驚き

    578 :鬼女日記 2016/12/16(金) 16:54:11 ID:VEuVqCyO.net
    妊娠中なんだけど性別が女と分かった事をごく普通にSNSにあげたら、2歳男児持ちの元同期から「女の子羨ましすぎる(泣き顔)」等コメントがついた。
    その後すぐに個別のLINEがきて「女の子なの!?ほんと羨ましい。産み分けしたの?私も来年には二人目挑戦するよ」と。
    産み分けとかしてないし、私は性別どちらでも無事に産まれりゃいいじゃんと思ってる。
    よく考えたら、彼女が妊娠中も何気なく性別の話になった時に「男なんだよね…」と不満そうだった。
    SNSで同じく男の子持ちの同期と男児あるあるで盛り上がってたし、社交辞令ならいいんだけど女の子そんなに欲しいの?って少しモヤモヤした。

    624 :鬼女日記 2017/12/07(木) 09:55:55 ID:qNj
    人からしたら大した修羅場ではないのだろうけど、個人的にはタヒにかけたので修羅場。

    私はアナフィラキシー持ちなんだけれど、学生時代に突然発症。
    最近はアレルギーというのがメジャーになって、アレルゲンの無い食べ物とか、飲食店のメニューにもアレルゲン表示されるようになったけれど、とにかく私のときはそんなのがなく、アレルギーっていうのもあまりなかった。
    ド田舎だったので、花粉症すらもいなかった。(花粉症になったら一巻の終わりみたいな田舎)

    その日は普通に部活をしていて、校内周辺をランニングしていた。
    途中、なんだか指の間に痒みを感じたのだけど、血行が良くなっただけなのかもと気にもせず走っていた。
    ランニングが終わった後、小休憩があった時に先輩に「ちょっと顔がヤバイよ!」と言われた。
    確かに気持ちが悪くて、今にも吐きそうだった。
    先輩に顔が腫れてる、顔色が悪い、唇が倍くらいに腫れ上がってると言われ、先生を呼んでくるから木陰で休んでろと言われた。
    もうその時には吐き気がすごくて、視界も狭くて黒いフィルターがかかってる感じ。
    この時に知ったけれど、意識不明になるのって本人的には眠くなるんだよね。
    「あーダメだ眠い。寝よう」っていうのが我慢できなくて、自然と瞼が落ちる感じ。
    私は嘔吐をしながら寝た。

    その後は先生数人に担架で運ばれ、保健室へ。
    本当に当時は先生たちもアレルギーの知識もなかったし、持病があるタイプでもなかったから先生たちもてんてこ舞い。
    どうするかってなった時、生徒の一大事を知らされて様子を見に来た教頭先生が、私の顔を見た瞬間「救急車を早く呼びなさい」と叫んだらしい。
    その時、私は運悪く喉の腔内まで腫れ上がっていて、先生たちが対応に追われている中、静かに呼吸が止まっていたらしい。

    教頭先生が私の顎を上げて、なんとか気道を確保しようとして、わずかに呼吸を確認している間に救急車が到着。
    なんとなく親が来たのも分かったし、救急隊員の人に声をかけられているも聞こえていた。
    病院で点滴をしたら、あっという間に意識を取り戻して回復をしたから大したことなかったのかも。

    けれど医者にはアナフィラキシーショックと診断され、学校給食で一週間牛乳は飲まないで下さい、あと血液検査結果が出るまで運動はしないでくださいと言われた。
    その日は突然の入院だったので入院食もなく、一晩点滴で過ごしたんだけれど心配で親が見舞いに来た時に目の前でモスバーガーを食べらた時も合わせてセットで修羅場w
    もうお腹の中空っぽだから、すごく親が恨めしかったよ。

    そして一週間後の血液検査結果でアレルゲンが分かったんだけれど、医者に「あと15分遅れていたら、助からなかった。教頭先生の迅速な対応に感謝してください」と言われたのが本当に修羅場だった。

    528 :鬼女日記 2010/01/16(土) 15:14:16 0
    堕胎といえば…

    旦那の実家がすっごい田舎で、未だに玄関前にわけのわからんもんを吊るしたり
    何やらの日には何を食うな、何を食え、何をするな…とやたらとしきたりだの迷信だのが生きてる地域。

    で、私が妊娠した時に旦那が実家に電話で報告したら、偉い説教された末堕胎しろといわれた。
    出産する年にちょうど弟の結婚式があって
    「祝い事が重なると幸せを食い合ってどっちも不幸になる」ということらしい。
    そういや、私と旦那が結婚した年も旦那側の従弟が結婚するという話が浮上して
    「うちの息子の結婚が先に決まったから親族はうちの結婚式に出るべき」
    「いや、格はうちのほうが上なんだからうちの結婚式に親族が来るべき」とケンカになったとか。
    (一年で一度しか結婚式出ちゃいかんらしい)
    結局、従弟側の結婚の話というのが親の先走りで、翌年以後の話しということで丸く収まったけど。

    子供生まれた時は私が厄年だったら、病室で義母が
    「子供を十字路に捨ててくるからよこせ」って大騒ぎした。
    何でも厄年に生まれた子供は一度捨てて拾わないとダメなんだってさ…
    ここら辺車の通りが多いし危ないですから…と必タヒで止めた。
    義母自身も厄年の生まれで最初につけてもらった名前とは別の名前で育ち
    厄年の度に呼び名を変えている(別人にならないとダメなんだとさ…)。

