怖い話

    227 :鬼女日記 2014/05/06(火) 18:57:53 ID:J9VvT6udv
    小学校の頃、友達と河原で遊んでたら一台の乗用車が停まっていた。
    遠目からでも車が、ギシギシと言った感じに揺れ動いていたので、友達が「セ○クスしてんじゃないか」と言って見に行こうぜと私を誘ってきた。
    口では「興味ないよ」と言っていたけど内心ムッチャ興味があったので友達の後ろで身を低くしてついて行った。
    10mぐらいまで近づいたら揺れと一緒に女の喘ぎ声も聞こえてくる。
    でも、生活音が全くなかった気がした
    横からじゃ見つかるので、後ろから覗くことにした。
    1mぐらいまで近づいた時に、車の揺れや喘ぎ声がなくなっていた。
    私はバレたと思ったので、友達の手を引いてやめようと言ったが、私の手を振り切り車の窓ガラスに覗きに行ってしまった。
    暫くしても友達が何の反応もないので、「どうだ?」と声をかけるが私の横まで降りてくると、お前も覗けと言わんばかりにリアウィンドウを指さした。
    聞いても教えてくれないので、私も覗くことにした。
    見つからないように物音を出さないように覗きこむ。
    「・・・・」
    車の中には誰も乗っていない上に、シートとかがボロボロだった。
    車の外見は洗車してきましたと言ってもいいぐらいピカピカなのに。
    一応、帰りに友達と神社にお参りに行った。

    41 :鬼女日記 2017/12/16(土) 19:46:50 ID:s7ck0uwk.net
    年忘れに一発。
    今年の9月の三連休に友達と二人で台湾に行くって職場で話したら、当日空港に顔しか知らん派遣社員が『待ち遠し過ぎて昨晩から待ってました』と何故か来ていたこと。
    勝手に友達認定してんじゃねーよ!

    907 :鬼女日記 2015/03/14(土) 15:26:13 ID:xbpG12iS.net
    では、職場つながりの友人の話

    私は高卒後、接客業に従事し、その後事務職に転職した。
    転職先で知識不足を感じたので、働きながら学校に通うことにした。
    前職場の同僚たちは結婚や転職などで退職した人が多いものの
    未だにみんな仲良くて定期的に会っていた。
    そこで社会人学生になったと報告したところ
    大半が「がんばってね」「大変だね」という反応の中、A子は違った。
    学校名や専攻、場所、学費(調達方法や金額)、時間など質問の嵐。
    A子も進学に興味があるのかと思い、正直に答えていたが
    「勉強したいという気持ちが理解できない」と言われたので
    学校名を告げることなく、話を切り替えて終了した。
    次に集まったとき、私が待ち合わせ場所に着いたら
    みんなが私の履歴書を回覧していた。
    それは前職場に提出したもので、まだそこで働くA子がコピーして持ち出したもの。
    「私子には悪いと思ったんだけど・・・」と謝罪らしきことを言われたが
    A子だけは「私子は高卒だね?それでどこの学校行ってるの?専門?大学?」と
    質問を繰り返した。履歴書を持ち出してまで確かめたいのかとうんざり。

    恐ろしいのは前職場が会員制ということ。
    A子は気になる客の個人情報を調べ、独身か確認。
    そして彼の職場に電話して勤務形態を聞きだしたり
    住居近くをぶらついて自然な出会いを工作したこともあった。
    客として来たときに話しかけたら?と言ったら
    そんな積極的な行動はできないんだって。
    A子のモラルどころかコンプライアンスを疑ってしまう。
    忙しさを理由にあれから疎遠にしている。

    593 :鬼女日記 2016/04/03(日) 10:04:46 ID:he6
    長文失礼します

    少し前、友人に誘われ遊び半分で地元でそこそこ有名なホラースポットに行きました。
    そこでは特に何も起こらなかったのですが、帰る時に肩が重く感じたりして怖くなり直ぐに自宅へと帰りました。


    それからと言うもの、部屋で急にバンッと大きな音がしたり(誰もいないし何も触っていない)刃物独特の嫌な音がしたりして不安な思いを抱えながらいつも通り会社へ行っていました。

    その途中、やけに綺麗な女の子(以下Aちゃんと呼びます)を見かけました。Aちゃんは白いシャツに黒いリボンタイ、膝までの黒いフレアスカートの白黒な服装が印象的で自然と目で追っていたらいきなり私の方を見て声をかけてきました

    Aちゃん「…いきなり不躾ですみません、お時間ありますか?」

    私「はあ…○時までなら…」

    Aちゃん「じゃあちょっとあそこの公園で…」

    家に長く居たくなかったので早めに出ていたので了承すると、Aちゃんが公園のベンチで話を…と言ってきました。
    正直このAちゃん、可愛らしいけれど服装が中二病ぽいし良いとこのお嬢さん感があったからからかわれているのかなとも思ったけれど話を聞いてみる事に。


