色々言われた。
    衝撃だったのは教官がうざいから従っているだけだったのに話しかけてくるやつが増えたこと。
    今は当然だとわかるが当時は衝撃だった。
    俺はとにかくしつけのなっていないやつだった。勉強さえできりゃいいって親だったから。
    今でもたぶんしつけはなっていないが、大分マシな人間にしてもらった。

    630 :鬼女日記 2015/09/21(月) 14:30:12 ID:???
    自分語りをダラダラ書いていく。

    先日遅めの夏休みをとったのだが、旦那仕事で娘は学校。折角なので墓参りついでに長距離ドライブを一人で楽しむことにした。
    幼い頃はとにかく三半規管が貧弱で、車に乗れば5分後には車酔い。常に酔い止め薬必須だった。窓から緑を見るとか、視点を動かさずに前だけを見るとか、乗り物酔いに効果あると言われるものは必ず試したが、治らなかった。
    中学の修学旅行がバス移動で、楽しむことよりも酔って迷惑をかけてしまった思い出を一番鮮明に覚えている。

    高校生になり、恐怖のバス遠足があった。酔い止めもしっかり飲んだが、結局帰りのバスで酔ってしまった。
    田舎通りで簡単にバスを停めれるような場所がない。
    吐かないように目を閉じて、ひたすら眠る事に集中した。
    込み上げる吐気との戦いのなか、何気なく試みた息を止める行為が意外に酔いを和らげる効果があった。(個人差あります)
    以来、乗り物酔いしたら息を止めるを繰り返していくうちに、いつの間にか酔わなくなった。

    乗り物酔いが治って、絶望的と思っていた車の免許を取得した時、父に車を貸してくれるよう頼んだ。
    父は免許取得を反対しており、車を貸し出す時にも「タイヤ交換できるようになれば貸す」と条件を出してきた。
    父の頭の中では、私が山奥でタイヤがパンクして遭難するという物語ができあがっていた。
    最終的に、整備士の兄からレクチャーを受けて交換できるようになったが、それでも渋々貸し出す感じだった。

    後に母から、父が「娘とドライブデート」をしたかった事を聞いた。確かに小さい頃は酔うので車を極端に嫌がり、治るとすぐに免許を取ってしまったため、父と二人でドライブに行くことが余りなかったと後悔している。

    父の墓前に手を合わせ、ふと思い出したので書き込んでみた。

    長文駄文失礼致しました。

    699 :鬼女日記 2017/10/23(月) 17:39:56 ID:AyNk9MGr0.net
    毎週2万円クレジットカードで飢餓地域への寄付をしている。
    ハリケーンや地震の災害時はそちらに回すこともある。
    累計800万円ほどにはなっている。
    寄附金控除ができるところへの寄付なので寄付金の半分は税金が返ってくる。
    400万円分は税金が返ってきているから実質400万円の負担。
    4年前から株式投資を始めているけど、値上がりと配当を合わせた利益が3000万円超えた。

    このページのトップヘ