衝撃

    576 :鬼女日記 2013/02/25(月) 14:37:08 ID:0Hc5DkDI
    女性と付き合うことになったこと

    もう10余年も前、兄が高校時代に楽器好き同士(プロは目指していない)でバンドを立ち上げた
    そのライブ等を見に行ってたんだけど、そこから兄のバンド仲間→バンド仲間の仲間→さらに…と横の繋がりで同い年のT(女)と出会い、楽器以外の趣味が合うことから友人になり、もう10年ちょいの付き合いになる
    Tは恋愛に興味ないらしく、私はモテず、25になるまでお互い(?/少なくとも私は)交際経験なし
    ここまで前提

    3ヶ月前、バイト先の常連の女性に告白された
    といっても外見は完全にオッサンで、その時「女同士だけど~」と言われるまで私は女性とは気付かなかった
    恋愛として見たことないし、接客中に「この人イヤだなぁ」と思うことのある人だったのでお断り

    その話を久しぶりに会ったTと宅呑み中、酔った勢いで話したところ、まさかのTからの告白
    聞けば前から同性愛者で、私を好きになったのは5年くらい前だったそう
    Tは切れ長の瞳の肉感的な美女なんだけど、ずっと好きだったなんて泣きそうな顔で言われたらOKするしかなかった
    そもそも、お付き合いって何ソレおいしいの(^p^)な私だけど、Tは私がなにも知らないのは知ってるからって、すごい嬉しそうに笑ってた
    これからどうなるか全く分からないけど、どうせ一生喪女なので、だったら私なんかを好きになってくれた美女に人生左右されてみるのも悪くない気がしてきた

    503 :鬼女日記 2007/08/22(水) 01:26:34
    長文になりますが失礼します。

    もう十年になるけれど、父方の従兄弟の披露宴に出席した。
    元々私は招待されていなかったけど、丁度翌年私も結婚する予定で
    「出席させてもらったら?参考になるかもよ」と勧められ、向こうのご好意もあり
    出席させてもらう事に。
    その従兄弟は本家の長男で、また大企業のエリートでもあったので、出席者は会社関係も大勢いて総勢300人は越えていたと思う。
    披露宴は超高級有名ホテルで、大ホールぶち抜きのそれは盛大なものだった。

    私はあまりの規模が違いに「こりゃ参考にならないなあ~w」なんて思いながら、
    入場してきた花嫁さんの綺麗な姿にうっとりしていた。
    そして流れるような司会者の進行で披露宴はおごそかに始まり、
    まず挨拶や新郎新婦の紹介等を経て、出席者の前にオードブルと乾杯のシャンパンが配られた。

    司会者「乾杯の音頭は新郎の直属の上司でいらっしゃいますAさんにお願い致します。
       皆様、グラスを手にその場でご起立をお願い致します!」

    その場で新郎新婦を含め、全員がグラスを片手に直立。
    ここまでは本当に滞りなく普通の披露宴。
    ところがこのAさんとやらがとんでもない人だった。

    298 :鬼女日記 2017/07/28(金) 11:30:32 ID:KpH
    自分の出生にまつわる衝撃話。

    私の生家は、私が幼稚園ぐらいまでは父親がおらず、母子家庭だった。
    その後、父親がともに暮らすようになった。
    小学生の頃は「(母親も働いていたため)転勤で一緒に暮らせなくなったが
    父親が決心して仕事を変わったので暮らせるようになった」と言われていた。
    父親側の親戚との交流がなかったのは疑問に感じていたりもしたが、父方祖父母は既に亡くなっており
    遠方の父方伯父以外の親戚はいないと説明されていた。

    成長して、父方伯父やいとこと話をしていると、父方祖父母や親戚が実際にはいるような節も
    聞いたけれど、父実家は伯父や父の結婚に反対していたらしいという話も聞いたので
    祖父母の反対や「嫁姑問題」なんかがあって、なかなか同居できなかったんだろうと勝手に解釈していた。
    母はいわゆるキャリアウーマンで、「姑」なんか全くこわくなさそうだし、
    そう考えれば父が母の姓を名乗っていることのつじつまもあったので、あえて聞こうとはしなかった。

