驚き

    596 :鬼女日記 2019/09/22(日) 12:04:05 ID:5G.d6.L2
    「男の子は勉強さえできりゃいい」という教育方針の伯父夫婦。
    望み通り、従兄は勉強はできるがそれ以外何もできない男に成長した。
    趣味はソシャゲとアフィサイトを読むこと。友達無し、休日の予定なし。話題は「今月はいくら課金した」と、ネットで読んだ話の繰り返しのみ。
    新卒で就職するも「みんな声がでかくてイヤ」を理由に二ヶ月で辞め、その後二回就職したがやはり長続きせず、現在無職。
    掃除洗濯はむろんできないし、そもそも「自分で身の回りのことをしなくてはならない」という発想がない。
    かろうじてできるのはカップラーメンにお湯を注ぐこととインスタントコーヒーを淹れること。驚いたことにレンチンすらしたことないらしい。伯母がやるから。
    燃えるゴミと燃えないゴミを分けて捨てることも、缶切りどころかパッカンを開けることすらできない。
    ゴミはいっしょくたに捨てとけばあとで伯母が分別するし、パッカンは切り口が鋭利で怖いからという理由。
    伯父夫婦は「家事なんかお嫁さんをもらえば解決」と思っていたらしいが、見合いさせても全滅。そもそも女としゃべれない。
    アフィサイトを真に受けて「女=ま~ん」と思っているから三分で嫌われる。
    伯父がうちの親父に「息子の育て方を間違えたかもしれない」と愚痴っているのを聞いてスレタイ。
    しかも俺を養子に欲しがっているらしくもっとスレタイ。
    親父がきっぱり断ってたが。
    家族でテレビを観ていた時に、従兄が「焼香」という言葉と作法を知らないことに気づき、伯父は「あれ、こいつヤバいんじゃね?」と初めてビビったらしい。遅い。
    親父に「兄貴たちもいつまでも元気じゃないんだから、ヒロ(従兄)ちゃんを一人で暮らしていけるようにしとけ」と言われオロオロしていた。
    帰り際「どうしてうちの子はマー(俺)くんと違ってああなのかな…」と言われたが、育てたように育っただけだと思う。

    96 :鬼女日記 2011/06/19(日) 14:32:14 ID:U6g/O+Ep0
    うちの姉の話。男性.遍歴が年々おかしくなっていってる。
    姉はハタチ過ぎてからかわいくなり出して、だんだん喪女からDQNへ。

    20から26までは良かった。
    警察官の立派な彼と幸せそうで、結婚間近。

    だがマンネリになってきたらしく、働いてた支店の営業部長(妻アリ小梨)と不倫。
    警察官の彼と別れ、夢中になるもキャバ嬢との二股発覚。

    妹の私に「ドライブ行こう~」と言いついたのは住宅街。
    何これどこ此処、と言うと、どうやら営業部長の家がある、と。

    姉のキチっぷりに引きつつ、あのね、二番目は二番目だからよく見えるんだよ、と説教かますも逆ギレされ見知らぬ住宅街に残された。車で走り去る姉。

    続く。

    829 :鬼女日記 2017/09/26(火) 18:18:36 ID:Hb7XAlP+0.net
    三年前家を新築した。
    嫁が建築士なんで、なにからなにまで任せて自分はあまり関わらなかったんで、それをどこで手に入れたのかも知らなかった。

    引っ越しの荷物もだいぶ片付いたころ、夕飯後居間で娘と遊んでいたらかすかに白粉みたいな匂いがしてきた。
    娘にも嫁にも聞いたけど鼻が詰まってるとかでわからないらしかった。
    一日だけで済めばあまり気にならなかったのだが、それ以来居間に入るとずっと白粉の匂いが鼻につくようになり、なんだかイライラしてしまい落ち着いて座っていられないようになった。

