怖い話

    231 :名無しさん@おーぷん
    里帰り出産中、中学時代の同級生(男)に粘着された。
    中2の時同じクラスで、誰とも口をきかない友達のいない不思議な男子だった。
    なぜかその時も粘着されて、髪にガムを付けられそうになったり
    廊下の曲がり角で急にぶつかって来られたりした。
    私の友達は気の強い子が多く、「キモい!」「寄ってくんな」と彼女たちが怒鳴ると
    ニヤニヤして去るのだけど、ほとぼりが冷めるとまた同じように粘着された。
    クラスが変わると同時にそれも止んだし
    すっかり忘れていたのに、まさかアラサーになってまた付きまとわれるとは思わなかった。

    付きまといと言っても大したことじゃなく
    ニヤニヤしながら周囲を歩き回るとか、突然大声を出して驚かすとか
    何かを投げるジェスチャーをしてくるとか。
    気持ち悪いし、妊婦だから自分だけの体じゃないしで、親に相談して
    交番に一緒に相談に行ってもらったりした。
    旦那は心配して毎週末来てガードしてくれた。
    旦那がべったりくついて離れないのを悟ってか、元同級生の粘着頻度は落ちて
    無事出産できた。

    後日、元同級生の親経由で「お祝いを渡したいのでお邪魔したい」と申し出があった。
    親から丁重に断ってもらうと、手紙が届いた。
    ごちゃごちゃ書いてあって大意を汲むのが難しかったが
    「俺に昔いじめられていたお前が、母親になるとは大した出世だ」
    みたいな内容だった。
    私は中学時代、変な付きまといを受けたという認識しかなくて
    「いじめられていた」とは思ったこともなかったので驚いた。
    態度だけでなく認識の差もろもろが気持ち悪いので、
    旦那に頼んで向こうの家に電話してもらい(元同級生は実家暮らし)
    旦那から元同級生に「二度と近づくな」と警告してもらった。

    旦那が言うには
    「俺が過去いじめていた女、いじめていた女、とまるで過去に付き合った女のような口ぶりで
    俺のお古感をアピールされ、これは話の通じないヤツだと思った」
    最終的に旦那が
    「妻はあなたにいじめられた覚えはなく、ただ気持ち悪い付きまといを受けただけだと言っている」
    と言うと、いきなり勢いをなくして「えー…えー…」と言って電話を切ったそうな。
    その後は平和で、今は旦那と問題なく子育てできている。
    彼の中では「過去いじめた女→今でも好きにできる」みたいな認識だったんだろうか。
    その考えもどうかと思うし、あれはいじめだったのか?と今でも謎。

    10 :名無しさん@おーぷん
    ちょっとオタク話注意!

    私が生まれる前からやっている漫画がよく本屋でやっている様なくじで発売されるという情報を手に入れた。
    グッズも一から作られるので楽しみにしていた、残念なのはくじという特性上商品の販売は店頭のみで自分がくじを引いている間は
    若干レジ付近を圧迫して他の書籍を買う人の邪魔をしてしまうこと。
    発売の日、本屋に行ってレジの人にくじ引き限度の回数を引きたいことを告げると、他のお客様に配慮して精算をレジでした後に別の場所(多分包装とかするコーナー)
    していただきますと。

    私としてもレジを独占するよりもいいので了承してくじを引いた。結果は一番いい等級が当たり店員さんの「おめでとうございます!」もあり、ホクホクしながら景品の
    包装を待った、そしたらレジの方向からなんか視線を感じる。振り返ったら自分よりも年上の男性がこっちを見ていた、ああ何やってるのか気になったのかと視線をはずすと
    景品の大きさもあり包装に苦戦しているようでなかなか終わらない。
    終わらないなーとぼんやりしていると、また視線を感じる。振り返るとレジで精算の終わった先ほどの男性がレジから離れてまたこちらを見ているじーっと。正確には一等の景品を。
    珍しさで見ているのか、本屋でくじなんてするな邪魔だろと見ているのか(レジ付近ではないが場所は取っているので)分からないが、他人が購入したものをそんなに見たらさすがに
    失礼だろってくらい見る。じーっと。
    流石に気持ち悪くなって包装のできた商品をもらって店員さんにお礼をいってすぐに店を出た、店の出口でもう一度振り返ると男性はまだ私の手に持たれた景品を見ていた、じーっと。