    去年に、定年退職して間がない年齢だったが、父がガンで亡くなった。
    その時に、母と父方伯父から私の出生に関する話を聞いた。

    父と母は大学の同じゼミで、就職してからも交際は順調でいずれ結婚すると
    周りから見られていた。実際、半同棲のような感じだったらしい。

    母は学生時代からいわゆるフェミニズム運動のようなものに関わり、就職してからも
    ある程度続いていた。(定年後の今も、事業所向けのセクハラ防止講座とかで話してる)
    ただ、私が母から言われたのは
    「セクハラ(昔はこういう言葉もなかったらしい)や役割の押し付け(飲み会のお世話役など)
    には、曖昧な態度を取らず毅然と拒むか然るべき機関に訴えること。困っている被害者が居れば助けること」
    「結婚しても『自分の財布』を持ち、自己決定をかかさない。大事なことは夫婦で相談。
     家事や育児、あるいは収入を「相手に丸投げ」ではダメ」
    「制度上改姓は仕方がないとしても、相手の家の一員になるわけじゃなく新しい家庭を作るもの。
    『入籍』という言葉は正しくない」
    という感じで、今で言えば当たり前というか穏健なものだけれども、当時としては
    母は「変わり者」扱いされたらしいが、父はそういう母が好きで、対等なカップルだったらしい。

    50 :鬼女日記 2015/12/06(日) 22:51:01 ID:yIN
    ある日突然食事が一切喉を通らなくなった時が修羅場だった
    10代後半の頃、突然ご飯が食べられなくなった。理由は不明
    理由はあったかもしれないけど何も思い当たらず、腹も減らなければ匂いもダメで食べるたびに吐いてた
    食事は200ミリの紙パックのジュース×2本
    150センチ44キロだったのがみるみるうちに落ちて、二ヶ月後には36キロ
    座ってるのもだるいしケツの肉がなく骨に当たって痛い、歩くと膝とかめっちゃ痛い
    このままいったらタヒぬなと思い、精神科を受診
    あと1キロ落ちたら(35キロになったら)入院ね。と一回目の受診で宣言された
    まじかーと思い気楽に聞いてたが、34?32?キロを切ると内臓が減ると言われて恐怖を覚えた

    当時体調悪くて立ち仕事が出来なくて、内職で暇してたのもあ離婚、毎日点滴&帰りにコンビニで食べれそうなものを買う、という生活を続けた
    吐いてもいいから必ず食べてた
    あと飴をしょっちゅうなめてた。カロリーを少しでも取る作戦だった
    それから少しずつ体重が戻り始めて、3ヶ月で通常の食事が取れるようになり、体重も40キロ超えた
    何度かカウンセリング受けたけど、未だに原因は分からず

    46 :鬼女日記 2013/01/23(水) 00:47:19 ID:aL0b8oXs
    ここ数年の自分。
    親の会社が倒産、父親が蒸発(母親はその前に亡くなってる)
    漫画に出てきそうなボロアパで、弟と2人暮らしになった
    私は19歳で弟は中学生、バイトの給料日まであと2週間あるけどもう500円ちょいしかなくて、明日には携帯も止まってしまうみたいな状況になって、出会い系サイト使ってエンコーを決意した

    運が良かったとしか言いようがないが、そのサイトですごくいい人と出会い、給料日までのご飯を私と弟にご馳走してくれた

    あれから3年経って、弟を大学にやれてカツカツながらもきちんと生きていけるようになったが今でもそのおじさんとは交流がある
    喪だけど生きてて良かったと思えるのもそのおじさんのおかげだし、売春しないで済んだのもあの日の運のよさだなあと思う

    この間おじさんのお嫁さんのお墓参りに行ってきたばかりなので何となく思い出して書いてみた

    468 :鬼女日記 2016/08/18(木) 19:03:55 ID:1vaFRfCc.net
    10年前の出来事
    当時、高校2年生だった俺は同じクラスになったA子を好きになった
    顔が好きというか、とても親近感が持てる雰囲気の女の子だった

    ある日、思い切って告白したら

    俺 「好きです。付き合ってください」
    A子「私のどこを好きになったの?」
    俺 「A子さんの雰ヘ気です。A子さんを見ていると安心感というか親近感というかやわらかい気持ちになるんです」
    A子「へ~~~」
    俺「嘘じゃないです。本当なんです」
    A子「あんた、鏡見たことある?」
    俺 (そんな自分は不細工とは思っていなかったけど、こんなことを言う子だったんだ・・・・ショックだな)
    俺 (無言でうなだれる)
    A子「ごめんごめん。そういった意味じゃなくて」
    俺 「え?」
    A子「私たち、顔が似てると思わない?」
    俺 「え?」
    A子「あんた、私の弟だよ」
    俺 「え?」

