不思議な話

    230 :鬼女日記 2020/02/21(金) 02:39:24
    書きだめたので書き込みます。
    そんなに怖くないですが、少し長くなります。
    これは小学生のころから、去年までの話なので。

    これの始まりを私は明確にいつと言うことは出来ない。
    気づけば彼女を見るようになっていました。
    最初に見たのはまだ小学生の時です。
    二階のリビング。カーペットを敷かれているそこで寝ると、夢と現実の間で女性.を見ました。
    その人は白いワンピースを着て、髪の長い人でした。リビングの入り口から部屋に入ってきて、私の方に近づいてくるんです。怖いとは思いませんでした。彼女はとても優しく笑っていましたから。
    それから、度々リビングで寝ると彼女を見ました。絶対に見る! というわけではありませんが、結構な確立で見ていました。でも、私には夢か現実か判断が出来ませんでした。

    そうして時が経って、専門学生の時になったときです。
    私はだんだんと自分の家族がおかしいという気持ちを確信に変えていて、家を出たいと思い始めた頃です(毒親だったんです)。
    そのころにはリビングで寝てもあまり女性.を見なくなっていました。多分、夢だったんだろうな、と思っていたんです。(たまに母に、この家のリビングには綺麗なお姉さんが居るんだよといっていましたが)
    ある日の夜です。これから夕食を作ろうと一人でキッチンに立っている時に、ふと視線を感じました。
    うちの家のキッチンはカウンター型だったので、キッチンに居ながらリビングのドアを見ることが出来ます。

    リビングの入り口に、女性.はいました。

    一瞬、それが誰か私にはわかりませんでした。
    彼女はいつも優しく笑っているイメージがあったからです。でも、そこに立っている彼女は笑っていませんでした。
    無表情で私の事を見ていました。
    綺麗だった長い髪は肩当たりでぼさぼさになっていて、服はどろでぐちゃぐちゃでした。
    息が止まりました。怖い、と思う前に、彼女は消えていました。それが現実で私が彼女を見た最初で最後です。

    383 :鬼女日記 2020/03/09(月) 13:10:38
    ほんとついさっきの話

    5歳の子供と犬連れて近所の公園行ったんだわ

    隣接する道路から見ると丘の上に森があるだけみたいに見えるが公園らしい
    外から中の感じがわからなかったから今まで行ったことなかった
    遺跡だか古墳だかを公園にしたって聞いた

    522 :鬼女日記 2015/05/21(木) 18:13:55 ID:Kz3JHekJ0.net
    一歳7ヶ月。
    生まれた時から地黒で、
    赤ちゃんから使える日焼け止めとか塗っているけど毎日どんどん黒くなってる気がする。
    地黒だからなーと思うけど首や手のくびれの内側は白いんだよね。
    生後間もなくから10日程、24時間光線治療してたけど浅黒いのはそのせいだったのかな?生まれた瞬間は赤くて分からなかったとか?
    両親ともに色白なので謎…
    ちなみに生後すぐ調べられていた血液型も、夫Oで私Aなのに子どもはAB。
    謎だ。

    821 :鬼女日記 2015/04/04(土) 13:07:16 ID:P8C
    私が新卒で入った会社での話。フェイク有

    職場内サークル仲間でハイキングに行こうぜ!という話になり
    4人車出してくれて乗り合わせていった(ガソリン代はサークル経費持ち)
    うち1台の内訳 私助手席、Aさん運転、BさんCさんDさん後部座席

    車内はなごやかで話も弾み、Bさんは口数少なめだったけど
    特に気にしてなかった、その時までは

    しばらくすると急にBさんがスピード落とせ、ブレーキ踏めと言い出した
    は?と振り返る私、なんで?とびっくりするAさん
    早くしろ間に合わなくなるとさらに語気を強めるBさん

    振り返ってかろうじて見えたBさんは顔面蒼白だった
    いいからブレーキ!!と叫ぶBさんの声と同時に急ブレーキ

    反射的に前を見ると子供の首が見えた
    正確には首から上が
    ポカーンとしている子供の顔

    33 :鬼女日記 2014/09/13(土) 14:04:54 ID:iZR2Y4z90.net
    俺的には、というか俺だけが洒落怖だった話。

    姉貴の友達に、霊が見える人がいて、ある日その人(以下、友子さんとする)をうちに連れてきた。なんでも守護霊を見てもらうらしい。
    たまたま俺も家にいて、姉貴は俺にも見てもらえとうるさいので、渋々従う。

