仕返し

    469 :鬼女日記 2008/02/29(金) 00:13:58 0
    皆さんに比べれば軽い被害でしたが、投下させて下さい。
    結婚して数年、義実家(別居)とはあちらが過干渉気味ではあったものの、
    それなりに良好な関係を保ってきた。
    しかし夫が単身赴任になってから関係がおかしくなってきた。
    「一人だと寂しいでしょう?」「危険だから」としょっちゅう呼び寄せたり
    押しかけようとしたり。
    携帯の留守電には「元気か連絡頂戴」の嵐と本物の「過干渉」にクラスチェンジ。
    それでも「ちょっと度が過ぎているけど、心配してくれているんだ」と思い、
    感謝しつつ「仕事も忙しいですし、大丈夫ですからお気遣いなく」と断ってきた。

    だが「折角気にかけてあげているのに頼って来ない嫁」が気に食わなかったのか、段々
    「どうして電話を寄こさないのか」(ほぼ毎日のように電話がかかってくるのですが)、
    「どうして招いても顔も出さないのか」等々、責めるように。
    そこで「仕事が忙しくてそちらとゆっくりお付き合いをする余裕が物理的(&精神的)に
    無い」と詳しく説明するも、「私達に電話もできないほど忙しいなんておかしい。」
    「本当に仕事なのかしら。息子の目を盗んで誰かと・・・・・・」とかもうね、アボカドバナナと。
    こちらとしては、あくまでも穏やかにこの頑迷な老夫婦をなだめたかったんだけど、
    浮気まで疑われるようになってプッツンきた。
    「分かりました。これから毎日、手空きな時にーと言っても仕事を終えて帰宅した時に、
    お電話差し上げますね」と。

    317 :鬼女日記 2015/06/16(火) 15:45:57 ID:XtW
    (胸糞注意です)
    旦那の実家とはスープが腐る距離が丁度いいと
    以前2chで読んだことあるけど、友達同士も似たようなものかなと思う。
    お互い結婚して年に2~3回しか会わなかった頃は、いい関係で居られたのに
    A子がうち(賃貸)の近くにマイホームを買って、しょっちゅう遊びに来るようになってから
    それまで見えなかったA子の嫌な部分がよく見えるようになった。
    たまたまA子がうちに来た時、ポールハンガーにクリーニングから戻ってきたばかりの
    旦那のワイシャツを掛けてあったのを見て
    「ワイシャツ、クリーニングになんか出してるの?アイロンぐらい自分でやりなよー」って言われた。
    カレンダーにメモ書きしてあった“ダスキン交換”の文字を見つけると
    「あんたダスキンなんか使ってるの?クイックルワイパーで良くない?」とか。
    パソコンも、うちはリビングに1台置いてあるのと別に、夫も私も専用のノート持ってる。
    リビングのは家族用っていうか、ほとんど子供用。ノートはそれぞれ仕事でも使うし子供には触らせない。
    そういうのも「無駄が多いね、あんたんち」と。他にも細かく姑みたいにチェックが入る。
    そして最後に必ず「そんなんじゃ、マイホームなんていつになっても持てないよ」って何故か大上段から。
    最初のうちは笑いながら「そうだねーw」なんて言ってたけど
    強がりでもなんでもなく“マイホーム持てない”という意識は無かったから気持ちに余裕があった。
    その為の共働きだったし。
    でも、あんまりしつこくしつこく言われると私の中にも悪魔がいるので酷いことも考えてしまう。
    マイホームマイホームって言うけど、30坪にも満たない土地にギリギリ1台分の駐車スペース、
    門から3歩で玄関の3階建ての中古の建売住宅、羨ましいと思ったことは一度もない。
    クリーニングのこともダスキンのことも、専業主婦のA子が無駄だと思うなら自分でやればいいだけで
    うちはうちで、お金が掛ってもその方が良いと思ってるから使ってるだけ。
    そして、我が家もマイホームを建てることになった。
    本当はあと数年先の予定だったけど、旦那が急にノリノリになってw
    で、A子が遊びに来る日に、ちょっとした悪戯心と悪魔の囁きから
    キッチンカウンターの上に色んなカタログを置いてみた。
    案の定目ざとく見つけて「え、家建てるの?」って言われたので
    「うん、予定よりちょっと早いけど、いい土地が見つかったから」って言ったら
    「ふーん」と言ったきり黙ってしまい、その件には全く触れずに15分ほどで帰って行った。
    それ以来、全く連絡が来なくなった。こちらからも連絡しなかったので
    付き合いは自然消滅って感じになったけど、家が完成して引っ越す直前に挨拶メールだけした。
    それに対する返信も一切無かった。
    本当はもっと早くに友やめすべきだったのかな。
    でも未だに不思議なのは、A子は我が家もいずれ家を建てるかもと考えられなかったんだろうか。

    566 :鬼女日記 2010/07/08(木) 13:07:42 O
    携帯から失礼します。
    買ったばかりのクールドライ加工の肌着を近距離別居トメに強奪された。
    なので、トメ不在時に全て回収したあと、よく似たデザインの半袖のヒートテック加工の肌着(品質表示のタグは切り取り済み)をin。
    後日、「あの肌着全然ダメじゃないの!不良品フジコ!」とトメ電。
    事情を知っている(ヒートテックの事は知らない)旦那がトメにブチギレ、トメは私宅出入り禁止に。夏は快適に過ごせそうです。

    881 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:22:10 O
    嫌味チクチク、料理に小細工(醤油やら塩やら追加でやたら味を濃くしたり、薄ーくされたり)してくるトメ。我が家は二世帯住宅で台所、冷蔵庫は許可なく触るのを禁止している。


    それなのにトメがトンカツ用の肉(まだ調理前)「食べやすいように切っといてあげたわ~~~」って言ってきたので、トメが大好物のカツオのたたきにするって張り切ってたカツオをミンチにしてやった。
    カツオのハンバーグにでもするがいい。

    408 :鬼女日記 2008/11/10(月) 09:46:49 0
    休憩所落ちた?

