驚き

    224 :鬼女日記 2014/05/05(月) 18:54:57 ID:RDMfh7rnJ
    別に怖かないが、田舎の姉ちゃんの話
    父方の郷里が島根でガキの頃は毎夏冬に通ってた
    平屋だけどとにかく広い家で一日中探検するのに全部は回りきれてない感覚があった(錯覚なんだろうけど)
    ある日、本当に見覚えのない長い廊下に出て、進んでいくと木製の格子に囲まれた部屋に辿り着いた
    今ならあれが座敷牢と呼ばれるものだと分かるが、当時ガキだった俺には分からず恐れもせずに近寄って行った

    そこで出会ったのが「田舎の姉ちゃん」
    とても綺麗な人で、花魁みたいな大袈裟な和服を着てた
    俺は「わや」と呼ばれて、色んな面白い話を聞かせてもらい、すぐに懐いた

    山に川に原っぱに変な遺跡群に、とガキの興味をひくものは山ほどあったのに
    家から出なくなった俺を怪しんだ親父に何かあったのか聞かれたが、何となく黙ってた

    859 :鬼女日記 2016/02/14(日) 12:20:15 ID:???
    家にいたら固定電話に着信

    女「もしもし、田中(仮)さんのお宅ですか?」
    私「はい、田中ですが」
    女「私、ずっと昔から太郎(仮)さんとお付き合いさせて頂いてる者です。
      太郎さん、あなたが離婚してくれないんだって泣いてますよ。
      引き際くらい自分で考えてね(ガチャン」

    私、田中なのは間違いないんだけど、天涯孤独の身
    誰だよ太郎、下半身しっかり管理しろよ太郎

    間違い電話なのか、いたずら電話なのか、不倫女の地雷凸なのか
    気になる

    210 :鬼女日記 2014/04/29(火) 18:42:15 ID:H7J4WnZto
    流れ豚切り失礼しまする。
    こないだあった出来事。

    最初にスペック
    私 21歳
    彼 30歳
    同棲してます。

    私たちの家には猫が3匹居ます。
    三毛(4歳)とサバトラ(3歳)と真っ白(2歳)
    こないだ、ほんとにちょっとした事で喧嘩になった。
    猫は3匹で団子になって寝ていたのだが、私たちの口論している声で目が覚めたのか3匹引っ付いたままこっちを見ていた。
    しばらくすると彼がタバコを吸いに外に出て行き、私はそれを玄関まで追いかけていった。
    でも「一人にさせてくれ」と言われ玄関の扉が閉まった瞬間、リビングから声が。
    続きます。

    122 :鬼女日記 2015/09/10(木) 17:25:17 ID:UzQ
    ずーっとずーっと手の痒みと手荒れで悩んでいた
    皮膚科も何件も通ったし、いろいろ調べたし、とにかく悩んでいた
    手荒れがさらに酷くなる原因のひとつが、ほうれん草の汁だと気付いて素手では扱わなくなった
    それでもやっぱり痒くて、掻いてしまうから傷になってしまう
    いろいろ思い返して、そういえばサラダを作ったあとにも痒いな、とレタスを素手で触らなくなった
    約2週間たって自分の両手を見ると久しぶりにきれいな手になっている
    傷もあかぎれもカサカサもない手なんて何年振りだろう、5年くらいかな
    もしも同じような症状で何をしても治らない奥様がいたら、レタスかも
    他にもいくつか痒みの原因になる野菜はあるみたいですが
    調べてみるといいかも

    873 :鬼女日記 2016/08/26(金) 10:50:38 ID:5Fu
    会社の同僚でものすごく社交的で明るいA君がいた。三枚目で友達も多いタイプ

    ある日曜に大型ショッピングセンターのフードコートでばったりA君とその彼女が食事をしているところとバッタリ会った
    私は人気者のA君の彼女ってどんな人だろうってテンション上がりまくり
    私も彼氏連れだったのでA君も「私さんにはいつもお世話になってます!よかったら一緒に」と相席を勧めてきた
    A彼女がどうぞ~と言ってA君の正面から隣に移動するように見えたので、私たちカップルは席についた

