不思議な話

    358 :鬼女日記 2018/02/17(土) 10:38:32 ID:EgvHBVpJ0.net
    久々に仕事で前に住んでいたマンションの近くにいったら
    アパートが壊されて一戸建ての分譲地になってたから、ちょっと書いてみる。

    5年ほど前の話。
    当時、俺は一人暮らしをしていた。
    その頃住んでいたマンションの北東の方向に、ボロいアパートがあった。
    その2階の一番端っこに頭のおかしい爺さんがいた。
    24時間、365日、雨の日も雪の日も真夏でも窓を半分くらいあけていて、電気も常につけっぱなし。
    その窓からは白い布?で覆った家具(多分)が見えていた。
    そして、昼夜問わず、突然窓から顔を出して
    「お前がコッチを見てることはわかってるんだ!」
    「タヒね!」「俺を監視しても無駄だからな!!」等と喚いていたり、水(のようなもの)を道路に向かって投げつけたりして
    警察が来ることもあったし、そいつのせいでアパートや近隣のマンションから引越す人もいたが
    警察も役所も、具体的に何かするということはできなかった模様。

    当時、俺は土木関係のバイトとして日銭を稼いでいて
    その日は遠方での作業を終えた後、帰る途中で高速道路の渋滞に巻き込まれて数時間身動き取れず
    しかも、帰った後でトラックや重機の掃除をいいつけられて、事務所を出たのは午前1時を過ぎていた。
    翌日は仕事がなかったこともあり、帰る途中に牛丼を食い、コンビニに寄って買い物をして
    マンション近くに借りている駐車場に着いたのは、もうすぐ午前2時15分、という時間帯だったのを覚えている。
    駐車場をでて、ちょうど頭のおかしいオッサンのいるアパートの前にさしかかった瞬間、異様なものをみた。

    572 :鬼女日記 2017/09/09(土) 15:24:43 ID:0ft7rVe00.net
    初カキコ
    10年前の話。

    私は中学のとき不登校で、あまり家にも帰ってなかった。
    そのとき知り合った年上の社会人の彼氏の家にほとんどいて、卒業式も出ないまま中学を卒業。
    卒業して1ヵ月妊娠が発覚、2人で育てると決め1度実家に帰ってる間に彼氏が薬物で逮捕された。
    (産むことは両親も賛成してくれていた)
    混乱したまま慌ただしく女の子出産、そのまま彼とは手紙のやり取りはしたものの結婚は難しいと思って1人で育てると決意。

    アパート借りて子供と2人、仕事に子育てと忙しい毎日を過ごしてた。この頃のことは本当に鮮明に覚えてる。
    子供が2歳になり、誕生日を祝ったことも覚えてる。
    2歳になった年の冬、朝起きると子供がいなくてパニックになって警察に連絡した。
    その間に両親に連絡したら、何言ってるの?子供なんていないでしょ?混乱してるところに警察到着。
    子供がいなくなった!とパニックになってるところに両親到着して、子供なんていない!と言い張る。
    携帯の写真を見せようと携帯の写真フォルダを開いても子供の写真なんて1枚もなかった。それどころか子供のために買ったはずのものが何一つ残ってなかった。
    この日はパニックになりすぎてよく覚えてないけど、とにかく子供がいない!どうしよう!って叫んでた。
    誰かに嵌められたんだと思った。
    それから何日経っても子供は帰ってこなくて、私は両親に病院に連れていかれて家に連れ戻された。
    私の妄想の中の世界で片付けられた。
    未だに子供を産んだときの記憶もあるし、子供と遊んだ記憶もある、写真だってたくさん撮ったはず。
    でも戸籍を確認してもいなかった、産院にも問い合せた。母子手帳もない。子供を預けてたはずの保育園は存在すらしなかった。毎日自転車で送り迎えしてたのに。
    それから毎年子供の誕生日はお祝いしてる。今年小学校を卒業する。

