驚き

    957 :鬼女日記 2017/09/25(月) 12:04:02 ID:SY3
    自分が、名前を聞けばわかる会社の偉い人の子供だったこと
    認知はしてもらってたらしいけど、一緒に暮らしたことも顔を見たこともない
    父方の人が言うには「それで十分すぎるだけのことをこちらはした」らしい
    多分母に手切れ金をたくさん払ったとかそういうことだと思うけど
    母とは10年以上連絡がつかないから詳細不明
    小さい頃は「うちは貧乏だから」と生活保護もらってたくらいなのに
    初めて自分の詳しい戸籍取り寄せてみたらニュースで見た名前が出ててびっくりした

    相続放棄のはんこをもらうために調べまくって私のところにたどりついたらしい
    興信所か何か使ってまで場所を特定したとかでスゲーっと思った
    (こういうの相続人の連絡先不明とかでできないのかな?)
    はんこ代っていうのをもらって相続放棄して終了

    それよりも私を製造した頃の父の年齢に衝撃を受けた
    そんな年齢でもやることはやれるんだなとか、そんなじーさん相手に当時未成年だった
    母でも色々やれるんだなとか衝撃

    346 :鬼女日記 2017/11/08(水) 14:13:32 ID:4kd
    我が家で初めて猫を飼った時の話。

    そこそこ田舎の、建て増ししたり改築したような古い木造一軒家に住んでいた。
    窓や扉をしめ切っても、どこからか風が入り込むぐらいで、冬はそこそこ寒かった覚えがある。
    そんな家なので、飼った猫もどこからか抜け穴を見つけ、自然と外と屋内を行き来していた。
    家族みんなで可愛がっていたいのだが、ある日を境に急に猫が帰って来なくなった。
    近所を探したり見かけなかった聞いたが、結局見つからなかった。
    その猫を諦めて数か月後、父が道端で子猫を保護し、その猫はそのまま我が家で飼われる事に。
    子猫もすっかり慣れたある日。
    母に、外にあるトイレの電気がつけっぱなしなので消してきてと言われ
    子猫とキャッキャウフフと遊んでいた私が勝手口をあけた所
    そこには行方不明になっていた猫が!
    私「あっ!」
    猫「!!」
    子猫「?」
    猫は子猫をを見て「誰それ!!?何それ!?」みたいな顔。
    数十秒仰視した後、猫はどこかへ逃げるように去って行った。
    あの時の猫の驚いた顔が今でも忘れられない…。
    私はまさか猫が帰ってくるとは思っていなくて、生きてた!という嬉しさと
    でも今新しく子猫飼ってるし…という複雑な心境だった。
    家を出て、数か月後に我が家に帰ってきたら、見知らぬ奴と家族が楽しそうにしてた…って
    猫の気持ちになると、すごく酷な事した気分になった。
    ごめんよ猫。

    285 :鬼女日記 2015/12/09(水) 13:11:54 ID:aATFW6As.net
    この前、久しぶりに実家に兄弟姉妹が集まった。皆独立しているが
    子供がいるのは兄ちゃんところだけ。両親(ジジババ)と3人の叔父叔母が
    兄の一人娘(4歳)を可愛がっていたら、姪が唐突に「じじとばばはいつタヒぬの?」と
    真顔で聞いた。義姉が慌てて「こら!何てこと言うの!」とたしなめたが
    両親はニコニコと「子供の言うことだから大丈夫よ」と義姉を制し、姪に向かって
    「そうね、おじいちゃんもおばあちゃんも歳だから、そろそろタヒんじゃうかもね」と言った。
    義姉が「そんなことないですよ、お義父さん、お義母さん、変なこと言わないで」と言いかけたら
    いきなり姪が泣き出した。母が「ほら○○ちゃん(義姉)が強く叱るから」などと言い、
    父は「どこか痛いのかい?」などとオロオロしてると、「・・・やだー!!じじもばばもタヒんだら
    いやだー!!!○○ちゃん、いいこにするから、ずっと生きててーー!!!」と号泣。
    聞けば幼稚園のお友達のおばあちゃんが先日亡くなったそうで、ずっと「じじもばばはずっと
    元気だよね」と兄や義姉に聞いていたとか。それからしばらく両親も泣いていた。

    692 :鬼女日記 2016/06/04(土) 16:58:27 ID:wWa
    母方の親戚が江戸時代から続く地主の家系なんだけど
    ある日、蔵からご先祖様が書いたと思われる文書が出てきて
    何が書いてあるか分からないから研究機関で翻訳してくれるように頼んだ。
    すると、当時の当主が友人宛に書いたと思われる手紙で、
    「○○(解読できなかった)の紹介でブスな嫁が来て悲しい。目がギョロっとしてて鼻が異人のように高く、背も高い」と手紙に書いてあった。
    これ当時の基準じゃブスだけど、今じゃハーフみたいな人だったんじゃ…って物凄く衝撃的だった

