衝撃

    526 :鬼女日記 2015/01/17(土) 18:28:39 ID:D5D
    犯罪といえば、ある日同僚のA子が
    「結婚を決めて準備してるけど新婚旅行の行き先で才柔めてる」とこぼした
    婚約者は学生の頃に海外留学してた経験があるらしいけどA子本人は海外未経験
    結婚しても仕事は続ける予定だし、がっつり休みをとれるチャンスは結婚の時しかないから
    絶対に新婚旅行はハワイに行きたいのに、婚約者は
    「ハワイなんてつまらないよ。国内が一番だよ」と拒否するらしい
    A子の希望するハワイプランと婚約者の提案する国内プランじゃ国内の方が高いくらいなのに…という話を聞いてたら
    その場に居合わせた、いかにも腐女子なB子がニタニタ笑いながら
    「ミステリー小説だとA子婚約者には犯罪歴があって海外旅行できないってオチだよね」と言い出した
    失礼なこと言うな!とみんな呆れてB子を注意したけど
    B子の言葉に不安になったA子が親に相談し、身辺調査をしたら婚約者には本当に犯罪歴があった
    罪状は簡単にいえば密輸
    日本から留学先のアメリカに行く時、法律に触れるものを隠して持ち込んでるのを見つかり
    一生アメリカに入れない身分になってるとかなんとか
    それを追求したら彼氏と彼氏親が「過ぎたことだからA子に言う必要はないと思ってた」と開き直るからA子は見切りをつけて破談にしたけど
    事実は小説より~を体感したのが衝撃だった

    297 :鬼女日記 2015/09/04(金) 14:29:07 ID:MwM
    びっくりしたびっくりしたびっくりした
    義兄嫁が獣の槍のウシオみたいになった。
    まだドキドキしているので吐き出します

    義兄嫁は私と年も近くて、子供同士の年も近い。
    そのせいか最初から妙に突っかかってきた(結婚は義兄が先)。
    実害があるような物じゃないから気にしないようにしてた。

    義兄嫁は小さい頃から子供達にすごく勉強させてた。
    でも端から見ると、躾が先では?と思うことも少なからずあった。
    一方、うちはあまり子供に勉強しろとは言わなかった。
    本人達がスポーツやお稽古の方に熱心だったので、まあいっか、と。
    それをいつもいつもpgrされてた。
    子供にチャンスを与えないって、親の勤め果たしてないよ、とか、
    今からやっておかないと、まだ現実見えてないよね、とか。
    頭悪いと生きてくの辛い、ある程度の偏差値はキープしないと、とか。
    直接は言わないで、義兄やトメさんら相手に聞こえよがしに言ってた。
    (義兄は同意、トメさんは困ってた)
    でも子供らが高学年になる頃から、なぜか成績が逆転した。
    うちが優秀というより義兄子たちが全然出来なくなっていった。
    すると突然義兄嫁は、ガリ勉って今時どうなのかな、
    テストばかり良い子って結局親がガリ勉させて子供の可能性.潰してる、
    これからはのびのび人格勝負でしょ、とネチネチ絡みだした。
    ママは成績なんか気にしないよ、大きく育て!なんて義兄子に言ってた。
    周りはみんな、しらっとした空気になっていた。

    他に、うちは下町に住んでいて義兄家は奇麗な新興住宅地に住んでいる。
    そのこともいつもpgrされていた。
    下町って地震が来たらおしまいだよ、火事で大変なことになるのに、
    奥さんが何も考えてないって家族全体のリスクあがるよね!って
    いつもいつも言ってた。しかし国が発表した危険地域度では
    うちの方は安全で義兄家の方はすごく危険度が高かった(地盤など)。
    それにも、国の発表なんてアテにならない、下町は全滅する!と言って
    やっぱりシラーっとした空気になった。(トメさんは下町出身)

    更に最近。
    私がホームベーカリーを買って嵌ってしまい、トメさんや大トメさんに
    あれこれ作って差し上げてた。義兄子たちも気に入って喜んで食べてた。
    それで義兄嫁もホームベーカリーを買った(凄く高い機種)。
    でも結局めんどくさくて使わなかったんだって。
    それを、私に騙された、〇〇社の回し者でしょ、あーあ騙された、と
    ネチネチ言い続けた。またもシラーっとした空気に。