    姉だった
    双子の姉で、1歳の時に両親が離婚して
    父親が俺を、母親が姉を引き取って離婚したらしい
    姉は高1の時にすでに俺の存在を知っていたらしいが
    まあ、いちいち言う事でもないかとと思ったらしく、そのまま今まで通りに過ごしていたらしい

    今では、仲が良い姉弟をしています
    下ネタなことは一切していませんので、念のため

    493 :鬼女日記 2010/06/28(月) 12:00:38 ID:NT5hXz/V
    旦那の妹。
    実父の葬式に「黒い」というだけで、若者向けのブランドのスーツを着てきた。
    スカートは膝よりも上で、黒いストッキングは透かしが入っていて、くるぶしの部分に銀色のストーン。
    胸を強調するように胸元が開いている。明るい茶髪を纏めもせずに垂らす。
    メイクも長めのツケマツゲと太いアイライン、思い切りキラキラしているチーク
    …辛うじて口紅は抑えめなベージュだったけれども、グロスで艶々(何度もつけていた)
    中学生の娘もメイクや茶髪をしていないだけで、殆ど同じような格好をさせていた。
    何より信じられなかったのがが、爪!黒ベースだけれども小さな花とストーンが盛ってり全体的にツヤツヤしている。
    即タヒでは無いものの、義父は仕事中に倒れてから3日間一度も目を空けずに逝ってしまった。
    いつもは明るいネイルアートの義妹は、父親の葬式の為に髪を黒く染める事もせずに、
    黒い華やかなネイルアートを自らに施していたのだ。

    これで現31歳…母親(私の姑)も相当怒っていたけれども、
    「今はそんな事を言ってる場合じゃないでしょ!?」と聞く耳持たず。
    親戚には「葬式だからって喪服は着ない私って格好いい」という事を話していた。

    466 :鬼女日記 2015/08/24(月) 01:38:00 ID:IA4
    寝れないので空気読まずに書かせてもらう

    俺は美人の嫁と結婚して、嫁に似た可愛い娘も生まれて
    何の不自由もなく幸せに暮らしてきた
    娘は幼稚園で、来年小学校に上がる
    そんな俺の幸せな生活が、この盆休みに一変した

    俺が言うのもなんだが、嫁はかなりの美人
    嫁がというより、嫁一家が全員美系
    嫁の妹なんかそのへんの微妙な女優やアイドルより可愛い
    そして嫁の一番下の弟がぶっちぎりの美系
    190cmの高身長で脚の長いの山田涼介といった感じだろうか

    俺は佐藤二郎に似てる
    そしてモデル体型の嫁より背が低い
    そして俺の家系は致命的にスタイルが悪い
    嫁の弟の膝から下を切り落としたら、俺と同じ寸法になり
    そして俺は遺伝的にやや小太り

    この嫁の一番下の弟(Aとする)は俺たちの結婚式以来会っていなかったのだが
    長期の海外勤務を終えてAが帰国し
    このお盆に嫁実家で久々に再会した
    そして娘がAに一目惚れしてしまった

    AちゃんAちゃんとまとわりつき、
    Aも爽やかな笑顔で娘の相手をしてくれた

    そして嫁実家から帰ってきてから、娘が変わってしまった
    「Aちゃんに会いたい」と毎日泣いている
    みかねた嫁がスカイプでAと娘を会話させてくれたが
    とにかく一日中AちゃんAちゃんと騒いでいる
    そして遂に言われたよ