    そこで突如A彼女がAに「じゃあ私は帰るからゆっくりしていってね(笑)」
    Aは慌てて「え!?どうして!?いいじゃん一緒にいなよ!」と言ったがA彼女は「一緒にいたら悪いから(笑)」と言って強引に去っていった
    ちなみにAカップルは食べ始めたばかりだったらしくまだプレートにがっつり残っていたがそのまま返却口に戻して行った

    急ぎの用事でも??と思ったがAによるとそうじゃないけど彼女はちょっと人見知りが激しいとのこと
    凄く衝撃というほどでもないかもしれないが、意図せず他人のデートをぶち壊してしまったのが衝撃だった

    551 :鬼女日記 2016/04/26(火) 03:53:50 ID:zw9
    ついさっきの出来事
    帰ってきた旦那が玄関先から大声で名前呼ぶから
    私は先に寝てたんだけどその声にびっくりして慌てて出て行った
    そしたら旦那、人連れてたよ
    こっちは寝起き顔、ボサ頭、ノーブラ、寝間着姿だというのに…
    しかも連れてた人、警察だった
    職質されて署で取り調べられてたらしい
    一応容疑が晴れたので、本来なら身元確認出来る人が迎えに行くところ
    時間が時間なので自宅まで送って来てくれたそうだ
    なんか一度着替えに引っ込むような空気ではなく
    言われるがまま身元引受書(?正確には何て言うんだろ?)にサイン押印とかしたけど
    その間仕方なくずっと胸元押さえてたよ
    しかもよりによって警官結構イケメンだし
    仕事中だから当然だけどちゃんとした格好だし
    なんかもーいろいろすっごい恥ずかしかった
    警官帰った後で「次こんなことあったら呼ぶ時は先に警察いるって言ってよね!」と怒ったら
    「次はねーよ!」と言い返された

    しかし住宅地でスーツ着てビジネスバッグ持って職質されるって
    どんだけ怪しい動きしてたんだろううちの旦那…
    一番恥ずかしいのはそこだな

    443:おさかなくわえた名無しさん2018/05/05(土) 03:59:33.03ID:DRWjS+1Y
    うちの母ちゃんの10年以上前の話しだが。
    元DQNのうちの弟がフリーターからやっと就職した頃。

    俺が休みの平日に家電に電話があって母ちゃんがとり「母さん?俺だけど…」と言われ、
    俺は家にいるので弟だと思い「タカ?どうしたの?仕事中じゃないの?」と聞いたら
    「そうなんだけど…会社のお金落としちゃって…、どうしよう、
    あの100万がないと俺クビになる…母さん助けて、100万だけ貸してくれない?」
    と、言ってきたらしい。

    その時にうちの母ちゃんは
    「何言ってんの、あんたあたしから金なんか借りたら一生あたしからネチネチ言われるわよ?
    アコム行きなさいアコムに。
    たった100万で一生あたしにネチネチ言われるのと、アコムに100万借りて
    「ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます」って言われるのどっちがいいの?
    だいたい就職したばっかりのまともに仕事したことないボンクラに
    100万も持たせる会社にも過失はあるわ。
    あたしなら、あんたみたいなのに100万なんて持たせないわ~。
    絶対なんかやらかすか持ち逃げされそうだもん。
    とりあえずアコム行ってお金借りて、それで払いなさい。
    アコムだけで足りないなら武富士も行きなさい。
    アコムにハンコとか必要なら持って行こうか?今どこよ?」
    といつもの口調で冷静に言ったらガチャ切りされてた。


    「なに?今の電話?タカなの?」と聞いたら
    「多分?知らないけど切れたから自分でどうにかするんじゃない?」ってよ。
    夜帰って来た弟に「今日、母ちゃんに会社の金落としたから貸してって電話した?」って聞いたら
    「は?会社の金?俺工場のラインだよ?会社の金なんて持たされないよ」って。

