家族

    360 :鬼女日記 2014/07/31(木) 14:55:41 ID:wmPTdTaRu
    復讐というより因果応報的なお話

    私と兄と姉は幼い頃、父から虐待を受けてた
    殴られるなんてあたりまえ、姉はストーブの上に乗せられたり私は熱湯をかけられたり
    兄は鼻が折れるほど殴られたりしてた。母親はかばってくれた。母の体も痣だらけだった
    父親が働かないので母が夜のお仕事をして私たち兄弟を支えてくれた。
    当時給料は日払いか手渡しの時代だったのでお金が入ると母親から無理やりとり
    ギャンブルをしてすべて使ってしまうので母親は家のいろんなところに隠してた
    お金の場所がわからないと父はイラつき私たちにあたり散らしありかを知らされていた
    兄にお金の隠し場所はどこだといって殴りまくってた。兄は絶対に口を割らなかった
    母親は離婚を考えていたが、兄や姉が苗字が変わってしまい、転校するのはツライと
    母親に伝えていたので母はためらっていた。
    ある日、兄の担任の先生がきて兄の様子がおかしいと言われて、母は家での事情をすべて話した
    子供の環境を考えると離婚を視野に入れたほうがいいのではと話され、転校するなら
    転校先の学校に根回してツライ思いをさせないようにするからと担任に説得されたそうだ
    それからしばらくして父親が闇金にお金を借りて払えないので母と私たちを置いて逃げた
    当時、弁護士とかそういうのは当たり前じゃなかったので払う義務がないはずなのに
    母が払うことになった。

    657 :鬼女日記 2016/09/28(水) 20:16:58 ID:wwE
    うまく説明できてなかったらごめん。
    兄が両親に「今度、食事に連れていってあげる」とか「旅行に行こう」とか「花見行こう」って言うんだけど、口だけ。
    それも、さらっと言うならまだしも、すごく信憑性.ある言い方というか、具体的に言う。
    どこどこのレストランを予約するからね、とか、あそこの公園でお花見しよう、お弁当手配して場所取りもするよ、とか
    30分くらい細かく言う。
    で両親が真に受けて待ってるといつまでも連絡が来なくて、電話すると「あ忘れてた!今年は仕事入ってて無理、来年!」でガチャギリ。
    でもまた懲りずに「結婚記念日は俺がお祝いしえあげるよ。ホテルのレストランを予約してあげるね」が始まる。
    母は2,3回目で諦めたけど、兄ひいきな父は諦められないらしくて、そのたび信じては裏切られてガッカリしてる。
    たぶん兄に親孝行したい気持ちがあるのは本当なんだろうけど、「してあげるね」って計画を話してるうちに
    兄の気は済んじゃうんだと思う。
    結果的に、親孝行してあげた気分の兄と、ガッカリの両親が残るという感じ。
    今年の父の誕生日も、兄は計画を語るだけ語って放置だった。
    兄の計画は温泉に両親を連れていってどーのこーの。
    そうなると思ってたから、今年は社会人デビューしたこともあって私がお金を出して両親を温泉に連れて行った。
    兄が口に出した有名な温泉より1ランク落ちるけど、それなりのお宿。兄が語った通り山に囲まれた露天風呂ありで二泊。
    兄には黙っててって口止めしてたんだけど、両親がお土産を渡したおばさんからバレちゃった。
    「俺のプランを盗んだ!」と兄は大むくれ。私に「プラン泥棒!」と怒鳴った。
    母は兄を叱り、兄ひいきな父ですら「お前は何もしないくせに、何だ!」と説教した。
    兄はさらにむくれてしまい「二度と何もしてやらないからな!」と。
    私と母は普通に怒ってたんだけど、父が「なんであんな奴になったんだ」と男泣きしてしまい、私と母もうなだれた。
    後味が悪い。つらい。

    167 :鬼女日記 2013/11/27(水) 13:23:38 0
    今年の春「先に結婚するぜ喪男pgr」と俺に言ってきた俺の妹。
    彼氏を披露してやろうと家に連れてきたが、そいつ俺の仕事先の担当さんの旦那で子供もいますがと指摘。
    そいつ俺見て顔面蒼白、事実を知って妹愕然両親呆然。
    要は合コンで未婚と偽って適当に食っちゃったら俺の妹だったと。
    早速その場で担当さんに連絡、そいつ泣いて喚いて勘弁してくれって足にすがってきたけど、妹騙した男にかける慈悲はないんで無視。
    担当さん素敵な笑顔で我が家に来訪、その後玄関先が修羅場(物理的に)になった。
    頭から血を流しながら土下座させられる不倫男、後で知ったがどうやらそいつと付き合うまで処/女だったらしく泣き続ける妹、般若の形相で不倫男の頭を踏みつけつつ顔上げてこちらを見る時は笑顔という心底恐ろしい担当さん。
    下手なホラーよりも恐ろしかった、ひと目がなかったらいい歳こいてチビッてたかもしれん。

