奥様が墓場まで持っていく黒い過去

    716 :鬼女日記 2016/06/05(日) 18:54:05 ID:r4hZ6QqF.net
    5、6年前、結婚3年目に不イ侖をしていた

    その頃は内勤だったんだが、業務量が結構多く、土日も出勤せざるをえないことが頻繁にあった
    毎月の小遣いには土日の昼代は含まれていなかったので、最初は休日出勤の度に昼代と飲み物代として600円だか700円だかを貰っていた
    だが休日出勤の回数も多く、その出費もバカにならなくなってきたので、途中からは現金ではなく弁当と水筒も持たされることになった

    不イ侖相手の彼女とは当初は平日夜会っていたのだが、やはり長く一緒にいたくなり、すぐに土日も会うようになった
    平日残業を多くしてでも土日に仕事を持ち越さないようにし、嫁には休日出勤という体で彼女とのデートに出掛けた
    すると当然弁当を持たされるのだが、まさか彼女の前で嫁の手作り弁当を食べる訳にはいかない
    だから仕方なく帰りに捨ててた
    当時はラリってたんだろうね、特に罪悪感もなかった
    平日は遅くまで残業、土曜か日曜どちらかはほとんどデートしていたので、当時産まれたばかりの子供と接する時間もほとんどなかった
    弁当を持たされ始めた頃、俺がご飯は海苔弁してねといったのを嫁は忠実に守り続け、ご飯は白いご飯ではなく必ず海苔弁だった

    彼女とは一年くらいで別れて、同じタイミングで部署が移動になり、業務量も減った
    それからは毎日子供が寝る前には帰宅し、土日もほぼ休み
    今は二人目も産まれ、夫婦仲もよく、幸せな日々を送っている
    俺は善良な人間ではないので不イ侖をしていたこと自体にはそれほど罪悪感はないのだが、弁当を捨てていたことを思い出すと、今でも罪悪感で苦しくなる
    もうどうしようもないので、このことは墓場まで持っていく

    191 :鬼女日記 2016/10/14(金) 22:33:02 ID:K7GMhfI90.net
    旦那は知らないけど、実は離婚届けを出していること。

    747 :鬼女日記 2017/07/28(金) 01:10:08
    よそに女ができて毎晩発狂寸前で別れてくれ別れてくれと夫が暴れて騒いでいた。
    女が妊娠でもして板挟みで煮詰まったのか?ある日夜中に起きたら夫がタヒにそうだった。
    自杀殳未遂。
    でも眠かったのでまた寝た。
    朝になって起きたら夫はタヒんでいた。
    ずっと別れずに苦しめてやろうと思っていたのにがっかりした。
    おしまい。

    105 :鬼女日記 2009/09/21(月) 02:50:06 ID:+sEK/W9q
    墓場話。

    高1の頃、学校からチャリで帰宅してるとき。
    後ろから抜いてきたデリカが5mくらい前で急にのろのろ運転になった。
    嫌だなぁと思って速度落として進んでたら、幅寄せされて転倒。
    ゆっくり転んだから、擦り傷程度で済んだんだけど
    チャリ起こしてたら車から四人くらい人がおりてきて
    あっと言う間に抱えられて車内に連れ込まれ、レイプされた。
    途中から、怖い!痛い!って感覚はなくなって
    ひたすら、憎い!杀殳してやる!ってずっと思ってた。
    最後杀殳されるのかなあって思ってたんだけど
    バラしたらわかってるだろうな?って、足の爪ペンチでひっこぬかれて
    お腹何発かなぐられて、さんざん脅されて、生徒手帳とられて解放された。

    その足で近くの交番行って全部話した。
    デリカのナンバーや車体の特徴や積んである機材や工具のメーカー
    男たちが着てた作業着の胸のとこに刺繍してあった会社の名前
    一人一人の特徴、他、覚えてること全部を細かくした。
    その日は母が迎えにきて帰ったんだけど
    母を心配させたくないし悲しませたくないから気丈にふるまった気がする。

    161 :鬼女日記 2018/08/10(金) 11:17:25 ID:Uriyr2Ps0.net
    墓黒を2つ白状します、歯医者さんでの話
    ひとつ目は上の子が小さかった頃、待合室にあった綺麗な絵本を読んでやり、出来心で持ち帰ってしまった
    最初は借りたつもりだったけど返しそびれ、その絵本を息子が気に入ったんでもう返さず何食わぬ顔で通院してた
    そしたら受付の女忄生が「盗んだ絵本で読み聞かせするの恥ずかしくないですか?次来た時でいいんで返して下さいね」と小声で言ってきた
    メッチャ恥ずかしかった、その通り
    本は歯医者のポストに返しもうそこに行けなかった