    引っ越してから1ヶ月たったくらいだったと思う。
    飲み会で夜中に帰宅したら居間のカーテン越しにぼんやり光が見えた。
    だれか電気消してテレビでも見てるんだろうと思い、居間に入るなりただいまと声をかけたが誰もいないどころか真っ暗だった。そしてむせるぐらいの白粉の匂いがしていた。
    何か見た訳ではないが鳥肌がたった。
    嫁を探して寝室に走り、あらかた話したが取り合ってもらえなかった。

    443 :鬼女日記 2009/09/01(火) 12:39:25
    >>441
    そういや日本語学校の先生が日本に留学してきた生徒に、
    「日本人は猫を食べますよね?」って言われて「食べません!!」と答えたら、
    「え、だって缶詰いっぱい売ってますよね?おいしいやつ」と言われて、
    「あれは猫の餌なので、人間が食べてはいけません…」と脱力しつつ教えたら、
    別の生徒が「ええっ!?」と驚くので、まさかこやつも猫と思って食ったのかと聞いてみたら、
    「てっきり『猫の写真が目印ブランドのまぐろ缶詰』なのかと…」と返ってきたっつー話を思い出したw

    737 :鬼女日記 2015/11/19(木) 03:23:33 ID:I4ebzFM4.net
    彼氏に子供がいる事実を握りつぶしたこと。
    彼氏は私と付き合う前にバツイチ子持ちと同棲していた。その後、元カノの虚言癖と浮気が原因で別れ、数年後に私と付き合い始めた。
    当時、私と彼氏とは遠距離恋愛だったので、彼氏が仕事の時、彼の部屋で一人で過ごすことが時々あった。そんな時、元カノが子供を連れてやってきた。
    その子供は2歳ぐらいだったけど、驚くぐらい彼氏にソックリで一瞬で彼の子供なんだと分かった。
    でも、あえて「現在は私が単身で住んでいて○○さん(彼氏の名前)と言う方は知りません」と追い返した。
    元カノが驚いたような顔をして子供の手を引きながらトボトボと帰って行く後ろ姿はみすぼらしく今でも目に焼き付いている。
    その後、程なくして彼氏とは自然消滅したが、今日、その彼氏のFacebookを見たら元カノとは別の女と結婚して不妊治療をしているらしい…ということが判明した。
    でも、今さら「あんたの子供は、もういるよ」と言われても彼も困るだろうから墓場まで持って行くことにします。

    965 :鬼女日記 2019/02/01(金) 13:28:53 ID:4bcZhnkZ0.net
    夫がはっちゃけた
    夫は2人兄妹で10歳ぐらいから母子家庭育ち
    姑は酒乱の夫から逃げてパートを掛け持ちして何とか子ども二人を育てられた
    姑と舅にあたる人は遠い親戚同士で逃げ切れないときもあったそう
    夫は男の子だったので殴られる程度だったけど2歳下の子どもだった義妹は体触られたりとか
    色々あって夫と私の結婚話が出たときから父親はもうタヒんだと思ってくれと夫と姑に言われてた
    結婚して子ども2人できて義母とは同居ですごくうまくいったんだけど昨年義母が亡くなった

    姑が亡くなった後に舅が肝臓がんで入院したと夫に連絡があった
    結婚前から話を知ってるので私はスルーするだろうと思ってたら夫は会いに行った
    その後も何度か見舞いに行ってて昨年末舅を家に引きとれないかと言い出した
    驚いたし反対して義妹にも知らせた
    でも夫は最後ぐらいは看取ってやりたいしもう暴れる気力もないだろうし
    母さんも家で看取ったんだからいいじゃないかって
    姑には私は子育て手伝ってもらったりかわいがってもらって恩があるけど舅はいないと思ってたし
    何よりアル中が暴れたり子供に何かあったら取り返しがつかないと今も反対
    夫は私を冷たいと言うけど私は子ども優先
    引き取ったら離婚すると私が宣言して今は家庭内別居状態
    もうこれだめかな

    870 :鬼女日記 2019/03/17(日) 12:09:53 0.net
    義兄嫁が故人のトメに祟られたトメと同じ箇所に癌になった助けてお祓い一緒に行って、でも双方の旦那には内緒にしてねと電話寄越してきた
    トメさんは私からすればよくも悪くもない普通トメさんでした、同居義兄嫁にとってどうかは知らない
    私達が結婚して5年目に胃がんが見つかって3年闘病して他界

