キチ話

    330 :鬼女日記 2011/10/06(木) 16:10:27 O
    家を建てました。友達とか呼びました。なぜか、縁切り状態の旦那母・姉も来た。
    この二人、義母・姉とかすら呼びたくないレベルの変人。
    旦那姉、自称霊能力者。2回くらいは世界を救ったらしい。
    旦那母、旦那姉は神の子。教祖きどりで近所からハブられてるらしい。

    押しかけてきたので、邪険にしたのが気に入らなかったらしく絡む絡む。
    土地のなんとかを乱して地獄が開きかけてるとかなんとか。
    自分と旦那はシカト。相手にしてもしかたないし。

    微妙な空気になってたら、酔った旦那友人が話に乗り出す。自分も能力者とか言い出して。
    最初こそ構って貰えて喜ぶ旦那母姉。でもだんだん話がズレだす。
    地獄が開きかけてる→たしかに開きかけてるけど、大いなる聖なる力が来てるのも感じる
    みたいな感じで言う事に乗って方向性.をずらす、みたいなやりかた。
    反論してくるとそれをさらにずらす。
    挙げ句、僕と貴女は前世で…とか言い出したあたりで旦那母姉退散。

    帰った後、みんなで腹抱えて笑った。
    漫画の真似したとか言ってたけど、どんな漫画なんだろ?w

    884 :鬼女日記 2017/01/19(木) 11:07:19 ID:a0Z
    元彼から久しぶりに連絡が来て思い出したので
    高校生の頃だけど、元彼が日に日に霊能力者になって冷めた
    霊が見えるだ何だ言う話を良くするようになって、けどその頃「本当にあった怖い話」というテレビ番組の全盛期だったのもあって「影響されたのかなーまぁそのうち飽きるかな」と思ってたらどんどん酷くなった
    まだ私の家に来たことが無かった頃、それらしい仕草付きで「私ちゃんの家を霊視する」と内装や外観を言いあてようとしたり(全くもって当たってなかったけど)
    インフルで寝込んでる時に急に家に来たと思ったら、元彼の念がこもったお守り(神社で買ったパワーストーンのブレス。決して元彼の念ありきのお守りでは無い。しかも健康運じゃなくて金運に関するパワーストーン)を肌身離さず持つように言われたり、
    移したくないから早く帰ってと言っても1時間くらい居座って案の定インフル感染→元カノの生き霊の呪いだとか言い出したり
    あとは、ちょっとチャラいグループの中で 腕にカッターとボールペンのインクで簡易タトゥーを入れるのがプチブームになっていたんですが
    皆カップル同士で記念日を入れている中、元彼は何故か魔法陣を彫り出して ちょっと最近あいつやばくね的な雰囲気になった。
    しかも授業中に彫ってたから、普通に呼び出されて職員室で怒られてた
    放課後にもう一度呼び出されたみたいで、たまたま先生と元彼のやりとりを聞いてしまったんだけど
    そこでもまだ霊能力者設定を引きずっててめちゃくちゃ冷めた

    198 :鬼女日記 2012/03/26(月) 01:52:05 0
    昔もらったロミオメール。

    当時、私15歳、相手24歳。
    付き合っているわけではなく趣味の集まりで顔を合わせてる程度。
    実家だから大丈夫と初めて相手の家にお呼ばれしたとき、実家なのは本当だったが既に両親亡くなってて
    実質一人暮らしだったのが到着後に判明。
    やべえと思ったところを寝室に連れ込まれて寝床に押し倒された。
    その枕元に□リ系のエ□本(女の子がランドセル背負ってるレベルのガチ□リ)がびっしりつまった
    カラーボックスが目に入り、さらにいろんな意味でやべえと相手を振り切り即逃亡。