    Aちゃん「またいきなりで申し訳ないんですが…貴方どこか変な所行きました?」

    私「変な所?」

    Aちゃん「あー…えっと、何か身の回りでおかしい事起きてません?いわゆる霊的な物みたいな事」

    私「えっ」

    いきなり何言い出すんだと思ったのと見透かされてるようで恐ろしかったのが半々で、そう思うと何だかAちゃんが奇妙に思えて思わず怪訝そうな顔になってしまいました。


    Aちゃん「あ、別に怪しい勧誘だのお金くれくれ詐欺とかじゃないんで安心して下さい」

    慌ててそういうAちゃんに人間味を感じでちょっと安心しました。
    安心した所でホラースポットに遊び半分で行ってしまった事、身の回りで不可解な事が起きている事を説明するとどんどんAちゃんの顔が険しくなっていきました。

    Aちゃん「お姉さん、そういう場所は遊び半分で行く場所では無いんですよ。………。」

    私「すいません…。……あの?」

    私の方を見てジッと何かを見つめているAちゃん。初めは怒って睨んでいるのかな、と思ったけれど余りにも長いし睨んでいるわけでも無い目で見られててちょっと怖かったので声をかけました。
    そうするととんでもない返答が返ってきました。

    Aちゃん「刃物…、包丁…じゃない。…ハサミ?…お姉さん、ハサミに今日気を付けた方が良いと思います。」

    私「え?」

    Aちゃん「会社行って、帰ってから友人か誰かと一緒にいた方が良いと思います。ハサミ、気をつけて下さい」

    581 :鬼女日記 2016/03/28(月) 02:08:14 ID:4Dv
    素敵画像を送ってくれた妹に、お礼に怖がらせてやろうとして反撃にあったときの話をします。

    私が中学生だった頃の話です。
    ある休日の昼間に、母が台所で洗い物をしていました。
    喉が渇いた私は何か飲もうと台所にいき、母に「二階の部屋片付けてきなさい」と言われ、
    そのまま台所横の扉から出て階段に向かいました。
    すると上から掃除機を持った母が降りてきました。
    「二階掃除機かけたけんね」
    私はあまりの衝撃に硬直して動けませんでした。
    母はそのまま階段を降りて、階段下のリビングへ入っていきました。
    その間、台所からの食器を洗う音はずっと続いていました。
    母が二人いるという事実に恐怖した私は、その後はテレビを見ている妹にずっとくっついていました。

    といった私の恐怖体験を妹にLINEで話したところ、
    妹も、母が二人いる夢を何度か見たことがある、と返してきました。
    なんでも、夢の中で玄関の隅に誰かがいるなと思ったら母だったとのことです。
    ちなみに実家の玄関は結構広くて、6畳ぐらいあります。小さな部屋くらいの大きさです。
    あと基本的に明かりはつけていないので暗いです。
    そんな場所の隅にずっと立っているだけでも十分ホラーなのに、それが母だったなんて恐怖以外のなにものでもありません
    でした。
    しばらくは母に会える気がしません。

    327 :鬼女日記 2014/10/04(土) 13:48:55 ID:XEvKMbrM.net
    大学生の時にあったちょっと怖かった話
    大学入って二ヶ月くらいで彼女ができたんだけど付き合い始めてから二週間くらい経った時に携帯の盗難にあった
    携帯は体育の時間にロッカーに入れていたんだけどロッカーの鍵を壊されて盗まれていた
    何故か壊されていたのは俺のロッカーだけで他の人は何も盗まれていなかった

    物を盗まれるなんて生まれて始めてでパニクりながら学生課に相談
    すると学生課の人が携帯会社の電話番号を教えてくれたので直ぐに利用を停止するように電話した
    授業が終わって直ぐに停止してもらったから盗まれてから二時間も経っていなかったと思う
    更に学生課の人に相談して見たが警察に届けても返ってこないから諦めるしか無いと言われた
    その日はまだ授業があったのでモヤモヤしながら仕方なく携帯の事を一旦忘れる事にした

    その週は忙しくて新しい携帯を買いに行く暇も無かったのでしばらく連絡が出来ないと彼女や友たちに伝えようとした
    だけど携帯の番号を全部覚えている訳もなく直接会える人にしか伝えられなかった
    それでも幸運だったのはその日のうちに彼女に直接会えた事だった

    彼女に携帯の盗難を伝えると彼女はかなり驚いていて昼頃にメールした?と聞いてきた
    彼女に届いたメールを見てみるとそのメールが届いていたのは丁度体育の授業の時間だった
    そのメールは大事な話があるから今日の夜十一時に〇〇公園まで来てと言う内容だった

    彼女は普通じゃないメールに電話をかけたらしいが相手は出なかったらしい
    その後もメールは続き彼女がどうしたの?とメールしても直接会ってじゃ無いと話せない、本当に真面目な話なんだと送ってきていた
    彼女は別れ話をするつもりなのかと思っていたらしく約束の時間前に俺が会いに来て驚いたらしい

    何だか気持ち悪くて直ぐに近くの交番に行ったが交番の人には唯のイタズラでしょとあまり真面目に対応してもらえなかった
    一応盗難届けは受け取るけどそれ以上の事は直接の被害が無いから出来ないと言われた
    あの時彼女が指定された場所に行っていたらどうなっていたのか想像するだけでも恐ろしい

