婚約者

    688 :鬼女日記 2017/07/03(月) 11:51:39 ID:Io6
    昔からやたら気が強くてあんまり仲良くない年子の妹から、久しぶりに電話来た
    要件訊いたら、数年付き合った彼氏と婚約するというので彼氏の家まで挨拶行ったんだと
    「めでたいじゃん」って言ったら、挨拶行った翌日、彼氏から『結婚契約書』を渡されたんだと
    「離婚の時の財産分与をどうこうとかってやつか」って言ったら、
    「違う、何かおかしいの」って言う

    取りあえず画像データで送って貰ったら、
    『結婚したら、甲(妹彼氏)を主人と敬い、意見を尊重しうんたら』
    『働かない妻は家を潰す妻、朝夕は家事、昼間は外で仕事、夜は子供を寝かせたら夫を労いうんたら』
    『子供は3人、必ず1人は男を産む、1人目は女が好ましい』
    とかもう書ききれないくらいびっしりA3くらいの紙に文字が印刷してある紙
    タイトルは結婚契約書、ってなってるけど、
    さだまさしの亭主関白だってここまで言ってないってくらいの内容

    「え、これ何のギャグなの?」ってラインで返事したら、
    「いやマジよ、婚約したんだからハンコ押して渡せって、今まで全然こんなこと言う人じゃなかったのに」って来て、
    なんか暗い顔のスタンプ押してるから、

    「哀れww大ハズレwwスカwwうちの妹奴隷乙ww三十路前哀れwww」
    「おめでとうクソとご結婚、毎日足でもなめてご機嫌伺って旦那様とお幸せにwwww」とか
    書いて大爆笑のスタンプを何個も押しまくったら、
    「クソ兄タヒね」って返事が来て連絡が終わった

    その後母親から妹が弁護士挟んで婚約破棄したと連絡来た
    母親も妹に頼まれて一緒に弁護士事務所行って、件の結婚契約書見せたら弁護士大爆笑だったと言ってた
    「情けないよ全く、私はちっとも笑えなかったよ」とボヤいてた
    俺の父親も大概だったから、うちの女は男運が悪いのだと思う

    16 :鬼女日記 2016/03/06(日) 22:39:54 ID:VKP
    婚約者と一緒に、ある式場を予約したんだけど、
    そのすぐ後、招待する人数や食事の内容について、
    彼女から「あの時、私は本当はこうしたかった」と言われ、
    「どうして、その時言ってくれなかったんだ」と大喧嘩になった。
    以前から後出しジャンケンの傾向があった人だけど、
    もう我慢が出来ず、仲人を通して破談申し入れ。
    結納とかなしで話を進めていたため、終わりも呆気ないものだった。

    予約から3時間後、解約と前金払い戻しのために再び式場を訪れ、
    担当者から
    「さっき、婚約者の方とお見えになった人ですよね?何があったんですか?」
    と言われた時が人生最大の修羅場だった。

    14 :鬼女日記 2017/08/31(木) 21:35:06 ID:kgbhASOt.net
    たぶん婚約破棄されると思います。婚約中の彼からいま連絡を無視されてます。
    ついこないだまで将来について色々話し合ったりしてたのに…ちょっとした言い合いからまさかこんなことになるとは思いませんでした。
    立ち直れそうにありません。何もかも捨てていなくなってしまいたいです。どうしたらいいですか…生きる希望がありません。