    誰に言っても見るくらいで害がないじゃないと同調してもらえないけど、真意のわからない視線ほど気持ち悪いものはない。

    713 :名無しさん@おーぷん
    愚痴らせてください。

    私は一人暮らしをしているのですが、隣の人が男性(この人をAさんとします)で、やはり一人暮らしみたいです。
    Aさんは仕事をしてないのか、毎日家にいます。
    去年、うちの鍵か壊される事件があったのですが、困っていたら偶々家からAさんが出てきて工具を貸してくれたりして(結局鍵屋さんが直してくれましたが)親切な方だと思っていました。
    最近になって家電が立て続けに壊れてしまい、修理を依頼したり購入搬入で来客が続きました。
    修理の方は見積もりにも来られたので二度ほど訪問されたのですが、この方にAさんは家から出てきて何をしに来ているのか等すごく横柄な物言いで尋ねられたそうです。
    先日、宅配が来た時も私が荷物を受け取って部屋に入った後に態々家から出てきて来客を確認していたみたいで、用事があったのですぐに部屋から出てみると鉢合わせてしまいました。(家の前の廊下から身を乗り出して駐車場を見ていました)
    特に被害がない事や、偶然や自意識過剰かと思いモヤモヤしております。
    借りているマンションは家賃や設備、環境、周辺施設どれも満足いくものですし、何より家電が壊れて修理や買い直しで出費が続き、引越しは費用的にキツイです。
    なので、ここに愚痴をはきに来ました。

    289 :名無しさん@おーぷん
    顔すらもう覚えてない母がタヒんだ。
    密葬だったとかで、葬儀にも呼ばれなかった。父から聞かされただけ。
    母は統合失調症で、幻聴幻覚ですごく皆に迷惑をかけたらしい。
    その当時は精神分裂病という病名だったそうだ。
    その名のとおり人格が分裂しちゃって、おとなしい時とキチった時の落差がすごく
    その迷惑ぶりがいまだに語り草になってて、親戚の集まりに行くと何度も聞かされる。
    部屋の隅っこで皿を頭にかぶって両手で耳をふさいでたとか、兵隊さんが来る〜って叫んでたとか。
    そういうわけで母が皆に迷惑をかけたことや、
    タヒんでくれてホっとしたという態度なのはしょうがないと思う。
    思うんだが、父が「祝杯だ!」と私の手にビールを押しつけて「バンザイしろ!」と言うのは何かモヤモヤする。
    他人同然ではあるけど、私にとっては母なので、さすがにタヒんでバンザイする気にはなれない。
    私がビールを断ったら父は不機嫌になってしまった。
    さっきからちょっかいかけてくるが、少しそっとしておいて欲しい。

    46 :名無しさん@おーぷん
    他スレタイ見てて思い出したのでカキコ

    近所の公園で行くたび会う、いつもテンション高めなお喋りな感じのママさんがいるんだけど、
    この頃公園で会わないなーと思ってて、しばらくぶりに会ったら、ママさんすごい無口になってた。
    ご無沙汰してますね、なんて声掛けて話してたら、そのママさんが

    「実は第2子を妊娠したのだが、妊娠3か月目の心拍確認後に流産してしまった」と話してくれた。

    あんまりに落ち込んでて、「実は私も・・」と、数か月前に私自身も第2子を7週で流産して、不完全流産
    だったけど子宮収縮の薬を飲んだこと、その後も結局手術になり心も体も大変だった話をした。

    だから落ち込む気持ちは少しはわかる、という話をしたかったんだけど、話してるうちにそのママさんの顔が余計に怖く
    なって子供の手を引いて急に帰って行ってしまい、「流産で落ち込んでるのにさらに流産の話なんて無神経だったのかなー」
    と気になってた。

    数日後、ママ友の一人から「公園であるママさんが『あなたに子宮収縮の薬をお茶に盛られて流産した』と言いふらして
    たんだけど、何かあったの?」と電話が来た。
    驚いて、そんな事実がないこと、数日前公園で会って上記のやり取りはあったことを言った。
    ママ友は信じてくれたらしく、「わかった、あなたはそう言ってるって周りにも広めとくよ」と言ってくれた。

    何でこんなことになったのか、これから何か身辺で動きがあるかとビクビクしてたけど特には無かった。
    「あなたが妊娠してたなんて知らなかったし、お茶(公園に持ってきてる自分用のお茶があったってことなのかな?)に盛った
    事実もない!」と会ったら言ってやろうと構えていたが、すれ違いだったのかもう会うことなかった。

