怖い話

    565 :鬼女日記 2018/06/21(木) 13:56:26 ID:ZzagV57m.net
    高校生の妹が、バイト先で余ったプチプチを大量にもらってきた。
    んで、テスト前に暗記科目の内容を
    プチプチするリズムに合わせながら唱えてると覚えやすい!と発見したそうだ。

    ある日、妹の部屋の電気がチカチカしたので、
    夜に父が帰ったら取り替えるよという話になり、
    その日の妹の部屋は電気をつけないままだった。

    しかしテスト直前の妹は勉強したいし、翌日は暗記科目だしということで、
    共用スペースにパソコンがあって私がそれで仕事をしていたため
    邪魔になるからと、真っ暗闇なわけではないので
    電気の付いてない自室でプチプチしながら年表を唱えてた。

    そこへお裾分けのお菓子を持ってきた兄嫁、
    半開きのドアから妹が部屋の中で背を丸めて異音を立てながら
    ブツブツブツブツ単調に何かをつぶやいているのを見てしまった。

    そこまでなら
    「うわっ!びびった!」で済むはずだけど、
    極度のホラー嫌い(あとで聞いた)の兄嫁はパニクって、
    掛けてあったカレンダーをむしり取って奇/声を発しながら妹の部屋に突入、
    妹をカレンダーで乱/打した。

    その奇/声ってのが今まで聞いたこともないような甲高く時に低く、
    かつノンブレスのとにかく表現できない雄叫び。

    慌てて止めようとするも、すごい力でなかなか止められない。

    こちらもあまり気遣っていられないので、
    多分膝/蹴/りも何回か入れたと思う。

    普段は本当に普通のOLさんの兄嫁が、
    というか人があんな風になるのを見たのが衝撃だった。

    くるうってああいうこと言うんだな。
    カレンダーの1番上がステンレスの棒で束ねられてて、
    その棒が当たりまくって私も妹もかなり切りきずだらけになったのも悲惨だった。

    967 :鬼女日記 2016/10/25(火) 23:10:24 ID:C6t
    ふと思い出したので投下します。
    長文なので分割します。初投稿なんで、わかりにくい部分もあるかと思うけどスルーしてください。


    約20年前の、夏の夜の話。
    私と彼氏を含めた十数人の友人グループで、数台の車でつるんで深夜のドライブを楽しんでいた時のこと。
    いつの間にか「肝試しに行こう」という話になっていた。

    しかし、私は大反対。
    他の女友達数人も私に同意してくれ、その手の場所に遊び半分で立ち入るのは良くない、と必タヒに肝試し敢行派を説得した結果、折衷案として『問題の建物には入らず、近くに行くだけ』という話に落ち着いた。

    問題の建物というのが、崖上のホテルの旧館。
    本来ならとっくに取り壊されるハズが、怪奇現象が連続発生した為に取り壊すことも出来ず、廃墟化して放置されているという曰く付きのもの。
    今回は、そのホテルの新館(絶賛営業中)から少し下の方にある、暗いけどやや広めのパーキングスペースが目的地となった。
    それなら大丈夫だろうと安心しきっていた私達は、道中ワイワイ騒ぎながら移動、あっさり目的地に到着。

    途端、私は金縛りにあったように全身が強ばり、後部座席のシートから動けなくなってしまった。
    同時に襲い来る、猛烈な寒気。
    夜とはいえ夏なのに、まるで冷たいプールに浸かり過ぎた時のように歯をガチガチ鳴らして震えだした。

    おかしい、おかしい、おかしい。

    パニック状態で叫びたいのに、下を向いたままガタガタ震えるしか出来ないという異常事態。
    同じ車に乗っていた彼氏や友人達はサッサと降りてしまい、独り取り残されてしまった。

    早く離れなくちゃ、誰かに伝えなくちゃ。
    その一心で、何とか首を動かして窓の外……皆がいるはずの方向を見た。
    すると……あるはずのものが、ない。
    いや、正確には『ある部分だけが歪んだ空間で覆われていた』とでも言えばいいのだろうか?