    459 :鬼女日記 2015/12/29(火) 19:59:19 ID:3Ki
    昔、婚約者に捨てられた。
    相手が2歳年上で大学生の時から付き合ってました。私が25歳の時に結婚について話し合ったのだけど、婚約者に
    「仕事のことがあるし、俺が30歳になったら結婚しよう。」
    と言われて、それに私もオーケーしました。
    私も結婚までに頑張って貯金しようと、仕事を頑張ってたけど、約束から2年後に婚約者の浮気を知りました。
    結婚の約束をする前から浮気相手と付き合っていたらしく、付き合い始めてからは4歳下の浮気相手が本命で、私はキープだったらしいです。
    「28歳なんてオバサンだし結婚した時に新鮮味がないのが嫌。そんな奴養いたくないし、一緒に暮らしたくもない。」
    「今思えば、あんまり好きでもなかった。」みたいな事を面と向かって感情的に言われた上、浮気相手からもさんざん罵倒されました。色々としたに見られていたことも分かって疲れてしまい、結局お金だけもらって別れました。
    その後、少し病みかけたりもしたのですが、職場の人や友人が励ましてくれたのでなんとか持ち堪えてはいました。
    そんな中(別れた一月半後くらいから)、熱心にアプローチしてくれる一歳下の後輩がいました。婚約者と別れた後、男性とお付き合いするつもりが全くなかったので何度か断ったのですが 、諦めてもらえる様子もなかったので、じゃあ…ということでお付き合いすることになりました。
    かつて付き合ってた人と付き合ってる人を比較するのは良くないことですが、違いに驚かされました。
    元婚約者は(別に私のことが好きではなかったと言うのが結局の理由でしたが)寡黙で気の回らないどこか冷めた人でした。
    一緒にいてもあまり話しかけてくることもなく、ご飯を作っても黙ってテレビを見ながら食べるような人でした。記念日もあまり祝ってはもらえませんでした。その時は、そういう人なのかなと思っていましたし少しは気にもなりましたが、嫌いになるということはありませんでした。
    一方、後輩はどこか抜けているけども、純朴で子犬のような可愛さがありました。よく話しかけてきましたし甘えても来ました。そして、私が話しかけてもニコニコして話を聞いてくれました。ご飯を作ってもニコニコして食べてくれるし、記念日も祝ってくれました。
    何だかんだ言っても、後輩のほうが一緒にいても楽しかったですし、何より優しくて誠実な人柄にどんどん惹かれていきました。
    結局婚約者と別れてから半年位たった後に、「お試し(付き合えば冷めてくれるだろうと思った)」ということで付き合い始めたのですが、その頃には、私もその後輩のことが好きになっていました。
    そして更に半年したあと、元婚約者から連絡がありました。
    元婚約者も私と別れた後、すぐに浮気相手と結婚したらしいのですが、浮気相手が共働きなのに家にお金を入れない、家事もしない、と言うことで離婚するつもりだったようです。
    私はどう反応して良いか分からず、黙って聞いていると、
    「浮気相手とは別れる。約束の3年だし結婚しよう。家事もお前ならしてくれるだろう。もう貰い手も無いだろうし、俺が貰ってやるよ。」
    と意気揚々と言われました。
    この時に、かすかに残っていた未練も吹き飛んで、自分は本当に下に見られていたんだということが分かりました。
    それと同時に、歳も離れているのに、どうして後輩とこんなにも違うのだろうと悲しくなりました。
    そのまま、「今お付き合いしてる人もいるから二度と連絡しないで」といって電話を切りました。
    そのままその足で後輩に会いに行って、私からも後輩にきちんと告白して、やっとちゃんとお付き合いすることになりました。
    結局そこから更に1年付き合って、そのまま結婚し、今は娘がいます。
    最初は年下男性と付き合うなんて考えられなかったけど、今となっては旦那以外考えられないし大好きです。
    ただ今でも、二十代の多くをあんな男に費やしてしまったことが悲しくなってしまう…

    788 :鬼女日記 2012/08/30(木) 06:36:40 ID:7+OZGk8wO
    婚約同棲してた奴に階段から突き落とされて流産した他に女ができてたから。
    とりあえず杀殳してやろうと思ったけど、一生涯忘れられないようにしてやろうと思って、いつものように部屋で2人で過ごしてる時に隣で自杀殳未遂した。ICU入って助かったけど。この行動は今になって思うと本当バカだなぁ。

    343 :鬼女日記 2016/05/15(日) 11:41:46 ID:10X
    腹立ってて文章とっ散らかってるかもしれないから読みにくかったら指摘してくれ
    関わっている人間が多くで把握しきれてない
    婚約者と6月に結婚式をあげる予定で、4月末の土曜日に和装と洋装で前撮りした
    その時プロのカメラマンがすぐに見られるようにと携帯でも撮影してくれた

    少し婚約者のことを話しておく
    婚約者は学生の頃から全く化粧しなくて小さな顔に不釣り合いな瓶底メガネをしていた
    メガネをかけると目が一回り小さく見えた
    地味で大人しい見た目で男子からは格下扱いされてイジメの対象だった

    婚約者は今でも普段は素肌に瓶底メガネだけど、前撮りの時はコンタクトをしてた
    化粧と髪のセットはプロにしてもらった
    瓶底メガネの姿しか知らない人は気づかないほど大きく変わった
    その話を昔馴染みのAに話したら写真が見たいと言われたので婚約者の了解を得て送信した
    結婚式を家族だけであげる予定だから写真はもともと報告に使う予定だったので送ったこと自体は時期が早まっただけで当初の予定通り

