笑える

    783 :鬼女日記 2012/06/10(日) 21:36:07 0
    件名 おめでとう
    本文
    なんてね(笑)僕は決して云わないから安心して。
    その言葉に○○が苦しんでることわかっているよ。
    もう無理なんてしなくていい。時は来たんだ。
    あの日に置いてきた僕等は今出会うんだね。
    今までひとりぼっちにさせてしまったけど、もう我慢することなんてないよ。
    安心して傷付いた羽根を休めにおいで。

    覚えているかな○○と接吻から紡いだ運命の扉。
    ……過去の思い出というより醜態をつらつらひたすら長文(主に初体験のこと)恥なので割愛スマン……
    ○○を背負うべき宿命を思い出したんだ。

    抱き締めてあげるよ僕だけの乙女
    飛び込んでおいで悠久なる天使

    空に指輪が輝く日、迎えに行くよ。
    右手には花束左手には筆の葉。君は笑ってくれるかな。
    こんなに何かを伝えたいのら久々なんだ。
    幾千の天空の城を携え、遥かなる時を越えて届けたいんだ。

    692 :鬼女日記 2013/09/08(日) 22:34:19 0
    出張で大阪に行った帰りの話

    新幹線の中で明石家さんまのとなりの席になった
    別に声をかけたわけでもなく「あ、さんま」ってつぶやいただけなのに
    すごい話しかけられて眠たいのに品川までノンストップで独演会をされた
    俺は寝たかったのに・・・

    品川で降りたらさんまも一緒に降りて階段から改札までずーっとしゃべりかけられた
    もうかんべんしてくれって思ってたら
    後ろから「さんまさん、何やってんですか?」ってくりーむしちゅーの有田が来た
    「大阪から一緒の新幹線でしたけど、一般の人相手に何やってんすか?」
    って、マジにあきれた感じで言ってた

    あの人ホントにいかれてる
    修羅場を通り越して大変な大阪→品川だった

    891 :鬼女日記 2014/01/30(木) 22:55:14
    昨日の話。
    夕飯がカレーだったのだが、妻が何やら機嫌良く鼻歌歌いながら作ってた。

    俺「なんか嫁機嫌いいね。なんかあったの?」
    息子「いいことあったんだって」
    娘「野菜安かったんだってさ」
    俺「へー」

    そんな話をしてるとキッチンからベートーヴェン交響曲第5番「運命」に乗せて全力全開の歌が聞こえてきた。

    嫁「じゃがいもーっ じゃ・が・い・もぉぉぉーーっ!!
    たまねぎ たまねぎ タマネギーっ!
    にんじん にんじん ニンジンーっ!
    炒めてーぇ
    炒めてーぇ
    ルーを い・れ・ルーーーーーっっ!!」(ドヤ顔)


    一同「………。」


    嫁「じゃ・が・い・もぉぉぉーーっ!!」(この世の終わりのような顔で)


    俺「水っ!!」
    息子「肉っ!!」
    娘「じゃがいも入れすぎ!!」

    カレーは普通に美味しかったです。

    246 :鬼女日記 2012/10/23(火) 13:22:22 ID:ED+eTXUbi
    今朝見たドイツでのワンシーン。
    噴水で遊ぶ犬。噴水は噴水口が路上にある。一定時間おきに水の噴出が強弱するタイプ。

    噴水強
    (`・ω・´) 「(お水!お水)」 バシャバシャ

    噴水強→弱
    (;`・ω・´) 「(お水!お水!…あれ?)」 チョボチョボ

    噴水弱
    ( ´・ω・`)「(お水…あんまり出てこない…お水…)」 ←噴水口に顔を近づけてチョボチョボする

    噴水強
    ( ´>ω<`)「(ブヘ!)」←いきなり出てきた水を顔面にくらう


    朝から和んだw

    16 :鬼女日記 2018/08/24(金) 17:23:42 ID:???
    オカルト話?なので、苦手な婆様方は申し分けないけど読まずに飛ばしてね。

    今朝、台風の気圧のせいか眩暈がするので、爺を送り出してから二度寝してたのよ。
    しばらくしたら何かが気になって、寝惚けたままその気になる何かを触ったの。
    そしたら腕なのよ。婆のデコあたりに太めの腕がのしっと乗ってたの。
    婆、なんだかムッとしちゃってね。具合悪くて寝てるのに何すんのよアンタ!って。
    とりあえず噛むわ…と思い腕を引っ掴み、引き寄せ思い切り噛み付いたの。

    そしたら腕を引かれてね、でもムカ付き続行してたので、また引っ掴んだの。
    逃げるんじゃないわよ噛ませなさいよ…と口を開けたら「俺だよ!」と聞こえるじゃない。
    あろうことか爺の声で。ヤバッ!爺だった?思いっ切り噛んじゃったわ!
    でもなんで出勤したはずの爺がいるの?!と目を開けたら、引っ掴んだ腕が見えたの。

    爺そっくりのまるまるした腕。が、見た瞬間、爺の腕じゃないじゃないの!と思ってね。
    この嘘吐き焦らせるんじゃないわよ腹立つったらありゃしない!っつーわけでまた噛むわ!!
    とパッカリ口を開け、引き寄せようとしたら、スーッと消えちゃったの。

    噛めなかったわ残念…としばらくボーっとしていたんだけど、いや、残念…じゃないわよ!
    婆、誰の腕を引っ掴んで噛んだのよ?消えたように思うけど感触は生きた人間そのものだった!
    ってことは、誰か不法侵入してるの?!と焦って飛び起き、爺のゴルフクラブ持って、
    ビビリながら家中見て回ったんだけど、鍵は全部閉まってるし、誰もいないし。