    私に薬盛られて流産した、と言いふらしていたが、他のママさんに「本当なら刑事告訴すれば」と言われたら、
    「証拠がない、悔しい」と怒り、泣いてたという。
    しばらくした後には薬の話は何故か消えて、「流産前に食べた○島県産の桃がいけなかったんだ」とか物凄いことを言ったり、
    「ネットで信用できる詳しい女性と知り合いになった」とか話し、誰も全く公園で見かけなくなったらしい。

    流産の話は、まだ引きずってて本当に悲しかったので家族以外誰にも話していなかったから、こんなことになってもう何か
    重ねて落ち込んでしまった。

    その後、初めに電話をくれたママ友から「お中元ですっごいハムばっか貰って困ってるから、よかったらお昼食べに来て」
    と言われ、実家のスイカをお土産にして親子でお呼ばれした。
    行ってみるとテーブル一杯、色んな具のサンドイッチがあって、うちの息子大歓声。私も大歓声。
    お昼の後は、お庭でスイカ割りしたり、プール遊びさせてもらったり、お言葉に甘えて夕方まで
    遊ばせてもらった。

    「今までそんなに一対一での交流もなかったのに、すごい親切だなー」と少し不思議に思ったけど、
    帰るときに彼女の顔を見てたら何となく「あー励ましてくれてるのか」とわかった。
    帰り道ダラダラ泣いてしまって、息子を困らせてしまった。
    駄目な母でごめん、という話。

    536 :名無しさん@おーぷん
    深夜に掃き出し

    社会人になってすぐ趣味の集まりで彼氏になった人。
    優しくて落ち着いていて冷静で、4つ年上だけど大人だなって感じで素敵だった。
    部屋にもよく遊びに行ったけど、初めて部屋に入った時「男の人の部屋ってこんなに綺麗なんだな」って
    びっくりした。
    漫画とかドラマの影響で男の一人暮らしは汚いというイメージがあったから。
    綺麗に整頓されていて、いつ行ってもベッドの上布団さえ乱れてなかったのが特に印象に残ってる。
    仕事終わりに合流してそのまま彼の部屋に行った時もホテルのベッドみたいにぴしっとなっていた。
    彼は性的に薄いというか、あまり求めてこなくて、正直言うと私もあまり好きではないので嬉しかった。
    「いちゃいちゃしてるのが好き」と言って一緒にいる時はずっとくっついたけど、
    性行為は1月に一回あるかないかだった。
    それも何となく彼は「恋人なんだからやらなきゃ」と思ってるんじゃないかと思って
    「無理しなくていいよ。一緒にいるだけで私は十分なんだよね」と言うと
    「実は性行為があんまり好きじゃないんだ。潔癖なところがあるみたいで。
    君が汚いとかじゃないんだよ、でも受け付けないんだ」と告白された。
    だから私も実は性行為って好きじゃないと打ち明け、彼はほっとしてた。
    そっからはいわゆるレスになった。でも何とも思ってなかった。
    お似合いのいい人を見つけたな〜と能天気なことを思ってた。

    558 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 02:09:48.53 ID:tMRHh8Tt.net
    共通の友人の紹介で知り合い、何度か食事をご一緒した後ドライブデートをする事に。
    停車中の車内で、容姿を褒められたので、
    「ありがとうございます」と言った。
    その瞬間、両頬を掴まれて「ありがとうじゃなくて褒め返せや!!」と車が揺れるような大声で怒鳴られ、頬を強烈につねり上られた。
    固まる私に彼は「今のは常識がない」「俺を煽てろ」「男の言葉には謙虚に否定しろ」とどなり続けた。窓開けてなくてよかったと思った。
    即座に車から降りてもらい、置いて帰った。30分後位に「さっきはごめん。ついかっとなってしまった。実はタクシー代がないから、迎えに来てほしい。」とメールが来た。けど放置した。
    もしかしたらまだ海ほたるで彷徨っているかもしれない。

    56 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/12/19(月) 03:36:48.04 ID:uS6v0OxL.net
    修羅場とは言いきれない修羅場だけど大丈夫?

