不思議な話

    191 :鬼女日記 2015/06/05(金) 16:09:54 ID:???
    何かで説明がつく事象だったら誰か説明してほしい

    私は結婚して5年目
    結婚する前は何も考えていなかったけど、婚後の苗字はこの辺にしかなく、ハンコは買うのではなく作ってもらわないと手に入らない
    銀行などの名義変更を行おうとしてようやくそれに気づき、ネット注文しようかと思ったが姑に「街の時計屋さんなら、この辺にしかない苗字でも取り揃えてるかもよ」と言われ、古ぼけたその時計屋に向かった

    出てきたのは人の良さそうなおじいちゃん
    事情を話すも、やはりその苗字はないので特注するしかないとのこと
    1週間程で出来上がるので、出来上がったら電話をします、と言われてその日は帰った
    でも1週間しても2週間しても電話はこない
    会社からは手続きを早くしてくれとせっつかれているし、こちらから電話してみることに
    すると例のおじいちゃんが出て「印鑑が出来ましたと留守電に入れた筈なんですけどねぇ~」とのこと
    確認するも留守電には入っていない
    高齢だし、番号間違えたか、かけたつもりになっているんだろうと思い、お支払いをして、印鑑を受け取った
    そのまますっかりその事は忘れていたんだけど、つい3日前、仕事を終えると知らない番号から留守電が入っていた

    「○○時計店です~、ご注文の印鑑が出来ましたのでいつでも取りに来てくださいね~」
    とおじいさんの声

    とうとうボケたかあのおじいちゃん!と思い、家に帰り、姑に話すと
    「ちょっと、気味悪いこと言わないでよ」
    と嫌そうな顔をされた
    「○○時計店のおじいちゃん、2年前に亡くなったんだよ、知ってるでしょ?」

    いやいやいやいや知りませんし

    姑に留守電を聞かせたら絶句
    「○○時計のじいさんの声だね…」

    5年越しで留守電が届くとかあるの?
    気持ち悪いから留守電は消したけどまたかかってきたらどうしよう
    ホントに気持ち悪いから何かで説明がつくならそれで納得したい

    695 :鬼女日記 2016/07/10(日) 01:44:16 ID:mYo
    亡き母はタクシーに乗れば青信号の連続で雨も母を避けてるんじゃないかってくらいに強烈な晴れ女だった。
    当時小学生だった私は「晴れ女」なんて言葉も知らず、なんでも言われたことを信じる素直な子wだったんで
    母が「お外に出る時に空に向かって『竜神様竜神様、明日お出かけするのでどうか晴れてください』っていうと聞いてくれるんだよ」
    と言う言葉をまるッと信じてしまった。
    ちなみに今でも信じてるw
    妹とも母の思い出を語る時、不思議なエピソードがちょこちょこあったんで姉妹の中で
    「お母さんは神通力あったんじゃないか」みたいな話題になることが多い。

    という思い出を中学生の頃の娘に話しつつ、「ベランダからお空に向かってお願いしてごらん」
    と言ったら娘はこれまた頭が弱いんじゃないかって心配するレベルの素直な子だったので素直にやった。
    私が娘に話したのは一度きりだったのだけど、それから娘は天気があやしかったり、出かける前に竜神様にお願いしていたそうだ。


    娘が高校生の頃、その話になって
    「そういえば中学くらいから土砂降りの雨とかあったことないよ」って娘が言いだした。

    えええ、まさかー!ってその時は笑ってたんだけど、考えてみたら…そういえば…ない??
    これガチなやつかも!と不思議現象大好きな私は
    「そしたら娘は竜神様に愛された子なんやね」って話してた。
    それから気を付けてみているとまじで娘の出勤日には見事なくらいに雨が降らない。
    娘は今は社会人で仕事場にはチャリで通ってるんだが、娘の通勤するときだけ雨が止んだり弱くなったりしてチャリ用の河童は未だに使ってない。


