義実家の話

    835 :鬼女日記 2009/12/29(火) 17:56:42 0
    小さいことだけど、今日の出来事。

    コトメが去年結婚し、飛行機の距離で暮らしている。
    正月は忙しいからと昨日までコトメ夫婦で義実家に帰省していたそうだ。
    その際のコトメ夫の態度が良くなかったと、義実家大掃除に狩り出された
    私とコウト嫁にウトメが愚痴ってきた。

    コトメ夫の良くない態度とは、ウトメの言葉を借りれば「実の息子のように
    心を開いてくれない」というもの。
    他人行儀だの、自分達への気遣いが足りないだの、コトメ夫婦二人だけで出かけて
    自分達を誘わないなんて冷たいだの、ぐちぐちぐちぐち同じ事を何度も繰り返し、
    「息子なのに、息子になったのに」と延々ループ。

    いい加減イライラしてきたところで、コウト嫁が
    「だって息子じゃないもん。コトメちゃんと結婚しただけで、ウトメさんの息子に
     なったわけじゃないもん」
    んまーっ!とキレたウトメに更に畳み掛けるように
    「コトメ夫さんはコトメちゃんと家族になりたくて結婚したんであって、ウトメさんの
    息子になろうなんて気持ちはさらさら無いに決まってるじゃないですか。
    礼儀と常識のある良い関係を持とうとは考えてるとは思いますけど」
    と続けて、ウトメを黙らせた。

    日頃「娘なんだから」といえば嫁に遣りたい放題できると思ってるウトメなので
    コウト嫁さんの台詞にスカッとした。

    8 :鬼女日記 2018/03/12(月) 17:24:13 0.net
    乙です

    義兄嫁がクチャラーで辛い
    これから義家族で食事会があるけどコトメから
    うちらだけ抜け出さない?焼き肉奢るよ
    とラインが着たので行ってくる
    ウトもトメからもそれぞれから中止にしないか連絡がくるぐらい
    義兄嫁のクチャラーがひどい
    義兄がクチャラーでも義兄嫁を愛しているのは凄いけど
    周りを巻き込まないで欲しいわ
    義兄が企画した食事会だけど絶対にお断りだわ

    399 :鬼女日記 2016/02/07(日) 18:03:28 0.net
    ◆現在の状況
    非常に援助をしてくれる義父母が二人目以上を望んでいる様子
    ◆最終的にどうしたいか、どうなりたいか
    子供一人で打ち止めにしたいし、その旨義実家に察してほしい
    ◆相談者の家族構成・年齢・職業、必要なら収入・借金額も
    結婚3年
    私 29 会社員(育休中) 年収400
    夫 32 会社員 年収400
    長男 1歳半
    借金なし
    ◆義実家の家族構成・年齢・職業、必要なら収入・借金額も
    義父 58 会社員
    義母 58 資格職パート(孫たちの世話のために3月末に退職予定)
    義弟二人(別居。同県内。一人は所帯持ちで子供一人)
    ◆実親・義両親と同居かどうか
    別居であるが義祖父の空き家離の一部をリフォームしてくれて住んでいる。その土地に畑もあるので週2程来る。
    ◆悩みの原因・背景
    義実家はいわゆる良ウトメ。家のリフォーム代金をはじめ、畑の管理、米、野菜、御節句などの食事代準備もしてくれるほか普段の子守り等積極的に勝手でてくれ、ありがたく思っています。
    産後数日後には、義父から子供は何人の予定?と聞かれ、義父は子供はできる限り沢山生みなさいと言いました。最近義母から二人目は?と聞かれるので二人目以降の誕生を期待しているのだと思います。
    上記の質問には「産んだばっかりだから考えられない」、「今の子に手がかかるのでなかなか」旨答えました。
    二人目生まないと言うとガッカリされそうですが期待させるのも申し訳ないので言った方がいいのかなと迷っています。義実家にはおんぶに抱っこですし、逆らいにくいです。義父母は一人っ子に否定的な言動があります。
    夫は男の子が生まれたので一人でいいとのことです。

    696 :鬼女日記 2010/07/13(火) 14:08:24 0
    箇条書きで。
    ・新婚当初から同居、ウトメとの関係は比較的良好
    ・コトメが育児に疲れて休日押しかけて、子供達(山猿状態)放置
    ・家事倍増&コトメ子の躾の悪さがうちの子に伝染
    ・コトメ夫まで宿泊し、大酒をくらい料理に文句をつけるように
    ・休めない夫(長男)がノイローゼ気味になり、
     嫁がウトメに談判するがウトメ逆ギレ。
     「コトメは大事なうちの子文句言うな」
    ・嫁実家は飛行機の距離なので帰れないとふまえた上でのウト発言
     「嫁子も休みにはゆっくり実家に帰ればいいだろう」
    ・夫と相談し、翌土曜日より子連れで実家に帰省、
     今までの休日分まとめてロングバケーション開始
     夫は身の回りの物を持ってアパートへ単身で避難
    ・ウトメ宅の家事が回らないのでヘルプコール→無視
    ・夫の転勤願い受理される
    ・嫁実家のある県で、水入らず生活スタート
    ・上げ膳据え膳生活の旨味が無くなって、
     コトメは自分の実家に寄りつかなくなる
    ・ウトメより「盆暮れ正月は長男は帰ってくるべき」と説教電話あり
     →夫「妹を見習って嫁子の実家に帰るから」で無視
    ・夫の体調良くなり、現在の地に永住希望