    「パパなんかいらない!Aちゃんがパパだったらいいのに!」

    人生最大に凹んだ

    474 :鬼女日記 2008/04/05(土) 19:48:13 ID:sK+5wkRw0
    30代半ば独身です。20代後半ごろの事。

    当時、遊びの付き合いをしてた女がいた。相手は本気で好きになってくれてた。
    だけど俺に本命の彼女がいるの知ってたし、たまに会ってエ●チするだけの関係
    だった。1年ぐらいそんな関係が続いてある日、言い寄ってきてる男と結婚す
    るって聞かされた。妊娠してるとも。一瞬カチンときたけど浮気だったし、本命
    優先だったから寂しい思いさせていたこともあって「おめでとう幸せになれよ」
    っていって別れた。未練はなかった。
    1年ぐらいたったある日、突然その女から携帯に連絡が入って会いたいとの事。
    会って話すと子供を産んですぐ離婚した事、実はその旦那の子ではなく俺の子
    だった事。別れたのは子供が理由だけではなく旦那の金銭トラブルだったこと。
    認知しなくてもいいからこの事だけは知っておいて欲しいと言われた。
    最初信じられなかったけど、DNA検査をしてもいいとも言っていた。
    そこから2年ほど、また以前のような関係が続いて結局別れた。
    結局その子は俺に父親になって欲しかったんだと思う。会うときは必ず子供を
    連れてきたし、そんなそぶりは見せなかったけどなんとなくわかった。
    でも俺は逃げた。その二人を捨てた。DNA検査は受けなかった。俺の子だと
    確定するのが怖かったから…。別れを切り出したときにその女はボロボロ泣いて
    「ごめんね」って言った。
    今でも思い出すと胸が締め付けられる。
    このことで、俺は自分が嫌いになってしまった。

    588 :鬼女日記 2015/01/23(金) 12:30:02 ID:p1t
    先日の衝撃をひとつ
    まず私の年齢は36歳

    近年ありがちなSNSで昔の同級生と繋がり、
    この週末に同窓会があった

    私が楽しみにしてたのは
    中2の時引っ越して行ったA子との再会


    A子はマンガに出てくる学級委員みたいな真面目な見た目で
    ヤンキーが多い中学だったのに
    風紀委員のマニュアルみたいな風貌
    三つ編みに眼鏡、スカートは規定の膝下丈
    そして地味で目立たない生徒だった
    A子の引越し直後は数回手紙をやりとりしたけど
    当時はメールもSNSもないので途中で途切れた

    それから20年、SNSの普及で同窓会があったので参加した
    どういうルートで連絡がついたかわからないけどA子も来ることになった


    同窓会が始まってもA子はいない
    そのうち遅れてやってきたけど
    一部の男性陣が泥酔して、ある意味盛りあがってて
    A子とゆっくり話すことができなかった

    一次会が終わったら、A子をカフェかファミレスに誘って
    静かなお店で二人でゆっくり語ろうと思っていた
    そして一次会が終わってA子を誘うと

    「近くまで家族が来てるの」

    旦那さんなら見てみたいなとwktkしてると
    現れたのは晴れ着の若い女の子

    「私の娘です、今日は成人式なの♪」


    (д)   °°

    656 :鬼女日記 2016/08/06(土) 00:01:58 ID:O9Z
    昨年の暮れに会ったときは元気だった祖母がボケ始め、数か月で一気に認知症が進行し、
    母の友人のツテで特別養護老人ホームに入ることになった。

    4月くらいに実家に帰った際、祖母と同居していた両親とホームに面会に行ったら、
    祖母は俺の顔も名前も覚えてなかった。

    幼い頃から可愛がってもらっていたのですごくショックだったが、
    今までずっと家で農作業や家事を気張ってやっていた分、
    これからはホームで悠々自適に過ごして欲しいと思うようにした。

    それからしばらくして、仕事中に違和感を感じることが多くなった。

    毎日書いているはずの書類に書く言葉が出てこない。
    いつもは電卓など使わずに計算してる計算ができない。
    毎日顔を合わせているはずの同僚の名前が出てこない。
    引継ぎで言うべきことがわからない。
    引き継がれたことが覚えられない。

    そんな状態が一週間くらい続き、仕事でミスが増えた。
    祖母のことがあまりにショックで、自分が思うよりもずっと精神的に疲れてるんだろうと思い、
    数日間有休をとって実家に帰った。

