事故

    408 :鬼女日記 2015/03/09(月) 21:07:27 ID:jnz
    数年前に旦那の運転で事故して骨折したので、保育士だった私は完治するまで休職していたことがある。
    旦那はとにかく事故を私のせいだと責めて、家事も育児も骨折前と同レベルでこなせと要求してきた。
    ちなみに事故というのは、庭に車を止めるから車から降りて後ろから誘導してくれと言われたので、言う通りにしたら物凄い勢いでバックしてきて吹っ飛ばされた。
    私の誘導の仕方が悪いといつまでも責めてきたよ。
    誘導の仕方が悪いなら、軌道がずれたり壁にこすったりすると思う。アクセルのふみ具合をミスって勢いよくぶつかってくるのは私のせいなの?と聞いたら逆ギレ。
    それでも私の誘導ミスの可能性があるから、その事は謝ったけど、旦那からの謝罪はなし。
    その上家事も育児も手伝わない宣言をして、何故か息子が別の男の子供だと子供本人に言ったので離婚を決意した。(正真正銘旦那の子。私の男性経験は旦那のみ)

    982 :鬼女日記 2010/05/25(火) 05:20:52 ID:Yf/EgHdn
    青信号で交差点内に侵入したら
    信号無視の車に突っ込まれて事故を起こした。
    とりあえず警察と保険屋に届け事情聴取。
    相手は、私が赤信号無視だと嘘をついて保険屋+警察に報告
    私は相手が赤信号無視だと主張、まさにカオスな状態になった。

    相手は普通の中年の夫婦で隣に乗ってた妻っぽいオバサンまで
    「旦那は青信号で進んで!あの子が信号無視して交差点内に入ってきた」と証言してきた。
    警察からは完全嘘つき的な目で「じゃあOOさん(私)、もう最初から一回説明いいですか?」だと、

    私が説明すると相手の中年が「若い子は嘘つきで嫌だねぇ~」って聞こえるように言ってくる。
    結局モメまくりで近くの警察署まで全員連れて行かれた。
    腹立たしかったんで「じゃあ私の車に車載カメラが付いてるんで確認しましょう」って事になった。

    相手の中年夫婦は相当動揺してたけど、そんなものハッタリでカメラ何て無いとふんでたらしく
    私の車から警察の方とカメラ持ってくるまで「また嘘が始まったwwwpgr」とか言ってた。
    当たり前だけどカメラの内容確認したら相手が嘘を言ってるのがバレた。
    相手は今度は「プライバシーの侵害」とか「カメラ積んでるなんてまともじゃない」とか怒鳴りつけてきた。
    最終的に「なんでカメラなんか積んでやがる!?」って言われたんで

    「私は結婚してこちらの県に来たんですけど、
    結婚する時に両親から【名古屋は嘘つきが多いから、
    証拠はいつでも取っておきなさい】って言われて付けたんですよ」

    って言ったら、私を疑ってた警察も相手の中年夫婦も押し黙って。
    先ほどのグダグダが嘘のようにスラスラと動画と私の証言で調書を取って帰宅した。
    保険屋にも動画を提出。7対3でまとめようときてきたけど、
    嘘をついてきたことが悪質だったので、私がゴネまくって9対1にしてもらった。

    本当は両親に【名古屋は嘘つきうんぬん】なんて言われてないし、
    車載カメラはつべにうpするためにつけてるので嘘つきは私なんだけどね。

    849 :鬼女日記 2013/11/22(金) 20:14:55 0
    長いしタヒ人が出るので注意。

    11年前兄が交通事故でタヒんだ。
    目撃者、証拠などから相手の25歳男の信号無視が分かったがそれ以外も酷かった。
    反省の色なしで、通夜に来たがヘラヘラ笑ってた。
    「お互い運が悪かったッスねー俺も怪我してんスよ」と言いながら包帯アピール。
    両親は落ち着いた表情で「それは大変でしたね、タヒんだら楽になりますよ」とだけ返した。
    加害者は「いやー親が悲しむんでタヒねないッス、結婚も決まってんで」とまた笑った。
    加害者と話したのはそれが最後だった。

    やっと落ち着きを取り戻した3年前、また辛い日々が始まった。
    車で3分の距離に加害者家族が家を購入、引越してきた。
    わざと選んだ場所ではなく事故のことなど忘れていたらしくたまたまだった。
    双子の男女の子供と妻と加害者の4人家族。
    両親は近所で買い物ができなくなった。
    私も実家に帰る度切ない気持ちになった。

    地獄は今年の春に終わった。
    加害者は一般道を80㎞で信号無視し停車中の大型トラックに正面から突っ込んだ。
    意識がある中苦しんで数時間後に亡くなった。