    892 :鬼女日記 2014/08/05(火) 18:08:37 ID:H7ndlf0N.net
    大した話じゃなくて申し訳ないのだけど

    去ること十数年前の、成人式の帰りのこと
    旧くからの友人数名と夕食をどこかで食べて帰ろうということになり、
    友人の「今日から大人なわけだし、記念に今日くらいは少し背伸びしようか」と、地元では有名なちょっとした高級店でカツ丼を食べることに
    地元は養豚が有名でありその豚を使ったカツ丼は絶品であると大人たちの噂により、我々の間ではちょっとした憧れだった

    手回しのいい友人がサッと電話で確認。予約なしで入れるとのことだったので早速お邪魔した
    注文し、しばし待つと憧れの2000円もするカツ丼が5つ運ばれてきた
    少しわくわくしながら丼のフタを開けると……最初に思ったのは
    「あれ?少ないな」

    ごはんは、ごく標準的と思われる量
    しかし上に乗ってるカツの量は、一般的のそれに比べると明らかに少ない
    凡そ半分くらいかな。厚さも横幅も

    一同も一瞬どよめくも、最終的に「さすがは高級店!量に頼らず味で勝負か!」ということで落ち着いた
    実際、味のほうは文才のない俺ではここで表現しきれない絶品だった
    若かったので量的に物足りない気はしなくもなかったが、味的には満足し、気分よくお家に帰れた

    777 :鬼女日記 2015/12/05(土) 13:28:33 ID:W1G
    趣味で親しくなったAちゃんがとある会を主催した。
    オタク関係じゃなく真面目なやつ。
    お呼ばれしたので、Aちゃんが好きなお店のケーキを持って
    「この度はおめでとうございます」って挨拶に行った。
    するとAちゃんはめっちゃ険しい顔をして
    「こんなの!!受け取れません!!」って言ってきた。
    いや、ただのケーキだよ。あとで皆んなで食べようよ、
    など色々言ったけど「とんでもない、受け取れない」
    一辺倒で、テーブルに上に置いていたそのケーキ箱を
    ぐいっと勢いよくこっちに押し返した。
    すると思いの外、テーブルの滑りがよくて
    ケーキの箱は床にべショッと落ちた。
    周りにたくさん人がいたので、シーンとしてしまった。
    するとAちゃん、「いいよ、いただきます」と言って
    箱を拾って、そそくさと中に引っ込んでしまった。
    そして会の終了後、お茶会があったんだけど、
    参加した皆さんが、用意されたお菓子をいただく中、
    Aちゃんだけがグッチャグチャのケーキを食べていた…。
    「私ちゃんからいただいた有名店のケーキだから」って。
    私や周りの人が慌てて事情を説明して、食べなくていいよって
    言っても「美味しいよ」って険しい顔で笑っている。
    じゃあ私も一緒に食べるよ!って、私と他の友人が言っても
    「こんなものお客さんにお出しできないよ」
    「私が悪いんだから私が食べるよ…」って涙目で笑う。
    お茶会は散々だった。

    私は嫌われていたのか?って凹んでいたら、他の友人たちが
    「自分たちも同じようなことをされた」と。
    何か持っていっても頑なに受け取らないし、突き返す。
    誕生日プレゼントも突き返されたって。

    Aちゃんは公務員で堅い仕事をしていて、すごく真面目。
    面倒見がよくて親切なんだけど、とにかく異常に頑な。
    それまでは、ストイックなんだな~と思っていたけれど、
    この件でちょっと疎遠にするようにした。
    ご両親もべつに普通の人なんだけどね。なんでだろう。

    先日久しぶりにAちゃんとばったり会ってお茶した。
    Aちゃんは今40代で、年の近い方とお見合いをしたんだそう。
    いい感じだったんだけど、お断りされたそうだ。
    初回デートで全部Aちゃんがおごって、運転も案内もして、
    相手の方からのプレゼントも受け取らなかったそうだ…。
    こんなにしてるのになんでかな?ってしょんぼりしていた。

    やりすぎなんじゃないかな、相手の好意は受け取ってあげたら、
    などとそれとなく言ったけど、そんなの受け取れないよ!!
    申し訳ないよ!!の一点張りで、変わってなかった。