    二つ目下の娘が自閉症なんで歯の治療をあちこちで断られ、やっと受け入れてくれた個人医院で娘が優しくしてもらったよ
    院長先生の人柄に惹かれ恋してしまった
    心の中にしまうつもりだったけどバレンタインにチョコと手紙を渡したけどホワイトデーに返しがなくて院長先生の態度が素っ気なく映り、ちょうど先生の奥さんのお腹が大きいのを知り、逆恨みして歯科医院の口コミに酷い事を書いてしまった

    530 :鬼女日記 2016/07/20(水) 07:41:39 ID:0VE+trLU0.net
    妹のクレカの借金を500万ほど肩代わりしたこと。
    実家の両親はそこそこ資産はあるが高齢なので打ち明けられず、私が弁護士とやりとりして解決した。
    妹の夫には、うちの実家が甘やかしたからだと罵倒され、謝罪した。

    自分の夫にはとても言えない。
    何不自由ない生活をさせている筈の妻が、借金専門の弁護士事務所に出入りし
    我が家の資産を使ったなんて、私の夫からすれば妹夫婦に土下座してもすまされないことだと思う。
    私も色々納得できないし、夫の顔を見ると心が痛むが、墓場まで持っていく。

    621 :鬼女日記 2011/11/06(日) 05:18:48 ID:92Z+FeK8O
    寝られないので豚切りカキコ。
    大学時代から、誰かに見られてもいい用のダミー日記やスケジュール帳を作っていた。
    付き合う男は、ネットで知り合った自分と同じ出身地以外、それもできるだけ遠方のDT。全部DT。
    自分は世界的有名人になるはずだと思い込んで、有名になった時に過去を暴露されないようにと必タヒだった。
    こんな事10年もしていた割に有名どころか劣化してる自分に気づいて地元の人と結婚した。
    厨二すぎて人に言えないから墓場までもってく。

    161 :鬼女日記 2010/12/23(木) 11:57:55 ID:FZjBsRyi0
    高校生の頃
    いっちょまえに不イ侖なんぞして大人な気分になっていたこと
    処㊛だったから本当に弄ばれただけなんだろうけど
    母親にばれてしまって泣かせてしまった
    本当に後悔している
    今の周りの友人たちには絶対に言えない
    旦那にも言えない

    854 :鬼女日記 2017/03/24(金) 07:00:34 0.net
    28歳のとき親よりも年上の会社経営者と結婚した。
    私は水商売をしていて、学歴もなかった。昼間も働いたけど薄給だった。
    好きな人がいたからものすごく悩んだけど勉強する時間とお金が欲しかった。
    同じお店で働く女の子が、35とか6にもなってなんのスキルもなく悩んでいる姿を見ていたから、私もこうなるくらいなら、とおもって結婚した。
    (犬がいて、その犬の治療費にも頭を抱えていた)
    すぐにCADの学校に通って、それを仕事にしながら宅建の学校にも通った。

    友達のところへ行くといっては好きな人のところへ遊びに行ったりもしていた。
    宅建にも無事受かった。
    相手はとても良い人で、厄介な親族と姉妹がいるから、自分がタヒんだ後も困らないように、私の地元に私名義のマンションと土地、財産も残してくれていた。

    暮らしに不満はなかったけど好きな人のことがずっと頭の中にはあった。
    ある日掃除をしているとリビングで倒れている相手を見つけた。
    イビキをかいていて、あ!これ脳梗塞だ!と思った。
    すぐに救急車を呼ぼうと思ったけど、救急車を呼んで変に生きられても後が困る気がして、私はまた掃除機を持って違う部屋に入った。広い家だったからそうじには時間がかかった。
    相手は助からなかった。

    会社の始末とか、遺産とかの面倒なことは放棄して、自分の財産だけを持って好きなひとのところに行った。
    今はその人と結婚して安いアパートに暮らして共働きしてる。
    最初の旦那さんには今でも感謝してる。愛はなかったけど色々助けてもらったしずっと尊敬している。

    140 :鬼女日記 2016/07/16(土) 11:36:15 ID:O8//crIU.net
    「えーなんで?あそぼーよ」って言われたくて自分から誘った友達がうちまで来てからやっぱ遊べないって断ってた小学生時代
    中学校は荒れてるとこだったからナメられたらあかんって気張って俺女として中学デビュー口癖は「あ?んだよ雑魚が」
    私もいい歳(14歳)だしと普段は穏やかだけどキレたらこわいやつキャラに変更して暗黒冷笑のあと突然壁を蹴ったりしてた
    市内一の底辺高校に通い始めて穏やかキャラに不思議キャラがプラスされた
    談笑してるクラスメイトたちの背後に立って「鈴の音が聞こえる…ほら聞こえる…。」とか微笑みながら言ってた
    「はぁ?きっもw」とか言われても


    ああああああああああああ

    このページのトップヘ