    数日前、娘とその話をしていたら
    「私が雨の被害に遭わないのはもしかしたらおばあちゃん(亡き母)のおかげなのもあるのかもね」
    確かに母は信心深く干支も辰だった。
    何より娘のエピソードと母のエピソードがこれでもかとかぶりまくりw

    その時聞いたんだが
    「きっとおまえ(娘)は竜神様に愛された子なんだよ」
    と母が言っていたフレーズで私が言った言葉が嬉しくてたまらなかったらしい。
    輪廻転生があるのかどうかなんてわからないけど、娘を見るたびに大好きだった母を思い出しては嬉しくなる母(私)でした。

    335 :鬼女日記 2014/07/14(月) 18:37:27 ID:6XX6bjfkF
    もう随分経つんだが、長男を産んだ病院であったこと。

    深夜に赤ん坊が、鼻が詰まりすぎて変な呼吸のリズムになっていて、
    心配なので1フロア下にあるナースステーションに行って見てもらおうと思って(ナースコール
    するほどじゃないかなーなど思ってた)、赤ん坊を抱いてエレベーターに乗った。

    乗って階数ボタンを押して、扉が閉まって動き出したと思ったら、急に稼働音が消えて
    エレベーターの中がうす暗くなった。
    「あれ故障?非常ボタン押せばいいのかな?」
    と思ってるうちに、

    「うーんうんうんうんうんうんうんうんうんうん」と、若い男がッ耳元で唸るような声が聞こえた。

    怖い、と思う前に、体中の毛が逆立つような電撃が背中に走った。
    ボタンだボタン、と思うんだが、何故か手元が霧のようにモヤモヤしてボタンがそれも全然見えない。

    すると薄目でトロトロしてた息子の口から、オバサンのような太い強い声で「キエーーーっ」みたいな
    声が出て、もう何か大変なことに、とパニックになったが、間もなくエレベーターが動き出し、
    無事に外に出られた。
    もう腰が抜けかけて、息子抱えて転げるように飛び出した。
    ナースステーションでアワアワと説明して泣いたが、息子はもうグーグー寝てたw


    エレベーターはすぐに修理が来てくれたらしいが、故障箇所がよく分からず、清掃だけして帰って行った
    と、かわりに怒ってくれながら病院の助産師さんが言った。
    息子は元気でもうだいぶ大きくなってる。

    227 :鬼女日記 2014/05/06(火) 18:57:53 ID:J9VvT6udv
    小学校の頃、友達と河原で遊んでたら一台の乗用車が停まっていた。
    遠目からでも車が、ギシギシと言った感じに揺れ動いていたので、友達が「セ○クスしてんじゃないか」と言って見に行こうぜと私を誘ってきた。
    口では「興味ないよ」と言っていたけど内心ムッチャ興味があったので友達の後ろで身を低くしてついて行った。
    10mぐらいまで近づいたら揺れと一緒に女の喘 ぎ声も聞こえてくる。
    でも、生活音が全くなかった気がした
    横からじゃ見つかるので、後ろから覗くことにした。
    1mぐらいまで近づいた時に、車の揺れや喘 ぎ声がなくなっていた。
    私はバレたと思ったので、友達の手を引いてやめようと言ったが、私の手を振り切り車の窓ガラスに覗きに行ってしまった。
    暫くしても友達が何の反応もないので、「どうだ?」と声をかけるが私の横まで降りてくると、お前も覗けと言わんばかりにリアウィンドウを指さした。
    聞いても教えてくれないので、私も覗くことにした。
    見つからないように物音を出さないように覗きこむ。
    「・・・・」
    車の中には誰も乗っていない上に、シートとかがボロボロだった。
    車の外見は洗車してきましたと言ってもいいぐらいピカピカなのに。
    一応、帰りに友達と神社にお参りに行った。

    288 :鬼女日記 2014/06/24(火) 17:43:14 ID:GqJITiytD
    実家に住んでた頃の話。
    2年くらい前の、今くらいの時期。