    ネットで知り合った人達に集られ結婚式の費用まで集られた話だけどスレ違いだったらごめん

    975 :愛とタヒの名無しさん 2016/01/11(月) 10:56:25.61 ID:4DUyYPWF.net
    流れぶったぎるでよ。

    不幸な結婚式とはちょっと違うかもしれない。どちらかというと大変だった結婚式後日談。

    小中高校と一緒だった友人(新婦)の結婚式に参加した。
    友人(新婦)の実家と私の実家は近所で、お互いの家族とも面識があった。
    そんな間柄。


    結婚式も披露宴も問題なく過ごせた。
    披露宴の途中、親族の方々が出席者卓にお酌して廻られていたのだが、私の卓には新婦祖父であるじっちゃんが来た。
    じっちゃんはいつもニコニコ陽気な人で体も元気なので今でもバリバリ車を運転するような人だ。
    (私が高校生だった時も、帰宅するための足がなく6km近い帰路をトボトボ歩いていると道すがら私を見つけた時は車に乗せて家まで届けてくれるような良いじっちゃん)

    披露宴で私を見つけると
    「東京はどうじゃー?またにはこっち(地元)にも帰っておいで」や「べっぴんになったのー」などと20分近くおしゃべりして席に戻っていった。
    と、この日は何も問題なく終了。

    困ったのは2日後のこと。
    実家から電話があり、「お前、結婚するって本当か?!親にも知らせないとはどういうつもりだ!」と。
    なんのこっちゃ分からん、何だその話は?と聞くと、友人(新婦)のじっちゃんが、「うちの孫(新婦兄)と私を結婚させることにした!」と家にやって来たという。

    私親混乱。私も混乱。友人(新婦)は新婚旅行で不在。
    新婦両親に話を聞くとじっちゃんはこう話したらしい
    ・孫(新婦)が嫁いで家が暗くなってしまった、寂しい
    ・孫(新婦兄)はいい歳して女と付き合った事もない、世継ぎが心配
    ・そんな時に私と会い、じっちゃん的には何故か私が最良の嫁になるという判断に至った為、新婦兄と私の結婚決定!

    となったらしい。
    本人(私)の許可は不要で「親同士の決定」があれば結婚可能と判断したのはいかにも昭和の男らしいが、そんな勝手な...

    結局1カ月掛けてお断りをし、私両親に迷惑を掛けてしまったのが申し訳なかった。
    まぁお断りの決定打は新婦兄のレイープ未遂だったんだけどね。あれが無きゃ断るのにもっと時間掛かってただろうと思う。

    680 :名無しさん@おーぷん
    丑三つ時に泥棒が入った
    私が丁度トイレに起きてトイレの中に入ったとき、物音がして誰かが入ってくる音がした
    寝ぼけてたから訳がわからなくて、のそのそっと扉を開けてリビングの方を見たら、見知らぬ男がいた
    相手は私に背を向けてたからこっちに気づいてなくて、私は危険を感じてトイレに後戻り、そっと扉を閉めたんだけど、その時に音を立ててしまった
    そうしたらものすごい勢いで近づいてくる足音がして、私は内側から鍵をかけた
    でもトイレの鍵なんてすぐ開けられる
    即座に考えて、引き戸だったから目隠しカーテンをかけてた突っ張り棒を引っ掛けて開けられなくした
    外から扉を開けようとしている音が聞こえ、数秒でカギをあけられ、即座に次の対応を考えた
    私は扉の外にも聞こえるように「もしもし!警察ですか!助けてください、空き巣です。はい!○○の何番地です!」
    と懸命に警察に通報するフリをした
    男は即座に逃げていった
    その後親を起こして警察に通報
    窓は施錠してあったけど、カギの部分を切り取られて開けられてた
    警察はプロの仕業で、私がトイレで機転をきかせていなかったらコロされてただろうと言われた
    結局その晩その辺一帯がやられてた
    となりの家は窓を破ろうとしたところで作業が終わっており、私の通報で他にいた仲間が逃げたのだろうとの事だった

    ここまでだったら修羅場で終わるんだけど、その晩空き巣に入られた人の中に同級生がいた
    同級生は私のことも含めて周りに泥棒の話を愚痴りまくってた
    その子は「危うく私ちゃんがコロされかけたんだよ!」って言う怒りからだったんだけど、それを聞いた中二病を患ったまま成長したクラスの男子から
    「なんでそんなチャンスで犯人捕まえないんだよ!」と言われた
    俺なら後ろから近づいて殴るとか、刃物のある場所がわかってるんだから刃物を持って脅すとか
    お前本当に高校生?と疑うような頭の悪い方法で泥棒の捕まえ方を熱弁された
    ちなみにそいつ、京大を第一志望にするくらい勉強はできる
    でも提案する方法は全部頭悪い
    ホームアローンみたいに可憐に泥棒を捕まえるつもりらしいが、実際に対峙した私からすると犬タヒするだけ
    不謹慎だけどこいつの家にあの泥棒が入ればいいのにと思う