    未だに自分でも理解が出来ない。
    こんなことって本当にあるんですか。
    私にとっては現実だったはずなのに。
    今は普通の生活をしてますが、受け入れるのにかなりの時間がかかりました。
    書いてみるとあんまり怖くないですね。

    220 :鬼女日記 2016/02/24(水) 21:57:11 ID:1SJ
    私は5才からずっと日記をつけている。毎日かかさずね
    現在32なので凄い量になってて本棚に飾ってる。
    ・絶対に愚痴を書かない。
    ・楽しかったこと嬉しかった事しか書かない。

    ・嘘はかかない

    ・1日必ず一言かく

    って感じでお陰さまで文字は綺麗です。

    でも14~17歳までの3年間だけどこを探してもない。
    捨てた記憶はないから間違って古本屋に売ったかも知れない。

    すごく不安だけと変なことは書いてないと思う。

    226:名無しさん@HOME2016/12/25(日) 00:20:22.51
    私個人の未だに謎が残る修羅場。
    たぶんここに書いてある他の修羅場よりしょぼいし、呆れられると思う。
    中学3年生の時、本屋で当時流行ってた携帯小説のコーナーを見ていた。
    それで、1冊買うことにした。
    レジでお会計済ませて帰宅。

    帰宅してバッグの中見て血の気がひいた。

    なぜか、買った本と同じ本がお会計してない状態で1冊入ってた。
    私の頭の中で、「レジ通してない=万引き=ハン罪」という公式が浮かんだ。
    もう大パニック。
    なぜなら、自分の中でバッグにいれたという自覚がまったくなかったから。
    本当に記憶になかったから、無意識だったんだと思う。
    親にパニックになりながら泣きついて事情を説明。
    親が私の言うことを疑わずに信じてくれてよかった。
    レジ通してない方の本は親が本屋に返しに行って、店員さんに事情を説明してくれた。

    この件は未だに謎。
    この出来事があったのは夏で、私は夏用のかごバッグを持っていたんたけど、バッグは肩にかけていたし、バッグの幅が狭かったので、私の横で本を見ていた人が、私を陥れるためにこっそり本1冊いれるってことはほぼ不可能。
    それに、いわゆるハードカバーの本だったので、それなりに重さと大きさがあり、カバンにいれられたらいきなり少し重くなるので気付くはず。
    夏で暑かったから頭がボーッとして、
    わたしが無意識のうちにいれたっていうのが一番しっくりきてしまう……。

    ちなみに、その本屋は一応監視カメラあるんだけど、
    いれた時点で店員に気付かれなくて本当によかったと思う。
    あと、他のお客さんに気づかれなかったのもよかった。
    その時、中3。
    1年もしないうちに高校受験があったから。
    推薦もらえなくなる可能忄生大だし、私の頭じゃ一般で受験するってなったら、
    底辺高しか受かりそうもなかった。
    店員に捕まったら、親だけではなくて学校に通報されることもあるからね。
    そしたら、学校で噂が広まって受験を控えてるのに不登校になっていたかもしれない。

    私はクレプトマニアではない。
    バッグに記憶にないものが入っていたのはこの1回のみ。
    お店で商品をこれ盗りたいなって思ったことは1度もない。
    でも、このことを思い出す度に自分が怖くなる。

    617 :鬼女日記 2015/12/30(水) 10:41:26 ID:Y4C
    自分は鈴木花子(仮名)で父・太郎と母・春子の間に生まれて姉・夕子との二人姉妹。
    幼稚園の頃に仲良しだったあっちゃんと遊んでた時に2人で階段から落ちて頭を怪我した事がある。
    小学校2年の時に体調悪くて教室で吐いてしまった事があってしばらくは「ゲロハキン」ってあだ名つけられて不登校になった。一か月程度だけど。
    中学校では軽めの厨二病にかかってこっそり自分専用の黒魔術の呪術書を作ってたら姉に見つかりタヒぬほど笑われた。
    好きな人もいたけど告白したりましてや付き合ったりなんて事はなかった。
    高校では初めての彼氏が出来た。けど1年くらいで別れた。相手の浮気が原因。
    それがちょっとトラウマになって高校時代の恋愛はこれで終了。
    大学入学すぐくらいでサークルの先輩に一目惚れ。猛アタックの末交際する事に。
    別れてくっついてを繰り返しつつも卒業と同時に彼と結婚。
    2年後には女の子を出産した。名前は私から一つとって花。
    旦那は絶対女の子がいい!って言ってたからもう大フィーバー。
    仕事帰りに毎日ロンパースだのおもちゃだのと買ってきて私に怒られてた。