    友子さんは俺の方を見るなり一言、「あ、カッコいい」と言った。
    曰く、背中に大きな刀を背負って、鎧を着たお侍さんが俺の後ろで、腕を組んでたたずんでるそうだ。
    しかもつけてる鎧が、戦国武将みたいなやつじゃなくて西洋の鎧っぽい感じで、全身をガッチリ覆ってはおらず手足と上半身だけに付けてるらしい。
    着物の上からそんな感じの防具を着て、陣羽織を羽織ってて、それがアニメやゲームのキャラっぽい印象で、それで第一声が「カッコいい」だったようだ。

    友子さんは俺のそんな守護霊に興味を持ったらしく、その日以降も遊びに来ては俺を霊視した。
    そしてまた別のある日、友子さんは一人でやって来た。姉貴じゃなくて俺に用があるらしい。
    凄く真面目な顔だったので、部屋に入れて、話を聞く事にした。

    「あのね、あなたの守護霊のお侍様なんだけど」
    「はい」
    「実はその人、守護霊じゃないの」
    「……はい?」
    「何回か霊視して、お話も聞いてみたんだけど、お侍様はあなたの作った守護精霊らしいの」

    と言われた瞬間、背中がゾワッとした。

    うちのじいちゃんはオカルト雑誌の愛読者で定期購読してて、バックナンバーも大事に保管してた。
    俺が小6の時、その古い号に載ってたのが守護精霊の作り方という記事で、役割と名前、その他いろいろな設定を与えて、自分の願望を叶えるための精霊を自分で作るというもの。
    細かいところまでイメージしやすいように、下手でもいいから実際に絵に描いた方がいいとあったので、当時の俺は守護精霊専用ノートを作って、そこに自分を守ってくれるサムライチックなヒーローを描いた。

    45 :鬼女日記 2014/09/12(金) 00:10:57 ID:tGnuWAOt.net
    多少オカルトチックなところがあるから嫌いな人は読み飛ばしてください

    高校の頃電車通学で当時同じ高校だった嫁と毎日一緒に通学してました
    ある日電車乗り込んだらすんごいイビキをかいてる薄汚いおじさんがいて、俺と嫁はそのおじさんの斜め向かいの席に座りました
    嫁がおじさんを目を皿のようにして見ていたので、うるさいなら車両を変わろうかと提案しました
    すると嫁は首をかしげながら、あのおじさん、すこし黒くない?というのです
    たしかに擦り切れた汚れた服は着ていましたがら別段黒いとは思わなかったのでそう伝えると、そうではなくて、雰囲気というか、全体に陰りがある、目で見る見え方は普通なんだけど、何か陰ってるというのです
    私はちんぷんかんぷんでした

    電車はそのまま一時間ほど乗り続けて終点までいくので、いつしか嫁は舟をこいで眠っていました
    そして終点についたので嫁を起こすと、( ゚д゚)ハッ!と目をさますなりおじさんの方をみて
    「大変だ!この人タヒんじゃう!駅員さんを呼んで!」
    と周りに叫んだのです
    いびきしてない!動かしちゃダメ!タヒんじゃう!とそればかり言っていました
    終点の駅の側には大きな私立病院があったため、おじさんはそこに運ばれていきました

    詳しいことは忘れましたが、脳内で出血が起きたりするとよくある症状で、眠っているように見えるので気づかれないことが多いと聞きました

    そのおじさんが助かったのか解りません
    目の前で人がタヒにかけていること、それを嫁が良くわからない黒い雰囲気で見抜いたことが脳内のキャパシティ超えて修羅場でした

    241 :鬼女日記 2007/12/13(木) 18:33:30 ID:NJpIOnvxO
    オカ板、エニグマスレから

    292:本当にあった怖い名無し :2007/12/13(木) 13:09:41 ID:y0bl/HdOO
    うちは猫が2匹兎1匹ハムスター1匹いるんだが猫の話

    俺が風邪引いて熱がかなり出て意識朦朧としてた時誰もいないはずの隣の部屋から声が聞こえてきた
    どうやら俺の熱をどうやって下げるか話してるみたい
    3種類声聞こえてたから誰か喋ってないやつがいるがwww