    274 :名無しさん@HOME 2016/09/26(月) 02:30:00.15 0.net
    どうしたらいいか混乱状態のまま数年経ちます聞いて欲しいです
    現在結婚4年目で私28歳旦那が32歳、娘が3歳です。結婚前から旦那は自分の家族や生い立ち等を話していましたが随分とドラマチックな生き方をしてるなと感じで惹かれていました。
    いくつか例を上げると、
    ・従姉妹がスチュワーデスで飛行機に無料〜半額で乗り放題だったので大学生の時に世界中を旅した。イタリアで荷物を盗まれ数ヶ月現地のパン屋で働いて帰ってきた、今もハガキのやり取りがある。
    ・親は俺が大学進学の時に新車を買って学費を出してくれなかった。中退してしまったが親が学費を出してくれていたら卒業できた。
    ・受験(難関大学)の日にスロットをやっていて当たってしまった。残り教科全て満点を取ればいけるはずだったが解答欄ミスをしてしまい落ちた。
    ・子供の頃にお腹を手術した。
    ・うちの両親は頭がおかしい。父親は変人、母親は借金ばかりする。
    ・お前の知っている〇〇さんはもと美容師で元デリヘ●嬢。2回中絶をしてる。
    ・上司から見込まれている。将来は役員を約束された。何をやっても認められてしまう。
    というような話です。
    結婚してからこれが全て嘘ったとわかりました。きっかけは結婚1年目のある日当時務めていた会社から旦那が電話してきて「会社がおかしい!出勤したら閉鎖されている!同僚が給料を払えと暴れて警察沙汰だ!」
    などと電話してきて流石におかしいと思い会社へ出向き調べたからでした。旦那は会社で横領し解雇されていました。
    旦那本人を問い詰めようと義実家で話し合う事になりましたが旦那は会社に呼ばれたなどと嘘をつき現れませんでした。
    そこで旦那両親とこれまでの話をして全てが嘘だったと知りました。旦那の従姉妹はスチュワーデスではなく空港アルバイト、学費も全て義実家で出していました。手術なんてもちろん受けていませんでした。
    おまけにブラックになっていて和解金を支払っていました。
    義母が言うには旦那は昔から自分に都合の良い嘘をつきそれを真実だと信じ込む所があるそうです。
    離婚を考えましたが旦那は「何でもするからやり直したい」と言ったのでその時は受け入れてしまいました。
    当時虚言癖という言葉を知らなくて旦那の態度が病的なものと気づけませんでした。

    305 :名無しさん@おーぷん
    仕返しというか因果応報というか、どっちかっていうと自分の中ではオカルト?に近い話なんだが。

    Aという伯父がいた。
    この人がすごいろくでなしで、浮気サイマーDV虚言癖アル中酒乱男だった。
    うちの父のすぐ下の弟で、父の存命中はうちもかなり迷惑かけられてきた。
    とはいえ一番迷惑かぶったのはむろん伯父の家族(伯父の嫁・息子・娘)だった。

    この伯父家族が揃いも揃ってエネmeな人たちだった。
    伯父を野放しにしとくと世間様に迷惑かけるからって、
    伯母は殴られ蹴られ浮気されながらも離婚せず耐え、子供たちは学費を使い込まれ
    就職してからは給料を伯父に搾取されても耐え、肩を寄せ合うようにして暮らしていた。

    581 :名無しさん@おーぷん
    見知らぬ男の人から公衆電話を使って自宅に電話があった
    「あなたの落し物を預かっています」と言われたけど、落し物をした記憶がないのでいたずらかと思った
    そもそも公衆電話ってのが怪しいし
    電話を切ろうとしたら「これを拾ったのが俺だとバレたら俺が犯罪に巻き込まれそうなんです」と言われた
    ますます意味がわからない
    でも続く男の言葉に戦慄した
    私の旧住所、新住所、携帯番号、パソアドレス、携帯アドレス、大学のアドレス、生年月日、家族の詳細、姉妹の生年月日、学籍番号などなど片っ端からならべだし
    「これがあなたの落し物です」と言われた
    そして「注意して下さい」とも
    荷物はわざわざコンビニ受け取りで送られてきた
    届いたものは、私の個人情報がぎっしり詰まった手帳だった
    中学時代から当時に至るまでの10年間の情報がびっしり
    高校の頃にいつの間にかなくしたと思った手作りの栞が挟まってた
    他にもなくして先生にこっぴどく叱られた面談で話し合った最終進路を記入した紙も挟まってた
    私の髪の毛とかも・・・
    送り主は拾った場所と日時と状況のメモを書いていてくれて、本来なら警察か施設の方に届けるべきを送ってくれたみたいだった
    そのまま親と警察に持っていった
    何事もなく10年立つ
    手帳は見慣れない字で、私は一度もモテキなん無かったし、友達に聞いても思い当たる節がないと言われた
    もう見切りをつけたから手帳を捨てたってことなんだろうか
    怖かった