    家のトメは嫁いびり大好きなだけでなく、
    嫁を下に見ていて、ついでに嫁実家も格下とみなしている様子。
    祖母の葬式の時には、ありとあらゆる荒探しをしては笑い、馬鹿にしてくれた。
    夫が激怒してもへーきのへーざ、困ったように笑い
    「そうね、私が悪かったわ。家とはちょっと…ふふ、 や り か た が違うだけよね」
    そしてウト葬式がいかに盛大だったかを語り始め、
    私たち夫婦は「もう無視でいいよ…」と諦めモード。

    ウト実家は確かに大きな家なんで、ウト実家の仕切りの式は盛大だったでしょうよ。
    おまけに「さすが嫁子さんのご実家ね。
    おからだがご丈夫でwwうちは夫も…何と言うか繊細だから?w早くに亡くしたわ」
    って自慢なのか?夫タヒんで嬉しいのか?という
    謎の言葉を頂いた。

    で、そんなトメからウトのお墓参りのお誘いがきた。
    普段疎遠にしてるが、墓参りとかは誘われても断らない事にしてるので…
    で、夫婦で行く予定が夫に急に仕事が入り私一人に。
    これは…と思いつつも、覚悟をきめて行くと、やっぱりトメは大げさに「息子ちゃーん」と騒ぎだした。
    「お仕事位休めないの!?」とか「お仕事の方が家族より大事なの?」
    とか泣き事を言うけども、携帯ガチャ切りされたらしい。

    あからさまに嫌な顔されつつも、我慢してしゅっぱーつ。
    車の中では想定内の嫌み攻撃を受けた。
    「嫁子さんは何もできないけど、車の免許ある事だけが救いよね」(ありがとうございます)
    「天気崩れそうだから早く行きましょう、のろいんだから」(制限速度なので…すいません)
    「お父さん驚かないかしら、いきなり知らない人が来て」(結婚前の報告はしましたので大丈夫かと)
    何を言われても終始笑顔で、トメを立ててやった。

    939 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:23:08 0
    二世帯完全同居で、夫の両親の立てた家に住んでる。玄関風呂台所も一緒。
    同居数年目まではいい嫁になろうと努力してた。
    義母のお小言も、自分が至らないから、人としてなっていないから、教育してくださっているのだと我慢、夜、寝床でひっそり泣いた。

    ただ今同居ン十年目に突入。もう義母のお小言には耳にタコができた。
    何か買い物を頼まれた場合、すぐに買ってきたら
    「すぐ買うなんてあてつけがましい」日をおいてから買ったら
    「どれだけ頼んでも買ってくれなかったから、もういらない」
    一日置いて買ったら「柄が気に喰わない。もっと別のはなかったの?」
    何をしても文句かお小言。嫁の私も根性が悪くなった。

    嫌みを一個言われたら、物置を漁って、義両親の放置ン十年の物を一個放り出して捨てる。
    一日に必ず嫌みの5~6個は言わないではいられない義母。
    チクリ、とやられたらとにかく家の納戸や物置や戸棚を漁る。
    「まあ、こんなに汚いものが!」と夫に大騒ぎして見せつつ、ゴミ袋へダンクする。
    かつては義母が欲しくて買ったらしいアイス製造機もジューサーミキサーも、
    スライサーも趣味の悪い欠けた皿茶碗も、ゴキブリの糞まみれ、と騒ぎまくって皆捨てた。
    最近一嫌み一個で飽き足らなくなって、一嫌み十個処分ぐらいの勢いで捨て続けている。
    それに気付かず嫌みを今日も言い続ける義母。私は今日も「何か捨てられる物はないかしら~」とうろうろ。
    副産物として、夫が同僚に「すっきりした綺麗な家ですね」と褒められたこと。
    他人の物を捨てるのはご法度と判っていながら、嫁は阿修羅のごとく今日も物を捨てている。

    111 :鬼女日記 2011/09/20(火) 17:23:16 ID:sJYOVfxf0
    前に勤めていた会社でおばさん2人からいじめをうけてた
    ぶちきれる勇気もなくただ我慢して仕事をしていたら
    他の人達があんたは偉いねとか人間が出来てる等と見方になってくれその内いじめはなくなった
    でもどんなに2人から優しくされようが何をされようが絶対に仕返しをしないと気がすまなかった
    数年経った時2人の内1人が不倫をしてる事を知ったので試しに家族に電話でばらしてみた
    翌日は面白い位に表情や態度がいつもと違っておかしくて仕方がなかったし
    その内に嫁の浮気を苦に旦那が自さつまでした
    試しに電話しただけなのにまさかタヒぬとは思わなかった
    でも私が電話したことはばれておらずちゃんと2人の内の片割れのせいになってるみたいだし良かった

    このページのトップヘ