    978 :鬼女日記 2017/07/26(水) 11:59:52 ID:EZz7MBdd.net
    田舎暮らしに憧れ、田舎暮らし体験ツアーに参加した。
    集合場所に着くと参加者は私を含めて2~40代の独身女性.ばかり。
    バスに長時間揺られて着いたのは、山と田んぼしかない本物の田舎だった。
    将来はこんな所で自給自足してみたいと思ってたから、そこは問題無かった。
    しかし応募フォームにあった説明と若干違って
    夜は地元の人々の田舎暮らし案内と懇親会→農家の独身男達と合コン
    宿泊は古民家の民宿→一軒家の農家(牛と鶏付き)で、夕食はそこの農家の夕食に参加、宿泊する部屋は農家の息子の部屋に息子と二人きり。
    農家一軒当り女性.が一人ずつ振り分けられていて、早い話が体験ツアーと銘打った嫁探しだったみたい。
    結局参加者全員が移動できる台数のタクシーを呼び、その日のうちに最寄りの市まで移動して皆で温泉施設に宿泊した。
    主催が○○市だったので後日苦情を入れるも、「本当は××村が企画立案したのですが、名前だけ○○市の名前を貸して欲しいとの事でしたので…」と脱力するような回答しか無かった。

    683 :鬼女日記 2018/07/04(水) 22:19:49 ID:UzoAlaUX.net
    15年ほど前に体験した話。神経が分からんスレと迷いつつ。

    当時、T都H市に住んでいた俺は、ある日、40度近い熱と凄い寒気、頭痛を始めとする体中の痛み、めまいと足下のふらつき、息苦しさで、頭の中も半分朦朧としていた。

    コレはヤバいと、会社に休みの連絡をして、病院に行くことにした。

    当時の我が家から最寄り駅まで約1キロ。駅周辺まで行けばいくつか病院がある事は分かっていたが、まだどの病院も行ったことがない。
    そもそも、この状態で駅まで歩ける気がしない。
    そこで思い出したのが、駅と我が家の中間辺りにあるK医院。診療科目として内科、胃腸科、小児科と書かれている。
    俺は財布と保険証を握り締め、フラフラとK医院に向かった。

    足下がふらつくし、そもそも具合が悪いので、多分、20分くらいかかってK医院に着いたときは、涙腺が緩みそうなほどホッとした。

    医院の中に入ると、ちょっとご年配の受付嬢が「予約はありますか?」と、いきなり不機嫌な声で尋ねてきた。
    俺も見落としてて悪かったのだが、K医院は予約制の病院だったらしい。
    俺「いえ、予約はしてません。」
    受付嬢「どうしたんですか?」
    いや、普通、そういう聴き方しないだろう?と思いつつも、溺れる者は藁をもって奴で、失礼が無いように答える俺。
    症状と経緯を説明すると、全てを聞き終わる前に受付婆は
    「ウチはそういう病院じゃありません。予約のない人は診ません。胃腸科ですよ。内科じゃないんですよ。お門違いです。出ていってください!」と、まぁ、ケンモホロロな受け答え。

    でも、俺もかなりギリギリだったので「分かりました。すみません、一番近い内科は何処にありますか。」

    すると受付婆は「知りません。教える義理もありません。早く出ていってください。」

    (ゴメン、続く)

    421 :鬼女日記 2016/12/16(金) 15:25:36 ID:gPkwDhcy.net
    カードウン十万不正利用された
    お金戻ってくるけど自分バカすぎ
    カード会社のセキュリティすごすぎ
    気付いた分以外にも不正の形跡があって
    それは未然に止めてくれてた
    今回のは少額の累積だったのでセキュリティのスクリーンをすり抜けたらしい
    明細はちゃんと確認しよう…

    しかし全く使っていないカードなのにどこから流出したのか…
    ヤフーくらいしか思い付かないけど
    米ヤフーの流出の時日本に影響無いって言ってたよね

    236 :鬼女日記 2011/10/23(日) 09:07:47 O
    無意識にDQN返しになった。

    旦那は末っ子なのだが、トメは旦那が一番可愛かったらしい。
    なので、旦那と結婚した私が大嫌い。
    義兄達がどんなに〆ても嫌がらせを繰り返すので、ウトさん公認で義実家に出入りはしなくなった。

    先日、ウトさんの還暦祝いがあって久々に義実家に行ったが祝いの席でも
    トメは私にどうでもいい事で突っ掛かり、グダグダ言いまくり。
    そんな中、義兄の子がジュースをこぼしタオルを取りに2階へ上がった。
    階段を降りようとした時、「まだ使うかも知れないしもう2枚位持って行くか。」と振り返ったら
    私の背後でトメがまさに私を突き落とそうと腕を伸ばそうとしていた。
    私は慌てて階段の手すりを掴んだが、トメはそのまま階段を落下。
    トメは私が階段を突き落としたと言っていたが、誰にも信用されず
    只今両腕骨折で入院中。

    後ろを振り返ってトメが笑いながら腕を伸ばそうとしてた時の恐怖は生きてきた中で一番怖かった。

    このページのトップヘ