    続きます

    80 :鬼女日記 2017/07/19(水) 18:47:44 ID:A5t
    説明ヘタでわかりにくいかも。
    どこに書きこんだらいいかわからなかったんでここで書かせて。
    義母は動作がトロかったり、受け答えが的外れだったりして義父や義父の姉妹にいつもバカにされてる。
    義母はおとなしくていい人だけど、シャキシャキ系の人から見たらイラつくのもわかる。
    義母本人も「私が悪いんだから」って毎回言ってた。
    夫も義父寄りの考えで、義母がトンチンカンなことをしたせいで過去何度も恥をかいてきたと嫌ってる。
    義父が一番責めてるのは、「義母の不注意で第一子を亡くした」って件。
    本当なら夫には姉か兄がいたけど、義母の不注意と不摂生で流れてしまったそうな。
    でもこの前、義母と二人きりになった時なんとなくその話になって真相を聞かされた。
    「妊娠中ホオズキにさわった」ってそれだけらしい。
    私もぐぐって知ったんだけどホオズキの根が江戸時代堕胎に使われていてドーノコーノっていう、要するに迷信レベルの話だった。
    万が一その根っこが効いたとしても触っただけで流産なんて有り得ないよね?
    ていうか詳しく聞いたら流産は義父の姉妹にいびられてストレスじゃないの?としか思えなかった。
    そして義母と初めて二人っきりで長々話したんだけどさ、義母たぶん知的ボーダーな人だ。
    小学生としゃべってるみたいだった。色々なことができなくて、全部「ごめんなさいごめんなさい」で謝って済ませてきたんだって。
    義母は今51歳で、学校でも全然勉強ができなくて、体育もできなくていじめられっ子だったらしい。
    まわりと自分が違うのは何となくわかってたけど、親も先生もトロい子だ、どんくさい子だと言うだけだった。
    学校を出て実家の手伝いをしてたらお見合い話が来たんでそのまま結婚した、と義母談。
    義母がかわいそうになってしまったけど、51歳の義母を医者に連れてって
    診断受けさせて何か変わるのかなって思うし、どうしたらいいかなーと…。
    相談とかじゃなくて、とっちらかったこと書いてごめん。

    657 :鬼女日記 2006/11/01(水) 09:56:05
    昨日のトメ

    朝収穫した野菜を持ってきてくれたトメ
    じゃ!と颯爽と自転車に乗っていく後姿を見ていたら車にはねられて吹っ飛んだwwww
    瞬時に救急車と思ったけどトメさんのもとへ近づくとすくっと立ち上がって自転車に跨ろうと。
    「ちょwお義母さん大丈夫ですか?病院行かなきゃ」という私に
    「お父さんご飯待ってるし。それにカブ貰ったのよ、漬けなきゃならんの」
    運転手はトメがタヒんだと思ったみたいで顔面蒼白。
    トメは生き生きとしたピンクのほっぺ。
    夫に言ってウトを呼んだりしてなんとか病院へ。全身くまなく検査してもらいましたが
    異常なし。内臓脂肪が少ないとか血圧がいいとか関係ないこと褒められてたw
    帰りは嫁子さんが大袈裟だからと笑われたり吹っ飛んだなんていいすぎとか
    夫に言われたけど、現場を見てみんな絶句。道路から落下地点まで10m弱はあった。
    今日も家庭菜園にせいを出す来年70のトメ。凄い。

    840 :鬼女日記 2015/08/10(月) 17:24:24 ID:fhq
    両親が私の結婚式出ないと言われた時が衝撃だった。
    うちは2人姉妹なんだが、姉が超ヒステリー型。母はいつも姉のヒスが
    始まるとオロオロで姉の味方。声が大きい人間、権威ある人間に無条件に味方するタイプ、
    父は空気。

    姉の口癖は「○○(私)ばっかりズルい」で、姉のお古以外の洋服や玩具は絶対禁止だったし(バレれば没収)、
    誕生日やクリスマスのプレゼントも姉の検閲に合格しないと(姉のより一桁安ければ合格)買ってもらえないし、
    何故かいつも姉が強権ふるってて、昔から自分の家が大嫌いだった。
    でもまさか、結婚式まで出ないと言うとは思わなかったのでショックだった。

    それも勿論姉(実家暮らし・当時三十路)が「妹の癖に先に結婚なんてズルいズルい!!お父さんもお母さんも認めちゃダメ!」
    でオロオロする両親。
    父はギリギリまで「でも俺だけは出るからな」とか言ってたけど、結局式の数日前に「行かない」と言出だした。

    ウトメは飽きれつつも、「あなた、よく今まで頑張ったわねー。これからはあなたの家族を作りなさい」
    と温かく言ってくれて涙が出た。
    夫の案で、式では「新婦両親は長期闘病中で、今日の日を楽しみにしてましたが参列はなりませんでした」
    と司会者に言ってもらった。