    一報を聴いた母が泣いたのが修羅場だった。
    家族の誰もが因果応報だと思ったし加害者家族には申し訳ないがホッとした。
    なのに母はあれからしばらく元気がなかった。
    しかも初盆に加害者の墓参りに行ってたらしい。
    母の気持ちが分からない。

    気持ち悪い終わりかたで申し訳ない。

    5 :鬼女日記 2015/11/24(火) 21:16:24 ID:7Ge
    もうかれこれ20年近く前のお話。
    当時私は原付の免許を取って職場までそれに乗って走っていったりしてました。
    その日も早朝、原付が走れる有料道路(西神戸有料道路)を学園都市から鵯越方面へ走って職場へ向かう所でした。
    鵯越の料金所の少し手前辺りに一部一車線になる部分があり、そこに差し掛かって中頃で事件は起きた。
    後ろからオラついた車に煽られ始めた。
    チキンだった私は一車線だしどうする事も出来ず、その一車線が切れるのをただ待つばかり。
    一車線が切れて後ろを先に行かせたい一心で横に避けた時、後ろから“ガリガリガリガリっバキバキ!”と言う音が聞こえたのでミラーで後ろを確認。
    側溝に一台の白いセダンが脱輪して煙をあげていた。
    言わずもがな後ろから来ていたセダンが私を避けようとハンドルをきった結果だろうと言う事は想定出来た。
    一瞬で判断をしなければ行けなかった自分は、止まりかけて逃げ出してしまった。
    あの時、二次災害的に巻き込まれてしまったセダンの方、申し訳ない。
    あれ以降、ハンドル握る資質なしと言う事で、原付からは降りて、免許証は身分証としてのみ使用しています。

    710 :鬼女日記 2016/11/14(月) 16:18:22 ID:???
    私はこれまで、二度わりと大きな交通事故にあってる。
    1度目は、通学中軽トラックにはねられて吹っ飛んだ。
    咄嗟に頭を庇ったから良かったんだけど、全身打撲以外怪我らしい怪我が無かった。
    状況を聞いた医者にも実況見分でも
    「普通は骨折くらいあってもおかしくない事故なんだけど…」と言われた(そんなん言われても…)

    2度目、通勤途中で大型トラックにほぼ正面から突っ込まれた。
    相手、朝まで酒飲んでたんだって。
    またもや、全身打撲と、全部砕け散ったフロントガラスが顔に刺さってて多少の切り傷が出来たくらい。
    生きてたのが不思議な事故って言われた。
    (しかもちょっと半笑い気味に 失礼な)

    轢かれそうになった時とか危ない状況でも、私だけ大した怪我をしないで済んでる事が多いんだけど、やっぱりそれって占いとか霊視とかで必ず言われる「何代か前の母方のおばあちゃん」が守ってくれてるからなんだろうか。

    今朝、外階段が凍っているのに気付かず滑り落ちて腰を傷めてふと思い出した。
    自己責任の時は守ってくれないのねw
    気をつけますから、今後もお願いします。

    924 :鬼女日記 2014/12/16(火) 14:52:34 ID:UqT
    東京の取引先の人の葬儀に父が行くことになった1982年の冬。
    福岡に住んでても大々的に報道されていたホテルの火事を見て「ちょっとここも見てくるかな」なんて言ってた父が朝一かどうかは知らないけど朝早い便に乗って東京に行った。
    普通に学校に行って、二限目が始まるかどうかぐらいの時に先生が「福岡から東京に行った飛行機が墜ちたぞ!」って叫んで「え?お父さんタヒんだの?」って内心思ったら顔面が蒼白になってた。
    先生に「顔白いけどどうした?」って言われたから正直に「お父さんが乗ってるかも・・・」って言ったら教室中大騒ぎ。やはり弟のクラスでも同じことが起きており、兄弟揃って私のクラスの先生の車で家に帰らせてもらった。
    葬式の遺族の人から電話がかかってきたりして一時間ぐらいたった時に父からの電話。
    空港に居たら呼び出されて大阪の取引先から外せない仕事の電話がかかってきて急遽大阪に向かい、今から新幹線で東京に行くぞっていう電話だった。
    電話を聞いた母号泣。私も声を聞いた瞬間に泣いてしまった。父は事情を知らずに「なんかあったのか」って聞いてきて「羽田に福岡からの飛行機が墜ちた」って母が言ったら父が無言になった。知らなかったらしい。
    次の日に父がやっぱり怖くなったのか新幹線と鈍行で帰ってきて再会できた時にはみんな泣いてた。
    先週実家に行ったら「あの時は鈍行で帰ってきたから家計も修羅場だったわよ~」って母が言ってたので思い出しカキコ。

