キチ話

    434 :名無しさん@おーぷん
    彼に小説を貸したらメルカリで売られた
    「この前は小説ありがとう!面白かった!それで、あの本、定価より少し高く売れたよー!これでまた新しい本が買えるよ!」と、小説じゃなくて現金を返されて「???」状態
    なんで勝手に売ったのかと聞くと「だって、あの小説もう見たやつでしょ?ってことはもうしばらく読まないでしょ」と
    「好きな本だし、何度か読み返してるし、また読むけど…」と言うと
    「そうなんだ!俺は一度読んだら暫くは読まないかな?ずっと持ってても場所取るから、売って違う小説買うよ!また読みたくなったら中古で安く買い直せば良いし」とニコニコ

    小説をどう扱おうが人の自由だけど、私はそうじゃないんだから勝手に売らないでと伝えても「俺はー俺はー」で話にならないから、その日はとりあえず解散した
    後日話があると呼ばれて行くと「キンドルって知ってる?小説を残しておきたいタイプならこれにしなよ!場所取らないよ^^この前の本もダウンロードしておいたよ^^」とニコニコ
    そう言うことじゃないんだよ…
    キンドルタブレットは受け取らずにお別れして来た
    あんなにスーッと冷めたのは初めてだった

    82 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/
    気団に書こうかと思ったけど女性の意見も聞きたいからこっちに書きます。
    俺の母親が俺の嫁の外見に嫉妬してて、そのとばっちりを兄嫁が受けてる。
    俺は兄俺妹の三人兄弟でみんな既婚。
    妹はブスではないけど愛嬌があるからお世辞で可愛いって言ってもらえるような普通顔。兄嫁さんは言っちゃ悪いがブス。
    俺の嫁はさすがに芸能人に比べたら見劣りするけど一般人としては十分美人。
    母はどうやら、妹より嫁のほうが美人なのが気に食わんらしい。
    かといってそれを嫁に直接言うことも出来ないもんだから、何故か兄嫁さんの外見を褒めまくって相対的に嫁を貶めている。
    例えば皆で食事してるときに「兄嫁さんは本当に綺麗ね!この女性陣の中じゃ一番じゃないかしら!」って言ったり、皆の前で兄嫁にだけ服や宝石を買ってプレゼントしたりする。
    ボサボサ髪なのに「惚れ惚れするような綺麗な髪ね!」って言って、短足なのに「モデルみたいに長い脚!」と褒める。
    どうも嫁の妬ましい部分に関して兄嫁さんを褒めるようにしているらしい。
    嫁は母の悪意に気付いてるけどこういう苛めは子供の頃から慣れっこみたい。
    嫁曰く問題は兄嫁さんの方らしく、「白々しいお世辞は傷つく。ないとは思うけど、もし真に受けて勘違いしてしまったらもっと気の毒。」と言っていた。
    俺としては嫁が傷ついてないなら正直どうでも良いんだけど、母のやってることは見苦しいし兄嫁が可哀想だとも思う。
    裏で母に注意したら「兄嫁さんのことブスだって言うの!?」ってキレられるし、兄に相談しても「お世辞でも褒められて嬉しいだろうし良いじゃん」とか言って話にならん。

    353 :名無しさん@おーぷん
    見合いで結婚した夫は食い尽くし系だった
    見合いと言っても夫が私を気に入り、家の力関係で成り立った政略結婚
    どれだけ毎日の食事が苦痛でも離婚できなかった

    20歳で入籍させられ、娘は21で出産
    私自身がまだまだ子供だったから、子供の離乳食の材料まで食い尽くす夫を止めるすべもなく
    当時コンビニもネット通販もなく、隠しておいた食材も掘り当てられ、私の食事を与えてもなお娘に満足に食べさせてやれず
    母子ともに栄養失調で倒れて入院してから、夫はようやく自分が人の食べ物まで食い尽くしてたんだと気づいた
    それまで何度諭しても理解できなかったことが、目の前で問題となって初めて自覚できる阿呆だった
    それでも食べ尽しの癖は治らず、娘が成長してからも甘味や菓子類や肉類は隠しておいても貪り食った
    私と娘は残ったものを分け合って二人で食べた
    食べ尽しで暴飲暴食を繰り返したからか、16歳年上だった夫は娘の成人前に呆気なく亡くなった