    そのパーキングスペースの中央部分には、車のライトに照らされた大きな石碑があるはずだった。
    しかしその石碑だけが、私の視界から排除されてしまっていた。
    恐ろしくなり、慌てて視線を下に戻す。

    601 :鬼女日記 2016/04/07(木) 01:18:45 ID:jUP
    オカルト話とは少し違うんだけど語らせてほしい。
    数年前まで拝み屋紛いのことをしていた時期があった。

    その頃は、というか今もだけど絶賛ニート中でやることがなかった。
    当時は身内不幸が続いて、俺自身が無気力だったのもあるし金も転がり込んで余っていた。
    そんな時に中学の頃の悪友Aが仕事の愚痴をSNSに書き込んでいたのを見て、久しぶりに飲みに行かないかと誘ってみた。

    そこでAの話を聞いたところ「カウンセラーをしているが時折こっくりさんや、肝試しで取りつかれたって話が多くて困る」って内容の愚痴を吐いていた。
    まだUSOとかほん怖とかが各週放送されていたころでオカルトブームだったのもあるんだろう。
    それも相まって女子学生のそう言う相談が多かったらしい。

    Aはオカルト否定派だったからくだらないと一蹴したかったらしいが、それでは仕事に差し支えるから頑張って聞いていたけど中には「娘が狐につかれた」ということで親に連れてこられたはいいけれど
    憑かれた本人が大暴れして部屋の調度品を壊されたりなんてこともあったらしい。

    そういったことが続いて精神的にまいっていたAに、そんなの近場の人jとか相談しちまえよといったのが事の始まり。
    「だったらお前が拝み屋の真似事でもしてくれよ」と言い出したAを笑ってやろうとしたけれど、暇つぶしに丁度いいかもと思ってしまった。

    とりあえずそれっぽい格好をしたほうがいいのかなと思って和服でもそろえようかと思ったけど、Aにどうせならうさん臭くない方が良い。
    もしこれで治ることがあれば俺の株もうなぎのぼりだから真面目に頼む。
    ということで、せっかくだし本腰入れてみようということで喪服で挑むことにした。

    536 :鬼女日記 2015/12/26(土) 14:01:47 ID:USPx17YS.net
    話変えるわ
    かなり昔、携帯電話も無い頃に友人と帰宅途中、繁華街を歩いてたら2人のイケメンにナンパされて
    飲むことになりました。 お互いに話も弾んで結構楽しかったんだけど
    私は途中で自宅に電話するよと席をたって外の公衆電話から「今晩は遅くなる、
    夕食はいらない、風呂の栓は抜いて」と親に伝えてたら
    突然、電話ボックスが揺れた。愕然と受話器をもって外を見たら、一緒に酒飲んでた
    1人の男がボックスを蹴り、揺らし「なに電話してんだよーバカヤロー」状態。
    恐怖で固まって一気に冷めた。 親との電話を切りボックスを開けて
    酔っぱらった男をなだめて一旦店に入り、友人に耳打ちして友人が突然腹痛になったと
    理由を付けて速攻で帰宅した。

    昨晩の忘年会で二日酔いで文章おかしかったらm(__)mです

    771 :鬼女日記 2015/09/01(火) 03:27:06 ID:PMj
    いつの頃からか、気づいたら耳の後ろにホクロが出来てた
    凹凸が気になって、触るのが癖になってたんだけど
    昨日 ぽろっと取れた
    t土台はまだあって、上の黒い部分が取れたの
    その後から耳の奥が痛いー
    ホクロじゃなかったのかしらん

    740 :鬼女日記 2015/08/31(月) 20:27:01 ID:YW8
    2年くらい前に、高速道路でレンタカーが動かなくなってトラック追突
    奥さん以外の家族全員が亡くなった事故があったけど、結局車が止まった原因って何だったんだろう

    300 :鬼女日記 2014/06/28(土) 14:23:46 ID:fR9LQjkxm
    先日、初めて不思議体験にあったから思い出せる限りの事をレスする。
    ただ文章力が皆無だから分かりにくいと思うが…後、俺は不思議体験だと思うが皆がどう思うかは分からん。

    仕事帰り、急な目眩に襲われたんだ。本当に突然で、しかも人気のない細道を歩いてたとき。
    (あ、これヤバイやつだ)って本能的に感じるくらいにグラグラ視界ゆれんの。
    で、さすがにこのままは危険だと思ってとりあえず車がきた時の事も考えて、端の方によって座り込んだんだ。
    そこで携帯で嫁に連絡しようと思ったが、先に意識が途切れた。

    でも一瞬にして目が覚めた。頭もグラグラしてない所か、本当にさっき目眩を感じたのか?って言うくらい元気。
    (休みに病院行ったほうがいいかな)とか思いながらさっさと帰ろうと立ち上がって、ここで、本当にここでやっと気付いた。
    さっきは夜だったのに、朝っつーか昼っつーか、とにかく明るい。
    もう頭ん中大混乱。もしかして俺が一瞬って思っただけで、実は夜が明けるくらいだったのかと思って携帯見るも、日付は同じ日。と言うか、時間も俺が倒れた時の同じ時刻。嫁からの着信もなし。
    余計にテンパって、とりあえず誰かに連絡とらないとって思って嫁に電話かけた。