    実家の2階に自室があってさ、休日昼寝してた。
    一階から父の声で「おーい」。同時に、階段の壁をコンコン、と叩く音。
    父は私を呼ぶとき、毎度、それをするのな。

    起されたことに苛立ちつつ部屋から「何?」っていうも返事なし。
    「なんだよ!」って起き上がって時計見たら午後4時ごろ。夕飯まで寝てるつもりだったんだけど。
    そんで、一階に降りて居間に通じるドアあけて
    「なんだよ」
    って声かけたら、なんか来客中だったみたいで、私に背を向けて、座布団に壮年の男性.が座ってる。
    顔は見えない。
    そんで父が、床に正座して、深々と、その客人に頭さげて、
    「有難う」って言ってんの。

    何この状況!?と思いつつ、寝起きで喉渇いてたんで、
    「失礼しますー」みたいなこと言いながら、その客人と父の横を通りぬけて居間の奥へ。
    そこからキッチンに行けるんでね。お茶でも飲もうかと。

    そしたら、そこで目に入ったのが、父の遺影と仏壇でね。

    「あ!」
    って思って振り返ったところで自室の布団で目が覚めて。

    「あー、変な夢みた」
    と思って起き上がり、居間に行ったら、母が客用の湯飲みとか、コースターとか菓子器やらを片づけてんの。

    誰か来てたの?って聞いたら
    「葬式には出れなかったけど、って、お父さんの古いお友達が来てくれてね」
    線香のにおいが、まだ部屋に残ってた。

    あー、父からしたら、俺にも挨拶させたかったんだろうなー、と思ったわ。
    そんで、父は、すごく、その人が来てくれたことがうれしかったんだろうなー、と思った。

    父が亡くなって半年後くらいの話。
    「よくある話」って思うかもしれないけど、実体験。

    378 :鬼女日記 2014/08/03(日) 18:40:53 ID:yzx34L8rm
    いとこの話、伝聞調にするとウザいんでいとこ視点で書きます。
    あと、若干オカルト注意

    私の母の実家は代々霊感もちが多め。
    私や叔母は全然ないけれど、祖母、母、妹、兄娘などが若干の霊感もち。
    でも霊が祓えるほどではなくて
    「なんとなくいいものか、悪いものかわかる」程度と聞いていた。

    結婚して6年目に旦那の不倫、不倫相手の妊娠が発覚。
    上手くやってきたと思っていただけに青天の霹靂。
    大混乱しつつ、再構築を希望し、別れない!!と主張する私に、
    離婚届(記入済み)と「俺のことを忘れて幸せになれ」という手紙を
    置いて旦那は逃亡&転職してゆくえ知れずに。
    貯金は慰謝料として(?)3分の2ほど残してくれていた。

    私はショックのあまり寝込んで、実家で静養することに。
    しばらくして夫からlineで連絡が入るようになる。
    結構な長文で離婚届の提出の催促と、
    私の健康を心配する内容だった。
    返信はしたが、どうしても離婚届はだせなかった。

    ある日、旦那からのlineをみたら、
    「いやだ!タヒにたくない!!」っていう旦那の絶叫が耳元で響いた。
    びっくりして絶叫してスマホを投げ捨てた。
    私はてっきり、そういうボイスメール的な新機能をlineがつけて、
    旦那がそれを悪戯で送ってきたのかと思った。

    593 :鬼女日記 2016/04/03(日) 10:04:46 ID:he6
    長文失礼します

    少し前、友人に誘われ遊び半分で地元でそこそこ有名なホラースポットに行きました。
    そこでは特に何も起こらなかったのですが、帰る時に肩が重く感じたりして怖くなり直ぐに自宅へと帰りました。


    それからと言うもの、部屋で急にバンッと大きな音がしたり(誰もいないし何も触っていない)刃物独特の嫌な音がしたりして不安な思いを抱えながらいつも通り会社へ行っていました。