    一応取引先のご縁(俺元請け側でこれまで結構融通効かせてきた)がある+妹が男性.経験がなく騙されてたなどの点を鑑みて妹からは慰謝料請求しませんと言ってもらって一応俺家側はこの問題終了(妹の心のケア除く)。
    不倫男と担当さんはのちに離婚し子供は担当さんが引き取った、不倫男は慰謝料+養育費を払い続けていくらしい。
    ショックで退職し引きこもってた妹が、ようやく立ち直って転職して社会復帰したのでカキコ。
    俺が不倫男のことを知ってたのは、下請けの忘年会に招待された時に担当さんから旦那として紹介されてたから。
    結構記憶に残るイケメンだったのがこの場合は災いしたと言ってもいいのかしらん。

    786:可愛い奥様2018/07/11(水) 21:28:48.82 ID:xIK/dpyL0
    車の買い替え時期なんだけど、夫が全く私の要望を聞いてくれない
    今乗ってるのはトヨタのヴォクシーで、
    次は新車でアルファードかヴェルファイアあたりが希望

    夫は通勤距離長いからセダンにしたいと言って、
    中古のカムリとか買いたいと言ってる
    どうしたら言うこと聞かせられるかなあ

    857:おさかなくわえた名無しさん2013/11/06(水) 21:54:29.41ID:yBHc/0EV
    中学生の時、兄と姉が付き合っている事に感づいてしまったのが第一の修羅場。
    そのせいで二人が駆け落ちしたことが第二の修羅場。
    数年後、旅先で兄の姿を偶然見かける。
    親に連絡した後、営業車のロゴを頼りに会社の前で待ち伏せしたのが多分兄の修羅場。
    その日は二人の住むアパートに泊めて貰った。
    翌朝、二人を見送った後、7時間かけて車で来た両親と合流。
    アパートで二人の帰りを待ったけれど、聞いていた時間を過ぎても帰ってこない。
    兄の職場に問い合わせると、朝電話で辞意を伝えたきり出社していないとのこと。
    それが第三の修羅場。
    それからまた数年後、突然実家に架かって来た姉からの電話で、兄の危篤を知らされたの時が゙第四の修羅場。
    家に戻ってきた姉が、寄った勢いで堕胎経験を匂わせた時が第五の修羅場。
    きっと素面に戻った時の姉はもっと修羅場。
    お腹の赤ちゃんが男女の双子と知って、現在最大の修羅場。

    482:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2014/08/28(木) 02:09:07.71
    愚痴を吐かせてください
    ここに書くからには嫁のメシマズが原因なんだけど、嫁と娘と俺の一家が崩壊するかも

    今、久しぶりの自己嫌悪に陥りながら書き込んでる
    俺40台前半なんだけど、人生で2度目の暴力ふるった
    相手は嫁、手が出た理由は嫁が洗おうとしてたフライパンで面じゃなく横スイングの点で娘を殴ったから
    娘が殴られた後、直後かどうかはもしかしたらボーッとしてた時間あったかもだから分からないけど、
    気持ちが落ち着いた時には嫁をフルスイングでグーパンした後だった

    車で嫁と娘を救急外来連れて行って見てもらったんだけど、幸い両者とも骨とかには以上なかった
    ただ、ギャースカ騒いでる嫁を暫く見たくなかったから、義実家に住んでる義弟に迎えに来てもらって
    嫁を一度向こうに預かってもらう事になった

    636 :鬼女日記 2014/11/12(水) 07:27:51 O.net
    父の不倫現場を7歳の妹がまともに見てしまい、妹が壊れた
    まだ思春期ではないし、性.的なものを理解できない時期だとは思うが、それでも「気持ち悪い」という生理的嫌悪は強烈だったそうで嘔吐が止まらなかった
    妹に現場を見られても父は「○○か。リビングに行って。パパは忙しいから」と言っておかしな動きを始めたとのこと
    でも妹の壊れようは異常だったので他にもなにかやらかしていたんじゃないかなと思っている
    ともかく、それが妹の頭にこびりついたようで、それ以来男性.が一切ダメになった
    男児も9、10歳を過ぎたあたりの子はダメになっていた
    男を見るたびに嘔吐し、痙攣症状を起こしていたため学校に行かせることをやめ、私自身も高校を休学して妹のケアを優先した
    母は離婚をごねる父との裁判やらなんやらで忙しくしていたので、私と幼馴染の兄ちゃんとで妹のケアを続けた
    あれから今日でちょうど10年
    幼馴染の兄ちゃんが頑張ってくれたおかげで男性.を見て嘔吐はしなくなった
    幼馴染の兄ちゃんの親友に恋い焦がれるようになった
    おねえが幼馴染の兄ちゃんと結婚してくれたらもっと仲良くなれるかも!結婚してよ!とまで言われるようになった
    よかったと心の底から思う
    父のせいで我が家族は修羅場な人生だったとふと思ったので書いてみました