    218 :名無しさん@おーぷん
    高校時代、友人の家にて泊まりで遊んでたら友人ちの夫婦喧嘩おっぱじまったのが修羅場
    友人の部屋が二階なんだが夜お母さんが急に上がって入ってきて愚痴溢し始めて、少ししたらお父さんが上がってきて酒臭い状態でお母さん蹴り始めてビックリした
    んで髪掴んで引き摺り倒さんばかりの勢いだったんで慌ててお父さんの襟首と肘引っ付かんで止めに入った
    30分程何かむにゃむにゃ言ってたが離さずに居たらそのまま下に戻ってったんで被害は無かった
    でも女子高生、しかもチップ☆ターの紙筒に肘まで通せるくらいの腕で酔っぱらいとはいえ成人男性とにらみ合いするとは思わなかった
    その喧嘩始まった時友人とその妹がお母さんにくっついて泣いてたんだがさっさとお母さん連れて隣の兄の部屋行けと行ったのに怖くて行けないと返答されて
    いや酔っぱらいが荒ぶってるこの部屋の方が怖いだろ!?
    とか思ったのは内緒
    親が暴れてるってそりゃ見慣れてる子供側からしたらすくむくらいの恐怖だよね

    んで翌週には友人の親御さん離婚したのも衝撃だった
    あの夜の後何か知らんが友人も妹さんもお母さんも思う事があったらしく随分奮起したとか友人のお母さんから聞いた
    私止めただけで特に何も言ってないししてないんだが……

    75 :名無しさん@HOME 2014/02/17(月) 16:25:11.43 P.net
    先日の義実家でのこと
    ようやく悪阻も治まったので、お正月に顔を出さなかった義実家に行った
    私達が先に着いて義父母と談笑してるところにやって来た義兄一家

    年少さんの甥っ子君は私のお腹を見るなり「あ、ニンジンしちゃったの?」とビックリ顔
    そうだよ〜などと笑顔で答えてると
    「ちょっと待ってて僕が治してあげるね」とどこかへ

    誰も甥っ子君の言葉の意味が分からなかった意味が分からなかったが
    玄関に置いてあったゴルフクラブを持って来て私のお腹目掛けて振り下ろしたところで皆青ざめた
    最初の一発目は咄嗟に庇った私の手に当たった

    慌てて止める義兄と義兄嫁
    何でこんな事するんだ?
    と義兄が怒鳴りつけたところ
    ビックリして泣き出してしまった甥っ子君
    泣きじゃくりながらも訳を話し始めた

    甥っ子君の通う園には同じ年少クラスに○子ちゃんという子がいるのだが、
    この子にはお姉さんがいるらしく、
    そのお姉さんが「ニンジンというお腹が大きくなる病気」に罹ってしまい
    このままでは「どんどんお腹が大きくなって困る」ので
    お父さんがお姉さんのお腹をバットで殴って「病気を治した」らしい
    殴られる姉を心配する○子ちゃんに対して、
    お父さんが訳を説明してくれ、○子ちゃんを安心させてくれた話で
    甥っ子君はその話を聞いて、ニンジンの治し方を知ったんだそうだ

    378 :名無しさん@おーぷん
    今さっき義家から帰宅。
    義両親と義兄夫婦から謝罪が無ければ今後冠婚葬祭含め、義親族と完全絶縁するって旦那の発言にktkr状態www
    にしても気持ち悪かった…。