    その途中、やけに綺麗な女の子(以下Aちゃんと呼びます)を見かけました。Aちゃんは白いシャツに黒いリボンタイ、膝までの黒いフレアスカートの白黒な服装が印象的で自然と目で追っていたらいきなり私の方を見て声をかけてきました

    Aちゃん「…いきなり不躾ですみません、お時間ありますか?」

    私「はあ…○時までなら…」

    Aちゃん「じゃあちょっとあそこの公園で…」

    家に長く居たくなかったので早めに出ていたので了承すると、Aちゃんが公園のベンチで話を…と言ってきました。
    正直このAちゃん、可愛らしいけれど服装が中二病ぽいし良いとこのお嬢さん感があったからからかわれているのかなとも思ったけれど話を聞いてみる事に。


    Aちゃん「またいきなりで申し訳ないんですが…貴方どこか変な所行きました?」

    私「変な所?」

    Aちゃん「あー…えっと、何か身の回りでおかしい事起きてません?いわゆる霊的な物みたいな事」

    私「えっ」

    いきなり何言い出すんだと思ったのと見透かされてるようで恐ろしかったのが半々で、そう思うと何だかAちゃんが奇妙に思えて思わず怪訝そうな顔になってしまいました。


    Aちゃん「あ、別に怪しい勧誘だのお金くれくれ詐欺とかじゃないんで安心して下さい」

    慌ててそういうAちゃんに人間味を感じでちょっと安心しました。
    安心した所でホラースポットに遊び半分で行ってしまった事、身の回りで不可解な事が起きている事を説明するとどんどんAちゃんの顔が険しくなっていきました。

    Aちゃん「お姉さん、そういう場所は遊び半分で行く場所では無いんですよ。………。」

    私「すいません…。……あの?」

    私の方を見てジッと何かを見つめているAちゃん。初めは怒って睨んでいるのかな、と思ったけれど余りにも長いし睨んでいるわけでも無い目で見られててちょっと怖かったので声をかけました。
    そうするととんでもない返答が返ってきました。

    Aちゃん「刃物…、包丁…じゃない。…ハサミ?…お姉さん、ハサミに今日気を付けた方が良いと思います。」

    私「え?」

    Aちゃん「会社行って、帰ってから友人か誰かと一緒にいた方が良いと思います。ハサミ、気をつけて下さい」

    71 :鬼女日記 2018/11/27(火) 14:04:49 ID:7Fy
    父が亡くなって1年ほど経った
    先日、実家の母に会いに行ったら、タヒんだ父を夢に見たそうで興奮した面持ちで報告された
    何でも父は上半身がネ果、下半身はトランクス一丁という出で立ちで現れたらしく、キリッとした表情で「〇〇(地元の百貨店)に行くぞ」と誘ってきたらしい
    母は父の格好に戸惑いながらも、「でもあなた、そんな格好じゃ失礼よ」と控えめにツッコミを入れたそうだ
    結局「見た目は問題ではない」と押し切られて2人仲良く買い物を楽しんだとのこと
    父は生前は自動車学校でも有名な鬼教官だったのに、あちらに行ってからハッチャケたんだろうか
    夢の中でも突っ込まずにはいられないツッコミ属性.の母も気になるところ
    でもまあ母の憂顔が久しぶりに晴れたのは喜ばしいことだと思う

    父gj(せめて靴下を履こうな)

    912 :鬼女日記 2016/04/14(木) 00:05:19 ID:M0Y
    5か月の息子、夫や私が必タヒにあやしまくってごくたまに「ぐへっ」てちょっと笑う程度

    しかし2歳の姉に対しては、目が合うだけでもニコニコ、
    姉がジャンプしてるのを見て爆笑、
    いないいないばぁをされたら釣りたての魚ばりにビョンビョン跳ねて大喜び

    何が違うんだ……

    1 :鬼女日記 2014/08/24(日) 17:40:36 ID:LIonV4aoZ
    前世っぽいことも言ってて怖くなった
    絶対4歳じゃ知りえないこととか言ってたしガチかもしれない

    このページのトップヘ