    773:名無しさん@お腹いっぱい。2008/08/09(土) 20:08:07
    相談します。

    俺の奥さんは中学時代NZで3年過ごしたり
    日本の看護学校出たあとカナダでRNになったり
    帰国して1年ほどインドネシアに赴任したり。
    今は医薬系の翻訳の仕事をツテで製薬会社からもらったりしてる。

    で、嫁は子供産まないつもり。俺もそれには同意してる。
    出来たらそれはそれで嬉しいけど結婚前から分かってた事だから文句はない。


    それに文句を言ってるのが母親。
    今は同居中。数年前事故でタヒんだ元公務員の父親が退職金つぎ込んで立てたそれなりに立派な家なんだ。

    母親1人で住むの勿体無いし俺たちが暮らしとけばやがて相続できるしって事で暮らし始めたんだ(俺は三男w)
    立地的にもそこそこ便利。離れにトイレも風呂もキッチンもあるから母親とは別。

    同居し始めた頃から母親が毎日子供の事を口にするようになった。
    俺には口五月蝿く、嫁には「腰周り冷やしちゃ駄目よー」みたいな感じで。
    正直かなりうざい。

    当たり前のように俺たちが子供をつくるつもりだと思っていたようで
    子供産まない意思を示した。

    そうしたら今度は嫌味言うようになったんだ。毎日のように。
    俺や俺の親族、兄弟、近所の人にまで愚痴を。

    それでも嫁には遠慮してたみたいだったし、俺も嫁だけには言うなって母親に口うるさく言ってきたんだ

    でも昨日俺の母親が電話で知り合いに嫁の悪口を言ってたようで、それを嫁が聞いて激怒。
    その内容が「子供産むつもりがないなんて助産師として半人前」みたいな内容

    正直、俺が18歳の頃進学で家出てから母親とは年に1度会うくらいだったのね。
    歳とったら性.格変わるとは思ってたけどここまで陰湿になるとは思ってなかった。

    進学も就職も自由に決めてくれた母親だから結婚しても口出しはしないだろうなあって思った俺が甘かったわ。

    嫁はこれからも同居続けるって言ってくれてる。同居でも母親とほとんど顔あわせないようにするのは可能なんだ
    完全にお互いの生活スペース分けたら良い。

    どうしようか。

    364 :鬼女日記 2012/06/11(月) 07:20:42 0
    数日前から姉が一人で訳の分からないことを喚いたり奇行に走るようになっていた
    昨日早朝いきなり家を飛び出して行方不明になって警察にお願いして捜索してもらった
    結局見つかったのは午後二時過ぎでその間は姉に何かがあったらと気が気でなかった
    そこから警察署に連れてきてくれたんだけれどそこでも姉は暴れて喚いて怖かった

    結局警察の方が親身になってくれて病院も見つけてくれて病院まで連れていくのにも警察署の車を出してくれた
    明るかった姉の激変に凄くショックだったけれど警察の方とか病院の方とかが親切にしてくれたことが救いだった
    今日は久しぶりにきちんと睡眠をとれたよ

    父が空元気でも姉のおかげで今までにない経験をさせてもらって感謝だなとか言って笑っているけれど本当に
    大変な時は意外と笑えてくるもんだなと不思議に思う

    557 :鬼女日記 2018/12/09(日) 03:35:02 0.net
    えっと書き込み初めてなんですけどここでいいのかな?

    今からかなり前の私ではなく姉の修羅場
    姉は小中とかなり酷いいじめにあってたんだけど必タヒに隠してたみたいで両親もまだ小さかった私も全然気づかなかったんです。
    ある日突然姉が学校の窓から飛び降りたって連絡が両親に来ていじめが発覚
    幸い姉は木と植え込みがクッションになり命は助かったんだけど左手と左足を骨折の重症を負った。
    当然両親は学校に抗議したけど、いじめがあったなんて気付かなかったとかお決まりの台詞だし加害者達もその親達もヘラヘラしてちょっとからかっただけでタヒのうとしてとか謝りすらしなかった。
    そこでダメだと思って両親は家族揃って祖父の家へ引っ越し転校してそこで学校に通うことになった。
    学校は幸い良い子達でいじめられる事もなく姉は徐々に立ち直り高校に入学する頃には明るい元の姉に戻って行き大学そして普通の会社に就職して社会人生活を初めていじめの事なんて誰も思い出さなくなってた。

    長いので切り

    このページのトップヘ