    その後もらった相手からのメール

    「●●(私)へ
    嫌なことから逃げるのはお前の悪い癖だ。いつかは経験しなくちゃいけないんだから早いに越した事はない。
    俺がきちんと全部教えてやる、今回の事は水に流すから来週の日曜日には相応の覚悟を決めてきなさい。
    お前はまだ子供なんだから、大人の俺の言う事を聞くのが当然であり正解なんだ。
    少し厳しいかもしれないけど、これは言わば愛の鞭だからね。俺の歩む速さに合わせて背伸びをすれば
    いつかそれは背伸びじゃなくなる。
    マイフェアレディって映画を知ってる?
    今度一緒に見よう。俺ときみの物語だよ。

    PS・●●の学校、確かブルマだったよね。今度持ってきて」


    大変にキモかったので一切無視、その後暫く通学の最寄り駅を張られたりしたけど何とか絶縁。
    ヒギンズ教授はイライザのブルマ欲しがらねーよ。





    575 :鬼女日記 2018/09/06(木) 14:05:07 ID:ZXfwRQzr.net
    俺の叔父が学歴コンプレックス拗らせてて頭おかしい話。
    上手にまとめられなくてクソ長くなってしまった。

    俺の母は伯母・母・叔父の三姉弟。
    母方の祖父母は厳しい人だったけど無意識に末っ子長男を甘やかしてたらしい。
    御三家に入学(補欠だけど)するなどそこそこ勉強も出来た叔父の人生は高校までは絶好調だった。
    …が、三浪しても東大に合格出来ず早稲田に進学。
    叔父の友人には現役で東大合格した人がゴロゴロいるが補欠入学の叔父とはそもそも頭の出来が違う。
    でも甘やかされてプライドの高い叔父は受け入れられなかった。
    加えて大学で女と接するようになり自分がモテないブサメンだと気付かされることになる。
    高学歴美女からちやほやされるどころかスーパーバイトの女の子にも相手にされない。
    卒業して大企業の営業職に就職する頃には立派な学歴コンプ男の出来上がり。
    (世間一般としては)高学歴とエリートリーマンであることだけが叔父の心の拠り所だった。

    154 :鬼女日記 2011/10/26(水) 20:32:52 ID:CnR1I2bb0
    投下

    私:女。21歳。大学3年生。B男と同居中。
    A男:男。22歳。大学4年生。私彼。
    B男:男。24歳。幼馴染兼異母兄。
    C子:女。19歳。サークルの後輩。
    D子:女。21歳。大学の友人。同じサークル。
    ※全員当時の年齢

    大学進学を機に上京してから幼馴染兼異母兄であるB男と住み始める。
    2年中頃からA男と付き合い出す。
    3年生になり、サークルに新入生が入る。
    その中の一人C子がA男に猛アタック。
    彼女(私)いるのサークル公認なのに、猛アタック。
    A男もうんざり。C子が敵意隠さず接してくるので私もうんざり。
    ある日友人D子から、変なメールが来たと聞く。
    「(私)は二股している」
    「(私)は同棲彼氏がいるのに、A男を部屋に引きこんでいる」
    「(私)が地元の話を全然しないのは、同棲彼氏と駆け落ちしたから」
    「(私)はもう何度も中絶している」
    「(私)は風イ谷やってる」
    etc
    正直メールを見た時、リアルに「メダマドコー?」だった。

    462 :鬼女日記 2012/10/11(木) 23:36:13 ID:21xkdlsb
    久しぶりに元社長とあったので書くわ。

    数年前に会社の飲み会があって、小さな会社だったから重役や社長も来て盛り上がった。
    社長とか重役がくると奢りだからだ。
    2次会まで社長が付き合ってくれて、タクシー呼んでお開きしていたところに酔ったDQNらがタクシーの横入り&女子社員への絡みを始めた。
    男性.社員が引き離したりするけど大暴れ。そのうちの一人が女子社員に抱き着き股/間や胸を弄るという暴挙に社長が激怒。
    割って入ってDQNを突き飛ばした。

    DQNはそのまま地面に後頭部から倒れて、頭を強打してその後タヒんだ。
    社長逮捕。
    びっくりしたのが杀殳人罪で起訴されそうになったこと。
    絶対ありえない状況だし、本人も絶対に杀殳そうと思って突き飛ばしたわけではない。
    結局裁判では杀殳人罪は適用されなかったけど、傷害致タヒで刑務所に入れられた。
    現場にいた社員全員が裁判所や検察にかなり抗議したり、お金出しあって弁護士雇ったりした。
    それでも判決は覆られなくて、相手の親からは数千万の賠償請求(数百万の支払いの判決が出た)