    それで済めばよかったが、AはGWに同級生と飲み会だったらしく、婚約者の写真の話をした
    そこには婚約者と一時期同じクラスだった女Bもいて見せてくれとせがまれ
    周りからも見たい見たいとせがまれ、かわいいBにいい顔をしたかったAは酒の勢いで勝手に俺が渡した写真をLINEか何かで拡散してしまったと謝罪してきた
    今度はBが写真を手に、婚約者をバカにしたり虐めてた男連中に「婚約者の新の姿見抜けなかったブサ男m9(^Д^)プギャー」という原文を写真と共に見せつけた
    男連中とBの間に何か禍根があったらしくて、嫌がらせに利用されたらしいと飲み会にいた数名がAに教えてそれを俺に伝えてきた
    Bに写真を見せられた数名の内、CとDからコンタクトがあった
    婚約者から聞いた情報だとCは婚約者のことをからかっていたが高校卒業間近の時に告白してきたような男で、好きの裏返しで弄ってくるような幼い精神の持ち主
    Dは名前を聞くのも嫌なくらい酷く婚約者を貶してた男でイジメで悩まされた
    どちらもB経由でなければ一生関わることのなかった相手
    Cはまだ好きだというストーカーじみたメッセージを送ってきた
    Dは連絡を無視したことに対する脅迫スレスレのメッセージ
    ブロックしてメールも拒否した
    入れ違いに親がキャバク●をやってるというEから連絡が入った
    「俺の嫁も俺の店で働いてるから、お前の嫁もうちで働かせろ」という内容だった
    Eは飲み会にはいなかったし俺も嫁も接点がないからどこまで写真が広がったのかもはや把握できない
    Aは家まで押しかけてきて謝っているがもう後の祭りだ

    167 :鬼女日記 2012/11/06(火) 18:56:52 0
    コトメの結婚が決まって、夫もウトメも「ようやく片付いた」と浮かれていたが、
    私の印象では相手の男性がもの凄くうさん臭かったので、夫にちゃんと調べた方が
    良いよって伝えた。
    コトメ、私に「セレブと結婚する私に嫉妬してるんでしょう!」って八つ当たり
    してたけど、彼の職業(某大手メーカーの管理職)を考えたら、年収3千万なんて
    あり得ないんだよね。
    夫は私の言葉を笑い飛ばしたが、心配したトメが色々伝手を使って彼の評判を
    調べたら、既婚者では無かったものの、バツイチで子供が2人もいた。
    別れた奥さんが子供を育てているが、養育費も払っていない状態らしい。
    コトメはバツイチも子供の事も知らされてなかったみたいで、唖然。
    仕事も小さな企業の平社員で、そのメーカーに出向いて働いてただけ。
    ただの口先だけ達者な優柔不断男が、合コンで知り合ったコトメの勢いに押されて、
    嘘だと言えないまま婚約まで持ち込まれたみたいで、泣きながら土下座してたw
    皆落ち込んでいるけど、一番がっかりしたのは私だわ。

    124 :鬼女日記 2016/06/27(月) 06:11:35 ID:NlxTtqiu0.net
    誕生日にプロポーズされて、昨日は私の親への挨拶後新居も決まった
    私の年齢のせいで彼の父親とは縁を切る事になってしまったけど、それ以外はトントン拍子でこわいくらい
    引っ越しが終わるまでこんな感じだろうなー

    713 :鬼女日記 2016/07/17(日) 20:13:24 ID:AweoJtIa0.net
    過疎っているようなので、ここで吐き出させていただこう

    婚約して数か月後には結婚って・・・予定だったんだがな
    見事に御破算だよ

    婚約者(以下A子)が俺の住んでたマンションの合鍵をかってに複製して
    男連れ込んでギシアンしやがった。

    その日は仕事が午前中で終わり、半休をとり帰宅
    そしたら、玄関の鍵があいてたんで(やっべー閉め忘れてら)と
    思いつつも嫌な予感がして、そっと玄関を開けたら・・・

    男女の知らない靴、ソファーには同じく男女の服と下着、カバン*2

    寝室の扉からはクグモッたギシアンの声・・・

    今思えば、俺・・・相当気が動転してたようだ

    見知らぬ男女の服・鞄・靴を部屋から持ち出してしまったよ

    574 :鬼女日記 2017/09/04(月) 13:51:19 ID:9S2A9Gc3.net
    彼が中学校の時に亡くなった母親の指輪を受け取ってほしいと言われた。
    持ってきた指輪と鑑定書を見たら、2カラットアップのティファニーのダイヤモンドリング。
    サイズがぶかぶかだからかもしれないけど、私の手には途方もなく大きく見えるし、
    その頃の流行りなのかもしれないけど爪が異様に大きいし、
    正直違う指輪が欲しかったので、曖昧に濁したけれど、サイズ直しはするとしても
    受け取るしかないんだろうか、と悩んでる。
    彼にはまだ未婚の弟さんもいるし、譲ったら、と言ったら気まずいかな。

    このページのトップヘ