    その後娘が婿を貰って同居を始めた
    婿はエビが好物らしく、夕飯をよそるとき、娘がこっそり婿の料理にだけエビを多めによそってるのを知ってる
    ご飯食べてるときも「エビいる?」と婿に聞いている
    あんな食べ尽し系の父親の血を引いてると思えないほど
    婿も婿で娘の好物があると必ず娘に多めにわける
    たまに娘の好物を娘のためだけに買ってくる
    娘と婿は私の好物をよく買ってきてくれる
    食べ物のことで人を気遣えること、気遣って貰えることをこんなに幸せなことだと思える日がくるとは思わなかった
    婿は結婚10年目できっかり10キロ太り、私とダイエット中
    食べることって幸せばかりじゃないのね
    でも太ることさえ昔を思えばとても贅沢なことだわ

    104 :名無しさん@おーぷん
    1/3
    平凡な生活しかしていない自分の修羅場

    中学に上がる前の春休みから、塾でも行っとく?的な流れで塾に行き始めた。同じ考えの同級生や、同じ中学になるであろうもうひとつの小学校の同級生なども居て友達もできて嬉しくて勉強はついで。ってな感じで通っていた。
    おじいちゃん塾講師がほとんどな中、大学生の塾講師が3人入ってきた、その中の女の先生が自分たちのクラスの担当になったのが中学に入って3ヶ月程の頃。
    その女の先生の教え方が慣れてない感じがして、私たちもなにを言われてるかよく理解できないまま話を聞いていたが1人の生徒が授業に飽きたのか隣の席の私に話しかけてきた。まあ好きな人の話とかそんなものだったんだけど、その好きな人の名前を「ダイチ」とする

    長いので分けます。

    645 :■忍法帖【Lv=1,ガルーダ,JbJ】
    サークルで知り合った彼と私、サークル仲間6人でお酒を飲んでた時の話
    車できた割に浴びるように飲み続ける彼氏、私は彼ほどにないにしてもかなり飲んでた、他のみんなも
    代行か一晩置いておくのだろうと思ったが彼曰く「問題ない、運転手はいるから、というか皆送っていく」と言ってる
    そして飲み会が終わり解散となったところで彼は私に車のキーを渡して一言「お前が運転しろ」
    いや、私お酒飲んでるし、免許まだ無いんだけどと言っても
    「そんなの関係ねぇ」「免許持ってる俺が横に乗ってるんだから問題ない」
    と話も聞きやしない、ほかの友人も「免許持ってないし、お酒飲んでるから無理でしょ」と言ってくれたのだが
    「お前は俺に恥をかかせる気か、運転しろ」の一点張り

    埒があかないので彼を放置して皆でタクシーが通る道まで歩いて行こうとしたのだが、途中でドンという衝撃があったと思ったら気がついたら病院のベッドの上
    彼は恥をかかされたと車で私と友人たちに車で追突し、逃走、目撃者がいてすぐ通報され御用、その後無免許だったことも判明
    弁護のしようがない実刑をくらい、今も服役中正直二度と出て来ないで欲しい

    彼両親はまともな方で治療費、その他もろもろ全額払ってくれたが、どこをどうやったらあの両親からクズが生まれたのかわからないレベル

    475 :名無しさん@おーぷん
    大したことないですが…

    前の職場で同僚と、最近眠れないんだよね〜って話してたら、休み時間にいきなり今まで話したことない先輩(男)が、「いい睡眠薬あるんだけど、1錠100円で買わない?」と持ちかけてきた。
    何だかいろいろ怪しいのでいりませんってはっきりお断りしたんだけど
    後にその先輩、シャブだかなんだかで捕まってた。もしやあのお薬は…

    数年後その時の同僚から電話がかかってきて、その先輩の番号知ってる?と聞かれたので知らないと答えると、「さっき街中で先輩と偶然会ったんだけど、
    私さんの番号知ってる?昔番号交換してたんだけど消えちゃって〜。って言ってたよ!!咄嗟に知らないって言ったけど気をつけてね!!」と教えてくれた。

    そしてその数日後、先輩が私の家に来たっぽい。「私さんが好きなお酒持って来ましたぁ〜」って一升瓶4本抱えて…(私はお酒一滴も飲めない)
    たまたま妹が出て姉はいませんって言ったら「あぁ〜そうですかぁ〜」とヘラヘラしながら帰って行ったらしいけど。

    何だったんだろ?私の平凡な人生の中で未だに思い出すとゾッとする唯一の出来事です。

    このページのトップヘ