    本当に何もかもあり得ないことだらけだったのが衝撃的だった。
    絡んできたのはDQNだし、女子社員を守ろうと割って入っただけなのに。
    そもそも相手の親もDQNが絡んできたことを聞いているはずなのに賠償請求って頭おかしい。
    警察も酔っぱらいの喧嘩として処理していた。
    司法も警察も信頼できないと思ったのはあの日からだ。

    399 :鬼女日記 2005/04/27(水) 08:56:06
    結婚前の職場に中途入社してきた2才年上の人が何故だかやたらと
    話かけてくる。
    どんなところに住んでいるのか、休みは何してるのか、服はどこのが
    化粧品は何を・・・いちいち聞いてくる割には反応は「ふーん」の
    一点張り。
    嫌な感じなので表面的にだけおつきあいしてたんだけど、私の結婚が
    決まって退職する事になったらものすごくコビコビになった。
    「紹介して~、何してる人?どこに住むの?」ってはぐらかすと
    なんと課長(お人好しの口軽..)から聞き出しやがった!
    で、とある金曜日に婚約中の現夫と待ち合わせをしていた。待ち合わせ
    場所に行くと夫が既に来ていたので「ごめん」と言ったその時、背後から
    「あら~この人なの?」って奴の声が!つけて来たんだよ..。
     
    その後は必タヒで逃げました。彼の会社も課長が言っちゃったので本当に
    怖かった。夫の会社の前で待ってたりするんだよ。式場にも勝手に一人で
    見に行ったみたいで(フェアとかを)「私だったらドレスは~、料理は~」って
    挙式する気満々だった。脳内の相手は夫だった。またそれを隠さないんだよ。
    本当にヤバい人だ..と周囲も気づいて上司らもいさめたりしたけれど
    「え~?冗談ですよ」とかで逃げてばかり。
    結局夫が会社前で待ち伏せしてた彼女に人前で
    「なんですか?気持ち悪いですよ..あなたは気持ち悪い。」
    等と言ってくれたのが彼女のプライドに触れたみたいでぴったり終わりました。

    本当に「私は人より上なの。アイツの方が幸せそうなのはおかしいわ、
    私の方がいいもの、試しにちょっかいかけたら絶対私が勝つわよ~」ってな
    感じなんだろうなあ。何でも勝ち負けでしか判断できない感じ。だから
    はっきり拒絶っていうのは(しかもすごく軽蔑した口調で爬虫類の目をして
    言ったからと夫談)たぶん彼女の中では無かった事になってると思う。

    その後は退職まですっげー悪口三昧でした。が、粘着されるより100倍マシでした。
    みんなわかってくれてたし..。でもまた同じ事してるらしい。

    206 :鬼女日記 2016/06/24(金) 10:58:07 ID:aRC
    元彼がもっと色っぽい服装して、それに似合う派手な靴履いてって言うんだけど、
    足が悪くて不安定な靴が履けない事は説明していた。
    なのに誕生日のプレゼントが爪先の尖ったエナメルの真っ赤なピンヒールだった。
    一応笑顔で受け取ってありがとう、履けないけど大事にするねと言ったら
    なんで履けないの、頑張れば履けるでしょ、それに似合う服買いに行こうと言われて、
    この靴に似合うような服は私の好みじゃないし、似合わないと思うと言ったら
    そこを似合うように努力するのが彼女ってものでしょと言われてちょと冷めた。
    足に痛みが出ると腰にまで影響が出て、そうなると病院通いで私もつらいし
    仕事にも支障がでるから無理なんだと説明したら
    腰が痛いとかババくせぇwwww
    それでも彼氏の為に努力するのが愛ってもんだろと言われて完全に冷めた。
    その場で靴置いて帰ってきた。
    なかなか別れに納得してもらえなくて才柔めたんだけど、
    その時分かったのが元彼はピンヒールやボディコン的な服がものすごく好きと言う訳ではなく、
    私に痛みを堪えて努力させたかったのだと言う事だった。
    彼女が自分の為に苦労していると愛されてると実感できるんだって。
    私の前にも彼女がいたのは知ってたけど、別れた原因も同じだった。
    だけどさ、同じ理由で何度も別れてたら普通は自分おかしい?って思うじゃん?
    元彼まったくそんなこと感じてなかった。
    女って我が儘だな、男に尽くす事を喜びだって思えるようになれよ、
    そうすりゃ男だって満足するんだからよ~という一方的な説教を聞いて、
    冷めるを通り越して怖かった。
    今は無事絶縁できたけど、今でもきっとどこかで
    苦痛を与える事で自分への愛を確認できる恋人を探していると思う。
    ちなみにピンヒールはプレゼントだったけど、
    それに似合う服は自腹で私が買うって元彼が勝手に決めてたし、
    病院通いする事になったら治療費も自腹で払えだったよ。