    そんなに団結深い私を除いた私実家だったんだけど、結婚を期に完全に実家との縁を切りだした(連絡完全無視)
    あたりから、団結に亀裂が入ったらしく、
    うちのウトメに「娘の連絡先教えてほしい、今から結婚式をやり直させてあげたい」とか父が連絡してきたり、
    「娘を取った。返してほしい」と母が電話したりしてるらしい。

    ウトメはしばらくそれを内緒にしようとしてたが、ある時私が義実家在宅時に掛ってきて露見し、
    「うちの心配はいいから、あなたは気にせず息子との家庭を守って」と言われ、泣けた。

    このままでいいのかなとも思うけど、今は子供も小さいのでウトメの言葉に甘えたい。
    姉がなんでだか透析通いになって、両親も大変らしいので、もっと大変になって私のことは忘れてほしい。

    426 :鬼女日記 2010/08/20(金) 21:10:43
    新婦側友人として出席した式です。

    新婦とは義務教育からの友人でかなり親しかったので
    結婚が決まってから、私を含む仲間たちが余興や受付や二次会幹事を頼まれたり
    連絡を密に取り合ってました。
    それが、式の半月前になって急に連絡が取れなくなった。

    新婦の仕事が激務なことは知っていたし、それまでの打ちあわせの積み重ねで
    余興や受付は滞りなくできたんだけど、
    当日行ってみたら、肝心の式と披露宴がすごく微妙な雰囲気でした。

    なんでも新郎が式の直前、親にも新婦にも相談せず、勝手に退職してたらしい。
    高校も大学もいいとこ出て、部活でもずっとキャプテン、
    さわやかエリートでイヤミな人格で人気者な彼が美人の新婦と結婚し…と
    誰もがうらやむ順風満帆な人生だったんだけど
    なぜか彼は
    「ここが人生の節目だ。一度きりの人生、本当にやりたいことをやらないと!」と
    このタイミングで決心したんだそうだ。

    彼が本当にやりたいこととは小説家。
    でも一度も小説を書いたことはなく、読書も嫌いで、村上春樹すら読んだことがないそうです。

    新婦も、新郎両親も慌てふためいて説得したが
    もう仕事はやめてしまったあとだし(エリート公務員でした)
    彼は頑として言うことを聞かなかったそうで、そのまま挙式→入籍になったそうです。

    事情はあとから聞かされたので、当日はとにかく空気が微妙で皆戸惑うばかりでした。
    新郎だけは異様にテンション高くて
    「シャンペンタワーやりたいな!当日いきなりじゃダメなのかな!」とか言ってた。
    入籍せずちょっと待った方が良かったんじゃ…と
    助言できるもんならしたかった。

    29 :鬼女日記 2007/08/12(日) 19:40:15
    結婚一ヶ月、料理に自信がないといっていた通りマズメシなうちの嫁。
    鳥の肉にオレンジやラズベリーみたいなジャムをかけたり
    せっかくの新鮮なイワシをトマトで煮込んでみたり
    カボチャのサラダが甘くて菓子の材料が混ぜ込んであったり
    毎日夕食を食うために帰るのが憂鬱になるような料理ばかり。

    それが昨日、同僚夫婦と一緒にハイキングに行くことになった。
    マズメシを知られるのが恥ずかしくて「おにぎりでいい」っていっておいたが
    嫁は俺が起きる前にはりきって弁当を作ってしまっていた。
    昼になったら俺の思惑をよそに「よかったらどうぞ」なんて
    嫁が同僚夫婦にマズメシをすすめていて俺は終わったと思った。
    ところがどういうわけか嫁の弁当は同僚夫妻に大好評。
    お世辞じゃなくて、同僚の嫁なんか作り方聞いてメモってる。
    サンドイッチには茶色いどろどろとレモンがはさまってるし
    小さいタマネギなんか原型のまま入って酸っぱくなって
    鶏肉なんかパイナップルと互い違いに並んでるんだぞ。

    帰りに同僚に聞いたら、どうも嫁の料理は本格的欧風料理らしい。
    パンにレバーペースト塗るのも普通だし、肉と果物の取り合わせもあり得るし
    小たまねぎの酢漬けは絶品で嫁に作り方をきいたらしい。
    もしかして味が分からないのは俺の方だったのか。

