結婚

    971 :鬼女日記 2010/05/01(土) 01:53:14
    男だが新婦側友人として参加した結婚式
    オレは新婦とはあまり深い仲では無かったが友人(A男とする)が仲良し
    だった為、式に誘われたらしく「男一人は嫌だからオマエも来てくれ」
    と言われ参加する事になった(A男が新婦に段取りつけた)
    式当日、新婦友人らしい女(B子とする)がオレに「A男の友達ですよね?A男が酔っ払ったらお願いしますね」
    と言ってきた(A男とB子は顔見知りらしい)なんやらよくわからんが「はい」と言っておいた
    そして事件はご歓談中に起った
    高砂席に行こうと言うA男に連れられ行った開口一番
    「新婦ちゃんの結婚相手って○○(元カレ)じゃなかったんだー」
    凍り付きA男を見もしない新婦、リアクション不能なオレ
    後ろからA男を殴るB子
    「痛たた、なんだよー、言っちゃダメなの?だって新婦ちゃん○○といい感じだったじゃん」とさらにA男
    さすがに睨む新郎とその周りの友人達、さらに凍る新婦
    「A男!もう席もどりな!」とB子に腕を引っ張られオレも協力し席に戻す
    B子とオレが説教するも「なんで?本当の事なんだからいいじゃん」と全く理解してない
    その後も新郎友人・新婦友人の余興にも勝手に参加しメチャクチャにするわ
    次のご歓談でもオレとB子の静止も振り切り
    「なんで○○と別れたの?結婚考えてるとか言ってたよねー?」
    「ていうかその前の彼氏とかはさ~」等ととにかく新婦の男遍歴を話す話す
    しかも声がデカイからその都テーブル席はざわつきまくり
    結局B子が式場に頼み強制退場させた
    オレは料理も酒も全く楽しめずただ疲れただけだった
    ちなみにその夫婦は1年で離婚
    新婦は新郎には男経験なんてほとんど無い清純派キャラで通してたらしく
    式後揉めに揉めたらしい

    3 :鬼女日記 2014/06/30(月) 16:48:50 0.net
    入籍前から義実家と絶縁状態となりました。
    理由は、私と義実家の格差です。
    結婚の許しを得るためにご挨拶に伺いたいと申し出たら、
    全力で拒否されて会うことも出来ませんでした。

    816 :鬼女日記 2015/12/23(水) 17:37:39 ID:HTF
    年齢とともにどんどん暗い顔になり暗い話しかしなくなったA。
    Aは実際に仕事で苦労したりご家庭で不幸があったりしたから、
    元気を取り戻すまで出来るだけ暖かく接して見守っていたけれど、
    10年たっても戻らないどころか悪化の一方だったので、
    冷たいかもしれないけど、こっちまで引き摺られる前にFOした。

    Aはそんなに華奢じゃないんだけどとにかく顔はげっそり、
    服もベージュ系でおめでたい席でも地味カジュアルしか着ないし
    髪もメイクも、してないわけじゃないんだけど、なんていうか
    コントか?と思うほどねずみ男っぽい感じに仕上げてくる。
    口も限界までへの字だし眉はハの字で眉間にシワを寄せてる。

    見た目のことはあんまり言っちゃいけないからあれだけど、
    話す内容が、上司や同僚からの虐め、家族の世話の愚痴、
    体調不良、趣味仲間の批判、過去の恋愛の後悔。
    これをエンドレスで、ものすごく詳しく話してくる。
    Aは私よりだいぶ年上で独身、実家に住んで働きながら家事してた。
    私も当時は独身で、今後のことに悩んだりしていたんだけど、
    Aはいつも「女は40から体がめちゃくちゃになる、顔も皺になる、
    何を着ても似合わなくなる、男性は相手してくれなくなる、
    独身なら両親や身内の世話をする義務があるからそれも大変で…」
    という話を、への字くちにハの字眉でため息つきながら延々する。
    私や他の友人が楽しい話題をふっても
    「みんなは時間があって良いな、私はもうそういうのは…」って。