    619 :鬼女日記 2018/12/01(土) 17:59:19 ID:+Bhsi0WVS
    スッキリしたオチの無い、キチとの小騒動

    田舎と言う程ではないが、少し寂れた町の駅前商店街。そこからちょっとズレた場所で自営業を営む我が家…自宅兼店舗が在ります。
    店の前の道は狭く、車での来客は駐禁を取られかねないが、真向かいさんが敷地の一角を月極駐車場にしているので、自家用車とお客用に借りています。
    店の客入りは良いとは言い難く、売上増の為に買い物に行くのに不自由な高齢者が多い地域に行商に行く事も多かった。
    午前中に大方の仕事を済まし、午後は私に店番を任せ父が出稼ぎ(行商等)に出掛けるといった日々を送っていました。

    ある日の昼下がり、この日も私が1人で店番をしている時に1本の電話が入る。それが些細な騒動の始まりでした。相手は高齢のお婆さん…仮にキチ婆とします。

    キチ婆「もしもし、〇〇(地区)の△△(苗字)ですが、お父さんいらっしゃる?」
    私「いえ、今外に出てます」
    キチ婆「御宅のお父さん、何してるか知ってるの?ウチの□□(地区)に住んでる娘の家の敷地に毎日勝手に車を停めに来るんですけど」
    私「……は?」
    キチ婆「それで朝からずっと家の中を覗いてるのよ」

    323:名無しさん@HOME2014/09/30(火) 17:19:18.18 0
    実家の私の部屋、私が実家を出て使われなくなってから数年後に兄夫婦が子連れで同居することになって使ってた。

    が、同居を始めてしばらくしてから兄子供に喘息(アレルギーも?)が出たらしくて兄嫁が「私の部屋のせいだ」って言い出した。

    今は他の物置だった部屋を綺麗にしてそっちを使って私部屋が物置になってるらしい。

    でもそれ以来兄嫁が私に敵意剥き出しで、実家に行っても子供に私が近づかないようにすっごい警戒してた。

    両親と兄に「兄嫁ちゃんは子供が心配でナーバスになってるだけ。我慢してあげて」と言われしかし会えば波風が立つので、ほとんど実家に行かないようになって疎遠になってたんだけど私が結婚して子供が生まれてから両親が孫(私の子)に会いたくなって兄嫁を説得したようで兄嫁からメールきた。

    「あなたも親になっていかに子供がデリケートな弱い存在かが分かったでしょう」
    「これから心を入れ替えてくれるなら、過去のことは水に流そうと思います」

    両親、説得したって、完全に私が何かやった前提になってんじゃん!と思って今までも何度も言ったんだけど改めて私には思い当たるフシが何もないことを返信した。

    それで返ってきたメールは
    「それじゃあ実家にいらした時は私子さんが使ってた部屋を用意しておきますね。もちろん平気ですよね?」

    いやそりゃ平気だけど。
    すっごい行きたくない。
    でも行かなかったら「やっぱり私部屋に何かあるんだ」って思われそう。

    このページのトップヘ