DQN返し

    956 :名無しさん@おーぷん
    母の初盆だったので帰省したんだけど、仏壇に何も備えられてないし、お盆の飾り付けも何もなくて、兄嫁にどういうことか聞いた。
    「あなたにとっては優しいお母さんだったかもしれないけど、私にとってはクソババア。お母さんだって、私にまともに供養してもらえるなんて思ってない。あなたは嫁に行ったんだから、口出し無用。」
    と言われた。
    兄に聞いても、母が生前兄嫁と仲が悪かったことは認めたけど、それを放置していたことで兄嫁に責められ、「下手なこと言ったら離婚されるから。」と何も言えずにいる。
    父は何年も病院に入院中でこのことは何も知らないのが救い。
    母が嫁いびりしていたことはショックだし、兄嫁を助けられなかったのは申し訳ないけど、親戚も来るお盆くらいはやって欲しかった。
    私の義母に相談したら、永代供養をお願いするほかないと言われたのでそうするつもり。
    費用は兄と折半することも提案したけど、兄が渋っている。
    お盆中に来た親戚がお寺に相談に行き、そこの住職に「あなたが地獄に落ちることのないよう、供養はしてあげなさい」と兄嫁に言ってもらったらしいけど、
    「私が地獄に落ちるならば母もいるはず。彼女よりは酷くないはずだから、あの世で笑ってやります。」
    と言い返したそう。
    私がまだ実家にいた時は優しい人だったのに、こんなに人を変えてしまうなんて、母は何をやったんだろう。
    地域性もあってやれることが限られてて、リアルでは愚痴れないのでここで吐き出し。

    47 :名無しさん@おーぷん
    2つほど。

    小学六年生の時。
    担任や警察に嘘着いて万引きを俺に命令されてやりました。と、店の事務所で白状したやつがいる。
    中学お受験をするので内申点に傷がついてしまう!とその日たまたま一緒に帰った俺のせいにしたらしい。

    疑いは数日で晴れたものの、一度着いたイメージは拭うことが出来ずに無駄に近所やクラスの連中に白い目で見られた。

    「んのやろう!」

    と、何かしら仕返しをしてやろうと決意して、それから数ヶ月経った。万引き事件の後はわざと気にしないフリをして普通にそいつと遊んでいた。ある日、そいつと駄菓子屋でお菓子を買って公園で食べたのだが、裏で大量に爆竹を購入する。
    夜にそいつの近所、担任(近所)、同級生宅の車のタイヤに大量の爆竹を張り付けてやった。
    仕掛けたうちの特に近所で怖いと有名な家の車のそばにはそいつの名前付きの私物を落としておいた。

    もちろん現場は見ていないが朝は中々カオスな状態になったらしい。
    悪質なイタズラとして警察も動いて犯人捜しを行う。
    速攻でそいつに容疑がかけられ、
    学校で尋問。
    「その日は何してた?」
    「俺君と駄菓子屋行って公園で遊んだ。」
    「俺君、彼とその日一緒にいた?」
    「うん、○○君(万引き友)お菓子と爆竹買ってた」
    「その爆竹は後で公園で遊んだの?」
    「いえ、○○君が持って帰ってた」

    そこからはもうトントン拍子。
    学校側から駄菓子屋に確認もされたが、当時75歳以上で1日に何十人も子供が着ていた駄菓子屋のおばちゃんも爆竹を大量に売ったことは覚えているけど、誰に売ったかなんて覚えていなかった。

    あれよあれよと犯人にしたてられ、そいつはこっぴどく叱られていた。
    担任とクラスメイトの数人は気づいていたかもしれないが、18年経った今でも何も言ってこないのだから確信がなかったんだと信じたい。

    結局そいつはそれが原因かは知らないけど、受験失敗して一緒の公立中学に行きましたとさ。

    ちなみにその駄菓子屋はそいつが万引きした時の駄菓子屋。
    疑い晴れるまで俺を犯人扱いして、爆竹事件の後爆竹の販売を中止されてその後も他の子供に万引きされまくってた。

    このページのトップヘ