    140 :鬼女日記 2011/09/28(水) 12:08:44 ID:fCTrh4bO
    ハワイに一人旅に出た数年前、アラモアナのショッピングセンターで、変な発光Tシャツ売ってた青年。
    買ってくれとちょっとしつこかったけど、喪女様バリアーでお断り。
    翌日、ホテル近所のなんとか村で変な発光お土産売ってた彼とまさかの再会。
    なんか私も相手もテンション上がって、ハグして記念撮影。
    お土産買うの忘れたけど、初めての海外旅行で楽しい思い出が出来たと、今でもホクホクしてる。
    そして先月、地元の祭り覗いたら、なんか見たことある外国人青年が盆踊りしてるw
    みんな似てるように見えるんだろうなと思ってたら、相手も私に気づいて顔色変わった。
    間違いないと思って名前呼んだら、相手も自分の名前まで覚えててくれた。
    お互いまた嬉しくなって、ハグして記念撮影。
    これは運命ってやつで人生始まったとか一人盛り上がってたら、写真撮ってくれたのは彼の奥様だと判明\(^o^)/
    でもかなり嬉しい再会だった。

    830 :鬼女日記 2012/05/19(土) 17:07:27 0
    托卵の娘を育てて内縁の妻にして、昨日出産。
    法律的に結婚はできないし、俺の子供ってことにもできないけど
    一生懸命育てていくわ。

    554 :鬼女日記 2016/05/26(木) 09:21:31 ID:Ye5
    ただの犬の散歩中に犬がリード引っ張ってお母さん転んで手を離しちゃって、その隙に犬が逃げちゃっただけの出来事なんだけど

    俺主観では
    雨上がりのその日早朝ランニングしてて、疲れたから公園の芝生を休息がてら歩いてたら
    犬種は分からないが大きめの犬がまとわりついてきて、犬に馴染みのない俺はどうしたらいいか分からず逃げまわっていたら
    「○○ぅぉぁぁぁぁぁぁっ!」って叫びながら全力ダッシュしてきたドロッドロに汚れた女の人がその犬にタックルして組み伏せて「○○!ステェェェェェイ!」
    女の人は泥まみれでゼイゼイ言ってるし、犬はアゥンアゥンって弱々しく鳴いてて
    持ってたタオルを未使用ですっつって顔拭いてもらってたら、子供二人が泣きながら「ママー!○○ー!」って走ってくるし
    もうどうなってるの、どうしたらいいのか分からなかった事件

    34 :鬼女日記 2017/03/30(木) 19:19:06 ID:GsrP7ZzS.net
    今から思えば小さい修羅場だと思う

    現在アラサー女です。
    産まれた時から眉毛がこち亀の両津並に太くて繋がりそうだった。
    幼少期は良かったけど、大学生になるまで両親から剃ったらダメだと言われていた。
    多分、普通は親を無視して勝手に剃るんだと思うんだけど、私の両親は毒親チックで、
    特に父親は高校生になった私の眉毛を毎日チェックして、少しでも剃った・抜いたのがバレると怒鳴られた。
    ちなみに前髪を作ることも親から禁止されていた。
    そして学校では眉毛が太いと散々男子からいじられ、女友達に相談しても、「剃ればよいじゃん」と言われ、
    でも家では怒鳴られ・・と当時は修羅場だった。
    家ではずっと親からブスと言われていたので、自分でも信じていた。
    20歳になり、親から少しは化粧したら?と言われ、初めて化粧をして眉毛を整えたらいきなりモテ出した。
    最近友達から言われたのは、私の顔は可愛いのだけど、眉毛で全て台無しだった。
    親はそれを分かっていて、私が容姿に自信を持ったり、恋愛したりして欲しくなかったのではと言われた。
    現在は結婚して親とはほぼ絶縁状態にしている。
    この間部屋を掃除していたら、中学時代の写真が出てきてあまりの眉毛にびっくりした。

    57 :鬼女日記 2011/09/24(土) 15:26:58 ID:OaiA7QbJ
    同じゼミの美人でお嬢様で超リア充の子(キラキラ眩しくて正直苦手だった)に趣味を聞かれて、
    適当に「ガンダム全般」と答えたら、夏休み明けに美人が「ガンダム全シリーズ見てきました」と
    声をかけてきてくれたたこと。最近は富野作品とかも見始めてるらしく、私より詳しくなってたこと
    今ではガンダム友達になってしまったこと…本当に信じられない