    私が結婚した時も、結婚式に招待したら
    「私みたいなのが出席したら迷惑だから…」って言ってきて
    そんなことないよ!是非きて!って言って来てもらったら、式中ずっと
    健康診断の結果が要再精査だった、命の期限が来たって話をしてたらしい。
    (結局なんの病気でもなかった)
    挨拶の時も下痢してるみたいな辛い表情で「私には貰えない幸せ、
    私ちゃんが貰えるのは私ちゃんが選ばれた素晴らしい人だからだよ。
    自覚して、大切にして。手離さないで、私みたいに…」と泣き出す。

    数年前にAをFOした友人を話していて、ふとAの話になった。
    その友人は「Aが嫌いっていうんじゃないんだけど…事情も分かるし…
    でも、妊娠を機に疎遠にした」って言っていてなんかすごく理解できた。

    辛い目にあった友人を支えたい気持ちはあるけど、
    いつも辛い話ししかしない人、加齢による病気の話ししかしない人と
    友人関係を続けるのは難しいね。

    630 :鬼女日記 2014/02/17(月) 21:05:55 0
    結婚式を控えているんだけどトメと夫が私抜きで式場を見にいったことがあって、その後トメに花はこうした方がいいだの内装はこうしろだのたくさん言われた。
    そもそも当事者である私抜きで式場に行くこと自体おかしいだろと内心げんなりしていました。

    この間打ち合わせの時にプランナーさん同士の情報共有メモみたいなのがちらっと見えてしまったんたけど「新郎母こまか~~~~~い!」って書いてあって直接言ったわけじゃないけどちょっとだけスカッとしました。

    79 :鬼女日記 2011/06/09(木) 13:30:04
    先週の結婚式の二次会の話。

    やっぱりビンゴ大会があって、インタビューのため一位になった女性が前に出てきたんだけど…すごい千鳥足。ありがとーごたいまーすとか、呂律回ってない。

    で、苦笑しつつ司会が、「いつもくじ運強いんですか」って聞いたら、
    「違うんですよーいつもは弱いんですよー。
    こないだも7年つきあった彼氏に捨てられてー。二股だったんですけど、相手の子からはバカなおばさん呼ばわりされるしー。
    それが新郎新婦で今日はタヒにたくなるほど不幸だったんですけどー、ビンゴ当たったから明日からもがんばって生きますー。
    あ、でも一位の賞品はお二人にあげますねー。旅行楽しんできてくださいー」とのたまった。
    会場は凍りつき、新郎新婦は真っ青になり違うとか嘘つくなとか言ってたが、女性はスキップ気味にそのまま会場を出ていった。

    怖いのは、会場出た途端、女性は背筋シャキとしてしっかりした足取りになっていたこと。
    酔った演技でいいたいこと言ったのか…とゾッとした。


    という妄想をしながら、ひきつった笑顔で過ごした参加者がいたそうです。ビンゴは当たりませんでした。
    まさにピエ□!私の20代を返して\(^o^)/

    475 :鬼女日記 2014/10/05(日) 16:49:25 ID:T大人のビデオwBRqVt
    昨晩から今日の出来事

    ここ最近、俺は仕事で残業と休日出勤が多く、家で嫁とまともに話せない処か会社で寝泊まりしなきゃいけないような時期が10日前後は続いていた
    普段はそこまでブラックではないんだが、色々と悪い都合が重なり、かなり苦労する日々が続いてた
    ただ、これを乗りきりさえすれば出世や給与アップに繋がる事もあり必タヒでやり抜いてた

    ただ、家で専業主婦してる嫁は不満があったのか
    昨晩帰った時、飯はいいからはやく寝かせてくれと寝室に直行した俺に怒ってきた
    「毎日毎日仕事仕事!私より仕事が大切なの?!」

