鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    1 :鬼女日記 2021/06/20(日) 11:07:43 ID:75LNrC/yM.net
    ワイ「…………こ、この後3人でランチでも行くか?」
    姉貴「…………え?(怒)」
    嫁「…………わ、私はいいから義姉さんと行ってきたら?」
    ワイ「じゃ、じゃあ、姉貴、どっか飯行くか…………?(笑)」
    姉貴「いいよ!じゃ、あんたの奢りね~!」
    ワイ「ったく、しょうがねぇなぁ(笑)」
    嫁「…………」ギロッ
    ワイ「た、たはは…………」





    結構な頻度で家に来るんやけどその度にこんな感じのバトル発生してる
    どうすりゃ仲直りさせられんのコレ

    676 :鬼女日記 2009/07/17(金) 10:44:51
    凹凸は「おうとつ」でいいんだよな?
    嫁が自信満々に
    「ぺこぽこ」と言うので不安になっちまった。

    728 :鬼女日記 2018/12/09(日) 23:19:31 0.net
    すいません。横から失礼して相談聞いて下さい。

    自分は夫の方です。
    久々に夜の営みをすることになり、
    子供(一歳)が寝た頃を見計らって妻を起こしたのですが、
    中々起きず、時間を置いて何回か起こそうとしました。
    その際に悪戯心で何回か胸を楺んだりはしてました。
    結局、起きなかったので諦めて、その日は寝ました。

    次の日に妻は口をきいてくれませんでした。

    ラインで聞いた所、
    ・意識は起きていたが、体や瞼が動かなかった
    ・↑妊娠した頃から癖になった(初耳)
    ・意識があったせいで、トラウマがフラッシュバックした
    ・貴方の顔を見ると吐きそうになるし、しゃべるのもしんどい

    トラウマの件は4~5年前に一度聞いておりましたが、内容まで聞いておりません。

    自分が今後どうすればいいか判りません。
    ひとまず落ち着くまでそっとすべきでしょうか?

    1 :鬼女日記 2021/08/06(金) 10:23:05 ID:Tal07LYo0.net
    ボイチャしている横で鬼滅の刃の無限列車を俺が一人で観る嫌がらせ
    レンタルでるのを楽しみに待っていた嫁の横で盛大にネタバレしてやる
    このために今BDを買ってきたぜ

    525 :鬼女日記 2013/02/18(月) 17:24:41
    冷蔵庫のプリンを食ったら嫁が泣いた
    昨日2つあって俺は1つを早々に食い終わり、今日見てまだあったから嫁いらんのかと思って食っちゃった
    どうも今日は嫁の職場が忙しい日だったようで、帰ったら自分へのご褒美として食べるつもりだったらしい
    もちろんコンビニに走ったよ
    けど完全にスネちゃって「もういい」って言って風呂入って居間に戻らず
    今は寝室で寝てる模様
    どうしよう

    909 :鬼女日記 2007/07/28(土) 02:32:11
    さっき、先に寝たはずの嫁がパジャマの下だけ脱いで起きてきた。
    「一回しかやらないよ」って言うから黙って見てたら、俺に尻を向けてパソツを食い込ませ、「ヘイッ!」って。
    そのまま尻をペチペチ叩いてニヤリと笑うと寝室に戻っていった。

    …なにがしたかったんだろう。

    430 :鬼女日記 2018/11/21(水) 17:16:31 0.net
    ・家庭の状況、俺と嫁、子供一人
    ・悩みの原因やその背景
    嫁は大学で社会福祉士や介護福祉士等の資格を取ったが、福祉の仕事はしないで畑違いの業界に就職→結婚→子供が出来て退職。
    子供の手がかからなくなったのでパートで介護の仕事を始めたが、
    「ボケ老人や寝たきり老人を生かしておくのは医療、介護、年金の無駄使い。安楽タヒを」
    「ナマポは寄生虫、収容所に入れろ」
    「障碍者は心も障碍、クズばっかり」など、言葉はもっと柔らかいですが蒫別的発言をするようになりました。
    以前は優しい忄生格で、町中や電車で高齢者や障碍者を見かけると、進んで席を譲ったり手助けをする忄生格でした。
    ・これまでの話し合いや解決に向けて努力したこと
    仕事を辞めたら?休んだら?と促し、今は休ませています。
    ・どうなりたいのか、どうしたいのか
    以前のように弱者に優しい忄生格に戻ってもらいたいです。
    どうすれば良いでしょうか。
    アドバイスよろしくお願いします。

    このページのトップヘ