    っていうのが全部自分の妄想?の話だと気付いた時が修羅場。
    本当の自分は鈴木花子でもなければ父は太郎でもないし母も春子じゃない。
    姉なんて存在しないし、私の記憶にある思い出は全て起こってない事ばかり。
    そもそも自分は女ではなく男だった。
    だからもちろん花を産んだりなんてしてるわけもない。
    今はもうあれは頭の中で作ってしまっただけの世界の事だったんだと理解してる。
    思い出や親兄弟の事は整理がついた。けど娘の花の事だけが諦められない。
    陣痛に苦しんだけど元気にオギャーと出てきてくれて、夜泣きがしんどかったけど母乳で育てて添い乳しなきゃ全然寝なくて。
    ギャン泣きしたら自分が抱っこしなきゃ泣き止まないあの子が偽物だったなんて、その事だけが信じられない。

    418 :鬼女日記 2015/11/25(水) 13:39:08 ID:OVv
    第三者視点の修羅場で申し訳ないが書き込ませていただきます。
    当初専門学生だった俺は昼にバイトが終わり余った時間で買い物しようか
    飯食いに行こうかと予定を考えながら原付バイクを走らせてた。
    んで赤信号で停止してたら前の車のほうが騒がしい。
    なんでも後続車が車間距離を詰め過ぎてたせいか先頭の車が煽られてたと勘違いし
    前後の車の運転手が車から出てきて怒鳴りあって互いに胸倉掴みあって喧嘩を始めてしまった。
    どっちもガタイの良いDQNって感じで似たもの同士な感じだった。
    両者大声で怒鳴りあって信号が青になっても進まず大渋滞
    ビービーバッシングが鳴るもそんな物お構いなしに二人は怒鳴りあうだけ

    互いにスタミナ切れたのかお互い抱きしめあったまま動かず…
    そしてしばらく経って目を疑うような瞬間が

    いきなり喧嘩してたDQN二人が男同士唇と唇をかさねてキスをはじめた。

    片方のDQN男が涙を浮かべながら片方のDQN男の旨に顔をうずめて抱き合って一瞬だがバッシングが止む

    俺もなんだこりゃ…みたいな心境だった。

    すると直後パトカーのサイレンの音と共に警察がマイクで

    『ほら、詰まってるから早くいきなさい!』

    警察のマイクにびびった二人のDQNはとっととそれぞれの車に乗り込み行ってしまった。

    一体なんだったんだあれ…(’A`)

    641 :鬼女日記 2016/10/16(日) 15:45:30 ID:tec
    幼稚園児だった時の話

    当時両親は共働きで、私は幼稚園が終わってもすぐ帰宅できず、母親の働く個人経営の小さな喫茶店に連れて行かれ
    勤務終了までは店内や近隣で遊ぶのが日課だった。
    人見知りで臆病で大人しかった私には、外で遊ぶにしても隣の家や店舗の路地をちょっと行って帰ってくるぐらいが精一杯だった。
    喫茶店の左隣は、一階店舗二階は住宅があり、二階へは外階段で登れるようになっていた。
    時折中年女性が上り下りするのを見ていたので、誰かが住んでいたのは子供の私でも理解していた。