    今日は義両親がおじいちゃん達からきのこの詰め合わせが届いたから取りにおいでーって呼ばれてうちと義兄夫婦が義家に集合したんだけど、
    旦那と義兄とウトは庭の畑、私はトイレ、トメはキッチンで昼ごはんの準備って感じでみんながバラバラな時に義兄嫁が私と旦那の鞄の中を漁ってた。
    リビングのドア開けたら丁度財布を手に持ってるところでガッチリ目が合ったわw
    えええええ!?って驚いたけど慌てて財布と鞄達を奪い返して何してんですか!?!?と怒ってたら隣のキッチンのトメも気付いたみたいで何事!?とやってきた。
    義兄嫁さんが私達の鞄の中出してて、財布も触ってて!!とパニックになりながらも説明すると義兄嫁とトメは突如理解不能な宇宙人化した。
    トメ「え?長男嫁として弟夫婦の財布事情を把握しておくのは当たり前じゃない??」
    義兄嫁「私さんは次男嫁だから長男嫁としての心構えとか知らなくっても仕方ないけど、あなた達が路頭に迷う事になったらうちが面倒みる事になるのだから把握するためにどこの長男嫁もお財布ぐらい見るわよ?」
    はあああああああ!?んなわけねぇだろ!!と言い返しても今みたいな台詞を繰り返してばっかで、危うく私まで「あれ?長男嫁ってそういうものなの?」とか思い始めてたわ。危ない危ない。
    これじゃラチがあかんわ!と思って庭の旦那達を呼んできたんだけど、怒る旦那以外は全員宇宙人だった。
    長男嫁として当然の事、うちが迷惑かけられる立場なんだからお金に関して把握しておかなくちゃ、見られるのが嫌なら見られて恥ずかしくない金額入れとけばいいでしょ?などなど、何言ってんのか理解に苦しむ発言のオンパレードだったよ…。
    私以上に旦那がキレちゃって「たとえ破産しようともお前らには世話になるつもりはない!つーか長男嫁だろうが何だろうが人の鞄や財布触って当然!なわけねぇだろ!頭おかしいんじゃねぇの!?」と言って帰ってきた。
    以前から義兄嫁と私に対してなんとなく差を付けて対応してくる事にモヤっとしてたからこのまま絶縁に向かってほしいわwww
    でもまさか勝手に鞄やら財布を漁られてたとは思わなかったわ…。
    義兄嫁の言い方的に今回が初めてじゃなかったみたいだしね…。

    169 :名無しさん@おーぷん
    昔語りになりますが書かせてください。
    私は夫のDVが原因で離婚しました。
    結婚してすぐにバブルが崩壊、それでも何とか幸せにやっていたんですが、
    リーマンショックの時に私は資格職なのでリストラされませんでしたが、
    夫はリストラに会い解雇されてしまいました。そのころからモラハラが始まり、
    少しするとDVも始まりました。最初のころにリストラされて気持ちが荒んでいるからだと思い、
    許してしまったことがいけなかったんだと今では思いますが、当時はどうしていいのかわかりませんでした。
    そうしてだんだんと薬なしで眠ることができなくなってしまいました。
    ある日また些細なことで夫に暴力を振るわれ、そのときたまたま火の付いたたばこが灰皿の上にあることに気付いた夫に
    耳の後ろに根性焼きを入れられました。私は夫にいつか殺されると思いました。
    そしてその日の夜、夫が飲むビールに眠剤を入れました。
    危険なことはわかっていましたが殺されるくらいなら殺してしまっても仕方がないと思いました。
    その日夫に私は両耳の後ろに2つづつ根性焼きを入れられたので、夫が眠ってから
    手首と足首を背中の方で縛り、エビ反りのような格好にさせて目が覚めるのを待ちました。
    次の日の昼過ぎにようやく夫は目を覚ましました。
    そして夫がどなり始めたので、包丁を目の前に置いて静かにしないと刺すからねと言いました。
    夫は面白いくらい無口になりました。
    私は夫の口に猿轡をかますと、夫の両耳の後ろに3つづつ根性焼きを入れ、
    離婚しないと毎日お前が寝たらこうしてやるからなと言いました。
    夫は素直に離婚届けを書いてくれました。その後私はマンションを出て行き土地を離れたので
    夫がどうなったかは知りません。
    でも自分が人に根性焼きができるくらい冷酷になれる女だと分かったので、できるだけ人にかかわらないように
    気を付けて生きています。
    読みにくい文章になってしまいすいません。

    343 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/30(月) 12:00:28.13 .net
    誰かに言わないと気が変になりそう
    たった今の出来事
    出先で色あせたTシャツにぼろいデニムのスカートを履いた汚いおばさんに声をかけられた
    「久しぶり」って言われて誰かわからんかった
    よく見ると5年前に出て行った嫁だった
    焦りすぎて「人違いです」と言って急いで車に乗って逃げてきた