    丸覚えではないけどセリフはだいたいこんな感じで、
    ほんとにいつもの口調でオレオレ詐欺を素で撃退した母ちゃんに衝撃受けたけど、
    ほんとに金に困った時にはマジで頼れないんだなと衝撃受けたw

    202 :鬼女日記 2017/07/18(火) 11:56:57 ID:dyG
    学生のときコーヒーやエナジードリンクを飲んでたら
    同じゼミの子に「それカフェイン入ってるでしょ!」と叱られることがよくあった
    それがどうしたと思いながらスルーしてたら、次第におかしくなってきて
    自宅からでっかい水筒に入れた麦茶を持ってきて、ゼミ生どころか
    学内の知り合いに手当たり次第に飲むように強要してきた
    「カフェインなんてとっちゃだめ!」ってもはや宗教みたいだった

    おまえいい加減ヤバイぞ、カフェインに親でも杀殳されたかwwっておちょくったら
    実は本当にその子の親がカフェインの急性.中毒で搬送されてたそうで
    一時は命も危うかったって言われた
    実際、カフェイン急性.中毒でタヒ亡例もあるって教えてもらった
    カフェインでタヒぬのかよ!と衝撃を受けたので、暴言については素直に謝って
    彼女の前でコーヒーを飲むのをやめた

    521 :鬼女日記 2016/01/04(月) 22:06:38 ID:Arq
    小さい頃、今では大分マシにはなったものの、自分は喘息を患っていて夜中に病院に連れて行かれる事も多かった。
    よく発作を起こすもんで、行きつけの小児科でガラス製の吸引器で吸引させられてた。
    ある日、その日は発作は出てはいないものの、日課となった吸引のために病院に行っていたんだが、
    その時は病院が混んでいたみたいで、T字路状の廊下の突き当たりに置いてある長椅子に母親と一緒に座って待っていた。

    左手には受付、正面の通路の先には処置室、右手には5メートル先に両開きの鉄の扉があって、
    その扉の前に、細いステンレス製の支柱に黒いプラスチックの板が付けられた看板が立っていた。
    (その看板のプラ板の部分には紙が貼ってあって、立ち入り禁止的な事が書いてあったと思う)

    しばらく長椅子に座って待っていたんだが、何となーく右手を見てみると、んっ?と思った。
    なんとその看板が燃えていた。
    普通なら建物の中で物が燃えているならそれだけで大騒ぎになるし、まだ誰も気づいていないにしても、
    テレビの16Vぐらいの大きさの板が燃えていれば、異臭なり大量の煙が発生して、誰かが異常に気付くはずだ。

    しかし、誰かが駆けつけてくる気配はないし、そもそもそのT字路の廊下はそこそこ看護婦が通ったりするのに、
    誰も異変に気付いていない様子で、それどころか隣に座っている母親すら、その炎に気づいていないみたいだった。
    そのT字路を歩けば必ず看板は視界に入るような場所に置いてあるのに、誰も炎の事を気にも留めていなかった。

    このまま放置していれば火が燃え移り、取り返しのつかない事になるのではないのか、と思ったが、何かがおかしい。
    その炎から煙が出ていない。それどころかパチパチと燃える音すら聞こえない。
    看板の板をまるまる包み込む程の大きさの炎なのに、周辺の壁が焦げてすらいない。

    717 :鬼女日記 2018/04/25(水) 10:07:46 ID:xEIfhcIu.net
    放置子が来ても私はひたすら無視してるから今度は夫に目をつけたらしい。
    「赤ちゃんかわいいねー!パパもやさしくていいなー!子供好きそうだし!うち、こんな家に生まれたかったあ」
    とか言ってる放置子に
    「自分の子供しか好きじゃないよ。気持ち悪いから勝手にパパとか呼ばないで」
    って夫が言ってた。
    夫は前は放置子相手に困り顔でニコニコしてたけど
    「あーあ!赤ちゃんがいなきゃうちがこの家の子になれるのに」
    って言われてから警戒するようになった。
    私がいない間に家に入れちゃうんじゃないかと心配だったから本当に良かった。

    このページのトップヘ