衝撃

    227 :鬼女日記 2017/04/29(土) 07:55:10 ID:p+xiOqz/0.net
    ネタ書くな。フェイク入れるからつじつま合わなくなると思うけど

    俺は熱湯バットみたいな事やって
    8年前俺は懲役6年の実刑を食らった
    罪状は障/害、札人未遂だ

    当時汚嫁が自宅に男連れ込んでいてな、俺それわかったから
    証拠だけ写メに収めるつもりで会社行くふりして自宅見張って
    間男が家に入るの確認して凸したのよ
    ドアを開けて寝室に行くと汚嫁と間男がサカってて
    よく見たら近藤さんつけずに中に出していた。俺は頭に血が上って
    我を忘れたわけじゃないけど2人を凹っていた
    間男は抵抗して「なんじゃわれ!」とイキってたけどそんなん無視して反撃のスキも与えず凹った
    花瓶や灰皿で間男のど頭かち割って両腕へし折っってやった
    さらに間男の股/間を潰してマウントとってまた凹ってやった
    汚嫁が「もうやめてタヒんじゃう!浩二くんがタヒんじゃうよ」とか間男庇うもんだから
    俺は「お前なに庇っとるんじゃ!」と怒鳴りながら汚嫁も凹った。
    必タヒで謝っていたが容赦なく汚嫁の歯が折れてなくなるまで凹った。
    そのうち汚嫁は気絶してイビキかきはじめた。俺は鋏を持ってきて汚嫁の髪の毛切って坊主にしてやった
    気の良い隣のおばちゃんが通報したらしく警察が来て俺は逮捕された
    当時は汚嫁と同棲している交際相手が何者かによって暴行受けたとニュースにもなった
    マスコミもいい加減だなと思ったよ

    拘留されて起訴されて実刑判決下されて6年間お勤めした
    でてきた時に汚嫁が迎えに来てくれてた
    離婚はしなかったと汚嫁は言うが俺は顔も見たくもなかったが
    つうか汚嫁は俺の凹で顔が変わっていた
    片目失明、鼻骨が折れてひん曲がっている。頬骨も砕けて手術したが顔が極端に歪んでいた
    左手の指は中指と人差し指の神経が切れて動かない

    96 :鬼女日記 2011/06/19(日) 14:32:14 ID:U6g/O+Ep0
    うちの姉の話。男性.遍歴が年々おかしくなっていってる。
    姉はハタチ過ぎてからかわいくなり出して、だんだん喪女からDQNへ。

    20から26までは良かった。
    警察官の立派な彼と幸せそうで、結婚間近。

    だがマンネリになってきたらしく、働いてた支店の営業部長(妻アリ小梨)と不倫。
    警察官の彼と別れ、夢中になるもキャバ嬢との二股発覚。

    妹の私に「ドライブ行こう~」と言いついたのは住宅街。
    何これどこ此処、と言うと、どうやら営業部長の家がある、と。

    姉のキチっぷりに引きつつ、あのね、二番目は二番目だからよく見えるんだよ、と説教かますも逆ギレされ見知らぬ住宅街に残された。車で走り去る姉。

    続く。

    354 :鬼女日記 2012/02/08(水) 21:50:39 ID:UEk2AAdw0
    恋愛に関してはほぼ傍観者の立場ですが、吐き出させてください。
    ことの起こりは6年前、話の中では約2年半が経過しています。

    私子 当時21歳。大学3年生。普通の女。一人暮らし。
    Y美 背が小さくて可愛い。当時18歳。高校中退後、無職。実家暮らし。
    T谷 Y美の彼氏。24歳。カジノバーのフロアマネ。
    ビル アメリカ人。54歳、会社社長、金持ち。
    A子 26歳、会社員。
    B男 32歳、A子の彼氏。小さい鉄工所のドラ息子。

    私子はとあるコミュニケーションサイトにハマり、そのオフ会でY美と知り合いました。
    春でした。
    レ/ズっ気は無いのですが、Y美は初対面から人懐こくて可愛らしく「妹がいたら
    こんな感じなのかな」と私子は思い、急速に親しくなっていきました。
    Y美は母子家庭で母親と仲が悪く、一人暮らしをしたいとよく言っていました。
    知り合って3ヶ月程した頃、Y美は「お金を貯めたい」と喫茶店(後に聞いたらカジノバーだった)でバイトを始めました。
    たまに愚痴はこぼすものの順調にいっているようで、働きだして5ヶ月ぐらいでY美は部屋を借りました。
    家賃は9万2000円の2LDKで、私子はY美の稼ぎが心配でしたが、彼女は
    「月30は稼いでる」と言い、当時かなりな世間知らずだった私子は
    「そんなものなのかなあ」と納得していたのでした。

    443 :鬼女日記 2009/09/01(火) 12:39:25
    >>441
    そういや日本語学校の先生が日本に留学してきた生徒に、
    「日本人は猫を食べますよね?」って言われて「食べません!!」と答えたら、
    「え、だって缶詰いっぱい売ってますよね?おいしいやつ」と言われて、
    「あれは猫の餌なので、人間が食べてはいけません…」と脱力しつつ教えたら、
    別の生徒が「ええっ!?」と驚くので、まさかこやつも猫と思って食ったのかと聞いてみたら、
    「てっきり『猫の写真が目印ブランドのまぐろ缶詰』なのかと…」と返ってきたっつー話を思い出したw

    334 :鬼女日記 2009/03/06(金) 00:16:54 0
    お待たせしました。書いたらすごく長くなってしまったので、
    ウザければ読み飛ばしていただければと思います。