    今飛行機の距離の実家に戻って両親と娘と暮らしてる
    何で嫁がここに居るのか考えると恐すぎる
    取り敢えず学校終わりに娘を迎えにいかねば

    484 :名無しさん@おーぷん
    専門学校行きながら、小遣い稼ぎで新聞配達(夕刊だけ)をしていた時のこと。

    中央分離帯に植え込みのある片側2車線の道路を配達中、
    前方に何か建物を探してる風の地方ナンバーな赤くて可愛らしい軽がのろのろふらふら走っていた。
    運転席からちらちら見える頭が綺麗に禿げ上がっていたので、
    「お爺ちゃんかな?」「どこか探してるんだったら教えてあげようかな」くらいに思っていた。

    そこに勤め先の新聞屋でも有名な近所の成金のドラ息子が、助手席にケバいお姉ちゃんを乗せた青いスポーツカーで登場。
    前方を行く赤い軽にアホほどクラクション鳴らし始めた。
    これはさすがに可哀想と思い、一言注意してやろうとカブを止めたら、前の軽も止まってしまった。
    それでもクラクションを鳴らし続けるので「爺ちゃん心臓発作とか起こしてないよな?」とか思いながら
    ドラ息子の車の窓を叩くと、突然鳴り止むクラクション。
    前方を凝視して硬直する2人のバカ。で、軽の方を見てみると

    「どう見ても本職の方です。本当にありがとうございました。」

    ってド893が4人出てきてて、速攻でドラ息子の車を囲みボッコンボッコン蹴り入れて怒鳴りまくる。
    「ハゲじゃないよ!スキンヘッドだよ、これ!!」と思いながらも道の真ん中だったので、仕方なく涙目で後続車の交通誘導をする俺。

    何とか車が流れるようになった頃、まだドラ息子の車を囲んでる893の1人から
    「すまんな、兄ちゃん。ところでこの辺に○○ホテルってない?」と聞かれて、場所を教えてあげたら
    「ちょっと行ってきて、その辺にいる俺らみたいのにここの場所と状況説明してくんない?」と言われ、
    「その後、配達に戻っても良いですかね?」と聞いたら「良いよ、仕事中にごめんな」(BGMは「ええ加減出てこんかオラァ!!」とかの怒声)。
    この時点で怖くて泣きそう。

    仕方ないので言われた通りにして裏道通って配達に戻って、元の場所近くまで行ったらもういなくなってた。
    そのまま配達を続けて、そのホテル前を通ったら、おや?なぜだろう?ドラ息子の車が止まっているw
    そしたらホテル前にいた集団893(事情を説明した人達)の中にさっきの4人を発見。と言うか、俺が発見された。
    「兄ちゃん、さっきはありがとうな」と言われ「お礼に」と剥き身で3万円くれた。
    最初は断ったんだけど集団に「良いからもらっとけ、もらっとけw」と言われたので、有り難く頂いて立ち去った。

    それから1年もしない内にドラ息子の家が売りに出されているのを見た。
    ケバイお姉ちゃんは大学生だったらしいが、大学を辞めてしまったらしいと風の噂で聞いた。
    理由は知らない。

    あんな小さくて可愛い軽自動車に、大柄な黒服のド893が4人も乗ってたのが結構衝撃だった。

    17 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 21:04:49.90 ID:2ANKahkj.net
    長いけど書かせてください。

    私は地域のアマチュア写真クラブで活動してる。
    クラブのメインの活動は年に数回ある作品発表会なんだけど、今年はクラブの記念の年だったんで、みんなであるコンテストに応募しようって話になった。
    そこで私がモデルを頼んだのが友人A。若い頃スポーツやってて、スタイル良くて写真映えするだろうなと思ったから。
    それまでは礼儀に厳しい姉御肌な人って印象だったんだけど、モデルを頼んでからAがおかしくなった。

    最初に言われたのは「他のコンテストには出ないの?」
    コンテストにはそれぞれテーマがあるから、どんな写真でも出せるわけじゃないと説明すると、
    その時は「ふーん」と引き下がるんだけど、3日くらいすると「ねえ他のコンテストにも出そうよ」

    次に「写真を宣伝するブログを作ったらどう?」
    私は作品を発表する場はクラブの活動で十分だったし、そこに労力を使いたかったからネットには上げてない。
    そう説明すると「そんなんじゃ有名になれないよ!」

    それから私のSNSの日記に口を出すようになった。
    「今日は仕事が忙しくて疲れた」くらいの内容でも「そんなネガティブなこと書いちゃだめ!もっと明るくて楽しい話題でファンを増やさなさいと!」とメールが来た。

    このページのトップヘ