    711 :鬼女日記 2016/04/13(水) 14:09:43 ID:y5S
    数年前に勤めてた会社のアラフォーの女性社員の子育てが衝撃的だった
    バリキャリタイプで子供は息子さんが1人
    「子供に飲ませるジュースは果汁100%のものを水で半分に薄めて飲ませてる」
    って雑談で言ってた事があった
    まあ幼児だったら100%はきついかもね~って心の中で受け流してて、
    その年の夏に会社のBBQがありその息子さんとご対面
    小学5年生だったwww
    彼女が見てないときにこっそり紙コップでペットボトルのジュースを飲んだ息子さんは
    目を潤ませて「美味しい…!」とすっごい顔を輝かせてた
    アレルギーや病気はないの?って聞いたら、一個も無いと返答
    家で出るジュースは美味しくない、ママが作るお菓子も味が無くて美味しくないと言って
    置いてあるポテチとかガツガツ食べてた
    あれから6年、大人になった息子さんは反動でジャンクフードをがっついてそうだわ

    808 :鬼女日記 2014/09/23(火) 16:44:15 ID:xBH/th3E.net
    職場に40間近のお局様がいたんだが人気者のイケメンと付き合いだしてついに結婚した
    イケメンはお局様の一回り下
    男受けもするアクティブな性格で、
    イケメンの癖に顔面偏差値が霞むぐらいの人格者である

    片やお局様は仕事は出来るものの、性格はお察しレベルの残念さ
    例えるなら姑小姑を拗らせたような人で、周囲の嫌われ者だった

    引く手数多なイケメンが、何を思って性格の悪いアラフォー(ほぼ)と?
    自分はいろいろ衝撃を受けたが、さらに衝撃的なことがおきた

    付き合いだした途端、お局様の人当たりが丸く変化し
    最終的には普通に魅力的な人物にまで生まれ変わったのだ

    対立してた若い子や子持ちのグループともいつの間にか和解して、
    中学生のような恋バナに花を咲かせる始末
    親の敵のように罵詈雑言を零してた同期がそうだったから、
    本人よりもむしろ周囲が信じられなかった

    結局お局様は結婚と同時に退社したが、周囲の惜しむ声は本心だった

    701 :鬼女日記 2015/11/30(月) 09:12:35 ID:vXG
    昨日のことだけど、川で釣りしてた
    ヘビの抜け殻が川の中央に浮いてたんで
    友人と「抜け殻釣ろうぜ!」ってことになった

    何投目かにようやく引っかかったが、ヘビの抜け殻にしては重い
    陸にあげたら女物のパンツだった

    「何でこれがヘビの抜け殻に見えたんだろな…」
    という友人のつぶやきにちょっと笑えた

    259 :鬼女日記 2016/10/18(火) 14:20:16 ID:tRl
    5年ぐらい前に、転勤族と結婚したばかりの義妹が犬を飼いたいと相談してきた時に(我が家にはミニシュナが2匹いた)
    私は「犬を連れての転勤生活って大変そうだし、転勤を経験してみてから考えた方がいいんじゃないか」と言った。
    夫は「犬を飼うのって金かかるし大変だぞ?おまえはずっと実家暮らしだったんだし、結婚生活に慣れてから考えた方がいいんじゃないか?」と言ってた。
    義妹は当時30歳だったが旦那さんは5つ年下で、若いので収入もそれほど多くない。おまけに転勤となれば義妹は今の仕事を辞めることになるわけだし。
    ペット可物件を探すのも結構大変だと聞くし、そこらへんもちゃんと考えてるのか?とか夫は色々と義妹に話していた。
    たぶん義妹は、2匹飼ってる犬好きの私たちなら「いいよいいよ飼いなよ!!」って勧めてくれると思ったんだろうと思う。
    旦那さんが犬を飼うことを渋ってるらしいから、あわよくば私たちが説得してくれるとか思ったのかも。
    だけど賛成も反対もせずにそんなこと言ったもんだから「理詰めで説教されに来たんじゃない」と怒って帰って行った。(理詰めってほどでもないと思うけどw)
    が、そのあとすぐにチワワを飼い始めた。
    飼い始めた以上は聞かれたことにはアドバイスするし、実際可愛かった。ただやっぱり色々と見てて心配なこともあった。
    (ちなみに義実家では柴犬を飼っているが、義父が犬を玄関から上に上げることは禁止していた)

    426 :鬼女日記 2015/06/06(土) 03:56:31 ID:FBd/eyHD.net
    「凄く」ってほどじゃないけど、自分として驚いたこと。
    前日はじめてギックリ腰を経験して医者とマッサージに行った。
    マッサージでは、何度も「あれ?」「あれ?」と言われながら腰や背中を押されて、
    医者ではレントゲンを見つめた医師が何度も指を指して「ふんふん…ふん?」を繰り返してる。
    マッサージの「あれ?あれ?」と医者の「ふんふん」はどうやら同じことで、数を数えるものだった。
    結果、「背骨が1本多いですね」ということだった。
    あんな大事なものの数が人によって違うのか?!と驚き、家に帰って亭主に話したらひっくり返るほど驚いてた。
    夫は「背骨が1本多い」を縦2列だと思ったらしい。

