笑える

    192 :鬼女日記 2011/09/09(金) 03:14:57 0
    夫は一人っ子なのでいつかは同居する覚悟はあったが
    結婚即同居になってしまった。

    切っ掛けは実母と姑両方から、自分達が嫁姑で苦労したのは
    途中から同居したので上手く行かなかった、最初から同居していれば
    気心も知れて仲良くいったはずだと言われ続けたからだ。

    新婚旅行から帰った最初の挨拶時
    嫁は貴方一人だから老後の介護は嫌でもやってもらはなければならない
    と宣言された。だから
    他に嫁はいないのだから私の事どんなに気に入らなくても諦めて
    くださいね。と答えておいた。

    630 :鬼女日記 2017/03/02(木) 18:22:38 ID:3WZl6xgj.net
    自慢が多い男性.がいた、付き合う一歩手前みたいな感じだった
    スレタイの決め手になったのは自慢が多い事じゃなくてデートで産業祭みたいなのに連れて行かれた時
    その男性.がたくさんある出店を片っ端から試食をしまくっていたこと
    私も試食は好きだけどさ、隅から隅まで試食だけして歩く姿にこの人卑しい!と感じてしまった
    飲み物買おうか?って言ったらお茶の試飲があるから要らないとか言うし
    俺バキュームカーだから!ってよく分からんない例えをしてニコニコしながら試食だけしてた

    普段俺のじーちゃんは市の偉い人だの家は金持ちだの俺の乗ってる車は高級車だの自慢してたのに

    その帰りにプレゼントがあるんだって出してきたものが山芋だった。俺バキュームカーだから山芋とか速攻食べちゃうよねって言っててスレタイ

    118 :鬼女日記 2019/09/14(土) 18:54:34 ID:pLZ
    柴犬の女の子を4ヶ月でお迎えした。現在6ヶ月。
    今日、犬を飼った事のない義母が遊びに来て興味津々で犬と遊んでる(と言うか遊ばれてるw)んだが
    義母の様子を見ると、犬の尻尾をフワッと掴んで何度も何度も下に垂らそうとしては手を離すとクルン♪と巻き尾になる、を繰り返してる。
    「お義母さん、なにやってんの?」って聞いたら「や、女の子なのに肛門見せてるから恥ずかしくて・・・」だってw
    犬からしたら「そんなこと言われましても」だよねw
    「巻き尾は柴犬の特徴だからどうしようもないと思うよー」って言ったら「そうなの・・・」って残念そう。
    しばらく経って義母の様子を見たら、肛門をパシャパシャ写メ撮ってんのw
    「なにやってんすかー!」って言ったら「うん、よく見たら可愛いからちょっとね」だって。
    もう爆笑しちゃったわw

    468 :鬼女日記 2009/09/02(水) 05:30:51
    当方はいい歳した三姉妹の長女なんだが、
    最近になって三女の「子供の頃の恨み話」を聞いた。

    子供の頃、お風呂には三姉妹+父で入っていたのだが
    父の髪を洗う手伝いは必ず次女だった。ところが三女にはそれが不満だったらしい。
    「ナゼお父さんはいつも真ん中のお姉ちゃんにしか頼まないのか?私だって髪の毛を洗う手伝いしたいのに!」
    毎日のようにお風呂に入る時は「今日はお父さん私に頼んでくれるかな?」と期待して待っていた。
    20代後半にもなろうという三女のそんな告白に、私と次女は大爆笑。
    三女がそんな風に考えていたなんて二人とも想像つかなかった。
    あの当時、私は湯船の中でタオルでタコを作っていただけだった。。分かるわけないじゃん。

    次女「なんでもっと早くに言わないのよ!そんなのいつだって代わったのに!」
    次女「今からでも遅くないよ。今日お父さんの髪の毛を洗ってあげたら?」
    三女「今更いいよ。それに洗うだけの髪の毛残ってないし。」
    三人「wwww。ひ、ひどすぎ。ww」

    思い出すたびに笑っています。

    1 :鬼女日記 2015/01/23(金) 20:25:40 ID:gpG
    俺「ガラガラー」
    店員「いらっしゃいませー」


    俺「お願いしまーす」
    店員「お伺いします」
    俺「餃子と生ビールください」
    店員「…」
    俺「…」
    店員「ラーメンは?」
    俺「え?」

    851 :鬼女日記 2019/11/04(月) 09:31:04 ID:w9.xy.L3
    フードコートのラーメン屋さんでバイトしているのだが強烈ななおばちゃんがパートで入ってきた。

    ・メガ盛りを頼んだスリム体型な女性.にメガ盛りの代金を受け取っておきながら「あんたの体にそんなん入らんやろ。
    若い娘がラーメンなんて食べて、赤ちゃん産めんなったらどうするの!
    小盛りにしとき!」と小盛りを勧める。
    その女性.はメガ盛り(麺3玉)を即完食して違う店のたこ焼きまで頼んでいた。
    ・並を注文したスーツ姿の若い男性.に「あんた、働き盛りやろ!
    そんなガリガリで!
    もっと食べなあかんで!おばちゃんが差額払うからメガ盛りにし!」とメガ盛りを勧めた。

    言っておくが、ふつうのチェーンの店だ。
    最初の1時間でめちゃくちゃやらかし、その度に店長が謝り、おばはんを叱るが、それでも同じことを繰り返そうとするので店長がガチ切れしておばさんはクビになった。
    あの人、ふつうのパート無理だろ…。町の個人経営の食堂じゃないんだから…。