    57 :鬼女日記 2018/09/05(水) 17:04:59 ID:rGQ
    義妹が何かとマウントしてこようとするのがウザい。
    とっくに所帯を持って家を出ているのに、ほぼ毎日義実家に顔を出している。
    片道30分、小さな子2人(と偶に旦那)を連れてやって来る。
    対してこちらは近距離別居。
    徒歩5分の義実家に義父と大姑の様子を見に行くと、かなりの確率で義妹とエンカウントする。
    大姑を手伝って料理を作れば、横からじろじろ見てきて、「アッアッ醤油入れすぎ~」「美味しそうに見えない~」とネチネチ言ってくる。
    ウルセェレシピ通りだ。
    義実家宛に母が送った中元のお高い肉を、我が物顔で調理して振る舞い、そのくせほとんど義妹夫婦で消費する。
    親戚が集まる行事があれば、アレしぃコレしぃと指示を飛ばしてきた挙句、大姑に煩い黙っとれと一喝される。
    大体私の呼び方も名前にちゃん付けで上から目線だし、今は亡き姑気取りなのか、本当にウザったくてしょうがない。
    察するに、義実家唯一の女の子ってことで可愛がられて育ったから、自分が義実家の中心じゃないと気が済まないんじゃないかな。
    義実家に入り浸るなら、もう義父達の面倒は義妹に任せるよ。
    私は同居しない。頑張れ。

    279 :鬼女日記 2011/01/08(土) 04:21:58 0
    真夜中に眼が覚めて思い出したのでカキコ。

    お正月義実家に行ったら義妹夫婦も来ていた。
    義妹は仲良しなので嬉しかったんだが、義妹の結婚式以来会ってなかった義妹夫が……だった。
    義妹には実父母実兄にあたる夫が目の前に居るのに、こっちに来させてやった感謝しろ、と延々グチグチ。
    義姉さんは義実家に来てるのにおまえは、と義妹にネチネチ言い続ける。
    挙句私に「お義姉さんは本当にわきまえてますよね」とか抜かし始めたので、言い返した。

    私が義実家に来るのは、義父母が良くしてくれるからだ。
    嫁だけこき使って夫は実家だからってなにもしないでだらだらしてるような義実家だったら
    誰が行きたいものか(義妹が以前愚痴ってた)
    いびられてもかばってくれない夫と意地の悪い義理家族の家になんて行きたい奴は居ない。

    ……と、かなりきつく言った。
    ら、「女の癖に生意気なんだよ!」といきなり殴られた。横っ面を、平手で。

    次の瞬間、義妹夫の腹に私の蹴りが、顔面に夫の拳が入っていた。

    グチグチ言われてる間は俯いて半泣きになっていた義妹は
    「……お義姉ちゃん、お兄ちゃんより強いって言ったのに……」と、ぽかーん。
    夫は怒り狂って仁王立ちのまま、義父は「(夫)よくやった!」と手を叩いた。
    義母だけはおろおろしていたが「パパ! (夫)も! ちょっとは手加減しなさい!」くらい。
    それでも「女の癖に! 女の癖に!」と床に転がったまま叫んでたんで
    「腕力ですら女に負けた男が、偉そうにw」と鼻で笑ったら、今度は泣き出した。
    その後、義父と夫にこんこんとお説教をされて、泣きながら義妹に謝り、私にも謝って帰って行った。

    ちなみに私の実家は、休暇と言う休暇は全て登山に費やすアウトドア狂揃いなので
    長期休暇に行っても誰も居ない。

    909 :鬼女日記 2016/09/02(金) 11:53:03 ID:96G
    夫と義兄は年が8歳離れていて、私達夫婦より10年以上前に義兄夫婦は結婚した。
    義兄夫婦は小学生の息子が二人。義実家に預けて共働きしている。
    私達夫婦も共働きだけど、今年結婚したばかりで子供はいない。妊娠もしてない。

    義兄嫁さんは忙しいらしく、子供を義実家に預けているけど本人は全く来ない。
    結婚式の時会っただけで、挨拶したのも1~2回。
    義実家は孫たちの世話にかかりきりで、こちらにはまったく不干渉。