    夢かと思ってたが最後に聞こえてきた「とりあえずなめるか」って声と本当にでこをなめに来てすごくびっくりした


    -----------
    その後住人の推測から、おそらく議論に加わっていないのはハムスターではないか、
    という結論になりそうです

    176 :鬼女日記 2016/09/22(木) 02:37:31 ID:9Aks+Iff0.net
    おばあちゃんの葬儀を父の知り合いの葬儀社でお願いしたんだけど、
    葬儀から二週間くらいたったくらいに葬儀社から電話がきて、
    おばあちゃんが葬儀社に居ついてしまい困っていると言われた。
    会館の人が作業していると後ろに立っていたり、ドアの隙間からこちらを見ていたり、祭壇の裏や地下駐車場に隠れていたり。
    ばあちゃんの葬儀の後に親族控え室(泊まれる)を使った人からも、何かがいる気がして落ち着かないと、クレーム的なものが数件あったらしい。
    費用はこちらで負担するから、もう一度ご住職を読んでお経をあげようと提案されて、
    もう一度家族で会館に出向き、ご住職に読経をあげてもらった。
    それからしばらくは何もなかったみたいなんだけど、
    今度はうちの母親が、おばあちゃんが夜中に部屋を覗くと言ってノイローゼみたいになってしまった。
    夜中に寝ていると、静かにドアが開いて、隙間からおばあちゃんが部屋を覗くらしい。
    同じ部屋に寝ている父も、おばあちゃんの姿は見えないけれど、ドアが開くのは何度も見ていた。
    またご住職を呼んだけれど、おばあちゃんは部屋を覗くのをやめなくて、
    父と母は家を人に貸してアパートにうつった。
    人に貸してる家の管理会社に弟が勤めているけど、今のところクレーム的なものはないみたい。

    598 :鬼女日記 2019/06/02(日) 23:08:37 ID:Nyo0coyU.net
    自分は>>588なんだけど、ついでに書いてみる

    自分が9~10歳の頃の話だからうろ覚え
    妹(午年生まれ。ひのえうまではない)が1歳を過ぎてやっと歩けるようになった頃、母が「この子を一度山に捨てて来なきゃいけない」と大真面目に言った
    育てられないから要らないとか山に贄にしなきゃいけないという意味ではなくて、一度山に置き去りにしてその子が自力で戻って来るか通りすがりの誰かに拾われて無事に帰って来なきゃならないようだった

    地元の風習なのか、風習にしても何の為なのか分からない。元気な子に育つようにとの願掛け・一升餅感覚の行事なだけなのかもしれない
    父や祖母がどうしてたかが全く記憶にないから、最悪は母が信仰宗教でもやっててまじない的な意味で指示されたのかもしれない

    34 :鬼女日記 2019/11/11(月) 22:38:46 ID:9jA
    影薄すぎて気づいてもらえないって本当に有り得るのかな?
    身に起こる不思議のひとつなんだけど、

    小さい頃から家族とか友達と数人でいる時に、最初からずっとすぐ真横を歩いているし、会話にも混ざってるのに
    「あれ、あいつどこいった?」と、
    突然消えた扱いになる

    駅のホームの最前列で並んでて、まだ後ろもそんなに並んでない時、何故かみんな自分にぶつかっていく
    相手が携帯いじりながらって言うのもあるんだけど、まるで壁にぶつかるかのように当たり前に自分に当たっていく
    でも携帯いじりながらでも壁には当たらないだろうからそれが不思議

    まれに自分に全く気付かずぶつかって、びっくりして両手が前に出て、
    まるで横から抱きしてられるようにぶつかられることもある。
    あんまりにも自然にふんわり抱擁してくるかのようにぶつかってくるから、
    知人が自分のこと見掛けてちょっかいでもかけてきたのかと思って横見ると全然知らない人で、お互い一瞬フリーズする。
    のだが、相手は何にもぶつかっていないのか、不思議そうにパチクリまばたきしてからまた自然と歩き出す

    他の人にはぶつからないのに、何故かみんな自分にだけはぶつかっては不思議そうな顔して避けていくんだよね
    友達との待ち合わせで壁の花になってても、気付かず私を押しつぶすように立ってきたりとか、
    全く知らない人達が自分を中心に待ち合わせし始めて、私を追い出すでも避けるでもなく、取り囲んだまま円形になるまで増えて、そのまま盛り上がってるとか

    壁に張り付いてるのにぶつかってくるってことは、そもそも壁との感覚がわかってない人なのかな?とか思うけど、ぶつかった後不思議そうに通り過ぎるの見るとこっちも不思議な気持ちになる

    あれ私が見えてないってことだよね
    認識できてないのかな?
    私自覚ないだけで、実はタヒんでるのかな?って思う

    このページのトップヘ