    初めてカキコするので不備あったらごめんなさい。

    5年前、大学院を卒業と同時に婚約。ただお互いまだ社会人になったばかりなので籍を入れるのは1年後という取り決めをした。

    でも夫(まだ仮でしたが以下そう書きます)が同居を頑なに拒否。理由は仕事の関係で時間が合わないから、とか何とか(私は普通の勤務時間だったけれど、夫が夜勤多目で不定休)。

    当時は研修で忙しくて、引っ越すのも面倒だしそんなもんかと思い、それでも一応妻なんだからと仕事帰りに夫の家に寄って、食事作りと簡単な家事をやる通い妻のような生活を2ヶ月ほど過ごしてた。

    当時の状況は

    私、夫と徒歩10分距離のアパート別居暮らし。
    義実家は車で1時間、私実家は飛行機距離でした。

    580 :鬼女日記 2019/06/15(土) 22:12:36 ID:3imOxq/G.net
    旦那がW不倫をしてて、相手の旦那にバレて義実家が慰謝料を支払って私の知らない所で全てが片付いていたのを知った時。
    ベロベロに酔っ払った義父が「お前らには遺産は慰謝料分を引いた分しかやらないからな。家庭も持ったいい大人が自分のトラブルを親の金で解決してもらうなんて恥ずかしく思え」と思い出したように怒り出した。

    まったく意味が分からなかったけど、旦那と義母と旦那兄2人がすごい慌てて「父さん酔ってる!」とか「また意味分からないことを!」とか明らかに誤魔化してるようにまくし立てて義父を喋らせないようにしてるから「何があるな」と思い
    「お義父さん、何でうちだけ遺産を貰えないの?ズルイじゃない?」とわざと煽るように言うと「なんだと!ズルイだと!お前ら夫婦のために200万も払ってやったんだぞ!当たり前じゃないか!」とか
    「自分の不始末を自分で片付けられないくせに女遊びなんてしてんじゃねー!」とか「何で家庭まで持った息子の為に俺が見ず知らずの歳下の男に頭下げなきゃいけないんだ!」みたいな事を私に怒鳴りだした。

    「要するに旦那くんが女遊びをして、お義父さんが相手方に頭を下げて慰謝料200万を払ってくれたんですね」と言うと「そうだろ!!1年も経ってないのにもう忘れたのか!お前も同罪だ!」と言われた。
    人生で1番の修羅場だったのに「あー、血の気が引くってこういうことかぁ」と自分の頭から血がスーっと引いて行くのを冷静に感じていた。

    1 :鬼女日記 2014/07/29(火) 16:36:48 ID:S+qBMP0Vu
    何やってるんだよ…
    薬物だって警察から電話で聞いた。
    正確な鑑定結果が出てないからハッキリは言えないけど覚せ◯剤だそうだ。
    子供を保育園に預けて何やってるの…

    397 :鬼女日記 2012/02/10(金) 00:25:56 ID:0xbVcyBL0
    やばい前の投下いい流れすぎる。豚切り失礼。投下します。

    私子 20 彼男と同棲中 社会人
    彼男 20 大学生 家が金持ち
    元子 20 大学生 温室育ち 自称「元にゃん☆」

    大学に通うために彼男が借りたアパートに、私子が転がり込んで2年くらいたったある日。
    仕事中、私子宛に知らないアドレスから1件のメールがきた。メッセージはなく写真が添付されているのみ。
    なんだろうと開いてみると、なんと自分の住んでいる同棲中の部屋が写っていた。
    しかも今座っているソファからのアングル。

    なんだこの写真!あまりにも唐突なので恐ろしくなってきた。
    すぐに彼男に連絡すると彼男にも心当たりが無い模様。
    同僚に事情を話すと心から心配してくれて一緒に家に行こうか?という話に。
    さすがに悪いので断ったが何かあると怖いので警察を呼ぶことに。

    801 :鬼女日記 2019/10/25(金) 09:38:19 ID:bY.20.L1
    10数年前に義兄(夫の兄)はある事故に巻き込まれて数か月意識不明になる重傷を負った。
    とりあえず意識は回復したけど片方の手足にまひが残った。
    そして加害者側が結構しっかりした会社で、あっさり数千万の慰謝料やら保険金やらを出してくれたらしい。
    で、義兄がまだ入院している際に、当時勤めていた会社を退職して退院後は実家で両親と同居することになった。
    そこで実家をリフォームするか建てなおすかとなったんだけど、結局立て直すことになった。
    きっとバリアフリーの義兄にも住みやすい家にするんだろうと思っていたけど、できたのは、地元の工務店に立ててもらった純和風の家。
    しかもバリアフリーどころか玄関付近は浸水対策とかで5段くらいの階段がある。
    義父は、自分のやりたいことをするのに、正当な理由を後付けする人で、いわく、「階段を上るのもリハビリ」だそうで
    義兄の部屋は2階に作ってる、だけど自分の書斎と称する趣味部屋も作っていた。
    義兄の慰謝料や保険金当てにして建てるなら義義兄ファーストだと思うのだけどそんな考えはなかったらしい。
    結局義兄は手足にちょっとマヒが残ってしまったけど両親(義母のほうは性.格は空気)と同居しつつ今は別の会社の障碍者枠でそれなりに生活できている。
    そして今、義父も年を取り、自分で作った玄関前の5段の階段がつらいとこぼしているのは自業自得だと思う。

    このページのトップヘ