    先日、実家から果物が送られてきたので義実家におすそわけに行った。
    義母さんはお茶を出してくれながら、「妊娠する予定はあるの」というようなことを
    遠まわしに聞いてきた。
    義母さんの背後では甥っ子たちがキャッキャしてたし、
    「授かり物ですからね~」程度にあいまいに答えた。
    そしたら義母さんがボロボロ泣き出した。
    ビックリしてしまって、何か悪いこと言ったかな?すいませんすいませんと謝った。
    甥っ子たちも私が何かしたに違いない!と睨んで蹴ってきた。
    義母さんが「ごめんなさい、今日は帰って」と言うので逃げ帰った。

    329 :鬼女日記 2017/09/01(金) 10:42:28 0.net
    義父から旦那にほんのり絶縁メールが来て、盆に義母(旦那が社会人になってから再婚。育ての母親はタヒ別)「お盆には帰って来るんですか?」とメールが来た。意味が分からんです。

    そもそも、絶縁メールの発端は旦那と私が結婚して(晩婚)、義弟が独身ではっちゃけて義母会社同僚と見合いをごり押しして義弟が無視したら、
    旦那に「あいつの事が心配してやったのにお前らは育ててやった恩を仇で返しやがって」と意味の分からないメールが来て、「弟の人生だから自分で決めたいんだよ」と言ったら絶縁メール送ってきたくせに。


    結婚最初の時、お歳暮で高級ハム詰め合わせを持っていって、「調度よかったわ」とポテトサラダにインした義母とは仲良くなれません。

    293 :鬼女日記 2018/06/10(日) 18:48:12 ID:Uz9PgY7F.net
    周りの人には言えない感じのやつ
    旦那の20代後半の妹が結婚する気配が無い彼氏なしのおしゃれにも疎い独身で
    正社員だけど手取14万円ちょっとしかない状況
    年収も低いみたいで色々とこれから先のことを考えると不安になる
    この前旦那に会いに来たとき電気工事士の筆記通った!
    でも「「「4万円ぐらい技能試験のために掛かったw」」」とか旦那に気軽に言ってて
    正直、ダメだこりゃと思った
    旦那と義妹は仲が良いから余計にこっちとしてはこれから先のことを考えると不安になる
    田舎だから確かに女性.の人で給料は低い人は多いけど、でも大抵の人は結婚してるから何とかなってる
    ニートじゃないだけマシかもしれないけどでもこっちとしては凄く不安で
    まだ実害は出ていないけど、この漠然とした不安ってどう処理したら良いんだろ?

    179 :鬼女日記 2016/01/24(日) 12:49:51 0.net
    プッチプチですが正月やらかしてきました

    私はお寿司が大好き、ほんとタヒぬほど好き。

    義理実家はそれを知ってか知らずか、集まりの時は必ずお寿司の出前を取ってくれる。

    一年目の正月、高級寿司桶に訪問した瞬間恥ずかしげもなくテンションMAX。
    事前にトメ様に好きな食べ物を聞かれていたので、なんて素晴らしい義実家様なんだ!っと大感動。
    しかしお茶やお酒、赤だし、御節などの用意に時間がかかり、残りものの分厚い卵とガリしか食べれなかった。

    二年目、昨年は義理実家が用意したので、今年は私達夫婦がお寿司の出前を用意することに。
    事前にバッチリ準備してさぁ食べようかってなった時にトメ様が「嫁子さん、悪いんだけどお酒が無くなってしまったから買ってきてくれないかしら?」
    帰ってきたら昨年と同じ状態の空っぽ寿司桶。
    それを見た瞬間「あれ、これわざとじゃね?」っとやっと気づいた馬鹿な私。

    3年目の今年、お寿司は義兄夫婦が準備してくれた。
    兄嫁さんと一緒に机に並べられた瞬間爆食い開始。
    「わぁ~とってもおいしいです!兄嫁さんありがとうございます!(バクバク)」
    「いいのよ嫁ちゃん、私も今年はいーっぱい食べるわ!!(バクバク)」
    旦那達が話しかけても無視、ウトメが静止してきても無視、親戚の子供が泣き出してお寿司に飛び出してこようと、寿司桶抱えて部屋の中を逃走。
    残りは持ち帰っちゃおー!と言って兄嫁さんとタッパーにお寿司をつめつめ。

    トメ様、なぜかご立腹。一緒のことしただけなのにね。
    「去年も一昨年も一個も握り食べれなかったんです~」っと私。
    「私なんて結婚して数年、こちらにお邪魔した時は食事なんてロクにしてないわぁ~」っと兄嫁さん。

    空っぽになった寿司桶(卵とガリ残し)を「残りはどうぞー」っと言って机にドンっと置いて、仲良く二人揃って福袋買いに行きました。

    このページのトップヘ