    254 :鬼女日記 2017/07/24(月) 01:47:08 ID:NR2
    アラブ人がおっそろしいレディーファーストだったこと。

    十数年前、旅行先のホテルになぜかアラブ人が結構な数宿泊してた。
    正確にはアラブ人じゃないかもしれないけど、女性がアバーヤ(黒マント)来てる人たちだった。

    たくさんの荷物を一人で抱えたまま、エレベーターのボタンを押してT手ぶらの女性を乗せて、降ろして、ドアを開けて・・・とすっごいレディーファーストの男性たち。
    女性も違和感なく スルッ スルッ と開けてもらったドアから部屋に滑り込む。
    レストランもプールバーも男性が椅子引いて女性が ストン と座って、男性が女性にメニュー見せてウェイターにオーダーしてる。

    女主人と召使かと思っていたら、その男性も一緒に食べ始めて、さらにビデオで女性を撮影したり、談笑したりしてる。
    召使と仲良しなのか???
    と思っていたがどうやらあれは夫婦のようだ。
    観察してると、アラブ人だちはどこもそんな感じで男が取り仕切って女がそれに乗っかている。
    エレベーターの乗り降りも、レストランのドアもオーダーもウェイターに何か頼むのも、すべて男性の役割。

    それってまるまる私が普段夫にしてやってることじゃないか!!

    手ぶらで私の後ろをのそのそついてきて、爪楊枝でシーハーしながらボケッと突っ立って、大荷物持ってる私がボタン押すの待って、
    エレベーターが来たら真っ先に乗り込んで相変わらずシーハー。
    ドアが開けば真っ先に降りて、レストランじゃ欲しいものも苦情も全部私にぶちまけて、
    ウェイターに言うのは私。
    食べたらさっさと席を立って、支払いの手間もチップの計算もみんな私一人。
    夫婦ってこんなもんだと思ってたけど、アラブは男女逆転なんだね。

    779 :鬼女日記 2014/03/06(木) 21:06:13 0
    今旦那と久々に宅飲み中
    普段酒飲まない旦那寝ちゃったから、酒の勢いでパソコンから記念のカキコ
    少し酔ってるので、途中妙なテンションになるかも

    うちの旦那は次男坊で、実家に義父、義母、義兄、義兄嫁がいる
    義兄嫁は義両親と仲が凄くいい
    で、実家暮らしなもんだから、私だけいつもアウェー
    よく聞くような義母の嫌味やら義父の心無い言葉、見下すような義兄嫁の視線に耐えてきた
    それは旦那を思ってのこと
    旦那のことは大好き
    だからこそ、それに耐えてきた

    義母から「ほんと義兄嫁さんはよく出来た子なのにね……」と嫌味たっぷりの視線を受けてもヘラヘラしてやり過ごす
    旦那に言ったら、苦笑いしながら「そのうちなくなるよ」とのこと
    義父から「私さん、実家に帰ったらどうだ?旦那はこっちに帰省させるから」との邪魔者的な言い方を受けてもヘラヘラやり過ごす
    旦那に言ったら、苦笑いしながら「悪気はないんだよ」とのこと
    義兄嫁から「ホント義父さんも義母さんもいい人だわぁ。あ、あなたには分からないかしら?」と見下したように言われてもヘラヘラやり過ごす
    旦那に言ったら、「そのうち義姉さんともうまくやれるはず」とのこと
    たまに旦那から義実家に電話して注意みたいなのをするけど効果なし
    旦那は好きだけど、それ以上に義実家に嫌気がさしてきてた

    887 :鬼女日記 2015/11/11(水) 02:47:59 .net
    婚前からモラハラとわかった上で結婚したんだが、耐えられなくなりモラハラをやめるよう言った
    すると、「貴方はこの性格を知った上で納得して結婚したんでしょう。治すつもりはありません。嫌なら別れます。」と言って離婚届を書いてしまった
    嫁は高学歴高収入美人で家事も完璧
    モラハラ部分以外は本当に良くできた女だ
    だから俺は別れるつもりで言ったわけじゃないんだ
    でも嫁は治すくらいなら離婚すると言う
    離婚せずに治させる方法はないのだろうか

    このページのトップヘ