    2 :鬼女日記 2016/09/06(火) 05:51:40 ID:Vuc
    ある日の公園での事。
    娘の歩行訓練も兼ねて公園で遊んでいた。
    娘の前で手を叩いたりボールを転がしたりして「はいはいこちら」とやるやつ。
    日曜の昼前で人気も無く静かな近所の公園。
    旦那はベンチで煙草を吸いながらそんな私たちの様子を見ていた。
    そこに中型犬?くらいの茶色の犬を連れた60代くらいの女性.が公園の反対側から入ってきた。
    公園は地区自治会場もある一周200m程の広い場所なので犬の散歩だろうと気にもしないでいた。
    10歩も歩かないうちに立ち止まり。おもむろに犬のリードがはずされた。
    えっと思った。犬は最初は女性.の周りを回っていたが、こちらに振り向いたら猛ダッシュして迫ってきた。
    距離にして15mも無い。とにかく娘を何とかしなければと娘を抱き上げようとしてる間に犬はすでに目の前にいた。
    やばい、とりあえず子供だけでもと思った瞬間、ギャッとか悲鳴を上げて犬が空を飛んでいた。
    旦那が犬を蹴り飛ばした。
    犬は綺麗な放物線を描いて公園の柵の向こうの段差の下のアスファルトに落下。20mは飛んだろうか。
    「ケガは、無いな。危なかった。そろそろ昼にでもするか」と旦那。
    ここまでただ犬を連れてきた女性.は、リードを外したその場で立ち尽くしていた。
    旦那が女性.に近づきもしないで「公園での犬の放し飼いは危険だからやめろ」と一声かけてコンビニへ。
    コンビニで食事などを買い自宅に戻る途中に公園はあるのだが、警察が来ていた。
    そして例の女性.が「あいつらです!あいつらがうちのわんちゃんを!」と指さし怒鳴り散らした。
    近所で事情聴取とか止めて欲しいんだけど仕方なく警察に促されるまま公園へ。
    聞いていると犬は即タヒだったらしい。
    わたしは素直に目の前で起きたことをそのまま話すと、女性.が「いきなりうちのわんちゃんを杀殳した」云々絶叫。
    そこで旦那が「これを見て欲しい」と携帯を警察に見せた。
    そこには私と娘が遊んでいる写真。さっきのを何気に撮っていたらしい。
    そして動画。
    女性.が犬を連れて公園に入ってきてリードを外し犬が走り出して旦那がカメラで撮りながら近づいてきて私が娘に抱きついて
    加速して手ぶれから犬の悲鳴と落下音からの旦那の私たちを労る声と女性.への犬を放すなという声。
    動画で撮ったり写真で撮ったりしていたらしいが、咄嗟のことで携帯を握りしめたままだったらしい。
    たった1分程度の動画に全て残っていた。
    相手には供述詐称があるので相手には見せないし出るところに出るというなら受けると警察に名刺を出したら、警察も納得したらしい。
    女性.は一切納得がいかないと叫んでいたが、こちらは帰宅へ。
    帰宅する背中に「この人杀殳し!」と叫んでいるのが聞こえた。

    それ以来、愛犬家なんてのは人に犬をけしかけておいて相手を人杀殳し呼ばわりする奴としか認識しなくなった。
    そんな出来事。

    751 :鬼女日記 2007/01/13(土) 16:03:16 ID:MWK+ePH60
    パニックさんが来るまでひとつ修羅場を…

    学生時代、私の友人Rはサークルの後輩のK子とつき合っていた。
    卒業したら結婚しよう…というような約束をしていたくらいハタから見てもラブラブだった。
    女性.の私たちから見るとK子はブリッコタイプだったので、評判は良くなかったが、Rはぞっこんだった。

    つき合って2年くらいしたとき、Rが短期留学することになった。
    3ヶ月経ってRが日本に戻ってきてK子の部屋に行くと、K子は同じサークルの1年生のYとベッドにいた。
    呆然とするRにK子は「Yとつき合っているから別れてほしい」とのたまった。
    Rは怒り狂い、Yを殴って帰った。
    しかしRはそれでもK子が好きだったらしく毎日K子に「別れは認めない」と言い、K子は「つき合う気はない」とつっぱねた。
    とうとうキレたRは「杀殳す」と脅しはじめた。
    恐怖を感じたK子は私に助けを求めてきた。
    私は事情を聞いて、どんなことをしてもRの人生をこんなくだらない女に狂わされてはいけないと、必タヒにRと毎日話をした。
    2ヶ月に及んでぐだぐだしたが、最終的にはそれぞれの親、担当教授まで引っ張り出して、R、K子、Yの3人が金輪際接触しないことで一応は落ち着いた。
    Rは自力で立ち直り、現在は新しい恋をし、仕事でも第一線でがんばっている。
    K子とYについては、もう会わないという約束を平気でやぶり、大学の近くでしょっちゅうデートし、私のバイト先の喫茶店にも来ていた。
    不幸になって欲しいと心から願う。

    83:名無しさん@お腹いっぱい。2012/10/13(土) 16:54:17.01

    高校一年の夏、東京タワーに向かっている途中に

    嫁「スミマセン、チョットイイ?デンシャ、ドレノル?Tokyo Towerイキタイ。オシエテクダサイ」
    俺「ちょうど行くところなんで一緒に行きます?」
    嫁「・・?」
    俺「あ~…トゥギャザー!ゴー!レッツとうきょうたわー!」
    彼女、しばらく悩む
    嫁「……Oh!Thank you!」