    …正直、こんなドラマのテンプレ台詞を俺が言われる事があるとは思わず一瞬驚いた
    ただ、俺だって仕事で苦労してるのにその言い草は無いだろう、誰との生活が大切でこんな仕事続けてるんだ
    仕事のストレスもあり怒鳴りつけ
    泣き出した嫁をほっといてそのままベットin

    なんかもう駄目なのかなぁ…
    仕事疲れと合わさって自暴自棄な気持ちになりつつその日は寝た
    その時の脳内が結構修羅場だった

    翌朝、起きたら嫁が頭を下げて昨晩の暴言を謝罪してきた
    それと一緒に、自分が妊娠しているらしいことも
    成る程、だからあんな昨晩は情緒不安でヒステリックだったのか
    納得できれば寝る前の考えも綺麗サッパリ消去
    俺も謝罪して、なんか久しぶりに笑った
    不思議なもんで嫁も笑ったのを見るとそれだけで仕事のストレスが減った気がした

    とりあえず久しぶりの休みを嫁の体に触らない範囲で一緒に過ごして出掛けたりした
    外出はしたけどご飯は嫁が作ってくれた
    嫁は料理が得意で俺が何時帰るかわからなくてもしっかり栄養のあるもの用意してたらしい
    久しぶりに味わって食う嫁の飯が旨すぎてなんか泣いた

    結局、その日は大したことしてないんだけど
    笑顔の嫁と過ごしてるだけですげぇ楽しくて心が軽くなった

    こいつと産まれてくる赤ちゃんの為にも
    明日からの激務、頑張ろうって思えた

    504 :鬼女日記 2010/08/24(火) 13:53:34
    中学の同級生(♀)の結婚式。

    式の開始が30分程遅れ「何かあったのかな・・・」と
    一緒に出席した友人と心配していた。
    いざ始まってみると新婦は泣き腫らした目。
    教会から出てフラワーシャワーの段になっても、目は真っ赤で顔はむっつり。
    披露宴でもその状態が続き、笑顔を見ることが出来なかった。
    ちなみに二次会は体調不良のため、新郎新婦は急遽欠席。
    私と友人は、今日のあれは何だったのだろう?と
    疑問に思ったまま家路に着いた。

    翌日、新婦母から私の母経由で謝罪の電話が入った。
    それによると

    ・ドレスの候補が2着に絞られ、どちらにするかの最終判断を
     新婦は新郎に託した
    ・気に入らない方のドレスを選ばれたが「あなたが決めてハート」と言った手前
     引くに引けず
    ・当日新郎が選んだドレスを着て「やっぱり私が着たいのはこっちじゃない」
     と確信
    ・しかし着たかったドレスは他の支店にあり着られず
    ・ごねて式の時間が遅れた

    今でも新婦の前では結婚式の話題はタブーになっている。

    193 :鬼女日記 2012/05/04(金) 00:02:13
    幼馴染だった中学の同級生を妊娠させてからというもの、俺は学校すらロクに行かず必タヒに働いてきたつもりだった。
    二十歳でやっと結婚させて貰えて、嫁に指輪とウエディングドレス、それと成人式で着てもらおうと振袖も贈った。
    23歳で独立して、金銭的な不自由なんて無いと思えるだけの金額は毎月渡してきた。
    それでいい、それだけでいい、それが結婚生活というものなんだと思ってたんだ。なんとなくこのスレ見るまでは。

    思い返せば結婚してから15年、一度も「愛してるよ」なんて言葉は吐いたことが無い。
    会話すらほとんど交わさなくなってるのに、毎朝弁当は作ってくれるし帰れば風呂の用意もしてくれる。
    それが当たり前だと思っていた自分が、情けなくなって泣きそうになった。
    だからきちんと思いを伝えようと決心してやっと昨日言えた。

