不思議な話

    78 :鬼女日記 2014/02/16(日) 22:27:49 ID:G1w8+PBfP.net
    中学の頃、とある女の子と友達になった。引越しに引越しを繰り返しているそうで
    (親の仕事だろうなと、思っていた)いつまで、ここにいられるかわからなんだ、と
    言っていた。妙に馴れ馴れしいのだが、そこがかわいくて憎めない。
    そして、手作りクッキーだの、これ美味しいから、と振舞うから益々まわりは
    憎めない。特に私には馴れ馴れしかった。いいんだけど。
    私はある事に気付いた。彼女に対して悪い印象を持った人は成績が下がったり、登下校
    中に、不良(古いなー・・・今は何て言うんだろう)にからまれてお金を取られたり。
    逆に彼女に好かれた人は漫画雑誌の懸賞に連続して当たったり、財布を拾ったり
    思いがけないお小遣いをもらったり。
    私だけが気付いていた。人に話しても笑われた。そして、「それ」を話すたびに
    何かの気配がある。しばらくして、霊感の強い叔母が九州から来て、私を見るなり
    「あんた、イヌガミが憑いてるね」何のことかわからなかった。何しろ、今みたいに
    ネットはないし、本だって本屋になければそれまで。
    「だけどあんたは大丈夫だ。」そう言って帰っていった。
    20年以上たった最近、ふとしたきっかけで「そういう事がわかる人」に出会った。
    いきなり「あなた、イヌガミ憑いてますよ」イヌガミ?何か聞いたことあるな・・・と
    今は亡き叔母のことを思い出した。「言われました!それ!20年も前ですけど!」
    「あんた、イヌガミ憑きと関わったね。その人から色んなものをもらっただろう。
    食べただろう?覚えとくといい。憑き物筋はやたらとモノを送るんだ。動物を乗せる
    道を作るためにね。みんな、短命だったり、いきなり不幸になったり。だけど
    あんたが平気だったのは、四国犬を大切にしてたね?四国のモノには四国のモノだ。」
    誰にも懐かない四国犬が隣にいた。が、私にだけは懐いてくれていて本当の友達だった。
    初めての友達だった。
    イヌガミとは何か、そこで初めて知ってぞっとした。そして私だけが無事だった不思議の
    謎も解けた。「私、生まれは四国なの」とサラッと言ったことも突如にして思い出した。

    3 :鬼女日記 2014/04/24(木) 00:43:17 ID:TUbXYxCr9
    両親は大学の同じ学科の同級生だった
    普通より長いし閉鎖的な学科だったせいか、学科内カップルも毎年一定数いて、うちもそれに倣うように付き合いだしたと聞いた
    自分が生まれたのは両親が大学の最終学年だった時
    卒業ギリギリの、割と迷惑な時期に生まれた

    154 :鬼女日記 2016/06/17(金) 19:25:43 ID:TPP
    俺には双子の兄弟がいた筈だったのに俺が吸収しちゃったらしい
    所謂バニシングツインとか言う奴で本来なら母親に吸収されるんだけど
    ごく稀に兄弟が吸収することもあるんだと、人間て不思議
    弟だか兄だか知らんけど、すまんな吸収したのに酒浸りで多分早タヒにするよ俺

    164 :鬼女日記 2014/12/16(火) 19:42:00 ID:kOLdwY6J.net
    失礼します

    至急相談させてください
    当方×1の既男です
    前嫁とは2人の子どもがいましたが、なんとなしに行ったDNA鑑定で自分と親子間系がなかったことから離婚しました
    そして今嫁との間に生まれた子も、DNA鑑定をしました
    しかし自分と親子関係はなく、また浮氣されたとショックで今嫁をかなり詰りました
    しかし今嫁と今嫁実家、俺実家に諭され遺伝子の研究機関に赴いたところ、自分には遺伝子が2つあることが判明しました
    もう1つの遺伝子と今嫁との子どもには親子関係がはっきりありました

    このことから前嫁との子もまさか…と思っているのですが、前嫁は既に再婚していて新しい家庭を築いています
    友人や職場を巻き込んで前嫁をかなり痛い目に合わせたり、無実を訴える前嫁の友人関係を崩壊させたりとひどいことをしてしまったので改めてDNA鑑定した方がいいのかなと思ったのですが…
    前嫁は新しい土地で2人の子どもと、新しい父親と、その父親との間に生まれた2人の子どもと幸せに暮らしているようなので水を差していいのかどうか…
    (前嫁の近況は親を通してたまに聞いてた)

    どうかご意見をください

    875 :鬼女日記 2012/03/20(火) 03:17:39 ID:OtvA3Eyc0
    ここでいいか分かりませんが投稿します

    最近、近しい人(嫁、家族、友人)と話が食い違う事があります
    些細な事なのですが妙に食い違うと言うかあったはずの事が無かった事になったり逆も然り・・・

    先日母親と電話している時も、昔父親が大阪に住んでいたと聞かされていて
    電話でそのことを聞いたら、両親共に知らないと

    さらに嫁と話していて、あそこによく行ったよね?と聞くと誰と間違えてるの、と

    勘違いで済めばよいのですが、最近あまりにも多くて不安です

    しかし関係しているかは分かりませんが心当たりがあります

    639 :鬼女日記 2015/06/11(木) 22:53:10 ID:ASfE2U1n.net
    「盆踊り」の本当の意味がわかった時かなぁ。

    関西住みで、昔から「盆踊り」というと公園とかでちょっとしたゲーム(輪投げとか一円玉落としとか)やら出店があって、お年寄りの人に混じってちょっと踊る、みたいな普通の祭りと何ら変わらないと思ってた。
    規模が少し小さいのかな?くらいで。