    田舎めんどくせぇよ…('A`)

    608 :鬼女日記 2017/08/18(金) 22:58:11 ID:/MLaaagy.net
    家族と縁切ったんだけどさっき警察から連絡来たんだよね

    うちの婆さんが戦争の時、台湾に逃げてて台湾で
    会った親友が婆さんの家族に会いたいらしくて
    日本に来たらしい

    実家はなくてお袋は認知症で施設
    兄貴は無職で生活保護もらってて人の応対なんて不可能

    俺にお鉢が回ってきた

    正直会いたくもねえ母親の施設連れてくのも嫌だし
    かと言って放置するのも気が引けるんだよね

    割り切るしかねえのかな

    195 :鬼女日記 2014/09/15(月) 09:21:00 ID:ae2E92zs.net
    雷に驚いた犬が逃走、一ヶ月後に痩せこけて困った顔しながら
    小熊3頭を従えて帰ってきた時かな。
    「何か付いてきちゃったんだけど( ´・・)みたいな顔してた。

    122 :鬼女日記 2017/11/16(木) 13:06:39 ID:THM
    愚痴というか、モヤモヤすること。
    結婚も考えてた彼氏がいたんだけど、6年前に別れた。
    私達の仲は良かったんだけど、特殊な事情があった。
    彼が親代わりになって育ててた妹さんが病気で亡くなってしまって、彼が酷く沈んでしまったため。
    私はなんとか支えようとしたけど、彼は「別れたい。もう自分の幸せとか未来のこととか考えられないから。本当にごめん」と別れを切り出された。
    私は支える旨を伝えて何度も話し合いを試みたけど、彼の決心は固かった。
    最終的に彼の意思を尊重して別れることに。
    それから6年、彼に彼女ができたらしい。若くて可愛い子。
    あの別れはなんだったんじゃーーーい!って思ってしまったよ。
    歪んでます。ごめん。

    776 :鬼女日記 2017/11/18(土) 16:10:13 ID:zEH
    むっちゃ疲れた状態でスーパーに行って大根と卵を買おうとした。
    余計なものを買わないために店のかごは持たず、手に持ってレジに行くつもりだったんだけど、
    無意識に買い物袋用の空のトートバッグにその2品を入れていた。
    すぐに過ちに気付いて慌てて出して、レジでお金も払ったけど、これって万引き未遂くらいにはなるのかな?
    断じて犯意はなかったんだよ。

    340 :鬼女日記 2011/11/08(火) 09:19:22 ID:LFSZEazJ
    付き合い始めた彼女の家に初めて行って、家族に挨拶して、彼女の部屋、、、と思ったら
    リビングに連れてかれた。
    母親が「お部屋をもう少し綺麗にしないと人には見せらんないよね」とか言って
    どうやら汚部屋らしい。
    ま、いっかと思ってソファーに座ったら彼女が「ビデオ見よう」
    出して来たのがテレビドラマの録画物。
    椎名桔平ファンらしく、桔平様のドラマを延々と三時間見せられた。
    こっちはやりたい一心だからつまんないドラマも我慢して相槌打ったが実につまらん。
    ドラマを見せられて桔平様を延々と語られて冷め始めたがまだまだこっちはやりたい一心
    でも、そのあとリスカだアムカだベゲだ自杀殳未遂だ鬱だ躁だ心療内科定期健診だとワラワラ出て来て一目散で逃げました。

    158 :鬼女日記 2017/09/01(金) 10:26:11 ID:ep+OzTve.net
    お盆の時息子が付き合っている彼女を連れてきて結婚の挨拶しにきた。


    私とかほかの家族がいる時は彼女さん息子のことを息子さん、って名前+さん呼びで言ってたんだけど、帰りの時気が抜けたのか息子のことを「ぴっぴ」って呼んでた。


    息子いわく外に出ている時は息子のことを「息子さん」って呼ぶけど家にいる時は「ぴっぴ」と呼ぶらしい。


    息子、身長160だけど体がごつい。
    なんでぴっぴって言うのか彼女さんに聞けないままもやもやが残っている

    629 :鬼女日記 2017/11/22(水) 11:54:01 ID:Hx7
    うちの田舎の葬式も、祝って送り出す風習だった。
    ばあちゃんがタヒんだ時の葬式は1週間飲み続け騒ぎ続けで
    飲めや歌えやの地域のイベントになっていて、
    仏様の前で朝から晩までとにかく騒ぎ続けた。

    それだけでも衝撃的だったんだけど、3日目の夕方に、
    お隣の爺さんが飲みすぎかなんかで脳卒中で倒れてそのままお亡くなりなった。
    そうしたら悲しむどころか
    「連ちゃんじゃ、40年ぶりの連ちゃんじゃー」
    と騒ぎがさらに盛大になった。

    「今年は良い年になりそうじゃ」と、
    参列者というかお祭りの参加者が口々に嬉しそうに話すのも衝撃を受けた。
    悲しんでいるのは一人もいなくて、全員、心から嬉しそうにお祝いしてた。
    7日目くらいには、「次はお前が逝けよ」「3連チャンは始めてたぞ」とか言い合う始末。
    結局、10日間くらいぶっ続けの騒ぎになったんだけど、
    みんな心から晴れやかな感じ。
    そう言う送り出し方もあるのかなと思った。

    このページのトップヘ