    あの腕、なんだったのよ。感触がやけにリアルだったけど、寝惚けたのかしら。
    寝惚けたにしてもショックよ…。なぜ「噛む」って選択肢が飛び出たのよ…。
    我ながら「断固として噛む!」なバイオレンス思考にビックリよ。
    婆、今までバイオレンスとは無縁でぼんやり生きてきたのよ。本当よ。
    落ち込みついでになんだか眩暈も吹っ飛んだけど、これはラッキーだったわ。
    ぼんやり人生を取り戻すべく、気を引き締めてお風呂掃除するわね。

    290:なご[]2010/10/09(土) 11:43:05 ID:+G7nr9LP0
    794 :おさかなくわえた名無しさん:2010/10/09(土) 00:17:35 ID:Duf+n7qX
    メロンってそんなに好きじゃないんだけど中元で貰ったあの、熟したメロン。
    ありゃーうまかった。高そう。嫌いなヤツが「こりゃうまい」って思うぐらいだ、
    好きなヤツにはほっぺが転げ落ちるウマさなんだろうな…
    このメロンならもう1回食いたいと思って種を五、六粒ほど花壇に植えた。
    今年は暑かった。栄養たっぷりの紫外線だ。
    毎夜、風呂の残り湯をバケツで注いでいくとひと粒だけ発芽し、あっという間に
    コブシ大の実を付け…いつの間にか俺の心の支えになってた。携帯の壁紙は
    日々更新中のメロン。はじめての二葉は…左の葉が半分欠けてて少し心配したんだ。
    お前が本懐を果たせなかった時は芽だけでも、茎だけでも、刻んでパスタへ…と思た。
    だから黄色い花が咲いた時、我が目を疑った。パシャ。もうお前でメモリ一杯。
    可愛くてならん。品種改良された高級メロンの種がタダで手に入ってひと粒から
    何玉もの利益がフハハハハハとか思ってたけど、俺、食えんのかな。
    愛着が沸き過ぎて熟しても切れん気がしてきた。

    雨よ、もっと降れ。もっとだ。この西日本に降り注げぇ!

    456 :鬼女日記 2013/03/31(日) 15:54:28 ID:AUULJTWP
    子供の頃の話だからうろ覚えだけど

    10年ぐらい前、片田舎の一戸建てに暮らしてた
    車の音が聞こえたので誰か来たのかと窓から覗くと、家の駐車場に見たことない車
    よく見るとそれはパトカーだった

    パトカーから降りるなり、「3階がない!」と口々に言うKたち
    母が何事かと表に出ると、お宅の3階に強盗が入ったらしいが3階はどこだと
    強盗なんて初耳だし、そもそもうちは2階建て
    おかしいと思ったKが落ち着いて確認すると、強盗が入ったのはうちではなくうちの裏の家だったらしい
    という説明を夕飯時になってやっと聞かせてもらえた

    裏の家には駐車場がないらしく、何故かKはうちに車を置いていっていた
    小一時間ほど泊まってたパトカーを見ながら、
    何か悪いことしてうちの誰かが捕まっちゃうんだろうか…と思い修羅場だった

    840 :鬼女日記 2013/11/04(月) 14:35:35 0
    ロミオメールなのか微妙だけどさっきまでメールしてた
    ロ→ロミオ、絵文字顔文字省略

    ロ→お前の部屋行ったら知らない奴住んでたんだけど!ビビッた
    私→こっち来たの?もう引っ越したよー
    ロ→今日来た。一緒に住もうぜ。住所教えて
    私→いきなりどうしたん?寄生ならお断りですよ(笑)
    ロ→バーカ。お前に寄生するくらいならマンボウに寄生するわ

    この後メール拒否されたらしくエラーメールが返ってきた
    おふざけだと思ってたんだけど本気だったの…?と困惑中

    455 :鬼女日記 2013/09/04(水) 18:57:47 0
    価値観の違いで喧嘩して別れた元彼から1ヶ月後に来たメール

    「会いたくて○○の好きな歌を口ずさんだ帰り道なんだよ…

    奇跡が起こるなら今ここでな
    ○○の体温さえ愛しいねん

    俺は○○と離れるって考えたら……
    ううん、考えられなかったんだよ
    どれだけ大切か。○○のことが頭から離れない。恋の切なさ、愛の喜び…

    俺は○○のことが…………
    (2スクロール位の改行)

    大好きだたあああああああ!!」

    というメールが来た
    お互いが好きだった歌手の元彼が一番好きだった歌の歌詞
    君の部分は私の名前に、そして妙に語尾を変えて送って来た

    普段からメールで歌う人で、発言も歌詞だらけの人だった

    967 :鬼女日記 2010/08/10(火) 16:29:22 O
    結婚したてのとき別居トメが「嫁ちゃんは同居についてどう思う?」と世間話的に聞いてきて
    私「母が同居や介護や身内のゴタゴタで苦労してるのを見ているので、仲良く円満な同居世帯がまったく想像できないんですよ。
    小さい頃の母はいつもピリピリしてて、怒られた記憶しかないし。
    父と母もケンカばっかりで。
    というか私、他人が同じ部屋にいると3日くらいでものすごーくイライラするんです。だいたい4日目には家出します。
    一緒にいて平気なのは旦那君だけでしたね。」と素で愚痴聞いてもらう感じで世間話で返したら
    トメはひきつった顔で「…へぇ~っ」返事してた

    家に帰ってから、あれ?トメ同居したかったのかな?と気づいて青くなった
    サバサバした都会人ぽいトメだから、田舎の風習ぽい同居と結びつかなかったんだ

    このページのトップヘ