    754 :鬼女日記 2017/07/04(火) 23:12:31 ID:Y4N
    数年前の強風の日、駅から直通でいける店舗が複数並んだ地下通路でのこと
    出入り口が重いガラス戸になっており、強風で勢いがついて戸がしまり、少し危険な状態だった
    大学生くらいの集団がそのガラス戸を通ろうとして一人の男が扉を開けて待機
    集団が通り過ぎたあとも、通ろうとして並んでた通行人が次々通り過ぎた
    その列の途中に車椅子のおばあさんと車椅子を椅子を押す女の子がいたんだけど
    その車椅子が通ろうとした瞬間、扉に差し掛かったところで男は手を離した
    女の子は「ありが・・・危ない!ぎゃああ!」とお礼を遮って叫んだ
    見てた近くにいた人が慌てて手を伸ばしたけど、風圧で押されたガラスは勢いがついたまま車椅子に向かってぶつかった
    かなりの音がして近くの複数の店員さんが飛んでいったほど
    車椅子がガラス戸に押されてバックし、後ろで車椅子を支えようとしてた女の子は尻もちをついて車椅子に轢かれる形になった
    ガラス戸がぶつかった自分のことよりも女の子のことを心配して叫ぶおばあさんの声が悲痛だった
    車椅子の後ろで待ってた私もすぐに助けにかけつけて、立ち上がれなくなってた女の子を他の女性と抱えて移動させた

    何人かが手を離した男とその集団を捕まえてたが、手を離した男が「障害者だからって人の善意を当てにするのが悪い、自業自得」と言い張り
    なんと集団のメンバーも「障害者がこんなラッシュの時間帯に買い物に来るのが悪い」「他人に迷惑をかける人間は外出するな」「介護者は自分を偉いと思っているゴミ」と主張していた
    他のメンバーは気まずそうにしてたが、誰も止めなかった
    一応その駅と通路はバリアフリーの工事をすすめてたし、入っている店舗の中に介護用品を扱う店もあった

    女の子はお尻と腰が痛いと訴え、下半身に力が入らないといい、時間がたつほど痛みが酷くなるようで、救急車で運ばれていった
    おばあさんは声をこ○して泣いてたが、警察に連れて行かれた
    扉を離した男は警察がきても女の子とおばあさんを罵倒していた

    最近ネットでこの男と同じ発言をする人を見かけて、おばあさんの悲痛な声と女の子の脂汗の滲む苦痛の表情が鮮明に思い出された
    介護の問題が噴出するにつれ、介護をしたこともないような人間が身を粉にして介護をしてる人間に悪意を向けてるのを見ると
    日本も隣国と変わらない精神になってしまったんだな

    778 :鬼女日記 2014/01/07(火) 07:51:33 0
    自分が養子なのはうっすら知ってたけど
    養子になった経緯は知らなかった
    自分が養子になった経緯を知った時が
    人格崩壊するくらいの修羅場だった

    社会人になって初めての帰省をした夏、隣家のオバさんと立ち話になり
    仕事のことや何かを根掘り葉掘り聞かれた
    悪い人ではないけど、ちょっと距離感がなくて苦手なタイプで適当にはぐらかしつつ話してると
    「今まで育ててくれたご両親に感謝しなくちゃね。普通は事故の加害者の子供なんて引き取れないわよ。本当に立派だわ」
    と言われた、実両親が交通事故で亡くなったのは何となく知ってたけど詳しい事は知らなかった
    ビックリして固まる私に、オバさんは「あら!知らなかったの?あなた人一倍親孝行しなきゃダメなのよ」
    と20年前の事故の話を詳しく語りだした
    実両親は、飛び出してきた自転車を避けようとして対向車線にはみ出し養父母の車にぶつかり
    実両親タヒ亡、後部座席にいた実祖父もタヒ亡、同じく後部座席にいた私(2歳)も重症
    養父母は軽傷だったが、後部座席に寝ていた養父母の実子(3歳)は車外に投げ出されタヒ亡
    自転車の子供は無事
    事故の後、私には近い親戚がいないことが判明
    施設に行く予定だったが、何度かお見舞いに来るうちに情が移った養父母が引き取ってくれた
    当たり前だが引き取る際、養父母の親族は揃って猛反対
    いろいろあって、親族とは縁を切り引き取って数年後正式に養子にした
    かなり複雑な手続きだったらしく、役所か裁判所の人間が近所の人にも家族関係の聞き込みをしたらしい

    まさか実両親の起こした事故で、養父母の実子が亡くなっているとは知らなかった
    立っていられなくなるくらいショックを受けて、へたり込む私を見てオバさんが養父母を呼んできてくれた
    事情が事情なので折を見て話すつもりだった養父母は、オバさんが、勝手に事故の話をしたことに激怒
    ご近所さんを巻き込んで大バトル