    そんなある日、その二階の住宅のドアが全開しており、なんとなしに私は階段を上ってみると、そこにはパジャマを着た同い年くらいのショートカットの子供が床に座っていた。
    私は他人の家に勝手に入ってしまった事を思い出し、慌てて階段を降りようとしたのだが、その子供に何かを言われてその場にとどまった。
    だが臆病だった私は「ごめんなさい」を言うのが精々で、頭を下げて謝ると、その子は手を振ってバイバイをしたように見えた。
    私は他人の家に勝手に入った事を母に怒られるのではないかと思って、怖くて黙っていたのだが、幸か不幸かそれについて母からも話は出なかった。
    そしてそんな事があった事も次第に忘れていった。

    時が過ぎ私も大人になり、ある日母と雑談をしている時に、その喫茶店の話が出た。
    当時の母の苦労話を聞きながら、ふと私が「そういえば、隣に私と同じくらいの子供がいたよね」と話を振ると
    母から「そんな子供いなかったよ?」と言われたのが人生で一番の衝撃だった。

    母によると、件の二階には中年女性しか住んでおらず、また喫茶店のあった近隣には当時の私と同じくらいの歳の子供は記憶にないとの事。
    それが事実なら私は一体誰と話をしたのかが、ものすごく不思議なのだが、母も四六時中二階の住人を見てる訳でも
    事情を深く知っている訳でもなく、また私も記憶が曖昧で思い込む事もある幼稚園児だった事を考えると、私の思い込みだった事も否めない。
    だが今でもあの子供のパジャマの色とかヘアースタイルとか、玄関から見た家の中とかはっきりと覚えてるんだよね。
    何をしゃべったのかは覚えてないけど。

    748 :鬼女日記 2018/03/07(水) 12:57:05 ID:r+ZuWlAE0.net
    ありがちな話なんだが先日の出来事

    休日に散歩がてら隣駅の街中をぶらついてて、向かい側の歩道に公園が見えたんでそこで休憩取ろうと思って歩道橋を歩いてた
    土曜日って事もあるし人も割と居てどこでもすれ違うんだけど、歩道橋の降り口のすぐ手前に微動だにしないラフなTシャツGパン姿の若いお兄さんが居る
    寒そうだな~とチラ見した瞬間にふっと目が合ったかと思ったら流れるような動作で手すりを乗り越えてしまった
    思わず息を飲んだのだけれど飛び降りた真横の階段から昇降する人も後ろから来た人、歩道を歩く街中の人達誰1人お兄さんに気づいていない様子
    血の気が引きつつも気になってしまい、階段を降りきってみたらその人の姿はなく、代わりに少しズレた位置のガードレールの下に枯れかけた花束と封の空いた缶ジュース

    異様な雰囲気も纏わず、自然体で街中の風景に溶け込んでる幽霊?が新鮮だったw
    特に何もせずに帰宅して2週間くらい経つんだけど先日、最寄り駅の改札前に似た感じの姿のお兄さん居たんだよね
    家まできたらどうしようw

    930 :鬼女日記 2014/03/09(日) 23:55:54 ID:78NtgLyW
    少し前に、昼間に自宅にいるとチャイムが鳴ったので玄関に出たら
    スーツ姿の若い女の子が立ってて
    「○○という焼肉屋をご存じですか?この近所なんですけど。その宣伝に来ました」
    という内容の事をまくし立てた。
    「知らないなあ。どの辺?」と聞くと
    「えーと、あっちの方です!」と駅とは反対方向の住宅街の方を指差す。
    「チラシか何かあれば頂きますけど」と言ったら(宣伝チラシ受け取れば帰ると思った)
    「はい!あります!」と鞄からラミネート加工のメニュー表を出してチラッと見せてすぐにしまった。
    んで「すっごく美味しいんでぜひ来てください!」と自分の名刺だけ置いて帰ったんだけど、
    名刺見たら「○○企画(株) ○山○美」みたいな感じで焼き肉のやの字もなかった。

    名刺はすぐに捨てたけど、
    後からなんだったんだあれ…と薄気味悪くなった。
    宗教の勧誘とか色々な人が来るけど、あんなに意味不明で気持ち悪かったのは初めて。

    このページのトップヘ