DQN返し

    671 :鬼女日記 2011/09/22(木) 08:41:33 0
    変なの沸いてるからトリつけて書き捨てていく!

    嫌味暴力トメと、その同居をほいほい許したエネマザコン夫。
    「嫁のご飯はまずくて食えない!息子ちゃんの稼いだ金を無駄にして!」と作ったもの皿投げられたので
    その日から食事の支度拒否。トメのマズメシをひきつった笑顔で食べる夫。
    「仕事なんかしてるから掃除が疎か!」と殴られたので、
    家で一日テレビ見てるトメがやりゃあいいじゃん、と掃除拒否。
    会社に着ていくシャツがないと夫夜中に洗濯。

    トメを追い出す方向に行かないかと最後の望みをかけていたのだが、
    今日の出がけに「俺、今日弁護士に相談してくる。もう駄目だ」との発言が。
    こっちも無言で見送った。バカの目には反省してるように見えたのだろうか。
    騒ぐトメを納戸に押し込め、引っ越し業者さんが手際良く家財を運び出してくれた。

    なにがDQ返しと思われるだろうが、ついうっかりしてトメ納戸に入れたままなこと。
    昼前に大ウトメさんが今後の事について話があるとかで来訪される。
    トメには知らせてないがうっかり勘付かれたら困るからね。
    中に簡易トイレと飲料水はあるのでタヒなないでしょう。

    バカ夫に関してはとりあえず放置して様子見。さ、仕事に戻ろう。

    481 :鬼女日記 2014/06/04(水) 16:57:05 ID:rlncL5yx.net
    リアルで厨二病乙だった痛すぎるガキの話。
    当時は武勇伝だと思っちまったんだ。

    当時の俺はリアル中二で、漫画だかラノベだかの影響で、かっこいいデザインのペーパーナイフとかハサミを集めてた。
    しかも、それを学校にまで持って来て、こっそりと眺めて2828する痛いガキだった。
    まぁ、流石にガチなナイフは高いし怖いしで手出しはしてなかった。

    で、こんなクソガキにありがちだが、学校ではヲタ仲間はいるが基本はぼっち。
    いじめにあってた訳じゃないが、クラス内のDQNから時々からかわれるターゲットになってたな。

    そんなある日の昼休み、DQN同士が何かふざけて自分達の靴でキャッチボールをしてた。
    外でやる分には構わないんだろうが、教室内で、しかも周りには弁当を食べてるクラスメイトが多数。
    迷惑極まりなかったが、当時の俺は「こういう奴らを華麗にスルーする俺カッケェ」とか自杀殳もんの思考で悦に入ってた。

    そんな時、DQNの投げた靴が俺の弁当(カーチャンの手作り)を直撃。
    8割ほど残ってた俺の弁当は机から床に投げ出され、見るも無残な状態に。
    DQNはヘラヘラ笑って「おい、ぼさっとしないでさっさと靴拾えよ」とか言ってくる。
    さっきまでの「こういう奴らを華麗にスルーする俺カッケェ」思考は消し飛んだ。

    俺は黙って靴を拾い上げ、カバンからハサミとペーパーナイフを取り出した。
    で、ニヤニヤした顔から怪訝な顔になったDQNの目の前で、安物のスニーカーの解体ショーをスタートさせた。
    クラス中がドン引きしてるのが分かったが、あの時はすごく良い気分だった。
    日ごろのスト乚スがスーッと消えていく。

    で、細切れになった元スニーカーをゴミ箱に捨てて「ゴミはちゃんと細かくしてゴミ箱に捨てろ」とDQNに言った。
    未だに両手にハサミとペーパーナイフを装備してる俺に対し、DQNも迂闊にケンカを売れなかったのか、「てめぇ、キメェよ!」とだけ言って教室を出て行った。

    後日談?
    親と教師に報告が行って、説教食らって、ぼっちが若干加速しただけで面白みはないかな。

    342 :鬼女日記 2013/01/02(水) 14:00:22 O
    大晦日の話。
    義実家で年の離れた義兄の息子達に押さえ付けられて胸を楺まれた。
    その場にいた義父は「おー若いエキス吸っとけー。」「俺も混ざるかな。」。
    義兄はゲームに夢中。
    旦那はちょうどお風呂にいた。
    義母は「あらあらやっぱり男の子なのね。」とか完全に他人事。
    義姉はオロオロ。
    火事場の馬鹿力って凄いね。
    甥達をはね飛ばして一人には鳩尾に、もう一人は股间に蹴り。
    15人近く座れる木の重い机をひっくり返して、仏壇を引きずり出してぶちまけている時に旦那が出てきた。
    それ見た旦那、私を車に乗っけて病院に駆け込んだくれた。
    両手首に押さえつけられた時の痣が出来たし、胸の下にも痣が出来てる。