    久しぶりに帰ってきた娘と3人で晩飯食ってたときなんだけど、言おうと思ったら何故か涙が出てきた。
    それを見つけた娘と嫁が??って顔してたけど、半ば叫び声で「いつもありがとう○○、愛してるよ」と言った。
    そしたら嫁号泣、娘も何故か号泣、俺は既に号泣。3人泣きながら飯食い終わった時の娘の一言が効いた。
    「私お父さんの子供でよかった」だとさ…

    俺はもう何も思い残すことは無い。このスレよありがとう。


    898 :鬼女日記 2014/12/16(火) 13:16:40 ID:???
    衝撃的というほどでもないんだが、昔働いてた会社の顧客に盲目の男性が2人いた。
    2人とも既婚で、どちらのご家族とも会う機会があった。

    片方の男性の奥様は、会った瞬間音が消え、時が止まるような美人だった。

    片方の男性の奥様は、「お嬢さんですか?」と訊いたら「家内です」と笑って返された。

    どちらの奥様も外見にコンプレックスを持っていて(美人すぎて男性に内面ガン無視される、
    背がかなり低い&童顔でDV系キモロリしか寄ってこない)、結局外見で判断しようのない
    人と一緒になったとの話をしてた。

    なんだかすごい話だなと思ったが、とりあえずみんな大変幸せそうだったので、これもまた天の配剤
    なのだなと少し感動した。

    84 :名無しさん@おーぷん
    流れ切ったらごめん。愚痴?相談?なんだけど、
    みんな、プロポーズってどんな感じでしてもらったんだろうか?
    私は理系の博士課程学生。2年付き合ってる彼氏がいる。
    彼は前から、今私がやってる仕事を論文に出せたら、プロポーズしてくれる予定だと言っていた。
    (うまく行けば半年くらいで論文になりそうな感じ)
    この度28歳の誕生日を迎えたので、台所で二人で洗いものしてる時に、そろーっと
    「私さ、30までには結婚したいんだよね。挙式までは行かなくても、せめて入籍は30までにしたいの」
    といってみた。私としては、「そうだねー。30前には入籍できると良いねー」くらいの返事を期待していたのだが、彼が急に真顔になって、
    「君さえ良ければ、僕は君と結婚したい。
    でもどのタイミングで結婚しようか?論文がいつ出ることになるかわからないけど、
    論文出たら次のポスト探すよね?
    海外に行くことになるかもしれないし、いつ挙式するか予定を立てられないよねぇ〜。
    結婚式の準備は半年はかかるだろうし。参列者の方にも急に告知するわけには行かないし。
    仏滅とかなら数カ月前でも式場開いてるのかな?」
    とかすごく具体的なことをいいだした。
    私の中では勝手に
    「論文出ることが決まる」→「小洒落た店でプロポーズ 僕と結婚してくれますか?みたいな言葉とともに」→「挙式準備しつつ親族顔合わせ」→「挙式」
    っていう流れを妄想して盛り上がってて、予想外にプロポーズに先行して話が具体化していることに戸惑っている。それとも洗いものしながら言ったあれがプロポーズだというのか?

    なんだろう、このままだと私の人生でたった一度のプロポーズがなんかグダグダになりそうな気がするのだ。
    論文出るタイミングと次のポストの場所によっては、挙式できるかどうかもわからないから、
    プロポーズくらいロマンチックにしてほしかった。。。
    30近くなって夢見過ぎですかね。。。?