    義兄嫁は入院中のトメさんの部屋のタンスからダイヤの指輪を見つけて同居介護のお礼として貰ってもいいだろうと盗んだ
    その後トメさんが亡くなって、指輪からペンダントにリフォームしたら祟られて癌になった、そうな

    義兄嫁と私って仲いいわけではない、というか仲悪い方、だから助けるのも内緒もあっさり断って旦那に伝えて丸投げ
    ついでに見舞いや入院中の手助けもお断りできたのは亡きトメさんの置き土産だろうか

    1 :鬼女日記 2014/07/29(火) 16:36:48 ID:S+qBMP0Vu
    何やってるんだよ…
    薬物だって警察から電話で聞いた。
    正確な鑑定結果が出てないからハッキリは言えないけど覚せ◯剤だそうだ。
    子供を保育園に預けて何やってるの…

    467 :鬼女日記 2015/06/24(水) 14:20:42 ID:6whMUAmx.net
    この流れで思い出した車に関する修羅場

    子供がまだ小さい頃、子供を後部座席に設置したチャイルドシートに乗せて走っていたら
    歩道から車道へ大きく身を乗り出して手をあげている爺さんを発見。
    「危ないなあ」と思って減速したんだけど、距離が近づくにつれどんどん車道側へ。
    「なに?あぶない!」と思って停止したんだけど、運転席側のドアの横にきて(この時点で
    爺さんはほぼ中央車線の近く。平日の昼間はあまり車通りがないので反対車線を走る車はなかった
    からよかったようなものの)窓を叩くのでちょっとだけ窓を開けて「どうしたんですか?」って
    聞いたら「歩くのしんどくなったので家まで乗せてくれ(要約)」と言われ軽くパニック。
    「は?・・・えっ!?」と返事に詰まっている隙に後部ドアの方にいかれて勝手にドアを
    開けられて乗り込まれてしまった。
    「困ります、降りてください。」って言いたかったけど、横にはチャイルドシートに乗った娘がいて、
    変な人で逆ギレされて娘に手を出されたらどうしようって思うと怖くて、とりあえず家の場所を
    聞いて「すみませんが、その場所は知りませんのでお役に立てそうもないです。タクシー呼ばれたら
    どうですか?」と言い訳して降りてもらおうと思った。
    でも、返ってきた返事は「そこの団地だから。何号棟な。」という、地元民なら誰でも知ってる団地で
    建物も見えてる位置。
    仕方ないので車を走らせて送りましたが、降りるときも「あ、あぁ(ゴニョゴニョ)」みたいな
    感じでお礼の言葉もなし(ゴニョゴニョが小声でお礼だった?)
    まあ、お礼なんかどうでもいいけど、その爺さんの家に着くまでの5分間が
    とにかく怖くて不気味で修羅場でした。
    (幸い爺さんが娘(寝てた)に触ることはなかったんでよかったです)
    ドアロックうっかり閉め忘れてた自分も深く反省して、それ以来しっかり走り出す前にドアロックは
    するようになりました。

    674 :鬼女日記 2019/06/26(水) 01:56:19 ID:tgCjAFCU.net
    同僚が飲酒運転で電柱とキス。捕まって一緒に食事をしていたと警察官に虚偽の証言をされたこと。
    丁度、飲酒運転の罰則が同席してた人も厳しくってなった時だったからか、警察官が深夜に関わらずにやってきた。
    寝惚けてて事態を飲み込めずにいると、警察官から「夕飯、何時ごろ誰と食べました?」と聴かれて「スーパーの半額の鰹買って食べました。」て答えてたら「なにか、証明できるものあります?」って言われた。
    スーパーのレシートとゴミ箱から半額シール貼ってある鰹が入ってたパック見せたら「また、明日にでももう一度伺います。」って帰った。

    このページのトップヘ