    でたよ、嫁。電話。でもすっごい怯えた声。
    電話でた瞬間に「ど、どなたですか…?」って。
    俺「いや、俺だよ。携帯に表示されてんだろ」
    嫁「俺って…え?えでも、…え…?」
    俺「なんかあった?つーか、今どこ?家?今何時?なんか俺、今へんな、」
    電話の向こう「おーい、どうした?」
    向こうで、男の声がした。その声に、一瞬で血の気引いた。
    その男の声が、紛れもなく俺の声なんだよ。
    それに思わず電話切ってしまった所で、またグルグル酷い目眩。

    で、目が覚めたら倒れる前と同じ夜。もうテンパる所の騒ぎじゃない。
    1人震えた手で嫁に電話かけたら、呑気にでやがった。
    嫁「どうしたの?」って。それに俺も「お前今誰といる?」って聞いたら、「1人だよ」って。
    嫁に今あったことを全部話して聞いても「やめてよ1人なんだから!怖いこといわないで!」と怒られた。

    で、家帰ったら玄関まで嫁が走ってくんの。それもすっごい怯えた今にも泣きそうな顔で。
    何事かと思って話を聞いたら…その日の先週くらい、俺が仕事いく前にそういう電話があったと。
    嫁「あの日、貴方がいたのに私の携帯に貴方から電話がかかってきた。凄く怖かったんだけど、携帯落としたのかと思って出た。
      あの時も、そんな会話も電話の相手とした。相手の人は、酷く混乱している様子で俺だと名乗ってた。
      あの後、貴方が「どうしたの?」って声をかけた次には電話が切れた。
      本当は貴方に言おうと思ったけど、ソファーの上に貴方の携帯あるのが見えて幽霊か何かかと思うと怖くて何もいえなかった。」
    と。
    俺はそんな話聞かされてなくて、驚いた。確かに嫁が電話に怯えた日があったけど…まさかあの時とは。

    ようは、あの時の電話とその日の電話が繋がったんだと思う。
    俺が倒れた間に見た夢か何かだと思い込もうとしたけど、おもいっきり現実世界だし嫁も感じてるからさすがに夢とは思えない。
    結局あれ、なんだったんだろ。こういう経験は本当に初めてで、まとめとか見てスゲーとか思ってたのに…まさか自分が体験するとは。

    69:おさかなくわえた名無しさん04/11/20 17:41:32ID:TBl2TrUF
    人の財布からキャッシュカード勝手に抜き出して、
    金引き出そうとした奴と、喧嘩別れした。
    誕生日とか、電話番号を聞いてくるからおっかしーなと思ってたら、
    飲み会の時に抜き取ってたらしい。
    使ってないカードとはいえ、しばらく気がつかない俺も俺だが。
    普通に犯罪だろ。>他人のカードで現金引き出し。
    「冗談通じねぇな、お前」
    とか言われたけど、あいつのやったことはシャレですまんだろ。
    何考えてるんだ?

    ちゅーか、そんな奴を友達と思ってた自分も痛いさ。
    事件の一つも起こらなかったら、そんなDQNとずっと付き合ってたんだろうな。
    鈍すぎだ>自分。
    もっとひどい事が起きる前に、縁が切れて良かったと思うしかないよな。

    351 :鬼女日記 2018/04/27(金) 23:44:52 ID:4l4kFvvA0.net
    4月になって思い出したので投下。

    大学3年生の時一つ上の先輩と付き合い始めた。順調に交際を重ねお互い就職。
    私が1年社会人をした後、いよいよ結婚に向けて同棲をしようという話になった。
    キリよく新年度の4月から同棲しようとなり、両家に結婚前提での同棲の許可を得て、部屋も決め、引越しもして、一緒に暮らしはじめた。

    同棲したては彼もテンションがあがったのか、仕事が何時に終わるか毎日聞かれて、必ず一緒に帰った。
    また、お風呂も必ず一緒に入ろうと言われ、忙しかったりなんだりで拒否すると、用事が終わるまで待ってたり。
    朝は彼が早く起きて朝ごはんを作ると言ってくれ、毎朝用意してくれた。
    一緒に帰るとか同棲ならでは!とか、そんなに一緒にお風呂に入りたいのかーwとか、朝から好きな人が作ったごはんなんて幸せ!と、ラブラブ同棲生活を満喫していた。

    1 :鬼女日記 2018/08/14(火) 02:57:55 ID:yq6U5BTj0.net
    俺、A(男)、B子(女)、C美(女)
    全員既婚子持ち
    入社時の研修で同じグループになって以来ずっと仲良くて、家族ぐるみで出掛けたりしたこともある
    お互い恋愛関係になったりしたことは一切ない
    最近B子が、旦那さんとの喧嘩が多いのでみんなに相談に乗ってほしいということで飲みにいくことになった

    このページのトップヘ