    父方の祖母の家(九州)へ帰省した時、祖母が「○○ちゃん(私)盆踊り行こうか」と言って来た。
    当時小学校低学年くらいだったと思うんだけど、「やった!お祭り行ける!」ってwktkして行ったその場所はやけに暗かった。
    しかもゲームも出店も何もない。
    代わりに白黒の写真が何枚もあった。
    流石におかしいと思って祖母の方を見ると、「あそこ行って挨拶して来なさい」と言われ見てみると、そこにも白黒の写真。
    流石に行けなくて戸惑ってたら、急にお年寄り達が踊り始めた。
    白黒の写真を背負って。


    大きくなってから、盆踊りとは盆の時期にタヒ者を供養する為の行事だと知った。
    つまり白黒の写真は遺影で、その遺影を背負いながら皆踊ってたってこと。

    今でこそ笑い話に出来るけど、当時はいつもの盆踊りと違う異様な雰囲気にgkbrし、誘った張本人の祖母は「じゃあおばあちゃんは先に帰るけんな」と父と弟を連れて帰るしでもう怖くて一刻も早く帰りたかった。
    田舎だから帰り道に街灯がなくてしかも木が生い茂った道で懐中電灯照らしながら「あの人達についていこう」と母と身を寄せ合って帰ったっけ。


    あ、因みに弟はその盆踊りで唯一あったくじ引きでカセットレコーダーを当ててご満悦で帰って行った。

    180 :鬼女日記 2014/07/29(火) 01:29:30 0.net
    私はコーヒーが大好きで1日3-4杯飲むんだけど
    それをコトメが見て「親になったんだからカフェインはやめるべき」と説教してきた
    妊娠・授㲗中ならまだ話はわかる
    でもうちの子もう小6だし私がコーヒー飲んでるからなんだって言うんだw

    妊娠・授㲗中にカフェインは一切断つのが常識なはず
    その後は大人舌になっていくのでお茶や牛㲗で過ごすようになる
    子供が生まれても日常的にコーヒー飲んでるような人は
    大人舌への転換ができていない証拠だ
    と言われた
    大人舌ってなに? と思っていたら
    夫とウトメがコトメの説教聞きながらアイスコーヒーごくごく飲んでて吹いたw

    1 :鬼女日記 2015/04/06(月) 20:24:30 ID:ktX
    動画に撮って見せてやろうかと録画して最初に自分で見てみたら
    嫁の枕元におれが正座して何やら呟いているのが映ってた
    これって嫁の鼾よりおれの方が問題だよな?

    230 :鬼女日記 2020/02/21(金) 02:39:24
    書きだめたので書き込みます。
    そんなに怖くないですが、少し長くなります。
    これは小学生のころから、去年までの話なので。

    これの始まりを私は明確にいつと言うことは出来ない。
    気づけば彼女を見るようになっていました。
    最初に見たのはまだ小学生の時です。
    二階のリビング。カーペットを敷かれているそこで寝ると、夢と現実の間で女性.を見ました。
    その人は白いワンピースを着て、髪の長い人でした。リビングの入り口から部屋に入ってきて、私の方に近づいてくるんです。怖いとは思いませんでした。彼女はとても優しく笑っていましたから。
    それから、度々リビングで寝ると彼女を見ました。絶対に見る! というわけではありませんが、結構な確立で見ていました。でも、私には夢か現実か判断が出来ませんでした。

    そうして時が経って、専門学生の時になったときです。
    私はだんだんと自分の家族がおかしいという気持ちを確信に変えていて、家を出たいと思い始めた頃です(毒親だったんです)。
    そのころにはリビングで寝てもあまり女性.を見なくなっていました。多分、夢だったんだろうな、と思っていたんです。(たまに母に、この家のリビングには綺麗なお姉さんが居るんだよといっていましたが)
    ある日の夜です。これから夕食を作ろうと一人でキッチンに立っている時に、ふと視線を感じました。
    うちの家のキッチンはカウンター型だったので、キッチンに居ながらリビングのドアを見ることが出来ます。

    リビングの入り口に、女性.はいました。

    一瞬、それが誰か私にはわかりませんでした。
    彼女はいつも優しく笑っているイメージがあったからです。でも、そこに立っている彼女は笑っていませんでした。
    無表情で私の事を見ていました。
    綺麗だった長い髪は肩当たりでぼさぼさになっていて、服はどろでぐちゃぐちゃでした。
    息が止まりました。怖い、と思う前に、彼女は消えていました。それが現実で私が彼女を見た最初で最後です。

    このページのトップヘ