    188 :名無しさん@おーぷん
    知り合いにものすごい円満なカップルがいる。
    まぁ奥さんの方も良妻賢母というか、シャキシャキ働くいいお母さんタイプなんだけど、
    旦那さんは家事も育児も積極的でお料理上手、しかも記念日にはプレゼントも欠かさなくて夫婦仲も良好と。
    子供たちも可愛くて礼儀正しい子たち。
    自分は奥さんの方と知り合いで、彼女は昔から結構モテる方なんだけど、
    それでもめちゃくちゃいい旦那さんつかまえたねー!理想の家族だよねー!と
    話題になるほど。

    とある友人が「どうやったらそんないい人を捕まえられるの?」ときいたら、
    「親しい段階になって「お前」って呼んでくる男とは付き合わない。それだけ。
    彼氏がもし「お前」って呼んできたら別れる」らしい。
    彼女いわく、自分を尊重してくれる人は絶対に「お前」とは言わないから。
    相手より低く見られているのが如実に現れるのが「お前」って呼び方なんだそうだ。

    たしかに周りの女性の旦那衆や彼氏たちに対する愚痴の台詞
    (「うちの旦那が『お前〜何々しろよ!』とか言ってさ〜」みたいな。)とか、
    実際聞いた会話をざっくり総合するに、頼り甲斐のある男に見えたけど
    単なる自己中俺様だったとか、モラハラとか、家事全部押し付けて知らん顔、とか
    結構高確率で「お前」呼びだなぁとその時思った。

    もちろんお前って呼んでるからって自分勝手じゃない人もたくさんいるだろうし、
    逆に知り合いのマザコン夫は「嫁ちゃん」呼びだけど悲惨らしいのでみんながみんなって訳じゃないけど、
    ざっくり地雷を避ける目安にはなるのかなーと。
    その友人に、「じゃあ尊敬してて大好きな相手のこと『あんた』って呼ぶ?」と聞かれ、
    なんかすごく納得。



    989: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:1vygHyws
    もう10年以上も前の話だったけど、自分の中での最大の修羅場
    ネタじゃないんだが、正直ネタにしか思えないだろうから、お茶受け程度だと思って読んで欲しい
    自分が高校生三年の時に、一歳年上の姉と体の関係を持った
    自分からではなく、姉から襲われた形だったんだけどね
    姉は昔から両親どころか、学校の友人も認める超ブラコンだった
    よくいつ結婚すんの?って茶化されたりしてた
    姉と初めて体の関係を持った日から、定期的にヤってたんだけど、悲しいかな高校生だった自分は拒むどころか喜んでいた
    避妊はしっかり、両親にバレることもなく、大学へ進学し、二十歳の誕生日を迎えた

    その日、両親に自分は本当の子供じゃなく、父の兄の子供で、自分の本当の両親は事故で亡くなり、なんやかんやで今の父親に引き取られるようになったと聞いた 
    さらに、父は続けて「お前は気づかれてないと思ってるだろうけど、姉と関係を持っていたのは、結構前から知ってたんだぞ」と言われ、内心超gkbrで第一の修羅場 
    そこへ姉「弟と血が繋がってないのは、かなり前から知ってたんだよ。知ってたからこそ襲ったんじゃんwwwあ、お父さんお母さん公認だから安心してね!」 
    おいおいと思って、両親を見ると、「孫の顔を見る日もそう遠くはないなハッハッハ」とあんたらはそれでいいのかよと大困惑 
    お、怒らないの?と聞いてみると、「だって、私たちと同じような道を辿ってるんだから、怒る訳ないだろ?ハッハッハ」と両親が自分と同じような境遇で結婚したと聞いてさらに大困惑 
    追い打ちをかけるように、姉が「実は、もう赤ちゃんできちゃってるんだけどね」と言われて第二の修羅場 
    毎回ゴム付けてたよね!?と聞くと、危険日の日に穴開けたゴム使ったからだよと言われてまたまた大困惑 
    両親びっくりしてそりゃめでたい!よし!結婚式はいつにしようか!と自分置いてけぼり 
    なんやかんやでその年に結婚し、今では三人の娘に囲まれて生活している 
    そして、今姉のお腹には、双子の赤ちゃんがいて、五人の子供と暮らす日も近く、両親と一緒に暮らしてるけど、自分の給料で大丈夫かどうか内心修羅場 
    俺頑張るよ
     

    このページのトップヘ