    結果、オバさん一家と事故の時飛び出した子供の一家まで引っ越していった

    547 :鬼女日記 2015/08/10(月) 20:06:27 ID:pG0
    閲覧注意

    私の実家は田舎ではあるがとあるローカル線のよく見える山を所有している
    しかしそのよく見えるポイントにいくには山の裏からギリギリ車は通れる程度の長く険しい獣道みたいなところを通らなければならない
    その中でも危険なのが途中の澤にかかった築60年とも言われる最低限の支えをしただけのような木製の橋
    車は通れなくはないが、通るたびに嫌な揺れや音がするし、高さは5mはあるし、多分普通に落ちたら助からない
    この奥には地元のお祭りで重要な無人のお社があるため、昔はこの危険な橋を住民総出で使用していた
    が、ある時期に住民がお社までまっすぐいけるよう山の表に立派な階段をつくりその道は使われなくなった
    それからしばらくすると、先ほどのポイントを目指してたびたびある撮り鉄の一団が出現するようになった
    そいつらは撮り鉄のテンプレみたいな奴らで地域住民に様々な迷惑をかけてた地元の悩みの種だった
    撮るポイント自体は人がいないからいいのだが、ゴミを捨てるわ唾吐くわ畑車で横断するわ婆ちゃんひきかけて無視して逃げるわと住民の堪忍袋の緒が切れた
    奴らが行くポイントは山の裏の入り口からお社までの中腹にあり、そこにいくには先ほどの橋を通らねばならない
    なのでその橋を撤去、封鎖することにした
    すると車でポイントまで行くしかない奴らは車で登れず、表のお社からはかなりの距離を歩かねばならずあきらめるだろうという寸法だった
    どうせ誰ももう通らない道なので下手に残して危険なままにするよりも、と住民は誰も反対せず、持ち主の爺ちゃんもむしろ推進派なためすぐに工事が開始され、地元大工の手により午後2時になる頃には撤去が完了した
    あとは沢の手間と山の入り口に立ち入り禁止を置いて、これでいいだろうとなりその日は終了
    奴らが自分らだけの秘密のポイントとしていたのかはしらんが、果たして撮り鉄達はそいつら含めその日を境に見なくなった

    続く

    720 :鬼女日記 2010/01/07(木) 18:00:23 0
    全く記憶にない、悪意も悪気もないDQN返し。
    結婚して以来、非常に陰険に、見えない様にチマチマといびられてた。
    一回一回は大した事ないんだけど、積み重なると本当に辛い。
    でもウトも夫も分かってくれなくって、とにかくイライラしてた。
    そんな所に近所の雪道で県外ナンバーの車の起こしたスリップ事故に巻き込まれ、意識不明に。
    幸い命は助かったんだけど、目を覚ましたら夫から謝罪された。
    救急車で運ばれ、その時医者とか看護師さんが
    「大丈夫ですかー!」とか声をかけてたらしいんだけど、私はブツブツと返事をしていたらしい。
    そして「今日何日ですかー」「○日…」「好きな食べ物は何ですかー」「海老フライ…」
    という感じで返事をし、「嫌いな食べ物は何ですかー」と言われた時「姑」とw
    食べ物じゃないだろと思うんだけどもw
    うう~とうなりながら「イヤな人~…」「ヤダよ~…」「嫌い~…」「怖い~…」と呟き続け、
    医師も看護師も何も言えなくなったそうな。
    付添には第一発見者&通報者であるご近所さんが居てくれたんだけど、
    その人が泣きながら駆けつけてきた夫とウトメに抗議し、
    さらにその後近所さんの姑にも話が行き、近所で
    「生タヒの境をさまよってる時にまで姑を怖がる程の苛烈なイビリを受けたかわいそうな嫁子さん」
    という位置づけが確立した。
    駆けつけてきた家の両親も話を聞いて号泣し、離婚話を本人不在で勝手にすすめ、
    ウトと夫とコトメが頭を下げ、泣くトメに対して絶縁を言い渡したそうだ。
    夫もそれに追随し、退院後は誰かの助けが無いと生活できなかったため実家に戻った。
    実家に出禁を申し渡されていたトメは、電話で謝罪してきたが、
    私はイマイチ頭働かなくて「はあ…」とか言ってた感じ。
    あれから2年たつけど、一回もトメに会ってないし声も聞いてない。
    妊娠は出来るけど、出産は帝王切開らしく、負担がかかるので子無しだけど
    夫と一緒に居るのが幸せだと思う。
    事故前に「夫はこんなに優しくて大好き、トメが居なかったら完璧なのに…」
    と思ってた事が実現したw
    体にはガタは来たけど、すっごい仕返しができたし幸せに暮らしてるのでいい。

    このページのトップヘ