    4 :鬼女日記 2016/10/11(火) 18:08:09 ID:bcv
    >>1乙

    友人Yはバツイチ。15年ほど前結婚し、2年目に嫁が妊娠。妊娠中に離婚した。
    理由は子供が生まれるのが怖くなったから。
    子供が生まれたらこの先20年子供のために奴隷しなくちゃいけないのか
    俺の人生って何よ?と思ったら怖くなったらしい。
    それを正直に嫁さんに申告し、嫁さんは「お腹の子のために結婚生活を続けよう」と懇願したが
    Yが受け入れなかったため離婚になった。
    この騒動でYは友人の大部分をなくした。
    しかし俺は「Yの人生なんからそれもいいんじゃねーの」と賛成も非難もしなかった。
    その後Yは独身を謳歌し続けていた。

    しかしYの母親が軽い認知症になった。父親はすでに故人。
    要介護度というのが重いと施設に行けるらしいが、Y母はさほどでもないという。
    そしてYは無邪気に微笑んで言った。
    「だからおまえんちで面倒見て」
    「え?なにを?」「うちの母ちゃん」意味不明。
    Yが言うには
    「離婚の時、おまえだけが俺の生き方を支持してくれた(※してない)
    おまえの嫁は看護師だし、もしもの時は頼るつもりでいた(※勝手に決めんな)
    おまえは俺をわかってくれるよな?」
    いやわからん、と即答して電話切った。
    他人を12~3年前非難しなかっただけで、勝手に寄生先に認定されるとは思わなかった。

    125 :鬼女日記 2017/10/10(火) 14:32:34 ID:lrG
    義父を5年間介護して最後は施設で看取ったんだけど
    義姉は海外を飛び回るような仕事をしてて実家には正月くらいしか戻らない人だったから
    介護はほとんど手伝ってもらえなかった
    でも介護費用を全額負担してくれたし
    自宅で看てた時もお金なら心配しなくていいからヘルパーでも家政婦でもじゃんじゃん雇ってねと言ってくれた
    たまにお見舞いに来た時は必ず私に「いつもお父さんがお世話になっています。ありがとう」ってきちんと頭を下げて
    介護費用とは別にびっくりするくらいの額のお金を「家計に入れないでね、お小遣いにして好きなことに使ってね」とこっそり渡してくれた
    義父のお葬式の時も親戚のいる前で手をついてあらためてお礼の言葉をくれた
    口の悪い親戚が「家に帰りたかっただろうに施設でタヒなせてかわいそう」と嫌味を言っていたから
    あえて言ってくれたのだと思う
    義父の遺産は「世話をした人や家業を継ぐ人がもらうのが当たり前」と言って放棄してくれて
    おかげで家や仕事場を処分しなくて済んだ
    葬儀やお墓の費用もほとんど出してくれた
    家業と並行しての介護は正直大変だったけど身近な親族がここまでしてくれたから
    気持ちの持ちようが全然違った
    義姉は今でもたまに遊びに来て子どもたちを可愛がってくれて
    私のつくる普通のごはんをうまいうまいと食べていく
    へそくりにしなよと相変わらず私にまでこっそりお小遣いをくれる
    ある世界で成功している人だけど
    成功したから太っ腹とかいうわけじゃなくてこういう人だから成功できたんだろうな

    162 :鬼女日記 2017/10/11(水) 22:53:09 ID:rKF
    フィットネスに通ってるんだけど無酸素運動と超絶アップテンポな音楽に合わせた有酸素運動を交互にやるというめちゃくちゃハードなクラスがある
    普段他のクラスの先生に体力があると褒められている人ですら倒れそうになってるレベル
    最近よく一緒になる子がいて、その子も無酸素運動でゼーハーなってるんだけど
    有酸素運動に切り替わった途端何事もなかったかのような余裕の笑顔で飛び跳ねたりステップ踏んだりしてる
    この前なんて太ももに負荷のかかる筋トレを10分くらいぶっ通しでやった直後に有酸素のパートで先生より軽快に動いてた
    私含め他の生徒さんもフラフラになってる中で。
    本人曰く「動き回るのは好きなんですよー筋トレは本当に苦手なんですけどww」らしい
    直前まで私たちと同じくらいこの世の終わりみたいな顔してたのに、得意な事となると人ってあんなにも力がみなぎるのかと衝撃的だった

    このページのトップヘ