    旦那は家には帰らず、私を実家に送り届けて両親に事情を説明して泣きながら謝ってた。
    仏壇をぶちまけた時に義父母が悲鳴を上げてた気がするが知るか。
    新年早々DQN過ぎてすみません。

    930 :鬼女日記 2019/01/19(土) 12:10:41 0.net
    穴埋めに去年の話を。

    月に一度の偽実家での食事。
    いつものように特上握りが6人前、干瓢巻が1人前届き、トメが鮨桶をみんなの前に、私が箸、吸い物、その他あれこれを配る。
    居間で偽両親、義妹夫婦、夫が座る。
    台所が一人指定席の私には、いつものように干瓢巻の桶。
    一つ頬張る。旨い。今しかないと思った。
    ご近所でもある鮨屋に電話した。
    「〇〇鮨です。」
    「×家の嫁子です。今日の出前ありがとうございました。」
    「毎度どうもね。何かあった?」
    「いえ、海苔巻き食べたらあまりに美味しくて感動したものですからお礼を言いたくて」「お、違いが分かるかい。」
    「普段食べる干瓢より甘くて肉厚で最高です」
    「国産無漂白の、いい品が入ったからね。」
    「それに赤酢のシャリと海苔の香りが絶妙に合ってて」
    「味が分かるお客さんで嬉しいね。握りのほうはどうだい。今日はカンパチと新子はかなりいいのを」
    「すみません、私はいつも海苔巻きだけなので」
    「え?握り6つ届けたよね?」
    「一つは大盛代わりなんです。」
    「生ものダメなのかい?」
    「そんなことはありませんが・・・嫁の常識と言われていますので。」
    「はあ?」
    「今日はありがとうございました。」(電話終了)
    その数日後、固定電話にも携帯にも偽実家からの着信留守録多数。
    翌月からは私のみ偽実家出禁です。ヽ(´∀`。)ノ
    私何も悪いこと言ってないよね?

    454 :鬼女日記 2010/05/24(月) 19:10:23 0
    >>451
    別居オメ!


    私もついにDQ返しを出来たよ、ここ見て訓練したからだ、ありがとう!

    ちょっと人とは違った人生を歩んでいるから、私の人生波乱万丈。私は特別♪
    とことあるごとにうるさかったコトメ。
    私は特別だから、そのように扱って♪っていうのもあってウザさ倍増。

    あまりにもウザかったので、私の大好きなリアル波乱万丈物語を話してやった。
    1つ目のは㲗飲み子のときに親を亡くして、祖母に見捨てられて家なし子かつ、
    孤児かつ迷子になったけど……という、感動ものの物語。
    もう一つは宿敵一家の美男子と大恋愛の元、こっそりと赤ちゃん出産。それを
    見つけて、怒り狂った実の姉に子供を杀殳されてしまったが……という、まさに
    ロミジュリ系、でも美男子とちゃんと結ばれて幸せ大家族に……!という物語。

    これ、外国の話なんだが、両方とも実際にあった物語。

    それ以来、自分の人生は全く波乱万丈じゃないと気づいたのか、自分は特別♪
    という話をしてこなくなったコトメでした。



    どっちも人間の話じゃなくて、動物のノンフィクションだということがDQN。

    275 :鬼女日記 2011/12/25(日) 22:04:36 0
    流れを読まずに、人生初の(ぷち)DQN返し。
    ぷちの割には長文でごめん。

    私と旦那はゲーム好き、近距離別居トメはゲーム嫌い、ウトは鬼籍。
    私夫婦は共働きで、ゲーム代はそれぞれの小遣いをやりくりして出している。
    ゲームをするときは、大体その日の家事を全部終わらせて、
    翌日に響かないよう、軽くプレイするだけ。

    トメは合い鍵こそ持ってないものの、私の休日にはほぼ毎回凸してくる。
    そしてリビングや寝室にしまってあるゲームを探し出す。
    毎回しまう場所を変えても、探し出す。

    「まーだピコピコ(ゲームのこと)やってるの? そんなだから子どもができn(ry」
    (↑それなりにいちゃいちゃしてる。夫婦ともに不妊じゃない。単に運が悪いだけ)
    「ピコピコばっかりしてる嫁の料理なんて、まずい(ry」
    (↑炭か生か濃すぎるものしか出さないトメよりは、マシなつもり)
    「旦那ちゃんのお給料から、こんな無駄な物買うなんt(ry」
    (自分の給料から出してるんだけど)

    いい加減うざったいし、大食いのトメへの昼食代もばかにならないし、
    ()内のことを、私から何度言っても、旦那からきつく〆てもらっても、理解してもらえない。
    そこで、旦那の許可を得て、ぷちDQN返し決行。