    今は日本語ペラペラの嫁
    つたない日本語を話す姿もかわいかったけどなー

    819 :鬼女日記 2012/06/14(木) 19:16:29 0
    昔あったプチ修羅場
    小さい頃に両親が別れて私は母親に引き取られ母子家庭だった
    しかし母親は毒親で色んな男を取っ替え引っ替えして
    新しい男が出来る度に、自分の家に何ヶ月も住まわせていた
    暴行はなかったけど、ネグレクトはあった
    もう精神的に耐えられなくてハタチ間近の頃に家を出て縁を切った
    とまぁここまではよくある話なんだけど
    アパートの保証人になってくれたり親代わり?の叔母夫婦の家に遊びに行ったら
    叔母も叔父も下戸なのでお酒は常備していないのに
    その日に限って「○○ちゃんビールあるんだけど呑むかい?」と言われた
    その時点でなにか嫌な予感がしていたんだけど
    叔母「言おうかどうか迷っていたんだけど成人になったし大事な話がある」
    叔母「実は戸籍上の父親は本当の父親じゃなかったんだよ…」
    そう言われて私頭真っ白w
    どうやら実父と付き合っていたけど祖母が反対して別れたらしい
    別れた直後に戸籍上の父親と突き合って妊娠判明
    時期的にも戸籍上の父親の子供ではないので
    祖母も叔母も堕胎しなさいと行ったそうだ
    実の父親も、産むなら相手の男性.にも失礼だからって
    堕胎費用渡して、堕ろしてくれと頼んだそうだ
    でも毒親は素知らぬ顔で、堕胎費用も貰うだけ貰って
    戸籍上の父親とあなたの子供ですよ~って結婚

    690 :鬼女日記 2015/02/28(土) 15:00:57 ID:doPb8Ej6.net
    スレ違いかも?

    相手の彼は社交的で人との付き合い方がとてもうまかった。しかも初対面の人とも臆することなく話して、すぐに気に入られるような人。
    礼儀作法もきちんとしていたし、細かなところまで気遣いができる人だった。
    「すごいなぁ、私もこんな風になれたらいいな」と思ってた。尊敬できるところばかりだったし。
    でも何年も付き合っていたのに、彼に秘密にされていたことがあった。始めの頃は凄く気になってたけど、尋ねても言葉を濁されてたし「まあ、浮気じゃなさそうだしいいか」と考えるようになってた。
    そしてある日、彼に「今まで秘密にしてたんだけど.....」と言われた。そして教えてもらった。
    彼の家はとある新興宗教にどっぷりハマっているという内容だった。
    きっかけは父親が病気だったときにその宗教にであい.....だそうで、そこから母親、祖父母、彼の兄弟....と。
    上に兄が2人、下に弟と妹がいた彼。もちろん皆さん生まれたときから2世になることが決まっていたらしい。特に上2人は青年部から運営?の方に誘われてそこで働いているとか。
    彼自身も青年部に入っているとのこと。
    人付き合いがうまいのは、子どもの頃から知らない人や初対面の人と話す機会が多かったから身についたものだということらしい。

    つまり彼のこの性.格は宗教活動によって身についたものだったと気付いた。
    それを打ち明けてくれたのはとても勇気が必要だったと思うし、嬉しかった。でも月日が経つにつれて「宗教かあ.......」と考える日が増えていった。もし結婚するとなると私も入信しないといけないのか、そうなると子どもは?とか悩むようになっていった。
    そう考えると、もうダメだった。
    何を考えるにしても、宗教がチラついてくるようになっていった。

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/2017/08/09(水) 01:09:25.39ID:80qu29q00
    なんかワイのこと訴えるつもりらしいし会社からは処分が下るらしいしもうめちゃくちゃや

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/21(木) 12:08:04.387ID:pKkjjZUI0
    100万で売れたンゴwwww
    新車で350万程度で買って10年乗りまくって10キロ弱で100万www

    思ってたよりリセール良すぎてワロタwwwwww

    ジムニー新車いくわwww

    158:名無しさん@HOME2015/03/08(日) 16:44:30.30 0.net
    父と母は同級生。母は在学中に妊娠して父は卒業後に就職した。

    母は姉と俺を立て続けに産んだ。姉が4歳、俺が3歳にになる頃、母は大学に受験して合格。学業と育児を両立させるのは難しいためか、両親の同級生で親友のおじさんがその手伝いをするようになった。
    おじさんは在宅ワークなので都合が良く、快く引き受けてくれた。


    おじさんは良い人だった。
    幼稚園の送り迎えをしてくれたし、遊んでくれたし、勉強も教えてくれたし、美味しい夕食を作ったり、相談相手にもなってくれた。
    おじさんがいたから両親がいない寂しさも感じなかった。

    おじさんが育児の手伝いをするようになってから10年以上が経った。
    母は大学を無事卒業して資格を取って就職、父も順調に仕事をこなし出世していた。姉は高校一年になった。
    おじさんは育児や家事の手伝いの必要がなくなり、あまり顔を出さなくなったけど会いに行くと喜んでくれた。

    ある日、姉が俺に告白した。
    おじさんの事が好き、明日告白すると言った。
    結果は惨敗だった。

    このページのトップヘ