    482 :鬼女日記 2017/06/27(火) 21:46:04 ID:E7Z
    私はマグロの血合いを塩焼きにしたのが大好き。
    スーパーの鮮魚売り場でマグロのアラを見つけると嬉々として手にするんだけど
    このあいだは数パック陳列されていて、どれに血合い部分が多く入ってるか物色していた。
    すると70代くらいの品のよさそうなおば様が隣に来て「今日はアラが多いわね」と声を掛けてきた。
    「見かけるといつも買ってるんですけど、これくらいあると選べるからいいですね」と応じたら、
    「あら、おたくも?」と嬉しそうに言われた。

    「うちも茹でて猫ちゃんにあげてるのよ、大好きなの」

    え、いや、うちは人間が……とは思ったけどなんとなく言いずらくて「そうですよねー」なんて話をあわせてしまった。
    のが間違いだった。

    「何匹飼ってるの?」
    「あ、い、一匹です」
    「何を飼ってるの?」
    「ざ、雑種です。茶と白の」
    「あら、うちも茶と白よ。(猫の種類)なんだけど」
    「ふかふかのやつですよね、かわいいですよね」

    飼ってもいないエア飼い猫について語らされることになった。
    一応近所をうろついている野良猫を思い浮かべながら答えたけど、
    どうやって話を切り上げるか考えている間が勝手に修羅場だった。

    446 :鬼女日記 2010/08/02(月) 23:38:54 ID:laTf4Scm
    某居酒屋の厨房での話し
    その日は揚げ物やってっていわれたのでフライヤーの前に立って
    さぁ頑張るぞって時に同じバイトのおばちゃんが血相変えてこっちに来る

    このおばちゃんは人のミスをネチネチ言うのが大好きで
    新人の些細なミスすらネチネチ言う、あんま好きじゃない性.格。

    「ちょっとアンタ!このから揚げ、いつもより多く入ってるじゃない!!」
    「え?昨日から増量キャンペーンじゃないですk」のかを言う前に
    「多くいれたら利益でないじゃない!!」と言われ唖然
    「それにここ!黒く焦げてるし、アンタこのバイト向いてないんじゃない」といわれたところに店長登場
    俺、目で助けを求める

    店長「どうした?」
    おばちゃん「店長聞いてくださいよ!俺君がから揚げ多く皿に盛ったんです!それにほら、焦げてるし!!」
    店長「ああ、それ揚げたの俺だけど?それに昨日から増量って言ったよね?」

    ここでおばちゃん大慌て
    おばちゃん「いや店長だったらいいんですよ!少し焦げたくらいですもんね!」

    ここで店長の声が少し低くなり
    店長「へぇ、アンタ、人で態度変えるんだ、俺君、悪いけどデザート手伝ってあげて
    俺、このバイトにから揚げの揚げ方レクチャーしてもらうから」

    今度はおばちゃんが逆に店長から
    「揚げ時間みじけぇ」「盛り付けおかしくね?」と糾弾された。

    心の底からざまぁwwwと思ったなあの時は

    349 :鬼女日記 2017/02/18(土) 23:07:21 ID:LGz
    シモな話なので注意


    元カレと付き合った当時、お互いに人生初の彼氏彼女で処/女とDTだった。
    それから何回かHしたんだけど、あんまり気持ち良くもないし、いつも同じパターンだし、Hにどきどきとかなかった。彼がどうだったかは知らないけど。

    そんなときにTwitterで性.に関するツイートをしてるアカウントを見つけて、興味本位でツイートを遡ってみた。
    そこで、「女性.に自分のモノを覚えさせるために、入れてもすぐには動かさない」みたいなツイートを見つけた。

    その後、彼とHする機会があって、彼が挿入しながら私に覆いかぶさる感じで密着してきた。
    そういう体勢だから自然と耳元に彼の頭が来たんだけど、彼が小声で「1、2…」てカウントしだしてww

    彼、まとめとか読む人だったし、どこかで知ったのかも知れないけど、口に出して数えるな!

    笑うでもなく、ただ冷静に「あ、この人も知ってたんだなあ」と思った 笑

    287 :鬼女日記 2010/07/27(火) 16:44:29 ID:JMgT3mms
    ちょっと前に田舎の爺さんから聞いた話。

    爺さんは共同の家庭菜園で野菜作るのを趣味にしてるんだが、以前は全然
    なかったのに、去年の夏は野菜泥棒が出るようになったとのこと。
    他の人の菜園も踏み荒らされたりしていたが、一番酷かったのが爺さんの
    野菜畑。荒らされるは出来たばかりの野菜は持ってかれるわで、しかも
    本格的な泥棒ではなく、いたずら半分で夜に忍び込み荒らしまわっている
    らしい。入ってくるのも鍵付きの門からではなく、柵の隙間から。

    腹に据えかねた爺さんは、その隙間にバラ線張って、そのバラ線外して
    入ったら落ちるように落とし穴も仕掛けたらしい。
    そしてその夜1時過ぎまで他の菜園利用者と菜園の見回りして、翌朝の5時。
    菜園に行ったら地元のではないナンバーの車がエンジンかけっ放しで停車して
    いて、バラ線は壊され、落とし穴にはDQNが落ちていたと。

    爺さん、よっぽど腹に据えかねていたようで、一応藁敷き詰める程度の配慮
    はしたものの、深さ3メートル以上で中が広がってのぼっても出れないよう
    になった大規模な落とし穴を掘ったとのこと。

    穴掘りは出征した際に覚えたとは言っていたが…、戦争体験者怒らせると
    怖いな。

    このページのトップヘ