    91 :鬼女日記 2014/07/29(火) 12:01:41 ID:wlkR4KWyo
    チマチマしたいびりをしてきたトメ。
    娘が産まれたと言えば「ああ、そう・・・おと・・・」とボソッ。娘が風邪をひけば「あなたの健康管理が...」とボソッ。そのくせして近くの神社で娘が良くなりますようにと祈っている。
    スープが冷めるか冷めないか微妙な距離の義実家に行けば夫・ウトにはお茶を出すのに私には水。アポなし凸してきたと思いきや5分後には威勢がなくなり「それじゃ私は帰るからね」と。
    とことんやれよ!と思ったのでDQN返しすることに。
    トメさんの母の日プレゼントに高校野球の聖地で行われる黄色い球団対オレンジの球団のチケットを差し上げた。
    トメさんは熱狂的な黄色い球団ファンだけど間違ってレフトスタンドが非常に近い三塁側スタンドのチケット取っちゃったけど・・・まあいいよね。ウトさんはオレンジの球団のファンだし(因みに私も)。
    ウトさんは上機嫌だったけどトメさんは機嫌が悪かった(大敗だったのもあるだろうけど)。次の日にトメさんに聞いてみた。

    774 :鬼女日記 2008/11/24(月) 23:10:47 0
    DQNな意味で姑に一生懸命尽くせということで宜しくて?


    この円高!!海外旅行に行くわよ!!
    とお金も計画もすべて私ら夫婦に○投げしたウトメ。

    ええ、ええ。
    結婚前は貧乏一人旅でお金を貯めては旅行しておりました。
    旦那もそこで知り合い、何度か旅先で出会ううちに意気投合して結婚しました。
    ある意味、旅行のエキスパートでございますからね。お任せください。


    旦那と協議しながらウトメの行きたいところをすべて織り交ぜ、かつ低予算で計画たてましたわ。
    しかも、旅のしおり付きで。

    移動はすべて現地バス(英語)、ホテルはバックパッカー(そしてドミトリーw)


    アポなし凸も、イヤミも旦那が〆てくれたし別に気にしてなかった。
    ですが、貴方達にゴミ認定されてに捨てられた旅で知り合った人たちの書いてくれたメッセージ帳や旅の思い出の写真
    はもう戻ってこないんですよ。

    貴方の大事な息子はブチぎれましたからね。
    お二人が旅を満喫して帰られる頃には私どもは遥か遠くの雲の下に住んでおりますので。
    今回の旅は手切れ金だ。

    さらば、ウトメよ。ツアーでは味わえない旅を味わってこい!!

    765 :鬼女日記 2011/11/21(月) 14:21:27 0
    もう昔の話


    クソウトが私の愛猫を二階のベランダから投げ捨てたので
    首根っこ掴んで車に乗せてバスが一日一本だけの山道に追い出したことがある
    旦那と良コトメにボロックソに〆られたウトはその後とても穏やかに過ごし、先日息を引き取った


    それまで特に問題なく同居生活していたのだけど、
    内弁慶なウトは私が唯々諾々として召使にならないのが気に食わなかった
    故トメのようにウトに奉仕しない私への鬱憤を愛猫に向かわせたらしい



    ちなみにその時の愛猫は全くの無傷で現在私の尻で爪を磨いでいます。いてえ。やめれ。

    768 :鬼女日記 2010/06/25(金) 00:08:34 ID:wE3ihHuP
    うちはギリギリ関東の田舎に引っ越して住んでるが
    田舎の○タヤにけっこう人が集まる
    ○タヤの書店で雑誌見てたらいかにもなチャライDQN先輩と
    たまたま立ち読みしてた後輩ヤンキーがいて
    DQN先輩は後輩をからかいながらときおり笑顔で
    「お前杀殳しちゃうぞw」「杀殳っちゃうぞ~」「簡単なんだぞ~」
    といかにもオレはただのDQNじゃないぞと周りに聞こえるように
    言っててアホ丸出し(周りの客も相手せずにシカト)

    そこにベビカーで寝てる赤ちゃんを連れた清楚な美人奥様が近づき
    DQNのケツにハイキック!
    「イデェエエエエ!」とケツ押さえて悶絶するDQN
    あまりに展開に緊張と驚きとザワメキの走る店内

    奥様「うるさいんだよバカ!」
    DQN「いてぇ・・何だよテメェエ!」と相手見たDQNは
    「!?」「○○先輩!?」と急に大人しくなった

    雑誌を見ながら耳をダンボにしていると(周りも同じような反応だったw
    恐い先輩がたまたま子供つれて里帰りしたら
    いい年下した口だけのDQNが相変わらずチャライ事してたので
    〆たらしい
    その後ヘタレDQNは急にヘコヘコしながら先輩奥様にへつらってて
    ともに○タヤを出て行った
    残された後輩はまた立ち読みしだしたがニヤニヤしていた

    ヤンママではなく黒髪清楚な奥様だったのですんごい意外だったが
    スッキリした
    しかしあの騒ぎでもスヤスヤ眠り続ける赤ちゃんも流石w

    このページのトップヘ